様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 交通

スポンサード リンク

新幹線と飛行機のどちらがトクか

新幹線と飛行機の比較をした場合、同じ目的地に向かうとして、どちらを利用した方がトクだといえるでしょうか?ここで着目すべき点は“時間”と“料金”。

時間について新幹線と飛行機の比較をするならば、飛行機の方が圧倒的に早いといえます。

例えば、東京から福岡まで旅行するとして、新幹線の場合は最速の「のぞみ」を利用しても、およそ5時間。

一方、飛行機を利用する場合、羽田空港から福岡空港まで1時間45分程度と、所要時間は新幹線のおよそ3分の1。

東京から羽田空港までの移動時間を40分として計算しても、新幹線の半分しかかかりません。

逆に、料金について新幹線と飛行機の比較するなら、先ほどと同様、東京から福岡まで旅行する場合で、新幹線ならば自由席でおよそ2万円。全区間グリーン車を利用して、快適な旅行を楽しんだとしても3万円弱です。

ところが飛行機の場合は、羽田空港から福岡空港まで、およそ3万5千円。新幹線のグリーン車を利用した場合よりも割高であり、自由席を利用した場合の1.75倍にもなります。

結局、新幹線と飛行機の選択とは、同じ目的地に向かう場合、旅行の際に費用と時間のどちらを優先するかの選択ということになり、それはその人の好みや目的による――ということになるでしょう。

急ぐ旅行ならば飛行機、旅行費用を安く上げるなら新幹線、ということになります。

(ただし、“格安チケット”を利用する場合は、飛行機でも新幹線より安くなる場合があります)

新幹線と飛行機の比較

新幹線と飛行機の比較をしてみましょう。スピードの面では、飛行機の方が圧倒的に優れています。

ところが、飛行機は空港までの移動に時間がかかる場合があり、また登場の際のチェックインなどの手続きも煩雑です。

一方、新幹線は、乗車駅までのアクセスが比較的容易であり、乗車までの手続きは改札のみ。

しかも飛行機に比べて本数が多く、自由席に座る場合、発車時間をあまり気にせず利用できるという利点もあります。

料金面では、新幹線の方が優れており、グリーン車を利用して快適な旅行を楽しんだとしても、飛行機の料金よりも安上がりになります。

(しかし、“格安チケット”を利用するなら、新幹線なみの料金で飛行機を利用できる場合があります)

これらを合わせて新幹線と飛行機の比較をするなら、比較的近距離の旅行であれば、新幹線の方が便利であり、遠距離の旅行になればなるほど、飛行機の方が便利である、ということになるでしょう。

実際、首都圏から新幹線でかかる時間が約3時間を超えるエリアに行く場合、飛行機の方に旅行客が流れていく傾向があるといわれています。

新幹線と飛行機の比較をすると

新幹線と飛行機の比較をすると、陸路と空路という、交通の場所の違いがまず挙げられるでしょう。高所恐怖症の人、墜落事故が怖い人は飛行機に乗るのは勇気がいるというより恐怖でしょう。実際に飛行機で不時着水、胴体着陸を経験したりでもすると、トラウマものです。

新幹線と飛行機の比較をすると、飛行機はハイジャックというものがありますが、新幹線は新幹線ジャックというものがまずありません。トム・クルーズが東海道新幹線をジャックしたことがありますが、これはファンイベント。東京−大阪間を2時間半、ファン150名だけで感激の貸切。ジャックというより、チャーターでしょう。飛行機がハイジャックされると、凶悪な場合、アメリカ同時多発テロ事件のようなことが起こります。乗客・乗員は全員死亡、世界貿易センタービルは崩壊、総死者2973人といわれる大惨事でした。

そもそも、日本固有の高速鉄道システムである新幹線と飛行機の比較をするとき、日本の治安の良さ、技術の高さもあって、「新幹線の安全神話」がよく挙げられます。40年以上、新幹線のシステム的起因で脱線はあっても死者が出ていないという事実は、驚異的ですらあります。一方、新幹線はじめ鉄道に向かって投身自殺をする人はあとを絶たず、そのため死体が散乱するばかりか、ダイヤが乱れ、何万という人に影響を与えることはよくあります。

航空関係の専門家によると、飛行機で毎日1往復していても、事故に遭うのは438年に1度程度なんだそうです。新幹線と飛行機の比較は、時間と料金の比較で可否を決めることが多いようですが、乗ったあと、この便で事故に遭わないかな、とつい思ってみることもあるはず。しかし、実のところ、新幹線や飛行機で事故に遭う確率は低いので、あとは運を天に任せるのみ、ということでしょう。むしろ、自動車事故の方が確率は高いのです。

新幹線と飛行機の比較

新幹線と飛行機の比較。日本の新幹線は国内のみ、しかも、沖縄や北海道へは通っていません。九州も一部です。飛行機だと、沖縄や北海道、そして海外の都市へ行けます。外国へ行くなら、飛行機か船しかありません。カバーしているエリアが違うのです。

国内の場合、新幹線と飛行機の比較は、各種乗り換え案内ソフトでお手軽にできます。ヴァル研究所の「駅すぱあと」。駅前探険倶楽部の「駅探エクスプレス」。ジョルダンの「乗換案内」。料金・時間・乗り換え回数そのほか、いろんな条件でコース選択が可能です。インターネットで無料検索できるようになってから、随分コース選択が楽になりました。有料版は無料版に比べ、細かい比較検討ができるのでより便利です。

新幹線と飛行機の比較点としては、窓から見える景色の違いも挙げられるでしょう。飛行機より新幹線の方が、搭乗チェックがないこともあり、気軽・のんびり感があります。東海道新幹線で、畿内から浜名湖あたりに出ると、ずいぶん雰囲気が違うことに気づかされます。短時間でどんどん視界が変わるのは、楽しいものです。駅弁を楽しみにしている人もいるでしょう。その点、飛行機は空や雲の景色。また、はるか下方の河や山脈の雄大さに、機内食をいただきながら息を呑む人もいるでしょう。

新幹線で病気になったという話はあまり聞きませんが、飛行機では、エコノミー症候群(エコノミークラス症候群・旅行血栓症)、航空性中耳炎といった症状が出ることがよく知られています。新幹線と飛行機の比較をするときは、そのときの健康状態や、気分も考えてみたいものです。

 
メニュー
新幹線と飛行機のどちらがトクか
新幹線と飛行機の比較
新幹線と飛行機の比較をすると
新幹線と飛行機の比較