様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 登山

スポンサード リンク

登山の心得

「登山」と一言で言っても、真冬の高山のように命がけのものから、標高数百メートルの山にいつもの服装でピクニック気分で登るものまでさまざまです。とはいえ、登山は、それがどんな山であっても、油断は禁物。登山の際は、普段の生活では起こりえないようなこともあるのです。

登山でのトラブルは、その山の高さや地形、季節や環境などによってさまざまですが、共通しているのは、平地と比べて歩きにくいということと、勾配が「坂道」などとは比べ物にならないくらいキツいということ。だから、何の準備(心と体両方)もなしに登りはじめると、足をくじいたり、心臓に負担が掛かりすぎたりと、体を傷めてしまうことも。

登山の際は、事前にその山の地形や条件をよく調べ、準備を怠らないようにしたいものですね。

登山の際の注意

登山は、世界中で愛好されているスポーツ。しかし「登山」といっても、軽く「裏山」に登るようなものから、エベレストやK2などのような標高8千メートルを超える、普通の人が登るにはまずムリな超難関の山に挑むものまでさまざまです。

登山は、それがどんな山であろうとも、何かしらの危険はつきものです。登山の際には、蜂や毒蛇、熊などの、場合によっては人間に害を与えるような生き物に遭うことも十分考えられますし、その地形から、捻挫や骨折といったケガをすることも少なくありません。さらに冬の高山などの場合は凍傷の危険も伴いますし、悪くすると滑落することすらあります。

とはいえ、登山は事前の下調べや準備を怠らなければ、こうしたリスクをかなり避けることもできます。登山はくれぐれも安全に楽しみたいものですね。

富士登山

富士山は日本で一番の標高を誇る、いわば日本のシンボル。それだけに、富士登山は、日本でも大変メジャーなスポーツ・レジャーと言えますね。

富士登山は、標高は高いながら、登山道の整備などにより、老若男女だれでも、それなりに健康ならば、わりあい気軽に楽しめるものになりました。

富士登山の登山道・登山口にはいくつかあります。わたしの印象では、それぞれ一長一短といったところですので、自分の条件に合ったところから登るといいでしょう。

富士登山に関しては、以下のサイトが参考になると思います。登る際の注意点や必要な装備はもちろん、山小屋の評判まで網羅しているのでオススメです。

富士登山をしてみたい!
http://www.tozan.org/fuji/index.html

富士登山の際の留意点

富士登山は老若男女問わず、多くの人に親しまれており、毎年多くの観光客が山頂を目指します。

富士登山の醍醐味のひとつは「ご来光」。富士山は日本の他の山の例に漏れず「山岳信仰」の対象となってきた山ですから、その御利益を求めて登る人も少なくありません。

富士登山は、実際に行ってみたことがある人ならおわかりかと思いますが、登山者が多いわりには、さほど楽なものではありません。富士登山は、観光気分で行くと痛い目に遭います。

まず、富士山は何といっても標高が3000メートル以上もあるため気圧が低く、高山病にかかる人も少なくありません。高山病は、症状が重くなると死ぬこともあるという危険なものです。また天気が変わりやすいため雨具は必須ですし、防寒装備も欠かせません。

富士登山の際は、以下のサイトなどを参考にし、安全に楽しんでください。

山旅メーリングリスト「富士登山をしてみたい!」
http://www.tozan.org/fuji/index.html

箱根バスツアー

登山の中でも人気のあるものの一つに、箱根登山があります。

箱根山とは特定の山を指す名ではなく、神奈川県箱根町を中心に神奈川県と静岡県にまたがる火山の総称です。また、「富士箱根伊豆国立公園」にも指定されています。

箱根山はこうした性質から、登山はもちろん、温泉を楽しむにも最適なところ。だから当然「箱根バスツアー」なるものも存在します。

「箱根バスツアー」は、団体旅行として企画することもできますが、箱根バスツアーを個人やご家族などの少人数で楽しみたいなら、新宿や羽田などから出ている高速バスや、旅行会社のパックなどを利用するという手もあるでしょう。

箱根バスツアーに限らず、一般的にバスツアーは割安でラクなものです。出発地点により使う交通機関も若干違ってくるでしょうが、箱根に行く際は、箱根バスツアーも検討する価値はあるでしょう。

箱根バスツアーを利用しよう

登山にもいろいろな楽しみ方がありますが、特に人気のある山などは「○○登山」という呼ばれ方が定着しています。これらの中では「富士登山」「箱根登山」あたりが有名なものとして挙げられるでしょう。

箱根バスツアーは、箱根山に行きたい人のためのツアー。箱根山は、登山だけでなく温泉や景色なども楽しめるので、箱根バスツアーは多くの人たちに人気があるツアーです。

箱根バスツアーを希望される方は、新宿や羽田などから高速バスが出ているので、それを利用するといいでしょう。また、旅行会社などでも箱根バスツアーを企画しているところはあります。もちろん箱根バスツアー以外にも、電車やロープウェイなどの交通機関がありますから、これらの交通機関を組み合わせ、楽しく快適な箱根旅行を楽しんでください。

伊豆箱根鉄道とは

伊豆箱根鉄道(伊豆箱根鉄道株式会社)とは、その名の通り、伊豆・箱根を中心に事業を展開している西武系列の鉄道会社。伊豆箱根鉄道はまた、鉄道以外にも芦ノ湖の遊覧船とロープウェイを運営しています。

伊豆箱根鉄道の路線には、駿豆線(すんずせん)・大雄山線(だいゆうざんせん)・十国鋼索線(じっこくこうさくせん/箱根十国峠ケーブルカー)・駒ヶ岳索道線(こまがたけさくどうせん/箱根駒ヶ岳ロープウェー)があります。これらの伊豆箱根鉄道の路線のうち、特に駿豆線に関しては、沿線に観光地が多く、またJRから特急や新幹線が乗り入れていることもあって、観光客による利用が多いようです。中でも三島駅は、新幹線や特急だけでなく、観光地行きの各種バスの発着所でもあるため、静岡県内でも活気のある駅の一つと言えるでしょう。

伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道は、神奈川県の小田原・箱根地区と静岡県の伊豆地区において、鉄道路線などを運営している西武系列の鉄道会社です。

小田原・箱根・伊豆といったら、観光地としてもとても人気が高いところ。伊豆箱根鉄道は、JRや各種バスなどとの連絡もあり、これらの場所で登山や温泉などを楽しみたい方にとっては、多くの場合利用することになる路線でしょう。

伊豆箱根鉄道の路線には、駿豆線(すんずせん)・大雄山線(だいゆうざんせん)・十国鋼索線(じっこくこうさくせん/箱根十国峠ケーブルカー)・駒ヶ岳索道線(こまがたけさくどうせん/箱根駒ヶ岳ロープウェー)があります。これらの伊豆箱根鉄道の路線の中でも、駿豆線と大雄山線に関しては、

駿豆線:三島駅で東海旅客鉄道の東海道新幹線・東海道本線と接続

大雄山線:小田原駅にて東海道新幹線・東海道本線・小田急小田原線・箱根登山鉄道鉄道線と接続

といった具合で、特に遠方から来た方にとってはわりと便利な路線ではないでしょうか。

登山靴とは

登山靴とは、文字通り登山専用の靴。そのため、山では非常に具合がいいのですが、街中のアスファルト道路ではちょっと歩きづらいという特徴があります。

登山靴には、大きく分けて、革製のものと化学繊維のものとがあります。化学繊維の登山靴は安価で軽量ですが、水が染み込みやすくなっています(ゴアテックスは別ですが、防水に寿命がある上、値段も革製のものと変わらない)。一方、革製の登山靴は、丈夫で防水も優れ、足にも馴染みますが、重くて蒸れるという欠点もあります。

登山靴を別の分け方をすると、重登山靴と軽登山靴があります。山によって、必要な靴は違ってきますが、登山靴に関しては、靴選びを間違うと命に関わることもありますから、特に重登山靴の場合は、「懐具合」で決めないほうが懸命です。

登山靴の選び方

登山靴は、登山において必須のアイテム。登山は足が命ですから、登山靴選びは慎重に行いたいものです。

登山靴には軽登山靴と重登山靴があり、素材も化学繊維と革製のものとがあります。日帰り登山などの場合は、安価な化学繊維の登山靴でもいいでしょうが、テント泊を続けるようなハードな登山の場合は、単純に懐具合で決めたりすると、命を失うことにもなりかねませんので、登山用品の専門店で、店員さん(この手の店の店員には、自らも登山をしている人が多い)とよく相談しながら選びたいものです。

軽登山靴・重登山靴とも、一番重要なのは、足に合うかどうか。納得いくまで試し履きして、自分の足に合った登山靴を見つけてください。また、さまざまな山に行く方は、登山靴を一足で済まそうとせず、行き先によって複数の靴を使い分けるといいと思います。

登山用品とは

登山用品は、スポーツ用品の一ジャンルといってもいいほど多種多様。登山用品だけを売る専門店も各地に存在するほどです。

登山用品は、登山に熟練した人が売っていることも少なくありません。というのは、登山用品は、登山に詳しい人でないと、購入者の質問やメンテナンスの依頼に対応できませんし、登山用品の選び方が生死を左右することもあるからです。

登山用品にはいろいろあり、日常で使っているものを転用したりディスカウントショップで買ったりしてもいいようなものから、専門店で店員と相談しながら慎重に選ばなければならないようなものまでさまざま。中でもザック(高山用)やシュラフ、テントや登山靴といったような、日常生活ではまず使わないものは、登山用品の専門店で選ぶといいでしょう。

登山用品いろいろ

登山用品は、登山の専門店ですべて揃いますが、こうした専門店は、良い品を取り揃えている反面、決して安いわけではありません。

登山用品は大別して、日常生活で使っているもので代用できるものと、登山専門に買い揃えたいものとがあります。

登山用品については、軽い登山とハードな登山でかなり事情が変わってきます。たとえば日帰りやコテージに泊まるような軽い登山では、靴はともかく、ザックや雨具など大抵のものは普段使いのもので何とかなりますが、テントに連泊するような登山になってくると、そういうわけにはいきません。衣食住すべての道具を持って移動しなくてはならない上に苛酷な環境にも耐える必要があるため、食事の道具や雨具、寝具、ザックなど、多くの道具を登山専用のものに持ち替える必要が出てきます。また、冬山に登る場合も、専用の登山用品は必要です。

登山用品を選ぶ際のポイントなどは、以下のサイトが参考になるかと思います。

山旅メーリングリスト「山の道具の選び方」
http://www.tozan.org/dougu/index.html

箱根山登山

箱根山(はこねやま)とは、神奈川県箱根町を中心として神奈川県と静岡県の県境に位置する火山の総称で、「富士箱根伊豆国立公園」にも指定されています。

箱根山は、前述のように国立公園に指定され、かつ滝廉太郎の「箱根八里」にも謳われているように、自然に恵まれた雄大な山。ですから箱根山は、単なる観光だけでなく、登山好きの人の間でも人気があります。こうした事情から、箱根山近辺の交通はそれなりに充実しており、登山客にとっても便利です。

箱根山の最高峰は、標高1438メートルの神山。箱根山全体としては、登山の難易度はさほど高いものではありません。しかし、箱根山は温泉が豊かな地でもあり、登山の後の温泉というのはまた格別。登山に行った際は、ぜひ温泉にも入り、汗を流し、疲れや日頃のストレスを癒すのもいいものです。

箱根山登山を楽しもう

箱根山は「富士箱根伊豆国立公園」内にある、神奈川県と静岡県の県境の火山の総称です。

箱根山の主な山としては、

・神山(1438m)(箱根山最高峰)

・冠ヶ岳(1409m)

・箱根駒ヶ岳(1356m)

・金時山(1213m)

・早雲山(1153m)

・上二子山(1091m)

・下二子山(1065m)

といったものがあります。箱根山の標高は、おおむね上記の通りですから、登山をするにしても、比較的登りやすいのではないでしょうか。

箱根山は前述のように活火山で、今もなお、かつての噴火を思わせるような雄大な自然が残っています。それゆえ、登山もただ登るだけではなく、こうした景色を楽しむことができるのが魅力です。登山コースも自分のニーズに合ったものを選べばいいでしょうし、ロープウェイやケーブルカーを利用できるコースもあります。

また、箱根山は温泉も豊富なので、登山ついでに温泉を楽しむのもいいでしょう。

登山ツアー

登山は何人で行ってもいいものですが、初心者がいきなり一人で登るのは考えもの。山は平地と違って、何かあってもすぐに救急車が来てくれるわけではありませんし、携帯電話の電波が届かないところも多いですから、運が悪ければ助けを呼ぶこともできません。特に初心者の場合は、山に慣れた人を交えて二人以上で行くことが望ましいでしょう。

登山初心者は、「登山ツアー」を利用するのも一つの手。観光地化している山でしたら、その山の登山ツアーを探すのも容易です。

登山ツアーの代表的なものとしては、やはり富士登山。富士登山は老若男女が挑んでいるとはいえ、相手は日本一の山。決してラクなものではありません。でも、山に慣れた現地ガイド付きの富士登山ツアーなら、初心者でも安心です。

登山ツアーいろいろ

登山ツアーは、交通や宿泊はもちろん、登山においても登山慣れした現地ガイドや添乗員が付いてくれる、初心者にはありがたいツアー。登山は普通の旅行以上に交通や宿泊などの段取りが大変なことも少なくありませんが、こうした登山ツアーを利用すれば、危険も少なく、安心して登山が楽しめますね。

登山ツアーは、さまざまな旅行会社が、それぞれ魅力的なものを用意しています。もちろんツアーですから、便利な反面、若干自由度は低いですが、登山に関しては、特に初心者の場合は、自由よりも安全を優先すべきでしょう。

登山初心者や体の弱い方は、こうしたツアーを積極的に利用し、まずは山の雄大な自然や美しい景色を楽しむといいでしょう。そしてある程度自信がついてきたら、自分で登山を計画してみるのもいいと思います。

登山用品店

登山用品店は、文字通り登山用品を専門に取り扱っている店。登山用品店は、ある程度大きな街なら大概存在するのではないでしょうか。

登山用品店の特徴は、単に登山用品を売っているだけではなく、多くの場合、そこの店員さんもしくは店長さんが、登山および登山用品に詳しいということ。こうした登山用品店では、行き先や目的などを話せば、それにふさわしい登山用品を見繕ってくれますし、店によっては修理も請け負ってくれます。

登山用品店には、ネット販売をしているところもありますが、できれば店頭で店員さんの説明を受けながら実物を見て選ぶほうが買い物に失敗しません。可能であれば、店頭に足を運びたいものです。

オンライン登山用品店

登山用品店は、どこにでもあるわけではありません。それゆえ、登山用品店が近所にないという方は、スポーツ用品店やディスカウントショップなど、適当な店で登山に必要な道具を買うということも少なくないのではないでしょうか。

たしかに日帰り登山などの場合は、日頃使っているものを登山のときに転用しても、あまり問題ないかもしれません。しかし冬山や連泊する登山の場合は、テントやザック、靴や防寒具などは、それなりの品質のものを用意しないと命にかかわります。登山用品店は、こうしたニーズにしっかり応えてくれます。

お近くに登山用品店がないという方は、オンラインの登山用品店を利用するという手もあります。オンラインの登山用品店は、たしかに店頭で見るように登山用品の品質を確かめるわけにはいきませんが、不安なときはメールなどで問い合わせるといいでしょう。

大山登山マラソンとは

「大山登山マラソン」とは、神奈川県の大山(おおやま)を一気に駆け上がるイベントです。

大山登山マラソンは、毎年3月に行われます。大山登山マラソンのコースは、標高差650メートル、片道9.1Km。参加には年齢制限があり、2007年の場合は「平成3年4月1日以前に生まれた、健康で体力に自信のある方(20歳未満の参加者は保護者の許可が必要)」となっています。それぞれの年齢層で定員があり、応募者が定員を超えた場合は抽選が行われます。

大山登山マラソンは、コースは過酷ですが、参加賞も出ますし(もちろん入賞したら賞状と記念品がもらえる)、何より大きな達成感が味わえます。足に自信のある方は、一度大山登山マラソンに挑戦してみてはいかがでしょう。

大山登山マラソンに参加しよう

大山登山マラソンとは、毎年3月に神奈川県の大山を舞台に行われるマラソンです。

大山登山マラソンは、その名の通り、登山+マラソン。コースは伊勢原駅から大山阿夫利(おおやまあふり)神社下社で、片道9.1km、標高差650m、そして7km付近からゴールまでは、1610段の石段があるという、大変過酷なものです。ただ登るだけでも大変なのに、大山登山マラソンでは、そこを走って登らなくてはなりません。

とはいえ、大山登山マラソンは有名なイベント。高校生以上で健康な方なら、誰でも参加できます(ただし年齢層ごとに定員があり、未成年は保護者の許可が必要。事前の申込みも必要)。その達成感・爽快感は格別なものがあります。

大山登山マラソンには五輪選手などのゲストランナーも出場するので、マラソン好きにとっては、けっこう楽しいイベントではないでしょうか。

登山写真の講座

登山写真は、単に登山のときに出逢った素晴らしい景色をおさめるだけでなく、そのときの感動を残すという意味でも、大変意味のあるもの。登山写真は、スケッチとはまた違う味わいがあり、中には登山写真を撮るために登山するという人も。

登山写真って、初心者だと、なかなか気に入ったように撮れないですよね。どうにかして写真集のような登山写真が撮れないものかと考えておられる登山好きな方も少なくないのではないでしょうか。

登山写真を上手く撮りたいと思うなら、やはりそれなりの機材が欲しくなるでしょうし、何より腕も必要。ちまたには登山写真の講座などもあるので、こうした機会を利用し、経験を積んで、ぜひ思い通りの写真を撮れるようになってください。

ヤマケイ・カルチャー・クラブ
http://www.yamakei.co.jp/dsn/event/event_main.html#yamakarutop

登山写真の機材選び

登山の醍醐味の一つに写真があります。わざわざ命がけで写真を撮る人もいるくらい、山の景色は素晴らしいもの。

登山写真を本格的に始めたいのなら、やはり良い機材が必要になってきます。もちろん必ずしも最初から高価な機材が必要だというわけではありませんが、登山写真を撮るうちに、「こういうことができるカメラが欲しい」「特にこういうものを撮りたい」などといった欲求が自然と出てくることと思います。ですから、最初はお手持ちのカメラ、もしくは安価なカメラで登山写真を始め、その後、自然に出てきた欲求に従って、どんな機材がいいかを調べ、そのあとに機材を揃えると、機材選びに失敗しません。

登山写真の機材を、このような流れで選ぶなら、機材の購入を考える頃には登山にも大分慣れており、重い機材を背負って登山をすることも大して苦にはならないことでしょう。

筑波山登山

筑波山は、茨城県つくば市にある、標高877mの山。万葉集にも詠われ、古来より信仰の場ともされてきました。

筑波山は「日本百名山」の一つに数えられている名山。だから当然、現代も多くの登山客が訪れます。

筑波山登山は、標高が低いということもあって、登山としては初心者向きと言えます。筑波山の登山道は、わりとよく整備されており、登りやすいという印象があります。登山の際は、登山靴があればいいですが、スニーカーでもさほど支障はないでしょう(ただしハイカットでないスニーカーの場合は、足首を痛めないよう注意が必要ですが)。

筑波山登山は、往復してもそれほど時間はかかりませんが、体力に自信のない方は、片道だけロープウェイやケーブルカーを使うという手もあります。

筑波山登山を楽しもう

筑波山は茨城県つくば市にある美しい山で、標高はさほど高くないものの、周りに山がないという地形のために、とても目立つ山です。

筑波山は古くから信仰の対象であり、また歌にも詠まれ、たとえば小倉百人一首には、

「筑波嶺の 峰よりおつるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる/陽成院」

(筑波山の峰から流れ落ちるみなの川が、積もり積もってついには深い淵となるように、あなたを思う私の恋心も今では深い思いになってしまいました)

という歌があります。

筑波山では登山も楽しめます。筑波山登山は、どちらかというと初心者向け。場所によっては多少キツい勾配が続くものの、所用時間はさほど長くなく、気軽に登山が楽しめます。

筑波山登山、苦労して登ったあとの、山頂からの景色は格別ですよ。最近ではつくばエクスプレスや直行シャトルバスによって交通の便が良くなったので、興味のある方は、一度登ってみてはいかがでしょう。

 
メニュー
登山の心得
登山の際の注意
富士登山
富士登山の際の留意点
箱根バスツアー
箱根バスツアーを利用しよう
伊豆箱根鉄道とは
伊豆箱根鉄道
登山靴とは
登山靴の選び方
登山用品とは
登山用品いろいろ
箱根山登山
箱根山登山を楽しもう
登山ツアー
登山ツアーいろいろ
登山用品店
オンライン登山用品店
大山登山マラソンとは
大山登山マラソンに参加しよう
登山写真の講座
登山写真の機材選び
筑波山登山
筑波山登山を楽しもう