様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 起業

スポンサード リンク

起業する方法

起業でもしてみようかな。

最近、サラリーマンや主婦業のかたわら、副業で会社を作ってしまう人が増えています。

インターネットで情報や交流が増えて、人同士が身近に感じるからでしょうか、儲かりそうなお話しがごろごろしているからでしょうか。

起業する方法は、あまりこだわらなければそんなに難しくはなく、何かを売ったり買ったりしてから2ヶ月以内に税務署に紙を1枚提出すれば、ショップオーナーの誕生です。 何かいい商品を思いつけば、オークションでも、レンタルCGIでも、ブログでも、いくらでも販売する手段はありますね。

起業方法を自宅で、ネット売買で、とした場合、紙を提出したあとは青色申告ソフトでも買ってきて、売買と光熱費と通信費と、消耗品などを経費として入力しておけば、年末には決算ボタンと印刷ボタンひとつで確定申告が作成できてしまいます。

サラリーマンが副業でやっていて、売り上げが赤字となった場合は、赤字分を会社の給料からマイナスでき、その分払いすぎた所得税が返ってきます。

少しこだわる場合は、株式会社や有限会社、合資会社、NPOなど、税制や資本金、支援団体の形態などからもたくさんの選択肢があるようです。

起業のための資本金が1円で済む方法

起業のために、資本金が安く済む方法ってないのでしょうか。

という話をする以前に、起業方法によっては、実は資本金などいらないのです。

人を雇うとか、モノを仕入れるなどをせず、元手のかからないサービスをいきなり売るような商売を1人で始めれば、もう立派な企業家です。

起業するときに資本金が必要な方法をあえて取るとしたら、株式会社・有限会社です。

このタイトルを見てるのですから、あえて取ろうという目的ではないかもしれませんが、一応それぞれ、一千万以上と三百万以上の資本金を沿えて、法人登記をすれば設立できます。

起業の方法で、個人事業主というものがあります。

これは、自宅でネット商売をしたり、腕一本で業界から仕事を請け負うフリーな身分の人が一番簡単に起業できる方法です。

税務署に、住所、氏名、事業内容、納税方法について記入した申請書を提出し、年に一度、売り上げを確定申告するだけで、看板をあげることができます。

名刺を自宅のプリンタで印刷すれば、体裁もばっちりでしょうか。

もちろんこの場合、資本金などはいりません。名刺を印刷する紙をお財布から出したお金で買って、税務署に出した申請書の名義で領収書をもらってくればOKです。

お金がたまって、節税や体面を整えたくなったら、それから有限会社や株式会社にすることを考えてもいいかもしれません。

起業を支援してくれる団体を調べよう

起業の支援をしてくれる、そんな団体を使わない手はありません。

起業したいけど、名刺に自宅の住所書きたくないし、名刺を作るお金も惜しい!

でも、すごいアイデアがあります!という場合、大抵は住んでいる町や市で、起業資金の援助をしてくれます。

事務所として使えそうな、机一個とパーテーション程度の場所だと、月1万〜程度で各地方の商工会議所で借りることができます。

企画書や意気込みを持参して、ぜひ助成金をゲットしましょう。

特に地方では、60歳以上の定年後起業に、地方の活性化の夢を託して支援を歌っています。

起業にあたり、登記や決算、税金、保険、大きく風呂敷を広げれば、たくさんやるべきことがあります。

いちいち自分が勉強してやろうとしていたら、何年先になるかわかりませんね。

こういうときは、それぞれの専門家に依頼しましょう。

人を使うことは、企業家となるあなた、新社長の仕事はじめです。

起業を支援してくれるような情報もくまなく活用してこそ、順調な会社のスタートと言えるでしょう。

起業の支援を受けよう

起業の支援には、さまざまなものがあります。

まず第一に思いつくことは、お金ですね。

起業の支援として、さまざまな助成金が設定されています。

起業時、試用雇用時、人材確保時、定年連例延長時、他にも、地域ごとに工夫された助成金があり、地方の活性化を狙っているようです。

有名なものに、「中小企業基盤人材確保助成金」「高年齢者等共同就業機会創出助成金」「地域創業助成金」などがあり、十数万から数百万のお金を借りることができます。

起業の支援のためにいざ助成金を受けようとする場合は、申請の事前に、十分に調査をし、条件や書類を確認しましょう。

一般に、仕組みが複雑だったり、やっと理解して苦労して書類をそろえても、条件が1つ合わずに助成が受けられなかったりすることがあるようです。

余裕と事前調査は、起業の基本ですね。

そうやって苦労した経験を生かして、起業家の助成金取得を支援する事業を起こしている人もいたりして、発想の転換で、自分の経験でも何でも商売になるんだな、と感心してしまいます。

起業の基本とは

起業の基本とは何でしょうか。

ここ数年、インターネットが普及し、ネット起業という言葉がもてはやされています。

1ヶ月で○○万稼げます!的情報がネットにはあふれ、実のところ、クリックしてもクリックしても本質は見えず、ノウハウらしいコンテンツを高額で購入しても、その先の収入にはつながらない。

毎日こつこつと自分のブログに貼ったアフリエイトやバナーをクリックして、やっと月500円…。

起業の基本とは、このあたりにあるのではないでしょうか。

多くの人が飛びつき、買いたくなる。

そういうものを売る。

起業の基本を求めていろいろ情報を買っているとしたら、もしかしたら起業の基本を学んでいるのではなく、ただのお客様なのかもしれません。

あなたがつい、買ってしまうもの、こんなものがあれば1家に1つは必ず欲しいもの。

その発想を磨く余裕こそ、起業の基本にかかせないものと言えるでしょうか。

起業の基本の次には

起業の基本について、最近の傾向を考えると、「情報の発信とネット」にキーワードがあるような気がします。

起業について基本的なことが知りたかったり、お金儲けについて知りたかったりして、インターネットや本でめぼしそうなタイトルのものを見て、何か得るものはあるでしょうか?

そこには、商品と宣伝が並んでいるばかりのような気がします。

起業すれば儲かるかなー?と思って、この情報は儲かります!といった商品を買ってしまうのは、もう、バレンタインデーにお菓子メーカーにチョコレートを買わされているようなものなのかもしれませんね。起業ビジネスのお客様です。

幸い、お客様を経て、ノウハウを獲得したり、オリジナルなアイデアや商品があって企業した場合は、冒頭に述べた「情報の発信とネット」を最大限活用しましょう。

ハリーポッターの作者は、マーケティングに10年近くを費やしたといいます。

原作本は、各国語に訳され、映画となり、安価なおもちゃから精巧なフィギュアまで、あらゆる業界の経済を動員しました。こういうことを、経済効果、と呼びます。

起業の基本をクリアし、ぽつぽつと売り上げが上がってきたら、次は、あなたの商品に便乗して儲けようとするビジネスパートナーの登場を引き出すことが鍵かもしれません。

海外で起業するとは

海外起業とは何でしょうか。

この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。

では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

お金は儲かるのでしょうか。言葉や滞在ビザの問題は?

実のところ、お金儲けが目的で海外で起業、という話はあまり聞きません。

会社を作ると、個人では得られない滞在許可や、就労許可が取れたり、会社名義で土地が所有できることがある、などでしょうか。

海外起業するぞ、というよりは、好きな国で趣味や特技を生業とし、楽しみながら生きていこう、と考えた結果、手段として海外で起業するというものかもしれません。

海外で起業する場合、現地の人とのパートナーシップが大切になります。従業員として必要なこともあるでしょう。

お客様は現地の方です。仕入れや支払いなどの商取引だけではなく、言葉や風習も違う近隣の人たちともいろんな形で信頼関係を結んでいきたいものですね。

海外で起業するには

海外で起業するにはどうしたらいいでしょうか。

その前に、あなたはほんとうにその国で、ビジネスをやりたいのでしょうか?

日本には、食べ物も服も、小物も、インテリアも、医学も、アジアっぽさが消えてきたと言われていても、まだまだどの世界に対してもオンリーワンだといえるものがたくさん残っています。

あるいは、海外の安い人件費、安い材料費に目をつけた、あるいは海外の文化そのものに溶け込んだビジネスもあるかもしれません。

海外で起業すると決めても、でも、どれも日本でもできるものですね。

言葉や風習、金銭感覚はもちろん、生まれ育った価値観自体も違う、異国の地で、そのビジネスをしていく、ということでほんとうにいいのですね?大変かもしれませんよ。

さて、決意をしたなら、必ず現地には足を運び、現地での起業に協力を得られそうな機関や人から十分に情報を集めましょう。

海外で起業するための初期投資、事業が安定するといわれる3年目までの運転資金程度は最低限用意しておきたいものです。

安定するまでは、どこかで皿洗いのバイトでもしながら、という手もあります。

海外で実際に起業を果たすまでには、法人登記、ビジネスプランの作成、場所や人の確保など、長そうな道のりが待っています。

情報が氾濫し、飽食や飽和といった言葉が飛び交う日本。

もし、もっとのんびりしているところで、趣味を仕事にして深呼吸して生きていけるなら、とっても気持ちがいいかもしれませんね。

週末起業が流行っている

週末起業という言葉をよく聞きます。

ここ数年のことです。

夢にあふれた若者の、あるいは技術や生活に余裕のある世代の、ゆとりある生活の象徴なのでしょうか。

週末起業とは、副業ともいいます。

平日昼間は会社で働きづめで、サービス残業をこなしたサラリーマンが、週末にゆっくりするでもなく、何とかお金をもっと儲けようとしているのでしょうか。

話は変わって、アメリカでは数年前から、富裕層と貧困層の格差の開きについて言われています。

貧困層は、正規の労働だけでは生活できず、夜間や週末に別のバイトをしており、アメリカ追随型の日本でも、数年後にはそうなるのではないかという記事が書かれたこともあります。

日本で流行っている週末起業が、生活のためというデータははっきりとは出ていません。逆に、各世代の平均小遣いの調査では、20〜30代は、週末起業などの副業で月数万を稼ぎ、他世代より多い小遣いを使っているというデータがあるようです。

週末起業の流行が、疲れた週末の体にムチ打って働くようなものではなく、生活のゆとりを生かした、夢の実現、だったらいいですね。

週末起業でどれくらい儲かる?

週末起業で、どれくらい儲かるのでしょうか。

何をするか、どれくらいの知識や準備があるか、によります。

インターネットビジネスや、投資運用での儲けをあおる情報によると、月数万程度を目標にすれば無理がないというものが多いようです。

しかし、現実がどうであるか、を挙げている人のほとんどは、そういった副業に取り組む人の95%以上は、儲けはなく、損をしていることが多いとしています。

週末起業、月数万のお小遣いゲットと称して、たくさんのおいしそうな文句が並べられたサイトが検索結果に並んでいます。

そういった、おいしそうな話で人を誘い込んでアフリエイトで稼いだり、おいしそうな話自体を売っている人の稼ぎは、月数十万を越えるようです。

日記形式で個人の日常を暴露するブログ、趣味で巡回している掲示板やサイトのリンク作成などが好きで、頻繁に更新できるなら。社会の流れを読んだ内容を常に盛り込んでいけるような素質を、あなたが幸運にも持っているなら。月数万どころか、数十万を稼ぐ、全体の1〜2%程度の成功者になれるかもしれません。

 
メニュー
起業する方法
起業のための資本金が1円で済む方法
起業を支援してくれる団体を調べよう
起業の支援を受けよう
起業の基本とは
起業の基本の次には
海外で起業するとは
海外で起業するには
週末起業が流行っている
週末起業でどれくらい儲かる?