様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > グルメ

スポンサード リンク

取寄せらせるグルメ

グルメ(gourmet)とは、美食家を意味するフランス語。ですが、今では美食の対象物を指す意味合いで使われることが多いようです。

グルメは、地方産地直送のほか、全国のレストランや、出前からでも取寄せることができます。

海産物、肉、惣菜、穀類、果物、菓子、麺類、乳製品、調味料、ありとあらゆるものが、さまざまな流通経路によって取寄せられます。

お近くのデパートはもとより、郵便局で、宅急便で、コンビニで、ネットで、注文・取寄せが可能で、食品の半分はグルメといえるかもしれません。

地方の特産・名産のほか、有名店、海外ブランド、有名シェフの味など、一口でグルメといってもいろいろなものがあります。口コミで全国的に有名になるものもありますね。お値段も、数百円から、数○万円のものまでさまざまです。

ヤフーオークションなどで取引されるものもあります。

あの番組で紹介された、あの店の○○氏がつくったあの料理、というだけで、お中元やお歳暮用に取寄せることができる時代。

クリスマスやお友達や大切な人のお誕生日のプレゼントのほかに、自分用にも取寄せてプレゼントしてみてはいかがでしょう。

全国2万5千店で使えるグルメカードもプレゼントにどうぞ。

取寄せらせるグルメ2

グルメといったら、何を思い出すでしょうか。

世界三大珍味といわれる、キャビア、フォアグラ、トリュフ。

キャビアは、ロシア産のほか、イラン、アメリカ産、イタリア産というのもあります。フォアグラといえばフランスですね。フランスでもストラスブール産とトゥールーズが主な産地。トリュフは、フランス産のほか、イタリア産も。

世界の珍味は、その国に行かないと味わえないと思いがち。でもそんなことはありません。自宅に取寄せて味わうことができるのです。

インターネットや、24時間営業コンビニによる通信販売は、世界のグルメをいつでもお取寄せ可能にしました。各国を旅行しなくても、取寄せてそれぞれの産地の食べ比べができる時代になったのです。お友達どうしで取寄せて、グルメの品評会なんてこともできますね。

では、日本の珍味といえば、何でしょうか。

日本三大珍味は、肥前(長崎)の唐墨(からすみ)、三河(愛知)の海鼠腸(このわた)、越前(福井)の海胆(うに)。

カラスミは長崎産のほか、三重県や、フランス産やオーストラリア産なんてのもあります。ウニは北海道産や宮城県産、コノワタは金沢県産も有名です。

もちろん、これらも24時間取寄せ可能です。グルメはそれぞれのお店のこだわりがあり、品切れも結構あったりします。

そのほか、アンチョビー、エスカルゴ、北京ダックに、松阪牛、松茸(まつたけ)はもとより、日本の三大鶏とか、三大銘牛、三大ラーメン、三大そば、三大うどんというのも一度は取寄せて食べてみたい人気グルメですね。

グルメといえど、品質は、高級レストラン用から等級の劣るものまでさまざま。味や形も、加工の仕方によってさまざま。内容表示を確認して取寄せましょう。

グルメ・国内各地の名産品(北海道編)

北海道グルメといえば、ズワイガニやタラバガニ、帆立貝といった海産物が有名ですね。利尻(りしり)、日高(ひだか)、羅臼(らうす)の地名を冠した昆布の名産品もあります。

北海道の夏のグルメといえば、夕張(ゆうばり)メロン。夕張市とその周辺で栽培され、商標登録もされている名産品です。収穫後2、3日が食べごろといわれ、特有の甘い香りとともに、産地直送が待ち遠しいですね。夕張メロンピュアゼリーもお中元グルメとして人気があります。

札幌のロイズの生チョコは有名ですが、2006年で発売30年を迎えた「白い恋人」も有名。このあたりはバレンタインデー用のグルメとなりますね。

日本ラーメンの発祥地の一つとさえ言われる函館のラーメンのほか、旭川や、札幌、釧路といったラーメンの名産品もあります。

道内に100店舗を超えるという松尾ジンギスカンも、北海道を代表するグルメでしょう。

北海道の大自然や町並みを見ながら食べるグルメはまた格別な味です。北海道ならではの名産品も、お土産にもらうとうれしいものですね。

グルメ・国内各地の名産品(京都編)

京都グルメといえば、京料理。京料理といえば、京野菜。

壬生菜(みぶな)、九条(くじょう)ねぎ、伏見(ふしみ)とうがらし、賀茂(かも)なす、鹿ヶ谷(ししがたに)かぼちゃ、聖護院(しょうごいん)だいこん。京の伝統野菜には38種の名産品があるといいます。

そういった京の農産物の中でも、特に優良なものが選ばれ、京マークのついた、「ブランド京野菜」という名産品もあります。

伝統の味・京漬物も忘れてはならない名産品です。

夏の京都のグルメの代表は、鱧(はも)料理。ハモは、祇園祭にも欠かせない魚料理。

そして、京土産のお菓子の名産品といえば、八ツ橋。生八ツ橋をお土産に持っていったり、もらった人も多いでしょう。工芸品のような美しい京の和菓子は目で味わうグルメといえますね。

京都といえば、宇治(うじ)茶も忘れてはいけません。宇治市周辺で古くから産出される名産品です。日本各地で出回っている宇治茶は、本場宇治茶を少し混ぜただけのものや、京都でブレンドされたものを指す場合も多いようですから、グルメとしては、産地直送の宇治茶も飲んでみたいもの。

歴史と伝統に支えられた、御所の有職料理、お寺の精進料理、茶道の懐石料理。京の名産品を使った料理は、ぜひとも、祭りや川くだりとともに、はんなりと味わってみたいグルメです。

グルメ・国内各地の名産品(福岡編)

福岡グルメといえば、まず、博多明太子(はかためんたいこ)ともいう、芥子(からし)明太子。「ふくや」や「むかい」といった老舗のお店があります。明太子の名称は、「ふくや」の創業者がつけたもの。今や全国で手に入る明太子も、仕込みにこだわりのあるお店で扱う品は名産品です。

冬の高級グルメといえば、「ふく(福)」ともいわれる河豚(ふぐ)。下関で有名なグルメですが、玄界灘(げんかいなだ)でとれる天然虎ふぐは「玄海とらふく」として福岡は宗像(むなかた)市でブランド化されつつあります。ふぐ料理店での凝った刺身はグルメにはたまらない味でしょう。

博多ラーメン、長浜ラーメンも忘れてはならない、あっさり豚骨(とんこつ)味の福岡グルメ。福岡市周辺に店舗が多いですが、全国的にも展開されています。

博多ラーメンは、同じく福岡県の喜多方(きたかた)ラーメンとともに日本三大ラーメンのひとつに数えられています。白河(しらかわ)ラーメンも有名です。

福岡お菓子の名産品といえば、「名菓ひよ子」。東京のものではありません。福岡が本家です。日持ちする「博多通りもん」も人気。そして、「楽天グルメ大賞」入賞の定番スイーツなる、「黄金プリン」というのもあります。博多人形の写真のきれいな箱に入った「博多の女(ひと)」もお土産に最適。

玄界灘を眺めながら、福岡グルメや、名産品に舌鼓を打つのもよいでしょう。

グルメ・国内各地の名産品(信州編)

信州は長野県のグルメといえば、そばがあげられるでしょう。信州そばの中でも、戸隠(とがくし)のそばは、日本三大そばのひとつに数えられるほど有名です。信州はおいしいそばの産地に適しており、そばは信州の名産品の代表といえるでしょう。

信州には、おいしいそば屋がたくさんあります。あちこちのそば屋を食べ歩くのもまたグルメといえます。薬味に地元産の生わさびもうってつけです。安曇野(あずみの)はわさびの名産地で、わさび漬けなどもあります。

漬けものの名産品といえば、ご存じ、野沢菜(のざわな)。信州の食の文化財に指定されているほどです。今や全国で手に入る野沢菜漬けですが、真冬の、桶から出したばかりの本場の味は格別なグルメです。

伊那(いな)や木曽(きそ)地方の名産品、五平餅(ごへいもち)は、古く、おもてなしなどに欠かせないグルメ。おやきも信州の代表的な名産品です。

グルメには、佐久(さく)の鯉(コイ)もたまらない味です。江戸時代から養殖されており、うま煮、鯉こくなど、名物料理がたくさんあります。

めずらしいものでは、ハチの子。珍味として名産品にあげられています。

さくら肉(馬肉)を使ったさくら鍋も、信州の代表的なグルメとして人気を集めています。

グルメ・国内各地の名産品(仙台編)

宮城県は仙台のグルメといえば、まず、笹蒲鉾(ささかまぼこ)。白身の魚をすり身にして笹の葉の形に焼いてつくられる、仙台の代表的な名産品です。

牛(ぎゅう)タンも、仙台の代表的なグルメです。牛タン専門店がたくさんあり、牛タン焼きは、麦飯やテールスープをセットで食べます。仙台牛を使っているところもあります。

冷やし中華や回転寿司は仙台が発祥のグルメといわれます。

仙台特産の長ナス漬けや、仙台味噌、昔ながらの素朴な味や形の「仙台駄菓子」も、文字どおりの名産品です。

お茶や、ゆず、ぶどうなどの香りを取り入れた、九重(ここのえ)という優雅な飲物も仙台のグルメです。

さらに忘れてはならないのが、銘菓「萩(はぎ)の月」。姉妹品「萩の調(しらべ)」は第34回モンドセレクション特別金賞受賞で、お菓子のグルメといえます。

枝豆を打ってつくった「ずんだ」を使ったずんだ餅などの和菓子も、ぜひおみやげにほしい仙台の名産品です。

粋な城主、伊達政宗の城下町仙台。太平洋を臨みながら、雄大な思いにひたるグルメもまた粋です。

取寄グルメ──スイーツ

グルメが今はあたりまえ。通販が発達した現代では、インターネットでの取寄が簡単にできます。中でもスイーツは女性に大人気。通販で手軽に取り寄せて、グルメを楽しむ方が増えています。通販人気ショップとなると、口コミが口コミを呼んで、一部の商品が目白押し状態になることもあり、販売と同時にすぐに売り切れてしまうぐらいの人気商品もあります。

グルメと言える人気のスイーツは、いろいろあります。「楽天」でのランキングを見てみると、11月上旬時点の和菓子部門では、小倉山荘の「京の大黒」、宇治伊藤久右衛門の「宇治抹茶あんみつ」、大阪嶋屋の「あべのポテト」がベスト3となっています。洋菓子では、神戸フランツの「神戸スイーツ大満足セット」、神戸ワッフル専門店R.Lの「神戸ワッフルセット」、宇治伊藤久右衛門の「宇治抹茶生チョコレート」がベスト3となっています。

取寄簡単なグルメがブームとなっています。まだ取寄グルメを堪能していないそこのあなた。一度試してみてはいかがですか?

全国取寄グルメ

グルメはフランス語から来た外来語。本来は芸術的な料理を指します。今は出かけなくても、インターネットがあれば北は北海道から南は沖縄までと、全国から美味しいグルメを自宅に、あるいは友人への贈り物として、取寄することができます。老舗グルメ、高級グルメなど本当にたくさんあります。

取寄グルメで手軽なのはスイーツ等ですね。テレビや雑誌等で有名になったスイーツは超人気商品となっています。神戸フランツ、神戸ワッフル、京みずはの和菓子、北海道うまいもの屋の窯出しプリンとチーズケーキ。黒豆で有名な丹波の黒太郎等々、他にもたくさん!どれも本当においしそうですね。頑張った自分へのご褒美として、たまには取寄グルメをしてみても良いと思います。

グルメブームにあやかって、今度のお正月に向けては、おせち料理お重セットの取寄などはいかがでしょうか。職人が作ったおせちで豪華に新年を迎えるのも良いと思います。

グルメな話題──京都名産品

グルメな話題から、京都名産品をご紹介。今回は老舗ともいえるお店をピックアップしてみます。

創業330年の歴史を持つ京都すっぽん料理の代名詞とも言える「大市」。お店の名前は、数々の小説や随筆、グルメマンガにも登場します。海外から足を運ぶ人もいるほどの有名店。要予約。

京都だけでなく、全国的にも有名な鰻料理の専門店「梅の井」。鰻には目がないグルメな人であれば、名前は知っていると思います。こちらは予約なしでも単品での注文が可能。(座敷での食事は要予約。)

京都の料亭「ちもと」は、鴨川の流れや四条通などの京都の風情をみながら、お座敷でゆったりと食事ができる京料理本筋のお店です。要予約。

嵐山の「吉兆」は懐石料理で有名。京都名産品の京野菜を使った懐石料理を、京都の景色を堪能しながらゆっくりと楽しむことができます。要予約。

京都の名産品で忘れてはならないのがあります。無形文化財に指定された四條流式庖丁の伝承者が作る京料理「せんしょう」。老舗の中では、値段が抑えられています。予約等はお店に問い合わせてみてください。

京都名産品とも言えるお店を挙げてきましたが、京都にはまだまだグルメなお店がたくさんあります。リッチな気分でグルメを堪能するのも、たまにはいいですね。

グルメな話題──北海道名産品

グルメな話題から、北海道名産品をご紹介。北海道といえば、まずは海の幸!カニ、イクラ、ホタテなどが名産品。特にカニではタラバガニをはじめとして、毛ガニ、ズワイガニなど、新鮮なカニがいっぱい!

北海道の名産品、肉部門では、広大な大地で元気に育った豚肉がテレビで話題となりました。トンデンファームとアップル草原ポークです。

北海道の名産品で忘れてはならないものは、なんといっても札幌ラーメン。黄色い縮れた麺が特徴。

グルメな女性にとっての北海道名産品は、美味しいスイーツ。チーズケーキ、スイートポテト、チョコレート、プリンなどは通販でも好評!名産品のお店としては、ロイズ(ROYCE')と六花亭が有名ですね。

北海道名産品には限定菓子というのもあって、ポテトチップスのこんぶしょうゆ味、アポロチョコのメロン味、プリッツ十勝あずきなどです。グルメなお菓子ファンなら一度は味わってみたいものです。

グルメな旅──福岡名産品を求めて

福岡の名産品といえば、まずは博多ラーメン。とんこつスープが特徴だが、同じとんこつでも、こってり、あっさり、白濁から茶色までと店によって色々。厳密に言えば、博多ラーメンと長浜ラーメンに大別されるが、長浜ラーメンのほうが細麺である。替え玉という麺だけのおかわりも、実は九州が発祥地。ラーメン屋台が多いのも全国的に有名だ。

グルメファンにとって、地元の海の幸を堪能できるのは何とも言えないだろう。福岡は世界有数の漁場である玄界灘に面しており、ここで捕れる魚からは、色々な食材が生まれる。寿司をはじめ、鯛味噌、辛子明太子、かまぼこといった福岡名産品は、酒の肴はもちろんのこと、ごはんにも合うので思わず箸が進む。

グルメな旅を福岡でするなら、地元の郷土料理である「もつ鍋」もはすぜない。もつ肉の旨味が汁に出て、野菜もたっぷり食べられるという、ヘルシーな鍋なのだが、臓物を使うということから、好き嫌いがはっきりとわかれる料理でもある。

福岡名産品の果物では、いちごが有名。そんな中でも「あまおう」というのが最近福岡で開発された。「とよのか」よりもさらに甘みがあって濃厚。実も本当に赤い。食後のデザートにはうってつけだ。

グルメな旅──信州名産品を求めて

信州の名産品と言えば、信州そばです。グルメな人だったら信州そばを抜きには語れないでしょう。

信州はそばがおいしいです!なぜかというと、信州の気候がソバの栽培に適しているからなのです。適した気候とは、

・昼夜の温度差が激しい

・やせた土地

・日当たりと水はけのよい畑

・高地の冷涼な気候

等です。これらの条件が、おいしい信州の名産品を生み出してくれているのです。

信州そばは、長野県内も北から南と広いので、種類もいくつかあります。有名なのは戸隠そば、すんきそば、富倉そば、凍りそば等です。

信州そばは、早ければ9月下旬頃に新そばがとれはじめるそうです。10月上旬から11月下旬にかけては、新そば祭りが開催され、中には手打ちそばを体験できるイベントもあります。グルメ通なら、一度は体験してみたいものですね。

仙台名産品

仙台の名産品というと、まずは仙台牛です。日本国内の銘柄牛は120種以上あるそうですが、仙台牛は霜降り牛肉の産地として有名。特に牛(ぎゅう)タンが有名で、仙台牛たん焼マップというものもあり、仙台市内の主な牛たん屋のパンフレットもあります。牛タン焼き店舗は市内で80店舗以上もあるそうです。

仙台名産品で忘れてはならないのは「ササニシキ」。米どころ宮城を代表するお米です。93年の冷害で大きな被害を受けてからは、冷害に強い「ひとめぼれ」が作付けされるようになったため、ササニシキの生産量は減っているそうです。しかし、ササニシキのお米は冷えても味が落ちないため、寿司米に良し!おにぎりにしても良し!と、根強いファンはまだまだいます。

他の名産品として、400余年の歴史をもつ仙台長なす漬けがあります。仙台の長なすは、すんなりした形と薄皮、ひきしまった果肉が特徴。これを活かした漬け物はごはんにぴったり。お茶うけにも喜ばれます。

仙台名産品でもう一つ、仙台味噌があります。伊達氏の仙台入府以前からつくられていた味噌で、辛口(塩分は約12%)の赤みそです。伊達政宗公が軍の食糧用として作らせたものが由来となっているそうです。仙台味噌はそのまま食べることができるので、「なめみそ」とも呼ばれます。

仙台のお菓子名産品

仙台の名産品とで有名なお菓子はといったら、「仙台駄菓子」があげられます。古きよき時代を懐かしむ味で、保存料は使わず独自の製法で造りあげ、新鮮さと材料の持ち味を生かした手造り和菓子です。駄菓子の種類には、ゆべし、しおがま、仙台鉄銭、香煎、その他餅菓子や洋風饅頭などがあります。仙台駄菓子は贈答用として人気の商品です。

他に、仙台の名産品としては、「ずんだ」(づんだとも表記)を使ったお菓子です。ずんだは、茹でた枝豆をすりつぶし、砂糖を加えて仕上げた、古くから伝わる郷土菓子です。ずんだを用いたお菓子には、ずんだ餅、串団子のずんだがあり、最近では、ずんだロール、ずんだ饅頭、ずんだうさぎ等、時代とともにずんだを使ったお菓子が開発されています。

 
メニュー
取寄せらせるグルメ
取寄せらせるグルメ2
グルメ・国内各地の名産品(北海道編)
グルメ・国内各地の名産品(京都編)
グルメ・国内各地の名産品(福岡編)
グルメ・国内各地の名産品(信州編)
グルメ・国内各地の名産品(仙台編)
取寄グルメ──スイーツ
全国取寄グルメ
グルメな話題──京都名産品
グルメな話題──北海道名産品
グルメな旅──福岡名産品を求めて
グルメな旅──信州名産品を求めて
仙台名産品
仙台のお菓子名産品