様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 講座

スポンサード リンク

セラピスト講座

講座にはいろいろなものがあります。趣味の範囲の講座、資格を取る講座、スキルをあげるための講座等々、様々ですね。どうせ時間とお金を使って講座を選ぶなら、興味がもてて、かつ資格もとれそうな講座がいいですね。

セラピストという言葉は、現在よく聞くようになりました。セラピストとは、何らかのセラピーを行う人のことで、療法士、治療士とかつてはいわれていました。現代は大変ストレスの多い時代。様々なストレスで疲労している現代人を、心身ともに「癒す」人、それがセラピストです。

代表的なセラピスト、セラピーは、まずアロマセラピー(テラピー)です。香りによって人をリラックスさせるセラピーですね。その他、アニマルセラピー、カラーセラピー、アートセラピー、整体セラピスト、リフレクソロジーセラピスト、前世療法、催眠セラピーなど多種多様なセラピー(セラピスト)の種類があります。

セラピストと一口にいっても、それぞれ専門性が高く、その分野のセラピストになるためには、必要な知識と技能を修得しなければなりません。そのために講座に通ったり、あるいは通信講座で学ぶ必要があります。

セラピスト講座には

セラピストとは、心身の「癒し」に重きをおいた治療士、療法士のことです。医学的な病気を治療する医師ではありませんが、ある意味もっとデリケートな精神の部分をフォローアップするのがセラピストの仕事です。よって、専門的な知識や技能が不可欠で、それを学ぶために講座に通う(あるいは、通信講座で学ぶ)必要が出てきます。

セラピスト講座には、いろいろあります。セラピスト自体に、いろんな種類がありますから、それだけの講座があるといえます。

代表的なアロマセラピストでいうと。社団法人日本アロマ環境協会とか、日本アロマコーディネーター協会といった団体ごとに認定校(講座)があり、取得資格もそれぞれ異なっています。資格といっても民間資格であるため、どの講座で取れる資格が優れているとか一概にいえず、資格があれば即セラピストの道・仕事が保障されているものでもないようです。

講座を選ぶには、まず通学講座か通信講座か、自分の生活スタイルにあわせて目的を達成できそうなものを選ぶようにしましょう。特に、セラピスト講座は「癒し」を与える人になるための講座。選んだ講座がストレスになってはしょうがないですからね^^;

ドレナジスト講座

講座にはいろいろなものがありますが、どの講座にしても興味をもつ人が多いようです。学校(義務教育)では学ぶことのできないことが学べたり、それが他人の役に立ったり、職業につくのに必要な技術や知識だったりするのが、講座が人気がある理由かと思います。

ドレナジストという言葉はきいたことがあるでしょうか。一般に「リンパドレナジスト」として使われ、リンパのドレナージュを行う療法士のことです。ドレナージュとは、「排液」または「排出」という意味をもつフランス語のことで、特徴のあるマッサージ方法で刺激を与え、リンパや血液の流れをよくして溜まった老廃物を流し、体質改善や美容効果を高める療法のことです。

こんな職業もあるのねぇ、と思ったわけですが。もちろん、ドレナジストになるための講座もあります。ドレナジストは、学んだ技術が他人の健康を促進させるものなので、やりがいのある仕事という印象がもてますね。

ドレナジスト講座には

ドレナジスト(リンパドレナジスト)になるためには、ドレナジストの技法を学べる講座で、知識や技術を習得する必要があります。ドレナジストとは、マッサージを施してリンパ液の流れを良くして、クライアントの体質改善を行う療法士のことです。

ドレナジストになるための講座としては、たとえばホリスティック医学アカデミーにおけるリンパドレナジスト養成講座があります。所定の課程を修了すると、「日本代替医療協会」からプロとしての認定証が授与され、さらに必要な支援プログラムを享受することが出来るとなっております。

もちろん、その他の団体の講座においても、そういった資格や特典があるかと思います。講座で学んで資格をとって。リンパドレナジストとしての夢を達成できるといいですね。

ビューティーアドバイザー講座

講座には、専門的な知識や技術を身に付けることができる講座が多々あります。そして、その専門的な知識や技術なしではできない職業も多々あります。「手に職」を持つ、という言葉がありますが、講座はその「手に職」をもたせるための重要な存在だったりします。

ビューティーアドバイザーという職業がありますが、ビューティーアドバイザーとは、化粧品会社の美容部員のことをいいます。ビューティアドバイザーは、その時来店された個々のお客様に合った化粧方法を提供するのが仕事です。よって、幅広くメイク方法や化粧品に関する知識とテクニックを身に付けなくてはなりません。お客様のスキンケアについてのアドバイスもしますから、医薬分野の基礎知識も必要とされます。

ビューティーアドバイザー講座では、そういった知識・技術を学ぶことになりますが、考えてみれば、高校くらいまでは学校に化粧をしていったら怒られるのに、学校(講座)で化粧方法を学ぶというのは、なかなか斬新な展開です(笑)。

美しくありたい、この願望がある限り、ビューティーアドバイザーの存在は揺るぎなく、そのための講座もまた必要不可欠でしょうね。

ビューティーアドバイザーになるには

ビューティーアドバイザーとは、化粧品に関するプロの美容部員のことです。

ビューティーアドバイザーになるには、やはり講座(専門学校)に通うのが一番でしょう。講座には、期間も3ヶ月から1年間、入学金や受講料もピンからキリまで、様々あります。今仕事に就いていて、学校に通うことができないという人は通信講座もあります。自分の生活スタイルにあった形で、まずはできるところから手をつけていくのがいいでしょうね。

ビューティーアドバイザーを志す方の一つの目標として、ビューティ国際美容連盟(IBF)が行うメイクアップアーティストの認定資格試験というのがあります。年4回行われるこの試験は、メイクアップアーティストとしての基本となる技量・実力を証明するものといわれております。

どうせ目指すなら、実力のあるビューティーアドバイザー。講座を選ぶ際にも、この認定試験をクリアできるよう、考慮するといいでしょう。

ネイリスト講座

講座の中でも、圧倒的に多いのは英語と美容関係かな、などと数えたわけでもないですが、ぱっと見、そんな気がします。わたしたちの美への飽くなき欲求は、きっと永遠に不滅でしょう^^

ネイリストという、お客様の爪や指先を美しくするプロの人たちがいます。ネイルアーティストともいいます。爪は小さいスペースですが、意外に目立つところ。そこでセンスのいいネイルケア・ネイルアートが注目されるわけです。

ネイリストになるための講座は多々あります。ネイリスト講座では、基本的なネイルケアの知識や技術を学びます。さらにネイリストは、爪という小さなスペースでお客様に満足をいただけるようなアート性、独創性なセンスも必要。そういった部分も、もちろん講座において指導を受けることで洗練されていくでしょう。

ネイリストは、ネイルサロンの他、ヘアサロンやエステサロン、ブライダルサロンなど需要が多々あります。ネイリストを夢みている方は、まずは講座で学んで実力を身につけて。夢への一歩を踏み出す機会はいつでもあります^^

ネイリストになるには

ネイリストとは、お客様の爪や指先に「美」「アート」を施すプロの人たちです。ネイリストになるには、ネイリスト講座で、必要な専門的知識・技能を学ぶ必要があります。さらに講座での課程が修了したら、日本ネイリスト協会が行う「ネイリスト技能検定試験」という試験にチャレンジするといいでしょう。

ネイリスト技能検定試験には筆記試験と実技試験があります。おおまかにいえば、1級はトップレベルのネイリスト、2級はサロンワークで通用するネイリスト、3級はネイリストとしてのベーシックな技術や知識を身に付けているという認定がなされます。なお、1級は2級合格者でなければ受験できません。

ネイリストになりたくても、まずは実力がないとお客様に喜んではもらえません。ネイリストになるために講座もたくさんありますが、講座で知識や技能は教えてくれますが、それを本当に身に付けていくには、本人のやる気と根気が必要。そればかりは講座では教えてはくれませんので、ぜひ自分を叱咤激励して、夢を叶えてくださいね。

20代〜30代に人気の講座とは?

講座には、趣味的なものから、資格を取得するためのものまで、さまざまなものがあります。

20代〜30代に人気の講座にはどのようなものがあるのでしょうか?

この年代は、これからの進路を見すえてキャリアアップを目指す人が多い時期。

人気の講座も、必然的に、仕事に直結する資格取得系のものが多くなっています。

各種国家資格の通信講座や簿記講座は定番です。最近は、ホームヘルパーや医療事務等、福祉・医療系資格の講座も受講者を伸ばしてきました。

また、ビジネスマンに欠かせない英語力を伸ばすための講座、具体的にはTOEICのスコアアップのための講座も依然として人気です。

20代〜30代と言えば、自分の可能性をもっともっと試してみたい時期。

さまざまな講座を活用して、スキルアップに励んでください。

人気の講座――20代〜30代編

講座には、通信教育を受講する、eラーニングでネット経由で学ぶ、カルチャーセンターやスクールに通う、オープンカレッジの公開講座を受ける等々、いろいろな形態があります。

20代前後の学生さんは、スクールに通って受講する人が少なくありません。しかし、お金がかかるのも事実。

その点、通信講座やeラーニングは、費用も安く、好きな時間に学習できるので、学生さんだけでなく、社会人にも人気があります。

20代〜30代は、自分の進路やキャリアアップに関心のある時期。

人気講座も、資格取得系のものが圧倒的な人気を誇っています。

簿記や英語、パソコン関係などの定番講座に加えて、最近は、福祉や医療関係の講座も人気です。

また、20代〜30代の女性には、インテリアコーディネーターやカラーコーディネーター、ネイルアート、DTPなどの、女性ならではの感性を活かせる講座が人気を呼んでいます。

通信講座は、スクーリングと違って、自己管理がしっかりできるかどうかがカギを握ります。

受講した内容をしっかり身につけられるよう、頑張っていただきたいと思います。

40代〜50代に人気の講座とは?

講座には、通信教育をはじめとして、地域の公民館やカルチャーセンターで学ぶ講座など、さまざまなものがあります。

最近ではインターネットを使ったeラーニングと言われる形態もよく知られるようになりました。

数ある講座のうち、40代〜50代に人気の講座にはどんなものがあるのでしょうか?

40〜50代と言えば、主婦の場合、子育てもようやく一段落して、自分の時間がもてるようになる時期。

資格取得にチャレンジしたり、趣味の道を極めたりして、新しい目標を持って学んでいる方も多くいます。

手芸や絵画、英会話、ボールペン字などは、オーソドックスな人気講座と言えるでしょう。

また、最近の傾向としては、カラーコーディネーターやアロマテラピーなど、趣味と実用を兼ねた講座が、幅広い年代の女性に人気です。

男性では、ビジネス関係の定番講座のほか、ガーデニングや料理といったものも意外な人気となっています。

ぜひ、自分にぴったりの講座を探してください。

人気の講座――40代〜50代編

講座には、難関の国家資格取得のためのものから、趣味的な講座――それこそ、パチンコ必勝法なる講座まで、さまざまなものがあります。

40代〜50代の人に人気の講座にはどのようなものがあるのでしょうか?

男性では、パソコンや語学などのビジネス関係の講座や、ガーデニングや料理といった趣味的な講座など。

女性では、手芸や絵画、ボールペン字などの定番講座のほか、最近話題の福祉関係の講座や、色彩検定やアロマテラピー検定対策の講座などが人気です。

40代〜50代といえば、主婦は子育てから解放され、自分のための時間が持てるようになる時期。また、仕事をしている方も、退職後の人生設計を再考する時期でもあるでしょう。

講座は、通信教育だけでなく、大学の公開講座(オープンカレッジ)を受けたり、カルチャースクールや公民館や図書館などで開かれているものを利用するという方法もあります。

数年前より、はるかに、生涯学習の場は広がってきていることは間違いありません。

毎日を充実させるための、やりがいある講座を選んで、ぜひチェレンジしてみてください。

高齢者向けの人気講座とは?

講座には、通信教育やeラーニング、カルチャーセンター主催のもの、オープンカレッジの公開講座等々、さまざまなものがあります。

近年は、生涯教育・生涯学習という言葉もすっかり浸透し、高齢者の方も、積極的に学びの場を求めるようになりました。

高齢者向けの人気講座にはどのようなものがあるでしょうか?

公民館やオープンカレッジでは、歴史や文学の講座の人気が高いそうです。

カルチャーセンターなどでは、講師の指導による太極拳や体操などの健康系講座も人気があります。また、通信教育では、絵画・手芸・工芸などの芸術系も定番と言えるでしょう。

人生は一生が学びと言われます。

定年退職して自分の時間が持てるようになった方、子育てを終えて第2の人生を歩み始めた方、――ようやく手に入れた自分の時間を大いに活用し、自分磨きのために頑張っていただきたいと思います。

人気の講座――高齢者向け

講座には、趣味的なものから、キャリアップのための資格講座まで、たくさんの種類があります。

大手の通信教育の会社では、120以上もの講座を扱っているものもありますし、全国30000以上の講座やスクールを紹介しているサイトなどもあります。

そんな中で、高齢者に人気なのは、歴史や文学等、教養を深めるもの。そして、手工芸や絵画などの芸術関係のものです。

また、カルチャーセンターや大学の公開講座を利用して、太極拳や健康体操などの講座に参加する方も少なくありませんし、ガーデニング人気により、園芸講座も人気です。

「シニア向け」という、対象が限定された講座もありますから、高齢者の方も、若い人のペースに無理に合わせることなく受講することができます。

生涯学習という言葉が使われるようになって久しいですが、学ぶ意欲は、年齢とは関係がありません。

何でも手軽に学ぶことができる時代ですから、目標をもって、自分を高めるために活用していただきたいと思います。

メンタルヘルスカウンセラー

メンタルヘルスとは、メンタル=心の・精神の、ヘルス=健康・保健という意味ですので、メンタルヘルス=「心の健康」という意味となります。ストレス過多といわれる現代社会においては、身体の健康ももちろんですが、心も健康であることが重視されています。

メンタルヘルスカウンセラーとは、クライアントのメンタルヘルスをカウンセリングする人、心の問題を聞きだしたりアドバイスしたり、不安を取り除いたり等々のサポートをする人のことをいいます。

メンタルヘルスカウンセラーのニーズが増えている現代では、こういった資格を得るため養成講座も多くみかけるようになりました。メンタルヘルスカウンセラーを目指す方は、講座で勉強するのが早道でしょう。

一口にメンタルヘルスカウンセラーといっても、医療、宗教、職業・職場、その他人間関係(家族・学校・異性関係など)等、多岐な分野と密接な関わりがあります。

各養成講座において、メンタルヘルスカウンセラーをどのような分野で位置づけているか、それによって学ぶことも異なってくると思いますので、よく確認されてから講座を選ばれるといいでしょう。

メンタルヘルスカウンセラー2

メンタルヘルスカウンセラーとは、クライアントの心の健康をサポートする、大変やりがいのある仕事です。ストレスが増大する昨今、身体の健康同様、メンタルヘルス=心の健康も大切です。メンタルヘルスカウンセラーは、心の健康面に大きく寄与できる職業といえます。

メンタルヘルスカウンセラーになるためには、カウンセリング理論や技法、心理分析に必要な各知識や技法等を習得しなくてはなりませんので、メンタルヘルスカウンセラー養成講座を受講するのがいいでしょう。

しかし、「講座で知識を学べば必ずメンタルヘルスカウンセラー」になれるともいえません。

カウンセラーは、とにかく相手の話をよく聴くこと、途中で口を挟まず「聴く」ことが第一といわれます。これを知識として講座で学んで知っても、実際にできなければメンタルヘルスカウンセラーとしては通用しないことになります。

メンタルヘルスカウンセラーになるためには、本人のやる気も大切ですが、向き・不向きがあるのも事実でしょう。メンタルヘルスカウンセラーを目指す方は、まず自分が向いているかどうかもチェックする必要がありますね。

メンタルヘルス検定

メンタルヘルス検定とは、正式には「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」といいます。

メンタルヘルス検定は、経営者・人事労務管理担当者・一般社員など、それぞれの立場や職務に応じたメンタルヘルス・マネジメント(心の健康管理)の知識の習得を促し、人事労務管理の観点からメンタルヘルス対策の推進をサポートすることを目的としたものです。

メンタルヘルス検定は、大阪商工会議所主催の検定試験であり、検定試験はI〜III種の3コースあります。メンタルヘルス検定のI種はマスターコース、人事労務担当者・管理者、経営幹部向け。II種はラインケアコース、管理職向け。III種セルフケアコースは、一般社員向けとなっています。

メンタルヘルス検定は、公開試験と団体特別試験があります。公開試験は年に1〜2回、指定会場での受験となります。団体特別試験は、受験者が10名以上であれば、II種・III種コースについては、団体単位で随時、任意の場所で実施できる試験です。検定試験実施予定日の3週間以上前までに申込む必要があります。

メンタルヘルス検定試験の対策講座もあります。試験内容を効率的に学ぶにはこういった講座を活用するとよいでしょう。講座によっては団体特別試験を行うところもあり、そこでは講座(講義)終了後に検定試験を受験できます。

メンタルヘルス検定の種類

メンタルヘルス検定(メンタルヘルス・マネジメント検定試験)は、3種のコースがあります。またこの3コースにあわせた検定試験対策講座もあります。講座終了後には、団体特別試験で検定試験を受けられる場合がありますので、講座で学んで即検定試験を受けて合格、というのは大変効率がよいですね。

○メンタルヘルス検定I種(マスターコース):人事労務担当者・管理者、経営幹部対象。

社内のメンタルヘルス対策の推進が目的。検定対象者が、自社の人事戦略や方針を踏まえた上で、メンタルヘルス計画や社員の教育・研修などを企画・立案・実施できるようになることが目標の内容となっています。

○メンタルヘルス検定II種(ラインケアコース):管理職、管理監督者対象。

部門内や上司としての立場で部下のメンタルヘルス対策を推進することを目的としており、検定対象者が、部下が不調にならないように配慮し、もし不調に陥った場合、安全配慮義務に則った対応ができるようになることを目標とした内容です。

○メンタルヘルス検定III種(セルフケアコース):一般社員、新入社員対象。

従業員自らのメンタルヘルス対策の推進を目的としており、検定対象者が、自らのストレスの状況を把握することにより不調に早く気づき、自らケアできる・必要であれば助けを求めることができるようになることを目標とした内容です。

心理学講座とは

心理学講座とは、自分や他人の心の動きや行動から、その背景にある心の働きを探求していく講座です。心理学というと難しく考えられがちですが、職場や生活での身近な出来事から心理学を学んでいくことができます。

心理学講座では、自分の心の働きを見つめる機会ができるので、今まで見えなかった自分に出会うことができます。

心理学講座で学ぶことで、マイナス思考からプラス思考へと変化していくようになります。自分のよい面を素直に出すことで、意識も変化し、また人間関係を別の視点から見つめるゆとりが芽生え、心に余裕ができるようにもなるでしょう。

心理学講座の形態は、通信・通学など、いくつかあります。心理学講座で学んでみようと思う方は、資料をとりよせたりして、自分にあったものを見つけてみてください。

心理学講座あれこれ

「心理学講座」って聞くと、なんだか難しそうだなと思う人もいれば、「おもしろそう!」と興味を持つ人など、反応は十人十色だと思います。

心理学講座では、何を学ぶことができるでしょうか。恋愛においては、男女の心の違いや行動からみた心の内面を知ることができます。他には職場での上司とのやりとり、取引先とのやりとりといったビジネス面でのこと、また、家庭における子どもや妻とのやりとり等、その場に応じた心理学的見地を学ぶことができます。

心理学講座で学ぶ場合、恋愛においては「なんとか彼女を手に入れたい」とか、ビジネスでは「営業で成績をあげたい」とか、「自分の思考を変えたい」とか、何か目的があって学ぶ方もいると思います。心理学講座で学ぶ際は、目的意識を持っていた方が、心理学を学んで得た知識がより吸収されると思います。

心理学講座ではテーマをしぼった通信・通学コースもありますが、書籍なども数多く出版されています。まずは、自分の興味あるところから学んでいくのがよいと思います。

イラスト講座(通信制)について

イラスト講座は、手書きでイラストを描く講座です。イラストの画材は、色鉛筆、パステル、クレヨン、フェルトペン、水彩絵の具等と、いろいろあります。これらを単独、あるいは複数用いてイラストを描いていきます。

イラスト講座の通信制度を設けているところはいろいろあります。イラスト講座の主なものは以下のとおりです。

・さし絵ライター養成講座(がくぶん)

・イラストレーション講座(ユーキャン)

・ラブリーイラスト講座(ユーキャン)

・まんがイラスト講座(楽学ネット)

イラスト講座では、教材のお手本の絵をまねすることや、形のとり方・デッサンのコツをつかむことが、上手なイラストを描く道につながります。

イラスト講座の通信コースでは、イラストの描き方のノウハウを丁寧に教えてくれます。よって、絵を上手く描きたい方はもちろん、イラストレーター等をめざす方には、イラスト講座を利用するのも一つの方法だと思います。

パソコンでイラスト講座

イラスト講座の受講をパソコンでする場合、ソフトが必要です。代表的なものは、AdobeのIllustratorやphotoshopでしょう。他には、Painter、Ccrew、GIMP等。有料ソフトから無料ソフトまで実にいろいろあります。

イラスト用の代表的なソフトであるAdobe製品だと、ソフトの使い方を教えてくれるスクールがあります。またDVDを使った「イラスト講座」も販売されていて、自宅で手軽に学ぶこともできます。イラスト講座でフリーソフトを使う場合、ウェブサイトでイラストの描き方を公開しているところもあるので、参考にするとよいでしょう。

イラストをパソコンソフトで描く場合は、ソフトの使い方を覚えながらイラストを描くことになります。手書きだとやり直しがたいへんですが、パソコンだとやり直しに融通がききます。また手書き風にもできます。

イラスト講座は、スクールで受講すると、その場でわからないことが即聞けることや、ソフトの使い方を初歩から教えてくれるというメリットがあります。

マナー講座いろいろ

「マナー講座」と一口に言っても、内容は実に幅広いです。会社でのビジネスシーンをはじめ、冠婚葬祭でのマナー、食事での和洋中の各マナー、手紙のマナーなど、知っているようで知らないことが意外と多くあります。

マナー講座は、スクールで受講する場合、丁寧に教えてもらえます。また実践もあるので、お辞儀の仕方一つをとっても、自分で理解できるのでよいでしょう。

マナー講座をネットで行っているサイトも多くあります。「この場合どうすればいいんだっけ」と困ったときには、心強い味方となってくれます。

マナー講座では、書籍化されているものもあります。これだと通勤の合間に目を通すことも可能です。

マナー講座で得た知識をもとに、あとは実践して経験を積んでいけば、自然とマナーは身につくはずです。

マナー講座(ビジネス編)

マナー講座にもいろいろありますが、ビジネスシーンでのマナーがきちん身に付くかどうかが、マナー講座を選ぶ際のひとつの鍵といえるでしょう。

ビジネスマナー講座で特に重要なのは、やはり会社でのマナー。ビジネスマナー講座では、挨拶からはじまり、電話対応、名刺交換、取引先でのやりとり、接待、手紙やメールでの文章など、実に数多く学ぶべきことがあります。

ビジネスマナー講座では、上記のようなマナーが実践的に学べます。「時間がないから独学で」という方は、Webサイトのマナー講座やマナーについて書かれた書籍をたよりにしてもよいでしょう。

マナー講座でビジネスマナーを身につければ、堂々と仕事ができるものです。またマナー上級者になれば、結果的に相手への気配り上手にもなれます。ビジネスシーンに限りませんが、正しいマナーを身につけるだけで、周囲のあなたへの信頼度はかなり高くなります。がんばってください。

オンライン講座とは

オンライン講座とは、インターネットを利用して講座を受講できるサービスを指す。ブロードバンドを導入している家庭が増えてきている現在では、パソコンのスペックさえよければ動画がスムーズに流れ、家にいながらオンライン講座が受講できるということは大きな魅力だ。決まった時間がとれない人にとっては、ありがたいシステムといえる。

オンライン講座は、映像講義を視聴できるWeb講座となっていて、通学と同等の効果を期待できるというメリットがある。質問があったら、メールで個別対応も可能だ。

オンライン講座を受講するにあたっては、通信環境(最低でもADSL以上)と動作環境(ハードとソフト)を整えることが必要だ。もちろん、インターネット接続料金は受講者側の負担である。

オンライン講座には、英会話講座をはじめ、ビジネススキル関係の講座や資格試験対策講座などがある。

オンライン講座について

オンライン講座は、ブロードバンドによって実現可能となった、自宅で受講可能なWeb講座である。今までの通信講座では、送られてきた教材をたよりに講義を受けたが、オンライン講座では、通学した場合と同様の講義を受けることができるという大きな特長がある。

オンライン講座を受けるには、自分のパソコン環境や接続環境を整えることが必要だ。最低でもADSL接続でないと苦しいだろう。ナローバンドだと映像がスムーズに再生できない。ブロードバンドも今ではお得なプランが各種あるので、これからオンライン講座をはじめる方は、ブロードバンドの導入を検討してみてはいかがだろうか。

オンライン講座の種類には、各種資格試験対策講座やビジネススキル講座、語学学習講座等がある。

オンライン講座の料金は、各スクールによっていろいろである。詳細は、各オンライン講座を取り扱っているところに問い合わせてみてほしい。

eラーニングとは

eラーニング(e-learning、electronic learning)とは、コンピュータやインターネットを使った学習のことを言う。文章、画像、音声、アニメーション、映像などを使った講座であるので、内容を理解しやすいといったメリットがある。

eラーニングは、サーバー上に学習教材を置くことで、受講者がいつでも必要なときにサーバーにアクセスして講座を受けることができるのだ。

eラーニングでは、LMS(Learning Management System/学習管理システム)をサーバーに組み込んでおくことで、教材の割り付けや学習進度状況が手軽に把握でき、効率的な教育が可能である。

ただ、eラーニングは、今のところ、実技を必要とする講座には向いていない。

eラーニングについて

eラーニングは、ネットワークを活用した研修や教育のことをいいます。もともとアメリカの大手企業が導入して実績をあげたことが注目され、更には、eラーニングベンダーが日本進出を果たしてきたことで、eラーニングが注目を浴びています。

eラーニングは、従来の通信講座と違い、教材を各受講者に送るという手間が省けるほか、教材自体をサーバー上に設置してあるので、修正や変更があれば、サーバー上のデータを変更すればよく、メンテナンス等もより充実することになります。

eラーニングは、パソコンさえあれば、自宅で手軽に受講できる講座です。ただ、受講者側の学習意欲が持続できるかどうかがポイントとなります。講座を受ける目的を忘れずに、コツコツと受講するとよいでしょう。

 
メニュー
セラピスト講座
セラピスト講座には
ドレナジスト講座
ドレナジスト講座には
ビューティーアドバイザー講座
ビューティーアドバイザーになるには
ネイリスト講座
ネイリストになるには
20代〜30代に人気の講座とは?
人気の講座――20代〜30代編
40代〜50代に人気の講座とは?
人気の講座――40代〜50代編
高齢者向けの人気講座とは?
人気の講座――高齢者向け
メンタルヘルスカウンセラー
メンタルヘルスカウンセラー2
メンタルヘルス検定
メンタルヘルス検定の種類
心理学講座とは
心理学講座あれこれ
イラスト講座(通信制)について
パソコンでイラスト講座
マナー講座いろいろ
マナー講座(ビジネス編)
オンライン講座とは
オンライン講座について
eラーニングとは
eラーニングについて