情報をデザインするという概念を持とうよ。
  ホーム > Webデザイン論 > 情報デザインという概念


■ 情報デザインという概念

 

はてさて、情報デザインって、なんだろ〜?

まぁ、ことばの定義とかは置いといて、、、と。

ここでいう情報デザインっていうのは、
情報を整理し、構造化すること

ん〜、まぁ、こんな感じかな。
(よくわかんなくて、いいんだよ♪)

さて、ここで、質問で〜〜〜っす。
Webデザインって、なんなんでしょう〜?
(我ながら、なんて、くだらない質問を…。(苦笑))

Webっていうメディアは、ハイパーリンクによって、
情報と情報が関連付けられたネットワークですよね。
そして、Webサイトは、いわば、情報の集合体………。

そうっ!Webデザインって、情報デザインそのものなんですね!

 

じゃあ、ここで、ちょっとだけ情報デザインの説明をしま〜す。

まずね〜、サイトマップを想像すると、わかりやすいかも。

複数の人が、同じ情報をもとにWebサイトをつくっても、
同じサイト構造になるとは限んないでしょう?

極端な話、1ページにぜんぶ詰め込むこともできるし、
多数のページにわけて、ディレクトリを構築することもできます。
そんでもって、リンクも、いろんなふうに張り巡らせられます。

あと、レイアウトなんかもそうかな。
どの情報をどこに配置するかっていうのも、いろいろ。

要するに、そーいうことなんですね。
情報を適切だと思うかたちに組み立てること。
それが、(ここで言う)情報デザインです。

 

さてさて、そこで、この情報デザイン。
Webデザインっていうと、グラフィックデザインに目が行きがちで、
よく なおざりにされちゃうんですよね。。。

情報デザインこそが、その本質と言ってもいいくらいなのになぁ。
その視点が欠落してると、なんだか、ちぐはぐなWebサイトになっちゃったりも。
(わたしも、あんまりエラそうなことは言えないけどさぁ。。。)

「存在する情報を書きなぐるだけ」なんてのは、もうダメダメですよ〜!(笑)

ちゃんと、そこに秩序をもたらしてあげなきゃね。

ただ、練習がてら、情報を持たない空っぽのサイトを制作してても、
なかなか養われる視点じゃないんですよね〜。
情報デザインっていうのは、核となる情報があってはじめて成り立つものだし。

なので、実際に運営するWebサイトを制作するっていうのは、すっごく重要なこと。
そうすることで、いろいろ見えてくるんじゃないかなって思います♪

葉月カイを好きでいて
くださる方限定です。(笑)
元ニートのメルマガ
人気サイトを作れば、
月15万円くらい稼げる。


↓簡単に登録できるので
登録してみてね。
お名前:(本名のみ可です)
敬称
さん ちゃん くん
メールアドレス
 
      もどるっ  
   
Webデザイン講座 | Webデザイン論 | Webユーザビリティ | Webデザイン関連書籍 | ホームページ作成ソフト | 画像編集ソフト
アクセスアップへの道しるべ | アフィリエイト・プログラム | いま人気のWebデザイン通信講座 | 求人情報サイト集 | Web制作用語集
 
   

© 2u WEBデザイン.com 2004