様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

猫の動物学

「猫」と日本で一般的に呼ばれる動物の学名は、動物学的には、ネコ科の「イエネコ」となります。

猫を動物学的に見た場合、他のネコ科の動物に比べて体は小さいものの、明るさの変化への反応が速い瞳孔、発達した聴覚、柔軟な身体、瞬発力など、狩猟に適したさまざまな能力の名残を残しています。

愛らしい容姿とはうらはらに、動物学上は、ライオンやトラ、チーターなどの猛獣と同じネコ科なわけですから、肉食で、夜行性でもあります。

猫は生まれて9〜10ヵ月で成猫となり、メスは年に数回発情期があります。妊娠期間は約2ヵ月ほどで、1回に生む子猫は約4匹と言われます。

猫の寿命は、動物学上では約10年前後とされていますが、室内で飼われているペット猫の場合、平均寿命は近年延びる傾向にあります。

動物学的に見た猫

猫、――つまり、現在、日本でペットとして親しまれている飼い猫の学名は、動物学的に見ると、ネコ科の「イエネコ」となります。

猫は、他のネコ科の動物に比べて小型ではありますが、動物学的には、ライオンやヒョウ、チーター、ジャガー、ピューマなどの大型の猛獣と同じ科に属している仲間なのです。

ネコ科の動物は肉食で、獲物までの距離を正確に測ることのできる視力、明るさの変化に素早く適応する瞳孔、鋭く指向性の高い聴覚、すぐれた嗅覚――など、狩りに適したさまざまな能力を備えていることが動物学的にわかっています。

ペットの飼い猫も例外ではなく、かわいく穏やかに見えますが、動物学上は、そのようなネコ科の習性を持っている生き物なのです。

こういう動物学の豆知識を知ると、飼い猫が、夜中にドタバタと暴れ回ったり、ネズミを捕るのが上手だったりする理由が、なんとなくわかってくるのではないでしょうか。

猫の病気について

猫の病気は、初期の頃は飼い主も気がつきにくいものです。猫が吐いたり、下痢をしたりして初めて、病気だとわかることもあります。

猫が病気かもしれないと思ったら、速やかに動物病院に連れて行き、獣医に診てもらいましょう。動物病院では、必要に応じて、問診や身体検査、糞便や尿検査、血液検査、レントゲンやエコー、心電図検査などを行い、適切な薬を出してくれます。

猫の病気には、伝染病をはじめとして、命にかかわるようなものもあります。特に、野良猫などと接触する機会のある猫は、病気にかかりやすいと言われています。

病気予防のため、定期的に、動物病院でワクチンの予防接種や健康診断を受けておくことが大切です。

猫の病気

猫の病気には、伝染病など、命にかかわるものも多くあります。特に、猫が屋外で他の猫と接触している場合は、病気をもらってきやすくなるので要注意です。

猫の病気のサインは、下痢をする、吐く、けいれんする、鼻水が出る、食欲がなくなる、体をしきりに噛む……等々です。何かしらの変化を感じて「病気かもしれないな」と思ったら、速やかに、かかりつけの動物病院の獣医さんに相談しましょう。動物病院では、病気の症状に応じた検査と、薬の処方をしてくれます。

また、ワクチンの予防接種によって、防げる病気もあります。特に、ウィルス感染の場合は病気になってからでは遅いので、健康診断や予防接種を、定期的に受けておくようにしましょう。

猫の飼い方

猫を飼う時には、まず、一つの命を預かることへの責任と飼い主の義務について、考えておくことが大切です。

猫の飼い方としては、それらを知ったうえで、キャットフードや食器、トイレ、首輪、爪とぎ、キャリーバッグ、ベッドなど、必要なペット用品を揃えて、猫を迎えます。

猫が生後8ヵ月を過ぎているなら、動物病院で避妊手術・去勢をしてもらうことをお勧めします。

猫の飼い方のポイントは、室内で飼う場合、家具やカーテンで爪研ぎをさせないよう、市販の爪研ぎを用意しておくこと、棚などに落下しやすいものを置かないこと、そして、猫が室外に出ないよう、玄関ドアや窓の戸締まりをしっかりしておくことです。

トイレのしつけ、食事のしつけを、子猫のうちから根気よくやっておくことも、飼い方のポイントです。

猫の飼い方について、わからないこと、心配なことがあるときには、かかりつけの動物病院の獣医さんに相談しましょう。

猫の飼い方について

猫を飼いたいけれど、飼い方がよくわからない、という相談を、よく聞きます。猫を飼う時には、まず、飼い主の義務と責任について、しっかりと認識しておきましょう。

そのうえで、猫を飼うと決めたら、まず考えなければいけないのが避妊・去勢手術です。また、ワクチンの予防接種も、受けさせておくことをおすすめします。

猫の飼い方のポイントは、室内で飼う場合は、トイレのしつけと、食事のしつけ、爪研ぎのしつけです。子猫のうちから、根気よく教え込んであげましょう。

また、猫が屋外に出ないよう、玄関ドアや窓の戸締まりをしっかりしておくことも、飼い方のポイントです。

猫の飼い方や健康管理、しつけ等について、わからないことや心配なことがあるときには、かかりつけの動物病院の獣医さんに相談しましょう。

 
メニュー
猫の動物学
動物学的に見た猫
猫の病気について
猫の病気
猫の飼い方
猫の飼い方について