様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ペット関連サービス

スポンサード リンク

ペットシッターとは

ペットシッターとは、飼い主の代わりにペットのお世話してくれる人です。人間のベビーシッターのペット版といったところです。ペットシッターは家に直接行ってペットのお世話をします。また留守の間にペットの世話してもらうことも可能です。その場合は、ペットシッターに鍵を預ける形になります。

ペットシッターは、ペットに付きっ切りでお世話することになるので、長時間でも安心できます。ただ、ペットによっては、知らない人が来たことで警戒心を持つ場合もあります。ペットシッターに依頼する場合、自分のペットの性格を良く考えて、ペットにあった選択をされたほうがよいでしょう。場合によっては、ペットホテルなどを利用したほうがよいケースもあります。

ペットシッターは、飼い主がふだん接しているようにペットのお世話をするのが基本です。ペットシッターに頼むときは、事前に世話の仕方等の打ち合わせをするようにしましょう。ペットシッター側も依頼があった場合、一度ペットと顔合わせをするのが普通となっています。ペットとの相性がうまくいかないこともあるからです。

ペットシッターについて

ペットシッターは、飼い主に代わって、飼い主の自宅でペットをお世話する人のことです。「急な出張で家に帰れず、ペットの世話ができない」とか、「入院しなければいけなくなった」とか、「ある時間帯だけ家にいられないので、その間の世話をしてほしい」など、ペットシッターを利用する機会はいろいろあります。

ペットシッターのサービスは、食事の世話やお水の交換、散歩等です。散歩のみのサービスもあります。犬や猫以外の動物、例えばウサギやハムスター等のペットのお世話でもOKの場合があります。飼っているペットを頼めるかどうかは、事前に問い合わせてみましょう。

ペットシッターを利用する場合、まずは事前に顔合わせを兼ねて打ち合わせがあります。ポイントは、ペットの状態や普段のお世話の仕方、そして何よりもペットシッターと相性が合うかどうかです。ペットがペットシッターをあまりにも警戒したり噛みついたりする場合は、やむをえずペットシッターの方からお断りすることもあります。

ペットシッターは、お世話をした日のペットの様子などをあわせて、報告書を書くことになっています。飼い主がいなくても、普段の環境でペットの世話をしてもらえるので、ペットシッターは意外に重宝されています。ペットホテルに預けるのに躊躇される方は、ペットシッターを利用するのもよいですね。

ペットと動物病院

ペットも時には病気になるもの。また毎年の予防注射も必要ですね。病気にはならなくても、健康でいるかどうかを定期的にチェックしてもらいに動物病院へ行くだけでも良いのです。もちろん料金が高い場合もありますが、ペットといえど家族同然。ペットと幸せな生活を続けていくためにも、かかりつけの動物病院を選んでおきましょう。

動物病院もいろいろあります。まずは近所にどういう動物病院があるのか調べてみましょう。ネット検索で探してみてもよいでしょう。あるいはペットを飼っている仲間に聞いてみるのもいいですね。動物のことを本当に理解してくれる動物病院にぜひとも出会ってください。

動物病院へ行った場合、気になるのが料金ですが、最近はペット保険が利くようなところもあります。また良心的な値段で診てくれる動物病院もあります。動物病院によって料金はまちまちです。また、処置や手術内容によっても違ってきます。費用がいくらぐらいかかるのかをしっかりと聞きましょう。結果的に高額な治療費がかかったということにならないために。

ペットにとっての動物病院

ペットを飼ったからには、一日でも長くいっしょに暮らしたいと思うのは当然のことです。そしてペットの健康管理をするのは飼い主の責任の一つです。ペットは具合が悪くなった場合、自分で喋ることができません。飼い主がペットの様子がいつもと違うことに気づき、動物病院へ連れて行くことになります。

ペットが病気にならないようにと願うのは、飼い主としては当然のことでしょう。人間と同様、ペットも病気に対しては早期発見、早期治療が必要です。そのためには、ちょっと気になることがあった場合はもちろん、健康チェックしてもらうだけでもよいので、動物病院へ行き、気軽に獣医に相談することをお勧めします。

ペットが病気になった場合、経済的な負担をしいられるのは飼い主自身です。そうならないためにも、普段からペットの病気を未然に防ぐこと、いわゆる予防対策をしていくとよいでしょう。動物病院では獣医師や看護師、他のスタッフ等から適切なアドバイスがもらえます。また、他のペットの飼い主とも出会えるので、情報交換の場でもあります。

飼い主やペットにとって、動物病院は病気を治してくれる場所というだけではなく、予防という面でも適切なアドバイスをしてくれるところです。親身になって相談できる動物病院をぜひペットのために見つけてください。

ペットの美容室

ペットの美容室(?)というと、利用するのはセレブなペットだけと思うかもしれません。しかし、たとえばペットが長毛だと、家でのお手入れはなかなか大変なもの。特に犬にはプードルやシュナウザー、コッカーといった、日ごろからお手入れが必要な種もいますので、その場合はセレブでなくてもペットの美容室を利用した方がいいでしょう。

ペット美容室を利用すると、ペットの肌荒れなどのトラブルが見つかり、アドバイスしてもらえるというメリットもあります。哺乳類のペットは毛で覆われていて、なかなか肌の様子がわからず、気をつけていても見落とすことがあるものです。しかし第三者、しかもプロの視点からチェックしてもらうと、飼い主が気づかないことを教えてもらえ、勉強にもなります。

「ペット美容室を利用するのはちょっと費用が」と思うかもしれませんが、ペット美容室に行った後は、毛が見違えるほどフワフワとなって、ペットも気持ちよいはずです。キレイにフワフワなったペットといっしょに散歩するのもいいものです。たまにはペット美容室を利用してみませんか。

ペット美容室とは

ペット美容室とは、ペットの毛のカットをはじめ、シャンプーや爪きり、耳掃除、肛門絞り等、ペットの全身トータルケアをしてくれる場所です。ペット美容室では大抵資格を持ったトリマーがトリミングをしてくれます。

ペット美容室の利用料金は、ペットの大きさによって異なり、一般にペットが大型になるほど高いです。また、猫の場合、シャンプーするときに、麻酔が必要な場合もあるそうです。さらに美容室によっては、エステメニューを取り入れている所もあります。

ペット美容室では、いろいろとコースが設けられています。シャンプーだけとか、爪きりだけというのもOKです。たまにはペットにも綺麗になってもらおうかと、ペット美容室を利用される方もいるようです。毛足の長いペットだと、トリミングする必要があるので、よく利用する飼い主もいるでしょう。自分のペットが綺麗になったらうれしくなりますね。

ペット美容室ではペットに合ったシャンプーを提供してくれるところもあります。あなたもお気に入りのペット美容室を見つけてみてはいかがですか?

ペットホテルとは

ペットホテルとは、飼い主が旅行や入院等の理由でペットを連れていけない場合、ペットを一時的に預かってもらう施設です。

ペットホテルの利用料金は、ペットの大きさによって異なり、大きなペットになるほど高くなります。また、ペットホテルによっては大型のペットは預かってくれない場合もあります。料金はだいたい一泊数千円程度ですが、ペットホテルによっては1万数千円以上のスウィートルームを提供しているところもあります。各ペットホテルによって利用規約なども違いますから、事前に問い合わせてみましょう。

ペットホテルもいろいろありますが、サービスでどういうことをしてくれるのかをチェックしておきましょう。可能なら実際にペットが泊まる部屋を見せてもらってもよいです。しかし、中には悪質な業者もいますので要注意。逆に良心的なペットホテルだと、「一日何頭までしか預からない」というところもあります。ネットや口コミなどで、大切なペットのために良いペットホテルを見つけてください。

ペットホテルについて

ペットホテルは、飼い主に急な用事が入ってしまった場合や、どうしても旅行などでいっしょにペットを連れて行けない場合に利用するサービスです。良いペットホテルの場合、ペットのストレスを軽減しようと、ペットの立場でサービスを提供しています。

ペットホテルを利用した場合、ペットは飼い主と離れるので、多少のストレスは溜まるものです。ストレスを少しでも減少させようと、毎日の散歩、部屋の空間や空調、清潔面、衛生面などを気遣ってサービスするペットホテルもあります。できれば24時間スタッフがいるところを見つけましょう。夜間に鍵をかけて誰もいなくなるようなペットホテルはお勧めできません。

ペットホテルを利用する際は、だいたい室内で飼われていることを条件にされる場合が多いです。またきちんと予防接種を受けていることも条件としてあります。そして基本的なしつけがなされていれば、ペットホテルで預かってくれます。

ペットカフェとは

ペットカフェとは、ペットと同伴OKのカフェのこと。ペットブームで現在ペットカフェは増加傾向です。ペットカフェは、ペットといっしょということで、人もペットも快適な空間が求められています。

ペットカフェでは、小さなペットなら抱いていればいいですが、大きなペットはそうもいかず、テーブルの下で待つことになります。人もペットもゆったりとくつろぐためには、テーブル間の距離が適度にあることはもちろん、全体的にゆとりの空間がほしいところです。

ペットカフェでは、人間用のメニューだけでなく、ペット用のメニューもいろいろと工夫されています。ペット用のお水やおやつのクッキー、そして食事まで、各ペットカフェには色々なメニューがあります。ペットカフェが増えつつある今、人にもペットにも優しいメニューがよいですね。

ペットカフェに入る場合、基本的なしつけができていることは、サービスする側としてはありがたいことです。飼い主としては、トイレのしつけはもちろん、「待て」ができることやムダ吠えしないといった、基本的なしつけをしておくことが、ペットカフェを利用する最低限のマナーと言えます。

ペットカフェについて

ペットカフェは、ペットと一緒に入れるカフェのこと。外出先でもかわいいペットと一緒に過ごせるという店では、ペットカフェは飼い主にとっては安らぎの場所と言えるでしょう。

ペットカフェは、最近は、飼い主同士の憩いの場として、また情報交換の場としても利用されています。飼い主のためのサービスの一つとしてペットカフェがあるのです。

ペットカフェは飲食物を提供するので、開業する場合は飲食業許可が必要です。また、経営の基本的知識だけでなく、ペットに関する知識も必要です。これからペットカフェを始めようと考えている方は、これらの基本的条件に加え、「ペットカフェは、競合店が増えている現在では、他店との違いを売り出さないと生き残れない業界になりつつある」という認識も必要でしょう。

ペットカフェのオプションとして、トリミングルームやペットホテルといったサービスを提供している場合もあります。リゾート地などでは、ドッグランなども併設してあれば、ペット同伴の旅行客にも利用されやすいです。また、しつけ教室などもあると良いですね。地域によっては犬の幼稚園なるものがあります。

ペットカフェはペットビジネスの一つです。お客さんである飼い主とペットだけでなく、サービスする側にとっても心地よい空間作りを目指してほしいものです。

ペットレンタルとは

ペットレンタルとは、文字通り、ペットを一定期間レンタル、つまり貸し出すこと。ペットレンタルは、ペットに先立たれてしまった方、ペットを飼うことが出来ない方、ペットを飼ったことがない方等を対象に、ペットをレンタルする制度で、主にペットショップでのサービスです。

ペットレンタルで利用されるペットでは、犬が多いです。散歩する楽しみ、これが一番だからです。ペットレンタルするときに、必要な品物も一緒に貸し出してくれます。

ペットレンタルを利用する場合、身分証明書や印鑑が必要なことがあります。「万が一盗難に遭ったら」ということも考えられるからでしょう。

ペットレンタルといっても、ペットは生き物です。ペットレンタルをした場合、ぜひともペットにとっても楽しい一時を共有したいものです。

ペットレンタルについて

ペットレンタルというものが、最近あるそうです。

ペットレンタルは、つまりはペットを貸し出すことで、ペットショップなどが運営していることが多いです。一定時間レンタルした上でペットと散歩したり、あるいは「お泊りでレンタル」したりといったことができるそうです。

ペットレンタルでレンタルできる動物は、何と言っても犬が多いです。ペットといっしょに散歩できるという点がポイントだからでしょう。他にはフェレットをペットレンタルする場合もあります。

ペットレンタルをする場合、サービスを提供する側としては、最低限のしつけをペットにしている必要があります。また、レンタルする側も、ペットへの接し方を心得ていることが必要ではないかと思います。

ペットレンタルは、ペット愛好家にしてみれば、「なんだかペットが可哀想」と感じるかもしれません。ペットの身になって考えれば、いろんな人にたらいまわしにされることは、決していいこととは言えません。ペットは物ではなく、あくまでも感情を持った生き物です。ペットレンタルを利用する場合、ペットに優しく接してあげてほしいものです。

ペット保険とは

ペット保険という言葉を耳にするようになってきました。ペットは今では多くの家で家族同然の存在となりつつありますし、実際、ペットに長く健康で生きてほしいと願う飼い主も少なくありません。ですから、「ペットの医療費は保険が利かないため高額である」という不満ならびにペットへの保険の適用を望む声が出るのも無理のない話です。

ペット保険が誕生した背景には、医療技術の進歩によってペットの高齢化が進む中、人間と同じようにガンや白内障、痴呆といった病気に罹るペットが増えてきたことがあげられます。ペットの中には病気治療が長引くケースも増えていますので、そうなるとどうしても医療費がかさみます。

ペットにも保険があったら――ペット保険は、こうしたリスクを改善するために誕生したのです。

ペット保険は、通院や入院、手術といったときの保障をしてくれます。ペット保険の種類によって、対象となる年齢、掛け金、保障内容等は異なります。各社を比較検討して、飼っているペットに最適なペット保険をぜひ見つけてください。

ペット保険への加入

ペット保険への加入をどうしようかと、ペットを飼っている方なら一度は考えるのではないでしょうか。ペットはかけがえのない家族の一員です。人間が高齢化しているように、ペットも今は長生きするようになってきました。犬も13歳から14歳頃まで寿命が延びているそうです。しかし、ペットもいつ病気になるかわかりません。いざ病気になると医療費が必要となります。

ペットの医療費は結構かかるものです。ペット保険は、医療費負担を軽減してくれる頼もしい味方。特に長い闘病生活になった場合には、「加入しておいて助かった」ということもあるでしょう。

ペット保険に加入する場合、申込時のペットの年齢制限が設定されているところもあります。掛け金も各ペット保険によって異なります。また病気や処置などの内容によっては、保障対象外となることもあります。ペット保険に加入前に、こうしたことをじっくりと検討しましょう。

ペット保険に加入した場合、治療費の保障は最大で50から70%ぐらいが目安です。詳細は各ペット保険の運営会社にお問い合わせください。資料請求して比較検討をするのも良いですね。

ペットしつけ教室について

ペットのしつけ教室なるものがあります。

飼い主がペットのしつけについてよく理解していないケースは少なくありません。そのため、例えば犬の場合、よく吠えるとか、ところかまわずおしっこをしてしまうとか、噛み癖がついてしまうといったことがあります。こうしたことをきちんと飼い主に理解・改善してもらうために、ペットしつけ教室があります。

ペットと飼い主の主従関係ができれば、いろんなところへペットを連れて行くことも可能です。ペットのしつけをきちんとすることで、人との共同生活がきちんとできるのです。ペットを飼う場合、しつけのしかたがわからなかったら、しつけ教室に通うことをお勧めします。そのほうがペットと飼い主双方にとって良いことなのです。

ペットのしつけ教室では、基本的なしつけである「おすわり」「伏せ」「待て」等や、散歩の仕方等も教えてくれます。ペットとの主従関係が良好に保たれていれば、生活の幅もひろがって、外への散歩はもちろん、ペットといっしょの旅行もできるようになります。ペットのしつけに自信が持てるよう、ペットしつけ教室に行ってみませんか。

ペットのしつけ教室に参加しよう

ペットのしつけはどのようにされていますか?

はじめてペットを飼った場合、どのようにしつけをしたらよいかわからないこともあると思います。ペットが小さいうちにしつけ教室に参加することで、飼い主自身も今後のペットとの共同生活が楽しく有意義になります。

ペットのしつけ教室への参加は、ペットが6か月未満の場合が多いです。この時期が一番社会性を築く上で重要な時期だからです。多くの飼い主は、ペットが小さいうちは「かわいいから」と甘えさせてしまう傾向がありますが、時には厳しくすることも必要です。

ペットは甘えさせてばかりいては、大人になってからが大変です。よきパートナーとしてペットと共同生活をしていくためにも、しっかりとしつけをすることが大切。ペットのしつけは飼い主の責任なのです。ペットが賢くあるかどうかも、全て飼い主のしつけの仕方で決まります。

ペットのしつけ教室を開催しているところは全国いろいろあります。ネットで検索してもよいし、口コミで探すのもよいです。住んでいるところに近い教室を探してみてください。しつけ教室に参加する場合、ペットが予防接種を受けていることが条件というのが多いです。

ペット同伴可宿泊施設について

ペットを飼っている方なら、ペットを連れて旅行に行きたいと思う方も多いのではないでしょうか。最近ではペット同伴可宿泊施設が増えてきています。ペットを連れて行く場合、最低でもムダ吠えしないとかトイレのしつけができていることは当然のことですね。

ペット同伴可宿泊施設はネット検索で調べても、けっこうあります。ペット関連の雑誌でも、ペットと泊まれる施設が写真とともに掲載されていて、どこにしようかと思わず迷ってしまいそうです。ペット同伴可宿泊施設に泊まる場合、施設によってはペットの大きさに制限があることもあります。自分のペットが泊まれるかどうか、事前に確認しておきましょう。

ペット同伴可宿泊施設では、たいてい、オーナーが飼っているペットがいることが多いです。ペット同士がお友達になる機会でもあり、また飼い主同士で話が盛り上がるかもしれません。新しい出会いがあるのも旅の楽しみの一つです。ペットとともに、楽しい旅の思い出をぜひ作ってください。

ペット同伴可宿泊施設で楽しい思い出づくり

ペット同伴可宿泊施設で、たまにはペットと一緒にのんびりと過ごしてみてはいかがでしょう。ペットブームとなっている今では、ペット同伴可宿泊施設は増加傾向にあります。一昔前では、ペットがいると旅行ができない、ということもありましたが、今はペットと一緒に旅行ができるようになってきています。

ペット同伴可宿泊施設に宿泊する場合、施設側が受け入れるペットの大きさというものがあります。特に犬の場合、大型犬はお断りということもありますので、事前に自分のペットが泊まれるかどうか、確認をしておきましょう。

ペット同伴可宿泊施設では、利用規程というものがあります。ペットが入れる場所が限定されているところもあったり、また、ペット用備品の設置状況も施設によって色々です。ペット同伴可宿泊施設に、前もって何が必要なのかを問い合わせ、持参すべきものがないかをきちんと調べて用意しましょう。

ペットといっしょの旅では何かと不都合なことがあるかもしれません。しかし、ペットとじっくりと過ごす旅は、お互いの絆を深めることにつながります。ペットにとっても、楽しい旅となるよう頑張ってください。

ペットとドッグラン

ペットを飼っている方は大勢います。とくに犬を家族の一員として迎え入れている方が増えています。でも、ペットはたいていリードをつけたまま。たまにはペットをのびのびと思い切り走らせたいものです。そんな飼い主の願いをかなえたのがドッグランです。

ドッグランが設置されている所は、広々とした公園等が多いです。ドッグランはフェンスで仕切られていますので、リードなしでもペットを遊ばせることができます。ただし、ペットとの主従関係ができていないうちは、呼び戻しがきかないこともあります。他のペットに迷惑にならないよう、ペットにリードをつけたまま飼い主がいっしょに走るのが得策です。

ドッグランも場所によって、小型犬と大型犬を分けている場合もあります。行き先のドッグランがどういうところか、事前に情報を入手しておきましょう。また、ドッグランは公共の場所です。予防接種がなされていなかったり、シーズン中のペットだったりすると、お断りされることがほとんどです。またドッグラン内ではペットの糞の後始末は飼い主がきちんとやりましょう。

ペットと一緒にドッグランへ

ペットブームの現在は、特に犬を飼っている人が増えています。たまには犬らしく思い切り走らせてストレスを解消させてあげたいと思う飼い主も多いでしょう。そう思っている方は、ペットと一緒にドッグランへ行ってみてはいかがでしょうか。

ドッグランは全国で400箇所を超えており、全国では北海道が一番多いです。ところでドッグランへ行こうと思っても、近所にドッグランがあるかといえば、必ずしもそうではありません。ペットを乗せて車で出かけたり、旅のついでにという場合にドッグランを利用するのが多いようです。

ドッグランではペットを思い切り遊ばせることができます。そして、ドッグランは飼い主とペットとのコミュニケーションの場でもあり、他のペットとの出会いの場でもあります。ペットの日ごろのストレス発散のために、ぜひドッグランを利用してみてください。

ドッグランにはそれぞれの利用規定があります。料金もいろいろです。マナーを守り、ドッグランでペットと楽しい一時を過ごしてください。

ペット可不動産検索

ペット可の不動産を探す場合、手っ取り早いのはインターネット検索です。最近はペットブームでペットを飼う人が増えています。それに伴って、賃貸マンション等でもペット可の不動産が以前よりも増加してきました。

「ペット可不動産」というキーワードで試しに検索してみると、

Google:129万件

Yahoo:317万件

goo:8万9千件

MSN:26万8千件

等となっています(平成19年6月現在)。

ペットとともに暮らしたいと願う人が増えている現代では、不動産業者側としてもそれに応えたいものです。ただ、不動産も物件によっては、飼えるペットの大きさや頭数の規制を規約で設けている場合もあるので、注意が必要です。

ペット可不動産を探す場合、これからペットを飼うつもりの人、または飼っている人も、希望物件がペットに合っているかどうかをよく確認しながら、ペット可不動産を検索してみてはいかがでしょうか。気になる物件が見つかれば、不動産業者に連絡してみましょう。

ペット可不動産あれこれ

ペット可不動産は、ペットブームの到来のために増えています。ペットとともに暮らしたいと願う人にとって、ペット可不動産を探すのは一苦労。「たくさんあるのはいいが、どこが一番いいのやら」と悩みはつきません。

ペット可不動産を探す場合、すでに居住している人がどの程度ペットを飼っているのかを確認したほうがよいです。ペット可といってもすべての人がペットを飼っているわけではない場合もありますし、もしかしたらペットがそれほど好きじゃない人もいるかもしれないからです。居住条件が最初から、「ペットを飼っている人」という物件なら、まず問題はないでしょう。

ペット可不動産探しでは、必ず物件を下見することも重要。実際に住むとなった場合、ペットとともに本当に暮らしていけるかも視野に入れて下見をしましょう。毎日の散歩によいコースがあるかどうか、近くに公園があるかどうか、また動物病院も近所にあるか等もポイントです。

ペット霊園とは

ペット霊園とは、大切なペットが亡くなった際にペット専用のお葬式をしてくれる所です。

ペットブームの到来で、ペットを家族同様に扱う人が増えています。そしてペットが亡くなった場合、人と同様にペットのお葬式を行う家庭も増えてきています。

ペットは自治体ではゴミとして処理されます。そこで「家族同様に暮らしてきたペットをゴミとしては可哀想、ずっと弔いたい」と願う方が、ペット霊園を利用するようになってきました。ペット霊園ではペット一匹につき一つのお墓というケースもありますが、共同墓地もあります。ペット霊園では通常は宗派を問いません。

ペット霊園ではサービスがいろいろあります。火葬と納骨だけの場合や、読経もしてもらえる場合など、多くは家族の希望するものを提供しています。火葬した場合は、納骨するか、遺骨を返却するかを決めます。利用料金は各ペット霊園によって違いますので、事前に問い合わせてみましょう。

ペット霊園について

ペット霊園はペットの葬式の一部、もしくは全般を執り行ってくれるところ。ペットの新しい旅立ちを手伝ってくれるサービスです。

ペット霊園を利用する方は年々増えています。ペットが家族の大切な一員であり、亡くなった時には人と同じようにお葬式をしてあげたいと願う飼い主が増えているのも理由の一つです。「ペットは家族や友人であり、またペットの存在そのものが癒しであったから、きちんと弔ってやりたい」という願いもあるのではないでしょうか。

ペット霊園では基本的に、宗派・宗旨は問わず、またペットの種類も問われません。気になる場合は、事前にペット霊園に相談してみるとよいでしょう。

ペット霊園でのサービスは、葬儀だけ、火葬だけという場合でもOKです。料金設定も各サービスによっていろいろ。例えば大型のペットになるほど、火葬料金は高くなります。

ペット葬儀について

ペット葬儀は基本的に人間と同じような流れで営まれます。遺体の運搬についても、ペット専用棺も用意してくれるところもあります。家族同様に暮らしていたペットの死。せめて旅立ちをきちんと見送ってあげたいと願う方が増えています。こうした希望が、ペット葬儀に発展したのです。

ペット葬儀を行う業者の中には、24時間電話応対をしてくれるところもあります。ペットが亡くなった場合、まずは近くのペット葬儀をしているところに問い合わせてみるとよいでしょう。

ペット葬儀において、火葬料金は、ペットの大きさによって変化します。ペットが大きいほど(体重が重いほど)料金もアップします。また、返骨、納骨、合同火葬によっても変化します。また、一部の地域には、自宅前で火葬をするサービスを行う「移動火葬車」というものまであります。

ペット葬儀とは

ペット葬儀とは、ペットが亡くなった場合にお葬式をしてくれるサービスです。ただしペット葬儀は、業者によってサービス内容は様々。

ペットブームによって、ペットを飼う人は増えています。そして考えたくはなくても、ペットとはいずれお別れするときがやってきます。もしも最愛のパートナーであるペットが亡くなった時、人と同じようにペットの亡骸を取り扱ってくれるのが、ペット葬儀なのです。

ペット葬儀では、火葬したら、その後のお骨拾いも飼い主が希望すれば可能です。人と同じように骨壷が用意されています。ペットの死は悲しいものですが、ペット葬儀のサービスを利用することで、ペットの新たな旅立ちを見届けてあげることができます。

ペット葬儀のサービス料は、業者や内容によっていろいろです。事前に問い合わせをしてみてください。

ペット介護について

ペット介護が最近クローズアップされています。

ペットの成長は人間よりも早いです。幼い頃から飼い始めてたとしても、やがては寿命がきてしまいます。足が弱くなって歩くのが遅くなる、歯が弱くなる、目が見えなくなるなど、ペットもやがては老いてきます。またなんらかの病気になる可能性もあります。そしてやがてはペット介護が必要となってきます。

「ペット介護なんて大変」と思う方もいるかもしれません。しかし、家族同様、いっしょに過ごしてきたペットです。介護なんてものとも思わない方も大勢いることでしょう。介護をしているペットの様子を写真付でブログに掲載している方も大勢います。ブログによって、ペット介護をしている飼い主同士がつながり、交流の場ともなっています。

ペット介護をしている方は、ペットから今までたくさんの楽しい時をもらっており、そしてこれからも、少しでも長く生きてほしいと願っている方もいらっしゃるはず。そんな思いがあれば、介護が大変であるとは思わないかもしれません。むしろ、ペット介護によって、ペットとのつながりが更に深まるのではないでしょうか。ペット介護をしている方は、ぜひとも頑張ってほしいものです。

ペット介護用品

ペット介護を経験している方はどれほどいらっしゃるでしょうか。ペットの寿命は延びていますが、やがてはペットにも老いが訪れ、または病気になり、人間と同じように介護が必要となります。

ペット介護がどういうものなのか、理解できない人もいるかもしれません。しかし人間と同じように、たとえば歩行がしにくくなったら、散歩も介助が必要になってきます。更にペットが歩けなくなると、寝返りや排泄といった介護も必要となってきます。大きなペットほど体重があるため、ペット介護はなかなか大変かもしれません。

ペット介護をするにあたり、何かと必要なものが出てくるものです。たとえば歩くのが大変になってきたら、ペット専用の補助具や車椅子等を利用してもよいでしょう。あまり動けなくなってくると、厚手の敷物等が必要になってきます。

ペット介護といっても、必ずしも特別なものを用意しなければならないわけではなく、色々とあるもので工夫してみるのも良いでしょう。しかし、便利な介護用品も出回っているので、それらを利用するという手もあります。どちらにしても、飼い主がある程度のゆとりを持って、ペット介護を心掛けるようにしてください。飼い主の温かい心は、必ずペットに伝わります。

ペットハイヤーとは

ペットハイヤーとは、ペット専用の運送業務で、犬・猫・小鳥・小動物といったペットが対象です。ペットを動物病院に連れていかなければいけないとか、ペット美容室までの送迎をお願いしたいとか。あるいはペットを引越しで移送したいときとか、ペットハイヤーの使い方はいろいろです。

ペットハイヤーは、例えば急にペットの具合が悪くなったときなどに利用できるのがうれしいですね。マイカーが使えない場合、タクシーでは通常ペットは断られてしまいますので、ペットハイヤーは非常に便利です。

ペットハイヤーを使ってペットとともに旅をするという利用の仕方もあります。公共機関を使っての移動はペットにとっては大変です。ペットハイヤーによっては飼い主がペットと同乗可能なこともあります。ペットといっしょにのんびりと旅行するのも、たまには良いですね。

ペットハイヤーは電話一本でかけつけてくれます。ペットを飼っていてマイカーを持っていない家族の方、ペットハイヤーを利用してみてはいかがでしょうか。

ペットハイヤーについて

ペットハイヤーというのをご存知でしょうか。ペット専門の運送をしてくれるサービスのことです。

ペットハイヤーは、ペット専用車で運搬してくれます。誤ってペットが車内で排泄をしてしまったり、車酔いをして吐いてしまっても、専門スタッフがきちんと処理をしてくれます。

ペットハイヤー利用料金ですが、迎えにいく道のキロ数で値段が加算されるようになっています。目的地が遠いほど利用料金は増えます。もちろん、待機で待ってもらう時間も加算されます。

ペットハイヤーを利用するにあたり、予防接種や基本的なしつけ等をしておくことは、飼い主として当然のこと。また長距離の移動の場合、リードやゲージ、また必要であれば、普段ペットが使っているタオルやシーツ等を飼い主は用意しておきます。

ペットハイヤーを上手に利用して、ペットが安全で快適な移動ができるようにしたいもの。そのためには、飼い主はペットへの基本的なしつけだけでなく、車に乗る訓練をも施しておくとよいですね。

 
メニュー
ペットシッターとは
ペットシッターについて
ペットと動物病院
ペットにとっての動物病院
ペットの美容室
ペット美容室とは
ペットホテルとは
ペットホテルについて
ペットカフェとは
ペットカフェについて
ペットレンタルとは
ペットレンタルについて
ペット保険とは
ペット保険への加入
ペットしつけ教室について
ペットのしつけ教室に参加しよう
ペット同伴可宿泊施設について
ペット同伴可宿泊施設で楽しい思い出づくり
ペットとドッグラン
ペットと一緒にドッグランへ
ペット可不動産検索
ペット可不動産あれこれ
ペット霊園とは
ペット霊園について
ペット葬儀について
ペット葬儀とは
ペット介護について
ペット介護用品
ペットハイヤーとは
ペットハイヤーについて