様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力

スポンサード リンク

視力回復

視力回復とは、文字通り低下した視力を回復させることです。日本のメガネをかけている人口は、6000万人ともいわれています。これだけの人間がメガネのお世話になっているとしたら、視力回復は確かに関心の高い話題といえるでしょう。

視力を含め、わたしたち(の身体)は日々変動しています。視力に自信のある人も、パソコンなどの作業をしすぎた時は、やはり普段より見え難く感じるもの。

視力は、午前より午後の方が低下しています。これは眼のレンズ・水晶体を伸び縮みさせる毛様帯筋が疲れてきて働きが鈍くなるためとのこと。メガネを作る時は、午前に視力を測定しないと、度のきついメガネを作ってしまうことになりますね。

しかしこれは、午後に低下した視力も、翌日の午前には回復しているということを意味します。つまり、低下した視力も、それが固定化しなければ何もしなくても、すぐ回復できるということですね。

視力回復は、お早めに。

パソコン作業やゲームなどを長時間する時は、1時間に10分程度休憩して目を休ませると良いとよくききます。「そんな休憩、かったるい」などとつい思ってしまいますが、そういった日々のちょっとした気遣いが、視力回復のために最も簡単で効果的な方法といえます。

視力回復2

視力回復というのは、視力の悪い人にとっては本当に重要なことですね。

視力回復させる方法の代表例は、視力を補強するために眼鏡やコンタクトを使用すること。また、視力そのものの回復法としては、目の治療・手術等を施す医学的な方法。そういった医学的な方法以外にも、視力を回復させるトレーニングを試みる、視力回復に効果的というサプリメントや食物を摂るといった方法などがあります。

視力回復のために、日常的にできるちょっとした方法があります。視力回復の本によく載っていますが、両手をこすって熱くなったら目に当てて、眼球を左右に10回、上下に10回、左回りに10回、右回りに10回動かすことです。手をこすりあわせることで、手の中央部分にいわゆる「気」が生じ、その気の力が視力回復に効果的と想像できます。

わたしも両目1.2から左0.4、右0.7まで1年で低下した後、約1年で両目とも1.2に戻した経験があります。この時特別なことをしたわけではないのですが、薄暗いところで本を読むこと、これが効果的だなと自分では思ってました。どうも昔から、明るいところで本を読む方が目が疲れるのです。

しかし一般的にはそうはいわれてないので、あまり口にしたことはありませんでしたが、視力回復された方のオススメ方法に、「暗いところで小さい字を読む」というのを見つけて、ああやっぱりそうだったかと納得いたしました。

ご参考までにどうぞ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ykamie/kami02.htm

視力回復方法

視力を回復する方法は、主に、視力回復手術と視力回復トレーニングの二つに大きく分類することができます。

視力回復手術は、物理的に角膜を除去したり傷つけたりすることで、水晶体における光の屈折率を変化させ、網膜上でピントが合うようにします。

視力回復トレーニングは、普段しないような目の動き・トレーニングを続けることで、水晶体のふくらみを調整している毛様体という筋肉を強化して、視力の回復をはかります。

視力を手軽に素早く回復したい場合は、視力回復手術が有効ですが、合併症が出る場合があります。時間がかかっても安全に確実に視力を回復させたい場合は、視力回復トレーニングで地道に回復を図る方法がいいでしょう。

視力回復方法いろいろ

「視力を回復させたい」というのは、メガネやコンタクトのお世話になったことがある人にとっては共通の願いです。一度視力が低下してしまったら、もう一生回復しないというのは昔のこと。

視力回復のための手術を用いなくても、視力回復のためのトレーニング方法によって再び視力を向上させることはできます。

さらに最近では、視力回復のためのグッズも豊富に出回るようになっています。

視力回復のために目の周りの疲れや緊張を取り除くアイテムとしては、

・ヒーターやバイブレーション機能のついたアイマスク

・1日3分かけるだけで眼筋体操が効果的に行えるピンホールアイマスク

・超音波を使ってマッサージ効果を得る治療器

といったものが挙げられます。

視力回復に1日たった数分を費やすだけでいいというのは、いかにも魅力的なお話ですね。

視力回復手術レーシックとは

レーシックとは、LASIKと書き、「Laser in Situ Keratomileusis」を略した言葉です。

レーシックは、視力回復手術の中で最も有名な方法です。

私たちの目は、カメラでいうとレンズにあたる水晶体のふくらみや、しぼりにあたる虹彩の伸び縮みの調整によって、ピントを合わせていますが、この調節がうまくできなくなることで視力は低下します。

レーシックは、角膜を薄皮一枚めくってレーザーを照射し、角膜の内部を削ります。その結果、角膜の屈折力が変化し、それまでぼやけて見えていたものに焦点を合わせることができるようになり、視力を回復することができるという仕組みです。

レーシックは、2005年のアメリカでは130万症例を超えています。プロゴルファーのタイガー・ウッズがレーシックにより成績を上げたという話が広まったこともあり、多くのプロスポーツ選手もレーシックを受けるようになっています。

視力回復手術レーシックの利点と欠点

レーシックは、角膜にレーザーを照射することで角膜の屈折率を変えて視力を矯正する手術です。

レーシックの手術は入院する必要もなく短時間で済みます。また比較的成功率も高いので、眼鏡やコンタクトの使用から解放されたい多くの人に支持を受けています。

視力がダイレクトに成績に反映する多くのスポーツ選手も、レーシックを受けています。

視力回復にはうってつけのレーシックですが、合併症と呼ばれる症状が出る場合があります。こうした症状の例としては、ドライアイ、ハロ現象(明るい光にもやが見える)、グレア現象(明るいところがまぶしく見える)などがありますが、これらは一過性で一定期間を過ぎると改善されるものがほとんどです。

レーシックは、成功率が高いとはいえ、他の手術同様に失敗する可能性はゼロではありません。また、歴史自体も浅いので、長期にわたる安全性が気になる場合は、担当の医師と充分に話合い、レーシックに適合しているかどうかをしっかりとチェックしてから手術を受けるようにしましょう。

イントラレーシックとは

イントラレーシックは、視力回復手術の一種です。

視力回復手術で有名なものにはレーシックがありますが、イントラレーシックとレーシックの違いで一番大きいのは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。イントラレーシックは、コンピュータで制御するため、より薄いフラップを正確に作ることができるのです。

イントラレーシックは、レーシックでは回復できなかった強度の近視や、レーシックでは対処できなかった薄い角膜でも治療が可能。また、レーシックの適合検査で不適格となった人でも手術が受けられるようになりました。

視力回復度についても、術後の平均視力が高いとの結果もあり、今後イントラレーシックを希望する割合は増えていきそうです。

イントラレーシックの善し悪し

イントラレーシックは最先端の視力回復手術です。

イントラレーシックは、コンピュータで制御して手術することができるため、従来のレーシックと比べると視力回復度が大きく、また、ドライアイやハロ(光の周りがもやがかかったように見える)などのレーシックで起こる合併症も大幅に抑えることができるようになりました。さらに、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することも可能です。

イントラレーシック特有の欠点としては、やや手術時間が長い、一度切り取った角膜(フラップ)の接着が安定するまでに時間がかかる、などがあります。

また、異常なほどに光に対して過敏になるという、イントラレーシック特有の合併症の報告もありますが、報告されている発生率は1%〜20%と幅があり、今後の課題といえるでしょう。

視力回復トレーニングとは

視力を回復するためにできることの一つに、視力回復トレーニングというものがあります。

わたしたちの目は、まず目に入った光が水晶体で屈折し、網膜上で焦点を合わせることで、物をはっきり見るという仕組みになっています。視力が低下した状態というのは、水晶体を適切な大きさに動かすことができず、ピントのずれた状態であるといえます。

視力回復トレーニングは、その水晶体を動かしている毛様体筋を鍛えて、水晶体を調整して視力を回復させるものです。

視力回復トレーニングは、従来は写真や画像を使うものがほとんどでしたが、コンピュータとインターネットの普及に伴い、インターネットを使ってのトレーニングもできるようになりました。

視力回復トレーニングの一番の秘訣は、長く続けること。途中で諦めず、コツコツと視力回復トレーニングを続けましょう。

視力回復トレーニングの種類

視力を回復させるトレーニング方法で代表的なものに、視力回復画像を使ったものがあります。

視力回復画像というのは、左右の目で別々の写真を見ることで画像を立体化させる画像のことで、一般的には立体視と呼ばれています。

視力回復トレーニングでは、平行法と交差法の二つの立体視のテクニックを使います。平行法は左右の視線が交わらないように見る方法、交差法は視線を交差させて見ます。

視力回復の度合いによって、複雑な画像に挑戦していくのがトレーニングのコツです。

視力回復画像を使うだけでなく、動画を使った視力回復トレーニングもインターネット上で公開されており、動体視力アップも図れるようになってきています。

視力回復手術受けようと思ったら

視力回復手術は、比較的短時間ですむ簡単な手術がほとんどですが、視力は人が生きてゆく上ではとても重要なものですので、手術を受ける際には注意すべきことが若干あります。

視力回復手術を受けるにあたって、まず大切なのは病院選びです。

視力回復手術を行っている病院はたくさんありますが、まずは日本眼科学会認定の眼科専門医やレーシック専門医がいるかどうかを確認しましょう。加えて「視力回復手術に必要な機器がそろっているのか」「厚生労働省からの免許を持った視能訓練士(ORT)が適合検査を担当しているか」も調べておく必要があります。

視力回復手術後のアフターフォローが万全かどうかも、重要なポイントです。

視力回復に最も大切なことは、とことん下調べして信頼できる病院を選ぶことなのです。

視力回復手術の種類

視力回復手術には、レーザーを照射して角膜を削ることで屈折率を変えて視力回復させるものが多くあります。

視力回復手術の種類は、フラップを作るものとして「レーシック」「イントラレーシック」「エピレーシック」「ウェーブフロントレーシック」「イントラウェーブフロントレーシック」などがあります。

視力回復手術のうち、フラップを作らない物としては、直接角膜上皮を除去し角膜実質層にコンピュータ制御のレーザーを照射して行う「PRK」、放射状角膜切開術を意味する「RK手術」などがあります。

これらの手術が受けられないほど強度の近視の場合には、人工レンズを角膜と水晶体の間に挿入して人工レンズで屈折率を大きく変えられる「フェイキックIOL」という方法もあります。

視力回復手術は、適合検査を事前に受け、自分にあった方法を選びようにしましょう。

視力回復センターとは

視力回復センターとは、視力回復のためのトレーニングを中心に行う場です。

視力回復センターでは、薬や手術に頼らずに、目の自然治癒力を利用して、視力回復をはかります。

視力回復センターでは、視力回復のトレーニングの前に、まずはどのくらいの期間でどこまで視力回復が見込めるかをチェックし、視力回復の見込みのある場合のみ、トレーニングに入ります。トレーニングの成果が現われるまでの期間には個人差がありますが、通常は数カ月かかります。

視力回復センターは全国に点在していますが、それほど数が多いわけではないので、特に田舎にお住まいの方は、視力回復センターの利用を躊躇されるかもしれません。しかし、視力回復センターは、月に1、2回も行けば十分。あとは自宅でのトレーニングになるので、遠方の方でも安心して利用することができます。

視力回復センターへ行こう

視力回復センターは、近視・遠視・乱視・弱視といった目の機能の低下をトレーニングによって回復させるための場です。

視力回復センターは医療施設ではないので、どんな症状の人にも対応できるわけではありません。まずは視力回復が見込めるか否かをチェックし、視力回復センターでは対応できない人には、専門医にかかることをオススメする場合もあります。

視力回復センターの魅力は、なんといってもその安全性。今流行りのレーシックなどは、術後のトラブルの心配が全くないわけではありませんし、薬は副作用が心配です。しかし視力回復センターのトレーニングなら、時間はかかるものの、安全に視力回復をはかることができます。

視力回復のトレーニングは、対応が早ければ早いほど効果が上がります。多くの視力回復センターでは、無料体験も受け付けているので、視力の低下に悩んでいる方は、一度視力回復センターに足を運んでみるといいでしょう。

レーザーによる視力回復

視力回復の方法にはいくつかありますが、レーザーを用いたものは、その中でもポピュラーな部類と言えるでしょう。

レーザーによる視力回復手術としては、「レーシック」「イントラレーシック」が特に知られています。これらのレーザーによる視力回復法は、その効果はもちろん、成功率がとても高いことでも定評があります。

レーザーによる視力回復は、目を物理的にいじるわけですから、当然医療機関で行われることになります。とはいえ、他の手術同様、100パーセントの成功率が保証されているものではありません。

レーザーによる視力回復はまた、すべての人が受けられるわけでもありませんから、レーザーによる視力回復を希望する場合は、自分がその手術を受けることが可能かどうか、事前によく確認する必要があります。

レーザーによる視力回復手術

視力回復法の一例として、外科手術があります。

視力回復手術としてポピュラーなものが、「レーシック」「イントラレーシック」などのような、レーザーによる視力回復手術。

レーザーによる視力回復手術の利点は、視力回復トレーニングと違い、短期間で視力の回復が見込めることと、その成功率がとても高いこと。また、レーザーによる視力回復手術に複数の種類があることからもわかるように、例えば「レーシックを受けられない人でもイントラレーシックなら可能」ということもあります。

レーザーによる視力回復手術は、特にスポーツ選手に多く受け入れられています。値段も手ごろになってきていますので、もし趣味や職業柄、メガネやコンタクトレンズの使用を避けたいとお考えの方は、レーザーによる視力回復手術を検討してみてはいかがでしょうか。

ブルーベリーで視力回復

視力回復に良いといわれる食べ物の代表格として、ブルーベリーが挙げられます。

ブルーベリーの特徴は、名前の通りの深い紫。この紫色の正体が「アントシニアン」という成分なのですが、このアントシニアンが、視力回復に作用します。

人間の網膜には「ロドプシン」という紫色の色素体があります。このロドプシンには光の刺激を脳に伝える働きがあり、これによって「物が見える」と感じるのですが、眼を使っているうちにロドプシンは徐々に分解されてしまいます。このロドプシンの再合成を活発化させてくれるのが、ブルーベリーに含まれるアントシニアン。それゆえ、ブルーベリーは視力回復に役立つと言われているわけです。

ブルーベリーは日本だけでなく、世界中で注目されている視力回復食品。視力の低下にお悩みの方は、ブルーベリーを積極的に摂取するといいでしょう。

視力回復にブルーベリーサプリメント

視力回復に良いとされる食品として、ブルーベリーが挙げられます。これは、ブルーベリーに含まれる「アントシニアン」という色素に視力回復の作用(網膜の「ロドプシン」の再合成)があることに由来します。

ブルーベリーについては、生の果実なら一日に90g以上の摂取で視力回復の効果が見られるという報告があります。でも、いくら視力回復のためとはいえ、毎日生のブルーベリーを食べるというのはなかなか大変ですし、またブルーベリーなら何でもいいというわけでもないようです。それに、よほどのブルーベリー好きでない限り、とてもじゃないけど毎日なんて食べられませんよね。

そこで視力回復のためにオススメなのが、ブルーベリーのサプリメント。ブルーベリーエキス使用のサプリメントなら、ブルーベリー(特にアントシニアン)の効能が凝縮されていますので、少量でも大きな視力回復効果が期待できます。

とはいえ、どんなものでも、その効果には個人差があります。本気で視力回復を目指すなら、ブルーベリー以外の方法の併用も検討するといいでしょう。

視力回復3Dソフト

視力が低下することは、私たちを取り巻く環境を考えると、現代人にとってはもはや宿命といってもいいかもしれません。

視力の低下には、メガネやコンタクトといった矯正器具を使うことが一般的ですが、やはり矯正器具はいろいろ不便ですし、定期的に買い替えが必要なので、可能ならば視力回復をはかりたいですね。

視力回復の方法にはいろいろありますが、パソコンの普及とともに、「視力回復3Dソフト」なるものも登場しています。

視力回復3Dソフトには、フリーのものから有料のものまでさまざま。もちろん、視力の低下の原因はいろいろありますから、視力回復3Dソフトがすべての人に向くとは限りません。視力回復の一環として、視力回復3Dソフトの利用を検討してみるのもいいかと思います。

視力が低下する原因になるのもパソコンなら、3Dソフトを使って視力回復できるのもパソコン――パソコンは有意義に使いたいものですね。

視力回復3Dソフトいろいろ

視力回復3Dソフトの導入は、パソコンを健康のために有効利用する例と言えるでしょう。一般的にパソコンは視力の低下の原因の一つとして数えられていますが、視力回復3Dソフトなら、逆に視力回復が可能です。

視力回復3Dソフトと一言でいっても、さまざまな種類のものがあります。でも、多くの視力回復3Dソフトに共通しているのが、普段使わない目の筋肉を使うこと。これは視力回復3Dソフトに限ったことではありませんが、外科的な処置や薬品を使わない視力回復の方法では、この方法が主流のようです。

視力回復3Dソフトは、コンピューター・グラフィックを使うので、楽しく視力回復がはかれるのではないでしょうか。もちろんその効果には個人差がありますが、手術や薬品と違って副作用の心配がないので、安心して試すことができますよ。

コンタクトで視力回復

コンタクトレンズは、視力の矯正の手段としてポピュラーな方法の一つ。コンタクトレンズは、なによりも見かけが裸眼と同じなので、メガネで人相が変わるのがイヤだという人にとっては手軽で嬉しいものですね。

しかし近年では、コンタクトレンズは、単なる視力矯正の道具にとどまらず、それ自体に視力回復効果を持たせたものも出回るようになりました。

視力回復効果があるコンタクトレンズの使い方として「オルソケラトロジー」というものがあります。この場合は一日中コンタクトを装着している必要はなく、一定時間(主に寝ている間)装着しているだけで視力回復がはかれます。

オルソケラトロジーは、コンタクトの延長として気楽に試せますし、何か問題が起きても手軽に元に戻すことができます。特にコンタクトレンズの装着上で何らかのトラブルを感じている方にはオススメの視力回復法です。

コンタクトで視力回復できる「オルソケラトロジー」

コンタクトの装着時間は短いに越したことはないので、コンタクトを外している間メガネをかけているという人も少なくありません。しかしこれでは、コンタクトの連続装用は避けられても、常に何らかの矯正器具を使っていることに変わりなく、何かと煩わしいもの。

近年「オルソケラトロジー」という視力回復法が話題になっています。これは一定時間(主に寝ている間)特殊なコンタクトを装着して視力を回復し、それによって日中は裸眼で過ごすことができるというもの。

「オルソケラトロジー」の視力回復効果は、仮性近視の場合にはとても効果的で、完全な視力回復も望めるようです。しかし、基本的には視力回復効果が持続するわけではなく、コンタクトの装着をやめてしまうと2カ月くらいで元に戻ってしまうようです。

とはいえ、「オルソケラトロジー」は、将来的には短期間のコンタクトの装着で、長期間の視力回復が実現できる見通しがあるようで、視力回復の方法としては、有望なものの一つと言えるでしょう。

レーシックで近視を矯正

近視の場合、メガネやコンタクトで矯正するのが一般的ですが、これだとほとんどのケースでは度が進むことが避けられず、何度も買い替えが必要になります。それに何より近視の矯正器具というのは、何かとわずらわしいもの。そこで近年は、「レーシック」などの近視を矯正できる手術を受ける人が増えてきています。

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、日本では「生体内レーザー角膜切開手術」とも訳され、レーザーを使って角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。レーシックは近視はもちろん、遠視や乱視も治すことができます。

レーシックは、多くのプロスポーツ選手をはじめ、多くの有名人が受けています。こうした背景もあって、レーシックは多くの人に受け入れられるようになりました。近視の方は、一度レーシックの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

レーシックで近視を治そう

近視は視力の低下の代表的なものは。視力自体はある程度年を取ると衰えてくるものですが、現代の日本人のように、近くのものを長時間凝視するような目を酷使する環境下に置かれていると、年を取らなくても近視のような目のトラブルが生じやすくなります。そして実際、日本人の約半数が近視だと言われています。

近視の矯正手段には、メガネやコンタクトなどがありますが、近年では近視の矯正のために「レーシック」と呼ばれる手術を受ける人が増えてきています。

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、レーザーを使った視力矯正手術で、近視はもちろん、遠視や乱視にも効果があります。

レーシックの成功率はとても高く、これまでに失明した例は報告されていませんし、痛みもほとんどありません。また、レーシックの値段も手ごろになってきましたので、近視の方でレーシックに興味がある方は、レーシックを行っている「信用できる」クリニックに相談するといいでしょう。

レーシックの際の眼科選び

レーシックは最近話題になっている視力矯正手術です。日本人の約半数を占める近視の人たちなら誰でも、ちょっとくらいはレーシックに興味を持ったことがあるのではないでしょうか。

レーシックはレーザーによる視力矯正手術。だから当然、レーシックは眼科医が行います。

しかし、一言で眼科医といっても、その腕前はピンキリ。レーシック自体は非常に成功率が高く、失明したという報告もありませんが、合併症がないわけではありません。目はとてもデリケートで大切な器官なだけに、レーシックを受ける際は、信用できる眼科を選びたいもの。

レーシックを受ける際、どの眼科医がいいかを比較するのは、なかなか困難です。しかし近年は、インターネットによって複数の眼科医の情報を入手し、比較することがある程度可能になりました。

眼科医を選ぶ際は、主に「医療の質」「費用」「通いやすさ」を基準に選ぶといいでしょう。

レーシックの際の眼科の選び方

レーシックを行っている眼科は全国に数多くあります。ですから、レーシックを受けたい方にしてみれば、どの眼科を選んだらいいか迷うところですね。

レーシックは眼科の手術としては成功率はとても高く、しかも痛みもほとんどありません。失明の例も報告されておらず、安全性も高いと言えますが、それでも大切な目を任せるわけですから、眼科選びは重要です。

レーシックの際の眼科(医)選びは、例として下記のようなことを基準にするといいでしょう。

・眼科手術の経験が豊富か

・日本眼科学会認定の専門医か

・適応検査の担当者が、国が認可した視能訓練士(ORT)であるか

・手術前の質問に懇切丁寧に答えてくれるか

・カルテの開示や提出を行ってもらえるか

・病院は清潔か

・手術後のアフターフォローは万全か

・医師やスタッフの対応は良いか

・最新の器材や情報が揃っているか

・費用の明解さと適切さ

・生涯保障システムをとっているか

・他の患者(特にレーシックを受けた人)の評判はどうか

レーシックと保険

レーシックは、最近話題になっている視力矯正手術です。レーシックは現時点で既に多くの臨床例があり、その成功率の高さや安全性(失明の報告例なし)から、レーシックが可能である人にとっては安心して受けられるものとなってきています。

レーシックは自由診療のため、美容整形同様、健康保険がききません。よって、レーシックを受ける際は、全額自己負担になります。そのため、安易に安い眼科医を選ぶ人も少なくありませんが、ちょっと待ってください――たしかに健康保険は適用できませんが、レーシックの費用を抑える方法がないわけではありません。

レーシックは、実は、生命保険や医療保険においては、その契約内容や保険会社にもよるものの、手術給付金の対象となっていることがあるのです。しかも場合によっては手術代がほぼ無料になるケースも。こうした保険に加入している方は、手術給付金の給付が受けられるかどうか保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。

レーシックへの保険の適用

レーシックは安全性と成功率が高いということから、視力矯正の手段としてレーシックを選ぶ人も増えてきました。

レーシックに限ったことではありませんが、手術を受ける際に成功率とともに気になることが、そのお値段。レーシックに保険は適用されるのでしょうか。

結論からいうと、レーシックは健康保険がききません。よって通常は全額自己負担。

とはいえ、場合によってはレーシックの代金がほぼ無料になることも。

レーシックには、前述のように、たしかに健康保険は適用されないのですが、実は生命保険や医療保険においては、契約内容や保険会社によっては、手術給付金の対象になっていることがあります。もしこうした保険に加入している場合は、この特権を使わない手はありません。手術前に保険会社に問い合わせ、給付が受けられるかどうか必ず確認しておきましょう。なお、手術給付金の請求をする場合は、医師の診断書が必要です。

ちなみに1年間(1月〜12月)の医療費が10万円を超えた場合、確定申告で税金が還付される可能性がありますので、「レーシック」が医療費控除に該当するか否かについて税務署に問い合わせるといいでしょう。医療費控除を受ける際には、治療費や手術費の領収書が必要になります。

レーシックで乱視を矯正

レーシックは現代では、近視の治療法として多くの人に受け入れられるようになってきていますが、レーシックで矯正できるのは、実は近視だけではありません。乱視や遠視もレーシックによって矯正できるのです。

レーシックは、特にメガネやコンタクトレンズで矯正しにくいような乱視がある場合には一考に価するものだと思われます。こうした乱視はレーシックで治る可能性もありますし、近視手術と乱視手術を同時に行うことも可能です。

レーシックに限ったことではありませんが、手術はすべての人に適用できるわけではありません。乱視をレーシックで治したい場合は、まずは医師に相談し、レーシックを受けることができるかどうかを確認しましょう。もしレーシックがダメな場合でも、イントラレーシックなど、他の手術を受けられることも少なくないので、そのときはそちらのほうを検討することもできます。

レーシックで乱視は治るか

「レーシックで乱視は治るか」――答えはイエス。日本人には近視の人が多いので、レーシックに関しても近視矯正手術としての側面ばかりが取り上げられがちです。しかし、そもそもレーシックはレーザーを使って角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する「角膜屈折矯正手術」ですから、近視と同様「屈折異常」に分類される乱視や遠視も治せて当然なのです。

レーシックは臨床例も増え、その安全性や成功率も明らかになってきており、近年ではわりと気軽に受けられるようになってきてはいますが、すべての人に適用できるわけではありません。

乱視の場合は、レーシックよりもメガネやコンタクトのほうがいいという場合もあります。乱視の治療のためにレーシックを受ける際は、事前に医師とよく相談し、レーシックを受けたほうがいいかどうか、慎重に判断するようにしましょう。

レーシックの手術

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は角膜屈折矯正手術の一種です。

レーシックの手術をカンタンに説明すると、

(1)「マイクロケラトーム」と呼ばれる機械で角膜の表面を薄く削り、「フラップ(ふた状のもの)」を作ってめくる。

(2)フラップをめくったところに「エキシマレーザー」を照射して角膜の一部を蒸散する。

(3)その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで2〜3分ほど待つ。

といった流れになります。

レーシックの手術は痛みはほとんどなく、入院の必要もありません。それにレーシックの手術を受けると、メガネやコンタクトの必要がなくなるため、これらの矯正器具のお世話になりたくない人にとっては非常に魅力的な手術と言えます。

レーシックの手術って怖くない?

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は角膜屈折矯正手術の一種で、角膜の形をレーザーで整えることによって、近視・遠視・乱視といった屈折異常からくる目の見えにくさを矯正するものです。

レーシックの手術においては角膜を削るわけですが、目は大変デリケートな器官なので、「間違って失明でもしたら大変」とレーシックの手術に不安を感じておられる方も少なくないのではないでしょうか?

レーシックの手術は、たしかに成功率が100パーセントというわけではありませんが、逆に失明の報告もありません。というのは、レーシックはあくまでも角膜の手術であり、レーシックの手術で使われるレーザーは角膜に吸収されるので、眼球内部には影響がないからです。

レーシックはすべての人に向いているわけではありませんが、このように安全性はとても高いものなので、興味のある方は、医師に相談するといいでしょう。

眼鏡について

眼鏡とは、視力の悪さを矯正したり、目を保護したりするものです。また眼鏡を用いる人の中には、特に視力が悪いわけでもなく装飾用として着用する人もいます。

眼鏡を作る(購入する)場合は、必ず視力検査を受けてから作るようにしましょう(眼科医でなくても販売店でも可)。視力は年とともに変わっており、目にあった眼鏡をかけないとかえって視力を悪くするものだからです。

眼鏡は、一般的にレンズ二枚が両目にかかるように作られており、レンズ二枚をささえるフレーム・テンプル・蝶番といった部品と一体となっています。

眼鏡の役割でもうひとつ重要なのは、目を保護することで、代表的なのは日光から目を保護するサングラスです。また粉塵などの飛散物から目を保護する眼鏡もあります。

視力が悪いわけでもなく、眼鏡を「おしゃれ」として着用する人もいます。また眼鏡をかけている人を特別好む、俗に「眼鏡フェチ」と呼ばれる人たちもいます。

眼鏡をかけるとずいぶん顔の雰囲気が変わります。そういったところに着目して、洋服をたくさん持つように、眼鏡を複数もって楽しむ人たちもいます。

眼鏡について2

眼鏡の主な役割は、視力を矯正することです。視力が悪いといっても、その内容によって眼鏡に使うレンズが異なります。

○近視の場合、凹レンズ

近視とは、網膜上の正しい位置ではなく手前に焦点を結んでしまう状態のことです。近視用の眼鏡には凹レンズを使用します。凹レンズは、中央が縁より薄くなっています。

○遠視の場合、凸レンズ

遠視とは、網膜上の正しい位置ではなく後方に焦点を結んでしまう状態のことです。遠視用の眼鏡には凸レンズを使用します。凸レンズとは、中央が縁より厚くなっています。虫眼鏡に使われているレンズも凸レンズです。

○乱視の場合

乱視とは、角膜や水晶体が歪んで光の屈折がずれることで焦点があわなくなる状態です。たいていの人は乱視をもっており、近視や遠視などの矯正の際に、ついでに乱視も矯正するケースが多いようです。

○老眼鏡の場合、凸レンズ

老眼とは、眼の調節機能が加齢とともに低下していき、近くのものに焦点を合わせられなくなった状態。遠視と老眼はメカニズムは異なりますが、同じ凸レンズで補正できます。

遠近両用眼鏡とは

遠近両用眼鏡とは、累進屈折力レンズという種類のレンズを使ったもので、1枚のレンズで遠く・近くを矯正できる眼鏡です。

通常の老眼鏡では、凸レンズが使われており、これだけでは手元のものを見るのはいいのですが、遠くのものを見るときは、眼鏡をかけるとかえって視界がぼやけてしまいます。遠近両用眼鏡は、こういった不都合があるケースにおいて眼鏡をかけたり外したりしなくてすむように作られたもので、現在、老眼鏡の主流となっています。

遠近両用眼鏡は、近くを見る時はレンズの下部を通して、遠くを見る時はレンズ上部を通して見ます。遠近両用眼鏡は、レンズの上部・下部の境目がないところが特徴となっています。

この境目がないところを活用して、遠近両用眼鏡のみならず、中近レンズ、近々レンズといったものも作られています。自分の生活形態や用途によって最適な眼鏡を選ぶといいでしょう。

遠近両用眼鏡とは2

遠近両用眼鏡とは、一枚のレンズで遠・中・近と見えるレンズを使用した眼鏡で、老眼鏡の主流となっています。

遠近両用眼鏡は、かけ始めの頃に、ゆれやゆがみを感じたり、視野がせまくなったような違和感を感じる人が多いようです。この違和感はすぐ慣れるもののようですが、老眼の度が進むと違和感も大きくなるようですので、度の進まないうちに遠近両用眼鏡を使用するといいといわれています。

遠近両用眼鏡のレンズは、上部・下部のレンズが異なるレンズで、それが境目なく一枚のレンズとなっているのが特徴です。遠近両用眼鏡は、老眼になる前の視力の状態によってレンズも異なります。

○もともと視力に問題なかった場合は、上部は度数ゼロで下部が凸レンズ

○もともと遠視の場合は、上部が弱い凸レンズ、下部が強い凸レンズ

○もともと弱い近視の場合、上部が弱い凹レンズ、下部が度数ゼロか弱い凸レンズ

○もともと強い近視の場合、上部が強い凹レンズ、下部が弱い凸レンズ

遠近両用眼鏡に限らず、眼鏡を作る場合は必ず視力検査をしましょう。一口に遠近両用眼鏡といっても、個々人の視力にあわせて作られますので、他人の眼鏡では全然見えないということも多々あります。

遮光メガネとは

遮光メガネとは、まぶしさの要因とされる光の成分をカットして、それ以外をカットしないように作られた医療用のメガネです。

遮光メガネは、眼疾患により日の光がまぶしく感じて、まわりの景色が白く乱反射したりもやもや見えたりするような方に効果的です。

遮光メガネでカットするのは、光の成分です。光のうち、人間の可視光線は赤外線と紫外線の間ですが、紫外線側のものほど波長が短く、この短波長がまぶしさの原因となっています。遮光メガネは、この短波長をカットするのに優れています。

遮光メガネの効果は、まぶしさだけをカットする仕様なので、色のコントラストはそのままで、風景は自然に見えます。またサングラスと違って、暗く感じないことも特徴といえます。

遮光メガネについて

遮光メガネとは、まぶしさのみをカットするメガネのことをいいます。

誰しも日差しの強い日はまぶしく感じ、サングラスをかけたりします。しかし、サングラスではまぶしさは確かにカットされますが、同時に景色全体が暗く見えたり、コントラストがはっきりしなくなったりします。このような見え方は、目をかえって疲れさせ、視力低下を招く場合があります。

遮光メガネの場合は、まぶしさを感じさせる紫外線近くの短波長(500nm前後)の光のみカットするため、サングラスの場合のように、景色が暗くなったりコントラストがぼやけたりはしません。

遮光メガネは、目に厳しい短波長から目を保護し、視力低下を食い止める上でも効果的です。

なお、紫外線は波長が400nm以下の光線です。遮光メガネがカットする波長と若干異っていますので、紫外線もカットしたい場合は、きちんとUVカットする必要があるでしょう。

子供用メガネとは

子供用メガネとは、文字通り、子供がかけるように設計された子供サイズのメガネです。

子供用メガネと大人のメガネとの違いは、サイズです。「なんだ、サイズだけか」とバカにはできません。メガネは、サイズがフィットし、ずれないでかけていられることが大変重要です。メガネがたびたびずれると視界が確保されず、目に負担をかけてしまい、視力が悪化する可能性があるからです。

「子供用メガネとして、小さめの大人用メガネを使えばいい」と簡単には考えられない点、注意しましょう。

子供は大人と違う面があります。大人よりも動きが激しい分、メガネを壊してしまうことも多々あることでしょう。子供用メガネを選ぶポイントとして、

○子供の顔に合ったサイズのメガネフレームを選ぶこと。

○子供の激しい動きや不注意にも耐えうる、機能的で丈夫なメガネを選ぶこと。

○メガネを破損してしまった時に修理等アフタケアーのあるメガネを選ぶこと。

という点があげられます。

子供用メガネとは2

子供用メガネは、約3才から10才くらいまでの子供用に設計されたメガネのことをいいます。

子供用メガネを選ぶ場合の主なポイントとしては、子供の活動量や活動範囲等から、「丈夫であること」「軽いこと」「フッティングがきちんとしていること」「機能性に富んでいること」があげられるでしょう。

しかし、これだけでは実際に子供用メガネを選ぶには難しいようにも思えます。たとえばスポーツをする子供の場合、安全を考えてフレームは超弾性素材のものがいいのではないかという心配もあります。

フレームでケガをする危険が少ないという点で、超弾性素材は適切に思えますが、その一方、フッティングが難しいという欠点があります。フッティングが難しいということは、メガネを顔にぴったり合わせることができないということで、それは子供の視力を低下させかねないことにもなります。結局、標準タイプのフレームが無難ではないかという意見もあるようです。

子供用メガネを購入する場合、子供は大人よりメガネを壊しやすいということを考慮し、スペアのメガネを最初から用意しておくと安心でしょう。

ハードコンタクト

ハードコンタクトは、視力の悪い人が視力を矯正するために装着するコンタクトレンズの一つです。コンタクトレンズには、ハードコンタクトとソフトコンタクトとがあります。

コンタクトレンズは、眼に直接装用するものです。眼鏡よりも強度な視力矯正が可能というメリットもありますが、眼への負担が大きく、洗浄や消毒を欠かすことができないうえ、眼の定期検診を受けることが必要といった短所もあります。

ハードコンタクトの材質は、従来PMMAという硬質プラスチックが主に使われていました。PMMAは加工しやすく耐久性に優れているという長所と酸素を透過しないためハードコンタクトの装用時間に限りがあるという欠点がありました。

ハードコンタクトとして現在広く使用されているのは、酸素透過性レンズ (O2レンズ、RGPレンズ)といわれるものです。瞬きする度にハードコンタクトレンズが動いて涙に含まれる酸素を角膜が吸収できるという仕組みになっています。

ハードコンタクトは、酸素透過性レンズが主流になったとはいえ、装用すれば眼に違和感はあるものです。ハードコンタクトの装用時間は、眼に必要以上の負担をかけないためにも12〜14時間を限度とするのが無難なようです。

ハードコンタクトの利点

ハードコンタクトレンズは、レンズの光学性がよく、視力矯正の効果がでやすいということが挙げられます。

ハードコンタクトの材質はある程度の硬さがあるため、加工しやすい、壊れにくい、消毒や洗浄しやすい、管理がしやすい、という利点があります。

またハードコンタクトを左右間違って装用しても、その間違いはわかりやすいといえます。

ハードコンタクトレンズは、そういうしっかりした材質であるがゆえに、眼に装用すると違和感があり、ほとんど違和感のないソフトコンタクトとはこの点が大きく異なります。

ハードコンタクトを使用しないときは、各メーカー指定の保存液に入れて保存するようにしましょう。保存液を使用しないでレンズが乾燥すると、汚れが固着してしまうことがあります。

ハードコンタクトの寿命は、その材質や管理状態にもよりますが、2〜3年と考えておくといいでしょう。なお、ハードコンタクトの中には、軽い傷ならば研磨し直して再使用できるものもあります。

ソフトコンタクトの特徴

視力を矯正するコンタクトレンズには、ソフトコンタクトとハードコンタクトとがあります。ソフトコンタクトはハードコンタクトよりも柔らかい素材でできているのを特徴とします。

ソフトコンタクトはさらに、水分を比較的多く含む含水性ソフトコンタクトレンズと水分を含まない非含水性ソフトコンタクトレンズに分けられます。

ソフトコンタクトは、ハードコンタクトに比べて弾力性に富んでおり、装用感に優れています。眼の中に入れても違和感がなく、コンタクトレンズが初めての人もソフトコンタクトならば、すぐ慣れることでしょう。

ソフトコンタクトは激しい運動をしても危険性はなく、レンズの下にゴミなどが入りにくいという利点もあります。

ソフトコンタクトの場合、装用していると瞳に何かのっているというのがすぐわかるハードコンタクトと異なり、周りの人から装用しているのがわかりにくいといえます。

ソフトコンタクトの装用時間は、もちろん個々の状況によりますが、一日15〜17時間くらいといわれています。

ソフトコンタクトと使い捨てレンズ

ソフトコンタクトは、含水性の柔らかい素材のため使い心地は快適ですが、欠点もあります。

ソフトコンタクトは装用感がいいがゆえに、レンズの洗浄や消毒といったレンズケアをつい怠ってしまったり長時間装用するなどして、目に障害を起こしてしまうケースが多く見られます。

ソフトコンタクトは細菌が発生しやすいため、洗浄・消毒を定期的に欠かさず行わないといけません。ソフトコンタクトの難点は手入れが面倒なところといえます。

ソフトコンタクトのこの手入れの面倒さをカバーした、「使い捨てレンズ」というのが出ています。レンズケアを全く行わず、一日あるいは一週間で使い捨てするタイプとレンズケアを行って2週間〜3カ月で交換するタイプとありますが、日本の場合は使用後破棄する「使い捨て」が主流です。

ソフトコンタクトの使い捨てレンズは、レンズに目から分泌されるたんぱく質などの汚れがたまってしまう前に破棄し、新しいレンズと交換するため、目の衛生上大変有効なものです。しかし、逆に指定された使用方法を遵守しないと、目には大変負担がかかるので、注意して使うようにしましょう。

コンタクトの洗浄の仕方

視力を矯正するのに便利なコンタクトレンズですが、便利なだけではありません。コンタクトを使用する際には、コンタクトの洗浄を怠らないことが不可欠です。

コンタクトの洗浄が必要なのは、コンタクトレンズが汚れるからです。コンタクトには、たんぱく質や脂質、微生物、カビなどが付着します。コンタクトは一日使用しただけでも相当汚れています。

コンタクトの洗浄を怠るとその汚れにより、酸素透過性が低下し、目に細菌感染などが生じるおそれがあります。

コンタクトの洗浄の前に、まず手指の洗浄をしっかりと行い、十分すすいでください。

コンタクトの洗浄は、レンズをこすり洗いすることが重要です。こすり洗いとは、指定の洗浄液をつけて、手のひらにコンタクトをのせて、人指し指でレンズの片面ずつをこすって洗うことです。回数は片面30回以上。コンタクトには、こすり洗いでないと落ちない感染を起こす微生物が付着したりするので、面倒がらずにやるようにしましょう。

コンタクトのこすり洗いは、力加減に気をつけてください。ハードコンタクトは割れてしまわないように、ソフトコンタクトは破れやすいので気をつけましょう。

コンタクトの洗浄

コンタクトの洗浄は、目の衛生管理のために毎日行うようにしましょう。

コンタクトの洗浄は、案外軽く扱われがちです。コンタクトの洗浄液は指定のものは高いから水道水でいいとか、こすり洗いは面倒だとか、確かに一度二度洗浄を怠っても害はないように見えますが、コンタクトレンズは毎日確実に細菌などが付着しますので、注意が必要です。

コンタクトの洗浄の後に、コンタクトに付着した微生物を消滅させ感染を防ぐために消毒が必要です。ハードコンタクトの場合は、保存液に消毒効果があるので不要ですが、ソフトコンタクトは、レンズが保存液を吸収してしまうため保存液には消毒液が入っていません。このため洗浄後に消毒をする必要があります。消毒方法は、煮沸消毒と過酸化水素水につける方法とあります。

コンタクトの洗浄で気をつけたいのは、アカントアメーバという重篤な角膜感染症を起こす微生物です。この微生物は井戸水や水道水、自家製の保存液に存在するといわれています。すすぎや保存液は指定のものを必ず使用するようにしましょう。

深視力とは

深視力とは、両眼の遠近感や立体感を認識する機能のことをいいます。大型自動車、けん引車の免許や二種免許の取得・更新時に、普通の視力検査とともに、深視力検査が実施されます。

深視力検査は、3本の棒のうち左右の2本を固定して、真ん中の棒を前後に動かして、3本が直線に並んだところでボタンを押すという「三桿(さんかん)試験」でなされます。

深視力検査に使用される3本の棒は当然同じ大きさ、同じ色ですが、

○真ん中の棒が左右の棒より薄く見えると、左右の棒より奥にある。

○真ん中の棒が左右の棒と同じ濃さに見えると、3本が並んでいる。

○真ん中の棒が左右の棒より濃く見えると、左右の棒より手前にある。

というように、見た目には感じるようです。

深視力は、生まれてから6歳くらいまでに完成する能力といわれています。また、深視力は、他の両眼の能力(静止視力や動体視力)と異なり、練習してもよくはならないといわれています。

深視力検査に合格するために「深視力用メガネ」というのがあります。しかし、深視力用メガネは、両眼機能(立体視)が欠如している場合まで補正できるものではないので、この点留意が必要です。

深視力検査

視力検査の一つとして、深視力検査というのがあります。深視力検査とは、大型自動車免許や二種免許の取得・更新の際に行われる視力検査で、両眼の立体視(遠近感)機能の測定をいいます。

深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法で行われます。三桿試験は、3本の棒のうち、左右にある2本の棒が固定されていて、真ん中にある1本の棒が前後に動きます。左右の2本の棒と真ん中の棒が直線に並んだと思ったところでボタンを押すという内容です。

深視力の試験で、左右の棒と真ん中の棒のずれを3回測定し、その合計が6cm以上となると、大型自動車免許や二種免許においては不合格となります。

深視力検査(三桿試験)は、3本の棒を斜め上から見れば立体的につかめますから誰でもわかりますが、棒を真正面から見るとなかなかわかりづらいものです。

深視力検査に合格しない理由としては、

○両眼の立体視(遠近感)機能に問題がある。

○立体視(遠近感)に問題はないが、3本の棒がはっきり見えない。

○深視力検査の要領をわかっていない。

といったケースが考えられます。

連続装用コンタクト

視力矯正のためのコンタクトは大変便利ですが、目の健康のために装用時間が理想的には約半日とされ、毎日着ける・外す・洗浄するを繰り返さなくてはなりません。コンタクトのこの手間を何とかできないかということで、開発されたのが連続装用コンタクトです。

連続装用コンタクトとは、その名の通り、コンタクトの着け外し不要、もちろん洗浄も不要。1週間連続装用できるというコンタクトです。

「コンタクトを一度装用したら、外すときは捨てるとき」という連続装用コンタクトは、まさに毎日が多忙で時間に不規則な社会人にとって、理想的なコンタクトといえるでしょう。

連続装用コンタクトの問題点は、本当に1週間連続装用していても、目の健康に害はないかということです。この点については、現状やはり否定的な意見が多く、2004年10月1日の日本眼科医会では「コンタクトレンズによる眼障害アンケート」(平成14年実施)から、1週間連続装用の使い捨てソフトコンタクトレンズの眼障害の発症率は最も高い(15%)という結果が出ています。

連続装用コンタクトの使用法

連続装用コンタクトは、現在、最大1週間連続装用できるタイプのものがいくつか販売されています。

連続装用コンタクトは1週間連続装用できるといっても個人差があるので、実際に装用するには、眼科医の指示に従う必要があります。

また連続装用コンタクトの中には、1週間経たないうちにコンタクトを外すことがあった場合(例えば、3日装用して外した場合、残り4日装用できるか)

・レンズケアしてその後も装用できるタイプ

・その後は使用できないタイプ

などありますので、使用方法をよく確認して、遵守する必要があります。

連続装用コンタクトには、目への負担を極力軽減するために、酸素透過性が高くかつ親水性が高い(=汚れや細菌が付着しにくい)レンズが開発され、使用されています。臨床試験でも98%の被験者が1週間の連続装用に成功したという報告もあり販売されるに至っています。

しかし、連続装用コンタクトを20年、30年使い続けた人がどうなるかという事例は未だありません。

連続装用コンタクトの安全性については、使用するにしても最低限、各製品の使用方法を守り、眼科医の定期的診断を受けるということが必須といえるでしょう。

 
メニュー
視力回復
視力回復2
視力回復方法
視力回復方法いろいろ
視力回復手術レーシックとは
視力回復手術レーシックの利点と欠点
イントラレーシックとは
イントラレーシックの善し悪し
視力回復トレーニングとは
視力回復トレーニングの種類
視力回復手術受けようと思ったら
視力回復手術の種類
視力回復センターとは
視力回復センターへ行こう
レーザーによる視力回復
レーザーによる視力回復手術
ブルーベリーで視力回復
視力回復にブルーベリーサプリメント
視力回復3Dソフト
視力回復3Dソフトいろいろ
コンタクトで視力回復
コンタクトで視力回復できる「オルソケラトロジー」
レーシックで近視を矯正
レーシックで近視を治そう
レーシックの際の眼科選び
レーシックの際の眼科の選び方
レーシックと保険
レーシックへの保険の適用
レーシックで乱視を矯正
レーシックで乱視は治るか
レーシックの手術
レーシックの手術って怖くない?
眼鏡について
眼鏡について2
遠近両用眼鏡とは
遠近両用眼鏡とは2
遮光メガネとは
遮光メガネについて
子供用メガネとは
子供用メガネとは2
ハードコンタクト
ハードコンタクトの利点
ソフトコンタクトの特徴
ソフトコンタクトと使い捨てレンズ
コンタクトの洗浄の仕方
コンタクトの洗浄
深視力とは
深視力検査
連続装用コンタクト
連続装用コンタクトの使用法