様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > カメラ

スポンサード リンク

防犯、監視カメラ

カメラのうち、「防犯、監視カメラ」と呼ばれるものは、文字どおり、主に防犯目的のために設置されているものです。

防犯、監視カメラは、元々は業務用として、主に店舗や会社・事務所、公共施設などに設置され、任意の場所での人の出入りや挙動を監視・記録する用途に使われていました。防犯、監視カメラによる記録映像が、刑事事件の解決の決め手となった例も多くあります。

防犯、監視カメラは、近年の家庭用電気機器の小型化・低価格化・操作性の向上などによって、一般家庭でも手軽に設置できるようになりました。そのため、犯罪を未然に防ぐべく、防犯、監視カメラを設置する家は次第に増加しています。

防犯、監視カメラの設置

防犯、監視カメラをご家庭に設置する際には、いくつかのポイントがあります。「防犯、監視」と言っても、予想される事態は各家庭によって変わりますから、、各家庭の条件に合った場所や数、機種などを選ぶことが大切です。

防犯、監視カメラを設置する場合、たとえばこんな点を考えてみたらどうでしょう。

・家族構成

・家の近所では最近どのような犯罪が多いか

・近所にはどういった人が住んでいるか

・近隣の家とは、どういう位置関係にあるか

・子供やお年寄りなど、弱い立場の人たちだけで留守番させることはないか

・一番近い警察署・駐在所はどこか

・駅や大通りに近いか

・駐車場は家から離れているか

防犯、監視カメラの設置にあたっては、ほかにもポイントがあると思いますので、よく吟味して設置してみてください。ただし、家族や隣人のプライバシーを侵害するような設置の仕方をしないよう、注意することも忘れずに。

デジカメとは

デジカメとは、「デジタル・スチルカメラ」の略です。その名前のとおり、撮影した写真をデジタルデータとして保存し、パソコンに転送することができます。

デジカメは、パソコンの普及に伴い、一般家庭でもデジタルデータ化した写真を保存・閲覧・加工・転送する設備が整ったため、ここ数年で急速に普及しつつあります。また、デジタルデータは場所を取らず、劣化もなく、必要な分だけプリントアウトもできるため、日本の住宅事情にもマッチしています。

デジカメは一般的に、高性能機でない限り、画像の質はさほど良くありません。

カメラが小型・軽量化・高性能化していったのと同様に、デジカメもまた、小型・軽量化・高性能化が進んでいます。デジカメは、フィルムと比べて多くの写真を取れること、フィルムを入れる手間が要らないこと、現像する必要がないことなどの利点があるので、多くの人に支持されています。

デジカメの選び方

デジカメを選ぶ上で最も重要なことは、最初に自分がデジカメをどのように使いたいかということを明確にすることです。

デジカメの種類も、今はかなり多いですし、古い機種が安価で売られていることもあります。「とにかく写れば何でもいい」という人は、古い機種の売り尽くしなどを狙うといいでしょう。

デジカメに少しでも使いやすさを求めるならば、たとえば以下の点に着目し、売り場で必要な機能の有無を確認したり、いくつかの商品と比較したりするといいでしょう。

・ボディのデザイン

・大きさ、重さ

・操作性

・価格

・レンズ

・記録メディア

・防水機能

・画像の検索

・手ブレ補正

・液晶モニタの見やすさ

・画素数と画質

・ズーム機能

・動画機能

デジカメを選ぶ際に着目すべき点は、人によって様々ですし、ほかにもあると思います。デジカメの用途をよく考え、良い買い物をしてください。

カメラ選びのポイント

カメラとは、針穴・レンズ・反射鏡などを使って対象物を撮影し、フィルムなどの媒体に保存する機器です。

カメラ選びにはいくつかポイントがありますが、まずは「カメラ」にはどのようなものがあるかを知ることです。

カメラには様々な種類があるので、ここでは一般家庭で良く使われているカメラの代表的なものをいくつか挙げておきます。カメラを本格的に学びたい人は、カメラの専門誌や専門店を当たるといいでしょう。

(1)コンパクトカメラ

カメラの知識や技術がなくても、誰にでもそこそこのものが撮れるコンパクトサイズのカメラ。取り扱いの簡易さから、「一眼レフカメラ」の対義語として使われることすらある。

(2)一眼レフカメラ

「一眼レフ」とは「Single Lens Reflex」の略。現在では、高級な小型スチルカメラの主流。

(3)使い捨てカメラ

富士写真フイルムの「写ルンです」に代表される、フィルム交換の必要がないカメラ。写真を撮ろうと思い立ったらどこでも安価で手に入るし、撮影後はカメラごと現像に出せば良いので、その手軽さが受けている。

(4)デジタルカメラ

「デジタル・スチルカメラ」の略。撮影した写真をデジタルデータとして保存し、パソコンなどに転送することができる。簡単な動画を撮影できるものも出回っている。

(5)ビデオカメラ

動画用のカメラ。一般家庭で使われるものには、固定型と民生用がある。固定型は防犯、監視カメラとして、民生用はプライベートな動画の撮影に使われている。こちらも映像をデジタルデータ化できる「デジタル・ビデオカメラ」がある。

カメラ選びのポイント

カメラ選びのポイントは、最初に用途をしっかり考えてから買うことです。カメラもある程度の機能を備えたものになると、決して安い買い物ではありません。

カメラ初心者の場合、最初はあまり知識がないので「写ればいい」と思って適当なカメラを買うことが多いのですが、枚数を多く撮るようになってくると、必ず手持ちのカメラに「こういう機能があったらいいのに」という要望が出てくるものです。

カメラに対して、たとえば「写真を撮るのは好きだけど写真の整理が面倒」「写真を自分で加工したい」「映画を撮りたい」「大きく引き伸ばしたい」「瞬間をとらえたい」「水中写真も撮りたい」などの思いが出てきたら、それがあなたのカメラ選びのポイント。

カメラへの、あなたの心の声を大切に、お気に入りの一台を探してみてください。

 
メニュー
防犯、監視カメラ
防犯、監視カメラの設置
デジカメとは
デジカメの選び方
カメラ選びのポイント
カメラ選びのポイント