様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ゴルフ

スポンサード リンク

ゴルフの歴史

ゴルフはスポーツの中でも古くからの歴史があります。

記録に残っているゴルフの歴史は、1457年にスコットランドで発令された「ゴルフ禁止令」です。

当時のヨーロッパは戦争が絶えませんでしたが、国民や兵士がゴルフばかりして、戦争に負けたり生産性が落ちるほどだったと言われています。

ゴルフは、19世紀にゴルフクラブの量産ができるようになるまでは、適当な草原に穴を開け、棒でボールをたたいて入れるという簡易なプレーでした。

人々がよく使うゴルフ場には、酒場が店を開いていたといいます。

ゴルフ禁止令の後は、国王自身がプレーをしたいために取り下げられ、ヨーロッパ、そしてアメリカに広まりました。

日本にも1900年に入るとゴルフが伝わってきました。

第二次世界大戦後、現在のワールドカップにあたる競技が東京近郊で行われたときに、日本人選手が団体・個人戦共に優勝を果たしたことで、その後爆発的なブームとなり、一気に大衆化して現在に至ります。

日本のゴルフは、その後も世界的な実力をもつ選手を生み出し続けています。

日本ゴルフの歴史

ゴルフはヨーロッパで1400年ごろ盛んになり、日本には1900年代初めに、神戸に最初のゴルフ倶楽部が作られました。

戦後に東京近郊で行われた世界的な選手が集う協議会で日本人が優勝を飾ったことにより爆発的なブームが起こり、ゴルフ場の乱開発が環境問題に発展するほど増えました。

日本でのゴルフは、他国に比べてプレーにとてもお金がかかります。

イギリスなどでは、貧乏人、子供、年金生活者など誰でもが、安い料金でキャディーなどつけずに気軽に楽しんでいるスポーツです。

なぜ日本でのゴルフはプレーにお金がかかるのでしょうか。

ゴルフ場の問題としては、日本は平地が少ないため、ゴルフ場の土地のコストがかかっていること、山にゴルフ場を作る場合の造成にも費用がかさむことがあげられます。

ゴルフ場の開発費用を調達しようと、ゴルフ会員権制度を設け、一般から集めた資金で開発する方法が成功し、ゴルフ場はどんどん開発されました。

ゴルフ会員権は、全盛期は高値で取引され、スポーツと投資による楽しみとされたことでますます企業や大衆に広まり、企業では接待ゴルフが定着しました。

現在は投資や乱開発は落ち着いていますが、開発コストや公害対策などのツケやコストの高さの影響は大きく、まだまだプレーにはお金がかかっています。

人気のあるゴルフ場とは

人気にあるゴルフ場は、プレーヤーにとって値段の手ごろさ、設備や食事のよさ、コースの魅力などさまざまな要因があります。

ゴルフ場の人気を総合すると、さまざまな要因の中でも、やはりコースに魅力があり、自然環境もいいところが上位にランキングされてきます。

何といっても戦略的なコースレイアウトや、ゆったりとした広さ、ボールを打った瞬間に映える山や海などの美しい景色はゴルフの醍醐味といえるでしょう。

コースが短く、起伏のある地形だと、練習にはいいけど、といった評価になるようです。どのコースでもドライバーはいらない、などと評価されているゴルフ場では、せっかく行っても張り合いがありませんね。

ゴルフ場は郊外にあるため、立地条件の大切です。

都心からの移動で、渋滞が少ない道、1時間程度で到着、空港からの送迎バスでの移動時間など、アクセスしやすいゴルフ場はやはり人気があります。

プロ競技で頻繁に使われているゴルフ場でも、ぜひプレーしてみたいですね。

人気のあるゴルフ場とは(ゴルフ会員権)

ゴルフ場には、開発費用を一般から集める、ゴルフ会員権という制度があり、会員になると、メンバー料金や土日の特別枠、競技会などさまざまな特典が受けられます。

ゴルフ会員権は数十万〜数千万で取引されていて、投資対象や資産運営としてバブル時期には注目されていました。

人気のあるゴルフ場会員権は、会員権の価格や年会費の高さ、首都圏からのアクセスのよさなどといった立地条件、コースの戦略性やメンテナンスの良さ、経営の母体となる企業の健全さなどが評価されます。

立地条件、会員数が少なめで予約が取りやすい、コースがいいなどの条件を備えた人気ゴルフ場の会員権は、やはり高額です。

値段が手ごろな会員権のゴルフ場は、それなりといわれています。

人気のあるゴルフ場を参考にして、自分に合うゴルフ場を探してみましょう。

交通アクセスは、混雑しない時間帯や経路を工夫したり、県によって会員権が安くても広くてよいコースがあったりします。

こうして条件を広げれば、予約が取りやすくて会員サービスが充実している、お手ごろゴルフ会員権を発掘できるかもしれませんね。

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブには、ドライバー、ウッド、ファウェウッド、ユーティリティー、アイアン、パターなどの種類があり、コースや目的に合わせて使い分けます。

ドライバーやウッドなどそれぞれの中でも、大きさや角度の切り方でゴルフボールの飛び方が変わります。1番ドライバー、9番ドライバーなどとよんで区別しています。

ゴルフクラブの種類の他に、手で持つ部分にあたるグリップにも、コードグリップ、ラバーグリップいう別があり、手に汗をかく状態や、握りの硬さの好みに合わせて選ぶことができます。

ヘッドが大きく、ゴルフボールが上がりやすいクラブは易しいと言われますが、球が上がるだけであまりよくないという面もあります。

ゴルフクラブを手にしたときに、大きさや重さに安心感を感じるなら、そのゴルフクラブはあなたに合っているのでしょう。

練習するほど、スウィングのくせなどは変わっていき、結果が出やすいゴルフクラブは変わって生きます。

ゴルフ雑誌で取り上げられて評判のあるクラブなど、その時もてはやされているゴルフクラブに振り回されず、自分に合うものを知り、選べるようになりましょう。

ゴルフクラブの選び方2

ゴルフをするには、ゴルフクラブが必要です。

ゴルフのルールでは、14本のクラブをキャディバッグに入れてプレーすることができます。

ゴルフクラブはどんなものを選べばいいのでしょうか。

ゴルフの第1打は、ドライバーで打ちます。飛距離は初心者で150ヤード程度を目安にします。

2打以降は、フェアウェイウッドというドライバーより小ぶりな形のものか、アイアンを使います。女性は、フェアウェイウッドが合う人が多いようです。

それぞれ、大きさや角度の違いで○番アイアンなどとよばれていて、フェアウェイウッドは5番と7番、アイアンは7〜9番がよく使われます。

フェアウェイウッドが苦手な人は、ユーティリティーというドライバーもあります。

ゴルフの仕上げに、いよいよグリーンに球が乗り、カップに入れようとするときに使うのが、パターです。

グリーン上ではパターを使うお約束なので、必ず必要なゴルフクラブになります。

パターは、先端の形状や、長さの違いが感覚に影響するので、自分に合うものを見つけましょう。

初心者向きには、先端がピン、マレット、2ボールなどが狙いやすいようです。

ゴルフクラブはセット販売もされていて、初めて買うときは、初心者向けセットを選ぶと失敗の少ない内容となっているのでおススメです。

ゴルフのルール(OB)

ゴルフの競技は、18ホールのコースを1日かけて回り、それぞれのホールでボールがカップに入るまでかかった打数をスコアとして競うルールになっています。

ゴルフのホールには3種類の大きさがあり、それぞれボールをカップに入れるまでの打数が決められていて、その規定打数をパーと呼びます。

パーより少ない打数でゴルフを進めると、いいスコアになります。

ゴルフのルールで初心者が最初に必要になってくるものは、ボールがなくなったり、物理的に打てなくなったときのものでしょう。

あー、よく飛んだな、と見送った先が別のホールや林の中だったり、お池にぽっちゃんということは珍しくありません。

ゴルフボールがこのようにプレー困難になることをOBといいます。

OBになってしまったら、ルールに従って、OBした地点に一番近いホールにボールを置き、そこから軽く1打してホールにボールを戻してプレーを再開します。

ペナルティーは、ホールに戻すための1打と、スコアにもう1打加えることになります。

ゴルフホールには他のプレーヤーもいるので、お互い危険のないように気持ちよくプレーしたいですね。

ゴルフのルール(打順)

ゴルフは、広いホールを18個も、1日かけて回るルールになっています。

土日など混んでいるときは、何組ものプレーヤーが順番にホールを使うので、時間に遅れないようにしたり、ボールを彼方に飛ばして他のプレーヤーを危険にさらさないなど、ルール以前のマナーには、十分気をつけたいものです。

ゴルフのプレー順序のルールは、最初のホールでは話し合って打つ順番を決めます。

始めに打つ人をオナーと呼びます。

ゴルフのホールで最初に打つ球は、ティーショットと呼ばれ、とても集中が必要なので、他の人の邪魔をしないようにしましょう。

1ホールが終わった後は、前のホールで打数が少ない順に打つルールとなっています。

同じ打数の人がいる場合は、その人たちは前のホールの打順で打つことが一般的です。

ゴルフは午前中8ホール回ったところで昼頃となり、昼食を取ります。

午後のプレー順は、前のホールのスコア順でも、話し合って決めなおしてもいいので、メンバーで相談してみましょう。

ティーショットで空振りをしてしまうこともよく起こります。

ゴルフのルール上は、空振りも1打と数えられますが、初心者の場合は、素振りとして多めに見てもらえる特別ルールもあるようです。

景色やプレーを純粋に楽しみつつも、お互いの配慮で気持ちよくゴルフをしていきたいですね。

ゴルフ用語の基礎(コースとホール)

ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。

コースやホールについてのゴルフ用語は、ショート、ミドル、ロングのホールと、パーが基本になります。

まずはこの4つを覚えて、少しずつ肉付けをしていきましょう。

ゴルフの競技は18ホールあるコースを回りますが、ホールは、ボールを打ってカップに入れるまでの規定打数が決められていて、規定打数のことをパーといいます。

パー3(3打でカップに入れる)ホールはショート、パー4はミドル、パー5はロングと言われます。

ゴルフは18ホール回るのに1日かかりますが、前半の9ホールをアウト、後半をインとも呼びます。

ゴルフ用語の基礎をマスターしたら、スコアに関係する用語もぜひ覚えてみましょう。

テレビの中継や、お父さんとの会話が弾むかもしれません。

ゴルフ用語の基礎(スコアとルール)

ゴルフ用語は、コースやホールの大きさや規定打数が骨組みになっています。

ゴルフホールは大きさによって、規定打数が決まっていて、その規定打数のことをパーと呼びます。

パーを下回る少ない打数でカップに入れらるか、を競うのがゴルフの競技です。

ゴルフボールを打ってカップに入るまでの打数が、パーより少なく済んだ場合は、良いスコアです。1打少ないとバーディー、2打少ないとイーグルと呼びます。

パーと同じ打数の場合は、パーとそのまま呼びます。

まれに、1回で見事、カップに入ってしまうこともあります。ホールインワンですね。

パーより多くなってしまった場合は、1打多いとボギー、2打はダブルボギー、3打はトリプルボギーとなります。

イーグルはなかなか出ないのでゴルファーのあこがれです。

ホールインワンは、うっかり出してしまうと、記念品や記念パーティーが必要で、とても費用がかかります。万が一のために保険も用意されているので、頻繁にゴルフをする場合は検討してみましょう。

ゴルフの練習法

ゴルフの練習は、打ちっ放しといわれる練習場を使うことが一般的です。

ゴルフの打ちっ放しでは、場所代とボール代を払い、ネットが張られた練習場の中でゴルフクラブを変えつつ、目標のヤードや方向に飛ばせるようにスウィングを練習します。

料金体系は、場所代とボール50個でいくら、といったものや、時間単位でいくら、会員制でいくらなどとさまざまな設定があるので、自宅からの通いやすさや、練習の頻度などを考えて、自分にあう練習場を選んでみましょう。

ゴルフのスウィングは、雑誌やテレビで研究することも大切ですが、プロの指導に勝るものはありません。

独学でゴルフの練習を続けている人は、自分独自の打ち易いスウィングを作り出しますが、もしかしたらそれは歪んでいて、その姿勢でボールを打ったら曲がるべくして曲がるものかも知れません。

普段はあまり思うようにボールが飛ばず、ふとした瞬間にいいボールが飛ぶという場合は、自分が正しいと思っている姿勢が間違っていることを疑って、正しい姿勢をプロのゴルファーに学んでみることを検討してみましょう。

ゴルフの練習法2

ゴルフの練習は、独学や上手な人から教わること以外に、プロに教わるという方法もあります。

ゴルフの打ちっ放しで何百球も打ち続けて練習するためには、基礎となる正しいスウィングを身に着けましょう。

ゴルフを長く我流で続けた人は、自分が一覧楽な打ち方のクセがついてしまいます。

さらに上達したいとプロについても、結果がかんばしくないという話がよく聞かれます。

変なクセがついていない初心者は、プロに教わった後のゴルフの練習で大きく力を伸ばすことが多いようです。

ゴルフを続けていて、グリップの握り方や立ち方に迷いが出たときも、プロに習っていれば思い出すことができますが、我流で続けてきた場合は、何が正しいのかもわかりませんね。

ゴルフ練習場にはいろいろなスクールがあるので、ぜひ利用してみましょう。

ゴルフ競技のマナー

ゴルフ競技のマナーで一番に考えるべきことは何でしょうか。

ゴルフはゴルフクラブを使った競技です。第一に考えるのはやはり安全確認。ゴルフクラブは金属の棒でしかも長いです。人に当たると相当痛いはず。大ケガをする可能性もあります。周りに人がいないかどうかの安全確認は必ず行いましょう。打ったボールだけでなく、小石や枝なども人に当たることがないように、周りをよくみて行いましょう。ゴルフ場に行った場合ならプレーヤーは自分だけではないので、周りの人の行動もよく見て、お互いに気を配りながらプレーしましょう。

ゴルフ競技のマナーは、ゴルフキャリアが長い人だけでなく、これからゴルフを始める人にも必要なことです。マナーを守って楽しいゴルフをしたいものですね。

ゴルフ競技のマナーとは

ゴルフ競技のマナーとはどういったものでしょうか。それは自分に正直であることです。

ゴルフはルールを守ることが大前提。あるがままのライでボールを打つのがゴルフルールの基本です。打ちにくいからと、打数をごまかしたり、ボールの位置を示すマーカーをずらしたり、障害物を取り除いたりするのはマナー違反。もちろん怒り出したりしては、他のプレーヤーにとっては迷惑そのものです。またプレーはスムーズに。後の人がつかえて困るなんてことはないようにしたいものです。

ゴルフ競技では審判がいません。プレーヤー自身がフェアプレーをしていくしかない競技です。自分に正直であることが、結果的には良いプレーにつながります。どうしたら球がうまくショットできるかなどを考えてプレーしていくのもゴルフの醍醐味です。

ゴルフ競技のマナー、あなたは大丈夫ですか?

ゴルフ場でのマナー

ゴルフ場でのマナーとしては、安全確認、他のプレーヤーに対する配慮、プレーのペースがあります。日によっては多くの人がいる場合もあります。ゴルフクラブ・ゴルフボールはどちらもとても固いもの。けが人が出ないように周りをよくみてプレーしましょう。

ゴルフ場によっては混んでいる場合もあります。時間を見ながら、遅れないようにしましょう。スタート時間の10分前にはティインググラウンド脇に集まること。スタート時間が遅れると次の組に迷惑をかけることになります。あと、おしゃべりに夢中にならないように気をつけましょう。ティショットをしている時は特に注意です。また、いっしょについてくれるキャディに最初に挨拶をしておくのもマナーの上では大切です。ラウンドをまわるときはキャディが唯一の見方。挨拶はゴルフに限らないことですが、気持ちよくプレーするうえでも、最初に挨拶はきとんとしておくと良いです。

ゴルフ場でのマナーは、プレーヤー一人ひとりの心構えが重要となります。プレーヤーの人がすべて気配り上手になってほしいものです。

ゴルフ場コースでのマナー

ゴルフ場でのマナーで大切なのはティショットの後です。ゴルフ場は芝生です。ディボットが出るのは仕方がないことなのですが、プレーヤーは後始末をする習慣を身に付けましょう。プレーの一つと考えたらよいかもしれません。自分のあとにプレーする人に迷惑がかからないようにするのはゴルフ場でのマナーであり、義務です。芝生は大切にしましょう。

ゴルフ場でのディボット跡には、できれば目土砂を入れるのがよいです。目土砂はホールごとやティインググラウンドの近くにあります。またキャディカートの目土袋の砂を借りて自分でこまめに目土するべきです。芝生は生きていますから、プレーヤーとしては芝生を大切にしてあげたいものですね。できれば目土袋を自分で持ってコースに出るといいです。ゴルフ場を使ったらきれいにして次の人に明け渡したいものです。これはバンカーのあとも同じこと。バンカーに入ったら戻るときは入ったところから戻りましょう。そして足跡はきれいにならして残さないように。

ゴルフ場でのマナーを守ることで、気持ちのよいプレーができると思います。

 
メニュー
ゴルフの歴史
日本ゴルフの歴史
人気のあるゴルフ場とは
人気のあるゴルフ場とは(ゴルフ会員権)
ゴルフクラブの選び方
ゴルフクラブの選び方2
ゴルフのルール(OB)
ゴルフのルール(打順)
ゴルフ用語の基礎(コースとホール)
ゴルフ用語の基礎(スコアとルール)
ゴルフの練習法
ゴルフの練習法2
ゴルフ競技のマナー
ゴルフ競技のマナーとは
ゴルフ場でのマナー
ゴルフ場コースでのマナー