様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 能力開発

スポンサード リンク

速読について

速読とは、書籍などの文章を読むスピードを格段に速める読書術のことで、能力開発のひとつとして近年注目を集めています。

速読は「斜め読み」「飛ばし読み」と誤解されることが多いですが、そういう気ぜわしいものではありません。通常の文章の読み方は、文字のひとつひとつをなぞって読んでいますが、これは言語能力を司るといわれている左脳を使った読み方といえます。

速読といった場合の多くは、読むときに右脳を活用することを提唱しています。通常の文字を追いかける読み方ではなく、文字が書いてあるそのブロックやそのページ全体を風景のように視覚的にとらえるわけです。

このような速読は、空間把握や感覚的なものを司るといわれている右脳を活用して文章を読み(視読し)、その内容は左脳で理解する(処理する)というところから、(右脳と左脳の)「ジョイント式速読法」と呼ばれてもいます。

速読をマスターすることで、わたしたちは多くの読書をこなすことができる=情報処理ができることとなります。近年コンピューターの情報処理能力は格段の進歩をしています。しかし、コンピューターが処理した情報に目を通し、理解し、活用するのはわたしたち自身。速読は、その「目を通し、理解し」の部分で大いに役に立つ能力開発といえるでしょう。

速読について2

速読の中でも、「文章を風景のように瞬間的に視て(視読して)理解する」という、いわゆる「右脳で視て左脳で理解する(処理する)」方法は、まず文章をブロックで(数行まとめて)みれるように訓練します。

通常の読書では、文字を一文字ずつ追いかけているわけですから、その追いかけるスピードをアップすることで対応しようとしますが、速読では右脳的に視れるようになっていきます。速読は、能力開発・右脳開発のひとつといえます。

速読のこの「ブロック読み」ができるようになるだけでも、相当のスピードアップがはかれます。加えて脳にある「ウェルニッケ中枢」は、「言語中枢」とよばれ、ニューロンの結びつきにより記憶、知覚、認識、運動などの各領域と繋がっており、活性化されるとそれは全脳に及ぶといわれています。

速読で文章を高速で「視る」訓練をしてその能力をアップさせると、他の「理解する」「思考する」という能力も開発されるということですね。

速読は、こういった能力開発(右脳開発)系アプローチばかりとは限りません。読書する時の姿勢を良くすることで視野が広くなり、一度に視る文章の量も増え、速読に効果的という提唱もされています。姿勢を良くすることは健康面に限らず、どのような場面でも効果的ですね。

速聴について

速聴とは、速聴機を使用して音声を通常より速いスピードで聴くことです。音声を通常の2倍から3倍の速さで聴くことで、脳に刺激が与えられて活性化し、能力開発がなされるといわれています。

速聴のポイントは、わたしたちの脳のウェルニッケ中枢に刺激を与えることです。ウェルニッケ中枢は「言語中枢」と呼ばれ、ここに情報が入ってくると、わたしたちはそれを復唱(追唱)するという性質があり、その追唱する行為によって意味を理解するといわれています。

速聴は、この復唱スピードをあげることに効果的であり、その結果、記憶力・理解力・集中力・判断力等が格段にアップするといわれています。

速聴で気をつけなくてはいけないのは、聞き取れるほどのスピードの音声であるということです。聞き取れそうな音声だから「何をいっているのだろう」と関心をもち「聞き取ろう」と頑張るのであって、速すぎて聞き取れない場合は「雑音」と判断して聞き取ろうとしなくなります。つまり、スピードをあげすぎても能力開発はなされないことに注意しましょう。

速聴を始めた不慣れな頃は、2倍・3倍速にこだわるのではなく、無理せず1.1倍でも1.5倍でもいいからスタートして、徐々に再生スピードをあげていくという工夫が必要でしょう。

速聴について2

速聴とは、通常のスピードより速いスピードで再生した音声を聴くことによって脳を活性化することです。

人間の脳は通常はわずか3%しか使われず、残り97%は眠ったままといわれます。この脳に情報という刺激を与えることで、脳神経細胞同士のつながりであるシナプス結合が密になりはじめ、脳の活性化・能力開発が可能となるといわれています。

速聴は、言語中枢を司るウェルニッケ中枢に刺激を与え、理解力・判断力アップに大変効果的といわれています。

速聴でチェックしたいことは、その速聴で再生される情報がどんなものかということです。わたしたちは情報に左右されるところが大いにあります。悲観的で暗い情報ばかりをきいていれば、その人の思考パターンも悲観的になっていくものです。速聴でパワフルに能力開発されたところに、そんな情報が入ってはたまったものではありません。

速聴にチャレンジする方は、再生スピードももちろんですが、自分が前向きになるような情報かどうかのチェックもしてくださいね。

フォトリーディングとは

フォトリーディングとは、文字通り、フォト(写真)を撮るように毎秒約1ページのスピードでリーディングしていくことです。

フォトリーディングができると凄いですね。200ページの本も200秒、約4分で読めてしまう計算になります。フォトリーディングでは、実際にはその約4分で本の内容を細部にわたって説明できるとまではいかなくても、その本の要約はできるようになるといわれています。

大方の読書において、通常は要約ができれば十分なもの。フォトリーディングは、忙しい社会人にとって時間の節約になる効果的な能力開発といえます。

フォトリーディングは、本を「速く読む」ことに重点を置くのではなく、その本から「情報を速く引出す」ことにあるといわれています。したがってフォトリーディングでは、「その本から何の情報を得たいのか」という本を読む目的が重要になってきます。

フォトリーディングは、右脳のもつイメージ力を活用するものです。フォトリーディングは、左脳に偏った「読書」ではなく、左脳と右脳の役割の違いを踏まえて脳の全部をバランスよく活用し、必要な情報を「本から引出す」方法なのです。

フォトリーディングについて

フォトリーディングというのは、本から必要な情報を速く得るための能力開発法です。

フォトリーディングでまず重要なことは、この本から何を得るのかという明確な目的を持つことです。

フォトリーディングの特徴は、「文字を決して読まないこと」にあります。文字を読まないために、文字と認識できない視野(周辺視野)で本を眺める=右脳でフォトフォーカスすることがポイントとなります。

フォトリーディングは概ね次のようなステップで行われます。

○ミカン集中法を行って、リラックスするとともに視覚を司る脳の部分を活性化する。

○本のタイトル・表紙・目次・奥付・索引・作者プロフィールをざっと確認、本を全頁ざっとめくって全体のイメージをつかむ(目安、1分間)。

○両人差し指の指先をくっつけて、ソーセージに見える「第三の指」が見える状態で、本の頁を2秒に1回のペースでめくっていく。この時、視野における本の割合は4割以下でないと、文字を読んでしまっているので注意。

○この本から得たい質問を作り、答えのありそうな頁をめくってみる。気になった部分が「答え」。(この前に、全頁をめくって「復習」をする、いったん離れて一晩何もしないという提唱もあり。)

○マインドマップというメモも有効。さらに物足りなく感じた人は、この後に高速リーディングする。

コーチングとは

コーチングとは、その人が達成したい目的を達成するのをサポートすること(またはする人)です。コーチングは、その人が本来持っている能力や可能性を、最大限に発揮できるよう相手を促す能力開発のひとつの方法といえます。

コーチングの基本的な考え方は、「答えは、その人自身がもっている」ということです。自分が答えを持っているのであれば、コーチングなど必要がないと考えがちですが、わたしたちはなかなか自分の考えていることが自分でわかっていなかったり、わかってもそれを実行できなかったりします。

コーチングにおいては、自分がどうしたいか、そのための問題点は何か、どうすれば達成できるか等々を、クライアントに対して質問する形でコミュニケーションをとっていきます。クライアントは、その質問に答える中で、問題点を把握し整理し、その解決方法等を自ら発見していけるようになるのです。

このためには、クライアントが自由に安心してコーチングのコーチと話せるというのが大前提といえます。さらにコーチングのコーチは、クライアントに「達成できる」という自信とやる気をもたせ、そのやる気を継続させていく必要があります。

コーチングについて

コーチングとは、相手の本来持っている能力を最大限発揮して目的を達成できるようにサポートする、能力開発のひとつです。

部下をもつ組織の上司・会社経営者等のリーダークラスの人たちは、上になればなるほど相談相手がいないというのが世の常ですから、コーチングの需要は多いといえます。コーチとのコミュニケーションの中で、問題点が整理され、いいアイディアも浮かぶことでしょう。さらにリーダー自身がコーチング能力を身につけることで、部下の能力を引出すことも可能となります。

コーチングを受けたからといって、目的達成がすぐ可能になるともいえません。わたしたちは思いついたことを全てすぐ行動に移せるわけではないので、その溝の部分をコーチングのコーチは管理していく必要があります。

コーチングのコーチには「馬車」という意味があります。コーチは目的地まで安全につれていってくれる「馬車」ではありますが、行きたい方向や行きたい道を決め、道を行く上での障害物(=自分の欠点も含まれる)を見つけていくのは、馬車に乗った人=クライアントです。

したがって、「コーチにおまかせ」の依存するタイプや、自分の内面を見るのが嫌というタイプの人は、コーチングを受けても目的達成は難しいといえるでしょう。

NLPとは

NLPとは、神経言語プログラミング(neuro-linguistic programming)の略で、1970年代にアメリカのリチャード・バンドラー氏とジョン・グリンダー氏によって体系化された能力開発法のひとつです。

NLPのモデルとなったのは、当時天才的といわれた3人の心理療法家、ゲシュタルト療法の創始者フリッツ・パールズ、家族療法のヴァージニア・サティア、催眠療法家ミルトン・エリクソンです。彼らの患者とのコミュニケーション方法をモデル化して、相手とのコミュニケーションをスムーズにし、信頼を得る方法として確立していったのがNLPです。

NLPによるコミュニケーションの取り方は、相手が主にどの感覚を使って反応・行動しているかを判断し、その感覚に訴えることで相手とのコミュニケーションをスムーズにするというものです。

NLPでは、たとえば相手が視覚を主に使っている場合は、視覚に訴える形で情報を発信すれば(言葉でいうより図を描いて伝える方が)うまく伝わるとして、そのような行動をとります。

NLPが活用される場面は多く、病院、学校、セールス、上司と部下、家族関係等々、ありとあらゆる人間関係において有効なものです。

NLPについて

NLPとは、短時間で相手との信頼関係を構築できるコミュニケーション方法として、近年注目をあびている能力開発法のひとつです。

NLPの基本的な考え方は、「人間の反応・行動は、小さい頃からの経験の積み重ねによってプログラミングされている」ということです。そのプログラミングによって個々人の反応や行動は異なるし、また悪い「プログラミング」の場合は「プログラミングを書き換え」でより良い自分にしていくという考え方をします。

NLPの開発者であるグリンダー氏とバンドラー氏は、眼球の動きで、その人が主にどの感覚を使って反応・行動しているかを分類しました。

・眼球が右上に動く:視覚(イメージ)

・眼球が左上に動く:視覚(記憶)

・眼球が右横に動く:聴覚(イメージ)

・眼球が左横に動く:聴覚(記憶)

・眼球が右下に動く:触覚・身体感覚

・眼球が左下に動く:自分との対話

NLPでは、まず相手を観察してどのタイプかを判断し、それに即した方法で情報を提示することで、相手とのスムーズなコミュニケーションが図れるのです。

右脳開発とは

能力開発といえば右脳開発といわれるくらい、右脳開発はとても注目をあびています。

右脳開発が注目される理由としては、

・「人間は普段左脳しか使っていない」といわれていること

・「右脳は左脳に劣らないどころか、その何百倍もの能力をもっている」といわれていること

が挙げられます。

右脳開発を考える際におさえておきたいのは、右脳と左脳の違いです。左脳は言語脳とも呼ばれ、言語・表現力・論理性・意識・ストレスといった特徴があります。一方右脳は「イメージ脳」と呼ばれ、イメージ・創造性・ひらめき・無意識・リラックスといった特徴があります。

右脳開発で代表的なものには速読があります。文字をひとつずつ追いかける普通の読み方は、左脳的読み方です。右脳のイメージ力や絵的処理(文字をひとつずつ見るのではなく、まとめて見る。写真のように記憶する)を活用して、驚くほど速く読むことができたりします。

右脳開発は、誰しも右脳をもっているわけですから、誰でも可能です。ぜひ右脳開発をして、人生を何百倍も充実して過ごせるようにしたいですね。

右脳開発について

右脳開発は、速読や速聴といった昨今の能力開発法においては、欠くことのできない主役的存在です。現代人の脳の活用部位は、ほとんどの場合左脳に偏っており、右脳をほとんど活用していないといわれています。

右脳開発の第一歩は、イメージ力の開発です。右脳の特徴にイメージ力があるわけですが、このイメージ力は、現実に現象を動かす力となるものです。よって右脳開発でイメージ力をより磨くことによって、願望成就などができるようになるわけです。

その昔、人類の祖先といわれるネアンデルタール人の時代は、右脳を活用していたといわれます。男たちが森に狩りに行き、女たちは家で瞑想し、瞑想において獲物を得た瞬間に、森で男たちも狩りで獲物を得たといわれています。

右脳のイメージ力は、スポーツ選手たちのイメージトレーニングにも活用されています。右脳開発は、左脳に偏りすぎた現代人の「能力開発」というよりは、むしろ「能力回復」なのかもしれませんね。

 
メニュー
速読について
速読について2
速聴について
速聴について2
フォトリーディングとは
フォトリーディングについて
コーチングとは
コーチングについて
NLPとは
NLPについて
右脳開発とは
右脳開発について