様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 大学

スポンサード リンク

大学受験について

大学受験は、大学全入時代に突入して、様変わりしつつあります。

2007年には、大学受験者が募集定員と同数になり、偏差値の高い大学にこだわらなければ、全員が入学できる時代がやってくると言われています。

大学サイドも、生き残りをかけて、オープンキャンパスやAO入試(アドミッション・オフィス)等、受験生に対するサービスやアピールを積極的に行うようになりました。

また、偏差値の高い難関大学に人気が集中する一方で、受験さえすれば誰でも合格できると言われる大学が“Fランク大学”として揶揄されたりもしています。

今後の大学受験においては、受験生の目はますます肥えて、シビアになっていくことでしょう。それぞれの大学が、真の意味で教育内容を充実させ、実績を積み上げていくことが求められています。

大学受験について2

大学受験の際に、受験生が志望校を選ぶポイントは何でしょうか?

学部での教育内容や大学の知名度、就職実績などももちろんありますが、やはり、一番重視するのは偏差値でしょう。

大手の進学塾等の受験産業では、毎年、各大学の偏差値ランキングを出しており、それが受験生の志望校選びの基準となっています。

大学受験では、偏差値ランクの高い難関大学に人気が集中する一方で、少子化の影響により定員割れを起こす私立大学も出てきました。

偏差値が低く、受験さえすれば誰でも合格となる大学は「Fランク大学」などと呼ばれ、敬遠される傾向も現れ始めています。

今後も、偏差値の高い難関大学や中堅大学を抜かせば、大学受験は買い手市場が続くと見られます。

大学側は、教育内容をより一層充実させる努力を、そして受験生は、数ある大学から自分の目的に合った大学を見極める力が求められています。

大学の偏差値

大学の偏差値ランキングは、大手予備校などから、毎年発行されています。

国公立なら東大、京大、一橋大、阪大。私立なら、早稲田、慶應義塾、ICU、上智、等々が、「偏差値の高い大学」としてランキング上位の常連となっています。

受験生が大学を選ぶ基準としては、大学の知名度や就職状況、取得できる資格、ブランドイメージ等々もありますが、何といってもトップは偏差値。

自分の偏差値で狙える大学の中で、最も偏差値の高いところを選ぶ――。こんなスタイルが定着しているのかもしれません。

近年は少子化の影響もあって、2007年には、入学希望者が入学定員と同数になるという、「大学全入時代」に突入すると言われています。

しかし、偏差値の高い大学は、相変わらず厳しい合格率となっており、偏差値での大学ランク付けは、今後もまだまだ続きそうです。

大学の偏差値について

大学の偏差値ランキングは、毎年、代々木ゼミナールや河合塾、駿台予備校等の大手予備校から発行されています。

多くの受験生が、偏差値ランキング表と自分の偏差値を照らし合わせて、志望校を決めています。

偏差値ランキング表には、東大、京大をはじめとして、一橋大、阪大、早稲田大、慶應大、ICU、上智大等々が上位に名を連ねます。

少子化や大学の新設ラッシュなどの影響で「大学全入時代」を迎えたとはいえ、偏差値の高い大学は、いまだ難関。

中学受験、高校受験から続く“偏差値信仰”は、今後もまだまだ崩れそうにありません。

大学の学部選び――理工学部とは?

大学の理工学部とは、簡単に言ってしまえば、理学部と工学部をミックスした学部です。

自然科学の解明・探究を目的とする理学部と、そこから発展して、科学技術を担う工学部は、本来、切り離せないもの。

理工学部では、二つを融合した総合的な視点から、学問を深めていきます。

理工学部に設置されている学科は、機械系、電子系、情報工学系、物理学系、化学系、数学系、地学系、建築系などさまざまです。

卒業生の就職先は、学科によって異なりますが、メーカーの研究開発職や製造業に就く人が多いようです。研究機関としての位置付けのある大学院については、進学率も上昇傾向にあります。

また、似たような名前の理工学部の学科であっても、カリキュラムがかなり違うものもあります。

入学してから後悔することのないように、オープンキャンパスやパンフレットなどを利用して、自分が本当に学びたい分野を学べる学部・学科はどこなのかを慎重に検討する必要があるでしょう。

大学の理工学部について

大学の理工学部とは、自然科学を探究する理学部と、その結果を応用して発展した工学部が合体した総合学部、ということができるでしょう。

理工学部の学科は、主に、機械、電子、情報工学、物理学、化学、数学、地学、建築等の分野に分かれています。

似たような学科名だったとしても、大学によってカリキュラムにかなりの違いがあるので、注意が必要です。

理工学部卒業後の就職先は、各種製造業・メーカーの開発職や研究職、建設関係、IT産業等々、幅広い分野に渡っています。

大学院に進学して、研究を深める学生も多くいます。

理工学部の学科を選ぶ際には、大学で学べるカリキュラムや、将来就きたい職種について、事前に調べておくことが大切です。

オープンキャンパスやパンフレット、インターネットでの大学・学部紹介などを大いに活用して、後悔のない進路選びをしましょう。

大学の学部選び――経済学部の特長とは?

大学の経済学部は、どんなことを学ぶところなのでしょうか。

経済学部は、世界や日本など、大きな視野から見た経済全体の仕組みを解き明かしていくことに主眼が置かれます。マクロ経済学やミクロ経済学等々、経済に関するさまざまな理論も学びます。

文系に属してはいますが、経済学では、微分・積分等々、数学を多用します。

就職先としては、金融関係や商社などが多いと言われています。

大学の経済学部で学んだことを土台に、公認会計士、税理士、弁理士、中小企業診断士、社会保険労務士、教員などの資格取得も狙うこともできるでしょう。

大学の学部選びの時に、よく、「経済学部と経営学部はどう違うのですか?」という質問が出ます。

たしかに、経済学部の中に経営学科がある大学もあれば、明治大学のように、「政治経済学部」と「商学部」と「経営学部」がそれぞれ並列に設置されている大学もあります。

経営学部の場合には、経済学部と違って、経営者の立場で、企業の経営戦略や会社管理のノウハウを具体的に学んでいくのが特徴です。一企業内でのミクロな視点での実務・ビジネスに即していると言ってもいいかもしれません。

大学の学部選びは、将来に直結するものだけあって、納得いくまで検討したいもの。

同じ経済学部でも、大学によって、カリキュラム等に違いがあります。受験する前に、よく調べて、目的に合った大学・学部を選択するようにしましょう。

大学の経済学部について

大学の経済学部では、グローバルな視点から見た経済の成り立ち、仕組み、動向などを学びます。

その際に数式を多用するので、理系の学部と思われることもありますが、一般的には文系に属するとされています。

税理士や公認会計士の資格を取りたい人、金融関係や商社などへの就職を希望する人等は、経済学部で学んだことを活かせるはずです。

経済学部と似た学部に、経営学部があります。

こちらは、経済学の基本は学ぶものの、どちらかというと、ミクロな視点から見た、企業経営のあり方がメインとなります。

実務重視で、「いかにお金を儲けるか」といったビジネス的なノウハウに関わることも学ぶことができます。将来、起業を考えている人や、家業を継ぐ人、金融・サービス業等に就きたい人には向いている学部と言えるでしょう。

また、同じ経済学部でも、大学によってはカリキュラムに違いが見られます。

将来進みたい道や、興味のある分野を考えて、大学や学部を選んでいただきたいと思います。

大学の学部選び――芸術学部とは?

大学の芸術学部は、個々の感性を活かして芸術関係の道を進む人のための学部です。

大きく分けて、美術系、デザイン系、音楽系、その他(映像や写真、演劇など)があります。

芸術学部を卒業後の進路は、自分自身がアーティストとなって活躍する場合もありますし、企業に就職する場合もあります。

音楽系やファインアート系と比較すると、デザイン・マルチメディア系の分野は、その道での就職もしやすいと言えるでしょう。

また、大学の芸術学部在籍時に必要な単位を取得して、美術館等の学芸員や、中学・高校の美術教員・音楽教員を目指す人もいます。

音楽にしろ、美術にしろ、芸術関係の学費は、通常の学部よりもかなり高い傾向があります。

「好きなことを学びたい」という気持ちはとても大切ですが、将来のこと、就職や進路のこともよく調べたうえで、大学・学部選びをしていただきたいと思います。

大学の芸術学部について

大学の芸術学部には、大きく分けて、音楽、美術・デザイン、その他(映画や写真など)があります。

芸術学部の学生が、すべて作家(アーティスト)として独立を目指しているというわけではなく、一般企業に就職する人も多くいます。

むしろ、「芸術の道で食っていく」という人の方が、ごく少数と言えるでしょう。

また、自分自身が芸術を極めるのではなく、学問として美術や音楽等を研究する学科も存在します。

卒業後の進路については、デザインやマルチメディア、インテリア関係は、芸術学部の中では、比較的就職口が多い分野の一つです。

また、大学在籍時に必要な単位を取っておくと、美術館等の学芸員や、中学・高校の美術教員・音楽教員になるための資格を取得することも可能になります。

芸術学部の学費は、通常の学部に比べて、非常に高い傾向があります。

この学費をムダにしないためにも、将来就きたい職業や必要になるスキル等を考え合わせたうえで、大学や学部を選びたいものです。

大学の学部選び――経営学部とは?

大学の経営学部では、どんなことを学べるのでしょうか?

経営学部ではその名のとおり、企業の経営法のノウハウや理論を学びます。

広い視野から見た経済全般を取り扱う経済学部に比べて、ビジネスとしての一企業経営に焦点を当てているため、より具体的・実務的な内容となっているのが特長です。

経営学部で学ぶ分野は、主に、経営管理、生産管理、労務管理、会計学に分けられます。

金融・サービス業などに就職したい人はもちろん、将来起業したいと考える人や、家業を継ぐ人、企業の経営の中核に関わりたいと考える人にはピッタリの学部と言えるでしょう。

もちろん、経営学部でも、経済学はベースになっているため、基本知識はきちんと学ぶことができます。

大学の経営学部について

大学の経営学部は、経営戦略や生産・労務管理、会計学といった、会社の経営に欠かせない理論やノウハウを学ぶ学部です。

グローバルな視野で経済をとらえる経済学部とは違って、企業経営にポイントを絞っているため、実務に即した具体性のある学習内容になっていることが特長です。

また、経営学のベースとなっている経済学についても、そのベースをマスターできるカリキュラムが組まれている大学がほとんどです。

経営学部は、金融系、サービス系などの仕事に就きたい人や、起業を考えている人、会社の経営に関わりたい人などに向いている学部と言えるでしょう。

さらにキャリアアップを目指す人は、大学での勉強をベースに、公認会計士や税理士等の資格取得を狙うことも可能です。

大学の学部選び――心理学部とは?

大学の心理学部は、文系の中では、比較的、人気の高い学部の一つです。

心理学部では、人の心と行動を科学的に観察・分析し、そのメカニズムを探ります。心理テストや統計、実験などの実習もいろいろあります。

心理学部で学ぶ分野は、一般的な「基礎心理学」と、実際の問題にあてはめて研究を深める「応用心理学」に大別されます。

心理学部を卒業後は、カウンセラーや福祉施設の指導員、心理判定員、教員等々になる人もいますが、一般の民間企業に就職する人も少なくありません。

関連資格には、認定心理士、認定カウンセラー、産業カウンセラー、臨床心理士等々があります。

心理学部での勉強は、教育や福祉、医療関係等の仕事にも幅広く役立つ分野である反面、大学で学んだことが就職に直結するかどうかは、本人のはっきりとした目的意識次第というところがあります。

将来就きたい職業や各大学の特色などを見据えて、大学や学部選びをしていただきたいと思います。

大学の心理学部について

大学の心理学部では、人間の心のメカニズムを、さまざまな手段を使って科学的に究明していくことを目的としています。

学ぶ分野は、一般的な「基礎心理学」と、実際の問題にあてはめて研究を深める「応用心理学」の2つに分けられます。

理論を知るだけでなく、アンケートによる統計調査や心理テスト、実験等の実習もたくさんあり、楽しく学んでいくことができるでしょう。

大学の心理学部を卒業した後は、必要な資格を取得して、学校や企業の心理カウンセラーやソーシャルワーカー、福祉施設の指導員等になる人もいます。臨床心理士や産業カウンセラーなどは、よく知られている資格の一つです。

2005年に、心理の専門職を「医療心理師」として国家資格化するという議論が起こりましたが、まだ実現しておらず、心理関係の資格のほとんどが、いまだ民間資格のままとなっています。

大学で学んだ心理学の知識は、教育・福祉・医療等の分野に広く応用できるものではありますが、就きたい職種によっては、最初から福祉系の学部を選んだ方が良い場合などもあります。

また、心理学部を出て、一般の民間企業に普通に就職する人も少なくありません。

大学の学部の特色やカリキュラム、将来就きたい職業等を検討したうえで、目的に合った大学・学部を選ぶようにしましょう。

大学の学部選び――教育学部とは?

大学の教育学部は、昔は、「学校の先生」になりたい人が行く学部でした。教員の養成を主な目的として設立された学部だったからです。

もちろん、現在でも、教員養成系の「教育学部」も存在します。

しかし、その一方で、90年代に教員採用数が減少したのをきっかけに、目的を学校教育だけに限定しない教育学部も増えてきました。

教育学部で学ぶ内容は、大きくわけて、教育学・教員養成・児童学の3つに分けられます。

最近では、スクールカウンセラーや臨床心理士等を目指す学生も増えてきたので、大学でのカリキュラムも、心理学関係を重視する傾向があるようです。

大学の教育学部を卒業した後の進路としては、幼稚園〜高等学校の教員がまず挙げられます。教員の採用状況は、近年はわずかながら改善されつつあります。

他にも、公務員、福祉関係、スポーツ関係の指導者、製造業やサービス業に至るまで、さまざまな分野に就職先は広がってきています。

やや、特色が薄まってきた感のある教育学部ですが、生涯学習などが定着してきた日本社会において、学んだ内容を活かす場は多いはず。

目的意識を持って、大学での授業に取り組んでいただきたいものです。

大学の教育学部について

大学の教育学部とは、「よりよい教育とは何か?」ということを模索しながら、研究を重ねる学部です。

学ぶ内容は、大きくわけて、教育学・教員養成・児童学の3つがあります。

教育学部は、もともとは教員を養成するための学部でしたが、最近は、教員採用数の減少により、それ以外の道を選択できるとする大学も増えてきました。

大学卒業後の就職先も、教員や公務員だけでなく、一般の製造業やサービス業等にまで裾野が広がってきています。

今後は、学校教育だけにとどまらず、高齢者の生涯学習の援助や社会人教育、スクールカウンセラーとしての活躍等も期待されています。

 
メニュー
大学受験について
大学受験について2
大学の偏差値
大学の偏差値について
大学の学部選び――理工学部とは?
大学の理工学部について
大学の学部選び――経済学部の特長とは?
大学の経済学部について
大学の学部選び――芸術学部とは?
大学の芸術学部について
大学の学部選び――経営学部とは?
大学の経営学部について
大学の学部選び――心理学部とは?
大学の心理学部について
大学の学部選び――教育学部とは?
大学の教育学部について