様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > マンション

スポンサード リンク

マンション購入のポイント(新築)

マンション購入は、生涯で一番大きな買い物と言えるでしょう。

マンションを始めて購入する場合のポイントは、マンションの立地条件、建物、間取り、広さ、価格、日当たり、管理体制などをいろいろ絞込み、チラシやインターネットなどで十分に情報を集めておくことです。

納得できる条件のマンションが見つかったら、積極的にモデルルームに足を運びましょう。

初めは見るべきポイントがよくわからなくても、いくつものモデルルームを見学するうちに、自分が納得できる条件のマンションを見つけられるようになります。

新築マンションを購入する場合は、設備などが毎年毎月のように進歩する中、充実したサービスを盛り込んだ新しくきれいなマンションを手に入れることができます。

購入のポイントは、インターネットやケーブルテレビなどの設備、マンションのセキュリティ、耐震性能、管理費や修繕費でしょう。

新築マンションの購入は、設計時に売り出されたものを現物を見ずに買うことになるので、不明な点は十分に確認してから購入するように注意します。購入から完成−入居までに時間がかかる点も考えておきましょう。

設計段階でマンションの間取りなどの変更が申し込めることもあるのもポイントですね。

マンション購入のポイント(中古)

マンションを購入するときに外せないポイントは、自分の足で交通の便を確認すること、建築基準法について知っておくこと、マンションの一般的な間取りを把握しておくことなどが挙げられます。

マンション購入は、一生の住みかにも、資産にもなります。

中古マンションを購入する場合のメリットは、実物を確認できること、新築に比べると4〜5割ほども安く購入できることなどが挙げられます。

中古マンション購入のポイントは、立地条件や築年数による価格の相場を把握することです。

古く、都心から遠いマンションほど安くなっていきます。

マンションを中古で購入する場合は、新築に比べて、諸費用が高くつくことがあります。

購入時の軽減制度が効かない、税金が高くなる、仲介手数料が必要、ローンの利用制限や返済年数制限などのポイントを押さえて、マンション購入を計画するようにしましょう。

学生マンションとは

学生マンションとは、自宅から離れ、学校の近くで一人暮らしする学生が住むマンションです。

学生向けの部屋探しは、学生マンション、学生会館、学生寮、一般物件、マンスリーマンション、ウィークリーマンション、女子専用物件、男子専用物件などがあります。

学生マンションは、マンションの中でも、入居者を学生に限定していて、オートロックなどセキュリティ面でも優れたサービスを提供していることが多く、学生寮と違って門限もないため、安全で自由な学生生活を送ることができます。

志望校が家から遠い場合は、その学校に近いエリアで学生マンションを探し、長い学生生活を学校の近くで便利に過ごすことを考えてみましょう。

学生マンションの選び方

学生マンションを選ぶ場合、まずは通学する学校に通いやすい地域で、暮らしやすい部屋のイメージを考えてみましょう。

マンションの広さ、日当たり、設備、周辺の環境、予算、通学の方法など。何より、学校からの近さがポイントと言われています。

学生マンションの場合は、家具や電化製品が付いていない物件が多いようです。生活に必要なものや、引越し費用などを考えて計画してみましょう。

マンションはアパートと違い、建物の素材や構造による冷暖房効率、防音、耐震性が優れている点が特徴です。

床の素材には、カーペット、フローリング、畳などがあります。フローリングは見た目は綺麗ですが、冬の冷え込みはきつくなります。畳は意外と日本の気候に合っていて、過ごしやすいようです。

マンション管理士とは

マンション管理士は、増え続けるマンションに対応するために平成13年に国家資格として誕生しました。

マンションを建てると、マンションの管理組合に加入する必要があります。

マンション管理士は、管理組合の加入者に対して、組合の運営、居住者とのトラブル全般のコンサルタントを行います。

ここ半世紀で急激に増加してきたマンションは、築年数が10年、20年を超えるものが半分以上を占め、居住者の増加に伴うトラブルの多様性、建物の老朽化による資産価値の低下が心配されています。

マンション管理士は、トラブルの対処、マンションの修繕計画などについて法律に基づく専門的な知識を持ち、マンションの入居者や管理者に対して、適切なアドバイスができる専門職として注目を集めています。

マンション管理士の資格を取るには

マンション管理士は、マンションの入居者や管理組合に対して適切なアドバイスができる専門職です。

平成13年に初めての試験が行われ、20代から60代までの幅広い年代に渡り、10万人近くが受験しました。合格率は7.4%と、非常に難易度が高い試験のようです。

マンション管理の仕組みは、マンションを管理する組合があり、そこに勤務して運営管理業務を代行する「管理業務主任者」(社団法人構想住宅管理業教会)。マンションの管理や資産価値の維持、ユーザーとのトラブルについての助言など組合に対してコンサルタントを行う「マンション管理士」(国家資格)などがあります。

マンション管理士の資格を取るには、年に一度行われる試験に、書類と受験手数料を添えて郵送で申し込み、主要都市で行われる会場で受験することになります。

マンションの分譲、仲介業者、管理業者を目指すなら就職に非常に有利な資格となり、建築士や行政書士を目指す場合も、マンション管理士の資格があると、より広い顧客の法律相談に対応することができるでしょう。

マンション物件探しのポイント(立地条件)

マンションを借りるか、買うか。「借りるための家賃分程度でマンションが買えます!」などというチラシもよく見かけます。

物件探しのポイントの第1は、マンションを借りるか、買うかを検討すること。

買う場合は、簡単に引越しはできません。賃貸に比べて家賃分程度のローンを組めばムダなく資金が使えるように思えますが、契約・登記・ローンの利子・融資関連手数料・保険料・保証料・固定資産税など、多くの費用がかかります。

安易に家賃を払うより安いなどという理由で買わないように、検討が必要でしょう。

第2のポイントは、立地条件。買い物、通学、通勤といった日常生活で、車や電車での移動がしやすいかをよくイメージしてみましょう。

日当たり、騒音、周辺地域の雰囲気、小さな子供がいる家庭では、公園などの遊び場も物件探しのポイントです。実際のマンションに足を運んで、十分に検討しましょう。

物件探しのポイント(間取り)

マンションの賃貸や購入を考える場合、まずは情報収集からはじめます。

情報収集の際の物件探しのポイントは、パソコンを使う人は情報サイトで、パソコンを使わない人は、情報誌で、がおススメです。

マンションの情報は、不動産屋のチラシ、電車の広告、電柱に貼り付けられたチラシや看板などさまざまで、どれが必要な情報なのか、分かりにくく感じる人が多いようです。

情報サイトや情報誌では、必要な条件での検索や、物件探しのポイントや契約時のノウハウなどさまざまな情報が関連して載っていることが多いので、必要な情報を効率よく調べることができます。

マンション物件を情報誌で探す場合のポイントは、間取りに注目しましょう。

部屋の広さは、バルコニーなどの共有部分を除いた面積を確認します。

部屋の間取りは、長細いものや、正方形に近いものなどいろいろありますが、奥行きに対しての幅を「間口」といい、間口が広いマンションは、ゆとりのある居住空間といわれています。

マンションの水周りの音が寝室などに響かない構造か、収納は十分にあるかなども、物件を探す上でのポイントとして見逃せないでしょう。

ウィークリーマンションとは

ウィークリーマンションとは、1週間単位で貸しているマンションで、必要な家具・家電、寝具、各種生活必需品などが一式揃っていることが特徴です。

ウィークリーマンションは、入居時に敷金や礼金、仲介手数料も保証金も不要なものが一般的で、ビジネスホテルと同じような感覚で利用することができます。

交通の便がよい駅近辺などの立地条件にあるウィークリーマンションが多く、出張、受験、研修、立て替え時の借り住まいなど、短期滞在での利用に便利です。

ショートステイの場合、ビジネスホテルを使う人も多いですが、毎日の掃除やアメニティグッズの交換などにこだわらなければ、ウィークリーマンションのほうが値段的にもお得で、自炊もできるので食費も節約することができます。

ウィークリーマンションはここ数年で増えてきているので、築年数が浅く、インターネットに対応しているなどサービスが充実しているマンションも多いようです。

ウィークリーマンションの選び方

ウィークリーマンションを選ぶときは、まずは交通の便を考えましょう。

出張や受験など、ウィークリーマンションの利用目的はさまざまですが、慣れない土地での仕事や勉強の成果を発揮するためにも、目的地から少ない乗り換えで、近い距離にあるマンションがおススメです。

間取りでは、ウィークリーマンションはワンルームがほとんどなので、お風呂とトイレが一緒になっているユニットバスが一般的です。

これが別室になっていると、大変生活しやすいので、余裕があればチェックしてみましょう。

ウィークリーマンションの備品は、机、ベッド、テレビ、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫などはまず標準でついています。ないものは問題外か、それなりの心構えが必要です。

無いと意外と困るのは、調理用具、食器、洗濯洗剤、洗濯物干し、歯ブラシ、石鹸などです。現地で調達すると高くつき、退去時に残ったものももったいないですね。備品として揃えているところが多いので、選ぶときの参考にしてください。

 
メニュー
マンション購入のポイント(新築)
マンション購入のポイント(中古)
学生マンションとは
学生マンションの選び方
マンション管理士とは
マンション管理士の資格を取るには
マンション物件探しのポイント(立地条件)
物件探しのポイント(間取り)
ウィークリーマンションとは
ウィークリーマンションの選び方