様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ジーンズブランド

スポンサード リンク

LEVI'S(リーバイス)とは

LEVI'S(リーバイス)はアメリカ発祥のジーンズブランドの一つ。1853年にリーバイ・ストラウス氏がアメリカで雑貨店を創業したのがはじまり。彼は開拓時代のアメリカで必要だった労働着にと、テント用の厚手のキャンバス地を使った、世界初のジーンズを商品化したのである。それが今日のLEVI'S(リーバイス)である。LEVI'S(リーバイス)のブランド名は、リーバイ・ストラウス氏の名前が由来。

LEVI'S(リーバイス)のジーンズは、アーキュエット・ステッチという刺繍がバックポケットに縫いこまれており、これがLEVI'S(リーバイス)のトレードマークとなっている。アーキュエット・ステッチは、最も古い衣料品の商標でもある。

LEVI'S(リーバイス)は第一次世界大戦中は、戦争に関与する者しか購入を許されなかったのだが、戦後は世界中にその品質が伝わり、1930年代にはLEVI'S(リーバイス)は全世界で有名となった。ジーンズが労働着からファッション着となっていった時代なのである。

LEVI'S(リーバイス)について

LEVI'S(リーバイス)は、誰もが知っているジーンズブランド。ジーンズはLEVI'S(リーバイス)から始まったこともあり、まさにジーンズブランドの王様である。LEVI'S(リーバイス)という名前の由来は、創始者であるアメリカのリーバイ・ストラウス氏からきている。赤いレッドタブに白文字がLEVI'S(リーバイス)のロゴとなっている。

LEVI'S(リーバイス)は、もともとは労働着としての衣料品だったが、戦後は若者の間で流行となり、ファッションとして取り入れられていった。

LEVI'S(リーバイス)は、1950年代には、ジェームス・ディーンの登場によって、決定的なジーンズブランドとなった。日本でジーンズブームが起こったのもこの頃である。1960年代となると、ブルージーンズだけでなく、白やコーデュロイ地などの新製品が登場し、いずれもヒットとなる。ヒッピー文化の中で、LEVI'S(リーバイス)は若者のシンボルとなっていった。日本でも、東京オリンピック開催時に外国人がブルージーンズを穿いていたことから、第2次ジーンズブームとなった。

LEVI'S(リーバイス)の日本支社は1971年に誕生。また、1970年代は、日本でTシャツとジーンズの組み合わせが流行していった時期でもある。これが第3次ジーンズブームである。

ボブソンについて

ボブソンは日本のジーンズブランドの老舗です。1950年に山尾被服工業株式会社として設立された当時は、学生服や労働着のメーカーでした。1970年になってからジーンズの生産に入り、翌71年にボブソンブランドが誕生し、販売へと発展していきました。パッチのキャトルホーン・マークはボブソンのお馴染みのロゴマークです。

ボブソンの名前の由来は、日本製のジーンズを世界に向けて販売し、ボブが損(ソン)をするという願いをこめて付けられたという、ジョークのような話があります。ちなみにボブというのは、当時のアメリカではポピュラーな名前だったので、ここでは「アメリカ」の象徴だそうです。

ボブソンは1978年にボンタンジーンズを発表し、それがヒットしていきました。

ボブソンは1992年に「04ジーンズ」を発表。材質はレーヨンと綿の混紡・交織。素材がソフトになったこのジーンズは、「ジーンズ=硬い素材」という概念を破ったものでした。これが爆発的にヒットし、他のメーカーもこぞってソフトジーンズを取り入れることになります。

ジーンズブランド「ボブソン」

ジーンズブランドには色々あるが、日本のジーンズメーカーの老舗の一つにボブソンがある。ボブソンはもともとが学生服や労働着を製造していた岡山の「山尾被服」がはじまりで、1970年にジーンズブランドとしてボブソンを発足、翌年ジーンズモデルを発売した。

ボブソンの最近のメンズ向けジーンズでは、「WALKING JUMPER 6」がある。これにはWJ6601からWJ6604まであり、変形ポケットや大きなフロントボタンを取り入れたりした、ストレートやブーツカットスタイルのジーンズである。他にも大きなジッパーやフロントボタン、切り替えステッチを施したワイドタイプのWJ6605が出る予定である。

ボブソンの最近のレディース向け商品では、極細のスキニーや、サンダルやブーツに合うクロップド、ステッチやリペッド、ファスナーすべてをシルバーに統一したスキニーストレートなどがある。スリムな女性のボディラインを最大限に生かしたデザインである。

EVISU(エヴィス)について

EVISU(エヴィス)は大阪発祥の国産ジーンズブランドである。1995年に会社を設立した山根氏は、2000年からジーンズモデルを発表している。ちなみに会社は紳士服婦人服の他、ゴルフ用品、釣り用品、かばん・雑貨の販売なども手がけている。

EVISU(エヴィス)のジーンズの特徴は、何と言ってもバックポケットのかもめマーク。街を歩いていても、このマークがあったらEVISU(エヴィス)ジーンズだと誰もがわかるだろう。かもめマークはスタッフの手書きで、オンラインショップではかもめマークのペイントカラーが選べるようになっている。EVISU(エヴィス)ジーンズファンにはありがたいことだろう。

EVISU(エヴィス)ジーンズのレディース向けは、かもめマークやポケットのところにレザーが使用されて贅沢な仕上げとなっている。また随所にUSED加工が施されていて、手が込んだ仕上げとなっている。

EVISU(エヴィス)ジーンズについて

EVISU(エヴィス)は大阪生まれのジーンズブランドである。バックポケットのかもめマークがトレードマークで、このかもめマークは手書きである。レザー製のウェスト・パッチにはえびす様の顔が使われていて、名前通りいかにも大阪らしく、また品質保証と刻印されていておもしろい。

EVISU(エヴィス)ジーンズ支店は、北は札幌から南は熊本まであり、今はオンラインショップもある。

EVISU(エヴィス)のジーンズは、ボタンには「エビス」と代表者の山根氏の名前を使った「ヤマネ」が刻印されている。ポケットには"EVISU"と表裏白刺繍されたレッドタブがついている。

EVISU(エヴィス)ジーンズには、おおきくかもめマークがプリントされたものや、エビスと裾近くまで大きくプリントされた限定モデルのマイティー・エヴィス版もある。これを穿く人はかなりEVISU(エヴィス)ジーンズ好きであろう。

BIG JOHN(ビッグジョン)について

BIG JOHN(ビッグジョン)は日本のジーンズブランドの老舗の一つで、純国産ジーンズブランドでもあります。

BIG JOHN(ビッグジョン)は、1940年にマルオ被服として作業服や学生服を手がけていた小さな縫製工場からはじまりました。1958年になってジーンズの輸入・受託生産を始めることになります。1960年になって国産ジーンズが完成。65年にはファーストモデルM1002を発表します。

BIG JOHN(ビッグジョン)の名前の由来は、創業者である尾崎小太郎氏の名前に由来しているとのことです。太郎というのは日本ではポピュラーな名前なので、アメリカでいえば「ジョン」。ただ、小太郎だから「リトルジョン」となってしまって、「これでは」ということで「ビッグジョン」という名前になったそうです。

BIG JOHN(ビッグジョン)の企業理念は「クオリティーカムズファースト」。BIG JOHN(ビッグジョン)は品質にこだわりをもっているとのことです。

BIG JOHN(ビッグジョン)のジーンズ

BIG JOHN(ビッグジョン)は国産のジーンズブランドの老舗です。純国産ジーンズの代表といってもいいでしょう。

BIG JOHN(ビッグジョン)のジーンズは、世界初のジーンズの洗い加工を開発したりと、独創的なアイデアで知名度が高くなっています。ジーンズが輸入されたときは、日本人の体型にはなかなか合わないものでしたが、BIG JOHN(ビッグジョン)は日本人に合ったものを開発してきたのです。

BIG JOHN(ビッグジョン)のジーンズは、はじめはメンズ向けで、87年にはレディース商品を開発しました。

BIG JOHN(ビッグジョン)のジーンズは、「かっこよく見える」を目指しています。またBIG JOHN(ビッグジョン)のジーンズで特徴的なのが、ラムダステッチ。これによりスタイリッシュなデザインとなっています。

BIG JOHN(ビッグジョン)のラベルはカンガルーの皮を使用して、独自の方法で風合いを出しています。

JOHNBULL(ジョンブル)について

JOHNBULL(ジョンブル)は、岡山県倉敷市に本拠地を持つ国産ジーンズブランドである。ワーク服をテーマに1952年創業、1963年に株式会社として設立、JOHNBULL(ジョンブル)ブランドができてから今日まで、ジーンズ・カジュアル衣料を手がけている。

JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズは、日常着として着られるようにと考えられている。具体的にはほどよくワイドな幅をもたせた仕様となっていて、どこか遊び心もあるような感じである。またJOHNBULL(ジョンブル)のジーンズには、サスペンダージーンズを現代風にアレンジしたデザインもある。さりげなく穿けてちょっとおしゃれなところがJOHNBULL(ジョンブル)の特長と言えよう。

JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズでは、メンズものはメンズらしく、レディース向けには、より女性らしいシルエットを取り入れたデザインがなされており、またミニパンツやジーンズスカートもある。

JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズ

JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズは、ワークスタイルが原点となっている。ワークと言っても汗まみれで働く人だけではなく、音楽やアートといった芸術面も含んでいる。「現代(いま)を生きる」を題材として、着れば着るほど表情を生み出し、古着としても価値あるモノを目指しているのがJOHNBULL(ジョンブル)のジーンズなのである。

JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズ、現在のオンラインショップでは、メンズ向けには、スレンダーデニムパンツ、サスペンダージーンズ、キッチンパンツ、ペインターパンツ、カラーデニムといったものがある。レディース向けには、ヒッコリーやデニムの8分丈パンツ、ホットパンツやスレンダーパンツ等々がある。他のオンラインショップでは、美脚美尻をテーマにデザインされた8ポケットデニムジーンズモデルタイプもある。

JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズは、ステッチの糸の色を変えているのも特長だ。ポケットも左右ちがう場合もあり、遊び心いっぱいのデザインである。

スィートキャメルについて

スィートキャメルは女性専用のジーンズブランドです。1979年5月に日本で生まれ、今日に至っています。スィートキャメルのターゲットは20代がメイン。仕事を持っていて好奇心が強く積極的、周りに流されない独立心の強い女性をターゲットとしています。デザインも一つ一つ細部に至るまで考えられています。最近では30代の女性向けのデザインもあります。

スィートキャメルの最近のモデルには、「Hip star Angel」「hip star J」「Ashinaga Jeans Career」「Ashinaga Jeans Glamour」「Cuerieen」等があります。ジーンズスタイルも年齢幅をきかせたデザインから、ティーン向けのかわいいデザインまであり、女性のアイデアあふれたものとなっています。

スィートキャメルのデザインには、女性の美しいボディラインをいかしたものが本当に多いです。ヒップアップ効果や足を長く見せる効果など、女性の美しさを強調するようになっています。かっこよくおしゃれに着こなせる、そんなスタイルがスィートキャメルには見られるのです。

スィートキャメルのジーンズ

スィートキャメルのジーンズは、日本で生まれて日本で発展してきた国産ジーンズブランドで、広島のタカヤ商事株式会社のオリジナルです。アメリカの女性デザイナーが女性向けのジーンズをデザインしたのに刺激されて、日本人が開発していったジーンズなのです。

スィートキャメルのジーンズには、最近の日本人女性も体型がキレイになってきたこともあり、より美しいシルエットのスタイルがあります。ヒップアップ効果と足を細く見せるというダブル効果でより女性らしさを強調したスタイルや、すっきりしたスタイルで、オフィスでも穿けるような素材とデザインのものもあります。スィートキャメルはまさに女性のためのジーンズブランドです。

スィートキャメルは常にレディスジーンズをリードしています。あしながジーンズやヒップアップジーンズ、バギージーンズ、ブッシュパンツ、スキニージーンズ等々、時代に先駆けて、いつも流行の火付け役となってきた、まさに時代をリードしてきたジーンズブランドです。

Wrangler(ラングラー)について

Wrangler(ラングラー)のジーンズは、カウボーイやロデオボーイといった人用に作られたアメリカのジーンズブランドです。イメージキャラクターもアメリカをイメージするヒーローであるカウボーイを使っています。Wrangler(ラングラー)のジーンズは1947年に誕生しました。

Wrangler(ラングラー)のジーンズは、乗馬するのに適したデザインが施されています。ゆったりと深い股上や、ベルトループの幅が広くなっています。ポケットも、乗馬姿勢のときにモノが取り易いようにと、高めの仕様となっています。ちなみにWrangler(ラングラー)のジーンズが誕生した時のロット番号は「11MW」。ロットの意味は、11オンス生地のメンズ・ウエスターン仕様ということです。機能とファッションを融合させた画期的なウエスタンジーンズです。

Wrangler(ラングラー)のジーンズは、Wrangler(ラングラー)の頭文字であるWがバックポケットにステッチされていたり、トップボタンにWが刻印されていたりします。

Wrangler(ラングラー)のジーンズ

Wrangler(ラングラー)のジーンズは、1947年にブルー・ベル社からジーンズブランドとしてデビューしました。ブルー・ベル社はWrangler(ラングラー)の母体ですが、この会社にはワークウェアメーカーとしての歴史があります。

Wrangler(ラングラー)の最初のモデルは、フロントがボタンフライ仕様の11MWで、翌年にはジッパー仕様の11MWZが発表されています。現在ではこの復刻版のジーンズが発表されています。11MWが誕生したときは、当時のカウボーイのチャンピオンとの個人的な契約で、カウボーイ仕様のジーンズとしていました。Wrangler(ラングラー)は1974年には13MWZを発表、これが全米プロ・ロデオ・カウボーイ協会(PRCA)から支援され、1975年には13MWZを協会の公認ジーンズとして認定するまでに至っています。

Wrangler(ラングラー)は、アメリカのカウボーイ達にとってはワイルドな動きに耐えられるジーンズブランドです。細部に至る仕様などがカウボーイ競技にそったものとなっていることも重要だったのです。

Wrangler(ラングラー)のジーンズを好む人は、もしかしたらカウボーイに魅せられているのかもしれませんね。

EDWIN(エドウイン)とは

EDWIN(エドウイン)とはジーンズブランドのひとつ。1961年に日本で誕生した。1959年に我が国に初めて輸入されたジーンズは高価であるのに穿き心地が今ひとつだった。「国内縫製でもっと価格を抑えて穿きやすいものを」と取り組んだのがEDWIN(エドウイン)だったのである。

エドウイン(EDWIN)の名前の由来は、ジーンズの生地にかかせないデニム(DENIM)の5文字を自由に並び替えたものだ。

EDWIN(エドウイン)のジーンズモデルには、オールドウォッシュ、ストーンウォッシュ、ロンドンスリム等がある。ストーンウォッシュは、文字通り、本当に石と一緒にジーンズを洗うのである。オールドウォッシュは中古加工の先駆けとなった。ロンドンスリムはドイツで発表されたもので、股下から裾にかけて非常にスリムなものである。ロットナンバーは1410または406。1983年にはEDWIN(エドウイン)のジーンズは国内販売で1位となった。

EDWIN(エドウイン)のジーンズ

EDWIN(エドウイン)のジーンズは、ダメージ加工を施しているのが特長だ。ペーパーやブラシを使ってヒゲを出したり、シェービングを使って全体的な色落ちを施したり、グラインダーを使ってほつれを出したりしている。このような職人芸とでもいうべき加工がEDWIN(エドウイン)の売りなのである。

EDWIN(エドウイン)のジーンズデザインの特色としては、ポケットのWステッチ、EDWIN(エドウイン)ロゴを大きく配した皮ラベル、EDWIN(エドウイン)と書かれた赤いタブといったもので、このデザインは1960年代のタイプから今なお続いている。特にポケットのステッチは、遠くからみてもEDWIN(エドウイン)のジーンズだとわかるのだ。

EDWIN(エドウイン)は、1970年代に入ってから、手作業によるシェービング加工がなされたオールドウォッシュジーンズが人気となった。ちなみにこの頃、レディス専用の「SOMETHING」も自社ブランドとして立ち上げている。

EDWIN(エドウイン)のジーンズには、「503 BLUE TRIP」「505SV」「EDGE LINE」「RV」「XV」等々のラインナップがある。

DENIME(ドゥニーム)について

ドゥニーム(DENIME)は、1988年に林氏によって設立されたジーンズブランドである。

DENIME(ドゥニーム)の名前は、「Serge de Nimes(ニーム産のサージ)」を語源とする「de Nimes」が、アメリカ訛りで「Denim(デニム)」になったものからということらしい。DENIME(ドゥニーム)の店舗は2007年5月現在では全国で12店舗ある。

DENIME(ドゥニーム)のジーンズは、色落ちするのが当たり前。色落ちした風合いを楽しむジーンズである。値段は高いが、色落ちを楽しむ人にとっては、DENIME(ドゥニーム)は人気のジーンズブランドなのである。

DENIME(ドゥニーム)のジーンズは、1950〜1970年代の製品をリメイクしている。しかも、昔通りに着色した糸を、織機、縫製、糊付からパーツに至るまで一貫して再現しているのだ。この製法はDENIME(ドゥニーム)ならでは。またDENIME(ドゥニーム)のジーンズは、タイプにもよるが、レギュラーサイズより大きいサイズになると、生地を余分に使うため、その分数千円値段があがる設定となっている。

DENIME(ドゥニーム)のジーンズ

DENIME(ドゥニーム)は、50〜70年代のものをリメイクしている人気のジーンズブランドである。色落ちするのが当たり前で、買ったときにはものすごく色落ちがする。特にアタリの部分の色落ち感は強い。DENIME(ドゥニーム)を愛する人は、どれだけ色落ちしたかを楽しむ人が多い。

DENIME(ドゥニーム)のジーンズは、最初はごわつく感じがするが、穿き込むうちに腰周りもしっかりとなじんでくる。ねじれも出てくるが、DENIME(ドゥニーム)が気に入っている人は、色落ちも入れて、かなり思い入れが出てくるジーンズなのである。

DENIME(ドゥニーム)のジーンズタイプには、XXや66、第2次大戦時モデルなどがある。中でも人気なのがXXと66タイプであろう。XXタイプは生地のゴワゴワ感が強いが、66タイプはXXに比べて生地が柔らかめである。他に、京都店のみや千駄ヶ谷店のみでしか取り扱ってないタイプもある。

Joe's(ジョーズ)について

Joe's(ジョーズ)というのはジーンズブランドのひとつで、ロサンゼルス出身のフランス人デザイナー、ジョー・ダハンがデザインするジーンズである。2001年にJOE'S JEAN'Sを発表、ジョーズ・ジーンズ社を設立した。

Joe's(ジョーズ)のジーンズは、大人の女性にふさわしいデザインとなっている。

Joe's(ジョーズ)ジーンズの特長は、やはりはき心地のよさである。生地それぞれの縮率に合わせたパターンメイキングには定評がある。素材への徹底したこだわりがJoe's(ジョーズ)の売りなのである。生地へのウォッシュ加工も女性向けに工夫された仕様となっている。

Joe's(ジョーズ)のジーンズは、デザインによっては日本で入手困難なものもある。最近はネットで輸入ものを取り扱っているところもあるので、現地に行けない場合はネットを利用するのも手だ。

Joe's(ジョーズ)のジーンズ

Joe's(ジョーズ)はアメリカ発のジーンズブランドである。デザイナーであるジョー・ダハンは、シューズメーカーの両親の間で生まれ育っている。もともとアーティスト時代に彼のストリートスタイルが地元ロスで話題となっており、そこから本格的にデザイナーをめざすこととなった。

Joe's(ジョーズ)のジーンズは、美脚ジーンズそのものといってもよい。見た目だけでなく、はき心地も抜群である。その理由は、生地ごとの伸縮率を計算したデザイン。また、パターンも細部にまでこだわりをもたせたジーンズなのである。大人の女性向けのジーンズを探すなら、Joe's(ジョーズ)のジーンズは必見であろう。

Joe's(ジョーズ)のジーンズデザインは、バックポケットに刺繍等が入ったり、生地をわざとフリンジにしたり、また着古してほつれたような箇所(例えば裾、ポケットの一部、ウエストの一部など)に花柄の生地をのぞかせたりと、何気におしゃれ。足のラインに自信がある方なら、Joe's(ジョーズ)のジーンズはオススメである。

 
メニュー
LEVI'S(リーバイス)とは
LEVI'S(リーバイス)について
ボブソンについて
ジーンズブランド「ボブソン」
EVISU(エヴィス)について
EVISU(エヴィス)ジーンズについて
BIG JOHN(ビッグジョン)について
BIG JOHN(ビッグジョン)のジーンズ
JOHNBULL(ジョンブル)について
JOHNBULL(ジョンブル)のジーンズ
スィートキャメルについて
スィートキャメルのジーンズ
Wrangler(ラングラー)について
Wrangler(ラングラー)のジーンズ
EDWIN(エドウイン)とは
EDWIN(エドウイン)のジーンズ
DENIME(ドゥニーム)について
DENIME(ドゥニーム)のジーンズ
Joe's(ジョーズ)について
Joe's(ジョーズ)のジーンズ