様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 釣り

スポンサード リンク

海釣り公園

釣りといえば、海釣り。

周りを海に囲まれた日本では、海釣りの場所にことかきません。日本海、瀬戸内海、太平洋、オホーツク海、東シナ海。黒潮と親潮が出会うところは、世界でも有数の漁場です。

海釣りには、磯釣り、沖釣り、筏釣り、海上釣り堀で釣る方法などがあります。中でも、比較的安全に海釣りを楽しめるのが、海釣り公園での釣り。海釣り教室もあり、夏休みは、おじいちゃんや、親子連れでにぎわいます。

静岡市の清水港海づり公園では、イワシ、クロダイ(チヌ)、キス、ヒイラギ、豆アジなど、いろいろな魚が釣れます。

和歌山県は由良海つり公園。海上釣り堀もあり、マダイ、チヌ、ソーダカツオ、スズキ、イワシ、ハマチ、キスとたくさんの魚が釣れます。タコやアオリイカなんてのも。

釣れなかった人にはタイのお土産があるそうで、初心者にはうれしいですね。

兵庫県・神戸市には、平磯海づり公園や、須磨海づり公園があります。アジやサヨリやベラといった魚が釣れます。

福岡県の福岡市海づり公園では、マダイ釣りが楽しめます。ヒラメ、アジゴ、スズキ、釣果はさまざまです。

そのほか、各地にある海づり公園。マナーやルールをよく守って釣りを楽しみましょう。

海釣りいろいろ

釣りは、マリンスポーツとしても知られ、海釣りは、海の場所によって、河口、防波堤(波止場)、砂浜、磯、沖合いと分かれます。

河口の海釣りといえば、スズキやサヨリ。

千葉には養老川河口に「市原市釣り公園」というのがあります。茨城県ひたちなか市の「ふれあい釣り公園」や、「和歌山北港魚釣り公園」など、全国には河口での海釣りが楽しめる公園があります。

防波堤の海釣りでは、サビキ釣りがよくおこなわれ、アジ、サバ、イワシなどが主な釣果です。ファミリー釣りには絶好の場所。船に乗っていく沖の防波堤もあります。

砂浜の釣りでは、投げ釣りがよくおこなわれます。キスやカレイが主な釣果です。

磯釣りでは、イシダイや、メジナ、クロダイ(チヌ)がよく釣れます。磯場は、船に乗ってわたるところがほとんどなので、足場が悪くならないよう、天候などもよく調べて行きましょう。長崎県には、飛島磯釣り公園というのもあります。

沖合いの海釣りは、遊漁船や、舟(カセ)釣りや、いかだ釣り。釣れるのは、カジキ、マダイ、チダイ、クロダイ、サバ、アジ、スズキ、カレイ、アイナメ、ハマチ、メバルとたくさんの種類があります。

渓流釣りの魅力

釣りの中でも、渓流釣りの魅力はいろいろ。

渓流の涼しげな景色や、山林のきれいな空気に惹かれる人。

イワナ、ヤマメ、アマゴといった魚たちの体型や色に魅せられる人。

渓流釣りのテクニックや、釣れるときの触感のたまらなさ。

水がきれいなら、魚もおいしいときたら、渓流釣りにハマる人も多いでしょう。

しかし、最近、渓流のある山間部の多くは開発が進み、魚が住みくい環境になってきました。

そのため、川を管理している各漁協組合が、養殖した魚を放流することによって、魚の保存につとめています。その魚を釣ることができるので、今なお渓流釣りを楽しむことができます。

渓流の釣り場としては、源流、渓流、本流、管理釣り場に分かれます。

淡水魚のいるダム湖をあげる人もいるでしょう。

天然の淡水魚は少なくなってきました。

渓流釣りを楽しんだあとは、キャッチアンドリリース。できるだけ釣った魚は放してあげましょう。

渓流釣りについて

釣りといったら、渓流釣りをあげる人も多いでしょう。

渓流釣りは、全国数百万人の愛好家がいるといわれます。

渓流釣りでは、サクラマス、ヤマメ、アマゴ、サツキマス、ニジマス、イワナといった魚が釣れます。アユの漁場もほぼ同じです。

浮きなどは使わず、目印をつけた竿の感触などで釣り上げる、シンプルな脈釣りが一般的です。

渓流釣りの解禁日は、地域によって異なり、春先から夏の終わりというところが多いようです。秋から冬の間は禁漁となります。年釣り・日釣りの入漁券も地域によって、料金が異なります。地域の漁協のルールをよく守って釣りましょう。

渓流釣りは、自然の宝庫だからこそ、楽しめるもの。ゴミはきちんと持ち帰りましょう。

釣りの仕掛けのえさ

釣りの仕掛けには、いろいろなものが使われます。

仕掛けといえば、えさ。

えさの中でも、生餌(いきえ)には、ミミズ、カラス貝、カニ、マムシ、イワムシ、アオムシ、シロウオ、タエビ、モエビ、オキアミ、サシアミ、冷凍アミや、など、小魚や、小エビや、環形動物といったものがよく釣りに使われます。サシと呼ばれるハエのうじ虫もよく仕掛けに使われます。

付け餌(つけえ)によく使われます。

これらの生餌は、地方によって呼び名が違うこともあります。

練り餌(ねりえ)というものもあります。練り餌とは、小麦粉、味噌、ふかし芋、マッシュポテト、カイコのさなぎを粉末にした「さなぎ粉」などを水で練ったえさです。

チューブに入った練り餌も売られています。

釣りの仕掛けには、ルアーもよく使われますね。ルアーは、疑似餌(ぎじえ)の一種で、金属や、プラスチック、ビニールなどでできています。ソフトルアー(ワーム)という、ミミズやゴカイのような虫エサに似せた形のものも、いろんな種類が出ています。

魚をおびき寄せて釣る仕掛けには、撒き餌(まきえ)というのが使われます。冷凍オキアミや、アミと呼ばれるプランクトンなどを撒いて、魚を一同に集めるものです。

釣りの仕掛け

釣りの仕掛けは、釣りたい魚の種類によって変わります。竿に釣り糸、オモリ、ハリ(針)などが使われます。

ウキ釣り仕掛けは、道糸にウキをつけたもの。ウキのつけ方には、固定仕掛けと遊動仕掛けとあります。

サビキ釣りは、竿に長いハリス(鉤素)をつけ、それに多くの擬餌バリをつけて釣る仕掛けです。サビキ釣り仕掛けで釣った魚をエサにした、ノマセ釣りという仕掛けもあります。

掛け釣りは、餌をつけないで、掛け針だけで魚を釣る仕掛け。

胴突き仕掛けは、道糸の先におもりをつけ、途中の糸のところに何本もかぎをつけたもの。

釣りといっても、世の中には、インターネット上で詐欺の一種であるフィッシングもあります。仕掛けにひっかからないよう、変なえさには注意したいものです。

人気の釣りのポイント

人気の淡水魚釣りのポイントあれこれ。

人気の釣りポイントのひとつ、北海道の網走湖(あばしりこ)。毎年、ワカサギ釣りが冬の風物詩として報道されるほど、全国的に有名です。川カレイ、ウグイ、クロガシラといった魚も釣れます。

長野県の野尻湖(のじりこ)。長野一の透明度を誇るこの湖は、スモールマウスバス(コクチバス)釣りで一躍人気になりました。こちらも、冬のワカサギ釣りで有名なポイントです。

コイ、ヘラブナ、ヒメマス、ハヤ、ウグイなど、いろいろな釣りが楽しめます。

神奈川の芦ノ湖(あしのこ)。全国で最も遊漁管理体制の整った湖として知られています。こちらは、ワカサギは秋の風物詩。ブラックバスのほか、スーパーレインボーと呼ばれる大型ニジマス、ブラウントラウトも人気の釣りポイントです。

釣りの人気ポイント

釣りの中でも淡水魚を対象とした人気の釣りポイントをいくつかご紹介しましょう。

人気の川釣りのポイントは、四国は高知県、四万十川(しまんとがわ)。日本最後の清流として人気があります。幻の魚、アカメがすむ川としても有名です。

ここでは、アマゴに、ウグイ、アユ、コイ、ウナギ、クロダイといった魚が人気の釣りの対象となっているほか、ブラックバス(オオクチバス)、ブルーギルといった外来種も釣れるようになりました。

アカメは、希少種保護条例が施行されることにより、釣りができなくなる可能性も出てきました。

静岡県の狩野川(かのがわ)も、人気のある川釣りのポイントです。ここは、全国でも有数の、アユの魚影が濃いところで、友釣りの発祥地としても知られています。

アユのほか、コイ、フナ、ウグイ、ウナギ、ニジマス、アマゴといった魚を釣ることができます。

山梨県の河口湖(かわぐちこ)は、ブラックバス釣りで、人気のあるポイントです。全国有数の魚影をほこり、漁業権魚種として認められている場所のひとつです。バスプロトーナメント大会も開催されています。

ニジマス、ヘラブナ、ワカサギ釣りもできます。

バス釣りについて

バス釣りは、ブラックバスを対象とした釣りのこと。ブラックバスというのは、大正末期にアメリカから入ってきた外来魚である。肉食で非常に生命力が強いため、今では全国各地で繁殖している。

バス釣りの場合はルアーを使う。ルアーとは疑似餌のことだ。いわゆるルアーフィッシングである。ブラックバスは、動くものならなんでも食べる習性があるので、ルアーが使われる。使われるルアーも数多くあり、ホンモノの魚そっくりに作られている。

バス釣りがなぜ人気があるのかと言うと――ブラックバスは小さな体のわりに引きが強いというので、釣りをする人にとってはおもしろいようだ。また、ブラックバスは非常に賢い魚で、音を聞いたり、匂いをかぎ分けたり、色を見分けたりもできるという。賢いブラックバスとの微妙な駆け引きが、バス釣りの人気の理由となっている。

バス釣りの時期としては、4月〜11月後半頃といわれる。春暖かくなった頃にブラックバスの活動がはじまる。しかし、夏場はバスも涼しいところを泳ぐので、どこに潜んでいるかを見つけるのもバス釣りの楽しみとなっている。

バス釣り攻略法

バスはいまや全国どこにでも生息する魚となっている。賢い魚であるバスを相手にする場合、いかに攻略するかがバス釣りの奥深いところである。

バス釣りの攻略法としては、まずはどこにバスがいるかを探し当てることがポイント。そのためには、バスの生態を知ることも重要である。釣りというスポーツは意外と奥が深いのだ。そして、大きな魚になるほど、経験や知識も必要となってくるのは言うまでもない。

バスの生息場所は、季節や湖沼の状況によって異なる。このためバス釣りをする場合、同じ場所でずっと釣りをするということはまずない。バス釣りはけっこうアクティブなスポーツなのだ。

バスは春頃は産卵の時期なので、入り江部分に生息し、夏場は水流のあるところや日陰のあるところといった涼しいところに生息したがるもの。こうしたバスの特長を理解しておくのも、バス釣りの攻略の一つである。

投げ釣りとは

投げ釣りとは、砂浜や防波堤などから沖合いへ向かって仕掛けを投げ入れる釣り方です。仕掛けは重いオモリをつけて、竿の遠心力で飛ばします。昔は道糸を手に持って直接投げていたそうです。投げ釣りは仕掛けを思い切り投げるので、その爽快感が大きな魅力の一つなのです。

投げ釣りは、人によって飛ばせる長さが異なりますが、50から100mぐらい遠くに投げ入れます。ベテランになってくると、150から200mは飛ばせるそうで、飛ばすにはちょっとしたコツがあるようです。投げ釣りは、どれだけ遠くに投げられるかがポイントです。

投げ釣りでとれる魚は地域によって異なりますが、キス、カレイ、アイナメ、ベラ、カワハギなどで、他にはクロダイやマダイも釣れます。

投げ釣りの大会もあり、釣った魚の総重量で勝敗が決定されます。

投げ釣り仕掛け

投げ釣りは、仕掛けを遠くに投げ入れて行う釣りのこと。投げ釣りでは仕掛けがポイントになります。

投げ釣りの仕掛けは、初心者の場合は市販のものでも十分ですが、慣れてきたら自分で仕掛けを作ってみるとよいです。オリジナルの仕掛けが作れるようになると、釣りにもいっそう磨きがかかるでしょう。

投げ釣りは、魚がいそうなポイントにねらいをつけて、仕掛けを投げてアタリを待つようなもの。そのため、仕掛けにはいろいろな工夫が施されています。投げ釣りにかかせないのが「テンビン」です。テンビンは仕掛けを投げたときに糸がからまないよう工夫されています。テンビンにも海草テンビン、スパイクテンビン、ジェットテンビンといったものがあります。使い分けができるとなおよいでしょう。

投げ釣りでは、ねらう魚によっては海底の場合もあります。そういった場合には、先オモリ仕掛けを使って投げ釣りをするのがよいです。

ワカサギ釣りとは

ワカサギ釣りとは、湖の氷上で、氷に穴をあけて釣りをすることですが、ボートからでも可能です。また陸からでも長めの竿で釣りをすることができます。ちなみに、ワカサギは江戸時代に徳川家に献上していたので、漢字では「公魚」となったそうです。

ワカサギ釣りを氷上で行う場合、アイスドリルで氷に穴をあけます。これがけっこう重労働で、寒いのに汗をかくこともあります。ただ、釣りに行く時間によっては、すでに先客が穴を開けて釣った跡があります。穴あけが面倒な方は、この穴を利用するのも手(?)です。

ワカサギ釣りが氷上の場合、防寒対策をきちんとしておきましょう。慣れた方はテントをはって、その中でワカサギ釣りをします。テントの中には簡易ストーブやコンロを持ち込みます。中には、簡易トイレまで用意する方もいらっしゃるようです。

ワカサギ釣りでテントを持たない場合でも、当然防寒対策は必要です。防寒着を着用し、カイロも必需品です。他にも、足下が冷えるので、キャンプマットや発砲スチロールを置くのもよいです。おしりに座布団等を敷いてもよいです。

ワカサギ釣りについて

ワカサギ釣りは、湖にはった氷にアイスドリルで穴をあけて穴釣りをするもので、冬の風物詩としても有名です。他にはボートからでもワカサギ釣りをすることはできます。

ワカサギ釣りは、氷に穴を開けて、アタリが出るまでずっと待ちます。ワカサギの針は小さいので、市販のワカサギ用の仕掛けを購入するとよいでしょう。初心者は針数が5本や7本がお勧めです。ワカサギ釣りの仕掛けは「これがベスト」というものはなく、季節や場所、釣りをする人の技量によっても異なります。

ワカサギ釣りは、マニアになると自作で竿を作ったり、仕掛けも工夫がなされたり、さらにテントまで自作という方もいらっしゃるそうです。また、ワカサギ釣りでは餌がなくても釣れる場合があるそうですが、基本的には餌をつけます。

ワカサギは成魚でも15センチほどの小さな魚なので、子供や女性でも挑戦しやすい釣りです。釣りはたくさん釣れるときもあれば、なかなか釣れない時もあります。なかなかアタリが出なかったら、別の場所に変えてトライしてみましょう。

磯釣りとは

磯釣りとは、地磯と渡船で磯・島に渡してもらい、その磯の上で行う釣りのことをいいます。磯釣りは自然の地形や気象によって左右される、アウトドア性の高い釣りの一つです。毎年全国での競技会もあり、釣りの醍醐味が味わえます。

磯釣りで重要なのは、潮の状態を見ることです。潮の流れを見て、魚とのかけひきをする――まさに「ねらった獲物は逃さないぞ」とまでは言い過ぎでしょうか。しかし、それほど魅力のある釣りの一つが磯釣りなのです。

磯釣りで釣れる魚は、場所にもよりますが、グレ(メジナ)、チヌ(クロダイ)、イシダイ、ヒラマサ、シマアジ、メバル等々があります。他にもいろいろな魚が釣れます。魚を求めて色々な磯場スポットを開拓する人も多いとか。磯釣りは都会の中では決して味わえない魅力的なアウトドアスポーツなのです。

磯釣りは、場所がら足場も決して安全とは言えないところが多いので、万が一のことを考えて、夏でもライフジャケットを着用するようにしておきましょう。

磯釣り入門

磯釣りは場所によって「地磯」と「沖磯」の大きく二つにわかれます。地磯は陸続き、沖磯は渡船で渡る必要があります。沖磯の場合、釣りに行く前日に渡船屋さんに連絡をして、翌日船が出るかどうかを確認する必要があります。

磯釣りのターゲットとなる魚は、主にメジナやクロダイです。場所によってはカンパチ、時にはカツオやキハダマグロを釣ることもできます。磯釣りの種類によって、上物、底物、ルアー、大物にわかれます。磯釣りの一番人気はメジナです。地方によって、メジナのことを「クロ」「グレ」と呼んでいます。引きが強く、また味も良いのが人気のようです。

磯釣りで使う竿は、「磯竿」と書かれているものを使います。長さは5m前後が主流です。

磯釣りでは天気によって場所が危険になっていることもあります。天気がよくても足場がすべりやすくなっていることもあります。できれば磯靴を履き、ライフジャケットは必ず着用するようにします。天候が崩れてきたら、早々に釣りをやめるようにしましょう。もちろん荷物はコンパクトにまとめておくことも重要です。

磯釣りでは、大自然と正面から向き合って釣りをします。天候、海の状況、魚の特性などをよく理解しておく必要があることは言うまでもありません。魚との駆け引きが魅力の一つでもありますが、反面、自分の命にもかかわってくるということを肝に銘じておきましょう。

 
メニュー
海釣り公園
海釣りいろいろ
渓流釣りの魅力
渓流釣りについて
釣りの仕掛けのえさ
釣りの仕掛け
人気の釣りのポイント
釣りの人気ポイント
バス釣りについて
バス釣り攻略法
投げ釣りとは
投げ釣り仕掛け
ワカサギ釣りとは
ワカサギ釣りについて
磯釣りとは
磯釣り入門