様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 翻訳

スポンサード リンク

翻訳ソフトとは

翻訳ソフトとは、自動翻訳のためのソフトウェアで、基本的にはパソコンにインストールして使うものですが、WEB上で使えるものもあります。当初は英語を扱う翻訳ソフトが中心でしたが、近年はドイツ語・フランス語・スペイン語など、英語以外の外国語を扱う翻訳ソフトも増えてきました。

翻訳ソフトは、人間が普通に覚えられる量を超えた語彙数を扱うので、ボキャブラリーが少ない人でも、翻訳ソフトを使えばスムーズに翻訳を行うことができます。その翻訳結果によって、外国語の読み書きが容易に行えるので、パソコンユーザーの間では、今やなくてはならないソフトとなりつつあります。

翻訳ソフトの使用上の注意

翻訳ソフトとは、名前どおり、翻訳を行うソフトです。

翻訳ソフトは、人間が覚えられる以上の語彙数を扱いますので、少ない知識で外国語の読み書きを行うことができますが、だからといって、翻訳ソフトが万能であるというわけではありません。むしろ初めて使った人は、翻訳ソフトの訳に驚いたりがっかりしたりすることもあるのではないでしょうか?

翻訳ソフトは、近年ではかなり性能が良くなったとはいえ、一つの単語にも複数の意味があるので、翻訳ソフトが選んで当てはめた訳が必ずしも的確だとは限りません。特に文章の日本語訳の場合、仮に一つ一つの文は的確な訳だったとしても、気の利いた接続詞などを入れてくれるわけではないので、文章全体としては、いささかぎこちないものになることも多々あります。

翻訳ソフトは、このように、使う際に外国語の知識が全く必要ないわけではなく、むしろ手直しが必要なことの方が多いのです。「翻訳ソフトは翻訳の補助として使う」くらいの認識で使うのがちょうどいいでしょう。

翻訳ビジネス

ビジネスとしての翻訳は、外国との行き来や商品の輸出入などが増加し続ける昨今の社会の中で、需要がますます高まっている業種です。翻訳ビジネスは、映像や出版などの各種メディアにおいては昔から馴染みの深いものでしたが、20世紀末のIT化の波により、パソコンのハードやソフトなどのマニュアル類などにおいての需要も増加しています。

翻訳ビジネスに参入する場合、特に英語の場合は、TOEICなどの英語検定で一定のスコアを出していると、それが名刺代わりになり、就職・求職に有利に働くことが多いです。ただし、英語の読み書きができる人は今では決して珍しくないので、翻訳ビジネスにおいては、同業者の数も非常に多いということは覚悟しておかなくてはなりません。

英語の翻訳ビジネスに参入する場合は、単に日常会話ができるだけでなく、たとえば医療・化学・ITなど、何らかの得意分野を持つなどの「セールス・ポイント」があると、他の同業者に差を付けることができるでしょう。

ビジネス翻訳

ビジネス翻訳は「産業翻訳」「実務翻訳」「技術翻訳」などとも言い、産業の分野に特化した翻訳です。

ビジネス翻訳においては、単に外国語の日常会話レベルの読み書きができるだけでは不十分で、自分が専門とする産業についての詳細な知識が必要です。

ビジネス翻訳では、一般的には理系の分野は理系の人に、文系の分野は文系の人に有利ですが、たとえば文系出身の翻訳者が薬学関係の翻訳においてトップに立っている例があるなど、努力次第で自分の専門外の分野を新たな得意分野とすることも可能です。要は自分が専門としている分野、もしくは専門としたい分野について、どれだけ興味と情熱を持つことができるかが、ビジネス翻訳で成功する決め手と言えるでしょう。

翻訳・通訳の資格試験

翻訳や通訳の仕事に携わるためには、絶対に資格が必要というわけではありませんが、やはり「資格試験」を受けておくと、翻訳や通訳の仕事をする上で有利になります。

翻訳や通訳の資格試験の代表的なものは、やはり英語を扱うものなので、以下、英語の資格試験について述べます。

翻訳の資格試験としては、「翻訳技能認定試験」「翻訳実務検定(TQE)」などがあります。それに加え、英検やTOEICなどの「英語検定試験」の級やスコアがあると、雇用者や取引先があなたの翻訳の能力を測る基準になります。そもそも翻訳は、それなりの英語力がないと仕事になりませんから、自分の英語力の数値化という意味でも、こうした試験は受けておいて損はないでしょう。

通訳の資格試験としては「通訳案内士(ガイド)試験」「通訳技能検定試験」などがあります。こちらもTOEICなどのスコアがあればさらに有利になるでしょう。

翻訳・通訳の資格試験の必要性

翻訳や通訳の仕事は、海外との交流が増える一方の現代日本において、需要がどんどん高まっているビジネスです。

翻訳や通訳の需要が増える一方で、供給も増えています。特に英語は、ほとんどの学校で外国語として採択されているせいもあり、英語の翻訳や通訳の仕事を希望する人もまた多いのが現状です。そのため、英語の翻訳や通訳を志すなら、他の同業者に差をつけなくてはなりません。

翻訳や通訳を志す場合、翻訳や通訳の能力が必要なのは言うまでもありませんが、翻訳や通訳に関する資格試験を受けておくと、それがあなたの肩書きとなり、就職・求職に有利に働いてくれます。

翻訳や通訳の資格試験は各種ありますので、これらの翻訳・通訳の資格試験の中から、自分のニーズや能力に合ったものを選ぶといいでしょう。

 
メニュー
翻訳ソフトとは
翻訳ソフトの使用上の注意
翻訳ビジネス
ビジネス翻訳
翻訳・通訳の資格試験
翻訳・通訳の資格試験の必要性