様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 楽器

スポンサード リンク

ハーモニカとは

ハーモニカとは、フリーリードを使った楽器の一種です。ハーモニカは音を出すのが比較的容易なため、日本だけでなく、世界中でも多くの人々に親しまれています。

ハーモニカの歴史は結構新しく、その起源は19世紀前半に作られたオルガンの調律用の道具と言われています。

このハーモニカは、まずはウィーンで流行し、その後ドイツで改良が加えられました。その後ハーモニカはアメリカにてブルースとともに人々の間に浸透していきました。

ハーモニカは現在も、ジャズやブルース、ロック、カントリー、フォークなどのシーンでプロアマ問わず愛用され、そのアコースティックな響きが多くの聴衆を魅了し続けています。

ハーモニカの種類

ハーモニカの歴史は、楽器としてはわりと浅く、19世紀前半に発明されました。しかしハーモニカは、この短い間にも改良が加えられ、用途に応じていくつかの種類のものが生み出されてきたのです。

ハーモニカの種類には、主に以下のようなものがあります。

・ダイアトニック・ハーモニカ:最もハーモニカの原型に近いもの。別名「ブルースハープ」「テン・ホールズ」。

・クロマティック・ハーモニカ:日本の学校教育で利用されたタイプで、吹口が上下2段に分かれている。

・複音ハーモニカ:1音につき2枚のリードがあるタイプ。別名「トレモロハーモニカ」。

ハーモニカは日本では、70年代あたりまでは学校教育でも使われてきましたが、それ以降、徐々に鍵盤ハーモニカに取って代わられました。とはいえ、ジャズやブルースなどにおいては、今でもハーモニカは重要な楽器として愛好され続けています。

オカリナとは

オカリナとは素焼きの笛で、その歴史は結構古く、マヤ文明にまでさかのぼります。

オカリナの形状にはいくつかあり、丸形・角形・涙滴形といったものが代表的なものですが、中には動物型のオカリナなども。なお、日本では、オカリナは涙滴形のものが一般的で、楽器店などに行けば簡単に購入することができます。

オカリナはその構造上、わりと簡単に自作することができます。巷にはオカリナの自作キットも出回っていますし、「オカリナ製作講座」なるものも、それなりに人気を博しているようです。こうしたものを利用して作った手作りのオカリナは、その音の素朴さとともに、多くの人に愛好されています。

オカリナを作ってみよう!

オカリナはとても歴史が古い楽器です――つまり、自作が比較的簡単にできるということ。事実、オカリナを自作している人も少なくありません。オカリナ奏者として有名な宗次郎も、使っているのはすべて手作りのものだそうです。

オカリナ作りは、ちょっとコツがありますが、誰にでも作れます。初心者の方は、「ちょっと練習」ということで、オカリナの自作キットなどを利用するといいかもしれません。

オカリナは本来は素焼きの土笛ですが、自作キットの中には紙粘土や木材を使うものもありますので、その辺を念頭にキットを選ぶといいと思います。

あなたも世界に一つしかない、自分だけのオカリナを作ってみませんか。

ピアノとは

ピアノは今や世界的にとてもメジャーな楽器。ピアノを知らない人は、日本ではまずいないでしょう。

ピアノは言うまでもなく鍵盤楽器。88の鍵盤を持ち、その広い音域はクラシックオーケストラのほぼすべての音域をカバーしているので、西洋音楽のほとんどはピアノ曲に編曲して弾くことができます。それに加えて和音が出せますから、ピアノはソロ楽器として最も優れたものの一つということができます。

ピアノのこうした特性により、これまで全世界で多くの優れたピアニストを輩出することになりました。

ピアノは17世紀後半に、チェンバロとクラビコードを基に、両者の欠点を克服するかたちで発明されました。音量が大きく、強弱もつけることができるピアノがいかに多くの聴衆を魅了するようになったかは、現在のピアニスト達の活躍ぶりを考えれば、あえてここで語る必要もないでしょう。

ピアノを習おう!

ピアノは日本では最もメジャーな楽器の一つと言えます。ピアノ自体は高価な楽器ですし、場所も取りますから、皆で学校で習うというわけにはいきません。しかし、ピアノを習う子どもは多く、ピアノ教室のない街もほとんどないといった現状は、いかにピアノという楽器が日本人に愛されているかをうかがわせますね。

とはいえ、上記のように、ピアノは高価で、しかも場所を取る楽器です。独学も容易ではないので、多くの場合はピアノ教室に通うことになりますが、ピアノ教室の授業料も決して安くはありません。こうした条件から、子どもの頃ピアノを習いたくても習うことができなかったという経験がある方も決して少なくないのではないでしょうか。

しかし――子どもの頃に習えなかったピアノ、でも、大人になってから習うことができるんですよ。ヤマハをはじめ、いくつかの楽器メーカーなどが「大人の音楽教室」といった類のレッスンを行っています。ピアノも、電子ピアノなら、軽くてコンパクトで安価(数万円)なものがありますし、ヘッドフォンをつければ夜中の練習もOK。

子どもの頃にピアノのレッスンが受けられなかったことを悔やんでいる方は、今からでもピアノを始めてみては。

オルガンとは

オルガンというと、小学校の足踏みオルガンを思い浮かべる方も多いと思います。あれは「ピアノのミニチュア」って感じで、音もピアノほど華がなくて地味な存在。だからわたしなどは、最初「バッハのオルガン曲」と聞いたときは、足踏みオルガンの演奏を思い浮かべて「聴きたくねえ〜」なんて思っていました。

オルガンで有名なのは、やはりバッハ。学校の音楽鑑賞で初めて聴いたときは、あまりの音の奥行きの深さに、「これが学校にあるのと同じオルガン??」と思ったものですが、もちろんそんなはずはなく――実はバッハの演奏で使われるのは「パイプオルガン」という、学校のオルガン(リードオルガン)とは全然違う種類のものだったんですね。

西洋で単に「オルガン」というときは、この「パイプオルガン」を指します。このオルガンはその名の通り、大きなパイプがたくさん付いていて、このパイプの中の空気の流れによって、あの荘厳な音を奏でることができるのです。

オルガンの種類

「オルガン」は鍵盤楽器の一種で、基本的には手鍵盤と足鍵盤を備えています。

オルガンは大きく分けて以下の二つです。

・パイプオルガン:教会などに設置されている大型のオルガン。多数のパイプの中の空気の流れによって音を出す。クラシックのオルガン曲は、主にこのオルガンで演奏される。

・リードオルガン:フリーリードを使ったオルガンの総称。代表的なものは、日本の学校教育で使われる足踏みオルガンで、パイプオルガンに比べると非常に小型である。他にはアコーディオン、鍵盤ハーモニカ、ハーモニカ、ハーモニウムなどの楽器がある。

パイプオルガンはあまりにも巨大なため、一般家庭で演奏することはほとんどあり得ませんが、リードオルガンのほうはコンパクトな上、演奏が比較的簡単なものが多いため、広く庶民に親しまれています。

リコーダーの歴史と種類

リコーダーは学校の音楽教育で必ずといっていいほど使われる楽器なので、日本では知らない人はほとんどいないでしょう。

リコーダーの歴史は古く、西ヨーロッパでは中世からその存在が知られていました。特にバロック期(17世紀初頭〜18世紀半ば)はリコーダーの全盛時代で、ほぼ現在の形になったのもこの頃です。バロック期には、リコーダーの名曲も数多く作曲されました。

リコーダーはその後、フルートに取って代わられてしまいましたが、現在でも古楽の演奏にはよく使われており、優れたプロのリコーダー奏者もたくさん存在します。

現在使われているリコーダーには大きく分けて「バロック式」「ジャーマン式」があり、それぞれ穴の大きさや運指が若干異なります。また、音域の高さによって「クライネソプラニーノ」〜「サブ・サブ・コントラバス・リコーダー」まで、いくつかの種類に分けられています。

リコーダーの名曲

リコーダーはその発音の容易さから学校教育で使われているため、ともすると子どもの楽器だと考えられがちですが、実はルネサンス〜バロック期の主要な楽器の一つでした。そのため、この時代には、素晴らしいリコーダー曲が多数作曲されています。

リコーダー曲の代表的なものの例として、以下のようなものが挙げられます。

・テレマン/「リコーダーと管弦楽のための組曲イ短調」「二つのフルートとリコーダーと通奏低音のための四重奏曲」

・J.S.バッハ/「ブランデンブルク協奏曲第2番」「同第4番」

・ヘンデル/「リコーダーと通奏低音のためのソナタハ長調」「同イ短調」

・ヴィヴァルディ/「リコーダーとオーケストラのための協奏曲ハ長調」「同ハ短調」

・ヘンリー・パーセル/「三つのリコーダーと通奏低音のためのシャコンヌ」

これらのリコーダー曲は、現代でも多くのプロのリコーダー奏者によって演奏され、多くの聴衆を魅了し続けています。皆さんも機会があったら、ぜひリコーダーの素朴で柔らかい音色に耳を傾けてみてください。

ウクレレとは

ウクレレとは、見かけは「小さいギター」といった感じですが、ギターと違う点もいくつか。

ウクレレは基本的に4弦です(ギターは一般的に6弦)。また、ギターは種類によってスチール弦とナイロン弦を使い分けますが、ウクレレは通常はすべてナイロン弦です。

なおウクレレはハワイアン音楽に使われることが多いです。わりと小さめの優しい音が出ます。

ウクレレのいいところは、何と言っても軽くてコンパクトなこと。ウクレレは持ち運びも容易なので、いつでもどこでも演奏を楽しむことができます。音を出すのも簡単で、初心者でも比較的気軽に始められる楽器と言えます。

ウクレレを始めよう

ウクレレは弦楽器の一種です。コンパクトで軽く、お値段も3000円台くらいからとお手ごろ。また、ウクレレは音が小さく、狭いアパートでも練習がしやすいので、「何か楽器を始めてみようかな〜」などと思っている方にはうってつけの楽器。

ウクレレはギターに比べてコードも簡単なので、「いろいろな楽器を試したけど、すべて挫折した」なんていう方の再チャレンジ用の楽器としても最適です。

ウクレレはちゃんと習うことができるならそれに越したことはありませんが、独学でも大丈夫。といっても、ヘンなクセが付くのも困りものですから、一人で練習するなら、教則用DVDなどを利用するのがいいと思います。

ハンドベルとは

ハンドベルとは、文字通り手で持てるくらいの大きさのベルで、取っ手が付いています。

ハンドベルの始まりは17世紀のイギリス。それゆえ正式な名称を「イングリッシュハンドベル」といいます。

ハンドベルは、もともとはキリスト教の教会のチャーチ・ベル(タワー・ベル)の練習をするために作られた楽器でした。しかし現在では、ハンドベルは一人前の楽器として扱われるようになり、宗教曲をはじめ、さまざまなジャンルの曲が演奏されています。

ハンドベルは、通常は一人で演奏することはできません(稀に一人でやっているツワモノがいますが……)。一つのハンドベルが一つの音に対応しているので、まず全音階のハンドベルを用意して一人が1〜4個程度を担当し、交互にハンドベルを鳴らしていきます。

ハンドベルの演奏は、いわばチームプレイ。合わせるのはちょっと大変ですが、キレイに合ったときは独特のグルーヴ感を味わえる、そんな楽器です。

ハンドベルを始めよう!

ハンドベルは、一つのベルが1音なので、これで曲を演奏するとなると、一人では大変です。よって、ハンドベルを演奏するときは、複数の人間が必要になります。

ハンドベルを始めるために必要なことは、人を集めるということにつきます。これは「既にあるハンドベルのチーム(クワイア)に入れてもらう」もしくは「自分でメンバーを集める」のどちらかになるでしょう。前者はカンタンではありますが、地元のチームがメンバーを募集をしているとは限りません。そんな場合は、ちょっと大変だけど後者ですね。

現在はインターネットを使って人を集めることができますから、どうしてもハンドベルを演奏したい方は、積極的にネットを利用してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、「ハンドベルを一人で演奏している」という猛者も、少数ではありますが存在しています。どうしても人が集まらない場合は、一人で頑張るというのもまた一つの方法でしょう。

トライアングルとは

トライアングルとは、三角形に曲げた鉄棒を、これまた鉄の棒で叩くことによって音を出す打楽器です。幼稚園や小学校ではお馴染みの楽器ですから、トライアングルをご存知ないという方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

トライアングルはカンタンな楽器に見えますが、こう見えても楽器としては一人前。クラシックオーケストラでも使われている楽器です。トライアングルは音も大変美しく、「チーン」という澄んだ音が出ます。

何かと脇役に回ることの多いトライアングルですが、何とトライアングルのソロパートのあるクラシック曲も存在します。それがフランツ・リストの「ピアノ協奏曲第1番(第2楽章)」。興味のある方は、一度お聴きになってはいかがでしょう。

トライアングルで情操教育

トライアングルは誰でも容易に音を出すことができる打楽器で、幼稚園や小学校ではお馴染みです。

トライアングルは、幼児の音楽学習の第一歩として最適なものの一つ。形状や大きさも、幼児にとって扱いやすく、かつ安全なものとなっています。キレイで澄んだ音が出ますので、幼児にとっては結構興味深く感じるかもしれませんね。トライアングルは、鍵盤楽器や弦楽器、管楽器などと比べると、音階がない分難易度も低いので、最初はこういった楽器に触れさせるといいかと思います。

トライアングルは、単独で使っても楽しいものですが、子どもが好きなアニメの主題歌などのCDに合わせてトライアングルを演奏させると、トライアングルの楽しさが倍増するのではないでしょうか。合奏って、独奏とはまた違った楽しみがありますからね。

カスタネットとは

カスタネットとは打楽器の一種で、手のひらサイズの2枚の木の板を括って出来ており、これを打ち鳴らすことによって音を出します。

カスタネットを使う代表的なものといったら、やはりフラメンコ。フラメンコのダンサーが打ち鳴らすカスタネットは情熱的かつ印象的です。

カスタネットは、日本では、その手軽さから、幼稚園や小学校などで、子どもの音楽教育の楽器としても使われています。子ども用のカスタネットとしては、多くの場合、青と赤に塗られた木の板をゴムひもで括ったものが使われていますが、このタイプのカスタネットは、発案者の名前から「ミハルス」という名称が付いています。

カスタネットを楽しもう

カスタネットは、多くの幼稚園や小学校などで、子ども用の教育楽器として多用されているため、カスタネットを演奏した経験のない人は、特に若い世代には、あまりいないのではないでしょうか。

カスタネットはその手軽さと安価さを考えると、楽器の中でも特に入手しやすく、かつ演奏しやすい楽器の一つといえます。それゆえ、大人になってからでも、もっとさまざまな場面でカスタネットを活用してもいいのではないでしょうか。

カスタネットの活用法として、個人的にオススメなのはカラオケのシーン。みんなでワイワイとカラオケを楽しむときなどは、打楽器があると場がさらに盛り上がります。カスタネットだけでなく、マラカスやタンバリンなども使って、みんなで盛り上がってみては?

ピアニカとは

ピアニカとは、正式には「鍵盤ハーモニカ」といいます。ピアニカは実はヤマハの商標名なのですが(ちなみに鈴木楽器の「メロディオン」も有名です)、今では「鍵盤ハーモニカ」よりも「ピアニカ」のほうが一般的なので、ここでも以下「ピアニカ」として話を進めていきます。

ピアニカは幼稚園や小学校などで、小さな子どもの教育用楽器として多用されているので、ピアニカの演奏経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。

ピアニカは鍵盤楽器と管楽器の双方の要素を兼ね備えており、自分で息を吹き込みながら、付属の鍵盤で音を出します。

ピアニカの吹き口(唄口)には、一般的に「立奏用」「卓奏用」の2種類があり、通常はピアニカを買ったときに両方付いてきます――といっても、必ずしも場面に応じた使い分けをする必要はないので、自分が演奏しやすいほうを使うといいでしょう。

ピアニカを楽しもう

ピアニカは幼稚園や小学校の音楽教育で多用されている楽器ですから、ピアニカをお持ちの方も多いと思います。

あなたの家にも、使わなくなったピアニカが眠っていませんか? ピアニカは子どもだけでなく、大人も楽しむことができる楽器。日本には、少ないながらもプロのピアニカ奏者というのも存在していますし、使い方しだいで十分楽器として、またはエンターテイメントの一環として活用することができます。

わたしの知人では、ロックバンドを組んだ際にピアニカで参加していた人がいました。ピアニカも腕しだいでとてもカッコよく見えるんですよね。あと、大人が数十人でピアニカを演奏するイベントなども見たことがあります。こちらもなかなか壮観でした。

ピアニカはそれ以外にも、野外セッションや歌の伴奏用などにも使えます。ピアニカって、カンタンなようで、実はなかなか奥の深い楽器なんですよ。

サックスとは

サックスは、金属製の木管楽器の一種で、正式には「サクソフォーン(Saxophone)」といいます。考案者のアドルフ・サックスにちなんで命名されました。

サックスが考案されたのは1840年代。もともとは木管楽器と金管楽器の橋渡しとして、双方の長所を考慮して作られたものでした。

サックスはこのような性質から、クラシックからジャズまで、西洋音楽ならほとんどすべての曲を演奏しても違和感を感じない万能性を誇っています。オーケストラにおいても、サックスが参加することがあります。

サックスは独奏用としても優れています。一人で楽しむのも、みんなと合奏するのもアリ――ジャンルを問わず、多くの曲の演奏を楽しみたい方には、サックスはうってつけの楽器といえるでしょう。

サックスを吹いてみよう

サックスは見た目は金管楽器のようですが、実は木管楽器。とはいえ、サックスの性質は「金管楽器と木管楽器のいいとこ取り」といった感じで、ジャンルを問わず、多くの楽曲の演奏にマッチした、大変便利な楽器といえます。

「何か楽器を始めたい」という方で、「ジャズからクラシック、J-POPまで、幅広い曲を楽しみたい」とお考えの方は、サックスを始めてみてはいかがでしょうか。

サックスはその音域によって7種類ほどがありますが、通常よく使われるのは「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」の四つです。クラシックとジャズの双方を楽しみたい方には、特にアルトがオススメ。

サックスはとてもメジャーな楽器なので、人に習うにしても、独学するにしても、さほど苦労することなく教室や教材を見つけることができるのではないでしょうか。

サックスを用意し、教室や教材も確保したら、あとはやる気しだい。いい曲をたくさん聴いて、サックスへの情熱を持ち続けたいものですね。

一五一会とは

「一五一会(いちごいちえ)」とは、弦楽器の一種です。

一五一会は、沖縄出身のアコースティックバンド「BEGIN」が考案、ギターメーカーの「ヤイリギター」と共同開発してできた4弦ギターです。よって、楽器としてはかなり新しい部類に入ります。

一五一会の開発のコンセプトは、「ギターに挫折した人でも弾ける楽器」。「BEGIN」のメンバーいわく「世界一簡単な楽器」だそうです。

一五一会のもう一つの魅力は、そのヴィジュアル。「4弦ギター」とはいえ、見た目はかなり和風テイストです。それもそのはず、一五一会はギターと三線の「チャンプルー(混ぜこぜ)」。もちろん見た目だけでなく、演奏法も三線の手軽さが取り入れられていて、指一本でコードを押さえられるようになっています――ここが簡単さのヒミツ。それでいて、音色はギターだというのですから、ギターに挫折した人が喜ぶのもうなずけますね。

一五一会を始めよう

一五一会(いちごいちえ)とは、アコースティックバンド「BEGIN」とギターメーカーの「ヤイリギター」の共同開発による新しい楽器です。

一五一会の魅力は、何といっても演奏の簡単さでしょう。4弦ですが、コードは指1本で押さえることができます。で、音はギター。これならギターに挫折した人でもきっと弾けるようになりますね!

一五一会の難点を挙げるとすれば、その価格の高さ。いくら簡単だとはいえ、ギターに10万円出せる人なんて、そうそういませんよね。そういう人たちには、一五一会の廉価版の「音来(にらい)」「奏生(かない)」があります。特に奏生のほうは2万円台ということで、まあギター並み。「一五一会は高くて買えない」という方も、これなら何とかなりそうですね。

 
メニュー
ハーモニカとは
ハーモニカの種類
オカリナとは
オカリナを作ってみよう!
ピアノとは
ピアノを習おう!
オルガンとは
オルガンの種類
リコーダーの歴史と種類
リコーダーの名曲
ウクレレとは
ウクレレを始めよう
ハンドベルとは
ハンドベルを始めよう!
トライアングルとは
トライアングルで情操教育
カスタネットとは
カスタネットを楽しもう
ピアニカとは
ピアニカを楽しもう
サックスとは
サックスを吹いてみよう
一五一会とは
一五一会を始めよう