様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > バッグ

スポンサード リンク

カバンの修理とは

カバンの修理をする人が、近年増えていることが話題を呼んでいます。

カバンは、日本の経済成長とともにかなりの数が売れ、修理する人もあまりいなかったため、修理職人が次々と消え、ブランドバッグなどの小売店ばかりが増え続けてきました。

誰もが豊かな時代になったと感じていたこともつかの間、ここ数年で5年前の5倍も、ブランドバッグなどのカバンの修理依頼が増えているという店もあります。

カバンの修理では、とめ具の取れたランドセル、色あせたブランドバッグ、ひもやファスナーの壊れたバッグなどが、1つ1つ丁寧に、修理方法を検討され、所有者の意向をくみながら作業されていきます。

熟練したカバンの修理職人は、二度と壊れない丈夫さを備えた美しさを求めて、丹念に糸を通し、バッグに愛情をこめるといわれています。

カバンの修理ではありませんが、使われなくなったランドセルの部品を再利用してミニチュアにして残すようなことも、カバンの思い入れを大切にする修理職人のアイデアといえるでしょう。

カバンを修理してみよう

ブランドバッグや書類カバンなど、壊れたり痛んだりしたものは、ぜひ修理に出してみましょう。

バッグのメーカーや種類によっては、製造した場所や職人の名前が刻まれていて、修理に出すと、職人が責任を持って修理するようなものもあります。

ブランドバッグの中でも人気のあるルイヴィトンなどは、修理工場の数が豊富で、チャック1つが壊れてもすぐ修理してくれ、アフターサービスが充実していることでも定評があります。

他のメーカーのバッグの場合は修理工場が少ないといわれています。

カバンの修理職専門店に、修理に出してみましょう。

カバンの修理を出す際は、直るかどうかはもちろん、どのように直すのか、予算などの要望をくわしく相談しましょう。

紐を付け直す場所を変えたり、ファスナーや錠前、ひも、ホックなどは修理と取替えが選べます。

本革の染め直しや、裏地の取替えなどまで広く対応していますが、国産品のバッグ以外は取り扱わない店もあるようです。

ブランドバッグは、多少の使用感は見栄えがしますが、ボロボロになってしまうとかえって貧乏くさいと敬遠される傾向もあります。

製造メーカーや、カバンの修理店を利用して、長く美しく使い続けたいですね。

トートバッグとは

トートバッグとは、携帯という意味の「トート」を語源とした、物を入れて持ち運ぶための簡易な袋のことです。

トートバッグのもともとの用途は、キャンプなどで水を運ぶための袋で、丈夫で厚手の生地が使われ、防水性や通気性に優れたものでした。

トートバッグは、マチつきで収容力の大きい、シンプルな作りが特徴で、丈夫な綿の持ち手がぐるりと縫いつけられた形が一般的です。

最近は、トートバッグというと、出し入れしやすいちょっとした物入れ全般を指すような傾向があります。

ショッピングバッグや、スクールバッグなど、さまざまな素材やデザインを楽しみながら、生活に密着した機能を持つトートバッグは、シーンに合わせてぜひいくつか持っておきたいですね。

トートバッグを使いこなそう

トートバッグは、ストーンとしたずんどう型で口が広く、マチがついた、収容力のあるバッグです。

出し入れしやすく、ちょっとしたお出かけでは欠かせないバッグですが、たくさん入るので、つい入れすぎてしまってパンパンになったり、必要なものが見つからず、ごそごそ探し続けたりといったことになりがちです。

バッグがパンパンに膨らんでいるのは、ちょっとみっともないものです。

いつも使うものを入れても、少し余裕がある程度の大きさのトートバッグを選びましょう。

トートバッグの中から必要なものをすばやく見つけ出すコツは、バッグの中のポーチの活用にあります。

ペンや手帳などはビジネスポーチ、定期券やハンコなどはマネーポーチ、飴や化粧品は化粧品ポーチなど、用途別に分類しておけば、バッグを変えるときも、バッグから物を出すときもスマートです。

バッグの中身が見えたときも、整頓されていてきれいですね。

おしゃれにトートバッグを使いたいときは、チャックがついているものを選ぶと、見栄えがいいようです。

ビジネスバッグとは

ビジネスバッグとは、文字通り、ビジネスシーンで活躍するバッグのことです。

パンツルックやかっちりした服に合うバッグがよく、ボストンバッグやアタッシュケースなど、物を入れてもぷくぷくしない、形がキープされるものが一般的です。

ビジネスバッグは、機能性が大切で、チャックを開ければすぐに中身が一覧でき、探さなくて済むような工夫が凝らされています。

ビジネスのシーンでは、ビジネスバッグは、通勤用の書類やお弁当を入れるモノ入れという範囲を超えて、その人の仕事に対する姿勢や、能力を判断するツールとしても使われます。

お客様や取引先は、取引相手の話や服装はもちろん、手帳やバッグにいたるビジネスツールをチェックしていることは、ビジネスの常識といわれています。

おしゃれなビジネスバッグでスマートに、デキるビジネスマンの一歩を踏み出してみましょう。

ビジネスバッグの選び方

ビジネスバッグは、こだわりぬいた1つのものをずっと使い続ける人も多いかもしれません。

ビジネスバッグの基本は、書類やモノでぱんぱんになっていないこと、スーツスタイルに合うデザインであることなどでしょう。

書類が多い場合は、ボストンバッグを使うことをお勧めします。

ボストンバッグなどの大きめのバッグは、あまりカジュアルだとだらしなく見えるので、高級品や、かっちりしたものを選ぶと、気品を演出することもできます。

ビジネスバッグがよれよれの人は出世や成功をあまりしない、とまで言う人もいます。

ビジネスツールに対する配慮やセンスは、そのままお客様への配慮や、仕事への能力とつながるようです。

ビジネスマンのスーツスタイルは、ビジネスバッグひとつで、さまざまな表情を演出します。

持ち物の量や、シーンに合わせた個性の演出など、ビジネスバッグを生かして、自分のイメージをコントロールしていきたいですね。

ショルダーバッグとは

ショルダーバッグとは、肩からさげて使うバッグ全般をいいます。

ショルダーバッグを使いこなす人は、バリバリ仕事をこなし、活発な人。自信のある行動派という印象を与えます。

バッグを手に持つと、何かをするときに、下に置かなくてはいけませんが、ショルダーバッグだとその必要はなく、便利で実用的、盗難についても安心といった面があります。

ショルダーバッグは、ビジネスなどのスーツ姿で、紐を斜めがけにして使うことはタブーとされています。

スーツがはだけてかっこ悪く見えたり、カジュアルなスタイルと見られて、敬遠されることが多いようです。

高級感があり、持ち手があるショルダーバッグなら、移動中は紐をつけて機能的に、訪問先では紐は収納してスタイリッシュにといった使い方もできそうです。

ショルダーバッグの使い方

ショルダーバッグは、ショッピングやちょっとしたお出かけなどで大活躍する、実用的で便利なバッグですね。

盗難などで狙われやすい女性でも、肩からさげてしっかり持っていたり、斜めにかけていれば、手で持っているだけのときより数段安全です。

ショルダーバッグは、使う場所や機能に合わせて、高級なものから、カジュアルなポーチまでさまざまなものがあります。

スーツ姿でのショルダーバッグは、だらしないとみなされることが多いので、通勤以外に取引先や客先を訪問するような仕事で使う場合は、使い分けるようにしましょう。

ショルダーバッグは、手が自由に使えるので、スタイルに合わせたバッグを選べば、見た目に加えて、いろんなシーンでスマートさを演出することもできます。

斜めにかけて、後ろに回したスタイルが一番見栄えがすると感じる人も多いようです。

カバン選びのポイント

カバン選びのポイントは、どの洋服にも合う色、持って歩く量により大きさを決める、物入れかおしゃれ用か、旅行かなどの目的別に決める、が基本です。

決まったものを入れてもだいぶ余裕がある大きさはとても大切です。

パンパンに膨れたブランドバッグなどは、ちょっと恥ずかしいですね。

物入れ用としてカバンを選ぶ場合は、トートバッグなど、出し入れや持ち運びがしやすく、マチがついていて収容力があるものがお勧めです。

おしゃれ用としてのカバンを選ぶ場合は、チャックやフタなどがついていて、中が見えない作りだと、外出先で失礼にあたりません。

おしゃれバッグは、マチつきだと物が多くても見栄えがし、マチがないものはちょっとおしゃれ度がアップして見えます。

バッグの形を楽しむおしゃれとしては、よく似た色や形の大小のバッグをお揃いで持ったりするものもあります。

TPOに合わせたバッグ選びは、おしゃれの基本といえるかもしれませんね。

カバン選びのポイント2

カバン選びは、服やアクセサリーの色、ブランドとのトータルコーディネートが大切なポイントになります。

高価なブランドバッグを選んでも、中から別ブランドの財布を取り出したのでは、ちょっとケチったおしゃれ、と見られてしまいます。

せっかく高価なものを持つのですから、カバン選びを失敗しないで、スマートさを演出したいですね。

ブランドバッグではないカバンからブランド小物を取り出すのはOKです。

カバンを選ぶ際は、ビジネスタイプの場合は、アタッシュケース、ダレスバッグ、ブリーフケース、ボストンバッグなどさまざまな形があります。

持ち物の量やシーン、個性に合わせて使い分けるといいでしょう。

ビジネスやカジュアルのどちらでも、ブランドや生地など多くの選択肢があり、使う用途によって選ぶことが大切です。

カバンの素材強度、摩擦に対する強さ、防水性、天然や合成など、多くの中から目的のものを選ぶことはなかなか大変です。

カバン選びは、そういった手間や、TPOに合わせた気配りを表現するための、大切なステップなのかもしれません。

 
メニュー
カバンの修理とは
カバンを修理してみよう
トートバッグとは
トートバッグを使いこなそう
ビジネスバッグとは
ビジネスバッグの選び方
ショルダーバッグとは
ショルダーバッグの使い方
カバン選びのポイント
カバン選びのポイント2