様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 保育

スポンサード リンク

夜間の保育を行う施設・サービス

保育のための施設には、保育園や幼稚園などがありますが、夜間に子供を預かってくれる施設は、あまり多くありません。

夜間保育を行っている施設の一つに、ベビーホテルがあります。

ベビーホテルは認可外保育施設ですが、夜間や休日預かり、宿泊にも対応している所があります。

また、夜間の保育を行っている施設の中で、厚生省の認可を受けているものには、「夜間保育所」があります。ここでは、午後10時までの延長保育に対応しています。

それでも条件に合う夜間保育施設が見つからない場合には、ベビーシッターや、ファミリー・サポート・センター、子育て支援NPOに依頼するという方法もあるでしょう。

また、勤務先が病院の場合は、夜間保育も行っている事業所内保育所がある場合もあります。

最近はさまざまな仕事のスタイルに合わせて、親の勤務形態・勤務時間も変わってきています。

夜間保育サービスを行う施設へのニーズは、今後も高まっていくのではないでしょうか。

夜間保育に対応した施設

保育のための施設の中でも、夜間に子供を預かってくれるところを探すのは、なかなか困難です。

夜間の保育に対応した施設には、どんな種類があるのでしょうか?

まず、厚生省の認可を受けているものに、「夜間保育所」があります。ここでは、午後10時までの延長保育に対応しています。

国や都等の認可を受けていない「認可外保育施設」の中では、ベビーホテルがあります。

ベビーホテルの多くは、夜間保育・休日預かり・宿泊等にも対応しています。

また、高額ではありますが、ベビーシッターに依頼するというのも一つの方法でしょう。

夜間の保育を行っている施設やサービスと一口に言っても、利用料金や条件、保育環境や保育方針などには大きな違いがあります。

安心して子供を預けることができるか、自分の目でよくチェックし、慎重に選ぶことをおすすめします。

家庭での保育とその方法

保育の中でも、家庭保育とは、幼児が生まれ育った家庭で、両親等の家族によって育てられることを指します。

近頃では、親が先生となって自分の子を保育・教育する「家庭保育園」の幼児教材が人気です。

保育の方法によって、優秀な子供が育つというサクセスストーリーとともに、さまざまなものが販売されています。

英才教育の一環と呼んでもいいかもしれません。

家庭保育園には、ビッテ式、七田式などがあります。

ビッテ式家庭保育園は、父の熱心な家庭での保育により、8歳で6ヶ国語をマスター、9歳で大学入学、16歳で大学教授に就任したという天才児、カール・ビッテを生んだ保育法として知られています。

家庭での保育が良い結果を生むかどうかは、親の努力や資質によるところが大きいもの。

保育用の教材に頼らず、親が、自分自身を高めつつ、愛を持って子供を育てていくことが重要です。

家庭保育福祉員(保育ママ)とは

保育をしてくれる施設を探しているが、近くに保育所がない――。

共働きの家庭にとって、条件に合った施設を探すのは、思いのほか困難なもの。

保育園に空きがない、乳児は受け入れてもらえない、年度途中で受け入れてくれるところがない、預かり時間が合わない等々、状況はさまざまです。

そこで、国が2000年から始めた補助制度をきっかけに、昼間働く親に代わって乳幼児を保育するという「家庭保育福祉員(家庭福祉員)」、いわゆる「保育ママ」の制度が、市区町村に導入されるようになりました。

家庭保育福祉員(保育ママ)は、家庭的な雰囲気の中で、他の子供を、自分の子供のように保育します。

家庭保育福祉員は、保育士などの資格を持っている等の一定の条件を満たしていて、市区町村で認定された人がなることができます。

保育園と幼稚園の違い

保育・幼児教育のための施設には、保育園(保育所)と幼稚園があります。

「保育園と幼稚園、どっちにしようかな」と、お悩みの方は少なくないと思います。

保育園と幼稚園の違いとはどこにあるのでしょうか?

一般に、保育園は、親が働いていて保育できない場合などに、乳幼児を預けることのできる施設です。

入園できる年齢は、幼稚園より低く、0歳から受け入れているところもあります。保育料は、親の所得や子の年齢により、違いがあります。

保育時間は、親が働いている時間をカバーできるよう、幼稚園より長めに設定されています。

幼稚園は、多くは3歳からしか入園できません。園の方針によって違いはありますが、概ね、生活を中心とした保育園に比べて、「教育の場」というニュアンスが濃くなります。

預かり時間は比較的短く、9時から14時までが一般的です。保育料は、公立幼稚園か私立幼稚園かによって、大きな差があります。

行政的に見ると、幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省が所管であって、基づく法令も違っています。

保育園では保育士、幼稚園では幼稚園教諭が保育や指導に当たるという点も、保育園と幼稚園の違いの一つでしょう。

しかし、最近では、それぞれの園児受入の条件や施設の機能において、保育園と幼稚園の違いがはっきりしなくなり、境界が曖昧になってきていました。

そこで、少子化対策の一環として、子育て支援のために成立したのが、「認定子ども園」法案です。

これは、保育所と幼稚園を、総合施設として一貫させるといった内容で、国会で可決されて成立し、2006年10月からスタートすることになっています。

幼稚園も保育園も、今後は、双方の機能を一体化した「認定こども園」なる総合施設として、移行していくことになります。

保育園と幼稚園の違い2

保育のための主な施設に、保育園(保育所)と幼稚園があります。

保育園と幼稚園の違いとしては、いくつかの点が上げられます。

一般に、保育園は、共働きの夫婦が、乳幼児を預けることのできる施設です。0歳から入園できるところもあり、帰宅が遅くなる親の都合に合わせて、幼稚園より長い時間、子供を預けることができます。

一方、幼稚園は、3歳から入園できる施設が多く、保育というより、幼児教育がメインになります。

預かり時間も、9時から14時頃までと、短めになっています。

行政上も、幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省が所管であるというのも、保育園と幼稚園の違いです。

しかし、最近では、保育園と幼稚園を、双方の機能を備えた「認定子ども園」という総合施設へ移行させていく、という法案が国会で成立しました。

2006年10月からスタートすることになっています。

これからは、保育園と幼稚園の違いを考えるというより、各家庭が、それぞれの生活スタイルや教育方針に合わせて保育・教育施設を選ぶ、という時代になっていくのかもしれません。

 
メニュー
夜間の保育を行う施設・サービス
夜間保育に対応した施設
家庭での保育とその方法
家庭保育福祉員(保育ママ)とは
保育園と幼稚園の違い
保育園と幼稚園の違い2