様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > スノーボード

スポンサード リンク

スノボのタイプ

スノーボード(スノボ)は、名前どおり、雪の上を滑るための一枚板。また、スノボを使って滑走することも同様に「スノボ」と呼びます。

道具としてのスノボのタイプには「アルペンボード」と、それよりも幅広で長さが短い「フリースタイルボード」があります。

スポーツとしてのスノボのタイプ(志向)は、大きく分けて5つあります。

・フリーライディング(アルペンボード・フリースタイルボード使用)

・バックカントリー(主にフリースタイルボード使用)

・フリースタイル(主にフリースタイルボード使用)

・スノーボードクロス(アルペンボード・フリースタイルボード使用)

・アルペンスタイル(アルペンボード使用)

これらのスノボのタイプ(志向)は、滑る場所や道具のタイプ、使う技術などによって分類されたものです。スノボの楽しみ方にも、様々なタイプがあるんですね。

スノボのタイプ別特徴

スノボのタイプ(志向)には、大きく分けて「フリーライディング」「バックカントリー」「フリースタイル」「スノーボードクロス」「アルペンスタイル」の5種類があります。

スノボのタイプの大まかな説明としては、

・フリーライディング:普通のゲレンデで滑走するスノボのタイプ。ボードの種類は問わない。

・バックカントリー:ボードは主にフリースタイル。ゲレンデのエリア外の自然の雪山を滑る。

・フリースタイル:ボードはフリースタイル。キッカー、ハーフパイプ、ハンドレールなどの設備を利用するスノボのタイプ。

・スノーボードクロス:キッカーなど、人為的に作られたコースでタイムを競うタイプ。・アルペンスタイル:スラロームや大回転競技などの旗門競技。アルペンボードを使用する。

といったところでしょうか。

スノボツアーを利用しよう!

「スノボに行きたいけど、計画を立てるのが面倒くさい」――そんなふうに思ったことはありませんか? そんな方には、「スノボツアー」のご利用をオススメします。

スノボツアーは、旅行会社が企画する、ゲレンデや交通、宿泊場所などの手配をしてくれる、スノボ好きにとってはとても便利なツアーです。

スノボツアーの中には、リフト券などの特典が付くものもあります。特にスノボ初心者や、スキーからの転向を考えている方は、スノボやスノボウェアがレンタルできるスノボツアーを何度か経験してみると、スノボというものがどんなものか、だいたいつかめてくるのではないかと思います。スノボの道具を揃えるのは、こうしたツアーの後でも遅くはないでしょう。

スノボツアー選び

スノボツアーとは、旅行会社がゲレンデ選び・交通・宿泊場所など面倒くさいことを手配してくれる、スノボ好きには嬉しいツアーです。スノボツアーの中には、スノボおよびスノボウェアの貸し出しやリフト券などの特典が付いているものがあります。

スノボツアー選びの基準は、人によって様々でしょう。オーソドックスなところでは、料金、ゲレンデ、サービス内容、交通手段といったものが挙げられるでしょう。たしかにこれらのことは、スノボツアーを選ぶ際、とても大切なことです。

スノボツアー選びについて、わたしから一言いわせていただくと――ズバリ、温泉付きがいいです! スノボは結構体力を使いますし、汗もかくので、その後の温泉の心地よさは格別ですよ。

スノボウェアとは

スノボウェアとは、言うまでもなく、スノボをする際に着用する服です。

スノボウェアに関しては、スキーから転向したばかりの人などは、スキーウェアをそのまま使っても問題はないと思います。

しかし、わざわざ「スノボウェア」と言うくらいですし、スキーとスノボは明らかに違いますから、当然スノボウェアにはスノボウェアの良さがあります。

スノボウェアの良さは、やはりスノボの滑走時の動きを考慮して作られているということ。スノボはボディアクションがスキーよりも大きいので、スノボウェアはつくりもサイズもスキーウェアよりゆったりしています。

スノボウェアの他の見分け方としては、パンツの裾の内側に「エッジガード」が付いていればスキー用、無ければスノボ用、といったところでしょうか。

スノボウェアとスキーウェアの違い

スノボウェアとスキーウェアは、実のところ、そう大差ありません。あえて言うなら、「スキーウェアにはパンツの裾の内側に『エッジガード』が付いている」「スノボウェアの方が若干ゆったり目に作られていること」といったことくらいでしょうか。それゆえ、スノボウェアでスキーをしても、あるいはその逆で、スキーウェアでスノボをしても、さほど問題はないと思います。

とはいえ、やはりスキーとスノボは動きが違います。スノボはスキーよりも動きが激しい分、スノボウェアの方がスキーウェアよりも若干丈夫にできているようです。

スノボウェアは、決して安い買い物ではありません。初心者や、スキーからの転向者は、まずはスノボウェアをレンタルして、その着心地を試してみたらいいでしょう。

スノボの歴史

スノボの歴史をさかのぼると、起源は1枚の板(笑)。1800年代には既にこの一枚板で滑っていたと言われます。

スノボのスポーツとしての歴史は、これよりずっと後。一般には1965年にアメリカで生まれた「スナーファー」と呼ばれる雪上サーフィンの玩具などがスノボの起源とされています。これは紐の付いた非常に小さな合板で、使い方も、単に斜面を真っ直ぐに滑り降りるだけ。到底スポーツと呼べるものではありませんでした。

スノボが本格的に発展し始めたのは70年代に入ってから。まずは板の面積が大きくなり、この板で滑走することを「スノーサーフィン」と呼ぶようになりました。そして80年代に至り、ゲレンデで滑ることができる商品が開発され、大量生産されるようになったのです――以上がスノボの大まかな歴史です。

スノボは歴史こそ新しいものの、今ではオリンピック種目にもなり、多くの愛好者を獲得しています。スノボはこのように、今後の発展が期待されるスポーツの一つなのです。

スノボの歴史(日本)

スノボが日本に広まったのは、さほど昔のことではありません。特にスキーと比べると、スノボは明らかに歴史が新しいスポーツです。

スノボの日本での歴史は、1970年代後半までさかのぼります。この頃から日本でもいくつかのスノボのメーカーが設立され始めました。そして80年代からは、スノボは外国から輸入されるようになります。

スノボの輸入が始まり、いよいよスノボが日本に根をおろすかと思われた矢先、全国のスキー場は相次いでスノボの滑走を禁止してしまいます。その理由としては――

・スノボはスキーとは動きが違うので、スノーボーダーとスキー客との接触事故が多発した

・スノボのルールやマナーが整備されていないことで、スキー客にとってスノーボーダーが邪魔な存在になってしまった

といったことが主な理由のようです。スキーと違い、スノボは歴史が浅いので、スノーボーダー、スキーヤー双方が、ゲレンデをどのように共有したらいいのかよくわからなかったのでしょう。

スノボはその後、紆余曲折を経て、今ではほとんどのスキー場で滑走が許可されています。スノボは歴史は浅いですが、90年代からはオリンピック種目にもなり、これからのさらなる発展が望まれています。

 
メニュー
スノボのタイプ
スノボのタイプ別特徴
スノボツアーを利用しよう!
スノボツアー選び
スノボウェアとは
スノボウェアとスキーウェアの違い
スノボの歴史
スノボの歴史(日本)