様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > お菓子

スポンサード リンク

今人気のケーキ・お菓子

お菓子やケーキなどのスウィーツは、いつでも女性たちに大人気。

今人気のケーキやお菓子は、雑誌やTVで紹介されて、一気に全国区でブレイクすることが多いようです。

今人気のケーキの一つは、ザッハトルテ。カリスマシェフが手がける、しっとりした味わいの大人のチョコレートケーキです。

お菓子の定番、チーズケーキも、今人気のケーキのひとつ。

熟練パティシエが作る生の食感のチーズタルトや、「幻のチーズケーキ」と絶賛され、2分で完売すると言われるような焼きチーズケーキに、人気が集中しています。

お菓子とケーキは、遠方の有名ブランドのものでも、店頭で行列待ちすることなく、ネット通販でいつでもお取り寄せできます。

今人気のケーキ・お菓子を、さっそく、試してみてはいかがでしょうか。

今人気のケーキとお菓子!

お菓子やケーキなどのスウィーツは、遠方の有名ブランドのものでも、店頭で行列待ちすることなく、インターネットで手軽に“お取り寄せ”することができるようになりました。

今人気のケーキの一つは、チーズケーキ。

生のとろ〜りとした食感の北海道発のチーズタルトや、カリスマパティシエが作る「幻のチーズケーキ」は絶品と言われ、女性たちに大人気です。

お菓子の定番、チョコレートケーキの中でも、TVや雑誌で話題をさらっているのは、「ザッハトルテ」。

今人気のケーキの一つで、しっとりした大人の味わいが魅力です。

お菓子やケーキのカリスマシェフが手がける商品は、生産が追いつかないほどの人気だと言われます。

お菓子のネットショッピングを利用して、自宅にいながら、一流シェフの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツ

お菓子の中でも、ケーキは、女性に大人気。

しかし、1個300円から500円もするのでは、お腹いっぱい食べられる機会もそうあるものではありません。

お菓子やケーキを、思いっきり食べてみたい……!

そんな人は、ケーキバイキングを利用しましょう。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツ・その1は、まず、ケーキを一度に大量に取ってきて、目の前に並べたりしないこと。

視覚的に「甘い物はもうウンザリ」と感じて、脳内の満腹中枢が働き始めてしまいます。

お菓子やケーキの山を前にして、心理的にもプレッシャーになるでしょう。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツ・その2は、直前の食事は抜かずに、6時間程度前に、軽く済ませておくことです。

バイキング直前に食事をとるのは論外ですが、このくらいの時間をあけて軽く食事を取っておくと、バイキングに行く時間には、胃もスタンバイOKになり、食欲も出ていることでしょう。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツ・その3は、バイキングのお店に行くまでに、歩いたり、体操したりして、体を動かしておくことです。

例えば、起き抜けに大量の食べ物を食べることはできません。体を動かすことによって、胃腸が動き出し、ようやく食欲は出てくるのです。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツ・その4は、早食いせずに、リラックスして食べるということ。友人との会話を楽しみながら食べれば、食は進みます。

逆に、「○○円払ったんだから、元を取らなきゃ!」「満腹中枢が働き始める20分以内に○個食べなきゃ!」などと思っていると、緊張感から、かえって食欲を減退させてしまいます。

お菓子やケーキを好きなだけ食べられるという、女性の夢をかなえるケーキバイキング。有効に利用して、楽しい時間を過ごしたいものです。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツとは?

お菓子やケーキを好きなだけ食べてみたい――。

そんな人は、ケーキバイキングを利用しましょう。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツは、まず、ケーキを一度に大量に取ってきて、目の前に並べたりしないこと。

お菓子やケーキの山を目の前にして、食欲が減退すること間違いなしです。

また、直前の食事は抜かずに、6〜7時間程度前までに、軽く済ませておくと良いでしょう。バイキングに行く頃には、胃もスタンバイOKになり、食欲も出てきます。

ケーキバイキングのお店に行くまでに、ウォーキングをするなどして、体を動かしておくことも大切です。それによって、胃腸も目覚め、食欲が出てきます。

お菓子やケーキを、早食いせずにリラックスして食べるということも、ケーキバイキングでたくさん食べるためのコツです。

「元を取らなければ!」などと意気込んでがっつくと、緊張感やプレッシャーから、かえって食欲が減退しまうからです。

お菓子やケーキを好きなだけ食べられるケーキバイキングは、女性の強い味方。有効活用して、日々のストレス解消にも役立てたいですね。

日本のお菓子――和菓子の特長

お菓子の中でも、和菓子は、その美しさ・ヘルシーさが、最近見直されてきています。

和菓子の特長の一つは、“四季がある”こと。

桜餅や柏餅を包む葉っぱなど、自然のものを利用することによって、季節感を演出することもあります。

お菓子の原料として、鳥や豚などの獣肉や乳製品を一切使わない、というのも和菓子の特長です。油や香辛料もほとんど使われません。

和菓子の場合、お米や麦、でんぷん、豆類、砂糖などがメイン材料なのです。

そのため、洋菓子に比べて、カロリーは概ね低めというのも、和菓子の特長の一つと言えるでしょう。

また、和菓子は、茶の湯とセットで発達してきたため、味は、緑茶に合うようなものになっています。

――五感に心地よい見た目の美しさ、四季折々の風情と趣を感じさせる色彩と形、お茶に合う味。

お菓子の中でも、日本人に癒しをもたらすのは、やはり和菓子であると言えるのではないでしょうか。

和菓子の特長とは

お菓子の中でも、ようかん、最中、餅菓子、まんじゅう……、などの日本風のお菓子を「和菓子」と言います。

和菓子の特長として、彩りや形の美しさ、そして、季節感があることが挙げられます。

また、原材料も、洋菓子とはかなり違います。

和菓子の場合、獣肉・乳製品は全く使わず、油や香辛料などもほとんど使用しません。

その代わり、米や麦、でんぷん、豆類などがメインになります。

洋菓子に比べて、カロリーは控えめで、ヘルシーな材料を使っているということも、和菓子の特長の一つと言えるでしょう。

お菓子の中でも、伝統的な和菓子の良さが、近年、若い人たちにも見直されてきています。

西洋のお菓子――洋菓子の特長

お菓子には、西洋風の“洋菓子”と、日本風の“和菓子”の2種類があります。

洋菓子は、明治時代以降に日本に浸透したもので、ケーキなどの“パティスリー”、砂糖やチョコレート等を使った“コンフィズリー”、氷菓子の“グラス”の3ジャンルに分けられます。

お菓子の中でも、洋菓子の特長は、小麦粉やバターを原料にしているものが多いこと。

また、和菓子に比べてカロリーが若干高めで、肥満などの原因になりやすいということも、洋菓子の特長の一つでしょう。

洋菓子の主なものとしては、ケーキ、パイ、ビスケット、キャンデー、プリン、ゼリー、アイスクリームなどがあります。

洋菓子の特長とは

お菓子の中でも、ケーキを代表とする洋菓子は、明治時代の文明開化の頃に日本に入ってきました。

そのときに、日本風の和菓子に対して、新しい西洋風のお菓子のことを、「洋菓子」として区別したわけです。

お菓子の中でも、洋菓子の特長は、小麦粉やバターといった原料が、メインに使われていることです。

和菓子に比べてカロリーがやや高めで、肥満などの原因になりやすいということも、洋菓子の特長の一つでしょう。

洋菓子には、ケーキやクッキーなどの焼き菓子(パティスリー)、キャンデーやチョコレートなどの砂糖菓子(コンフィズリー)、アイスクリームなどの冷菓(グラス)の3つがあります。

今人気のケーキのお店

今人気のケーキのお店、キルフェボン。
http://www.quil-fait-bon.com/top/top.html

洋なしや、栗、さつまいもなど、季節の素材を使った、サクサクとした何種類ものタルトがあることで有名な、今人気のケーキのお店です。

今人気のケーキがあるだけではなく、内装がとてもお洒落なことから、女子大生やOLを初めとする若い女性にとても人気があります。

店内は常に満席で、行列ができるほど。

待っている間、周辺でお買い物をする人も多いのだとか。

並んでも食べたくなるような、今人気のケーキのお店です。

興味を持たれた方は、ぜひ一度足を運んでみてください。遠方にお住まいの方は、ネット通販を利用されるといいでしょう。

今人気のケーキ(季節限定)

今人気のケーキのお店では、季節の素材を使った「季節限定ケーキ」も出しています。

たとえば、今人気のケーキのお店・キルフェボンの2006年のクリスマスケーキのラインナップは「フルーツのタルト」「赤いフルーツのタルト」「栗のティラミス」「ブルダーニュ産クリームチーズのケーキ」の4種。

これらの今人気のケーキは、あまりにも人気が高いので、すぐに売り切れてしまうほど!(実際2006年は予約が殺到して、早々に売り切れになりました)

もちろん、クリスマスケーキ以外のケーキも超オススメです。

キルフェボン
http://www.quil-fait-bon.com/top/top.html

同じく今人気のケーキ屋さん・カフェコムサは、たとえば9月は「いちごモンブラン」「ガトーフレーズ」「いちごとチョコナッツのタルト」、10月なら「さつまいものはちみつタルト」「洋なしのミルクティタルト」といった具合。

カフェコムサ
http://www.cafe-commeca.co.jp/index.html

今人気のケーキ、しかも楽しみな季節限定のケーキで、四季折々の楽しいティータイムをお過ごしになられてはいかがでしょうか。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツは?

ケーキバイキングでたくさん食べるコツ――それは、お菓子好き、ケーキ好きの人にとっての幸せのひと時である「ケーキバイキング」を充実させるために、とても大切なこと。

ケーキバイキングでたくさん食べるコツの基本は、まず胃のコンディションを整えておくこと。そして、日頃のストレスからくる緊張を和らげるために、場所、人、時間を選ぶことも大切。

ケーキバイキングも、ケーキの値段や大きさ、開催されている時間帯や食べられる時間枠など、お店によっていろいろ。お店の中の内装や雰囲気もいろいろあるので、自分の好みに合ったお店を選んだらいいですね。個室が用意されているところもあるので、好感の持てる人と、気兼ねせず、和やかに、何気ない会話を交わしながら、ケーキを楽しんでみてはどうでしょう。

ケーキバイキング前は、食事を抜くよりも、5〜6時間前に軽く食事をし、適度な運動をしてからの方が、ちょうど空腹感も出てきて、たくさん食べられるようです。これもケーキバイキングでたくさん食べるコツですね。

ケーキの合間の口直しは、糖分の入っていないストレートの紅茶やウーロン茶などで(温かいほうが胃への負担がかかりません)、あまり飲みすぎないというのも、ケーキバイキングでたくさん食べるコツの一つ。

ケーキを食べる時には、否定的な感情(怒りや悲しみなど)を持たないことです。「ありがとう」と感謝しながら食べるのも、胃腸の働きがよくなるという点で、無理なくケーキバイキングでたくさん食べるコツかもしれません。

ケーキを食べたら、30分〜1時間後くらいに、ウォーキングなどの適度な運動をすれば、消化も進んでよいでしょう。

たまには肩の力を抜いて、ケーキバイキングで和んでみてはいかが?

ケーキバイキングで楽しみながらたくさん食べるコツ

「ケーキバイキングでたくさん食べるコツ」は、お菓子好き、甘いもの好きにとっては、欠かせない知識ですね。

ケーキバイキングに行くからには、好きなものを好きなだけ、楽しく食べたいもの。特別な日を選んで(たとえば「お誕生日」や「お祝い」など)、気の知れた人たちとワイワイ騒ぎながら、楽しいひと時を過ごしてみては。でも、お話に夢中になって、ケーキを口に運ぶことも忘れたくないものです――そこで「ケーキバイキングでたくさん食べるコツ」を。

ケーキバイキングのあるお店では、1人に1枚のお皿が渡されて、各人がショーケースまでとりに行くというシステム。ドリンクは飲み放題で、制限時間2時間。一度に乗り切るだけのケーキをお皿の上に乗せて、食べ終えたら、また次に取りに行くというもの。このときケーキを一度にたくさん乗せすぎないのが、ケーキバイキングでたくさん食べるコツだそうです。

大好物のケーキも、数をこなしているうちに、うんざりしてしまうもの。そんな時、目の前にたくさん並んでいると、食べなければならないという義務感が生じて、緊張してしまいます。それよりも、欲しいと思ったものを、少しずつ楽しみながら。

ケーキバイキングの経験者の中には、数日前から、甘いもののない、質素な食生活を送って準備する人もいるとか。このように、楽しみを少しの間取っておいて、食べたいという気持ちがピークに達した頃に食べるというのも、ケーキバイキングでたくさん食べるコツかもしれません。

ケーキバイキングの後は、少し休憩してから、仲間たちと軽くウォーキングなどどうでしょう。代謝が活発になり、消化が促進されて、食後の胃の状態も健全に保たれます。

ケーキ、たくさん食べて、よかった♪よかった♪

ケーキを食べながら、たくさんおしゃべりもできて、楽しかったなー♪

こんなふうに気分よく終えることも、次回のケーキバイキングでたくさん食べるコツなのでしょうね……。

和菓子の特長

和菓子の特長は、特にその形と素材によく表れています。

和菓子の特長をもう少し説明すると、

・季節の素材を取り入れる(ゆえに季節限定のものも多い)

・季節や自然の美しさを視覚的に感じられるような形状やネーミング

・油や乳製品はあまり使わない

・植物由来の素材を使ったものが多い

・素材を活かした作り

といったところかと思います。

和菓子の特長がよく表れている具体例としては、

・桜餅(桜の葉を使い、色も桜を思わせる色)

・雪餅(雪を思わせる形状と舌触り)

・道明寺羹(雪や氷、水の流れを思わせる涼し気な姿)

・いちご大福(いちごと大福のコラボレーション。春限定)

・甘納豆(豆と砂糖でできた素朴なお菓子)

・干し柿(材料は柿だけ!)

これらのラインナップを見れば、和菓子の特長がだいたいおわかりいただけるのではないでしょうか?

和菓子の特長――健康面から

和菓子の特長として挙げられるのは、主に

(1)ヴィジュアル

(2)材料

といったところかと思います。

季節や自然を感じさせる、色とりどりの和菓子は、美味しいことはもちろんですが、それを作った職人さんの腕にも、思わずうなり声を上げてしまいますね。こうしたことも和菓子の特長なんですが、実用面で和菓子の特長を考えると、やはり(2)の「材料」に関連して、「体にいい」ということが挙げられると思います。

飽食の現代日本では、わたしたちは、体を維持するための食事以外にも、「おやつ」と称していろいろなものを食べています。

このおやつ、食べずにいられるなら問題ないのですが、特に甘いものが好きな人にとっては、一度覚えたスイーツの味は忘れられないもの。食後のデザート以外でも、一日に何度でも食べたいものです。

お菓子には、大きく分けて、和菓子と洋菓子があります。洋菓子が油脂や卵、乳製品など、胃腸にも重く、体にもあまり良くない材料を多く使う傾向があるのに対し、和菓子の特長としては、植物由来の材料がメインで、動物性の材料や油脂をほとんど使わないという性質があります。

この和菓子の特長、健康にいいだけではなく、ダイエットにも効果的。

体の不調や肥満に悩んでいる人は、まずはおやつやデザートを、洋菓子から和菓子に変えてみてはいかがでしょう? 食事の後に、緑茶で和菓子を楽しむのも、なかなか風情があっていいものですよ。

洋菓子の特長〜同じ材料からいろいろなものが生まれる

洋菓子とは、西洋で生まれたお菓子類のことです。これら洋菓子の特長とは、一体何でしょうか?

洋菓子は大きく分けて、

・ケーキやクッキーなどの焼き菓子(パティスリー)

・キャンデーやチョコレートなどの砂糖菓子(コンフィズリー)

・アイスクリームやシャーベットなどの冷菓(グラスリー)

の3つがあります。

「パティスリー」に分類される洋菓子の特長は、小麦粉、卵、糖類、油脂、乳製品などを主原料としていること。それぞれの原料の割合や、生地の形成の仕方、焼き上げ温度の違いによって、ケーキやクッキー、パイ、シュー、タルトと、いろいろな種類に分かれます。

「コンフィズリー」に分類される洋菓子の特長は、砂糖の特性を利用して作られること。煮詰め温度の違いによって、シロップ、フォンダン、キャラメルなど、出来上がりの状態が変わります。これを作るには、かなりの熟練が必要とされます。

洋菓子の特長は、上記のように、同じ材料を使っても、その加工の仕方によって、さまざまな形や味覚、食感のものが生まれるところでしょう。

洋菓子の特長と種類

洋菓子の種類を大きく分類すると

・パティスリー(生菓子、焼き菓子)

・コンフィズリー(チョコレート、パート・ド・フリュイ)

・グラス(アイスクリーム、シャーベット)

の3種類があり、それに加えて

・ピエス・モンテ(あめ細工など)

・ヴィエノワズリー(発酵生地を使ったもので、クロワッサンやブリオッシュなど)

も、洋菓子の種類として分類されています。

もちろん、これらは料理の仕方や材料の配分によって、さらに細分化されます。このような多様性は、洋菓子の特長の一つですね。

では、そのほかの洋菓子の特長は、どうでしょうか?

洋菓子の特長の別の面としては、パート(生地)作り。このパートは、小麦粉をベースに水、卵、バターなどの材料を混ぜ合わせたものであり、パートの種類によって、その状態はかなり違ったものになります。

その生地の状態や、焼き上げ温度の違いによって、同じ原料から実にたくさんの種類のお菓子が出来上がる――これも洋菓子の特長といえるでしょう。

 
メニュー
今人気のケーキ・お菓子
今人気のケーキとお菓子!
ケーキバイキングでたくさん食べるコツ
ケーキバイキングでたくさん食べるコツとは?
日本のお菓子――和菓子の特長
和菓子の特長とは
西洋のお菓子――洋菓子の特長
洋菓子の特長とは
今人気のケーキのお店
今人気のケーキ(季節限定)
ケーキバイキングでたくさん食べるコツは?
ケーキバイキングで楽しみながらたくさん食べるコツ
和菓子の特長
和菓子の特長――健康面から
洋菓子の特長〜同じ材料からいろいろなものが生まれる
洋菓子の特長と種類