様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > バスケットボール

スポンサード リンク

バスケットボールの人気

バスケットボールといえば、学校で習う球技としておなじみですよね。誰でも一度は実際にやったことのあるスポーツだと思います。

でもみるスポーツとしてはどうでしょう。全米バスケットボール協会(NBA)によって運営されているアメリカのプロチームの試合は、スポーツニュースなどで、たまに観ることあると思いますが、野球やサッカー、ゴルフなどとくらべるとまだまだバスケットボールはマイナーという気がします。

バスケットボールは、アメリカにおいては野球、アメリカンフットボールとならぶ超人気スポーツなので、日本でも人気に火が付く可能性はありますが、やはりNBAのレギュラークラスで大活躍する日本人選手でも出てこないと難しいのではないでしょうか。そういう意味で、日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太にはがんばってもらいたいところです。

日本のバスケットボール

バスケットボール、漢字で書くと籠球が、はじめて日本に紹介されたのは1908年(明治41)といわれていて、国際的な公式大会がおこなわれたのは、第3回極東選手権(東京・芝浦)が最初だそうです。

戦後になってからは実業団を中心に発展したバスケットボールですが、2001〜2002年のシーズンから 、バスケットボールのメジャー化をねらい国内のリーグを大幅に改編、JBL( 日本バスケットボール機構 )スーパーリーグがスタートしました。

バスケットボールのJBLスパーリーグは、残念ながらサッカーのJリーグのようには人気が定着しませんでした。企業のスポーツ活動の一環として行われているため、実業団の域を脱せなかったのが人気低迷の一因ともいわれています。そこでJBLの一部のチームが中心となり05年シーズンからは日本初のプロリーグ「bjリーグ」がスタートしました。JBLはbjリーグには合流せず、国内にトップリーグが2つ存在するといった異例事態になってしまいました。今後の日本バスケットボールの発展のためにも、早い時期にプロリーグとして一本化する必要があるのではないでしょうか。

バスケットシューズ人気

バスケットシューズは単なるバスケットボール用のスポーツシューズではなく、 現在ではひとつのファッションアイテムになっている。

バスケットシューズが人気ファッションアイテムになったのは、あるスポーツメーカーの影響が大きい、そのメーカーとはNIKEである。NBAのスーパースター、マイケルジョーダンとサポート契約を結び、エア・マックス、エア・ジョーダン、エア・フライトなどエアクッションを採用したバスケットシューズを次々と発売、ファンの間では高額のプレミアのつくバスケットシューズもあった。

現在では一時ほどの熱狂的なバスケットシューズ人気も落ち着いたが、バスケットシューズのコレクターが存在するなど、シューズショップでもバスケットシューズに力をいれているところもまだまだ多いようだ。

バスケットシューズのメーカー

バスケットシューズのメーカーとしてまずアタマに思い浮かぶのはNIKE(ナイキ)だ。バスケットボール用のスポーツシューズだったバスケットシューズを一躍人気のファッションアイテムに押し上げた。90年代にエア・マックス、エア・ジョーダン、エア・フライトなどエアクッションを採用したバスケットシューズを次々と発売し、バスケットシューズブームを巻き起こした。

バスケットシューズのメーカーとして日本人にもなじみの深いメーカーにはConverse(コンバース)がある。ハイカットのクラシックなバスケットシューズを日常の履き物にしていた人も多いのではないだろうか。

一方、プロのバスケットボールプレーヤーに人気があるのが、Reebok(リーボック)。NBAやWNBAの公認バスケットシューズをラインナップしている。

新興メーカーではAND1、国内メーカーではアシックスやミズノもバスケットシューズメーカーとして人気がある。

バスケットボールの日本リーグとは

バスケットボールの日本リーグといえば、みなさんはどれが日本リーグなのか悩むのではないでしょうか。一般に日本リーグというのは社会人スポーツの全国リーグを指します。サッカーのJリーグも、プロ化以前は日本リーグと呼ばれていました。まあ簡単にいうと、日本の各スポーツのトップリーグを日本リーグと呼んでいたわけです。

バスケットボールでは、そうなるとややこしことになります。なぜかというと、いま日本にはバスケットボールのトップリーグが二つ存在しているからです。JBLスパーリーグとbjリーグの二つ。bjリーグはプロリーグで、JBLスパーリーグはアマ。しかし日本代表選手に選ばれるのはJBLスパーリーグからだけとなっています。NBLのドリームチームが存在するように世界のバスケットボールではプロとアマの垣根は取り払われています。プロリーグであるbjリーグから日本代表が選ばれず、アマリーグなどからしか選ばれないなら日本のトップリーグはどっちなのか、となってしまいます。

今後の日本バスケットボールの発展のためにも、JBLスパーリーグとbjリーグが歩み寄り、プロリーグとして一本化する必要があるのではないでしょうか。

サッカーの日本リーグがJリーグとして、今や超人気スポーツリーグになっているのですから。

バスケットボールの日本リーグ

バスケットボールの日本リーグを前身とする、バスケットボール日本リーグ機構(JBL) が主催する1部リーグ・スーパーリーグと2部リーグ・日本リーグがあります。一応日本のバスケットボールリーグといえば、このリーグのことを指していましたが、近年状況が変わってきているようです。

実業団がベースとなっているバスケットボール日本リーグ機構(JBL)のスーパーリーグと日本リーグは、国際的なレベルアップや国内的な人気アップのため10年以上前からプロ化の構想があがっていました。しかし、アマチュアリズムを強く信奉している関係者の多いバスケットボール日本リーグ機構(JBL)ではプロ化の話は遅々として進みませんでした。

その様な状況にしびれを切らした、新潟アルビレックスなど一部のスーパーリーグ加盟チームが中心となり、プロ化推進プロジェクトが立ち上げられ、05年シーズンからは日本初のプロリーグ「bjリーグ」がスタートしました。バスケットボール日本リーグ機構(JBL)はbjリーグに合流することはなかったため、現在の日本バスケットボール界にはトップリーグが2つも存在する事態となっています。

バスケットボール日本リーグOBなどによる「第3のプロリーグ」構想などもたちあがり、将来的にはプロ化で一本化する流れにはなってきてはいますが、日本国内でのバスケットボール人気を高めるためにも、早急な事態の収拾が望まれるところです。

バスケットボール世界選手権

バスケットボール版ワールドカップともいえる大会で開催国は毎年変わり、4年に一度、夏季オリンピックの中間年に開催される国際バスケットボール連盟(FIBA)主催の公式世界選手権として行われている。

世界選手権に出場できるのは全部で24ヶ国であり、各大陸の予選を勝ち抜いた各国のバスケットボール代表チームや開催国のバスケットボール代表チームが出場できる。

過去のバスケットボール世界選手権優勝成績はアメリカが圧倒しているように思われがちだが、ユーゴスラビアの5回が最高で、アメリカはソ連ともに3回の優勝で、2002年の大会では6位に終わっている。

2006年バスケットボール世界選手権

バスケットボール世界選手権が2006年8月19日から9月3日にかけて日本で開催された。ドイツで開催されたサッカーのワールドカップが、盛り上がったのに比べると、自国開催にもかかわらず、国内的には盛り上がりに欠けたのは、バスケットボールとサッカーの国内での人気の差であろうか。

バスケットボール日本代表は開催国枠で出場。予選グループBで5位と予選通過はならなかった。

バスケットボール世界選手権で優勝したのは日本と同じ予選グループBだったスペイン。バスケットボールリーグの最高峰NBAのスタープレーヤー、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームスらを要するアメリカは3位に終わり、前大会6位に続き、のバスケットボール王国アメリカの復権はならなかった。

ミニバスケットボールとは何か

ミニバスケットボールという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。特小学生の間ではすごく人気のあるスポーツのようです。では何が普通のバスケットボールとはちがうのでしょうか。

ミニバスケットボールは小学生の体格、体力などにあわせてゴールの高さが一般3メートル5センチに対してミニバスケットボールは2メートル60センチ。試合時間も一般が1クォーター10分にたいして、ミニバスケットボールは6分、もちろん参加できるのは12歳以下の小学生のみという違いがあります。

バスケットボールの小学生版ということでミニバスケットボールという呼び名なのですね。全国大会もあり、男女各6チームが出場して昭和45年に行われた第一回大会をはじまりに、現在では男女各48チームが参加する大きな大会になっています。

ミニバスケットボールのフェアプレー精神

ミニバスケットボールは小学生にとても人気のあるスポーツです。普通のバスケットボールとの違いは、ゴールの高さが一般3メートル5センチに対してミニバスケットボールは2メートル60センチ。試合時間も一般が1クォーター10分にたいして、ミニバスケットボールは6分など、小学生の体格、体力などにあわせた違いがあるのですが、最大の違いは「友情、ほほえみ、フェアプレイの精神」によって行なわれるという事です。

バスケットボールというスポーツを通して、子どもたちの心身を鍛え、仲間との助け合いの精神を学ばせるという理念がミニバスケットボールにはあるのです。そのため第3クォーターまでに10人以上出場しなければならないなどのルールもあります。子どもにさせる最初のスポーツとしてミニバスケットボールは最適かもしれません。

 
メニュー
バスケットボールの人気
日本のバスケットボール
バスケットシューズ人気
バスケットシューズのメーカー
バスケットボールの日本リーグとは
バスケットボールの日本リーグ
バスケットボール世界選手権
2006年バスケットボール世界選手権
ミニバスケットボールとは何か
ミニバスケットボールのフェアプレー精神