様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ゲーム

スポンサード リンク

ゲームのジャンル

ゲームには様々なジャンルがあります。現在日本で「ゲーム」と言う場合、「コンピュータゲーム」を指すことが多いので、以下、「コンピュータゲーム」に限定したゲームのジャンルの主なものを挙げます。

・RPG:「ロール・プレイング・ゲーム」の略。プレイヤーがゲーム中のキャラクターになり切り、そのキャラクターに戦闘をさせることによって成長させるタイプのゲーム。

・シューティングゲーム:ボタンを押すことでミサイルや弾丸を発射し、敵を倒すタイプのゲーム。

・アクションゲーム:「対戦型格闘ゲーム」のように、キャラクターの動きをシミュレートする、プレイヤーの反射神経の鋭さが求められるするゲーム。

・シミュレーションゲーム:「歴史シミュレーション」「経営シミュレーション」など、様々なシチュエーションを体験できる、プレイヤーの頭脳が求められるゲーム。

・オンラインゲーム:ネット上でプレイするゲームの総称。特に多人数参加型のRPGが人気。

・アドベンチャーゲーム:「ギャルゲーム(ギャルゲー)」や「アダルトゲーム(エロゲー)」の多くがこのシステムを採用している。コマンドの入力、選択をすることで行動を決定する。

このほかにも「パズルゲーム」「音楽ゲーム」、囲碁や将棋のような「テーブルゲーム」などがあります。自分の好みに合わせてゲーム機とソフトを購入するといいでしょう。

ゲームのジャンル別の楽しみ方

ゲーム、特に80年代以降主流になった、「ゲームの代名詞」とも言える「コンピュータゲーム」には、実に様々なジャンルがあり、それぞれたくさんの魅力的なゲームソフトが用意されています。

ゲームの楽しみ方は人それぞれ。自分の好みにマッチしたジャンルのものを選んだらいいでしょう。たとえばこんなふうに。

・たくさんの友達と一緒に楽しみたい:RPG(ロール・プレイング・ゲーム)、アクションゲーム、シューティングゲームなど

・仮想現実の中で冒険を楽しみたい:RPG、シミュレーションゲームなど

・「対戦」がしたい:アクションゲームなど

・ゲームの中でいろいろな人と出逢いたい:オンラインゲーム、アドベンチャーゲームなど

・ゲームで頭を鍛えたい:シミュレーションゲーム、テーブルゲームなど

ほかにも様々なゲームの楽しみ方があります。ただし、ゲーム機によって販売されているソフトは異なりますから、ゲーム機選びにも注意が必要です。

オンラインゲームとは

ゲームの中に、「オンラインゲーム」と呼ばれるものがあります。これは文字通りオンライン=インターネット上でプレイするゲームで、「インターネットゲーム」「ネットゲーム」「ネトゲ」などの呼称があります。オンラインゲームの普及とともに、最近は無料のものも増えてきました。

オンラインゲームの特徴は、ネットを通じて他のユーザーと接触することができること。囲碁や将棋など、ネット上で対戦するものから、「MMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game/多人数参加型ロール・プレイング・ゲーム)」まであります。

オンラインゲームは、基本的には、ネットにつながっているパソコンなら、必要なソフトさえあれば問題なくプレイできるものが多いですが、中には高いパソコンスペックを要求されるものもあるので、その点は注意が必要です。

オンラインゲームでの犯罪

オンラインゲームが普及するにつれ、様々な問題が生じるようになりました。特に「MMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game/多人数参加型ロール・プレイング・ゲーム)」のように、仮想空間である一つのサーバーに数百人〜数千人がアクセスして行うものの場合は、仮想空間とはいえ、一つの「社会」を形成することになるため、人間社会同様の、笑えない犯罪も起き始めています。

オンラインゲームに関する目立った犯罪は「窃盗」です。MMORPGの場合、仮想空間といえども通貨が存在し、それによって様々な買い物ができます。ゲームのシステム上、買ったアイテムは、キャラクター同士で交換が可能なため、他人の持ち物を盗むプレイヤーも出てきました。

オンラインゲームでの窃盗で、最近報告されている手口の一例として、

「最初に被害者のキャラクターになりすましてアクセスし、そのキャラクターの装備を一旦全部外させて隠す。次に自分のキャラクターにアクセスし直し、被害者の装備を拾って装着する」

というものがありました。

オンラインゲームでの犯罪なので、この場合は「不正アクセス禁止法違反」とのことでしたが、つまりは窃盗です。

ゲームとはいえ、人間の考えることは、現実でも仮想空間でも、そう変わらないようですね。

テレビゲームとは

ゲームのうち、テレビモニタをディスプレイとして使用するタイプのゲーム機およびゲームソフトの総称が「テレビゲーム」です。最近売れ筋のゲーム機・ゲームソフトの主流は、このテレビゲームです。

テレビゲームでは、ゲーム機によって、プレイできるゲームソフトが固定されており、一つのゲームソフトを複数の種類のゲーム機でプレイすることはできません。

ゲーム機は、決して安いものではありませんから、購入の際は「自分がやりたいゲームソフトに対応した機種か」「プレイできるゲームソフトの種類が豊富か」「ゲーム機の将来性(ゲーム機の製造中止や後継機開発の取りやめ、ゲームソフト会社のその機種からの撤退などの心配はないか)」などを考慮して、慎重に選びたいものです。

テレビゲームを巡る問題

テレビゲームが普及するにしたがって、テレビゲームは多くの社会現象や社会問題に関わるようになりました。

テレビゲームを巡る問題の中で、特に問題視されているものに「引きこもり」という現象、もしくはそう呼ばれる一群の人たちの出現があります。これはもちろんゲームだけが原因ではありませんが、ゲーム機が多くの「引きこもり」に及ぼす影響には、決して無視できないものがあります。

ゲームでは、現実と違った世界を体験することができます。今の社会では到底ムリな冒険や恋愛や戦闘などが安全に楽しめますし、死んでも生き返ります。しかし、一歩外に出れば、現実社会は、人間関係や仕事、学業など、思い通りにならないことだらけです。この現実を考えたら、ゲームなどの世界に逃避したくなる人が出てくるのもムリはありません。

テレビゲームは、他にも様々な問題との関連が取り沙汰されていますが、ゲームはあくまでも一つのきっかけにすぎません。ここで単純にゲームのせいにするのではなく、ゲームの世界に逃避したくなるような社会や教育のあり方についても、皆で深く考えてゆく必要があるでしょう。

PS3(PLAYSTATION3)とは

PS3(PLAYSTATION3)(ピーエススリー/プレイステーションスリー)は、もはや日本でその名前を聞いたことがない人はいないほど有名な、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)製の家庭用ゲーム機です。

PS3(PLAYSTATION3)は、PS2の後継機で、日本では2006年11月11日に、北米では17日に発売されました(ヨーロッパでは2007年3月発売予定)。

PS3(PLAYSTATION3)は、PS2の後継機ですから、当然PS3(PLAYSTATION3)はPS2よりも性能的に多くの面で優れています。また、PS3(PLAYSTATION3)は、PS、PS2に対して上位互換性があるので、PS、PS2でプレイできたソフトは、PS3(PLAYSTATION3)でもプレイできます。

たとえばこれから、世界的に有名なRPGである「ファイナルファンタジーシリーズ」をプレイしたい人は、PS3(PLAYSTATION3)を買うといいですね。

PS3(PLAYSTATION3)の人気ぶり

PS3(PLAYSTATION3)(ピーエススリー/プレイステーションスリー)は、日本では2006年11月に発売された据置型ゲーム機です。

PS3(PLAYSTATION3)の人気はすさまじく、発売から一ヶ月ほど経った2006年12月末現在でも品薄のようで、Amazonなどでも新品は品切れ、なかなか定価では入手しづらい状況になっているようです。

PS3(PLAYSTATION3)のこうした販売・人気の状況は、いろいろな事件の引き金となりました。盗難や恐喝はもちろんですが、特にアメリカでは、PS3(PLAYSTATION3)を巡っての殺人事件すら起きている始末。

PS3(PLAYSTATION3)が素晴らしいゲーム機だというのはわかりますが、人を殺したり傷つけたりしてまで……PS3(PLAYSTATION3)に溺れるのもほどほどにしたいものです。

Wiiとは

Wii(ウィー)とは、任天堂製の据え置き型家庭用ゲーム機で、日本では2006年12月2日に発売されています(ちなみに北米は2006年11月19日、豪州は2006年12月7日、欧州は2006年12月8日に発売)。

WiiはPS3同様、発売日には、各小売店にWiiを求めての長蛇の列ができたようです。

Wiiを発売した任天堂は、過去に「ファミリーコンピュータ」「スーパーファミコン」「NINTENDO64」「ニンテンドーゲームキューブ」といった家庭用ゲーム機を出しており、このWiiは家庭用ゲーム機としては5台目にあたります。家庭用ゲーム機の爆発的普及の立役者ともなったメーカーですから、このWiiの信頼性も、それなりのものが期待されます。

また、Wiiが日本以外でもほぼ同時期に発売されている状況から、Wiiのようなゲーム機が外国でも普及していることがうかがわれますね。特に日本に先行して発売された北米では、発売後8日間で60万台が売れたそうで、なかなか好調なスタートを切っているようです。

Wiiの特長

Wii(ウィー)は、任天堂の5台目の据置型ゲーム機です。

Wiiの発売は、PS3の発売とほぼ同時期であり、分類も同じ「据置型ゲーム機」ですから、性能としても、ある程度はPS3を意識したつくりになっているようですね。

Wiiの特長はいろいろあり、本体の性能もかなりのものですが、特記すべきは、何と言ってもその操作性。Wiiの開発上のコンセプトとしては、「(ゲームの操作において)誰もが同じスタートラインに立てること」というものがあったそうで、近年多様化・複雑化してきた家庭用ゲームを、多くの人が楽しむことができるよう、操作がかなりわかりやすくなっています。この操作性を実現するのが、「Wiiリモコン」「ヌンチャク」といったコントローラ。

Wiiは「ニンテンドーゲームキューブ」に対して上位互換性があるので、ゲームキューブのソフトはWiiでも使えます(ただし、ゲームキューブのソフトを使う場合は、従来のコントローラを用いなければならず、Wiiリモコン・ヌンチャク・クラシックコントローラは使えないので要注意)。

Wiiの定価は、PS3よりはかなり安いですが、やはりこちらも品薄。2006年12月現在、Amazonなどでは品切れで、新品の入手はできるものの、定価での購入は困難な状況になっています。

ニンテンドーDSとは

ニンテンドーDSとは、あの「Wii」の任天堂が販売している携帯型ゲーム機です。DSとは「Double Screen」の略で、ニンテンドーDSは、その名のとおり、2画面の構成になっています。

近年は、携帯型ゲーム機といっても多機能です。以前10人くらいの人が各々のニンテンドーDSを使って「合奏」している様を見たことがありますが、このように、ニンテンドーDSは、一人で楽しむのはもちろん、何人かで一緒に楽しむことも可能です。

ニンテンドーDSの上位機種としては「ニンテンドーDS Lite」があります。基本性能はニンテンドーDSと同じですが、さらに携帯性を高めるために小型化されており、またデザインも一新されています。

ニンテンドーDSの人気

ニンテンドーDSおよびその上位機種のニンテンドーDS Lite。携帯用ゲーム機ながら、世界各国で前例のないヒット商品になりました。

ニンテンドーDSの人気にはすさまじいものがあります。ニンテンドーDS Liteの日本での発売は2006年3月でしたが、それから半年以上経った11月でも、品薄状態は続いています。任天堂自体は、ニンテンドーDS Liteに関して、毎週可能な限りの出荷(週15万台ほど)をしているものの、ニンテンドーDS Liteを小売店が仕入れても、その当日に完売してしまうほどの人気ぶりです。

ニンテンドーDSの人気の秘密の一つは、対応ソフトのラインナップ。子供や若者だけでなく、中高年が脳を鍛えることができるようなソフトも揃えられていることが、あらゆる年齢層に受け入れられている因であるようです。

Xbox 360とは

Xbox 360とは、マイクロソフトが2005年11月から12月にかけて、北米・ヨーロッパ・日本で順次発売した据置型ゲーム機です。

Xbox 360には、フルセットのほかに廉価版の「Xbox 360 コアシステム」があります。

Xbox 360は、マイクロソフトのゲーム機だけに、マイクロソフトのソフトウェア・ハードウェアの技術が反映され、特にXbox 360の前身であるXboxが発売された頃は、メディアやユーザーの間で「ほとんどパソコン」と言われるほどでした。それだけに、ハードとしての性能は相当のもので、CPUやグラフィックチップ、ストレージなど、どれを取ってもマイクロソフト社ならではのこだわりが感じられるものとなっています。

Xbox 360は、その前身であるXboxに対し、「一応」上位互換性はあります。しかし、Xboxのソフトを使うためには様々な制約や条件がありますので、Xboxのソフトをプレイしたい方は、Xbox 360の購入の際はその点注意が必要です。

Xbox 360対応のゲームソフト

Xbox 360に限らず、家庭用ゲーム機を買うときに気になるのは、何といってもどのようなゲームソフトがあるかということでしょう。わたしなどは、ゲーム機そのものの性能よりも、「どんなソフトがあるか」の方を重視してゲーム機を選びますが、このような選び方をしている方は、かなり多いと思います。

Xbox 360に対応しているゲームソフトは、どんなものがあるでしょうか? 以下、代表的なものをいくつか挙げてみます。

・スーパーロボット大戦XO

・天外魔境 ZIRIA 〜遙かなるジパング〜

・ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006

・真・三國無双4 Empires

・戦国無双2

・DEAD OR ALIVE 4

Xbox 360に対応しているゲームソフトは、2006年12月現在で70ほど。もちろんこれ以降も、発売予定のソフトが多数あります。加えて、エミュレーターソフトの使用によってXboxのソフトのプレイも可能です。

オンラインゲームの種類(1)

オンラインゲームの種類はいろいろ。オンラインゲームの種類の例としては、以下のようなものがあります。

・MORPG(Multi-player Online Role-Playing Game/複数プレイヤー参加型オンラインRPG)

・MMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game/多人数同時参加型オンラインRPG)

・テーブルトークRPG

・オンライン対戦ゲーム

オンラインゲームの種類を見ていくと、据置型のゲーム機のゲームソフトとそう違うわけではありません。とはいえ、オンラインゲームの醍醐味は、遠く離れた場所にいるユーザーとも対決できること。そのため、オンラインゲームの種類の中でも、「対戦ゲーム」などは、据置型・携帯型で楽しむよりは、オンラインゲームとして楽しんだほうがより楽しめるオンラインゲームの種類と言えます。

オンラインゲームの種類(2)

オンラインゲームの種類にはさまざまありますが、比較的大勢のプレイヤーを集めているオンラインゲームの種類としては、例として以下のようなものが挙げられます。

・リネージュII

・ウルティマオンライン

・ファイナルファンタジーXI

・ラグナロクオンライン

上記のオンラインゲームの種類の人気のヒミツは、やはりキャラクターや世界観。オンラインゲームの種類の中でも、RPGの類は比較的ヒットしやすいようですね。

ゲームは今や、子どものオモチャにとどまらず、おじいちゃん・おばあちゃんまでハマる時代。オンラインゲームの種類の中でも、特に脳のトレーニングにもなるようなものは、子どもから高齢者まで楽しめるということで、一定の人気を保っているようです。

無料のオンラインゲーム

「無料のオンラインゲーム」というものも出回るようになりました。ネット上では無料のサービスがあふれていますから、無料のオンラインゲームが提供されるのも不思議なことではありませんが、それにしても、無料のオンラインゲームが楽しめるなんて、いい時代になったものですね。

無料のオンラインゲームの例としては、以下のようなものがあります。

SILKROAD ONLINE

・ソーサリアンオンライン

・ファンタジーアース ゼロ

・レッドストーン

これら無料のオンラインゲームは、ある程度のユーザー数を誇っています。オンラインゲームの醍醐味は、リアルの世界では遠く離れている人と、ヴァーチャル空間でコンタクトを取ることができること。その中では、時には恋愛感情さえ生じることも。こうした世界は、一度ハマるとなかなか抜け出せない世界かもしれませんね。

無料のオンラインゲームの始め方

無料のオンラインゲームは、無料なだけに手続きも簡単。無料のオンラインゲームは、そのゲームの公式サイトにアクセスして、ゲームソフトをダウンロードするのが一般的なようです。

無料のオンラインゲームは、無料ながらも、それなりに楽しめるものが多く出ています。たとえば無料のオンラインゲームとして有名な「デカロン」などは、無料のオンラインゲームながら、グラフィックもなかなかで、ユーザーの満足度も高いようです。

「ゲーム機を持っていないけど、ゲームがどんなものか体験してみたい」という方は、まずは無料のオンラインゲームから入ってみるのもいいと思います。無料のオンラインゲームで、ゲームの醍醐味をぜひ体感してみてください。

対戦型オンラインゲーム

オンラインゲームは、据置型ゲームのソフト同様、さまざまな種類のものが出ていますが、中でも対戦型のオンラインゲームは、オンラインゲームの特性がよく活かされていて、多くのユーザーに支持されているようです。

対戦型のオンラインゲームの例としては、以下のようなものがあります。

・エイジ オブ エンパイアIII

・カウンターストライク

・東風荘

・三国志大戦

これら対戦型のオンラインゲームは、遠く離れた場所にいるユーザー同士がネット上というヴァーチャル空間で対戦できるという、リアルの世界ではちょっと味わうことのできないエキサイティングでスリリングなものになっています。

対戦型のオンラインゲームは、今後のシステムの向上が期待されているゲームの一ジャンルと言えるでしょう。

対戦型オンラインゲームの将来

対戦型オンラインゲームは、オンラインゲームの中でも多くのユーザーの支持を得ているゲームの一つと言えます。

対戦型オンラインゲームの楽しさといったら、何と言っても「勝負」! リアルの世界では「勝負」なんて機会はそうそうあるものではありませんし、一歩間違うと「傷害罪」になったり、自分の命が危なかったり(笑)。でも、対戦型オンラインゲームなら、こうしたリスクを避けつつ「勝負」を楽しむことができますね。

対戦型オンラインゲームの「勝負」は、もちろん仮想現実での「勝負」ですから、リアルの世界と全く同じというわけにはいきませんが、現在も「ヴァーチャル・リアリティ」の技術開発はどんどん進んでいるため、対戦型オンラインゲームにおいても、現実と全く変わらないような経験ができる日が来るのも時間の問題でしょう。

ゲームのジャンル

ゲームはテレビゲームの発達によって、そのゲームのジャンルは増えていき大きく変化をしました。

それまでは将棋や囲碁のように実際の駒を使っていたものでも、テレビゲームで代わりができ対戦相手がいなくてもコンピューターとの対戦ができるようになり遊びが多様化してきたのです。

今では大抵のものが、テレビゲームで遊ぶことが可能になりました。それどころかバーチャルな世界が広がり、テレビゲームでしか体験できないようなものまであり、その進化には目を見張るものがあります。

そこで今回はゲームのジャンルをわけて、その楽しみ方を紹介していきましょう。

アクションゲーム:縦スクロール、横スクロールとあり、キャラクターを操作して障害物や敵を倒して進んでいく

パズルゲーム:謎を解いたり、組み合わせをしながら、ステージをクリアしていく

アドベンチャーゲーム:コマンド形式で物語が進行していく。推理物や学園物やホラー物などがある

RPGゲーム:主人公が敵を倒しながら経験を積んで成長して行く

シミュレーションゲーム:人の育成、会社の経営、戦争物、国づくりなど様々な物を自分の判断で創造していく

ボードゲーム:将棋、囲碁、チェスなどやオリジナルのボードゲーム

シューティングゲーム:リアルタイムで戦いながら進めていく

ゲームには、まだまだ色んなジャンルがありますが、バーチャルな世界は発達し、その操作性から遊び方まで多様化しています。

ゲームのジャンル2

ゲームのジャンルは80年代のテレビゲームの時代と比較にならないくらい進化しました。

モノクロのブロック崩しやテニスといった単純な操作の時代は過ぎ去り、今ではゲームの種類別に、専用の操作パッドがあるくらいです。(カーレース専用、釣専用、電車専用、スポーツ専用、音楽専用など)

ジャンル別に楽しみ方の参項として、以下あげますと、

日常生活とは違うバーチャルな世界を楽しみたい人には、RPGゲームやアドベンチャーゲーム。

頭を使って楽しみたい人には、シミュレーションゲームやボードゲームやパズルゲーム。

スポーツ感覚で遊びたい人には、様々なスポーツゲーム。

ストレスを発散させて遊びたい人には、シューティングゲームや対戦ゲーム。

遊びながら多くの人とコミュニケーションをとりたい人は、オンラインゲームや対戦ゲーム。

それぞれのジャンルにおけるゲームの種類は豊富であり、遊び方も多様化してきています。しかも、一人で遊ぶのではなくて、二人、三人、四人と参加型のゲームも増えて、ゲームを通じてコミュニケーションをとる人もいるくらいなのです。

ゲームの進化はこれからも私たちの欲求する方向で広がっていくでしょう。

オンラインゲーム

オンラインゲームは、ここ数年で急激に増えています。

オンラインゲームとは、通称「ネットゲーム」とも呼ばれていて、インターネットを通して多くの人が参加して楽しむものです。

オンラインゲームの一番の特徴は相手がいることです。将棋や囲碁やチェスなどの対戦ゲームはパソコン通信の時代からありましたが、今の主流は、多人数参加型ロール・プレイング・ゲームでしょう。その数も国内だけでも100以上あり、そのどれもが基本的に登録無料で運営されています。(以前はディアブロやウルティマなど有料が普通でした)

ただし、ゲームを進める上での必要なアイテムなどを有料で販売しているサイトも多いようです。

大抵は、オンラインからゲームソフトを無料で配布していますが、自分のパソコンのスペックを調べてから利用するといいでしょう。

オンラインゲームは、そのゲームを楽しむだけではなくて、多くの人とチャットができるのも一つの魅力ではないでしょうか。中にはゲームが目的ではなくて、チャットを楽しんでいる人もいるようです。

オンラインゲーム2

オンラインゲームは多人数参加型ロール・プレイング・ゲームのサイトが多いようです。他の対戦ゲームでも気をつける点がありますが、それはインターネットは一つの社会であり、そこにはきちんとしたマナーとルールがあるということです。

オンラインゲームはバーチャルな世界だから、相手が判らない・自分も誰だかわからないから何をしてもいい、ということはありません。

オンラインゲームは、ネット社会のひとつと位置づけられますが、ネット社会でも誹謗中傷や嫌がらせを行って他の人を不愉快にさせるのは悪質だと判断され、アカウントを停止されたり、サイトから追放されたりします。

管理運営の企業も、その辺の対応は年を重ねるごとに厳しくなっていますから、オンラインゲームを行う人は、マナーは守って楽しく遊びましょう。逆に対応の厳しいサイトの方が安心して遊べると思います。

テレビゲーム

テレビゲームは専用のゲーム機を使用してテレビのモニターにそのゲームの画面を映して遊ぶものを指します。

任天堂のファミコンが家庭ゲームを大きく変化させ、それに続くように沢山のメーカーがゲーム機を作り出しました。(スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、ニンテンドウ64、ドリームキャスト、セガ・サターン、プレイステーション、ゲームキューブ、XBOX)

テレビゲームの専用機に対応して、多くのゲームソフトの開発会社が登場して、多くの名作を誕生させました。(インベーダー、ドンキーコング、ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、ゼビウスetc)

ここで問題なのが、ゲームソフトには互換性はないということです。それぞれのゲームソフトを楽しみたいならば、それに合ったゲーム機が必要になります。ですから、ゲーム機を選択するときには、それぞれの開発されたゲームソフトの数と内容が一つの目安になると思います。

テレビゲーム2

テレビゲームの登場は私たちの遊びを大きく変えたと思います。

それらゲーム機の種類は現在では沢山あり、ゲームソフトも数多く作られました。

昔は子供達は、外で友達と一緒に野球やサッカーなどで遊んでいましたが、今ではテレビゲームで野球やサッカーを友達と一緒に遊ぶようになってしまいました。これを良いと見るのか、悪いと見るのかの議論はここでは避けますが、テレビゲームのやり過ぎによって、様々な問題が起きたことも事実です。

アメリカでもテレビゲームのやり過ぎで子供が倒れたりした事をきっかけに、ゲームソフトの注意書きには「何時間以上のゲームはしないでください」などと書かれているものもあります。

しかし、以前は単に遊ぶだけのゲームが多かったですが、ここ数年は知能を高めるような様々なソフトや子供の知的向上の為のソフトも開発されていて、子供から大人まで幅広くテレビゲームを楽しむ時代になっているのかも知れません。

 
メニュー
ゲームのジャンル
ゲームのジャンル別の楽しみ方
オンラインゲームとは
オンラインゲームでの犯罪
テレビゲームとは
テレビゲームを巡る問題
PS3(PLAYSTATION3)とは
PS3(PLAYSTATION3)の人気ぶり
Wiiとは
Wiiの特長
ニンテンドーDSとは
ニンテンドーDSの人気
Xbox 360とは
Xbox 360対応のゲームソフト
オンラインゲームの種類(1)
オンラインゲームの種類(2)
無料のオンラインゲーム
無料のオンラインゲームの始め方
対戦型オンラインゲーム
対戦型オンラインゲームの将来
ゲームのジャンル
ゲームのジャンル2
オンラインゲーム
オンラインゲーム2
テレビゲーム
テレビゲーム2