様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 恋愛

スポンサード リンク

遠距離恋愛

遠距離恋愛というのは、恋愛の中でも、苦労の多いもののようですね。遠距離恋愛といった場合、恋人同士が遠く離れて住んでいるというのが条件となりますが、どの程度の「遠距離」かというと、最低でも「平日の仕事帰りに気軽に会えない距離」以上は必要かと思います。

遠距離恋愛の悩みは、なんといっても会いたい時に会えないことと、連絡がなかなかつかないことでしょうね。連絡手段は、電話やメールが主になるかと思いますが、会って話せないもどかしさが常にありますね。

それでも互いに連絡をとろうとしているうちは、まだいいのですが、相手が普段いないことに慣れてしまうのか、連絡をとること自体が面倒になってきます。

わたしの友人で遠距離恋愛をしている人がいますが、「(携帯の)無料通話が余っている。携帯の料金コース変えるかなぁ」といったので、「いや、カレシを変えるべきだ」といってあげましたが(笑)。

遠距離恋愛は、なかなか意思の疎通が図れないという障害がありますが、しかしその普段の障害があるからこそ、相手に会えた時の嬉しさが格別なものなのでしょう。

遠距離恋愛2

遠距離恋愛で会えない期間が長く続くと、相手が今も自分を好きでいてくれるかどうか不安になります。特に女性の方がそう思いがちではないかと。

遠距離恋愛に限らず、男性の方は女性が思うほど「会いたい」と頻繁に思うことはないようです。この差が男女の差としてもともとある上に、物理的な遠距離が加わると、さらに不安になるものですね。

遠距離恋愛をしている多くの人の不安は、遠くの恋人よりも身近な知人・友人の方に関心や好意をいだき、そちらの方に気持ちが動いてしまうのではないかというもの。

「顔をあわせたり言葉を交わしたり接触したりする回数がより多い対象に対して、人は好意を抱く」というのは、心理学でも言われていることです。舞台作家の鴻上尚史の作品に「トランス」がありますが、作中でこの性質を「犬猫の法則」と呼んでいて、わたしも大変共感を覚えたものです(笑)。

こういった性質は確かに心配なものですが、それは自分にも起こること。自分がそうだから相手も…という不安かもしれないですね。これは、遠距離恋愛に限らず仕事が多忙等で会う機会が減れば、職場恋愛の場合だって起き得ることです。

恋愛は物理的な距離ではなく、互いの心の距離がどうなのかが一番大切ですね。

社内恋愛

社内恋愛(職場恋愛)は、現実的にもっとも多いパターンではないかと思います。恋愛をするには、まず相手との出会いが必要です。社会人になってからは、一日の大半を職場で過ごすことになってしまい、出会いの機会がなかなかありません。その結果、社内で恋愛相手を見つけることになるかと思います。

他に出会いがないからといっても、社内に恋愛相手としてふさわしい人がいなければ、もちろん社内恋愛には発展しません。やはり、普段からその人の人柄や仕事ぶりをみて、好感をもてるからこそ恋愛に発展していくのでしょう。

社内恋愛の利点は、相手をよく観察できること。仕事ぶりはもちろん、上司や同僚や部下の間での評判もわかるし、また仕事がどれくらい忙しいかの生活サイクルも理解できます。

恋愛で(特に社会人の)もっとも大変なのは、相手と自分の生活サイクルが異なることによるズレを、理解しあえるかどうかです。「『仕事、仕事』といってちっともかまってくれない!!」という不満をもつことはよくあることです。

社内恋愛だと、そのへんが実際に見えてきますので、相手を理解してあげられるという利点があります。

社内恋愛2

社内恋愛(職場恋愛)は、同じ会社で出会って恋愛に発展したケースをいいます。社内恋愛のメリットは多々ありますが、デメリットもないわけではありません。

社内恋愛に限らず、恋愛というのは常にうまくいくものではありません。つきあっていくうちに、相手の欠点が見えてきたり、三角関係になったり、いろいろあるものです。

社内恋愛で、そういった恋愛がうまくいかなくなると面倒な思いをします。相手に会いたくないと思った時に、顔を会わせなくてはいけないとか。2人だけの問題ですませたいけど、社内の噂となってしまうとか。恋愛が好調な時に噂になるならまだしも、「あの2人、別れたみたいよ」などと噂されるのは嫌なものですよね。

しかも、自分と別れた後に、別の人と社内恋愛などされようものなら・・・・!

こんな時は「社内恋愛でさえなければ、相手の『その後』など見なくてもすむのに」と思うことでしょう。

社内恋愛も恋愛である限り、楽しいこと・苦しいこと、両方あることは心しておきたいものです。

同棲と内縁関係

同棲の意味は、正式に結婚していない(婚姻届を出していない)男女(男女の組み合わせでない場合もありえますが)が一緒に住むことです。

同棲するカップルは、恋愛関係にあることが前提とされます。恋愛関係にない場合は「同居」といいます。お互い恋愛感情を抱いているけれども、それを互いに認識してない場合は「同居」ということになるでしょう。

同棲は正式の夫婦ではないので、法的にも社会的にも「他人」ということになります。

正式に婚姻していないケースで「内縁の夫婦」というものがあります。内縁の夫婦の場合、正式の夫婦同様の権利義務・扱いが認められる部分があります。しかし同棲にはこういった措置はとられていません。

同棲と内縁の夫婦の違いは、事実婚があるかどうかです。事実婚とは、婚姻届はないものの社会的にも「夫婦としての実生活」があることです。たとえば、長期間同居していることを近所の人が知っていることや、二人一緒に結婚式や葬式に出席して周りから認められていることなどでしょう。

恋愛に関して、日本も昔に比べれば、かなり開放的とも柔軟とも(あるいは不節操とも)いえるようになってきましたが、婚姻制度が法律婚(婚姻届を出して成立する)となっている以上、同棲に対してマイナスのイメージがあるのは事実でしょう。

同棲について

恋愛関係が続くと、「一緒にいたい」と思うようになります。会えば楽しい、別れるのがつらい、一緒に住んだらさぞや素晴らしいだろうと、同棲に憧れたことは誰しもあるのではないでしょうか。

同棲は、結婚と違って結婚式や婚姻届を出す必要がありませんので、本人の意志と住む場所さえあれば、手軽にできるものです。

同棲と結婚の大きな違いは、結婚は家族・親族・会社など社会的に手順(=煩わしさ)を踏まなければならないけれども、同棲にはそれが一切不要ということ。しかしその分、同棲関係と結婚関係では、法的・社会的な扱いに差があり、結婚関係の方が守られています。

同棲生活がうまくいっている場合では、こういった法的・社会的扱いの差は特に問題とはなりません。むしろ、いつも一緒にいられる、2人で住めば生活費も安くなる、相手が自分のところに帰ってくる安心感等、メリットを多く感じるでしょう。

また結婚して本当にうまくいくかは、ある意味一緒に生活しなければわからないことでもあるから、相手の「本性」を知るにも同棲はメリットがあるでしょう。

しかし同棲したからといって、いつもうまくいくとは限りません。もしも別れに至った場合、同棲しないでの別れより同棲してからの別れの方が、互いに近づきすぎた分ダメージが大きいことが多いでしょう。

ネット恋愛

ネット恋愛といった場合、2つあると思います。それは出会いのきっかけをネットに求める、あるいは出会いがネットだったというネット恋愛と、ネットの世界でのみの恋愛を楽しむというものです。

出会いのきっかけをネットに求める、あるいは出会いがネットだったというネット恋愛においては、ネットでスタートして後、実際に相手と会うことになります。

この時気をつける必要があるのは、ネットで抱いた相手の印象と実際に会って持つ印象が違うことがあるということ。ネットでの関係はイメージですから、そして人は自分に都合の良いイメージを抱きたいものですから(その方が楽しく過ごせるから)、会ってがっかりすることも有り得ます。

実際会ってからの恋愛展開は、その他の恋愛と大差はないでしょう。

また「ネットで出会った」というと、どこか白い目で見られがちな風潮があるようです。それは「ネットでの出会い」を求める人たちの中には、不倫相手やセックス相手などを求める人たちも多いからでしょう。

ネット恋愛2

ネット恋愛のもうひとつのパターンは、実際に会って恋愛するのではなく、ネット上だけで恋愛を楽しむというものです。

これは実際、わたしのネット関係の知人にも見られることです。夫・カレあるいは妻・カノジョを愛しているとネットで公言しつつ、そこで別の人と擬似恋愛を楽しむ人たち。

不倫願望というほどでもなく、刺激がほしいといったあたりか。あるいはまた、リアルで夫やカレが甘い言葉をかけてくれないゆえに、そうしてちやほやされることに喜びを感じるところもあるでしょう。そうしたネット恋愛は、イメージ恋愛ですから、確かにリアルに不倫や浮気をするより害はないでしょう。

しかし――スポーツ選手などがよく使う「イメージトレーニング」というのがあります。これは、何度もイメージすることで上達していく、勝利するという、イメージによってリアルに結果をもたらす方法です。これはスポーツ選手だけが持っている力ではありません。つまり、イメージにはそれだけの力があるということなのです。

ネット上の恋愛だから大丈夫、といっても、あまりにもイメージに埋没してしまったら、それはネット恋愛ですまなくなる場合だって有り得るでしょう。

 
メニュー
遠距離恋愛
遠距離恋愛2
社内恋愛
社内恋愛2
同棲と内縁関係
同棲について
ネット恋愛
ネット恋愛2