様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > スポーツ

スポンサード リンク

スポーツバーとは

「スポーツバー」とは「スポーツカフェ」とも言われ、スポーツ観戦のできる飲食店のことです。

店内に、スポーツ観戦のできるTVが備え付けられ、友人や仲間と、みんなでワイワイ応援できます。

スポーツ観戦には、家でテレビで観戦する、会場に行って応援しながら観戦する、などの色々な楽しみ方がありますが、みんなで盛り上がって観戦する、というスポーツバーのスタイルが、最近定着しはじめています。

「スポーツバー」といいつつ、現在では「カフェ」「パブ」「レストラン」「居酒屋」等々の飲食店にもあります。

店内には、大型のテレビが置かれ、テレビの大きさや、プラズマテレビであること、または台数なども、ポイントとなっているようです。

また、定休日も、サッカーや格闘技等の人気試合の放送時には、休日返上して営業する店も多いようです。

ワールドカップなどのイベント時には、歓声をかけあい、盛り上がりまくります。

スポーツ好きの方は、自分の好きなスポーツイベントの時は、一度スポーツバーで観戦してみるのもいいのでは?今までと違った盛り上がり方で楽しめるかもしれませんよ。

スポーツバーの楽しみ方

「スポーツバー」とはスポーツ観戦をみんなで盛り上がれるお店ですが、もう入ったことはありますか?

好きな試合を観戦するのには、事前にお店に予約を入れるのがベスト。特に、人気の試合(サッカーの決勝やオリンピックの注目の試合、ワールドカップなど)は店が混むことも多いので、予約をしておくと安心ですね。

また、店によっては、サッカーがメインだったり、格闘技がメインだったりすることもあります。また、サッカーなど、店の応援チームが決まっている店もあります。事前に確認しておきたいですね。

また、店によっては、事前に放送スケジュールをインターネット等で公開していることもあるようです。

最近では、単にスポーツ観戦ができるだけでなく、様々な趣向を凝らした店も出てきています。仲間内だけで個室で観戦できたり、特大画面のスクリーン、またスポーツ好きな面白スタッフが盛り上げてくれたり。

また、料理なども色々な種類があるので、趣向に合わせて店をチョイスして、スポーツ観戦を盛り上がりたいですね!

スポーツクラブとは

「スポーツクラブ」とは「スポーツジム」「フィットネスクラブ」とも言われ、様々な運動用器具なども備えた、総合的なトレーニング施設のことです。

一般的には会員制で、「筋肉トレーニング」をはじめ、スポーツクラブによって、多様な設備を備え、「水泳」「フィットネス」「エアロビクス」「ダンス」「スキューバダイビング」「テニス」「ゴルフ」「スカッシュ」などを行うことができます。

スポーツクラブを利用する年齢層は様々で、老若男女が汗を流しています。

しかし、昼間はやはり、奥様・年配の方の利用が多いようです。

そして、自分での施設の利用のみならず、インストラクターの指導での様々なコースがあるのも魅力的です。

一般的に、昼間のみのデイタイム料金は、会費が安いところがほとんどです。

主婦の方などは、運動不足解消に、デイタイム料金で入会してみるのもいいでしょう。

また、男性なども、仕事によっては、昼間、仕事を抜け出してスポーツクラブでリフレッシュする、という方もいるようです。

スポーツクラブによっては、ある施設だけではなく、系列の他の店舗を自由に利用できるところもありますから、そのような場合は、出張の際によって利用することもできますね。

現在、スポーツクラブは、様々な魅力的な施設がそろったクラブが進出してきています。

自分にあったスポーツクラブを選び、爽やかに汗を流して、健康な毎日を送りたいですね!

スポーツクラブの選び方

「スポーツクラブ」は、現在様々なクラブが多く存在し、どれを選んだらよいか迷ってしまう人も多いのでは?

では、スポーツクラブはどのように選んだらよいのでしょうか?

一般的には、まず、自分が利用したい設備が整っているか、コースに出たければ、インストラクター指導のクラブがあるか、などは要チェックですね。

また、会員料金も、デイタイム料金や、全日料金、また、家族料金、法人料金などもあります。また、プール利用に特化した料金システムもあるようです。使用頻度によっては、公共のプールより安いし、施設も豪華だったりします。

用途に合わせてお手ごろなものを選びたいですね。

また、実際にスポーツクラブに通っている人の意見としては、やはり「通いやすい」というところがポイントだそう。

自宅から近い、会社帰りに通うので会社のすぐ近く・・・など、自分が実際に通う場合に応じて、通いやすいスポーツクラブを選ぶことが大事です。

せっかく入会金を払っても、結局通えなかった・・・というのではもったいないですから。できるだけ、自然と足を運んでしまうクラブを選ぶのもポイントということですよ。

実際、スポーツクラブに入ったら、インストラクターが、目的に合わせて運動メニュー指導などもしてくれますから、できるだけ定期的に通う習慣を付けましょう。

また、スポーツクラブでは、知り合いになった常連の人とお友達になったり、カッコいいスポーツウェアでキメたり、スポーツクラブで汗を流し終わったら、大型風呂(ジャグジー)や高温サウナ、などで汗を流すのも楽しみの1つ。

みなさんも、スポーツクラブで、心身ともにアクティブな毎日を送ってはいかがでしょうか?

ウインタースポーツとは

「ウインタースポーツ」とは、冬期に行われるスポーツの総称です。

スポーツとして、競技で行われるものと、レジャーで行われるものがあります。

競技では、冬季オリンピックなどで様々な種目が行われていますね。

「ウインタースポーツ」と言えば、一般的に「スキー」「スケート」が思い浮かびますが、それ以外にも「スノーボード」「カーリング」「アイスホッケー」「スノーモービル」なども人気のスポーツです。

2006年のトリノ冬季オリンピックでは、フィギュアスケートで荒川静香選手が日本初の金メダルを獲得し、日本中で大きな話題となりました。

それ以外にも、同じくフィギュアスケートの安藤美姫選手、高橋大輔選手、スキー・フリースタイルモーグルの上村愛子選手、里谷多英選手、スピードスケートの清水宏保選手、など、ウインタースポーツでは、様々な人気選手が登場し、ウインタースポーツへの関心と人気を盛り上げています。

また、2002年のソルトレークシティー五輪の「カーリング」女子日本代表チームの実話を基にした映画「シムソンズ」も公開。

「ウインタースポーツ」はこれからもますます注目のスポーツと言えますね!

ウインタースポーツの楽しみ方

「ウインタースポーツ」と言えば、「スキー」「スケート」以外にも、「スノーボード」「カーリング」「アイスホッケー」「スノーモービル」など色々な種類があります。

しかし、自分でやるとなると、「スキー」「スケート」をやる人がやはり多いようですね。

スキーは冬にしか基本的にできないので、スキー好きの人は冬を心待ちにしている人も多いのでは?

スキーでは、やはりゲレンデ選びが重要。行きなれているゲレンデと違うゲレンデでは、違うコースなどが楽しめ、かなり気分が変わりますね。また、スキーウェアもカッコよくキメたいですね。

スキー場では、シーズンチケットや期間・時間制限チケット、など様々なリフト使用のチケットが販売されているので、必要に応じて選びましょう。

中には、ツアー会社がホテル宿泊費とパックにして販売しているものもあります。

また、「スキー宅急便」などの、スキー用具をゲレンデまで搬送するサービスも配送会社やJRなどが出しています。

スキーは結構お金がかかるもの。賢くスキーを楽しみたいですね。

また、スキーと比べ人気の「スケート」。こちらは、公共や一般のスケートリンクで誰でも自由に利用することができますね。尚、スケートリンクは冬だけと思っている人も多いようですが、通年営業しているスケートリンクも一部あるようです。

「日本フィギュアスケート・インストラクター協会」では、フィギュアスケートを教えるインストラクターを探すこともできます。

また、ウインタースポーツは観戦するのも楽しみですね。

2年ごとに開催される冬季オリンピックでは、スキー、スケート、バイアスロン、ボブスレー、リュージュ、アイスホッケー、カーリング、が行われています。(2006年トリノ)

また、「プリンス アイスワールド」では、荒川静香選手、村主章枝選手、安藤美姫選手など、今人気のスケート選手の競演が見られるようです。

マリンスポーツとは

マリンスポーツとは、海や川で行われるスポーツのこと。

主に夏季に行われることが多いですね。「夏と言えばマリンスポーツ!」という人も多いのではないでしょうか?

マリンスポーツには、主なものに「サーフィン」「ダイビング」「水上スキー」「カヌー」「ヨット」などがあり、その他にも、「ボディボード」「ウェイクボード」や「水上オートバイ」などがあります。

「ボディボード」とは、サーフィンよりも小さいボードに腹ばいになって波に乗るマリンスポーツ。日本の小さな波に合っており、素人でも気軽に楽しめると言われています。

「パワーカイト」とは「カイトボーディング」とも言われ、風を受けた凧(カイト)をあげ、それに引っ張られる力を利用して、海上を自由に走ったり宙を飛んだりして遊ぶ新しいスポーツ。風を利用し海と空を自由に駆け抜ける、ニュースポーツです。

「ウェイクボード」とは、簡単に言うと、スノーボードの水上版です。

サマースノーボードと言われるほど、その感覚に共通点があるそうです。

ボードの上に立ち、ボートやジェットスキーに引っ張れながら水面を左右滑ります。

ボートに引っ張られながら、左右にスラロームをしたり、ボートの後ろに出来る引き波)を使ってジャンプしたり回転したりと、色々な楽しみ方ができます。

「ウェイクボ−ド」は水上スキーに似ていますが、サイドウェイスタンスといって進行方向に対して横向きの姿勢をとる事が違いです。

「水上スキー」に比べ「ウェイクボード」では24km/h〜32km/hの低速で行うことから、年齢や性別を問わず、誰もが楽しめるスポーツです。

「水上オートバイ」とは、「マリンジェット」「ジェットスキー」「PWC(パーソナルウォータークラフト)」とも呼ばれ、水面をジェット水流で滑走する乗り物のこと。

水上オートバイを「ジェット」と呼ぶ理由は、船体の底から水を吸い込み、後方のノズルから勢いよく水を噴射(ジェット水流)する推進方法からです。

運転には「特殊小型船舶操縦士」の免許が必要です。

水上オートバイの競技では「ジェットスポーツ全日本選手権シリーズ」などが行われています。

マリンスポーツでは、他のスポーツにはない、爽快感が楽しめますが、反面、海での事故などにつながることも多いのは事実。

各スポーツ施設などで講習などを受け、安全にマリンスポーツを楽しみましょう。

マリンスポーツについて

マリンスポーツには色々な種類がありますが、最近は、特に、沖縄や離島、海外の南の島での、マリンスポーツツアーが人気。

メニューには、免許などがなくてもできるものがそろっていて、家族連れや友達同士でも楽しめます。

メニューは「イルカウオッチング」「体験ダイビング」「水上ボート」「バナナボート」「パラセーリング」「シーウォーク(水中散歩)」など。

南の透明な水中で、熱帯魚やイルカと戯れるのも、素敵ですね!

日常とは違う、不思議な世界で心も体も癒されるのは必至です。

また、沖縄などのリゾート地では、ホテルでシュノーケリングや水上スキー、屋内/屋外プール、シーカヤックなどが楽しめるコースを用意しているところも多くあります。

そのようなコースで手軽にマリンスポーツを体験してみるのもいいですね。

マリンスポーツでは、他のスポーツにはない、爽快感が楽しめますが、反面、海での事故などにつながることも多く危険もあります。

行う際は、指導員の指示などをしっかり守り、安全にマリンスポーツを楽しみましょう。

自転車でのスポーツについて

自転車でのスポーツには色々な種類があります。

プロの観戦競技としては、「サイクルロードレース」や「トラックレース」が有名。

「ロードレーサー」と呼ばれる自転車で、決まったコースを走ります。

世界では「ツール・ド・フランス(フランス一周)」や「ジロ・デ・イタリア(イタリア一周)」、「ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン一周)」などのロードレースが有名です。

もちろん日本でも、「ツアーオブジャパン」「シマノ鈴鹿ロードレース」をはじめ、様々な大会が行われています。

また、「サイクルロードレース」は世界選手権、ワールドカップの種目にもなっています。

また、「トラックレース」も世界選手権やオリンピックの種目にもなっており、世界選手権では、中野浩一が1977年からスプリント種目で10連覇の優勝を成し遂げました。

また、日本では競輪もありますね。経済産業省と日本自転車振興会の監督ので指定自治体が勝者投票券(車券)を販売しています。

競輪は、日本プロスポーツ界において最大の選手数を誇り、約4000名が在籍しています。

また、この競輪は「ケイリン」として、2000年のシドニーオリンピックより正式種目として採用され、競輪界のトップアスリートが出場しています。

その他、「BMX(バイシクルモトクロス)」や「シクロクロス」「マウンテンバイク」「バイシクルトライアル」「サイクルフィギュア」など、自転車でのスポーツには様々な種類があります。

自転車でスポーツを楽しみましょう!

自転車のスポーツで、誰でも身近に楽しめるもの、と言えば、やはり「サイクリング」ですね。

日本でも、1950年ごろからサイクルスポーツの人気が高まり始め、1964年には「財団法人日本サイクリング協会」が設立されました。また都道府県にもサイクリング協会が設置され、各都道府県にはサイクリングロードも開設されています。(全国で約110箇所)

尚、「財団法人日本サイクリング協会」のホームページでは、「サイクリングターミナル」の紹介があります。「サイクリングターミナル」とは、自然の中にあり、サイクリングを楽しめる公共宿泊所です。日本全国、北海道から九州にかけて約30ヶ所。宿の周辺には、素敵なサイクリングスポットが広がっています。1名1泊2食付で5、250円とリーズナブルな価格です。

また、自転車も安価で借りることができ便利。

施設によって、テニスコートや体育館、キャンプ場なども付随しているので、レジャーにピッタリですね。

また、貸し自転車がない場所にサイクリングに行く場合も(財)日本サイクリング協会がヤマト運輸と契約して、安い料金で送れる「サイクリングヤマト便」を設定しているので、行きも帰りも手ぶらで行くことができます。

利用には、(財)日本サイクリング協会に、専用のサイクリングタッグを申請し、そのタッグを付けることで「サイクリングヤマト便」で送ることができるそうです。

また、普通のサイクリングでもの足りなくなった人は、様々なサイクリング大会に参加してみるのもよいでしょう。

国内でも、「東京シティサイクリング」や「全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍」「諏訪圏縦断サイクルマラソン」など、様々な大会が各地で開催されています。

国内のサイクリングイベントは、「財団法人日本サイクリング協会」のサイトでも調べることができます。小学生から参加できる大会もあるので、家族連れでぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

また、国内の大会で物足りないあなたは、海外のイベントに出てみるのもおすすめ。

海外でのサイクリングイベントでは「ホノルル・センチュリーライド」が有名。

1981年以来毎年9月に開催され、ハワイの美しい風景を満喫しながら完走を目指します。コースは最長100マイルで、各自の脚力に応じて距離を選べるのも特徴。

コース途中も、ハワイの景色の美しさに感動する人が多く、近年ますます人気が高まっています。

尚、自転車のスポーツでは、やはり自転車のメンテナンスが大事。

安全に楽しく、サイクルスポーツを楽しみましょう!

モータースポーツとは

モータースポーツとは自動車(四輪車)、二輪車を使って行われるスポーツのことです。

モータースポーツは自動車の誕生と共に、1900〜1920年ごろから始まりました。

自動車メーカーは、モータースポーツに参加することで、技術の革新と安全性の向上、イメージの向上をなしてきており、フェラーリ、ベントレー、ホンダ、フォードなども、モータースポーツへの参加を通して、技術力や知名度、ブランドイメージを向上させてきました。

「インディ500(インディアナポリス500マイルレース)」、「モナコGP」、「ル・マン24時間レース」は、四輪競技で、世界の3大レースと言われています。

「インディ500」とは、アメリカのインディアナポリスで行われるアメリカの代表的レース。

「モナコGP」とはモナコ公国のモンテカルロ市街地コースで行われるF1のレース。

「ル・マン24時間レース」とは、フランスのル・マン市近郊で行われるレースで24時間でどれだけ長い距離を走ることができるかを競うレースです。

シリーズ戦では、車種から「フォーミュラ系」「スポーツカー系」「市販車改造車系」に分類され、「フォーミュラ系」では日本でも知名度の高い「フォーミュラ1 (F1) 」「スポーツカー系」では「ル・マン」シリーズ、「市販車改造車系」では「世界ラリー選手権 (WRC) 」が有名です。

また、「ラリー」と呼ばれる指示速度どおりに走るレースもあり、「世界ラリー選手権 (WRC) 」や「パリ・ダカール・ラリー(フランスのパリからアフリカ大陸を渡り、西アフリカのダカールまでの12000kmを走る)」が有名です。

モータースポーツの種類

モータースポーツとは自動車、二輪車を使って行われるスポーツのことです。

四輪のスポーツとしては、「フォーミュラ系」「スポーツカー系」「市販車改造車系」があり、世界各国で様々な種類のレースが行われています。

もっとも有名なのは、やはり「F1(フォーミュラ1)」。

レースによってドライバーや自動車メーカーも知名度があがり、日本のホンダもそのエンジンによって名を知られることになりました。

日本では、1980年代後半より、フジテレビによるシリーズ全戦放映の開始によって起きたF1ブームにより、モータースポーツの人気が高まりだしました。

レースとしては、「インディ500(インディアナポリス500マイルレース)」、「モナコGP」、「ル・マン24時間レース」は、四輪競技で、世界の3大レースと言われています。

現在、「インディ500」では松浦孝介選手が、レギュラー参戦する唯一の日本人ドライバーとして注目を集めており、「表彰台を狙える」と言われるほど実力のあるドライバーとして、アメリカでも人気を集めています。

「F1」では佐藤琢磨選手が2002年よりF1に参戦。カートを始めてからわずか5年でF1ドライバーのシートを手にした有望株として注目されています。

2輪のスポーツでは、主に「ロードレース」「モトクロス」「トライアル」があります。

「ロードレース」とはオートバイにより舗装されたサーキットでのレースを行います。

「モトクロス」とは、未舗装のオフロード専用コースでのレースです。

「トライアル」とは、設定されたコース(セクション)を、いかに足をつかずにオートバイで走り抜けるかを競います。

 
メニュー
スポーツバーとは
スポーツバーの楽しみ方
スポーツクラブとは
スポーツクラブの選び方
ウインタースポーツとは
ウインタースポーツの楽しみ方
マリンスポーツとは
マリンスポーツについて
自転車でのスポーツについて
自転車でスポーツを楽しみましょう!
モータースポーツとは
モータースポーツの種類