様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > コレクション

スポンサード リンク

コレクションの楽しみ

「コレクション(collection)」とは、ものを集めること。よく「趣味は○○のコレクション」なんて言い方をしますね。

コレクションを趣味にしている人はとても多いです。皆さんも一度くらいは、何かのコレクションにはまった経験がおありなのではないでしょうか。

コレクションは奥が深く、同じものでも、幾通りもの集め方があります。たとえば、

・コレクションの対象となる物品の発売元(会社)ごとに分類する

・コレクションの対象となる物品が製造された国や地域ごとに分類する

・コレクションの対象となる物品が製造された年代ごとに分類する

上記のような集め方をすると、企業や国の違いや、時代の流れがわかって、なかなかおもしろいもの。同じものをコレクションするにも、多角的な視点で集めると、楽しさも倍増です!

コレクションをネットで披露

コレクションは、ひたすら集めるのもそれなりに楽しいものですが、コレクションの数がある程度のものになってきたら、それを人に見せて自慢したくなるのが人間というもの。でも、これまでは、そのコレクションの価値が社会的によほど認められているケースなどを除いては、なかなか多くの人にコレクションを披露する機会がないものでした。

しかし、現代はインターネットの時代! ウェブサイトを作り、デジカメとネットを駆使して自分の自慢のコレクションを、国内はもちろん、海外の人にまで披露することが可能になりました。そして実際、そういうコレクションサイトはかなりの数にのぼっています。みんな地味にコレクションを楽しんでいたみたいで、わたしも「牛乳ビンのフタ」とか「駅弁のパッケージ」なんてものを見たときは、「発表の場があってよかったね!」という気持ちになりました。

あなたも、ご自慢のコレクションがあるなら、ぜひウェブサイトで披露してみてはいかがですか?

ミニカーコレクション

ミニカーはコレクションの対象として人気のあるものの一つです。たとえば「ミニカーコレクション」でググると、やはり多くの人がミニカーコレクションをしていることが伺えます。

ミニカーとは、文字通り小さな車の玩具(和製英語)。ミニカーの種類は大変多いため、コレクションとしても最適です。また、ミニカーは日本のみならず、アメリカやフランスなどでも生産されていますので、外国のミニカーをコレクションするのも楽しいでしょう。

ミニカーのコレクションに限ったことではありませんが、やはり生産中止になった車種はプレミアもの。「マニア垂涎」といったところでしょうか。ミニカー自体は一台数百円といったものが主流ですが、既に生産中止されたものは、ネットオークションで数千円〜数万円で取引されることも珍しくありません。古今東西、コレクターはなかなか熱心なものですね。

ミニカーをコレクションする

コレクションは、どんなジャンルのものにしても、数が増えてくると場所を取るもの。その点ミニカーのコレクションなら、一般の住宅でも十分楽しむことができます。

日本のミニカーの代表的なものといったら、やはり「トミカ」でしょう。トミカは国産初の量産型のミニカーで、1970年に発売を開始。今日に至るまで、子供はもちろん、大人のコレクターをも魅了しており、事実トミカをコレクションしている人も多いです。

トミカのミニカーは、2007年現在で、120種が出ています。これら店頭で買えるもののほかに、既に生産中止になったものも多く、これらはオークションなどで高額で取引されることもあります。トミカに限ったことではありませんが、生産中止のものを持っていることは、コレクションをしている者にとってはとても嬉しいことなのです。

コレクションケースを利用しよう

コレクションを続けていると、だんだんコレクションしたものが増えてきて、収納に困ったり乱雑になったりしますよね。どんなものでも、収納がうまくできないと、紛失したり痛んだりして、コレクションの価値は下がってしまうので、できればコレクションがキレイに収納でき、かつディスプレイとしても見栄えのよいケースが欲しいもの――そんなときには「コレクションケース」が便利です。

コレクションケースは、コレクターの、コレクションしたものを大切にしたいというニーズに応えて開発されたもの。当然コレクションケースは、何をコレクションしているかによって、必要なサイズなども変わってきますが、現在では、実によくできたコレクションケースが出回っています。

コレクションケースは、主にガラスやプラスチックでできており、細かいものも見栄えよく収納できます。特にディスプレイにこだわる方は、コレクションケースを利用してみてはいかがでしょうか?

コレクションケースいろいろ

コレクションケースは、コレクションしたものをスッキリかつ見栄えよく収納できるスグレモノ。コレクションの内容によって、当然コレクションケースのサイズも変わりますが、何をコレクションするにしても、それに見合ったコレクションケースが売られているもの。

コレクションケースは、ネットで探すのが便利でカンタンです。ネット通販なら、店舗を探し歩く手間と交通費が節約できます。たとえば、こんなコレクションケースはいかがですか?

コレクションケースの通販【家具の宝島】
http://www.takara-jima.com/collection/index.htm

コレクションケースを使うことによって、あなたのコレクションの価値は何倍にもなることでしょう!

ガンダムのプラモデルをコレクションする

「ガンダム」とは、79年に放映されたアニメ「機動戦士ガンダム」に始まり今日まで続く、「ガンダム」の名が付くロボット(作中では「モビルスーツ」と呼ばれる)が出てくる一連のシリーズです。

ガンダム作品の中に出てくるモビルスーツのプラモデルは、まとめて「ガンプラ」と呼ばれ、プラモデルの中でも特に人気があるもの。ガンプラの種類はとても多く、コレクションしている人もかなりの数にのぼります。

ガンダムのプラモデルのコレクションは、全部集めようとしたら、大変な労力がかかります。ただでさえ多いガンダムのプラモデルですが、さらに新作が続々と出ているので、ガンダムのプラモデルのコレクションを本気で始めたら、恐らく「ライフワーク」になってしまうのではないでしょうか。さらにプラモデルなだけに、ただコレクションするだけでなく、自分で作るという作業も加わる――ガンダムのプラモデルのコレクション、なかなか奥が深いですね。

ガンダムコレクションとは

「ガンダムコレクション」とは、バンダイから180〜280円で発売されている、1/400スケールの塗装済みフィギュアです。

ガンダムコレクションは、「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」まで、数百種類ものタイプがリリースされています。

ガンダムコレクションの良い点は、ホビーショップだけでなく、コンビニなどでもカンタンに手に入ること。もっとも、これだけの数のガンダムコレクションが全部店頭に置いてあるわけではないので、全部集めたかったらネットショッピングなどを利用すると良いでしょう。

ガンダムコレクション、これだけあると、集めがいがありますね。実際、ガンダムコレクションを文字通り「コレクション」して、サイトで公開している人も少なからずいるようです。

時計のコレクションを楽しもう

時計には様々な種類があるため、よくコレクションの対象になります。

時計は用途によって「腕時計」「柱時計」「懐中時計」「置き時計」「目覚まし時計」などといったものに大別される上、それらすべてに様々なデザインや機能のものが存在し、さらに国によってもデザインが違ったりするので、時計のコレクションを本気で始めたら終わりがなく、それこそライフワークと言うにふさわしい趣味となることでしょう。

時計のコレクションは、ディスプレイとしても、大変見ごたえがあります。時計は決して安いものではありませんから、コレクションには多額のお金がかかりますが、時計屋さんを思い浮かべていただければわかるように、時計のコレクションには芸術的な価値があります。お金とスペースにゆとりのある方は、時計のコレクションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

時計のコレクション

時計のコレクションの仕方にはいろいろありますが、古い時計をコレクションするのもまた面白いものです。

今ではあまり使われなくなった時計としては、柱時計や懐中時計などがあります。これらは店頭やオンラインショップで新品を買うこともできますが、アンティークショップなどで昔のものを手に入れるのも、なかなか楽しいもの。時計に限らず、近頃は「昭和レトロ」なるジャンルがあり、昭和時代の様々なものがオークションなどで高値で売られたりしていますが、既に生産終了した時計も、時にはそのような場で買うことができます。

こうしたレトロな時計のコレクションは、単に見て楽しいだけでなく、歴史的な価値もあります。このような貴重なコレクションは、自分で持っているのもいいですが、博物館に寄贈したり、自分で博物館を開いたりすることも視野に入れると、コレクションをしている意味に深みが加わることでしょう。

腕時計のコレクション

腕時計は、安価なものから、高価なブランド品まで様々。時計屋さんのガラスケースなどにずらりと並んだ腕時計は、なかなか見ごたえがありますね。腕時計は、大きさも手ごろなので、コレクションにも向いています。

腕時計も、コレクションの仕方にはいろいろあります。たとえば同じブランドのものをコレクションしてみたり、生産が終了したレトロな腕時計をアンティークショップやオークションなどで買い集めたり、外国の珍しい腕時計を集めたり、はたまたチープだけどデザインが奇抜なものを多数コレクションしてみたり――腕時計のコレクションは、いろいろな楽しみ方ができますね。

腕時計をコレクションする場合、やはり気になるのが予算。中古ショップやネットオークションなどを上手に利用して、できるだけ低予算でたくさんコレクションしたいものです。

腕時計コレクションを披露しよう

腕時計は普通は時計屋さんで買うでしょうから、腕時計が並んだショーウィンドウやガラスケースを見たことがないという人はあまりいないでしょうが、それにしても時計屋さんのディスプレイって、見ごたえがありますよね。個人で腕時計のコレクションをしている人などは、こうしたディスプレイを見習いたいと思うこともあるのではないでしょうか?

腕時計に限らず、コレクションがある程度の数になったら、「展示」してみると、達成感も倍増。そこで活躍してくれるのが「コレクションケース」です。コレクションケースにも様々な種類・サイズがありますが、これらは腕時計などの小さなものには特に向いていて、インテリアとしても美しく見えるように、スッキリ収納できます。腕時計をコレクションケースに収めたら、友人や知人を家に呼んで、ご自慢のコレクションを披露するのも良いですね。

また、腕時計のコレクションをネットで公開すると、さらに多くの人に見てもらえますので、こちらもオススメです。

ライダーマスクコレクションとは

「ライダーマスクコレクション」とは、仮面ライダー関連の玩具の一種です。

ライダーマスクコレクションは、歴代の仮面ライダーの特徴であるマスクの部分を再現したもので、対象年齢は15歳以上(!)となっています。まさに大人の趣味。

ライダーマスクコレクション、サイズは1/6スケールで、ディスプレイとしても手ごろな大きさ。仮面ライダーのファンにとってはたまらない逸品と言えるでしょう。

ライダーマスクコレクションは、入荷とほぼ同時に売り切れてしまうほどの、幻の人気商品。ライダーマスクコレクションは、現在(2007年5月現在)も入手がやや困難なようで、アマゾンでも新品はなく、ボックスが「マーケットプレイス」で定価以上の価格で売られています。ライダーマスクコレクションは、そのクオリティもさることながら、希少価値があるという点も、コレクターの心を煽る一因なのでしょう。

ライダーマスクコレクションを全種類揃える

「ライダーマスクコレクション」は、バンダイが発売している玩具で、1/6スケールの歴代の仮面ライダーのマスク部分に台座を付けたもの。ライダーマスクコレクションには発光台座もあり、ディスプレイとしても最適です。

ライダーマスクコレクションは、人気商品ゆえに、全部揃えるのは結構難しいですね。オークションでも全種類揃っているものが、結構スゴイ値段で売られていたりするし――ライダーマスクコレクションは、もはや子供のオモチャじゃないですね……。

ライダーマスクコレクションは、平成ライダーはもちろん歴代ライダーのマスクも入っているということで、特に昔からのファンにとっては垂涎の的。「全部揃えるためならいくら出してもいい」という方は、オークションなどで探すといいと思います。

アンティークコレクションを楽しもう

アンティーク(骨董品)のコレクションは、コレクションの中でも最もその価値が社会的に認知されているものではないでしょうか。アンティークのコレクションには芸術性の高いものも多く、その上歴史的価値もあります。

一言で「アンティークのコレクション」といっても、内容はいろいろ。陶器および食器、家具、服(和服・洋服など)、掛け軸、刀剣、アクセサリーなど、アンティークのコレクションの対象となるものの代表的なものを挙げてみると、なんだか豪華な感じがしますね。これだけでも、アンティークのコレクションの重みを少しは感じていただけるのではないでしょうか。

アンティークコレクションの対象になるものは、非常に高値で取引されることも珍しくありません。そのため、時には盗品が出回っていることも。よって、アンティークコレクションを行う際は、許可を得た業者から買うなど、盗品やまがいものを買わない工夫が必要です。

アンティークコレクションの魅力

アンティーク(骨董品)は、単に古いだけでなく、そこに歴史的・芸術的な価値のあるもの。それだけに、アンティークコレクションは、精神性や教養を高めるという意味でも、他のコレクションとは一線を画したものと言えます。

アンティークコレクションの魅力の一つは、それらの品質の確かさでしょう。アンティークコレクションの対象として人気があるものの例としては、刀剣や掛け軸、着物や時計、ジュエリー、陶器などの工芸品といったものが挙げられますが、こうしたアンティークは、それらが重ねてきた年月や、それを作った職人の腕や想いなどがうかがわれて、とても味わい深いものですね。

アンティークコレクションの際に特に注意すべき点としては、

・ニセモノや盗品をつかまされないこと

・刀剣は所持するためには許可が必要

以上のことに気をつけて、安心してアンティークコレクションを楽しみたいものです。

ドラゴンボールグッズのコレクションいろいろ

「ドラゴンボール」は、鳥山明原作の人気マンガおよび、それをアニメ化した作品。マンガ・アニメともに、日本のみならず、国外でも40カ国以上で人気を得ました。そしてその人気は、連載終了から10年以上経った現在でも衰えていません。

「ドラゴンボール」そのものがそれだけの人気を集めたのですから、当然ドラゴンボール関連のグッズの売り上げも好調。多数あるドラゴンボールグッズをコレクションする人が多いのも当然でしょう。

ドラゴンボール関連のコレクションの対象として人気があるものの例としては、

・コミック(これは必須でしょう)

・DVD(これも基本)

・ガシャポン(子供に人気がありますね)

・フィギュア

・食玩

・ゲーム(プレステのソフトからカードゲームまで)

しかしこれらはまだまだほんの一部。ドラゴンボール関連のグッズのコレクションを始めたら、本当に終わりがないくらいです。それだけに、ドラゴンボール関連グッズのコレクションは、コレクションとしてはやりがいのあるものだと言えるでしょう。

ドラゴンボール関連グッズのコレクション

「ドラゴンボール」を知らない日本人はいないといっても言いすぎでないほど、ドラゴンボールは日本をはじめ40カ国以上で人気作品となりました。ドラゴンボール自体はとうに連載もアニメの放映も終了していますが、その人気は今も健在で、ドラゴンボール関連グッズの売れ行きもまだまだ好調です。

ドラゴンボール関連グッズの種類の多さは、コレクションする対象としては十分なものでしょう。ドラゴンボール関連グッズのコレクションは、子供はもちろん、大人にとっても楽しいもの。特に食玩・ガシャポン・フィギュアといったものは、価格的にもスペース的にも、コレクションに向いているのではないでしょうか。

ドラゴンボールグッズは、一時期は日本全体の経済を左右するほどのものでした。そして今となっては店頭で入手できないものも数多く存在しています。こうしたものは運がよければオークションなどで入手できますが、なかなか高額のようですね。とはいえ、そのようにして集めたコレクションは、今はもちろん将来的にも、とても価値のあるものになることでしょう。

食玩のコレクション

「食玩」とは「食品玩具」の略で、「おまけ」として食品に付いてくるものの総称です。

日本での食玩の歴史は古く、1927年(昭和2年)のグリコのカードまで遡ります。そして現代でも、もちろん食玩人気は健在。食玩をコレクションする人もとても多いです。現代では食玩のクオリティもかなりアップしているので、そのコレクションもやりがいがあるというものでしょう。

食玩の種類は、フィギュアやプラモデル、ミニカー、カード、バッジなど、多岐にわたります。当然メーカー側は、食玩目当ての人にできるだけたくさん商品を売りたいので、おまけの中身が何だかわからないようにして売ることが多いです。そのため、なかなか目当ての食玩にたどり着けないことも珍しくないのですが、目当ての食玩が出てきたときの喜びを味わうこと自体も、コレクションの楽しみといえます。

食玩のコレクションの際に気を遣いたいのが、食品の消費。「おまけだけ手にして食品は食べずに捨てる」ということは、これまでにも度々社会問題になっています。食玩のコレクションもいいですが、食べ物はくれぐれも大切にしたいものですね。

食玩のコレクションと食品

食玩をコレクションすることは、子供から大人まで、多くの人の間で楽しまれている趣味ですが、食玩のコレクションには、常に大きな問題がつきまといます。その問題とは、食品の消費。

食玩は多くの場合、コレクションする人に対してできるだけたくさん売るということを目的として、ブラインド式(中身がわからないようなパッケージを使うこと)で提供されます。そのため、特に熱心なコレクターにおいては、欲しい食玩が手に入るまでその商品を買い続け、食品の方がダブついてくると、その食品を捨ててしまうという行動に出ることも少なくありません。

しかし、いくら食玩が欲しいとはいえ、食べ物を捨てることは倫理的にも問題のある行為ですし、消費者からの食品メーカー側への非難にもつながります。そこで近年は、食品の量を極端に少なくして、事実上「食品の方が食玩のおまけ」という形式で売られる商品も増えてきました。

食品メーカー側のこうした措置により、食玩のコレクションをする人が食べ物をムダにする機会が減ったことは事実。しかし、「飽食日本」の食べ物に対する姿勢は、食玩のコレクションをする際は特に考慮したいことの一つといえるでしょう。

キン肉マンフィギュアのコレクション

キン肉マンフィギュアは、コレクションとして人気があるものの一つです。

キン肉マンフィギュアとは、マンガおよびアニメ「キン肉マン」のキャラクターのフィギュア。「キン肉マン」自体がロングセラー(連載自体は1979年から。その後も続編が出ている)ということもあり、キン肉マンフィギュアの歴史はそれなりに長いと言えます。

キン肉マンフィギュアのこうした背景から、当然「レア物」となったものもあり、こうしたものの存在が、キン肉マンフィギュアのコレクションの楽しさを倍増させています。

コレクションの価値を決めるのは、やはり数と質。キン肉マンフィギュアのコレクションの数を増やすのも重要ですが、こうしたレア物をいかに入手するかということも、キン肉マンフィギュアのコレクションをする上でのキーポイントとなることでしょう。

キン肉マンフィギュアのコレクションを楽しむ

キン肉マンフィギュアは、マンガおよびアニメ「キン肉マン」のキャラクターのフィギュア。キン肉マンがアニメ化されたのは83年ですが、それ以来子供はもちろん、大人の間でもキン肉マンフィギュアのコレクションが楽しまれてきました。

「キン肉マン」はその後も続編が執筆およびアニメ化されているため、キン肉マンフィギュアも現在に至るまで次々と発売され続け、子供はもちろん、キン肉マンフィギュアのコレクションを楽しむ人たちにも歓迎されています。

キン肉マンフィギュアの歴史がこれだけ長くなると、当然店頭で取り扱われなくなるものも出てきます。こうした「レア物」は、キン肉マンフィギュアのコレクションをしている人にとっては垂涎の的。こうしたものは、ネットオークションなどで手に入ることもあるので、キン肉マンフィギュアのコレクションにこだわる方は、ネットなどでレア物を探してみるといいでしょう。

スーパーマリオグッズのコレクション

「スーパーマリオ」とは、任天堂のファミリーコンピュータ用ゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」の略。このソフトは発売当時から人気がありましたが、その後も次々とプラットフォームを変えながら(WiiやニンテンドーDS用のソフトも出ている)、今もその人気は続いています。

このように人気のあるスーパーマリオですから、スーパーマリオグッズのコレクションを楽しむ人が多いのも頷けますね。

スーパーマリオグッズのコレクションの基本は、やはりゲームソフト。コアなファンなら、最低でもスーパーマリオのファミコンソフトとファミコン本体は持っていたいところです。また、今(2007年5月現在)ならWiiとニンテンドーDS用のソフトおよび本体も持っていたいところですね。

これらのゲームソフトとゲーム機を揃えたら、次はその他のスーパーマリオグッズのコレクションです。可愛いキャラクターグッズはたくさん出ていますし、サウンドトラックなどもありますから、それらの中から自分のツボにはまるものを選んでコレクションを楽しんでみてはいかがでしょう。

スーパーマリオグッズのコレクションを始めよう

スーパーマリオグッズのコレクションを今から始めるなら、最低でも本物のファミコン本体とファミコンソフトの「スーパーマリオブラザーズ」は入手しておきましょう。その他のスーパーマリオグッズのコレクションは、それからです。

スーパーマリオシリーズは、85年に発売されたファミコン版「スーパーマリオブラザーズ」以来の人気シリーズ。よって、このゲームに関連したスーパーマリオグッズの数も相当数にのぼります。これまで何度もプラットフォームを変えながら発売されてきたゲームソフトはもちろんですが、それ以外にもスーパーマリオのキャラクターグッズやサウンドトラックなど、数多くのスーパーマリオグッズが発売されてきました。よって、コレクションを楽しむ上でも、スーパーマリオグッズは申し分ないジャンルと言えるでしょう。

スーパーマリオグッズの中で、特筆すべきなのがCD。もちろん廃盤になったものもありますが、あの有名なテーマ曲は、外国のファンの間でも親しまれているようです。こうしたCDをコレクションに加えるのも楽しいものです。

パズルのコレクション

パズルにもいろいろありますが、パズルをコレクションするのも結構楽しいものです。

パズルとは本来、論理的な考察と試行錯誤によって問題を解くことを目的としたゲームをいいます。

日本でよく知られているパズルの代表的なものとしては、クロスワードパズルやジグソーパズル、知恵の輪などがあります。また過去に大流行したルービックキューブもパズルの一種です。

パズルの中には、単に問題を解くだけでなく、インテリアやコレクションとして楽しむことができるものもあります。ジグソーパズルやルービックキューブはこうしたコレクション向きのパズルで、それぞれさまざまな種類のものが出ています。特にルービックキューブなどは、とても珍しいものが出ているので、こうしたものをコレクションして身近な人に見せたりネット上で披露したりすることは、パズルの一風変わった楽しみ方とも言えるでしょう。

ジグソーパズルのコレクション

パズルの中でも特にコレクションに向いているものの例としては、ジグソーパズルが挙げられます。

ジグソーパズルのコレクションには、3重の楽しみ方があります。1つ目はジグソーパズルの絵柄(もしくは写真)を選ぶこと。2つ目がパズルを組むこと。そして3つ目が、コレクションそのものの楽しみ。こうしたことを考えると、ジグソーパズルのコレクションは、コレクションの中でも特に楽しみが大きいと言えますね。特に難しいパズルを組み上げた後の達成感は、何にも代え難いものがあります。

組み上げたジグソーパズルは、専用の額に入れるとステキなインテリアになります。もちろんジグソーパズルはある程度の大きさがありますから、ジグソーパズルのコレクションにはまり始めると、すぐにお部屋の壁が埋め尽くされてしまうかもしれません。しかしこれは絵などと違って「これだけたくさんのジグソーパズルを組み上げましたよ」という、いわゆる「勲章」みたいなものですから、ジグソーパズルのコレクションに自信があるなら、どんどん飾ってしまいましょう!

映画パンフのコレクション

コレクションの対象となるものの一つに、映画パンフがあります。

近年のDVDの普及によって、縮小・閉館に追い込まれる映画館は増加の一途をたどっています。そのため、娯楽としての映画の地位が大分下がったことは事実。しかし、映画館でないと決して味わえないものが2つあります。一つが大スクリーンでの鑑賞、そしてもう一つが映画パンフの購入。

特に映画パンフは、基本的にはその映画の上映期間に映画館で手に入れるもので、一般書店では手に入らないということもあり、いわゆる「レアもの」と言えるでしょう。もちろん天下のAmazonでも売っていません。まさにコレクション向けですね。

このような映画パンフですから、コレクションしている人は、持っている時点でその価値はある程度保証されていますし、コレクションに飽きてオークションなどで売るにしても、他のコレクターが欲しがっているようなものでしたら、それなりの値が付けられるでしょう。

映画パンフコレクションの価値

映画パンフのコレクションは、コレクションとしてやりがいのあるものの一つではないでしょうか。

映画パンフは、基本的にはその映画の上映期間に、上映館でしか手に入りません。また、上映後かなり時間が経ってから評価される映画もありますから、そうなるとさらにその映画パンフの価値も上がってきます。こういった事情から、映画パンフのコレクションは、ものによってはかなり稀少価値があるものとなります。

自分の映画パンフのコレクションをネットオークションなどに出品している人も多いですが、やはり多くの場合、定価以上の値段が付いているようです。

映画パンフに限ったことではありませんが、店頭で手に入らないもの、それもオークションや中古屋などで偶然にしか手に入れられないようなものは、コレクションをしている人にとってはとても価値のあるものとなります。映画パンフを買う際も売る際も、その辺を考えて値段設定をしたり落札したりしたいものです。

キャラクターグッズのコレクション

「キャラクターグッズ」とは、特定のキャラクターを題材にした商品。日本で特に愛好されているキャラクターグッズのキャラクターは、

・サンリオに代表されるような、キャラクターグッズの製造を目的に作成されたキャラクター

・小説・漫画・アニメなどの登場人物および動物

大別すると、この2種類になります。

キャラクターグッズは、そのキャラクター自体の人気に比例して売れるようで、カルト的な人気を誇るキャラクターになると、そのキャラクターグッズのコレクションをする人も増えてきます。

コレクションの例としては、

・サンリオに代表される、ファンシー系のキャラクターグッズ(ハローキティ・マイメロディ・リトルツインスターズなど)のコレクション。特に特定のキャラクターに絞ったコレクション

・アニメキャラのフィギュアのコレクション

・特撮のキャラクターグッズのコレクション

といったものが挙げられます。もちろんこれ以外にもキャラクターグッズはたくさんありますので、お好みのキャラクターグッズのコレクションを楽しんでください。

キャラクターグッズのコレクションの価値

キャラクターグッズに限ったことではありませんが、コレクションの価値というものは、

・数

・品質

・稀少性

主に以上の3点で決まると言えます。

キャラクターグッズのコレクションにおいては、そのキャラクターグッズが店頭で手に入らないものであるということが、その価値をさらに高めます。

キャラクターグッズは、長く愛されているキャラクターの場合、途中でリニューアルされたりもしますので、その際旧バージョンは店頭で買うことができなくなります。逆に一時的なブームで終わってしまうキャラクターグッズにしても、年月が経つことによりレアアイテムになるという事例も多く見られます。

キャラクターグッズのコレクションをする場合、コレクションを長く続ける気があるならば、たとえ今そのキャラクターグッズが腐るほど出回っていても、10年もすればレア物となる可能性が高いので、できるだけ捨てたりなくしたりしない努力をすべきでしょう。

携帯ストラップのコレクション

携帯ストラップも、コレクションとして人気のあるものの一つです。

携帯電話やPHSが広く普及した現代では、携帯ストラップは実用面もさることながら、「見て楽しい」「持っていて嬉しい」ということも重要なファクターとなっています。人によっては複数の携帯ストラップを付けているようです。

このような携帯ストラップですから、コレクションして、毎日違うものを付けてみるのも楽しいのではないでしょうか。携帯ストラップはそれこそ星の数ほどありますので、まずは自分が気に入ったものからコレクションに加えていくのがいいと思います。

携帯ストラップは小さいものですから、コレクションをしても場所を取りません。日本の住宅事情に即したコレクションとも言えますね。

携帯ストラップのコレクションを始めよう

携帯ストラップは、大きさの面でも種類の面でも実用面でも、コレクションにとても向いています。

携帯ストラップはそれこそ星の数ほどありますので、当然中には「レアもの」も存在します。特定のキャラクターに的を絞ってコレクションするのもいいですね。また、女性だったら天然石の携帯ストラップをコレクションして、毎日違うものを付けてみるのも楽しいのではないでしょうか?

携帯ストラップは、スタイリッシュなデザインのものからキャラクターもの・お守り系・アクセサリー系、果ては「ストラップコスメ ストラップグロス」のような実用的なものまでさまざま。ジャンル別にコレクションしてもよし、自分の気に入ったものだけコレクションに加えてもよし、キャンペーングッズなど期間限定ものをコレクションしてもよし――できるだけたくさん携帯ストラップを集めて、自慢のコレクションにしちゃいましょう!

キーホルダーのコレクション

キーホルダーも、携帯ストラップ同様、コレクションに大変向いているアイテムですね。

今や鍵を一つも持たない人は滅多にいない時代ですから、キーホルダーはまず実用的な意味で、誰もが最低一つは欲しいもの。しかしキーホルダーの種類は星の数ほどありますから、特に自分で買う場合は、どれを選んでいいか迷ってしまいますね。そこでどうせなら、キーホルダーのコレクションを始めて、ときどきキーホルダーを変えてみてはいかがでしょう? きっと気分もリフレッシュできますよ。

キーホルダーは、お土産の定番でもありますね。観光地などに行くと、お土産屋さんには必ずといっていいほどキーホルダーが売られています。こうした「ご当地キーホルダー」も、あなたのコレクションの価値を高めてくれるものです。コレクションの価値は、その中にどれだけ珍しいものがあるかでも決まりますから、旅行の際にこまめに買うのも一つの手でしょう。

キーホルダーのコレクションの整理

キーホルダーは実用性・大きさ・種類どれを取っても、コレクション向けと言えますね。いくらコレクションしても、それほど場所を取らないのが嬉しいです。

とはいえ、いくらキーホルダーが小さくても、コレクションの数が増えてくると、収納や整理の仕方によっては、キーホルダーが傷んでしまったり、キーホルダー同士が絡まってしまったり、果ては行方不明になるものが出たりと、いろいろ問題が生じがちです。せっかくのコレクションも、これでは台無しですね。

キーホルダーは、実際に使うのもいいですが、見た目が良くて、眺めて楽しむのに向いているものも多いので、キーホルダーの数が増えてきたら、「コレクションボックス」「コレクションケース」といったものを用意して、「展示」してみるのはいかがでしょう。これなら一つ一つのキーホルダーがスッキリ見やすく収納できるだけでなく、さながら「プチ博物館」といった雰囲気を醸し出し、あなたのコレクションの価値がさらに上がるような演出をしてくれることでしょう。

食器のコレクション

食器も、コレクションを楽しむのに適したアイテムですね。日本では、国産の食器はもちろん外国の食器も入手できますし、近年ではネット通販で海外から取り寄せることも可能ですから、食器のコレクションは以前よりもずっと容易になりました。

食器のコレクションといっても、誰もが湯水のようにお金を使えるというわけではありません。「食器のコレクションをしたいけれども、使えるお金は限られている」という方などは、ただやみくもにブランドものの食器を買うことは避け、「ティーカップのコレクション」「フォーク・ナイフのコレクション」といったように、テーマを決めてコレクションを始めてはいかがでしょう。

特定の種類の食器を集めるようなコアなコレクションでは、時にはとても珍しいものに出逢えたりして、結構楽しいものです。

食器のコレクションの楽しみ

食器はコレクションの王道の一つとも言えるでしょう。

食器は大別して、和食器と洋食器があり、そのどれもが、その背景となっている食文化や歴史を背負っていて、たとえ安物だったとしても、特有の美を醸し出しているものです。

コレクションの価値は、必ずしも値段で決まるわけではありません。それは食器とて例外ではなく、安物の中にも、歴史的・文化的な価値があるものや、とても奇抜な外見のもの、果ては現在は入手困難なレアものといったものも多数存在します。

こうした価値ある食器は、オークションや古物商を通じて、驚くほど安い値段で入手できることがあります。こうしたものをコレクションに加えることができたら、あなたのコレクションの価値も自ずと上がることでしょう。

食器のコレクションを楽しむ際は、あまり値段にこだわらず、それぞれの食器の背景にある真の価値を見極めながら購入したいものです。

おまけのコレクション

「おまけ」は、現在では「食玩」と呼ばれることが多いようですが、これは食品(主にお菓子)についてくる玩具のこと。このおまけをコレクションすることは、昔から子供たちの間で人気がありました。しかし近年では、大人がおまけのコレクションにはまる例も多いようです。

おまけは、現在入手できるものだけでもかなりの数にのぼりますが、おまけのコレクションを本格的に始めると、どうしても欲しくなってくるのが、今は手に入らない「レアもの」。こうしたものはネットオークションなどで手に入ることもありますので、コレクションに加えたいものがあるなら、ちょくちょく覗いてみるといいでしょう。

大人がおまけのコレクションをする際は、子供と違って「大人買い」が可能です。私も経験ありますが、大人買いって結構快感ですよね。子供のお小遣いではとても買えなかった量が、一気に買える。でも、こういうことは、あまり子供の見ている前ではしたくないものですね。おまけのコレクションは結構ですが、大人買いもほどほどにしたいものです。

おまけのコレクションの際の注意点

「おまけ」は現在では「食玩」とも言われ、コレクションの一ジャンルともなっています。

おまけのコレクションは、多くの人は子供の頃に経験したことがあるでしょう。子供がおまけのコレクションをするのはごく当たり前のことですが、大人でもおまけのコレクションにはまっている人は案外多いものです。

大人がおまけのコレクションをすること自体は、単なる趣味ですから何の問題もありません。しかし大人の場合は、子供とは違って、いくつか気をつけたいことがあります。その代表例としては、

・「大人買い」はほどほどに(子供の見ている前での大人買いはできれば避けたい)

・くれぐれもおまけだけ残してお菓子を捨てるなんていうことはしない

・売り場で子供と商品を奪い合うようなことはしない

といったものが挙げられるでしょう。大人は子供にとっては見本ですから、おまけのコレクションの際も、子供に悪影響を与えないようにしたいものです。

切手のコレクションの取り扱い方

切手もコレクションとしては人気があります。

切手は基本的には紙でできているため(海外にはそうでないものもあります)、コレクションの収納にはあまり場所を取りませんが、裏面に糊が付いていることもあり、切手のコレクションの取り扱いには多少の注意が必要です。

切手のコレクションを扱う際は、主に以下のものがあると、良好な状態で管理・保存できるでしょう。

・ストックブック(スッキリ収納できるだけでなく、切手同士がくっ付いたりするのを防ぐ)

・切手用ピンセット(医療用と違い、先が平らになっていて、切手が傷んだり手のヨゴレが切手に付くのを防ぐ)

・乾燥剤(梅雨時などは、乾燥剤などを利用するのもいいでしょう)

切手をコレクションする際は、取り扱いにはくれぐれも気をつけて、末永くその品質を保ちたいものです。

切手のコレクションの楽しみ方

切手のコレクションは、種類や国際色が豊かであることもあり、コレクションの中でもやりがいのあるものと言えます。

切手のコレクションの楽しみ方にもいろいろあります。例えば、

・国内のすべての切手をコレクションする ・海外の珍しい切手をコレクションする

・古い切手をコレクションする

・消印が付いたものをコレクションして、消印の違いや種類を楽しむ

・シート単位でコレクションする

といったような楽しみ方があります。

もちろんこれ以外にも、切手のコレクションの楽しみ方はさまざまですから、ぜひ自分に合ったコレクションの楽しみ方を見つけてみてください。集めた切手は、ストックブックに入れて大切に保管しておくといいでしょう。

 
メニュー
コレクションの楽しみ
コレクションをネットで披露
ミニカーコレクション
ミニカーをコレクションする
コレクションケースを利用しよう
コレクションケースいろいろ
ガンダムのプラモデルをコレクションする
ガンダムコレクションとは
時計のコレクションを楽しもう
時計のコレクション
腕時計のコレクション
腕時計コレクションを披露しよう
ライダーマスクコレクションとは
ライダーマスクコレクションを全種類揃える
アンティークコレクションを楽しもう
アンティークコレクションの魅力
ドラゴンボールグッズのコレクションいろいろ
ドラゴンボール関連グッズのコレクション
食玩のコレクション
食玩のコレクションと食品
キン肉マンフィギュアのコレクション
キン肉マンフィギュアのコレクションを楽しむ
スーパーマリオグッズのコレクション
スーパーマリオグッズのコレクションを始めよう
パズルのコレクション
ジグソーパズルのコレクション
映画パンフのコレクション
映画パンフコレクションの価値
キャラクターグッズのコレクション
キャラクターグッズのコレクションの価値
携帯ストラップのコレクション
携帯ストラップのコレクションを始めよう
キーホルダーのコレクション
キーホルダーのコレクションの整理
食器のコレクション
食器のコレクションの楽しみ
おまけのコレクション
おまけのコレクションの際の注意点
切手のコレクションの取り扱い方
切手のコレクションの楽しみ方