様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 自転車

スポンサード リンク

電動自転車とは

電動自転車とは、発信時や登り坂などでペダルを踏み込む際に、電動機(モーター)により人力を補助する自転車のことで「電動アシスト自転車」と言われます。

「電動アシスト自転車」というのは、人力に付加(アシスト)して電動で動かすという意味です。

「ペダルを漕がずに乗れる自転車(漕がなくても動く)」は「フルアシスト自転車」と言われ、道路交通法上、「原動機付自転車」すなわち「原付」となりますので、公道を走るには、各種保安部品を装備した上、ヘルメットを被り、ナンバーを取得し、自賠責保険へ加入するなど、「原付」と同じ扱いが必要になります。もちろん原付免許が無ければ公道(一般道)を走ることはできません。

また、自転車とはみなされないので、自転車防犯登録も受けることが出来ません。

「電動アシスト自転車」は時速24km以上では補助率は0%になるように設計されています。

これは、法律で、電動アシスト走行による最高時速は24Km/hまでと決められているためです。(もちろん、普通の自転車と同様に自力ペダル走行により24Km/h以上のスピードを出すことは可能です。)

もちろん、電動自転車として売られている自転車でも「アシストモード」と「フル電動モード」を切り替えられるものがありますが、警察に言わせると、「フル電動モード」を使える自転車は、「原付」扱いになるようです。

最近は自転車の取り締りが厳しくなっているようですので、気をつけましょう。

電動自転車の使い方

電動自転車は、主に、遠距離を走る人や、通勤・通学などに利用されているようで、最近では安いもので3万円程度で手に入ります。

車での通勤を考えている人が、代わりに電動自転車を利用したり、いつも満員の通勤電車に乗っている人が、(普通の自転車では距離的に遠い)職場まで電動自転車を利用し、快適な通勤ライフを送っている、などという例もあるようです。

電動自転車は、モーターとバッテリーの重量で通常の自転車より10〜15kg前後重くなります。

そのため、エレベーターなどがないマンションなどで、自宅まで持って上がる、などの場合、軽量タイプを選んだ方がよいでしょう。

また、通勤通学距離が長い場合には、バッテリーが長く持つ、電動走行距離の長いタイプを選ぶと良いでしょう。最近では、走行中にもバッテリーを充電できるタイプの自転車も登場しているようです。

電動自転車には、「電動アシスト自転車」(=電動でアシストするだけで、電動のみで走ることはできない)と「フル電動自転車」(=ペダルを漕がなくても走る)の2種類があります。

電動自転車を選ぶ際には、その自転車が「フル電動自転車」なのかどうかを注意しましょう。「フル電動自転車」は道路交通法上、「原動機付自転車」にあたり、免許なしでは公道で走行してはいけないことになっています。

「原動機付自転車」として使用する場合は、「ナンバープレートの交付」を受け、「自賠責保険に加入する」などの手続きを行ってください。

2005年には、電動スクーターが「フル電動自転車」であり、方向指示器などの装備が必要なものであると知りながら「自転車」として販売した業者が、大阪府警に詐欺罪で立件される、などの事件も起こっています。

また、電動自転車のメリットとしてはバイクのようなスピードやパワーは出ませんが、普通の自転車よりはラクラク運転できます。

しかし、スピードは法律で24キロ以下と決められているため、普通の自転車で必死にこいだ場合の最高速度よりも遅くなりますし(※自分でこいだ場合は、24キロ以上のスピードを出すことは可能です)、バッテリーを使う分、自転車の重量も重くなります。

電動自転車はメリット・デメリットがあるので、用途に応じて賢く使用しましょう。

マウンテンバイクとは

マウンテンバイクとは「MTB」とも呼ばれ、荒野、山岳地帯等での高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車のことです。

1)悪路・荒地での安定のよいフラットハンドル

2)サドルの調整幅が100MM以上と広く、軽量で衝撃に強い頑丈なフレーム

3)泥づまりしにくく、制動力に優れたカンチレバー形キャリパブレーキ

4)車輪径の呼び24又は26で、幅の呼び1.5以上の太いブロックパターンタイヤ

5)ワイドレンジのチェンジギヤ(一般に18段、21段、24段、27段)

((社)日本自転車協会の「マウンテンバイク等安全基準」より)

また、外見はマウンテンバイクに似ていますが、荒れ地走行不可の車種は「MTB類形車」と呼ばれ、一般道以外の悪路や荒れ地の走行を禁じられ、安全上(社)日本自転車協会では識別するステッカーなどが貼られています。

「MTB類形車」は強度・耐久性・重量等の様々な性能面でマウンテンバイクとは比較にならない程劣り、使用されているコンポーネント等で容易に識別できると言われます。

一般に見かけるマウンテンバイクの多くは「MTB類形車」であると言われています。

マウンテンバイクの楽しみ方

マウンテンバイクをスポーツとして楽しむ人は増えており、国内での年間販売数も30〜60万台。累計では500万台を越えているそうです。((社)日本自転車協会・調べ)

マウンテンバイクは様々な楽しみ方ができます。

シティユースから、サイクリング、オフロード走行、など。

マウンテンバイクは元々、オフロード用に頑丈な作りをされたものですが、市街地でも、段差や障害物に強い、という理由で、マウンテンバイクを好んで使う人もいます。

日本では、1980年代後半に第1次マウンテンバイクブームが訪れ、その後のアウトドア・ブームとともに、レジャーとしての認知度が高まりました。また、その後、マウンテンバイクでのレースなども開催されるようになり、スポーツとしての認知度も増していきました。

「シティユース」

市街地では、日常の通勤・通学・買い物などの足として使用します。マウンテンバイクの操作性・性能を生かし、段差や路面のデコボコなどを気にせず走ることができます。

「ツーリング」

都会を離れ、郊外に出て長距離を走破したり、自然の中の林道などを、自然を満喫しながら長距離ツーリングを楽しみます。

すばらしい自然や景色の中、マウンテンバイクならではの、爽快な走りを体験できます。

初心者の方は、ガイドありのツアーに参加するのもよいでしょう。

「レース・コンペティション」

小規模の大会から、全日本クラスの大会まで、様々なレベルの大会があり、スポーツとして楽しむことができます。

代表的な競技種目としてはクロスカントリー(1周6km以上の舗装されてない山道や坂道などの標高差のあるコースを周回する事で順位を競う)、ダウンヒル(山岳斜面に作られた下りのシングル・ダブルトラックを走行し、そのタイムによって優劣を競う。最も危険)、デュアルスラローム(2本の旗の間をマウンテンバイクで通り抜け、タイムを競う )などがあります。

自転車の防犯登録とは

自転車には、法律により「自転車防犯登録」が義務づけられています。

自転車の防犯登録は、平成6年6月から施行された、自転車の盗難や、駅前の放置自転車の対策が目的の法律「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」によって定められています。

日本では、年間40万台以上、東京都内だけでも6〜7万台が盗難に遭っています。しかし、現在では低価格の自転車が増えたこともあり、盗難届けを出さないケースも多く、実際にはもっと多くの自転車が盗難に遭っていることが予想されています。

自転車に使われているシリンダー錠は壊すのが容易なものもあり、また、自転車は重量が軽いので盗難が可能です。低価格の自転車は乗り捨てられて放置自転車化されることが多いが、高級自転車は盗難後、分解されて、ネットオークションなどで売られることが多いと言われています。

自転車の防犯登録は、自転車を購入した販売店(「自転車防犯登録所」)で登録することができます。

「自転車防犯登録所」とは、各都道府県毎に、公安警察の指定の元で、各都道府県の警察によって定められた防犯協力会の指定の販売店が行っています。

登録料として、一般的に500円が必要となります。

登録の手続きをすると、登録カード控えをもらうことができるので、大切に保管しましょう。住所変更や、他人に譲渡する際に必要になります。

自転車の防犯登録には、「自転車の本体」「(健康保険証、運転免許証など)氏名・住所などが確認できる証明書」「(自転車が、その販売店で買ったものでない場合)その自転車を購入した、または譲り受けたことがわかる保証書、譲渡証」が必要となります。

「自転車防犯登録」を行わない場合の罰則はありません。しかし、「自転車防犯登録」をしていれば盗難などの被害に遭った場合、自転車が戻りやすくなります。

自転車を購入する際はもちろん、友人から自転車を譲り受けた場合なども、必ず防犯登録を行いましょう。

自転車の防犯登録こんなときは?

自転車の防犯登録。通常は、自転車の購入時に販売店で登録してもらえばOKですが、以下のような時はどうしたらよいのでしょうか?

「自転車が盗まれたときは?」

控えてある防犯登録番号を持って、近くの警察署、または交番に被害届けを出しましょう。

自転車が発見されると、登録番号もしくは車体番号から持ち主を特定して所有者に連絡が行きます。

防犯登録をしていないと、盗難車が発見されても、自分の自転車であることを証明できません。

「駅前などで自転車を撤去されてしまったら?」

防犯登録をしていれば、連絡が来るので安心です。

「自転車を人から譲り受けたときは?」

自分の身分証明書を持って、近くの「自転車防犯登録所」で登録の手続きをしてください。

新たな防犯登録番号で新たな所有者の名前等を登録されます。

この場合、登録手数料が新たにかかります。

「引っ越した時は?」

近くの自転車販売店で、防犯登録カードの控えを持って変更の手続きをしてください。

尚、他の都道府県に引っ越した場合は、新規に登録の手続きが必要となります。

自転車は、正しく防犯登録をして、安全に乗りましょう。

また、盗難に遭わないためには、防犯登録をちゃんとするだけではなく、鍵を二重にかける、などの対策も効果的です。

サイクルスポーツの種類

「サイクルスポーツ」には色々な種類があります。

プロスポーツとして有名なところでは、「サイクルロードレース」。ドロップハンドルをつけた「ロードレーサー」と呼ばれる自転車で行われます。

世界では、「ツール・ド・フランス(フランス一周)」や「ジロ・デ・イタリア(イタリア一周)」、「ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン一周)」などのロードレースが有名。

日本では「ツアーオブジャパン」「シマノ鈴鹿ロードレース」「ツール・ド・北海道」「ジャパンカップ」などが有名です。

それ以外にも、年に一度の世界選手権、ワールドカップも行われています。

また、陸上競技のように、競技場の中を周回する「トラックレース」。世界選手権やオリンピックの種目にもなっています。世界選手権では、中野浩一が1977年からスプリント種目で10連覇の優勝を成し遂げました。

また、日本の公営競技である競輪も、トラックレースの一つです。

その他にも専用のBMXサイクルを使用する「BMX(バイシクルモトクロス)」。ダート(土)の上で競争する「レース」と色々な技を競う「フリースタイル」があります。

「BMX」の「フリースタイル」では、自転車を使って驚くようなトリック(技)を繰り出す「フラットランド」、ヴァーチカルランプと呼ばれる両側が垂直に立ち上がっているU字型に組まれた大きな台を往復して、台から飛び出した空中で技を繰り出す「ヴァート」などが有名。

その他のサイクルスポーツでは「シクロクロス」「マウンテンバイク」「バイシクルトライアル」「サイクルフィギュア」などがあります。

その他、変わったところでは「サイクルサッカー」。1チーム2人が自転車に乗って行う、サッカーに似た球技です。主に前輪を使ってボールを扱い、パス、ドリブル、シュートなどを行います。

また、「水泳・自転車・マラソン」を連続で行う「トライアスロン」も変わりどころです。

サイクルスポーツの楽しみ方

アマチュアでも楽しめるサイクルスポーツでは「ツーリング」。「サイクリング」とも言われるが、時間を競わない点がロードレースとの違いです。

日本でも、1950年ごろからサイクルスポーツの人気が高まり始め、1964年には「財団法人日本サイクリング協会」が設立されました。また都道府県にもサイクリング協会が設置され、各都道府県にはサイクリングロードも開設されています。(全国で約110箇所)

海外でのサイクリングイベントでは「ホノルル・センチュリーライド」が有名。

1981年以来毎年9月に開催され、ハワイの美しい風景を満喫しながら完走を目指すこのイベントは、最長100マイルで、各自の脚力に応じて距離を選べるのも特徴。

2003年の大会より、日本航空がスポンサーを努めたところから、客室乗務員のグループほか、片山右京、忌野清志郎などの有名人も参加しています。2005年度は日本人1985名が参加(全参加人数の約60%)。近年ますます人気が高まっています。

また、国内でも地域ごとに様々なサイクリング大会が催されています。

知多半島の先端にある美しい島、日間賀島を周回する「エンデューロレース」や、秩父と渡良瀬の「サイクルトレイン」など、美しい自然と空気の中、サイクリングを楽しむイベントに、人気が集まっています。

国内のサイクリングイベントは、「財団法人日本サイクリング協会」のサイトでも調べることができます。小学生から参加できる大会もあるので、家族連れでぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

尚、サイクルスポーツで大切なのは、自転車のメンテナンス。専門的に楽しむようになると、自転車のメンテナンスを自分でできるようになることも大事です。

様々な書籍や、インターネットで情報が提供されていますので、安全に楽しく、サイクルスポーツを楽しみましょう!

子供用自転車

「子供には、自転車の前にまず三輪車を」――こんなふうに思われている方も多いと思います。しかし、実は三輪車はその構造上、自転車よりも乗るのが難しいのです。しかもブレーキもないため、特に坂道ではとても危険。どんな子でも、いずれは自転車に乗るわけですから、いっそのこと三輪車はやめて、小さな子供用自転車にしてみてはいかがでしょうか?

子供用自転車は、最小で12インチから。前後にブレーキが付いていて、かつ補助輪付きの自転車なら、三輪車よりもずっと安全ですし、早いうちに自転車に慣れることができます。

子供にこれから三輪車を与えようとお思いの方は、12インチの子供用自転車も検討してみたらいいでしょう。

子供を自転車に乗せる際の注意

子供を自転車に乗せて走っている人は、昔から多く見かけます。しかしちょっと待ってください。あなたの子供の乗せ方は、安全上、問題はないでしょうか。

子供は荷物とは違いますから、動きもすればケガもします。子供を自転車に乗せる際は、例として、以下の点に留意してみたらいいでしょう。

・子供の年齢:「動かないで」「つかまって」など、大人の言葉を理解できる3歳くらいからがいいでしょう。

・子供が眠くなる時間帯は避ける:眠ってしまった子供を片手で支えながら走るのは事故の元です。

・「子供乗せ」を使う:「子供乗せ」を使うと、子供を比較的安全に乗せることができます。

・子供の体重に応じて乗せる場所を変える:前に乗せる方が目が届きやすいですが、体重の重い子供を前に乗せると、ハンドルを取られることも。

・子供を後ろに乗せるときは、子供が落ちたり後輪に手足を巻き込まれないよう注意する。

自転車に子供を乗せることは、様々な危険が伴う行為には違いありません。このほかにも、子供や保護者の条件によって、いくつか留意点はあるとあると思いますが、いずれにしても、自転車に子供を乗せる際は、くれぐれも安全に気を配りたいものですね。

「子供乗せ自転車」という、子供を乗せるための工夫がなされた専用の自転車も売られています。必要な方はこちらも検討してみたらいいでしょう。

ロードバイクとは

ロードバイク(Road Bike)とは、ロードレーサー(Road Racer)とも呼ばれるようで、ツール・ド・フランスといわれる自転車レースに使われる自転車のこと。ロードバイクは整備された道路を走行するのに最適化された自転車です。

ロードバイクは自転車の中では最も軽くできており、長距離はもちろん、スピードを出すのにも適しています。また、車体が軽いので、段差のあるところなどは、担いで乗り越えることも可能です。車で走行してると、たまにロードバイクで軽快に走っている人たちを見かけますね。

ロードバイクを初めて購入するときは、必ず適正なサイズのものを選ぶこと。自転車ショップに行って実際にロードバイクに跨り、ポジションをとってみましょう。可能なら試乗して自分のフィーリングにあったものを見つけてください。

ロードバイクについて

ロードバイクは、自転車の中では最も軽量タイプのものです。6kgから8kg程度の車体に細いタイヤをつけたロードバイクは、長距離走行などはお手の物。整備された道路を走るには快適です。中には30kmから40kmぐらいの通勤距離をロードバイクで通っている方もいるようです。

ロードバイクはカラダを動かすので、健康にもよいですね。ロードバイクをはじめるきっかけは人それぞれですが、休日の合間に遠乗りやレースに参加される方も多いです。ロードバイクだと、きれいな景色のところで止まることができるのもいいですね。ちょっとした小旅行もロードバイクだと気軽に行けます。

ロードバイクは普通の自転車と比べてかなり高額です。値段は約10万円ぐらいからあります。初めてロードバイクを購入する場合、お店の人のアドバイスを聞いて、自分に合ったサイズのものを見つけましょう。他には、ウェアやメンテナンス用品などの費用も必要となってきます。ロードバイクを始めてみようと思う方は、店員のアドバイスはもちろんのこと、クチコミサイト等を利用するのも良いでしょう。

自転車でバイク旅行

自転車のバイク旅行をしてみませんか? 出発から家に帰ってくるまでを自転車を使っての旅行です。ベテランなら世界をまたにかけてバイク旅行する人もいるでしょうが、初心者なら、まずは日帰りから。目的地まで何キロぐらいかを割り出して、予定をたてるのも楽しいです。

バイク旅行の目的地が決まったら、地図でいろいろと調べたり、目的地近辺にはどういった所があるのかも把握しておけば、「せっかくだから他のところも回ってみようか」ということもできます。景色のいいところですぐに止まれるのも、バイク旅行ならではのもの。気に入った景色をデジカメで撮ってブログにアップしている人もたくさんいますね。

バイク旅行で特に必要な物は、走行距離にもよりますが、自転車修理道具、自転車部品予備(特にチューブ)、道路地図、雨具、デジカメといったところでしょうか。自転車はどこで故障するかわかりませんし、近くに自転車屋があるとも限りません。自転車のメンテナンスは自分でできるようにしておくことは絶対必要ですね。

バイク旅行と自転車

バイク旅行というと、オートバイなどの自動二輪かなと考えますが、自転車を使ったバイク旅行もあります。自転車は自分でこがないといけないので、バイク旅行となると体力が勝負です。いきなりは厳しいので、バイク旅行を目標に、身近なところからまずは計画をたてて自転車を乗りこなしていくことが大切です。

バイク旅行は、季節の移り変わりや自然を肌で感じることができます。おまけに自転車だと排気ガスを出すこともないのでエコロジーです。また、道路だけでなく、車が通れないところも走行可能というのは、自転車ならではですね。

バイク旅行を自転車でする際、トレーニングをしていけば筋力がおのずとついてきます。健康にもいいですね。また、自転車でのバイク旅行は年齢制限もありません。バイク旅行を趣味にしている方も大勢います。グループでツーリングにいったり、あるいは一人で旅行したりと、自分にあったスタイルで楽しむことができます。バイク旅行に興味がある方は、ぜひトライしてみてください。

 
メニュー
電動自転車とは
電動自転車の使い方
マウンテンバイクとは
マウンテンバイクの楽しみ方
自転車の防犯登録とは
自転車の防犯登録こんなときは?
サイクルスポーツの種類
サイクルスポーツの楽しみ方
子供用自転車
子供を自転車に乗せる際の注意
ロードバイクとは
ロードバイクについて
自転車でバイク旅行
バイク旅行と自転車