様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 飼育

スポンサード リンク

金魚の飼育法

飼育用の金魚は、ペットショップなどで手に入りますが、どのように育てていったらいいのでしょうか。

金魚は基本的には飼いやすい丈夫な魚なのですが、金魚の飼育法がわからなかったがゆえに、死なせてしまうことが多々あります。

まず、金魚の飼育に最低限必要な器具としては、水槽(標準サイズ以上)、ろ過器、照明が挙げられます。これらはよく3点セットで、安く販売されています。砂利やサーモスタット、ヒーターなども準備しておくと良いでしょう。

金魚を金魚鉢などの小さい容器に入れて飼育するのは、じつは正しくありません。金魚のフンなどですぐに汚れてしまいますので特に注意が必要です。

また、金魚の飼育は、塩素の含まれた水道水の中ではできないので、中和剤を入れて塩素を抜きます。

金魚の水換えは、季節によっても異なりますが、週に1回程度で十分です。

餌については、最近では「金魚用」と書かれた混合飼料が市販されているのでお手軽です。

金魚は雑食性ですので、イトミミズ、アカムシ、パンくずなども食べます。

飼育の際の最も大切な注意点の一つが、「金魚にエサを与えすぎないこと」です。食べ残しの餌は水質を悪くし、金魚にとってマイナスです。

飼育法を正しく実践すれば、金魚は10年以上生きるもの。

長く飼育することができるように、日々のお世話をしてあげましょう。

金魚の飼育の方法

飼育のポイントさえ押さえれば、金魚は10年以上生きる魚です。金魚すくいの金魚などは、すぐに死んでしまうイメージがありますが、正しい飼育法を知れば長生きさせることができるのです。

飼育の際に必要なアイテムから、まず見ていきましょう。

飼育用の水槽、ろ過器、照明、この3点は必須です。

特に水槽は、金魚鉢などではなく、大きめの標準水槽がおすすめ。砂利やサーモスタット、ヒーターなどもあれば、なお良いといえます。

また、金魚の飼育は、塩素の含まれた水道水の中ではできないので、塩素を抜くための中和剤も必要です。

餌については、最近では「金魚用」と書かれた混合飼料が市販されているのでお手軽です。

飼育の際の最も大切な注意点の一つが、「金魚にエサを与えすぎないこと」。食べ残しの餌は水質を悪くし、金魚を早死にさせてしまう要因にもなりかねません。

以上のポイントを押さえて、金魚の飼育にチャレンジしてみてください。

めだかの飼育の基本

飼育の基本を押さえれば、めだかは2〜3年は生きることができます。

飼育のポイントは、めだかにストレスがかからない環境をセッティングすること。

めだかの飼育に必要なアイテムは、広めの水槽、ろ過器(フィルター・エアポンプ)、照明、砂利などです。ホームセンターやペットショップで、比較的安価な初心者セットが売られています。

飼育水の水温は、25度前後が適温で、めだかにショックを与えないよう注意しながら、1〜2週間に1回、水量の3分の1くらいの水を交換します。水道水を使う場合は、塩素を抜くための中和剤・カルキ抜きが必要になります

飼育用の餌は、「メダカのエサ」という市販のものが出ていますので、それを使うとお手軽です。めだかは、ミジンコやイトミミズなども好物です。

飼育法をしっかり押さえて、めだかの成長を楽しみましょう。

めだかの飼育法

飼育の際の最大のポイントは、めだかにストレスがかからない環境をセッティングしてあげることに尽きます。

めだかの飼育には、水槽、ろ過器、照明は必須品で、砂利やヒーター、サーモスタットなどもあると良いでしょう。

これらの飼育アイテムは、スターターキットとして、ホームセンターなどで売られています。

飼育水については、水温は23〜25度前後に保つこと、1〜2週間に1度、水量の3分の1程度を交換することなどが基本です。水道水はもちろん、そのままでは使えず、カルキ抜きが必要です。

飼育用の餌は、めだかの好物のミジンコやボウフラを与えてもいいのですが、市販の「メダカのエサ」が手軽です。めだかが5分以内で食べきる程度の量を与えます。食べ残しは水を汚すので注意しましょう。

カブトムシの飼育の基本

飼育を始めるには、まず、カブトムシが快適に棲めるように、環境を整えてあげる必要があります。

飼育ケースや昆虫マット、腐葉土、朽ち木、エサなどがセットになった「カブトムシ飼育用セット」が、ホームセンターやペットショップなどで売られているので、利用するとよいでしょう。

カブトムシは土中で休むことが多いので、飼育ケースや昆虫マットには、深さも必要です。

飼育のポイントは、腐葉土や昆虫マットは、必ず湿らせてから入れたうえで、霧吹きなどでまめに湿らせてあげること。

飼育ケースは、直射日光の当たらない涼しいところに置くことです。

また、カブトムシを複数で飼う場合には、オスとメスの割合を考えることが必要です。オスを2匹以上飼う場合は、ケンカにならないように、エサの数や飼育ケースの広さを考えてあげるようにしましょう。

カブトムシの飼育法

飼育の基本は、まず、カブトムシの飼育に必要なアイテムを揃えることです。

飼育ケースは、カブトムシが地中で休めるくらいの、深さのあるものが必要です。

また、昆虫マット、腐葉土、朽ち木、昆虫ゼリーなどのエサも必需品。これらのものは、カブトムシ飼育のためのスターターキットとして、ホームセンターやペットショップなどで販売されています。

飼育のポイントは、「湿気の維持」にあります。

カブトムシが過ごしやすいよう、腐葉土や昆虫マットは湿らせてからケースに入れ、その後も霧吹きなどで表面を湿らせてあげてください。

飼育ケースも、直射日光のあたらない、涼しいところに置くのがベストです。

飼育方法のポイントを押さえれば、成虫になってから約1ヵ月という、カブトムシの寿命を全うすることができるでしょう。

メダカの飼育の方法

飼育を始めるには、まず、メダカが棲むのに適した環境を整えてあげることからです。

飼育に必要なアイテムは、広めの水槽、ろ過器(フィルター・エアポンプ)、照明、砂利などです。ホームセンターやペットショップで、安価なスターターキットが売られているので、手軽に購入できます。

飼育水の水温は、25度前後が適温と言われます。メダカに水質変化によるショックを与えないよう注意しながら、1〜2週間に1回程度の頻度で、水量の3分の1くらいの水を交換します。

メダカは水道水には棲めませんから、水道水を使う場合には、塩素を抜くための中和剤・カルキ抜きが必要になります

飼育用の餌は、「メダカのエサ」という市販のものが出ていますので、それを使うとお手軽です。少なめに購入し、冷暗所に保管したうえで、早めに使い切りましょう。

飼育のポイントを押さえれば、メダカは3年以上生きることもできます。

メダカの飼育の基本

飼育の基本を押さえれば、メダカは2〜3年は生きることができます。まずは、メダカにストレスがかからない環境をセッティングすることから始めましょう。

メダカの飼育に必要なアイテムは、広めの水槽、ろ過器(フィルター・エアポンプ)、照明です。この3点は、よくセットで売られています。お金に余裕があれば、砂利やサーモスタット、ヒーターなども揃えたいところです。

飼育水の水温は、23〜25度前後が適温と言われます。

メダカは水道水では生活できないので、中和剤などを用いて塩素を抜きます。

水の交換は、メダカにショックを与えないよう注意しながら、1〜2週間に1回程度のペースで行ないます(全水量の3分の1程度)。

飼育用の餌は、ミジンコやボウフラ、イトミミズ、そして、市販の「めだかのエサ」などが良いでしょう。

飼育の方法の基本を押さえて、めだかの元気な成長を楽しみましょう。

ハムスターの飼育の基本

飼育に必要な基本アイテムは、ハムスターのストレス解消用の回し車、ケージ、床に敷くチップ、水飲みボトル、フード等です。

飼育セット(ハムスター用)が市販されているので、ホームセンターなどで入手もできます。

飼育のポイントは、水分を与えすぎないこと。

ハムスター専用フードを中心にして、おやつはなるべく控え目にするようにしましょう。

また、ハムスターは繁殖しやすい生き物です。無計画な出産は、飼い主にとってもハムスターにとっても不幸の因になります。ペアで飼育する場合には、しっかりと計画を立てておきましょう。

飼育の基本を押さえた育て方をすれば、ハムスターは、種類にもよりますが、3年前後生きることができます。

ハムスターの飼育法

飼育するにあたって、まず、ハムスターにとって快適な環境を整えてあげなければいけません。

飼育セットとしては、ハムスター用のケージ、回し車、敷材(チップ)、水飲みボトル、フードとエサ皿、が一般的です。

飼育のポイントは、ハムスターにエサや水分を与えすぎないこと。レタスなどの水分の多いものは、下痢の原因ともなります。

また、ハムスターは、活発な反面、恐がりです。

不用意に驚かせたりしないように、落ち着いた環境で育ててあげましょう。

飼育の際は、無計画に繁殖させないような配慮も必要です。

ハムスターの寿命(3年前後)を全うさせるためには、過ごしやすい環境の維持と衛生管理が大切です。

オオクワガタの飼育法

飼育に必要なアイテムは、ホームセンターやペットショップで、「オオクワガタ(クワガタムシ)飼育セット」等として売られています。

飼育ケース、昆虫マット、朽ち木、オオクワガタのエサとなる昆虫ゼリーなどがセットになっているものです。

飼育のポイントとしては、1つのケースあたり、オオクワガタを1匹だけで飼うこと。これは、オオクワガタ同士でのエサの取り合いや、ケンカを防ぐためです。

飼育ケースは、寒暖の差が少ない所に置くのが適しています。また、霧吹きで水を吹き付け、一定の湿度が維持されるように配慮する必要があります。

オオクワガタの成虫の寿命は、カブトムシなどより長く、3年前後。冬眠もします。

飼育のポイントを押さえて、長生きできるような環境を維持してあげるようにしましょう。

オオクワガタの飼育の基本

飼育のポイントさえ押さえておけば、オオクワガタの成虫は、3年程度生きることができます。まずは、オオクワガタに適した環境を整えてあげることから始めましょう。

飼育に必要なアイテムとしては、飼育ケース、昆虫マット、腐葉土、朽ち木、オオクワガタのエサとなる昆虫ゼリーです。

これらは、ホームセンターやペットショップで、「クワガタムシ(オオクワガタ)飼育セット」として、比較的安価に販売されているので、利用すると良いでしょう。

飼育ケースは、寒暖の差が少ない所に置くのが適しています。また、昆虫マットや腐葉土を敷くときには、霧吹きで湿らせておくのを忘れずに。

日頃の湿度管理が、飼育のポイントの一つです。

飼育法をしっかり押さえて、オオクワガタの成長と観察を楽しみましょう。

 
メニュー
金魚の飼育法
金魚の飼育の方法
めだかの飼育の基本
めだかの飼育法
カブトムシの飼育の基本
カブトムシの飼育法
メダカの飼育の方法
メダカの飼育の基本
ハムスターの飼育の基本
ハムスターの飼育法
オオクワガタの飼育法
オオクワガタの飼育の基本