様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ガーデニング

スポンサード リンク

エクステリア工事

エクステリア(Exterior)とは、現代ではインテリアの反対、つまり外壁や庭園、玄関、ベランダ、垣根、車庫などを含めた家の外側全体のことをいいます。

このエクステリア空間は、住まいの印象を左右する大切なものです。それゆえ、エクステリア工事によって、魅力的なエクステリアを演出する人が増えてきました。

エクステリア工事には、玄関やアプローチ、ベランダなどのリフォーム、ガーデニング施工、テラス囲いやガーデニング・ルーム(ガーデン・ルーム)の設置など、多様なものがあります。

ガーデニングを楽しみたい人からは、ガーデニング施工やガーデニング・ルームが高い人気を得ているようです。

ただし、エクステリア工事にはある程度の費用がかかるため、工事を依頼する際には信頼できる業者を選ぶことが大切です。

魅力的なエクステリア――ガーデニング・ルーム

エクステリア工事によって魅力的なエクステリア空間をデザインする人が少なくありません。

このエクステリア工事の中で、特に人気の高いものに“ガーデニング・ルーム(ガーデン・ルーム)”があります。

ガーデニング・ルームは、ガラスパネルに囲まれた空間で、自然を満喫できる、いわば“第二のリビングルーム”とでもいうべきもの。

ガーデニング・ルームの中では、あたたかな日差しや、さわやかで心地よい風、満天の星空、そしてあふれる緑や花々を贅沢に堪能することができます。

ガーデニング・ルームのガラスパネルは取り外しが可能で、ガラスパネルを解放すれば、庭との一体感が高まります。逆に外と完全に仕切ることで、冬は温室として利用することも可能です。

ガーデニング用の花選び

ガーデニングを始めたばかりの人が迷うのは、どんな花を植えたらよいのかということ。一番よいのは、自分の気に入った花を植えることでしょう。

しかし、最初から育てるのが難しい花にチャレンジしても、枯らしてしまってガッカリ……ということになりかねません。

ですので、初心者の方は、まずガーデニングの専門店などに相談しながら、育てやすい花を選んで植えるのがよいでしょう。

次に気をつけなければならないのは、ガーデニングを行なう場所に合った花を植えること。

花にはそれぞれ性質があります。日当たりを好む花もあれば、直射日光に当たると弱ってしまう花もあります。また寒さに強い花もあれば、寒さに当たると枯れてしまう花もあります。

ガーデニングを行なう場所の日当たりや、その地域の気候に合わせた花を選ぶのが、失敗しないコツであるといえます。

ガーデニングで花を楽しむ

ガーデニングできれいな花を楽しむためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

まず第一に土選び。土は市販の園芸用土のような、水はけがよいものを選びます。

ガーデニングにおける第2のポイントは、水やり。基本は、土が乾燥してから水やりをするということ。水をやりすぎると、土の中が酸欠状態になり、根腐れを起こしてしまうことがあります。

ガーデニングの第3のポイントは、花選び。ガーデニング用の花は、庭の広さや、その地域の気候、花を植える場所の日当たりなどによってセレクトします。

また、開花シーズンの違う花を取り混ぜて植えておけば、季節を通して花を楽しむことができます。

背丈の違う花をうまく組み合わせて植えることで、庭に立体感を演出することもできます。

ガーデニングの防虫対策

ガーデニングを楽しむ際、虫対策には悩まされるもの。ガーデニングで防虫を行なう場合には、殺虫剤や忌避剤が用いられます。

殺虫剤は、直接虫に噴霧するものや、地面にまいておくと植物が薬剤を吸収し、その葉を食べた虫が死ぬというもの、殺虫剤入りのエサを虫に食べさせるものなど様々なタイプのものがあります。

殺虫剤は即効性があり、防虫効果も長く持続するという特徴があります。しかし、殺虫剤には人体にも有害な成分が多く含まれており、噴霧することで多少なりともその成分を吸い込んでしまいます。

特にベランダのように、狭い場所でガーデニングを行なっている場合、そこで殺虫剤を散布すると、その吸引量は多くなってしまいます。

家庭菜園などに散布した場合、せっかく作った野菜に有害な殺虫剤が残留してしまう――ということにもなりかねません。

この有害な殺虫剤の代わりとして近年注目されているものに、虫などを寄せ付けなくする“忌避剤”があり、ガーデニングではこの忌避剤として木酢液などがよく用いられます。

木酢液には殺虫剤のような人体に有害な成分もなく、また土中の有用微生物が活発に働くようになるなど、防虫のみならず植物の生育にもよいと言われています。

ガーデニングの防虫対策2

ガーデニングの防虫対策として、最もよく用いられているのが殺虫剤でしょう。

しかし、殺虫剤の毒性は非常に高く、誤って大量に吸い込んでしまった場合には中毒症状を起こしますし、強い発ガン性や催奇形性を有する物質を含んでいるものが少なくなく、少しずつでも体に蓄積された場合、深刻な病の原因にもなりかねません。

また、殺虫剤は有用な土壌細菌まで殺してしまうため、植物の生育にもマイナスです。

そこで、ガーデニングにおいては、防虫対策として殺虫剤を用いるのではなく、「虫を寄せ付けない工夫」をしてみましょう。

例えばガーデニングでよく用いられる木酢液には、虫を寄せ付けない効果があります。

また、アブラムシなどは“光るもの”を嫌うため、アルミホイルやCDの裏のようなキラキラ光るものを植物のそばに置いておくと、寄ってきません。

ガーデニングにおいて、どうしても殺虫剤を使う場合は、人体に害の少ない天然成分の殺虫剤を利用するようにしましょう。

魅力の芝ガーデニング

芝ガーデニング――、ガーデニングを楽しむ人にとって、美しい緑の芝生は大変魅力的なものです。

芝生は和風の庭にも、洋風の庭にも良く合い、見た目に美しく、心に安らぎと清涼感を与えてくれます。

また、その他のガーデニングで育てている草木の美しさを引き立ててもくれます。

芝生には、夏は日差しの照り返しを防ぎ、冬は寒さをやわらげることで、過ごしやすい環境を提供してくれるというメリットもあります。

芝生の庭は、土で足が汚れにくいので、裸足で子供たちと遊ぶこともでき、地面がしっかりと固まるため、芝生の上にイスやテーブルなどを置いて、バーベキューパーティーなどを楽しむこともできます。

日本では、芝生というと日本芝(高麗芝)が一般的でしたが、近年では、ガーデニングの楽しみの一つとして、種から育てる西洋芝に挑戦する人も増えています。

芝ガーデニングを成功させるには

ガーデニングを楽しむ人の中に、“芝ガーデニング”にチャレンジする人が増えています。

芝ガーデニングを成功させるためには、まず、芝苗選びから始めなければなりません。

芝にはいろいろな種類があり、日本では日本芝(高麗芝)が多く植えられていますが、日本芝は寒さに強く、育てやすいという特徴があります。

近年、ガーデニング愛好家の間で、種から育てる西洋芝が人気を集めていますが、西洋芝は寒さに弱く、初心者には育成が難しいと言われています。

芝を植える場所は日当たりがよく、水はけのよいところが適しています。芝生は一般的に日当たりを好むため、日光が当たらない場所では良好な生育は望めませんし、また、水はけが悪いと根腐れを起こして枯れてしまいます。

水はけが悪い場合は、排水設備を設けるなどの工夫が必要です。芝を植える際は、あらかじめ石や雑草を取り除き、土を柔らかく耕しておきます。芝を植える時期は5月〜6月が最も適しています。

ベランダ・ガーデニングのポイント

ベランダ・ガーデニングという言葉が、近年よく使われるようになってきましたが、ガーデニングは、工夫一つでマンションのベランダのような狭い空間でも楽しむことができます。

空間を有効活用するコツは立体的に植物を配置すること。そのため、ベランダ・ガーデニングではフラワースタンドやハンギングバスケットがよく用いられます。

また、コンクリートのベランダは、夏は表面が焼けるように熱くなります。ですので、ベランダ・ガーデニングを行なう際は、あらかじめウッドデッキなどを敷いて、植木鉢やプランターが直接コンクリートに当たらないようにします。

あたたかな質感を持つウッドデッキは、コンクリートの無機質なイメージをやわらげてくれるのにも役立ちます。

次に植物のセレクトですが、ここで気をつけなければならないのは、ベランダとは完全な日陰庭であるということ。それゆえ、日照条件が悪くても比較的育ちやすい植物を選択することが大切です。

ベランダ・ガーデニングの注意点

ベランダでガーデニングを行なう際に注意しなければならないことがあります。それは、“隣近所の迷惑になるようなことをしない”ということ。まず、注意しなければならないのが、避難経路をふさがないということです。

ベランダは万一の時の避難経路にもなっていますから、隣の部屋のベランダとの境(緊急時に破れるようになっている部分)を、植木鉢やガーデニング用品などでふさいでしまったりするのは厳禁です。避難用ハッチの上にものを置いたりしてもいけません。

また、ベランダ・ガーデニングでは、植木鉢などが階下に落下したりしないよう、置き方に注意しましょう。強風や何かのショックで物が落下した場合、人身事故につながる恐れもあります。

水やりの時も、階下に水が落ちないよう、注意しながら水をまくか、あるいはあらかじめ水がベランダの外に飛ばないようにする工夫などが必要です。

こういった基本的な注意点を守って、ベランダ・ガーデニングを楽しんでいきましょう。

植木とガーデニング

植木は庭や鉢などに植えてある木のことです。ガーデニングをする場合、庭に植木をするなら、ある程度高さのある植木が可能です。もちろん鉢物でも植木は可能ですが、置き場所や鉢の大きさによって、植木の大きさも限界があるのは確かです。

ガーデニングにおいて、植木をこれから庭で行う場合、家のシンボルとなるような木が一つあると良いでしょう。それに草木を追加していくようにするとよいです。ただし、庭の環境や木、草花の成長を理解していないと、枯れてしまったり、逆にどんどん成長してしまったりと思わぬこともあります。ガーデニングをする場合、植物の特性はよく理解しておきましょう。

ガーデニングで植木をする場合、植物にとって一番よいのは日当たりと水はけが良い場所に植えることです。しかし必ずしもそうはいかないことはよくあること。植物は湿ったところが好きなもの、日陰でも育つ物、西日でも大丈夫なもの等があります。ガーデニング環境に応じた植木をするように心掛けましょう。

植木でガーデニングプラン

ガーデニングをする場合、庭のスペースには限りがあります。どんな庭にしたいのか、プランをたてるとよいです。一戸建ての家で庭付きなら、植木をすると見栄えがよいですね。しかし、庭がなくてもベランダや室内でコンテナガーデニングが可能です。ガーデニングプランをたてる場合、イメージが重要です。実際に絵に描いてみるのもよいです。

ガーデニングで植木をする場合の注意点は、庭の状態を把握することです。日が当たるのが何時頃か、西日はどうなのか、日陰になるのはどの時間なのかなど。また、風通しはどうなのか、あまりよくないのかなども要確認です。これらをチェックしておくと、環境に合った植物を選んで植えることができ、植木のお手入れ自体も最小限で済みます。

ガーデニングプランができたら、どんな植木にするかを決めましょう。植木に使われる木には、常緑樹、落葉樹、コニファー、カラーリーフ、グランドカバー、宿根草、一年草などがあり、また高木、小低木と、大きさもいろいろです。庭の大きさや環境にあわせて、自分の気に入ったものを選びましょう。

ガーデニングプランでは、日本の四季を活かすのもベストです。季節によって咲く草木をシミュレーションし、見所のあるガーデニングにしてみてはいかがでしょうか。

ガーデニングでハーブを育てる

ガーデニングでハーブを育ててみませんか。多くのハーブは水はけと日当たりのよい場所を好みます。ガーデニングでは、ハーブを植える場所には、あらかじめ腐葉土や堆肥などの有機質をたっぷりとすき込み、水はけをよくしておきます。また、水を与えるときは、植え場所の土が乾いてから、根元に静かに与えます。ハーブの株全体に水がかかるとムレの原因となって株が痛んでしまうので注意が必要です。

ハーブの種類はたくさんありますが、加湿を嫌うものや成長が旺盛なもの、また繁殖力が強いハーブもあり、適する環境もあります。ガーデニングでハーブを育てる場合は、種類や育ち方が似たようなものを組み合わせて育てるとよいでしょう。

ハーブは、痩せ地でも育つものがたくさんあります。収穫を目的にハーブを育てる場合、肥料も大切です。ただし肥料を与えすぎると、ハーブは香りが弱くなることもあります。また花が咲いた後は香りが落ちるので、収穫するなら花が咲く前に摘むようにします。花も香りも楽しめるハーブガーデニングにぜひ挑戦してみてください。

ハーブガーデニングの楽しみ方

ハーブガーデニングをすることで、食卓を演出するのに役立ちます。例えばいつもの食事にハーブをちょっとプラスするだけでおしゃれなメニューに早変わり。見た目も香りも豪華になります。

ハーブをキッチンガーデニングとして使う方法にはいくつかあります。ハーブティー用、サラダ用、スパイス用というふうに、一つのコンテナなどにまとめて育てるのも何かと便利です。ハーブガーデニングで育てた植物は、その都度新鮮な喜びを香りとともに与えてくれることでしょう。

ハーブガーデニングをする場合の他の楽しみ方として、ポプリがあります。ポプリは摘んだハーブ類を壺に入れて熟成させたものです。ポプリをつくる場合、ハーブの収穫時期は、最も香りが強くなる生育期に行いましょう。また花が咲くと香りが落ちるので、葉ものは花が咲く前に摘むのがおすすめです。あなたのオリジナルポプリを作って香りを楽しんでみるのもよいですね。

ガーデニンググッズについて

ガーデニンググッズにはどんなものがあるでしょうか。ガーデニングをする場合、掘る、耕す、すくう、移動する、砕くといったことがなされますね。いずれも土に関するものですが、用途に応じて専用のものがあります。しかし、ほぼオールマイティに使えるのがスコップです。スコップの寿命は扱い方で決まります。使用後は汚れを落とすようにしましょう。

ガーデニンググッズで次に必要なのは、ジョウロです。ガーデニングするなら水遣りは日常的に行われるものですね。ジョウロはどんなガーデニンググッズよりも最もポピュラーな存在です。ジョウロの素材は、ステンレス製やブリキ製、プラスチック製等で、色もデザインもいろいろ。お気に入りのジョウロでガーデニングをすることで、より楽しくなります。

ガーデニンググッズで他に必要なものとして、枝などを切る道具、ハサミが必要です。ハサミも切るものに応じて様々な種類があります。代表的なガーデニング用としては剪定バサミがありますが、草花や小さな低木中心のガーデニングなら、万能バサミ1本あれば十分です。

ガーデニンググッズでその他必要なものとしては、エプロンや靴、手袋などの身につけるものです。これらは汚れやケガ、日差しから自分を守ってくれるグッズなのです。

ガーデニンググッズもいろいろあります。お気に入りのグッズをそろえてガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

かわいいガーデニンググッズ

ガーデニンググッズも最近は種類が豊富になっています。ガーデニングを趣味としている方も増えているからでしょうか。かわいいグッズがたくさんあります。

ガーデニンググッズで最も目をひくのが普段使っているジョウロです。動物の形をしたキャラクター性のあるものや、色鮮やかなものまで実にたくさんあります。お気に入りのジョウロで大好きな草花に水を与えるだけで、癒されてしまいます。

ガーデニンググッズでは、オーナメントやフラワーピックでもかわいいものがあります。ほのぼのとした表情の動物、植物ではどんぐりやきのこの形をした物など、ガーデニングをより一層にぎやかにしてくれるグッズがいっぱいです。

ガーデニングでは、鉢やコンテナも重要なグッズ。デザイン性のあるものが豊富にそろってきています。カントリー風のもの、ヨーロピアン風なものといろいろです。鉢一つでも、植物の表情がちがってきます。自分のお気に入りのものを見つけて、楽しいガーデニングの一時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ガーデニングショップについて

ガーデニングショップは、いろいろなガーデニングツールを販売しているお店です。ガーデニングをはじめるにあたって、ショップまで足を運んでみたりするのもいいですね。今ではネットでも実にたくさんのガーデニングショップがあります。

ガーデニングショップの店舗数が増えるにあたり、ガーデニングショップも競争社会ですから、そのショップでしか手に入らないというツールやオリジナル商品などを提供している場合もあります。例えば鉢やコンテナといったものから、ガーデンアクセサリー、用土、植物等々です。

ガーデニングをする場合、自分のスタイルに合ったものを選びたいものです。ガーデニングショップは多数ありますので、ネットでお気に入りのツールを見つけるというのもいいですね。

ガーデニングショップ通販利用

ガーデニングショップはネット上にたくさん出ています。例えば「ガーデニングショップ」というキーワードでグーグル検索すると、412万件と出てきます(2007年8月現在)。それだけガーデニングをしている人が多いという証拠ですね。

ガーデニングショップで販売されているツールには、プランター、用土、肥料、植物、エクステリア、ガーデンアクセサリーと、いろいろあります。お気に入りのグッズを見つけるために、希望するものがあるかどうか、検索してみましょう。楽天ショップではコメント欄もあるので参考にするとよいですね。

ガーデニングショップを通販で利用する場合、珍しい植物が売られていることもありますが、自分の庭で育つかどうかをまずは考えましょう。庭やベランダの状態等、環境にあった植物を選ぶようにしたいものです。せっかく購入したものが枯れてしまったら悲しいですよね。

ガーデニングショップを通販利用する場合、写真でしか商品は見れません。わからないところ等はどんどんショップに質問してみるのもよいでしょう。注文しても思ったようなものが届かなかったらショックですよね。お金をかけるのですから、じっくりと検討しましょう。

寄せ植えガーデニング

寄せ植えガーデニングはいわば、小さな庭づくりをすること。寄せ植えでは、草花や色の組み合わせで様々な表現ができます。寄せ植えは、ガーデニングをする人にとっては憧れの一つです。

寄せ植えは、庭がなくてもコンテナ一つ置けるスペースがあれば、それだけで立派な寄せ植えガーデニングとなります。コンテナの置き場所が決まったら、コンテナを買ってきて、それに好きな草花等を土とともに用意して植えていきます。

寄せ植えを美しく仕上げるには、色の組み合わせの「基本的ルール」にそってつくると失敗がないです。一つの例としては、似たような色の組み合わせで寄せ植えすること。他には、まっすぐ伸びて草丈があるものはコンテナの後方や中心におき、横に広がるものや垂れ下がるものは、コンテナの手前や外側にすることです。

寄せ植えは、コツさえつかめばあとはお気に入りの花を集めて植えていけばよいだけです。寄せ植えで個性的なガーデニングを楽しみましょう。

寄せ植えガーデニングに挑戦

寄せ植えとは、好きな草花や小低木を組み合わせたものです。ガーデニングをしている人なら一度は挑戦したいものです。

ガーデニングで寄せ植えする場合、必要なものは、次の4つです。

1.植物を植えるコンテナや鉢

2.植物

3.用土、鉢底石

4.鉢底ネット

寄せ植えのプロセスは、鉢穴より大きめに切った鉢底ネットをまず敷き、その上に鉢の深さ1/6から1/5程度の鉢底石を敷き詰めます。次に用土を鉢の深さ1/3程度に入れます。植物苗の配置を決めて、植物を植えていきます。すきまに用土を入れて最後に水をたっぷりと与えて完成です。

寄せ植えする場合、植物の成長を考えると、株の間はある程度のすきまがあったほうがよいです。寄せ植えガーデニングは初心者にも取り組みやすいもの。気に入った植物を買って、小さなガーデニングを楽しんでみませんか?

和のエクステリア

ガーデニングのエクステリアを思い切って和風にしてみてはいかがでしょうか。

和のエクステリアでは自然との共生を大切に考えていますし、古き良き日本の庭園に類似したガーデニングも趣があってよいものです。

たとえお庭が小さくても“坪庭"にするという手もあります。

エクステリアで灯籠、石、竹などを選んで搬入すればOK。

坪庭は自然の風情を感じさせる要素が凝縮されているので、完成したものはまさに和のガーデニングです。

季節はもう秋。

ガーデニングでエクステリアをお考えの方は、この機会に和の空間に挑戦してみてはいかがでしょうか。

門まわりのエクステリア

エクステリア作りの要といえば、門まわりです。

門まわりは家の顔ともいうべき場所。

ガーデニングが注目されている現在では、玄関周辺や門のある戸建住宅はもちろんのこと、新築マンションでも入り口付近が綺麗にエクステリアが施されているのをよくみかけます。

門まわりのエクステリアは特にデザイン性が重視されつつあるようですね。

お客様を迎え入れる所ですから、エクステリアではシンボルツリーを設置したり、あるいは塀にちょっとしたハンギングのガーデニングをしてみたりと、アイデアはいろいろ。

ガーデニング市場では日々お客様のニーズに応えようとシンプルに、オシャレに、素敵にと、エクステリアのアイテムもいろいろ工夫されてきています。

数あるものの中から、自分の住まいにあったガーデニングエクステリアを心掛けてください。

ガーデニングの花

ガーデニングで花を選ぶ時、あなたならどうしますか?

日本は春・夏・秋・冬と四季に恵まれていて、いろいろと花が開いていくのを見て季節を感じます。

ガーデニングは、こういった四季の変化を、例えば朝目覚めて窓の外を見てみると、あるいは仕事から帰ってきたときにふと目をやると花が開いていた、という具合に身近なところで実感できるのです。

さて、花にはいろいろと種類があります。

一・二年草だとガーデニングの表情に変化をもたせてくれるので、たとえ園芸店の店頭で衝動買いしてもあとあと困ることはないでしょう。

花が毎年咲く宿根草を選ぶ場合、順番に開花するレイアウトにしたガーデニングをしたい、といったある程度の計画性を持たせて購入するのが良いかも。

花開いた地上部だけに目がいきがちの球根植物ですが、本当は土の中の球根を育てることがガーデニングでは要となり、うまく育てれば何年も楽しめます。

他にはつる植物やクリーパーを使えばガーデニングスペースを豊かに演出してくれること間違いなし。

花木や果樹は安定感がありますし、季節を感じさせてくれると同時にガーデニングのダイナミズムを味わえるでしょう。

さあ、ガーデニングでどんな花を咲かせたいかイメージして、選んでくださいね。

はじめてのガーデニング花選び

ガーデニングをはじめてみようと思い、花は何にしようかと迷ったことはありませんか。

園芸店や花屋さんの店頭でふと足を止めて、ほんの少しでも花に見とれたことは誰でもあると思います。

ガーデニングなんてちょっと大変かな、と思っているそこのあなた!

ガーデニングは易しいし、自分にも優しいのです。

まずは自分が気に入った花を選ぶのが一番よいです。

枯れてしまったらどうしよう、なんて思わなくてもよいのです。

ガーデニングはまずはやってみることから始まります。

買ったら毎日5分でもいいから必ず花の状態をチェックしてみてください。

花は生きていますから、必ず何らかの変化があるはずです。

鉢の状況を判断して水やりをしたり、土に触れたりと、お花に触れることでストレス解消にもつながり、自分が癒されるのがガーデニングの魅力でもあるのです。

ガーデニングと防虫

ガーデニングをやっていて避けて通れないのが防虫対策。

ガーデニングでは、殺虫剤や忌避剤を使っての防虫対策が主流といえるでしょう。

まずは植物のこまめなチェックが必要です。

虫は新芽や若葉、蕾などの柔らかい部分を狙いますので、これらの部分から要チェック。

防虫対策は昼間だけとは限りません。というのも、虫も昼型と夜型があるので、昼間見つからない場合は夜に見てみるのも効果的となるのです。

ところでガーデニングでは殺虫剤を使うと確かに速効性はありますが、かえって植物を傷めてしまうこともあるようです。

せっかくの家庭菜園も殺虫剤を使うことで、殺虫剤の残留物質をカラダに取り込むことになり、ガーデニングの防虫はいいけどかえってマイナス効果、ということもあります。

そこで最近注目されてきているのが天然成分100%の忌避剤を使った防虫です。

木・竹酢液をはじめ、ニームやハーブ等を使ったものがガーデニング市場では出回っています。

植物に優しい防虫対策

ガーデニングの中で最も多い悩みのタネといえば、やはり防虫対策。

しかし殺虫剤を使うことは植物だけでなく、私たちのカラダや大切なペットにとっても好ましいものではありません。

そこで植物に優しい防虫対策として最近注目されているのが100%天然成分配合の忌避剤です。

ガーデニングでは植物の状態にあわせてスプレータイプや土壌に混ぜ込むタイプのものなどがあり、それぞれ防虫効果をあげています。

忌避剤には木・竹酢液、ヒノキや青森ひば油を使ったもの、ハーブやニームなどがあります。

また忌避剤だけでなく、コンパニオンプランツを利用するというのもよいでしょう。

相性のいい植物をあわせることでお互いの成長にもつながる効果的なガーデニングとなります。

ガーデニング作業をする時等には、虫除けバンドなる便利なものを使ってみるのもよいかも。ハーブエキスを商品に練りこんでその香りで虫をよせつけなくする効果があります。

芝ガーデニング

芝ガーデニングはちょっと手間はかかりりますが、一種類の植物だけ繁殖させるのは実は大変なことです。

芝ガーデニングの管理は水やり、芝刈り、除草、施肥、害虫対策、穴あけ等いろいろです。

芝ガーデンニングの範囲が広いほどこの手間は大きくなりますが、この手間を惜しまないのなら、芝は目にも足にも優しい存在となりますね。

芝の種類ですが、日本は温暖な気候なので日本芝が主に使われ、北海道や東北地方、中部山岳地帯などの夏も涼しい地域では西洋芝が使われます。

芝ガーデニングの手始めとして、自分の地域を知り、場所にあった芝を選ぶことは重要なこと。

また芝は生きているので、光、水、土、風といった自然界の条件も考慮する必要があります。

しかし、一手間かけて育てた芝ガーデニングが成功したときは、また格別の思いがあるものです。

憧れの芝ガーデニングにぜひトライしてください。

芝のガーデニングいろいろ

芝のガーデニングをはじめる時、種から育てる場合は、土地を平らにするところから始め、平らにしたら地面を固める作業があります。

地面を固めたら種を蒔きます。蒔いたら種が流れないように水を霧雨状にして撒きます。

また、できている芝を敷き詰める場合は、地面の点圧までは種のときと同様地面を平らにします。

芝が地面に根付くまでは芝には入らないほうがよいです。

芝のガーデニングができるまでは、ちょっと時間がかかるものです。

芝を種から育てるなんてやってられない!もっと簡単にガーデニングをという方の場合、芝生ブロックもあります。

芝生ブロックは土無しで買ってすぐ置くだけで芝生の庭ができます。

土がいらないので手入れや管理も非常に簡単、鉢物と同じような感覚で水やりをすればよいのです。

芝生ブロックだと気軽に芝を貼る(張る)ことができ、芝生ガーデニングが気軽に楽しめます。

ただ芝生ブロックは予算が高いので、お望みの方はお財布と相談してください。

ベランダでガーデニング

ベランダでガーデニングは限られたスペースだからこそ、アレンジができます。

ガーデニングをやっているとだんだんと鉢物が増えていって、そのうち足の踏み場もなくなるほどってことにもなりがちです。

そんな時はプランタースタンドを使って立体的にディスプレイしましょう。

風通しや光の加減がよくなって、植物にとってもプラスになります。

ベランダガーデニングは風がよく吹く場所でもあるので、スタンド等は倒れないようにきちんと固定しておくことは忘れないでください。

ベランダでガーデニングする場合、上の階は下の階に迷惑にならないようにし、ベランダ本来の非常時の通路は確保もしておきましょう。

今あるスペースで、思いっきり自分流にベランダガーデニングを楽しんでください。

手軽にベランダガーデニング

ベランダガーデニングは手軽にできるのが魅力です。

ガーデニングをするにあたり、ベランダがどの方位にあるのかをまず知りましょう。

そして日当たりはどれぐらいなのかも知ること。建物によっては東や南を向いていても、時間によって光が遮られることもあります。

あとは気に入った鉢物見つけ、自分のベランダで育てることが可能かどうかを店員店員さんに聞いてみましょう。

店員さんとお友達になるのもよいかも。親切な店員さんだと良いアドバイスがもらえます。

ベランダガーデニングはほんの5分とか10分でOK。

忙しい現代人にはベランダガーデニングは特にオススメです。

ガーデニングを通して、植物に癒されてください。

 
メニュー
エクステリア工事
魅力的なエクステリア――ガーデニング・ルーム
ガーデニング用の花選び
ガーデニングで花を楽しむ
ガーデニングの防虫対策
ガーデニングの防虫対策2
魅力の芝ガーデニング
芝ガーデニングを成功させるには
ベランダ・ガーデニングのポイント
ベランダ・ガーデニングの注意点
植木とガーデニング
植木でガーデニングプラン
ガーデニングでハーブを育てる
ハーブガーデニングの楽しみ方
ガーデニンググッズについて
かわいいガーデニンググッズ
ガーデニングショップについて
ガーデニングショップ通販利用
寄せ植えガーデニング
寄せ植えガーデニングに挑戦
和のエクステリア
門まわりのエクステリア
ガーデニングの花
はじめてのガーデニング花選び
ガーデニングと防虫
植物に優しい防虫対策
芝ガーデニング
芝のガーデニングいろいろ
ベランダでガーデニング
手軽にベランダガーデニング