様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 資格情報処理技術者

スポンサード リンク

情報処理技術者――システムアナリストとは

「システムアナリスト(略称はアナリスト、AN)」とは、「情報処理技術者試験」の一つである「システムアナリスト試験」に合格することで得られる国家資格です。

システムアナリストは、「高度情報処理技術者」に分類され、情報処理技術者の中では最高位と目されています。

システムアナリストは、このように、情報処理技術者試験の中では特に難易度が高いものですが、それだけに、システムアナリストの資格を取得すると、仕事上でいろいろと役に立ちます。

システムアナリストは、その歴史こそそれほど古いものではありませんが、この情報化社会においては、今後ますますその必要性が高まることでしょう。

情報処理技術者試験――システムアナリスト試験

「情報処理技術者試験」の一つであるシステムアナリスト試験は、かつては受験に年齢制限があり、加えて業務経歴書の提出が必要でしたが、2001年の情報処理技術者試験の大規模改訂により、こうした必要事項は既に廃止されています。

システムアナリスト試験が行われるのは、10月の第3日曜日。「秋期情報処理技術者試験」の一区分として実施されます。システムアナリスト試験は午前と午後に分かれ、午前の試験は多岐選択式、午後の試験は記述式と論文式といった構成になっています。

情報処理技術者試験の頂点といわれるシステムアナリスト試験。それだけに合格率も6〜8パーセントと低めですが、国家試験ですし、有資格者への業界および企業経営者の評価も極めて高い資格なので、この業界で働く意思があるなら、資格を取得しておいて決して損はありません。

情報処理技術者――プロジェクトマネージャとは

「プロジェクトマネージャ(略称はプロジェクト、PM)」とは、「情報処理技術者試験」の一つであるプロジェクトマネージャ試験に合格することで得られる国家資格です。

プロジェクトマネージャ試験は、情報処理技術者試験の中でも特に難易度が高く、「高度情報処理技術者」に分類されています。プロジェクトマネージャの資格が対象とするのは、システム開発計画を円滑に運営する責任者、いわゆるプロジェクトマネージャ。

情報処理技術者の需要が高まってきている現代社会。プロジェクトマネージャも例外ではありません。プロジェクトマネージャの資格を取っておけば、この業界で就職する際に、得をすることはあっても損をすることはないでしょう。

情報処理技術者試験――プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、能力認定試験である情報処理技術者試験の一つです。かつては受験に年齢制限があり、また業務経歴書の提出も必要でしたが、2001年からは、こうした必要事項が廃止されています。

プロジェクトマネージャは「高度情報処理技術者」に分類され、その資格試験も、情報処理技術者試験としては難易度が高く、合格率は例年6〜8パーセントと低めです。

プロジェクトマネージャ試験の実施は、例年、10月の第3日曜日。「秋期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。他にもいくつかの種類の情報処理技術者試験が同時に行われるため、複数の受験を考えている人は注意が必要です。

プロジェクトマネージャ試験の内容は、午前の試験が多岐選択式、午後の試験が記述式と論文式となっています。

情報処理技術者――アプリケーションエンジニアとは

「アプリケーションエンジニア(略称はアプリケーション、AE)」とは「情報処理技術者試験」の一つであるアプリケーションエンジニア試験に合格することで得られる国家資格です。

アプリケーションエンジニアには、ハードウェアとソフトウェアに関する広範な知識をもとに、システム利用者の要求を把握し、的確なシステム設計を行なう能力が求められます。よって、この情報処理技術者試験でも、こうした業務を行うための知識が問われることになります。

情報処理技術者の需要が高まっている現在、アプリケーションエンジニアの需要も例外ではありません。アプリケーションエンジニアの資格は、システム設計の業務に携わることを考える人なら、取っておくと何かと得でしょう。

情報処理技術者試験――アプリケーションエンジニア試験

アプリケーションエンジニア試験は、能力認定試験である情報処理技術者試験の一種です。

アプリケーションエンジニア試験は、かつては年齢制限がありましたが、現在ではこの条件は廃止されており、誰でも受験できるようになっています。

アプリケーションエンジニア試験は、例年10月の第3日曜日に「秋期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。午前の試験は多岐選択式、午後の試験は記述式と論文式といった構成になっています。

アプリケーションエンジニアは、高度情報処理技術者に分類されており、その合格率は、例年6〜8パーセント。アプリケーションエンジニア試験も情報処理技術者試験としては、難易度が高いものとなっています。

情報処理技術者――テクニカルエンジニア(ネットワーク)とは

テクニカルエンジニア(ネットワーク)(略称はネットワーク、NW)とは、「情報処理技術者試験」の一つである「テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験」に合格することで得られる国家資格です。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の資格は、システムエンジニアの中でも、主にネットワークの設計や管理に携わる人を対象にしています。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験のは、情報処理技術者試験の中でも特に難易度が高いものの一つで、「高度情報処理技術者」に含まれています。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験は、元々は1988年に「オンライン情報技術者試験」として登場したものですが、1994年に「ネットワークスペシャリスト試験」と改名、さらに2001年に現在の名称になりました。

情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験とは、情報処理技術者試験の一つです。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験は、例年10月の第3日曜日に、「秋期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。この情報処理技術者試験には、受験資格が一切ないので、誰でも受験することが可能です。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験の構成は、午前試験は多岐選択式、午後試験は記述式と論述式(事例解析)となっています。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)の資格は、数ある情報処理技術者の資格の中でも比較的企業や業界での評価が高いものです。この業界に就職することを考える方は、このテクニカルエンジニア(ネットワーク)の資格を取っておくといろいろ有利です。

情報処理技術者――テクニカルエンジニア(データベース)とは

テクニカルエンジニア(データベース)(略称はデータベース、DB)とは、情報処理技術者試験の一つであるテクニカルエンジニア(データベース)試験に合格した者に認定される国家資格です。

この情報処理技術者の資格は、システムエンジニアの中でも、主にデータベースの設計や管理に携わる者を対象としたものです。テクニカルエンジニア(データベース)試験のレベルはとても高く、データベースに関する資格試験の中では国内最難関と言っても過言ではないでしょう。

テクニカルエンジニア(データベース)は、実際「高度情報処理技術者」に分類され、その合格率は例年ほぼ6〜8%程度と低いものです。

情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(データベース)試験

「テクニカルエンジニア(データベース)試験」とは、国家資格である情報処理技術者の一つである「テクニカルエンジニア(データベース)」の資格を取得するための試験です。

テクニカルエンジニア(データベース)試験は、例年、4月の第3日曜日に「春期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。

テクニカルエンジニア(データベース)試験に関しては、年齢制限や受験資格というものは一切ありません。

テクニカルエンジニア(データベース)試験の構成としては、午前試験は多岐選択式、午後試験は記述式と論述式(事例解析)に分かれています。

テクニカルエンジニア(データベース)は、有資格者の少なさや需要から、情報処理技術者の中でも、特に企業や業界での評価が高い資格の一つとなっています。そのため、この業界で就職したい人にとっては、この情報処理技術者の資格は有利に働くことが多いです。

情報処理技術者――テクニカルエンジニア(システム管理)とは

テクニカルエンジニア(システム管理)(略称はシステム管理、SM)とは、情報処理技術者試験の一つである「テクニカルエンジニア(システム管理)試験」の合格者に与えられる国家資格です。

テクニカルエンジニア(システム管理)の資格は、システムエンジニアの中でも、主に業務システムの運用や管理の責任者を対象とするものです。

テクニカルエンジニア(システム管理)は、情報処理技術者の中でも「高度情報処理技術者」に分類されており、それだけに試験の難易度は高いです。そのため、この情報処理技術者試験の合格率は、例年6〜8パーセントという低い数字になっています。

情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(システム管理)試験

テクニカルエンジニア(システム管理)とは、情報処理技術者試験の一つ「テクニカルエンジニア(システム管理)試験」に合格することで得られる国家資格で、情報処理技術者の中でも特に「高度情報処理技術者」に分類されている、難易度の高いものです。

テクニカルエンジニア(システム管理)試験は、例年、4月の第3日曜日に「春期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。受験資格や年齢制限は特にありません。

テクニカルエンジニア(システム管理)試験の構成としては、午前試験は多岐選択式、午後試験は記述式と論述式(小論文)となっています。ちなみにテクニカルエンジニア試験で論文が課されるのは、このテクニカルエンジニア(システム管理)試験のみとなっています。

情報処理技術者――テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)とは

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)(略称はエンベデッド、ES)とは、情報処理技術者試験の一つである「テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験」に合格した際に得られる国家資格です。

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)は、システムエンジニアの中でも、主にエンベデッドシステムの設計・開発の担当者を対象としています。

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)は「高度情報処理技術者」に分類されています。しかしながら、テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験の合格率は、例年ほぼ10〜13%程度と、他の高度情報処理技術者の試験の中ではやや高めです。

情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)とは、情報処理技術者試験の一つであるテクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験の合格者に与えられる国家資格で、情報処理技術者の中でも、特に「高度情報処理技術者」に分類されています。

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験は、例年、4月の第3日曜日に「春期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験には、特に受験資格や年齢制限はありません。

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験の構成としては、午前試験は多岐選択式、午後試験は記述式と論述式(事例解析)となっています。

情報処理技術者――テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)とは

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)(略称は情報セキュリティ、SV)とは、情報処理技術者試験の一つ、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)の合格者に与えられる国家資格です。

この情報処理技術者の資格は、まず2001年に「情報セキュリティアドミニストレータ」が登場、その後2006年にこのテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)が創設されました。

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)は、他のテクニカルエンジニアと違い、「高度情報処理技術者」には分類されていませんが、難易度は高く、いずれは「高度情報処理技術者」に加えられると思われます。

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験の合格者の主な就職先としては、ネットワーク系・情報セキュリティ系関連企業などが中心となります。

情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)は、情報処理技術者試験の一つ「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」に合格すると得られる国家資格で、まだ「高度情報処理技術者」には加えられていないものの、情報処理技術者試験の中でも、比較的難易度が高い資格です。

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験は、例年、4月の第3日曜日に「春期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。受験にあたって年齢制限や受験資格は特になく、誰もが受験することができます。

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験の出題範囲は、セキュリティとネットワーク技術に関する事柄が中心で、高度な専門的知識が要求されます。

情報処理技術者――ソフトウェア開発技術者とは

「ソフトウェア開発技術者」(略称はソフトウェア、ソフ開、SW)とは、情報処理技術者試験の一つ「ソフトウェア開発技術者試験」の合格者に与えられる国家資格です。

「ソフトウェア開発技術者試験」の主な対象は、現場で数年間の経験を積んだプログラマ(シニアプログラマ)やシステムエンジニアとなっています。

ソフトウェア開発技術者は、「高度情報処理技術者」ではないものの、試験のレベルは「基本情報技術者試験」よりは難易度が高いです。ただし試験の難易度は年によってばらつきがあるため、合格率は年によって10〜15パーセントと、かなり幅があります。

ソフトウェア開発技術者は、他の情報処理技術者同様、資格を持っていると、就職に大変有利です。就職先は主に情報システム系・ソフトウェア系関連企業などです。

情報処理技術者試験――ソフトウェア開発技術者試験

「ソフトウェア開発技術者」とは、情報処理技術者試験の一つ「ソフトウェア開発技術者試験」に合格することで得られる国家資格です。「高度情報処理技術者」ではないものの、難易度は情報処理技術者試験の中でも比較的高いものです。

ソフトウェア開発技術者試験は、従来は4月の第3日曜日(春期)に行われていましたが、2005年からは10月の第3日曜日(秋期)にも行われるようになりました。

この情報処理技術者試験は、受験資格は一切ありません。

ソフトウェア開発技術者試験は午前、午後I、午後IIに分かれていて、午前は多岐選択式、午後はいずれも記述式となっています。

情報処理技術者――情報セキュリティアドミニストレータとは

「情報セキュリティアドミニストレータ」(略称は情報セキュアド、SU)とは、情報処理技術者試験の一つである「情報セキュリティアドミニストレータ試験」の合格者に与えられる国家資格です。

情報セキュリティアドミニストレータは、近年の情報セキュリティに対する意識の高まりから、2001年の情報処理技術者試験の改定の際に新たに導入された試験および資格です。こうした背景から、近年人気が低下しつつある情報処理技術者試験の中でも、唯一人気の向上が見られる情報処理技術者試験・資格となっています。

情報セキュリティアドミニストレータの主な就職先としては、情報セキュリティ系関連企業などが挙げられます。近年は企業などで、情報漏洩防止のためのセキュリティ対策への意識が高まっているので、この情報セキュリティアドミニストレータは、将来的にも有望な資格と言えるでしょう。

情報処理技術者試験――情報セキュリティアドミニストレータ試験

「情報セキュリティアドミニストレータ」とは、情報処理技術者試験の一つ「情報セキュリティアドミニストレータ試験」に合格すると得られる国家資格です。

情報セキュリティアドミニストレータ試験は、例年10月第3日曜日に、「秋期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。

情報セキュリティアドミニストレータ試験には、特に年齢制限や受験資格はありません。難易度も「高度情報処理技術者」程の難しさではないので、合格率も12%〜15%と高めです。

この情報処理技術者試験は3部構成で、午前試験は多岐選択式(四者択一マークシート式55問)、午後試験は記述式です。

情報セキュリティアドミニストレータは、情報セキュリティ系関連企業などへの就職を考えている人にとっては、持っていると大変役に立つ資格です。

情報処理技術者――上級システムアドミニストレータとは

上級システムアドミニストレータ(略称は上級シスアド、SD)とは、情報処理技術者試験の一つである「上級システムアドミニストレータ試験」に合格することで得られる国家資格です。

上級システムアドミニストレータは、初級システムアドミニストレータの上位資格であり、コンピュータ利用者向けの資格としては最高峰のものです。上級システムアドミニストレータは難易度も高く、「高度情報処理技術者」であるシステムアナリストに匹敵するほど(例年の合格率は8パーセント前後)。しかし、「利用者向け」ということで、情報処理技術者としては、社会一般の評価はあまり芳しいとは言えない資格でもあります。

上級システムアドミニストレータの就職先としては、情報システム系・ネットワーク系関連企業などが中心となります。情報処理技術者としての評価はいまいちですが、その知識は仕事の上で大いに役立てることができるでしょう。

情報処理技術者試験――上級システムアドミニストレータ試験

上級システムアドミニストレータは、能力認定試験である情報処理技術者試験の一つ、「上級システムアドミニストレータ試験」に合格すると得られる資格です。

上級システムアドミニストレータ試験は、例年10月第3日曜日、「秋期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。受験資格・年齢制限は一切ありませんので、誰もが受験することができます。

上級システムアドミニストレータは、「高度情報処理技術者」には分類されていませんが、その試験は「高度情報処理技術者」並みに難しいので、このことを念頭に置いた試験対策が必要です。

上級システムアドミニストレータ試験の構成としては、午前は多岐選択式(四者択一マークシート式)、午後は記述式と小論文になっています。

情報処理技術者――システム監査技術者とは

システム監査技術者(略称はシステム監査、AU)とは、情報処理技術者の一つで、システム監査技術者試験に合格すると得られる国家資格です。

システム監査技術者試験の対象としては、情報処理システムを経営者の立場から幅広い視点で調査し、そのシステムが経営に貢献しているかを判断するシステム監査人を対象としています。

システム監査技術者は「高度情報処理技術者」に分類されており、システムアナリストと並んで、情報処理技術者試験の最高位と目されています。当然難易度も非常に高く、合格率は例年7パーセント程度です。

システム監査技術者は、情報処理技術者の中では異色な資格で、受験者は技術者というよりは経営者側に立つ人が多いです。そのため、監査業務を独占業務としている公認会計士にも、この資格の保持者は少なくありません。

情報処理技術者試験――システム監査技術者試験

システム監査技術者は、情報処理技術者試験の一つである「システム監査技術者試験」に合格すると得られる国家資格です。システム監査技術者は、「高度情報処理技術者」に分類されており、その試験は、情報処理技術者試験の中でも一、二を争うほど難易度が高いものです。

システム監査技術者試験は、例年4月の第3日曜日に「春期情報処理技術者試験」の一区分として行われます。受験資格や年齢制限は特にありませんが、難易度が高いため、それなりの試験対策が必要です。

システム監査技術者試験の構成としては、午前試験は多岐選択式、午後試験は記述式・論文式となっています。

情報処理技術者――基本情報技術者とは

基本情報技術者とは、情報処理技術者試験の一つである「基本情報技術者試験」に合格することで得られる国家資格です。基本情報技術者の略称としては「基本」「基本情報」「基情」「FE」などがありますが、以前の呼称である「第二種情報処理技術者」から、「二種」と呼ばれることもあります。

基本情報技術者試験は能力認定試験で、情報処理システムの開発に必要な共通的基礎知識・技能を問われるものです。基本情報技術者は、SEやプログラマーを目指す人にとっては登竜門的な資格です。

基本情報技術者は、14種ある情報処理技術者試験の中では二番目に易しいもので、情報処理技術者としては、比較的取得しやすい資格と言えます。

情報処理技術者試験――基本情報技術者試験とは

基本情報技術者とは、情報処理技術者試験の一つである「基本情報技術者試験」に合格すると得られる国家資格です。基本情報技術者は、情報処理技術者の中では比較的難易度が低いので、合格率も13〜16パーセントと高めです。

基本情報技術者試験は、情報処理技術者試験の中でも受験者数が多い試験のため、試験は年2回、4月と10月の第3日曜日に行われます(春期情報処理技術者試験・秋期情報処理技術者試験)。受験資格は特にありません。

基本情報技術者試験は、「ソフトウェア開発技術者試験」への通過点と見られることもあって、試験を受ける人の年齢層も、高校生から50歳代と幅広いものになっています。

情報処理技術者――初級システムアドミニストレータとは

「初級システムアドミニストレータ」(略称は「初級シスアド」)とは、「独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター」が行っている情報処理技術者試験の一つ「初級システムアドミニストレータ試験」に合格することで得られる国家資格です。

初級システムアドミニストレータ試験では、情報処理システムの活用に必要な基礎的知識・技能を問われます。あくまでも「基礎的」な資格なので、この資格だけでは就職は厳しいのが現状です。

初級システムアドミニストレータの上位の資格としては、同じ情報処理技術者の「情報セキュリティアドミニストレータ」「上級システムアドミニストレータ」があり、初級システムアドミニストレータを取得した後にこれらを目指す人も少なくありません。

情報処理技術者試験――初級システムアドミニストレータ試験

初級システムアドミニストレータとは、情報処理技術者試験の一つ「初級システムアドミニストレータ試験」の合格者に与えられる国家資格です。

初級システムアドミニストレータ試験は、例年4月第3日曜日(春期情報処理技術者試験)と10月第3日曜日(秋期情報処理技術者試験)に行われています。初級システムアドミニストレータ試験には、特に受験資格や年齢制限はありません。

初級システムアドミニストレータ試験は、14種の情報処理技術者試験の中で最も難易度が低いものです。そのため、合格率も例年30パーセント程度と、情報処理技術者としてはかなり高い数字になっています。

 
メニュー
情報処理技術者――システムアナリストとは
情報処理技術者試験――システムアナリスト試験
情報処理技術者――プロジェクトマネージャとは
情報処理技術者試験――プロジェクトマネージャ試験
情報処理技術者――アプリケーションエンジニアとは
情報処理技術者試験――アプリケーションエンジニア試験
情報処理技術者――テクニカルエンジニア(ネットワーク)とは
情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
情報処理技術者――テクニカルエンジニア(データベース)とは
情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(データベース)試験
情報処理技術者――テクニカルエンジニア(システム管理)とは
情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(システム管理)試験
情報処理技術者――テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)とは
情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験
情報処理技術者――テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)とは
情報処理技術者試験――テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験
情報処理技術者――ソフトウェア開発技術者とは
情報処理技術者試験――ソフトウェア開発技術者試験
情報処理技術者――情報セキュリティアドミニストレータとは
情報処理技術者試験――情報セキュリティアドミニストレータ試験
情報処理技術者――上級システムアドミニストレータとは
情報処理技術者試験――上級システムアドミニストレータ試験
情報処理技術者――システム監査技術者とは
情報処理技術者試験――システム監査技術者試験
情報処理技術者――基本情報技術者とは
情報処理技術者試験――基本情報技術者試験とは
情報処理技術者――初級システムアドミニストレータとは
情報処理技術者試験――初級システムアドミニストレータ試験