様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > デザート

スポンサード リンク

デザートとは

デザートとは、食事の後に出る果物、菓子、アイスクリームといった甘いものの総称です。

デザートを食べるという習慣は、日本でもすっかり定着した感がありますね。「デザートは別腹」という言葉もあるように、どんなにお腹がいっぱいでもデザートが入る余地はあるという甘党の人も少なくありません(実際胃が広がる)。なお、「デザート」という言葉を日本で最初に使用した人は料理研究家のバーバラ寺岡。

デザートは特に西洋の料理において発達してきました。その中でもフランス料理におけるデザートはもはや「芸術」の域に達しているといっても過言ではないでしょう。フランス料理のデザートは、単に種類が豊富で美味しいというだけではなく、見た目にも美しいものが多いようです。

とはいえデザートは、油っぽい料理の口直しとしてではなく、デザートだけを食べるという楽しみ方もあり、「デザートバイキング」も人気を博しています。

デザートの通販

デザートとは、本来は食事の後に出る果物、菓子、アイスクリームといった甘いものの総称。デザートの語源はフランス語の「dessert(デセール)」。

今や日本では、各国のデザートを食べることができるようになりました。また「デザート」の代わりに「スイーツ」という呼ばれ方も一般化してきています。

デザートと一言で言っても、バターや砂糖をたっぷり使った日持ちのするものから、アイスクリームやプリンなどのような、ある一定の条件で保存しないとすぐにダメになってしまうものまでさまざま。しかし近年では、ネットの普及と宅配サービスの向上により、有名店・人気店のデザートも、通販によって、全国どこにいても迅速に取り寄せられるようになりました。

今やデザートはお取り寄せの時代――お誕生日やクリスマスなど特別な日に、有名店のデザートはいかがですか。

デザート王国とは

デザート王国とは、渋谷にあるデザートバイキング専門店。デザート王国は行列のできる人気店です。

デザート王国の売りは、たくさんのデザートが食べ放題であること。デザート王国はそれだけでなく、ピタサンドやパスタなども食べ放題なので、軽い食事も楽しむことができます。

デザート王国にはドリンクバーもあります。デザートは飲み物がないと辛いものですから、ドリンクバーの存在は嬉しいですね。紅茶やコーヒー、ジュースなどが飲み放題です。

デザート王国のデザートは、実に30種類以上! お値段も90分で1,344円とお得です。デザート王国、90分の時間制限は短いように感じられるかもしれませんが、90分といったら1時間半――食事をするにはむしろ長めではないでしょうか。

デザート王国のアクセスは、JR渋谷駅のハチ公出口から徒歩7分。渋谷に行ったついでに立ち寄ってみては。

デザート王国についての詳細はこちら。
http://r.gnavi.co.jp/g222048/
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000005911.html

デザート王国の魅力

デザート王国は、渋谷にあるデザートバイキングのお店で、デザート食べ放題の元祖。デザート王国はJR渋谷駅の近くにありアクセスもいいので、デザート好きの人に大人気です。

デザート王国の魅力は、なんといってもできたての30種類以上のデザートが食べ放題というところ。デザート王国では、90分という時間制限があるものの、食事やオヤツの時間を考えると、これも妥当な時間でしょう。またデザート王国では、デザートだけでなくピタサンドやパスタなども食べ放題なので、簡単な食事や、甘いものの合い間の口直しもできます。もちろんドリンクバーもあります。

デザート王国は、単に食べ放題なだけではありません。こうしたお店には、あまり質のよくないものを出すところも少なくありませんが、デザート王国は、その一つひとつがちゃんと美味しいのです。しかも季節によってデザートの内容が若干変わります。さらにお店の雰囲気も明るい――デザート王国、デザートが大好きな人は、一度行ったら病みつきになること請け合いです!

デザート王国についての詳細はこちら。
http://r.gnavi.co.jp/g222048/
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000005911.html

デザートのレシピ

デザートはプロによるものを買うのもいいですが、自分でデザートを作るのも結構楽しいものです。

デザートはレシピしだいで、プロ並みとまではいかなくても、日々のおやつやパーティーなどにおいて十分満足できるものが作れます。

デザートのレシピは、本当に多種多様。同じものでも、人によってレシピは全然違ったりします。素人から聞いたデザートのレシピはともかく、プロの料理人や料理研究家たちのレシピでも、かなり材料の内容や分量が違うことも少なくありません。

デザートのレシピにおいて、このようなことがあった場合、それは「どちらかが正しくてどちらかが間違っている」ということではなく、単に好みの問題。味には好みがあります。デザートの味も、レシピ製作者の好みの味になっているのは当然のことでしょう。

デザートのレシピ選びに迷う場合は、そのデザートのレシピの作者(もしくは作者のお店)の知名度や、そのレシピに使われている材料の好き嫌い(例えば甘さを控え目にしたい場合は、砂糖の量が少ないレシピを選ぶといった感じ)などで選ぶといいでしょう。

デザートのレシピの信頼性

デザートを作るのが趣味だという人は案外多いものです。だから雑誌などでデザートのレシピの特集をしているのをよく見かけますし、デザートのレシピを取り扱った本もよく売れています。また近年は、ネットの普及により、ネットでデザートのレシピを見ることができるようにもなりました。

ネットによるデザートのレシピを参考にする際は、本によるものと違って、ある程度用心しなくてはなりません。というのは、本がある程度の信頼や実績のある人しか出せないのに比べ、ネットは匿名の素人が情報を発信することが可能であるため、そのデザートのレシピの信頼性が疑わしい場合もあるからです。

デザートのレシピの信頼性を見抜くためには、なんといっても料理の基礎を押さえておくこと。料理に慣れてくると、レシピを見ただけで、どんな仕上がりや味になるのか、だいたい予想できるものです。

デザートのレシピを選ぶ場合、料理にあまり慣れていない人は、本か有名企業のオフィシャルサイトのものなどを参考にすれば間違いないでしょう。

デザートバイキング

デザートバイキングとは、文字通りデザート限定のバイキングです。甘いものが苦手な方にとっては「え〜!!」という感じかもしれませんが、デザート好きの人にとっては、デザートバイキングは本当にたまらないものです。

デザートバイキングは、好景気とは言えない今、かつてと比べると店舗数が減少してきており、時間制限を設けているところも少なくありませんが、お店によっては行列ができたり予約が必要だったりするところもあります。

デザートバイキングの魅力は、なんといってもデザートが食べ放題だということ。デザート、特にケーキ類は、お腹いっぱい食べたらそれなりのお値段になるものですが、デザートバイキングでは、安ければ1,000円台で好きなだけ食べられてしまいます。甘党の人の中にはケーキの1ホールくらいは軽く平らげてしまう人も少なくありませんから、そういう人にとっては、デザートバイキングは十分元が取れるものだと思います。

デザートバイキング徹底攻略!

デザートバイキングは、デザートに特化したバイキングで、デザートバイキング専門店や西洋料理店などで行われています。

デザートバイキングのデザートは、安ければ1,000円台と、わりと安価に提供されています。しかし、デザートバイキング専門店ならともかく、レストランなどがオプションとしてデザートバイキングを行っている場合、通常のメニューにあるデザートではなく、デザートバイキング用の質の悪いデザートを出すケースも時折見られます。ですから、特に「ケーキが美味しい」ということで評判のレストランのデザートバイキングを利用する場合は、前もって通常のメニューのデザートとの差がないかどうか調べておくといいでしょう。

デザートバイキング、どうせ行くなら、美味しいところがいいですよね。今ではネットなどでそのお店の評判を調べることもできますから、デザートバイキングの前には、下調べはお忘れなく。

簡単デザートを作ってみよう

簡単デザートといったら、「〜ミックス」という感じの名前のついた、「混ぜるだけ」「冷やすだけ」「焼くだけ」といったものが挙げられるのではないでしょうか。

デザートを美味しく作るのは、人によっては簡単なことではありません。でも、デザートは自作したほうが安く上がることが多いですし、クリスマスやバレンタインデー、誕生日といったイベントでは、デザートを手作りしたほうが喜ばれることも少なくありません。そんなときの強い味方が、こうした簡単デザート!

簡単デザートとしては、例えばハウス食品から出ている「プリンミスク」「ゼリエース」「フルーチェ」などのような、「冷やして固める系」のものや、各社から出ている「ホットケーキミックス」「蒸しパンミックス」といったような粉もの、また「クールン」のような、簡単な下ごしらえをして冷やすだけで本格的なレアチーズケーキができるものまで、本当にさまざま。

こうした簡単デザートは、たいていスーパーなどに専用のコーナーが設けられていますので、どうしてもデザートを手作りする必要に迫られたら、こうした簡単デザートを利用してみてはいかがでしょう。

簡単デザートにチャレンジ

デザートの手作りは、料理が苦手な人にとっては結構難しいもの。しかし悲しいかな、デザートを手作りしなければならないことって、特に女性の場合、少なからずあったりするものです。

料理が苦手な方にご紹介したいのが、簡単デザート。簡単デザートには、大きく分けて以下の2つのパターンがあります。

(1)スーパーで売られている、「○○ミックス」「○○のもと」といったような、あらかじめ材料を量ってミックスしてある、「混ぜるだけ」「冷やすだけ」「焼くだけ」といったごく簡単な方法で作ることができるデザート

(2)レシピ自体がごく簡単になっているデザート

簡単デザートのうち、(1)は誰でも失敗なく作れますから、本当にオススメ。味もそれなりですし、これらの簡単デザートのパッケージには、基本的な作り方のほかに、ちょっとした応用例が紹介されていることも多いので、手作り感を出すことも容易です。

(2)のほうも種類が豊富で、簡単デザートのレシピだけを集めた本も多数出回っています。(1)で慣れてきたら、(2)の簡単デザートのほうにチャレンジしてみると、料理の腕が上がりますよ!

デザートフォレストとは

デザートフォレストとは、株式会社ナムコの「チームナンジャ」によるフードテーマパーク。デザートを提供するテーマパークはいくつかありますが、特に「デザートフォレスト」の名がつくものとしては、「金沢デザートフォレスト」「名古屋デザートフォレスト」「福岡デザートフォレスト」の3つがあります。

デザートフォレストは、文字通りデザート専門のテーマパーク。全国の多数のお取り寄せスイーツが食べられます。しかも年中無休で入場無料ですから、食べた分だけ支払えばいいというのが嬉しいですね。もちろんテイクアウトも可能です。

デザートフォレスト、基本はデザートですが、軽食も扱っているので、ちょっとした食事を取りたいときや、甘いものに飽きたときも安心ですね。デザートフォレスト、甘いものがお好きな方は、一度足を運んでみられてはいかがでしょうか。

デザートフォレストの詳細はこちらから。
http://www.namco.co.jp/tp/

デザートフォレストのデザート

デザートフォレストは全国に3つあり、それぞれ「金沢デザートフォレスト」「名古屋デザートフォレスト」「福岡デザートフォレスト」となっています。

デザートフォレストは、テーマパークだけあって、そのデザートの数も半端じゃありません。デザートフォレストは入場するだけなら無料なので、入ってみて気に入ったものがなくてもお金はかかりません。とはいえ、デザートフォレストは全国から多彩なデザートを取り寄せているので、きっと気に入るデザートが見つかるはず。

デザートフォレストでは、単にたくさんのデザートを陳列しているだけではなく、季節によってさまざまな催し物をしています。例えばプリンに焦点を当てたイベントをしたり、夏季限定でかき氷のメニューを強化したり――デザートフォレストは人気が高いようで、特に休日などは中が込み合わないように入場制限があったりもしますから、できるだけ平日の開場直後に行くといいでしょう。

デザートフォレストの詳細はこちらから。
http://www.namco.co.jp/tp/

デザートビュッフェとは

デザートビュッフェとは、文字通りに読むとデザート専門のビュッフェ(セルフサービスの軽食堂)ということになりますが、その実態は「デザートバイキング」といったところ。

デザートビュッフェでは、ケーキを中心とした洋生菓子がメインですが、ほかにもフルーツや和菓子を扱っているところも結構多くあります。また、デザート以外にパスタやサンドイッチなどの軽食も出しているデザートビュッフェも少なくありませんし、ドリンクバーがある所も増えてきています。こうしたメニューの多様さは、甘党の方はもちろん、ついでに食事も済ませたいと思っている人にも嬉しいですね。

デザートビュッフェは、営業時間が限られていたり制限時間があったりするところも多いですから、デザートビュッフェを利用する際は、下調べを忘れないようにしたいものです。

デザートビュッフェの魅力

デザートビュッフェは、事実上はデザートバイキングと変わりません。

デザートビュッフェでは、デザートが食べ放題。時間制限があるところも多いものの、その場合も1時間半〜2時間と、お腹いっぱいデザートを食べるには十分な時間設定がされています。

デザートビュッフェの魅力は、ただ単に食べ放題というだけではなく、そのデザートの種類の豊富さにあります。もちろんデザートビュッフェはお店によってデザートのクオリティも違ってきますが、安くて美味しいお店も結構多いもの。デザートビュッフェを利用する際は、下調べを怠らなければ楽しく充実したデザートタイムを過ごすことができます。

デザートビュッフェの有名な例としては、渋谷の「デザート王国」が挙げられます。ここは行列のできる人気店で、デザートの種類も30以上、さらにピタサンドやパスタなどの軽食も食べ放題となっています。

デザート王国についての詳細はこちら。
http://r.gnavi.co.jp/g222048/
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000005911.html

デザート食べ放題の店探し

デザート食べ放題のお店は、探せば結構あるものです。デザートは本来はティータイムや食事の終わりに少しだけ食べるものでしたが、近年では「デザートだけをお腹一杯食べたい」という人たちのニーズに応えた、デザート食べ放題のサービスをするお店が人気を博しています。

デザート食べ放題のお店の多くは「デザートバイキング」「デザートビュッフェ」といった言葉でサービス内容を説明しています。デザート食べ放題をネットで探すときなどは、こうしたキーワードで探してもいいでしょう。

デザート食べ放題のお店は、デザートの食べ放題を専門にしている所と、レストランがオプションでデザート食べ放題のサービスを提供している所に分かれます。特に後者の場合は、食べ放題用の安いデザートをわざわざ別に用意しているケースもありますので、デザート食べ放題に行くときは、この点注意が必要です。

デザート食べ放題の楽しみ方

デザート食べ放題のお店は、甘いものが大好きな人にとっては嬉しいものですね。お店では「デザート食べ放題」ではなく、「デザートバイキング」「デザートビュッフェ」という看板を掲げていることも多いですが、内容はすべて同じです。

デザート食べ放題は、もちろん健康のためにはよくありませんが、誕生日などの特別な日だけ楽しむなら、精神衛生上大変結構なことではないでしょうか。また、デザート食べ放題は、たまになら、お子様連れでも楽しいと思いますし、多くの場合は子供料金が設定されています。

デザート食べ放題のお店は、基本的には和洋菓子や果物といったデザートが中心ですが、サンドイッチやパスタなど、デザート以外の軽食を食べ放題のメニューに加えている例も少なくありません。こうしたお店を選べば、それほど甘党でない人とも一緒に楽しめますし、自分自身も、軽食や口直しにこれらのメニューを楽しむことができます。

一言で「デザート食べ放題」といっても、そのサービス内容やメニューはさまざま。どうせデザート食べ放題に行くなら、自分が満足できるお店を探したいですね。

コンビニデザート

デザートはかつては専門店で買うのが一番でしたが、近年では専門店以外のデザートにも、専門店にひけを取らないようなクオリティのものが続々登場してきています。

近年急速にクオリティが高くなっているデザートの一つが「コンビニデザート」。コンビニデザートは、文字通りコンビニエンスストアのオリジナルのデザートですが、その商品の内容は、コンビニによって本当にさまざまです。いかにコンビニがデザートに力を入れているかが伺えますね。

コンビニデザートの特色は、一見手に入りやすそうでいて、実は意外と入りにくいところ。コンビニは基本的にチェーン店になっていますから、例えばセブンイレブンのオリジナルデザートだったら、全国のセブンイレブンに行けば手に入るはず。しかしその実態は――地方によってはセブンイレブンよりもローソンのほうが多かったり、同じセブンイレブンでも地方限定の商品であるために近所では買えなかったり、「期間限定」だったり、時間帯によってはそのデザートが売り切れてしまったり(コンビニでのデザートやお弁当の買い物は、本当に時間を選びますね)――コンビニデザートを巡るこうした現象も、コンビニデザートの価値を高めている一因なのかもしれませんね。

コンビニデザートの購買層

コンビニデザートとは、各コンビニエンスストアが独自に開発したオリジナルデザートの通称。ですから、コンビニによって置いてあるデザートの内容はかなり違います。

コンビニデザートの内訳は、ケーキなどの洋生菓子が中心。デザートは本来は専門店で買ったものが一番ですが、コンビニデザートのクオリティもなかなかのもので、お値段も決して安いとは言えないものが少なくありません。

コンビニデザートの購買層の特徴として、大人の男性の割合が専門店に比べて多いということが挙げられます。甘党の男性は多いですが、「男がデザートを買うのは恥ずかしい」という風潮は今でも少なからずあるようで(もちろん気にしない男性も多いですが)、そうした思いを抱いている人たちが、「買い物ついで」を装ってコンビニデザートを買っていくというケースも多いのだそうです。

こうした男性をターゲットに、現在では各コンビニで、「コンビニデザートの大型化」という現象も見られます。とても一人では食べきれないようなコンビニデザートが売られているんですね。極端なものでは400グラムもあるプリンなども。男性に限らず、デザートをガッチリ食べたい人にはオススメです。

寒天デザート

寒天デザートは、寒天を使ったデザートの総称です。寒天はおかずにも甘味にも合うので、いろいろな料理に使われています。

寒天は海藻の一種「てんぐさ」から作られます。寒天と似たような性質のものに、ゼリーの材料となるゼラチンがありますが、動物性たんぱく質のゼラチンと比べると、寒天は植物性であるため、特に健康に気を使う人たちに人気があります。

寒天を使ったおやつとしては、古いものではところてんやようかんなどが有名ですが、明治以降の日本の西欧化にともない、寒天を使った洋風デザートも多く作られるようになりました。

寒天デザートのポピュラーなものとしては「寒天ゼリー」があり、さまざまな果汁によって味付けされたものが専門店やスーパーなどで売られています。また水ようかんも夏の風物詩として人気のある寒天デザートですし、「あんみつ」「みつ豆」「杏仁豆腐」もロングセラーですね。

寒天デザート「かんてんぱぱ」

寒天デザートに関しては、ゼラチンを使ったデザート同様、手軽に作れる「寒天デザートのもと」が出回っています。

「寒天デザートのもと」の代表例は、やはりゼリーや杏仁豆腐といったところですが、変わりダネとしてはプリンやババロアといったものがあります。これらを製造・販売している会社が長野県伊那市の「伊那食品工業株式会社」で、若干ローカルではありますが「かんてんぱぱ」シリーズとして一部では有名です。

「かんてんぱぱ」の寒天デザートのラインナップにはいろいろありますが、

・杏仁豆腐の「パオパオ杏仁」

・寒天プリンの「とろけるプリン」「プリンミックスU」

・寒天ババロアの「ババロリア」(こちらは厳密には寒天とゼラチンのミックス)

などはコアなファンを獲得していますし、味もなかなかのものです。

「かんてんぱぱ」は全国の「かんてんぱぱショップ」や通販などで入手することができます。興味のある方は、ぜひ「かんてんぱぱ」で美味しい寒天デザートをお楽しみください。

かんてんぱぱ/伊那食品工業株式会社
http://www.kantenpp.co.jp/index.html

 
メニュー
デザートとは
デザートの通販
デザート王国とは
デザート王国の魅力
デザートのレシピ
デザートのレシピの信頼性
デザートバイキング
デザートバイキング徹底攻略!
簡単デザートを作ってみよう
簡単デザートにチャレンジ
デザートフォレストとは
デザートフォレストのデザート
デザートビュッフェとは
デザートビュッフェの魅力
デザート食べ放題の店探し
デザート食べ放題の楽しみ方
コンビニデザート
コンビニデザートの購買層
寒天デザート
寒天デザート「かんてんぱぱ」