様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 航空券

スポンサード リンク

国内航空券の買い方

国内航空券は、電話やインターネット、旅行代理店、みどりの窓口などを通して買うことができます。

国内航空券の買い方としては、インターネットが一番便利でしょう。

航空会社のサイトにアクセスすると、たいていはトップページに出発地、到着地、出発日時の選択肢が表示されています。必要な情報を入力すると、空席状況を確認しながら予約することができます。

国内航空券をインターネットから購入し、クレジットカードで支払いをすれば、当日まで航空券はいりません。

搭乗する当日、空港に並んでいるチェックイン機にクレジットカードを入れると、チケットが出てきます。チケットレスシステムといい、航空会社の手間が省けるので、運賃が2%程度割引されることが一般的です。

国内航空券は、予約した後も搭乗前ならほとんどの場合、日時を変更することができます。インターネット上から、予約番号や、出発地、到着地、出発日時を選択し、予約を変更してみましょう。

インターネット上からうまく操作できない場合は、問い合わせ窓口に電話することでも対応してもらえます。

国内航空券を安く買うには

国内航空券には、いろいろな割引があり、工夫次第では格安な旅を手に入れることができます。

ビジネスなどで頻繁に国内航空券を利用する場合は、回数券が割安で便利です。

帰りの時間がはっきりしない場合は、複数の便を予約しておき、都合のいい時間に乗る方法を使っている人もいます。乗った分しか料金はかからず、キャンセルの連絡をしなくても他の予約は勝手に無効になるようです。

国内航空券の割引には、バースデー割引などもあり、自分の誕生月に、自分ともう1人の航空券を格安で買えるようです。自分や友人への旅行のプレゼントに使えそうですね。

航空会社が用意している割引には、期間限定でバーゲン価格を設定している便、7日や設定した期間以上前に予約すると割引される便など、さまざまなものがあります。

国内航空券を買うとき、インターネットでも電話でも窓口でも、割引航空券があるかどうかを確認しましょう。

株主優待券を使うという手もあります。毎年5月には、優待券の期限がせまるので、チケットショップで安く売っていることがあります。株主優待券を使うと、国内航空券が半額で買えるので、安く手に入りそうなら試してみるのもいいでしょう。

国内航空券の便によっては、使えないものもあるので、注意しましょう。

海外航空券の買い方

海外航空券は、インターネットや旅行代理店、航空会社窓口から予約をし、お金を払うことで買うことができます。

海外航空券は、空席があるなら、前日でも買うことができる旅行代理店もあります。

海外旅行券は、年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどは、早めに予約すれば買えると思っている人もいるのではないでしょうか。

人気のある路線の海外航空券は、夏休みの数ヶ月前に予約しようとしても、キャンセル待ちの状態で、買えるかどうかもわからないことが多いようです。

海外航空券は旅行代理店に空席を割り当てていますが、旅行代理店では、確実に客が取れるパッケージなどから優先的に売るため、個人にはなかなか回ってきません。複数の旅行代理店に申し込むと、予約が2重になったりして、トラブルになることがあります。

どうしてもピーク時の海外航空券を手に入れたい場合は、パッケージに申し込むか、直行便以外を使って現地に行くルートや、航空会社を変えて検討してみましょう。

海外航空券のお得情報

海外航空券にまつわるお話で、オーバーブッキングというのをご存知でしょうか。

キャンセルなどで空席ができないように、航空券を多めに売っておいたり、キャンセル待ちの人を乗せて満席になったあと、正規の客が来たりすると、乗れない人が出てきます。予約の重複、オーバーブッキングの発生です。

日本では、予約したお客が当日乗れない、なんてことはサービスの習慣上ありえないのでほとんど起こることはありませんが、海外ではコストの都合上、当然のように行われています。

海外航空券をせっかく買ったのに、乗れないかもしれないなんて、どこがお得?と思うかもしれません。

航空会社は、売った以上は、お客を飛行機に乗せて運ぶ義務があります。代替便の手配とともに、宿泊代、お詫びのポイントや補償金などをつけて、別の便に移ってくれるボランティアを募集します。

海外旅行で、出発間近におおっぴらにボランティアを募集し、列を作っている姿を見たことがあるかもしれません。

時間と余裕があれば、ボランティアを名乗り出て、補償金やもう1泊延長の旅を楽しんでみましょう。

JALの航空券

JALとは「日本航空(Japan Airlines Corporation)」のこと。JALはTOKYO FMの長寿番組「ジェットストリーム」でもお馴染みですね(何と1967年から続いています!)。

JALの航空機は、日本国内はもちろん、世界中の空を飛んでいます。そしてJALの航空券は、JALのオフィシャルサイトで予約することができます。

JALのオフィシャルサイト
http://www.jal.com/ja/

そして国際線に関しては、他の航空会社の例に漏れず、

・エコノミークラス

・ビジネスクラス

・ファーストクラス

の3つのクラスから選ぶことができます。

JALはANA(全日空)と並ぶ、日本の航空会社の大手で、最も信頼できる企業の一つです。もちろんJALは、そのスタッフも、訓練された優秀な人材揃い。一部の旅行会社が取り扱っている格安航空券では、怪しげな航空会社のものも少なくないようですが、JALなら一番安いエコノミークラスでも、それなりに安心できる旅を楽しむことができることでしょう。

JALの航空券を入手する

JALとは日本航空の英語表記「Japan Airlines Corporation」の略称です。

JALは航空業界では、世界的な大企業。それだけに、JALはサービスや信頼性も一流です。具体的には、JALは世界の航空会社の安全基準「IOSA」に一度で合格しており、また、スタッフは乗客やその家族の立場に立った「安全啓発教育」なるものを受けています。もちろん機体の整備も、一流のエンジニアを投入し、「予防整備」の視点で事故を起こさないよう、細心の注意を払っています。JALは伊達に就職が難しいわけではないんですね。

JALの航空券は、JALのオフィシャルサイトで簡単に予約することができます。国内はもちろん、海外からでも予約が可能なので、JALの航空券が必要な方は、以下のURLでどうぞ。

JALオフィシャルサイト
http://www.jal.com/ja/

ANAの航空券

ANAとは、「全日本空輸(ぜんにっぽんくうゆ)株式会社」の英語表記「All Nippon Airways」の略称です。日本ではANAは「全日空」として有名ですね。

ANAはJAL(日本航空)と並ぶ、日本の航空会社の大手で、設立は戦後まもない1952年。それ以降、ANAは他の航空会社との合併を繰り返しながら、現在の規模にまで成長してきました。2007年現在、従業員数は12,000人を超え、国内線・国際線とも、多くの人に利用されています。また、ANAは1971年の「全日空機雫石衝突事故」を最後に、30年以上も死亡者が出るような墜落事故を起こしていないことからも、その安全性がうかがえます。

ANAの航空券は、ANAのオフィシャルサイトで予約できます。席も国内線では普通席と「スーパーシート」、国際線では「エコノミークラス」「ビジネスクラス」「ファーストクラス」から選ぶことができます。

ANAの航空券を予約しよう

ANAは「全日本空輸株式会社(全日空)」の英語表記「All Nippon Airways」の略称。JAL(日本航空)と並ぶ、日本の航空業界の大手企業です。

ANAは大手だけあって、その安全性やサービスにも万全を期しています。ANAの誇るサービスの一つに機内サービスがありますが、その例としては、

・スーパーシートプレミアム

・機内販売

・飲み物、軽食の提供

・上映番組、オーディオプログラム

また、ANAでは障害者や子供、老人といった社会的弱者やペット連れの人に対して、設備や対応などの面で特別な配慮も行っています。

ANAの航空券は、ANAのオフィシャルサイトで国内線・国際線ともに簡単に予約できます。ANAの航空券が必要な方は、以下のURLへどうぞ。

ANAオフィシャルサイト
http://www.ana.co.jp/asw/index.jsp

 
メニュー
国内航空券の買い方
国内航空券を安く買うには
海外航空券の買い方
海外航空券のお得情報