様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビジネス

スポンサード リンク

ビジネスマナーとは

ビジネスマナーとは、さまざまな年代や経験で構成されている社会の中で、コミュニケーションを取っていくためのルールのようなものです。

ビジネス社会では、個人は会社の一員として見られます。

たとえ新入社員でも、電話や来客の取り次ぎをしたときに、あいさつや名刺交換がおろそかなら、「なんだこの会社は」ということになってしまいます。

ビジネスの場は、会社外の人とのやりとりだけではありません。

自分の会社内の人間関係も、もちろんビジネスです。

敬語、挨拶、エレベーターや会議の席、タクシーなどで席順をわきまえた振る舞いをすること。こうした積み重ねが、あなたの評価につながり、複雑に構成されているビジネス社会の一員として認められていくステップとなります。

学生から社会に出たら、自分のことは自分の責任であると同時に、会社の一員としての自覚を持ち、ビジネスマナーを自分のものにしていきたいですね。

ビジネスマナーのいろいろ

ビジネスのさまざまなシーンで、ビジネスマナーは生きていきます。

四角四面のマナーではなく、人間関係をうまく作るためのツールと考えて、使いこなしていきたいものです。

新入社員なら、まずは電話応対をさせられる会社が多いようです。

そういう機会がなかったとしても、まだ新人のうちなら、恥をかいても大目に見てもらえるので、積極的に電話をとり、電話のビジネスマナーを自分のものにしましょう。

ビジネスマナーを自分のものにするには、数をこなして慣れることが大切です。

車の運転と同じように、左に曲がるから、ハンドルを左に切って、と考えているうちはまだまだと言えるでしょう。繰り返していると、自然と手がハンドルを操作するようになります。

挨拶、敬語、自己紹介、電話や来客の応対など基本的なビジネスマナーを覚えて実践すれば、他のビジネスマナーは先輩や上司から教えるような人間関係が作れるでしょう。

ビジネスマナーは、仕事で必須とされている報告、謝り方、頼み方、FAX送受信、携帯電話、Eメール、ビジネス文書、テーブルマナー、冠婚葬祭などあらゆるシーンで使われます。

個人や会社の一員ということだけではなく、社会の一員として、ソツがないマナー美人を目指してみませんか。

サイドビジネスとは

サイドビジネスとは、学生や主婦、サラリーマンが、空いた時間を使ってお小遣いを稼ごう、という試みといえるでしょう。副業ともいわれています。

ここ数年、注目されているサイドビジネスとしては、インターネット上での情報を使った商売があげられます。

インターネットで誰でも簡単にいろんな情報が手に入るようになり、発信も自由にできることから、発信者にも受信者にも近く、検索サイトを通じて多くの人に知ってもらうことができます。

サイドビジネスとして、インターネットを使えば、空いた時間でお小遣いが稼げてしまうかも、という気持ちで始めたい人も多いのではないでしょうか。

インターネットで何かをしようとする場合は、情報戦にうまく乗ることが大切です。

簡単に何十万円も儲けているという話を聞くこともありますが、成功者は1%ちょっとというデータもあります。

サイドビジネスは、インターネット以外にも、趣味と実益を兼ねて堅実な収入につなげようという通信教育ビジネスがあります。

自分の趣味をもう少し深めて、それで月数万程度になるなら、主婦などには魅力のあるものかもしれませんね。

サイドビジネスの実際

サイドビジネスは、ここ数年特に注目を浴びていて、個人がサイドビジネスを起こすための情報が氾濫しています。

サイドビジネスって言葉よく聞くし、どれ自分もちょっとやってみるかな、とインターネットを調べると、成功の秘訣、発想の転換、ホームページ作りと広告が命、などたくさんの魅力的な言葉が飛び出してきます。

今すぐにでも儲けられそうな気がしてきます。

サイドビジネス業界、ともいえるかもしれません。

個人にサイドビジネスの情報を提供するビジネス、というとややこしいでしょうか。

最近開拓された業界ですね。

サイドビジネス業界には、インターネット系と通信教育系があるようです。

どちらも、サイドビジネスを起こしたい個人に情報やモノを売って儲けるものです。

サイドビジネスの情報を買った個人は、インターネットでは始めた人の1%ちょっとが成功した程度ともいわれています。

通信教育や講座などでは、高価な教材や教育費を払い、1つでは使いもにならなくて、もっと資格を、と取り続ける、「資格ショッピング」をする人の存在が指摘されています。

ビジネスって、そういう人が稼ぎたい、何かをしたいという欲求すら商売にしてしまうものなんですね。

ビジネスに役立つ資格試験を受けよう

ビジネスマンとして、自分のスキルや給料のアップに興味があるのは当然でしょう。

他の人と差をつけるには、どうしたらいいでしょうか。

資格試験に挑戦し、ビジネスですぐに役に立つ知識を手に入れるだけではなく、給料アップにもつなげてみましょう。

資格試験は、スキルとして認められるようなものほど、少し難しく、努力が必要なものです。

忙しい仕事の行き帰りや、帰宅してからはでれーっとしていたい気持ちはみんな同じでしょう。

少しの時間を有効に使ったかどうかで、でれーっといている人たちとは、資格試験の結果だけではなく、大きく差がついていきます。

通勤時間や、自宅での少しの時間、それを有効に使って、資格試験に挑戦してみましょう。資格試験への挑戦は、自分自身の意思や管理能力にも働きかけ、それが強化されるだけでも、仕事の能率がアップしそうです。

ビジネスですぐに役立つ資格試験としては、今している仕事に関係する資格で、取っていないもの、ワンランク上のものをまず目指してみましょう。

ビジネスに役立つ資格試験のいろいろ

ビジネスマンが、資格試験に挑戦するには、ゆっくり休みたい通勤電車の中、家でのくつろぎタイムを割いて、ある程度勉強しなくてはいけないでしょう。

毎日何時間も、は大変ですし、続かないかもしれません。

資格試験のためには、そのちょっとの時間を有効に使って、こつこつ続けることが大切です。

辛くて大変そう、と思っていても、まずは始めてみましょう。

今まで実務経験で何となく身についていたものが体系的に理解できたり、もっと詳しい知識が得られて、会社でも一目置かれたりするかもしれません。

資格試験に通ったことで、給料に技術手当てがついたり、自信につながることもあります。

技術職では、資格がないとできないような仕事があります。

資格試験には、どういうものがあるでしょうか。

経理関係なら、簿記2級なら採用率も会社での重宝率もアップ、1級や会計士までとれば、一生その世界で食っていけるともいわれます。

パソコンを使うオペレータなら、ワードやエクセルといった普段使うソフトの資格試験があるので、挑戦してみましょう。

パソコンの技術職なら、ソフトウェア、データーベース、ネットワーク、工程管理といったものは知識の整理と、仕事の能率アップに直結します。

電気、建設といった業界では、資格がないと工事や設計ができません。

番外編では、危険物取扱者などの資格があると、ガソリンスタンドでのバイトに有利なこともあります。

自分の業界で役に立ちそうな資格試験にぜひ挑戦してみましょう。

ビジネス文書とは

ビジネスの世界では、人間関係や業務が複雑に絡み合い、社会を形成しています。

ビジネスシーンに合わせたマナーがとても大切です。

ビジネス文書は、そうした社会の中で、会社内や社外との連絡手段として頻繁に使われています。

学生時代のレポートや感想文、友達とのメールなどとは一線を画して、しっかりとしたビジネス文書が作成できるようにしましょう。

ビジネス文書には、社内と社外のものがあり、それぞれメールと、メール以外の書類があります。

メールは、あて先や文頭の決まり文句、末尾の署名などを簡潔にし、ビジネスシーンでふさわしいものにしましょう。

書類には、会社ごとに決まった形式の申請書や請求書があることがほとんどです。お金や取引に影響のあるものなので、ルールを守って作成することが大切です。

ビジネス文書のいろいろ

ビジネス文書とは、状況に合ったもの、正確で簡潔な内容、適切なタイミング、上司や取引先の承認など取り扱いのルールといった、たくさんの要素が詰まった、大切なビジネスツールです。

メールでは、指示を受けたり、報告したり、確認したりといった伝達に欠かせません。

口頭で受けた指示や、会議の内容についてメールでまとめて確認したり、結果について報告することは、お互いの認識の確認にもなり、ビジネスマンとして確実な仕事の姿勢とマナーを印象付けます。

ビジネスメールでは、自分と相手という1対1のやりとりではなく、関連者やお互いの上司にもコピーを送付しておくと、報告を兼ねることはもちろんですが、自分の仕事やメールの重要さをアピールすることができます。

年少だったり、取引関係などで自分が下でも、会社の一員としてこの仕事を責任持ってやっているというバックアップとして、ぜひメールはコピー(CCと一般にいいます)を関連者にも送付しましょう。

ビジネス文書では、メール以外にもさまざまな社内・社外書類があります。

社内文書の例としては、指示、報告、確認といった基本的なものから、宴会の案内、出欠の返答など、人間関係を構成するものまでさまざまです。

社外文書の例としては、挨拶状、資料の送付、ファックスの頭付け、見積もりや発注、請求書、お詫び、クレーム、督促などがあり、どれも会社の顔としてたいへん重要な書類です。

ビジネス文書を社外に出す場合は、自分で作成していきなり送付するのではなく、上司や社長の承認が必要なことも多いので、よくルールを確認しましょう。

ビジネスの基本とは

ビジネスの基本とは何でしょうか。

ビジネスとは、モノやサービスの提供によって利益を得ること、ともいえるでしょう。

ビジネスの基本といった場合は、では、「安く仕入れて高く売る」ことや、「いいサービスを提供して喜んでもらう」ことで、「高い利益を得ること」と言ってしまっていいのでしょうか。

もちろん、それは必要かもしれません。そんな欲があってはいけないなどときれいごとをいうつもりもありません。

ビジネスで成功している人を見ると、「給料以上に働いている」「お客様が期待する以上のものを提供している」などの例が後を絶ちません。

給料、売り上げなどといった得るもの以上を提供すること、これが、相手があなたを認め、これからも取引したい、他の人にも勧めたいと、より多くの仕事を引き付ける力になるのではないでしょうか。

ビジネスの「結果」として、多くの利益を得るには、お客様の存在が欠かせません。

お客様の心をつかむことこそ、ビジネスの基本といえるのかもしれません。

ビジネスの基本をマスターしよう

ビジネスの基本は、なんと言っても「儲ける」こと。

ちょっと、露骨すぎるでしょうか。でも、否定もできないですね。

ビジネスで儲けるためには、お客様の心をつかみましょう。

お客様が、「この商品はいい!」「この店はいい!」「この会社に任せれば間違いない」と評価してくれれば、安く仕入れた商品は高く売れ、提供したサービスを喜んでもらいながらお金が入るといううれしい循環を引き起こします。

ビジネスでお客様に喜んでもらえるには、どうしたらいいでしょうか。

サラリーマンでは、直接お客様に接する以外にも、会社の同僚や上司も給料という対価をいただく会社に勤める「お客様」と考えることができます。

自分の都合だけ考え、定時のチャイムと同時に片付けは終わっていて帰宅するなどは、仕事に対するやる気がない典型などと見られているようです。

与えられた仕事を、期限いっぱいまで使うより、早め早めにこなせば、仕事の量は増えてしまいますが、あなたの能力に対する評価はどんどんあがっていき、会社に欠かせない人物となります。

ビジネスマンの間で最近よく聞かれる、リストラにおびえることなく、自分が、大切な会社の「商品」となってしまうのです。

ビジネスで直接お客様に接する場合は、提供する品物やサービスに常にひと工夫を凝らしましょう。

どれだけお客様がつくかは、ビジネスの基本です。

店やオフィスの掃除、電話の応対のひとつから、商品の保管、接客、販売、お見送りまで、「他のところよりも得した」とお客様が思ってくれれば、次の取引も、そして別の人への紹介へとビジネスが発展していくでしょう。

 
メニュー
ビジネスマナーとは
ビジネスマナーのいろいろ
サイドビジネスとは
サイドビジネスの実際
ビジネスに役立つ資格試験を受けよう
ビジネスに役立つ資格試験のいろいろ
ビジネス文書とは
ビジネス文書のいろいろ
ビジネスの基本とは
ビジネスの基本をマスターしよう