様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 国内旅行

スポンサード リンク

旅行に忘れてはいけない持ち物

国内旅行、海外旅行を問わず、旅行はわたしたちの心を刺激し、感動させ、また癒してもくれるものです。しかし、旅にはいろいろと面倒な面もあります。その一つが持ち物の選定です。

旅行に忘れてはいけない持ち物にはいろいろとありますが、それは以下のような条件を考えなくてはなりません。――だれと行くのか(家族連れなど複数か、一人旅か)、どこに何をしに行くのか、季節はいつか、旅に出る人たちの体調はどうか、現地にはどのような店や施設・設備があるのか etc.

国内旅行であれば、皆同じ言語・文化を共有しているわけですから、旅先で融通も効きやすいし、それほど困難を経験することないかもしれません。しかし、海外となると、予測不能な出来事に遭遇することもありますので、経験者の話を聞くなどして、できるだけ慎重に持ち物の選定を行なうべきでしょう。

旅に忘れてはいけない持ち物のリストについては、ホームページ上で経験者のアドバイスがいろいろと紹介されていますので、それを活用すればいいでしょう。

国内旅行に忘れてはいけない持ち物について

国内には数多くの観光スポットがあり、特に連休の時期には、大勢の人が各地を訪れ、にぎわいを見せるようになります。

確かに旅行は、わたしたちを閉塞した日常生活から解放し、未知なる経験、心躍る経験を与えてくれるため、人気があるのも当然でしょう。

ところで、旅行に忘れてはいけない持ち物ということで、いろいろ悩む人が多いかもしれません。確かに旅をするにはそれ相応の準備が必要になり、また、その際いろいろなケースを想定せねばならず、かなり面倒な作業と言えます。

国内の場合は、海外と違って言葉も通じ、また著しい文化の違いというものもありません。つまり、言葉さえ話せれば、そして“旅の恥はかき捨て”という心持ちさえあれば、旅先で何とでもなるということです。

そこで、持ち物の中でコンビニやスーパー等で購入できるものに関しては、現地で調達するということを視野に入れておくのも、一つの考え方でしょう。

いろいろと知恵を働かせ、旅行の際の持ち物はできるだけ軽くコンパクトに、そしてその上で忘れ物のないようにしたいものですね。

国内旅行節約術

国内を旅行する場合、できるだけ安く上げたいというのはだれしも思うところでしょう。皆さんは、何か良い旅行節約術をお持ちでしょうか?

国内旅行にかかる経費には、「宿泊費」「食費」「交通費」「観光・娯楽費」などがあり、それぞれに、割引等の節約術はいろいろと研究されています。これらを活用すると、確かに全体の経費は削減されるため、同じ質の旅でも比較的安価で済みます。

ところで、こうした個々の費用を少しずつ削減していくという方法以外に、もう一つ、旅の目的をはっきりさせるという方法もあります。つまり、先程の宿泊費・食費・交通費・観光・娯楽費などのうち、「これだけは十分楽しみたい」と思うものの費用配分を大きくし、それ以外を徹底して節約するというものです。

この旅行節約術を、皆さん、一度試してみてはいかがでしょう。これだと経費そのものはスリム化し、かつ目的は十分果たせるわけですから、賢い方法かもしれませんね。

国内旅行節約術(交通費編)

国内旅行をする場合、次のような経費が必要になってきます。それは、「交通費」「宿泊費」「食費」「観光・娯楽費」などです。中でも交通費は、旅行節約術の中でも最も取り組みやすいものです。

一般的な交通費の節約術としては、チケットショップの活用があります。チケットショップでは、通常の価格よりも安く、目的のチケットを手に入れることができます。

また、フリーパスや周遊券、往復割引切符など、お得なチケットも販売されていますので、これを利用することも可能です。これらについては、一度JRや私鉄各社の窓口等で確認してみるといいでしょう。パックになったものなど、意外とお得な情報を仕入れることができるものです。

そのほかにも、国内旅行であれば、自家用車で高速道路を使って移動する場合もあるでしょう。あるいは、船に乗って旅に出ることも考えられます。これらも、よく調べてみるといろいろと節約術が見つかるものです。

少しの手間が大きな節約につながる――これこそが旅行節約術の神髄なのです。

航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点について

国内線であれ国際線であれ、航空券の購入から飛行機への搭乗に至るまでの間で、注意しなければならない点はたくさんあります。

その中の一つが、飛行機に搭乗する前に「携帯電話のスイッチを切る」ことです。なぜ、ここで携帯電話のスイッチを切らなければならないか、皆さんはご存じでしょうか。

それは、電源が入っている携帯電話は相当強い電波を発しており、それが飛行機の航空機器に悪影響を与えてしまうことがあるからです。

もちろん、PHS、パソコン、トランシーバー、携帯情報端末、無線操縦玩具なども、電波を発する状態にあるものについては、使用禁止になります。

また、テレビ、ラジオ、ポケットベル、ビデオカメラ、DVD/CD/MD/ビデオ/カセットプレーヤー、デジタルカメラ、電子手帳/辞書、電卓、電子ゲーム機、ワードプロセッサー、電気かみそりなどは、電波を発する状態にあるわけではありませんが、それでも念のため、離発着時には使用禁止になります。

航空機は精密機器の集積ですので、こうした厳重な対応が取られているわけです。

航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点(国内版)

国内線を利用する場合も、国際線を利用する場合も、飛行機搭乗の際にはいろいろと注意すべき点があります。その一つが、荷物の制限です。

ここでは、国内線について見てみましょう。

荷物は、窓口で預ける荷物と自分で機内に持ち込める荷物の二つに分けられます。大きな荷物は窓口で預け(重さ制限等があります。一定の重さ以上は有料)、それ以外は機内に持ち込むことができます(1人に1個までで、路線によって大きさや重さに制限があります。貴重品や壊れやすい物は手荷物に入れます)。

このどちらにおいても持ち込めないものに、可燃性物質類、高圧ガス類、火薬類、酸化性物質、引火性液体、毒物類、腐食性物質、放射性物質、その他の有害物質があります。

また、刃物類や、ゴルフクラブやバット、スケート靴など凶器になり得るものについては、機内持ち込みは不可となっていますので、注意が必要です。

搭乗の際に不快な思いをしないように、こうした点は予め十分チェックしておきましょう。

国内旅行の人気スポット――初心者が選ぶベスト5(東京編)

国内旅行の人気スポット・東京編ですが、初心者(お上りさん)の立場になってベスト5を選んでみました。それは、1.皇居、2.新宿副都心、3.東京ディズニーランド、4.上野公園、5.東京タワーです。

皇居は言うまでもなく天皇の住まいで、周囲5キロの緑豊かな場所。江戸城跡地だけあって、お堀があります。一部は入場可で、天皇誕生日や新年の一般参賀の折りには、有名な二重橋を渡ることもできます。

新宿副都心には、都庁を筆頭に、50階にもなる超高層ビルが何棟も建ち並んでいます。都庁には無料展望台が2カ所あり、そこから都内の景観が楽しめます。

東京ディズニーランドは、隣接する東京ディズニシーとともに日本でもトップの娯楽地になっています。

上野公園には、ジャイアントパンダで有名な上野動物園があります。

港区の東京タワーは、古くからの東京のシンボルです。近い将来、墨田区に、高さ600メートルを超える第二東京タワー(すみだタワー)が建設予定になっており、完成すれば、国内でも屈指の人気スポットになることは間違いないでしょう。

国内旅行の人気スポット――初心者が選ぶベスト5(大阪編)

国内旅行の人気スポット・大阪編ですが、初心者の立場になってベスト5を選んでみました。

それは、1.大阪城、2.通天閣、3.道頓堀、4.ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、5.ベイエリアです。

大阪城は、豊臣秀吉ゆかりの城として大変有名です。現在も天守閣(復元)が残っており、大阪屈指の観光地になっています。

通天閣は、大阪のシンボルタワーです。高さ100メートルのこぢんまりとした建造物ですが、周辺の「新世界」と呼ばれる一帯とマッチングして、独特の雰囲気を醸し出しています。

道頓堀は大阪ミナミの繁華街で、「食い倒れ」のイメージが定着しているように、界隈は多くの飲食店でにぎわっています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、東京のディズニーランドに対抗する大阪随一の娯楽地で、映画を題材とした数多くのアトラクションを楽しむことができます。

最後、大阪湾岸沿いのベイエリアには、近代的な建物が建ち並び、ショッピングやグルメ、数々のレクリエーションが楽しめます。

 
メニュー
旅行に忘れてはいけない持ち物
国内旅行に忘れてはいけない持ち物について
国内旅行節約術
国内旅行節約術(交通費編)
航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点について
航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点(国内版)
国内旅行の人気スポット――初心者が選ぶベスト5(東京編)
国内旅行の人気スポット――初心者が選ぶベスト5(大阪編)