様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > スキー

スポンサード リンク

スキー場選び

スキーは日本においては、もはや国民的スポーツと呼んでも差し支えないほど、人々の間に広まりました。

スキーを楽しむために重要なことの一つが、スキー場選び。スキー場は山の地形と冬場の積雪(暖冬のときなどは人工雪を降らせることもありますが)を利用したもので、そこにリフトを設置したもの。だから、地形や雪の質などによって、おのずと滑りやすさ・滑りにくさが出てきます。

スキー場では、リフトで山の上に上ってスキーで降りてくるという行為を繰り返すわけですが(こう言ってしまうと身もフタもありませんね……)、特に初心者にとっては、スキー場の地形は重要。リフトで上ったはいいけれど、地形の問題で降りることができなくて、結局リフトに乗って帰ってゆく――スキー場では、たまにこういう光景が見られますが、リフトに乗って帰る姿は、そのコースにいるすべての人々の目にさらされるので(泣)、本人にとっては大変情けないものです(経験者は語る……)。

スキー場を選ぶ際は、自分の腕に合ったコースの有無をよく確認してから行きたいものですね。

スキー場でのマナー

スキー場に行った経験のある人は多いと思いますが、志賀高原など、特に有名で人気のあるスキー場の場合、日本全国から多くの人が集まるので、時にはスキー場で不快・危険な思いをすることも。

スキー場は、特に祝日・休日は混み合いますから、皆でマナーを守って気持ちよく使いたいものですね。

スキー場でのマナーとしては、例として、

・リフトの乗り降りの際は、前後の人の邪魔にならないように配慮する

・追い越しの際は、追い越される人に接触しないよう十分な距離をとる

・登ったり歩いたり立ち止まったりするときはコースの端を使う

・スキーには流れ止めを付ける

・その他、係員・警告・標識の指示に従う

・転んだときは、できるだけはやくコースをあける

などがあります。

スキーはとても楽しいものですが、一歩間違うと事故のもと。楽しく安全にスキーを楽しむためにも、スキー場ではマナーを守り、他のスキーヤーに配慮した行動を心がけたいものです。

スキーウェアの目的

スキーウェアは、言うまでもなく、スキーをする際に着用するものです。

スキーウェアの主な目的としては、

・防水(特に転んだときなどは)

・防寒

・ファッション

といったところでしょうか。

スキーウェアのファッション性はともかく、実用面だけ考えると、必ずしも専用のスキーウェアである必要はないような気がします。上級者になると、スキーウェアを着ない人もいますし、事実、わたしの友人の何人か(いずれも長野県出身)は、スキーに行くときは普通のコートだったり雨合羽(!)だったり……。あるとき一緒に行ったメンバーなどは、まともにスキーウェアを着ている人はほんのわずかでした(笑)

とはいえ、スキー場では、遭難の危険もあります。このことを考えると、服装はスキーウェアでなくとも、防寒だけはしっかり気を使いたいものですね。

スキーウェア選びのポイント

スキーウェアを選ぶ際にポイントになってくるのは、だいたい以下のようなことではないでしょうか?

・保温性

・通気性(スキーでは結構汗をかくので、通気性も良いスキーウェアが理想的)

・防水性

・サイズ

・ファッション性

スキーゲレンデは、単にスキーをするだけではなく、出会いの場でもあります。だから、スキーウェアは実用面だけでなく、ファッション性も重視して選びたいところ。また、スキーウェアにはつなぎタイプとセパレートタイプがありますので、着やすさにも留意したいですね。

スキーウェアのほかに着用するものとしては、帽子やゴーグル(またはサングラス)、グローブ、耳当てなどがあります。安全にスキーをするために、これらのものも、スキーウェア同様、慎重に選びたいですね。

スキーツアー

スキーツアーは「冬の風物詩」と言っても過言ではありません。冬になると、旅行会社などでたくさんのスキーツアーが紹介されていますね。

スキーツアーの良いところは、何といっても交通や宿泊などを手配してくれること。スキーツアーの内容によっては、スキーやスキーウェアのレンタルがあったり、リフト券などが付いたりします。「裏山がスキー場」とか言う人はともかく、スキー場から遠い、特に南の地方に住んでいる方には、スキーツアーはなかなかありがたいものかもしれません。

スキーツアーは、他のツアーと同様、自由度は少々低いかもしれません。スキーツアーは「自分で細々とした手配をするのがめんどくさい」という人に向いていると思います。

スキーツアー選び

スキーツアーは、スキー場から離れたところに住んでいる人にとっては結構便利なものです。ここではスキーツアー選びについて、個人的な意見を少々……。

スキーツアーを選ぶなら、温泉があるところが理想です。一日スキーをすると、結構体の節々が痛くなりますし、何より疲れます。そんなときの温泉――もうたまりません!

スキーツアー選び、あとはコースですね。自分の腕に見合っていないコースは、結構滑りにくいです。わたしも今でこそだいたいどこでも滑れますが、初心者の頃に、中・上級者向けのコースしかないようなスキー場に行ってしまったことがあり、そのときはとても悲しい思いをしました。

スキーツアーのサービス・目玉は、そのスキーツアーによっても様々。また、スキーツアーによっては、1人から受け付けてくれるところも。いろいろ注文が多い人は、自分で何もかも手配した方がいいかもしれませんが、そうでない人は、スキーツアーは手軽で、それなりに満足できるものだと思います。

スキーメーカー

スキーは、たまに行くならレンタルで十分ですが、毎年何日か行くようなら、自分でスキー一式を購入した方がお得です。

スキーメーカーは、一時期はかなり多かったのですが、バブル崩壊の影響で、数々のスポーツメーカー・スキーメーカーがスキー板製作から相次いで撤退、もしくは倒産の憂き目に遭いました。

スキーメーカーは、このように、国産については散々な状況ではありますが、国産スキーメーカーの代表格であるオガサカは生き残り、ロシニョール、サロモン、K2、アトミックといった外国のスキーメーカーのスキーも、スポーツ店・スキー専門店の店頭に並べられています。

スキー用品の製作は職人芸。スキーメーカーごとに特徴があります。スキーは決して安い買い物でないので、スキーを買う際は、店員さん(特にスキー専門店では、店員自身もスキーが上手い人が多い)に相談しながら、自分に合ったスキー板を選びたいものですね。

スキーメーカーの選び方

スキーメーカーに限らず、スポーツメーカーには、単に製品を製造・販売するだけでなく、スポーツ選手と提携を結び、その選手に合った製品を提供するという側面があります。自社の製品によってその選手が良い成績をおさめれば、それが効果的な会社の宣伝になるわけです。

スキーメーカーにおいても、スキー競技において、選手たちに様々なスキー用品を提供しており、オリンピックをはじめ、著名なスキー競技会においては、上位の選手たちがどのスキーメーカーのスキーを使っているかということも注目されます。こうしたスキー競技会は、いわばスキーメーカーの展示会的な側面があるわけですね。そしてスキーメーカー側は、こうしたスキー競技会でのデータや選手の要望によって、さらなる改良を加えていくので、スキーもどんどん進化していきます。

スキーを選ぶ際は、「スキー競技会において活躍した選手たちは、どこのスキーメーカーのスキーを使っていたか」を考慮するのもいいでしょう。実際スキーメーカーも、選手の具体例・具体名を挙げて営業を展開していますので、こうした情報は割と集めやすいと思います。

スキーゲレンデの選び方

「ゲレンデ」は、スキー場とほぼ同義で、「スキーをするための練習場・土地」を指します。

スキーをする際、ゲレンデ選びは大切です。多くの人にとって、ゲレンデならどこでもいいというわけではないのです。

スキーゲレンデ選びの重要度は、実際にスキーに行ってみるとよくわかります。スキーの腕や本人の嗜好によって、「理想的なスキーゲレンデ」というものはたしかに存在するのです。

スキーゲレンデを純粋に選ぶ要素の具体例としては、

・自分の腕前・好みに合った傾斜・地形

・自分の好みに合った景色(結構重要)

・どれくらい混みあうか(当然混んでいると滑りにくい)

といったものがあるかと思います。

わたしもいろいろなゲレンデでスキーをしましたが、個人的には景色と人ごみってのは、結構重要だと思いました。

スキーゲレンデの中には、人は少ないけれど様々なコースが楽しめる「穴場」が確かにあります。わたしは以前、そういうスキーゲレンデに泊まりで出かけたことがありますが、人に気兼ねすることなく伸び伸びと練習できたので、短い間ではありましたが、スキーの腕が一気に上がりました――特に初心者・中級者の方で、スキーの上達を望む方は、こうした「穴場」のスキーゲレンデを選んで、そこでじっくり練習することをオススメします(ただしナンパには向きません……)。

スキーゲレンデの選び方2

スキーゲレンデ選びは、スキーを楽しむ上で、スキー用品選びに匹敵するほど重要なことです。

「ゲレンデ」の元々の意味は「土地・地形」。もちろんどこのスキーゲレンデでも「初心者向け」「中級者向け」「上級者向け」といったようなコース分けはなされていますが、その山の地形によって、スキーゲレンデにもクセがあるので、「初心者向け」だからといって初心者にやさしいとは限りません。

スキーに何度か行くうちに、あるいはいくつものゲレンデを経験するうちに、自分の嗜好がはっきりしてくると思います。スキーが少し上達し始めたら、積極的にいろいろなスキーゲレンデを試してみると、だんだん好きなスキーゲレンデが絞られてくるのではないでしょうか。

スキーゲレンデ選びの別の側面としては、「最寄のホテル・旅館に温泉がある」「地元の料理がおいしい」などといった、スキー以外の楽しみもありますね。こうしたことも視野に入れて、スキーゲレンデを選んでみては?

北海道でスキー

北海道は、それなりの積雪量があり、スキー場も多いです。

北海道は日本の最北端に位置するだけに、多くの人にとっては、スキーだけのためにはちょっと行きづらい場所かもしれません。そういう意味では、日本の真ん中あたりにある長野や新潟にスキー客が集中するのも仕方ないことかもしれません。しかし、北海道のスキー場には、北海道ならではの良さがあります。

北海道のいいところは、何といっても雄大な自然。北海道のスキーゲレンデは、景色の素晴らしさや滑りやすさといった特徴があります。また、他の北海道の良さとしては、スキーのついでに、スキー以外のこともいろいろ楽しめることも挙げられますね。さらに、寒い場所ですから、スキーができる時期が長いのもいいところ。人ごみも少ないし。

北海道にスキーに行った際は、ぜひ美味しい料理や素晴らしい景色など、スキー以外のことも満喫してきてください。

北海道のスキー場

北海道は日本の最北端にあるだけに、その積雪量を活かしていくつものスキー場が展開されています。

北海道の代表的なスキー場としては、例として以下のようなものがあります。

・富良野スキー場

・サッポロテイネ

・キロロスノーワールド

・カムイスキーリンクス

・ニセコアンヌプリ国際スキー場

・大雪山黒岳スキー場

北海道は、多くの人にとっては遠方にあたりますから、「ちょっと日帰りで」というわけにはいかないでしょうが、長期休暇や連休などを利用してじっくりスキーを楽しむにはいい所だと思います。北海道のスキー場は、長野などの有名なスキー場ほどひどく混んではいないから、ゆったり滑れますよ。それに、北海道には、おいしい農産物・海産物など、スキー以外の楽しみもありますからね。

長野でスキー

長野県は、標高が表示されている日本地図をご覧になればわかるとおり、日本の他の地域と比べて、地形が大きく異なっています。長野県の特徴は、標高の高い山に囲まれていることと、平野部が少ないこと。この長野県の地形を活かし、長野県では多くのスキー場が展開されています。

長野県で有名なスキー場といったら、志賀高原を筆頭に、白馬・斑尾・戸狩――これらのスキー場だけでも、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ドラマや映画などで有名なものもありますね。もちろん、長野県には、これ以外にも多くの素晴らしいスキー場があります。

スキー場がこれほど多い長野県は、まさに「スキーのメッカ」と言えるでしょう。

長野のスキー場

長野県は山に囲まれているという独特の地形のため、スキー場が大変多いことでも有名です。「長野県」という県名には馴染みがなくても、「志賀高原」「白馬」などといえば、多くの方は「ああ、スキー場」と思われるのではないでしょうか? ユーミンの歌ではありませんが、まさに「スキー天国」です(古!)

長野県を代表するスキー場として、筆頭はやはり志賀高原でしょうが、個人的にはこうした有名どころは、やはり人も多いので、特にスキー初心者にはあまりオススメできません。スキーの上達を望むなら、やはり人の少ないゆったりした場所で滑りたいところ。まあ、ナンパしたりされたりしたい方は、こうしたオシャレな人たちの多いスキー場がいいと思いますが(笑)

長野県のスキー場でマイナーどころといえば、木曽あたりでしょうか(きそふくしまスキー場とか)。ここは特に愛知県からのアクセスがいいです。リフト待ちもほとんどなく、ゆったり滑れてオススメですよ。

苗場でスキー

苗場といえばスキー場。苗場は恐らく、数ある新潟県のスキー場の中でも最も有名なのではないでしょうか。「ウィキペディア」によれば、苗場は「スキー場としては日本一の来場者を誇る」だそうですよ。新幹線があるから、東京からのアクセスもいいし。それに、苗場はやっぱりプリンスホテルがあるからな〜。

苗場は実際、プリンスホテルを中心に構成されたスキー場で、多くの人が来るだけに、スキーゲレンデのバリエーションも豊富。初心者から上級者まで、どなたでもスキーを楽しめます。

苗場近辺は、日本有数の豪雪地帯。川端康成の小説『雪国』の舞台にもなったほど、「雪国」という言葉がふさわしいところです。こうした積雪量が、苗場スキー場を支えているのです。

苗場スキー場

苗場スキー場は、スキー場としては日本一の来場者数を誇る、新潟県の豪雪地帯にあるスキー場です。

苗場スキー場は、新幹線の駅「越後湯沢駅」からバスで50分。関越自動車道を使っても、月夜野I.C.や湯沢I.C.から1時間かかりません(ただし平常時の場合)。

苗場スキー場には様々な魅力があります。まず、近隣の他のスキー場とはゴンドラ(ドラゴンドラ)によってアクセスできるようになっていますし、温泉もある!(これ重要) やっぱりスキーの後は温泉でゆったりしたいですよね〜。スキーで疲れた体も、温泉の熱でゆったりほぐれていきます。

苗場スキー場の魅力は、それだけではありません。肝心のスキーゲレンデの方も充実。スキー目的の初心者から上級者はもちろん、ナンパ目的(笑)の方も、しっかりお楽しみいただけますよ。

 
メニュー
スキー場選び
スキー場でのマナー
スキーウェアの目的
スキーウェア選びのポイント
スキーツアー
スキーツアー選び
スキーメーカー
スキーメーカーの選び方
スキーゲレンデの選び方
スキーゲレンデの選び方2
北海道でスキー
北海道のスキー場
長野でスキー
長野のスキー場
苗場でスキー
苗場スキー場