様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 水上スキー

スポンサード リンク

水上スキーとは

水上スキーとは、モーターボートなどの牽引と持ち手(ハンドル)の操作によって水上を滑走する、ウォータースポーツの一種です。

水上スキーでは、雪上で行われるスキー同様、2枚の板を使います。水上スキーは、通常は前述のようにモーターボートに牽引されるかたちになりますが、水上飛行機に牽引されたり「スキー板」なしの裸足で滑走したりということもあります。また、このときのモーターボートの速度は時速30km前後が最適とされています。

通常のスキーに対して「スノーボード」があるように、水上スキーに対しては「ウェイクボード」があります。こちらも履くものの違いを除けば、牽引される点や水上で楽しむといった点においては水上スキーと同じです。

水上スキーは普通のスキーと比べると設備の面でいくらか大掛かりになるため、万人が楽しむには若干敷居が高い感がありますが、そこはやはり日本。気軽に水上スキーを楽しむためのサポートをしてくれる団体やスクールなどもちゃんと存在しています。興味のある方は「日本水上スキー連盟」などに問い合わせてみるといいでしょう。

日本水上スキー連盟オフィシャルサイト(スクールの紹介)
http://jwsa.jp/forb.html
http://jwsa.jp/forb02.html

水上スキーの始め方

水上スキーは雪の上を滑る普通のスキーと違ってモーターボートに牽引してもらう必要があるため、自分ひとりで楽しむことができませんし、それなりの設備も必要です。それゆえ水上スキーを始めたくてもなかなか決心がつかないという人も少なくないのではないでしょうか?

水上スキーは、実は多くの人が考えるほど取り掛かりづらいものではありません。水上スキーはたしかに初心者が独学で学ぶには危険がありますが、各地にある水上スキーのスクールで指導を受けることによって、子供から大人まで、誰にでも楽しめるようになりますし、設備などのアドバイスやサポートも受けられます。

水上スキーのスクールの例(日本水上スキー連盟オフィシャルサイト)
http://jwsa.jp/forb02.html

水上スキーはスポーツなので、当然レジャーのみならず、競技としても楽しまれています。水上スキーのサークルがある大学もあり、「世界選手権」「全日本選手権」といった競技会もあります。本格的に水上スキーをするならこうした競技会参加を目指すのもいいでしょう。

水上スキー用品

水上スキーはほかのスポーツの例に漏れず、「水上スキー用品」といった専用の用具を必要とします。

水上スキー用品の代表的なものとしては、「スキー」「ライフジャケット」「ハンドル付きロープ」「ウェットスーツ」「グローブ」などがあります(ウェイクボードの場合はスキーがボードに変わります)。また、水上スキーに限らずウォータースポーツに必要な用品としては、水着や日焼け止め、サングラス、タオルなど。

「水上スキー用品」というには若干語弊がありますが、忘れてはならないのがモーターボート。とはいえ、これはムリに調達する必要はなく、マリンスポーツのサービスを行っているところで利用することができます。

水上スキー用品は、最初はすべて自前でそろえる必要はなく、レンタルでもいいでしょう。水上スキー用品は安いものではありませんから、マリンスポーツサービスなどの「体験コース」で試してみて、本格的に水上スキーを始めることを決めてから買っても遅くはありません。

水上スキー用品の詳細

水上スキー用品にはスキーやライフジャケット、ハンドルなどといった基本的なものがあります。

水上スキー用品の中で最も重要なものはスキーでしょう。水上スキー用品としてのスキー板は、雪上で使うスキーとは形状も構造も大分違い、「コンビネーションスキー」「スラロームスキー」「トリックスキー」「ジャンプスキー」といった用途・形状のものがあります。スキー同様、自分の体に合った安定性の良い使いやすいものを選びましょう。

ハンドルの選び方もポイントです。水上スキーはハンドルを操作することによってバランスを取るので、握りやすく操作しやすいものを選びましょう。

水上スキー用品では、ライフジャケットも必要です。文字通り命を守るものなので、ファッション性よりも機能を優先させたいもの。

水上スキー用品では、ウェットスーツも必須。夏場は水着でもできますが、やはり日焼け防止や保温、そしてケガの予防のためにはぜひ欲しいところです。

水上スキーに慣れてきたら、基本的な水上スキー用品以外にも「これはあると便利」という裏技的なものを発見できるかと思います。そうした水上スキー用品を発掘し、楽しく快適な水上スキーを楽しんでください。

水上スキーの歴史

水上スキーが多くの人に楽しまれるようになった背景には、水上スキーが重ねてきた歴史があります。

水上スキーの起源には諸説ありますが、現在よく知られている、「定説」とも言える水上スキーの歴史は、1922年までさかのぼります。それはアメリカはミネソタ州、レイクシティのペピン湖において、冒険家のラルフ・W・サミュエルソン氏が、40馬力のモーターボート(時速約22km)に牽引されながら、松の木できた2枚の板で滑走したという出来事。2枚の板を使ったということから、水上スキーの歴史は、やはり雪上のスキーの歴史の延長上にあるようです。

水上スキーは、最初のうちこそ一部のお金持ちの特別な遊びでしかありませんでしたが、次第にその技術は洗練されて競技としての形が整い、またレジャーとしても広く楽しまれるようになりました。そして今では世界中で多くの愛好者に親しまれています。

水上スキーの日本での歴史

水上スキーはアメリカで始まったというのが定説ですが、現在では日本にも多くの愛好者がいます。

水上スキーの日本での歴史は、神奈川県の芦ノ湖が始まり。このとき箱根に避暑にきていたアメリカ人達が、水上スキーを楽しんだことが、日本で行われた初めての水上スキーだったそうです。

「日本人による水上スキー」の歴史の始まりは、第二次世界大戦後で、昭和24年に小森宮正悳氏が隅田川において、手作りのスキーで滑ったこと。この小森宮正悳氏はその後も水上スキーを続けたようで、全日本長距離選手権大会で優勝したり世界選手権に出場したりしたということです。また後に『水上スキーの本(1968年)』も出版しており、日本における水上スキーの先駆者的存在でした。

水上スキーの日本での歴史において無視できないのが、水上スキーのための団体。こちらは昭和30年に「日本水上スキー連盟」が発足。以来今日まで「世界選手権」や「グループ3アジア選手権」といった競技会に選手を派遣したり、毎年「全日本選手権」を開催したりと、水上スキーの普及と技術の向上、選手の育成に力を入れています。

 
メニュー
水上スキーとは
水上スキーの始め方
水上スキー用品
水上スキー用品の詳細
水上スキーの歴史
水上スキーの日本での歴史