f 塾のツボ!
 
 

様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサードリンク

個別指導塾について

塾には、大きく分けて、大手進学塾に見られるような、大人数での講義型の塾と、個別指導塾とがあります。

個別指導塾とは、1対1のマンツーマン、もしくはそれに近い少人数で、個々に合わせた指導を行う塾のことです。

個別指導塾の場合、定期テスト対策など、学校の補習をする場合が多いですが、時には、並行して通っている別の進学塾の補習をする場合もあります。

多くの個別指導塾には、先生を指名することができるシステムがあり、相性の良い先生を選ぶことができます。

生徒一人一人のレベルやニーズに合ったカリキュラムで、よく面倒を見てくれるといった点は、個別指導塾の長所と言えるでしょう。

個別指導塾の難点は、マンツーマンの場合は特に、家庭教師並みに授業料が高いということです。

どういうタイプの塾が合うかは、人によって全く違います。授業を受ける子供の性格なども考え合わせて、選ぶようにしましょう。

個別指導塾の特長

個別指導塾は、学校の補習的な内容を、個々の進度に合わせてマンツーマン(もしくは少人数)で教えてくれる塾のことです。

近年、特にこのタイプの塾は増加してきました。

個別指導塾の特長としては、生徒のニーズに合ったカリキュラムが組めて、面倒見もよいこと。

先生を指名することができ、相性の良い先生を選べること。

大人数の塾と比べて、先生が横にいるので勉強に集中できること。

わからないところがあったら、すぐに質問でき、その生徒のペースで授業が受けられること、などです。

個別指導塾の短所としては、やはり、授業料が高めなことでしょう。マンツーマンの場合は、家庭教師なみに高額です。

ちなみに、家庭教師との違いは、個別指導塾は先生による偏りが少ないこと、塾としての受験データ・ノウハウの蓄積もあり進学指導もできることです。

個別指導塾の長所と短所を知ったうえで、目的に合ったスタイルの塾を選びましょう。

進学塾とは

塾の中でも、進学塾は、受験のための塾。

学ぶ内容も、学校の補習・復習的なものではなく、予習――しかも、受験を見据えたものとなっているのが特長です。

教材も、進学塾向けの高度な内容のものや、その塾のオリジナル教材を使っているところがほとんどです。

進学塾では、生徒は、入塾テスト等の結果や、志望校によってクラス編成されることが多く、同級生と競争しながら学力を高めていきます。

また、進学塾の特長の一つとして、受験情報やノウハウが豊富なことが挙げられます。これは、家庭教師などにはない長所でしょう。生徒はそこから、必要なデータを利用することができます。

毎年、受験シーズンの終わりには、進学塾のパンフレットやチラシに、「有名○○高校に何人合格!」等の文字が躍ります。

親としては、それを見ただけで、進学塾にさえ入れれば、子供が志望校に入れるなどと思いがち。

しかし、進学塾と言っても、大人数タイプからマンツーマンタイプまであり、また、私立に強い・理数系に強い等の特徴もあります。

一番大切なことは、その進学塾がその子に合っているかどうかを見極めて、目的にあった塾選びをすることではないでしょうか。

進学塾について

進学塾は、補習塾などと違って、受験専門の塾のことです。

難関校受験コースや有名公立校受験コースなど、学力や志望校に応じたコースた設置されている進学塾も多くあります。

進学塾は、最新の受験情報等の収集や分析に熱心で、生徒はそこから必要な情報を引き出して利用することができます。この点は、進学塾の一番の強みだと言えるでしょう。

毎年、受験シーズンが終わると、「有名○○高校に合格者××名!」などと銘打った、進学塾の広告が飛び交います。

しかし、忘れてはいけないのは、進学塾に入ったからと言って、すぐさま志望校合格ラインに到達したり、学力がアップしたりするわけではないということ。

人それぞれ、最適な学習環境や勉強法は違うものです。

目的に合ったスタイルの進学塾を選びたいものです。

個別指導塾と塾・家庭教師の違い

個別指導塾では、複数人で講義を受ける普通の塾とは違い、マンツーマン形式あるいは2〜3人の生徒に対して1人の先生が担当します。

塾で行うという点が、内容は同じでも、家庭教師と大きく違っている点です。

個別指導塾が近頃増えているのは、先生を比較的選びやすく、また、塾のシステマティックなフォローを受けられるという家庭側の安心感の存在が挙げられます。塾講師側にとっても、家庭教師と違って一日に複数の生徒を担当できるので、まとまった収入が得やすいという利点があり、双方の利益が合致して増加しているようです。

塾や家庭教師ではなく個別指導塾でとことん相性のよい先生を探すのも、子供たちの学習意欲を高めるには良い手かもしれません。

個別指導塾を選ぶとき

個別指導塾を家庭が選択する事情には様々な要因があります。

塾や学校などの集団の生活になじめなかったり、あるいは引きこもりがちなお子さんがいる場合、学校や普通の塾では受けられないきめ細かなフォローや社会との接点のきっかけとなることを期待して、個別指導を選択するご家庭が最近は増加しているようです。

個別指導とは一言でくくっても、2〜3人の生徒に対して1人の先生がつき、主に先生は質問に答えるだけの塾もありますし、学習カリキュラム作成からトータルに学習面を管理してくれるマンツーマン形式の塾もあります。

塾に対して先生との密接な連携を期待するなら、指導の形態をよく吟味してお子さんの現状にあった塾を選択するとよいでしょう。

進学塾から有名大学へ

塾には、中学・高校受験をターゲットにした進学塾と、学校の補習を目的とした補習塾があります。

進学塾に関しては、有名進学中学・高校に入ることが当面の目的ではありますが、最終的な目標は大学受験ということになります。

進学塾には、受験のためのノウハウが蓄積されており、また、指導経験豊富な講師もそろっているため、進学塾の指導に従えばあとは進学中学・高校への道が開かれ、そこから有名大学へと自然に導かれることになります。

進学塾が結局は大学受験への最短の道と言えなくもありません。

進学塾経験者の有名大学合格者に占める割合は近年大きくなっていることから見ても、有名大学への進学を考えるなら、進学塾に通われることをお勧めします。

進学塾通うなら

進学するなら塾に通うというのが定番となっている昨今、大手の進学塾に入るための勉強をフォローする塾までが出現しています。塾だけではなく、家庭教師に進学塾合格を依頼するケースも多くなっています。

進学・受験というものが生活の大きなウェイトを占めている子供たちには、大きな精神的プレッシャーが常にかかっている状態であると言えます。

ご家庭でのフォローはもちろんのことですが、進学塾を選択する際には、精神的なフォローにも長けている経験豊富なプロの講師がいる塾を選択されるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

 
メニュー
個別指導塾について
個別指導塾の特長
進学塾とは
進学塾について
個別指導塾と塾・家庭教師の違い
個別指導塾を選ぶとき
進学塾から有名大学へ
進学塾通うなら