様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > クレジットカード

スポンサード リンク

クレジットカードとは

クレジットカードとは、商品を購入するときに提示すると、その場でお金を払わずに、買い物が出来るカードのことである。

クレジットカードは、そのクレジットカードに加盟している店でしかつかえない。仕組みとしては、クレジットカード会社が、そのクレジットカードに加盟している店へのカードの使用者がすべき支払を肩代わりし、後でカード使用者の所定口座から利用額が引き落とされるかたちになる。

クレジットカードがあれば、お金を持ち歩くことなく買い物やサービスが受けられ、非常に便利である。もちろんそのクレジットカードの会員になっていなければ利用できない。

ちなみにクレジットカードの「クレジット」とは、クレジットカード会社が会員を「クレジット(日本語で信用)する」という意味で名付けられている。

クレジットカードとは2

クレジットカードとは信用販売に使われるカードのことです。信用販売とは品物を先に渡し、代金を後から受け取る販売方法のことで、代金後払いを認める販売方法です。

クレジットカードを使用すれば、その場でお金を払わなくても、品物を手に入れることが出来ます。

ただし、それぞれのお店が個々の客に対して信用販売を行うのは大変リスクがあります。

クレジットカード会社は、信用販売で店側が負わなければならないリスクを肩代わりしてくれます。

クレジットカード会社は、そのクレジットカードに加盟している店へのカードの使用者がすべき支払を肩代わりし、後でカード使用者の所定口座から利用額を引き落とすかたちをとります。

クレジットカード会社は、かわりに加盟店から手数料を徴収して利益を得ます。

クレジットカードの審査

クレジットカードのサービスを受けるには審査が必要になる。なぜかというと、それが信用販売だからである。

「クレジット」とは信用のことで、クレジットカードのサービスは信用販売のことを指す。

クレジットカード使用者は、クレジットカードをお店に提示するだけで、代金後払いで商品を手にすることが出来る。クレジットカード会社が代わりに代金を支払っているからだ。クレジットカード会社はその後クレジットカード使用者より代金を受け取る。

クレジットカード会社は代金が回収できなくなるリスクを負うため、そのリスクを少しでも下げるために、クレジットカードのサービスの利用希望者を事前に審査する。

審査基準は定収入があることが第一条件で、正社員でなくとも定収入があれば、審査に通ることが多いようだ。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの会員になるためには、クレジットカード会社の審査を受ける必要がある。

審査の基準はクレジットカード会社によって異なる。

基本的には、クレジットカード利用者に安定した継続収入があることが条件となる。

フリーターや派遣社員、契約社員でも、安定した継続収入があれば、審査を通過することが多い。

ただし、過去にクレジットカードの支払いの延滞、自己破産などにより不払い期間が発生している場合は、5〜10年の間はペナルティーとして、クレジットカードの審査には通らない。

また、無職でも不動産収入や相続などで暮らしている資産家で金融機関と取引があれば、取引のある金融機関系列のクレジットカードは発行される場合もある。

クレジットカードでの支払い

クレジットカードでの支払いは、クレジットカード会社によって月々の締め日・支払日がことなる。

例えばJCBカードなどは毎月15日締めで、支払いは翌月の10日なる。

クレジットカードをもっていれば、たとえ商品を買いたいときにお金がなくても、確実に翌月の10日までの収入が見込める場合には、先に商品を手に入れることが出来るわけだ。

クレジットカード利用客は、クレジットカードの提示とサイン(一部サイン省略の場合もあり)のみで、デパートやレストランなどでの支払いが必要なくなり、代わりにクレジットカード会社が支払いをしてくれる。クレジットカード会社は後日所定の口座から利用額を引き落とすのだ。

クレジットカードで支払いをする利便性

クレジットカードをもっていれば、商品を買いたいときにお金がなくても、先に商品を手に入れることが出来る。

支払いのためにお金を持ち歩かなくても、買い物のほか、食事、映画の鑑賞などのサービスが受けられる。

クレジットカードにはポイントが付くものが多く、買い物すればするだけポイントが貯まる。ポイントは現金や商品、他のポイントサービスへの振り替えがなどができる。

クレジットカードが使えるお店であればクレジットカードで支払いをした方が、現金の支払いよりもお得になる。

クレジットカードを落としても、すぐに連絡すれば補償がきく。それに引きかえ、現金を落としてもたいていは戻ってこないだろう。

クレジットカード支払いには、このようにメリットが多いのだ。

クレジットカードの利用上の心構え

クレジットカードを落としたらすぐにクレジット会社と警察に届けましょう。まずはクレジット会社に連絡です。拾った人が悪意ある人だった場合も考えて、早めにカードを無効化しましょう。これがクレジットカードの利用上の心構えその1です。

クレジットカードの利用上の心構えその2。クレジットカードは人に貸さないこと。カードを借りた人が使用した分でも、支払い義務は貸した人に生じます。どんな場合であれ、クレジットカード会社は、あくまで契約した利用者の利用としか考えません。

クレジットカードの利用上の心構えその3。支払い能力以上にクレジットカードを使わないように。クレジットカードを使ったときはお金は必要なくても、必ずお金を請求される日が来ます。注意しましょう。

クレジットカードの利用の注意点

クレジットカードを利用する上で注意しなければいけないことがいくつかあります。

クレジットカードには、分割払いやリボルビング払いといった便利なサービスがあります。毎月の家計の安定化の意味では、これほど便利なサービスはありません。

先々のことまで考えてクレジットカードを利用するのは問題ありませんが、分割払いやリボルビング払いを多用すると、毎月の請求が返済額を超える場合があります。

クレジットカードを利用するときは、しっかりとした支払い計画、条件の比較検討、契約内容の確認が必要です。

必要以上のクレジットカード利用はしないように心がけましょう。

クレジットカードの不正使用について

クレジットカードの不正使用事件が頻発している。

クレジットカードの不正使用として最近増えているのはクレジットカードが会員本人の元にあるにもかかわらず、何者かに不正使用されているパターンだ。

以前はクレジットカードが盗まれ、盗まれたクレジットカードが不正使用されることが多かった。しかしクレジットカードは、盗まれたと分かれば、クレジットカード会社に連絡することでカードが無効化される。無効化したクレジットカードを不正使用すれば、犯人は捕まってしまう。

それに対し、クレジットカードが会員本人の元にあるにもかかわらず、何者かに不正使用されているパターンでは、本人が不正使用されたと気付くまでに時間がかかるため、犯人が見つかりにくいのだ。

クレジットカードの不正使用に気をつけよう

クレジットカードが不正使用される――あなたはそんなことを考えたことがあるだろうか。

クレジットカードの利用明細をチェックせず、さらにクレジットカード会社からの請求または自分の銀行口座からいくら引き落とされているかに注意を払わない人は、知らない間にクレジットカードが不正使用されているかもしれない。

「クレジットカードが手元にあるのに、どうやって不正利用するんだ」そう思う人もいると思う。しかしクレジットカードの偽造は比較的たやすいと言われている。

クレジット会社もただ指をくわえてみているだけではない。しかし、いろいろな対策をしても、不正使用の犯罪者集団はさらにその上をいく。

ふだんクレジットカードの利用明細をチェックせず、さらにクレジットカード会社から請求または自分の銀行口座からいくら引き落とされているか見ていない人は、この機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

クレジットカードの即日発行

クレジットカードが即日発行されるのはご存じだろうか。

クレジットカード会社のサービス窓口に本人確認書類、本人名義だと分かる口座、口座の届け印を持っていき、所定の書類に記入すれば、なんと即日1時間ほどでクレジットカードが発行されるのだ。

もちろん審査もあるので、確実に即日1時間ほどでクレジットカードが発行とはいかないだろうが、ふつうに会社に勤めている人で、過去に自己破産などでブラックリストに載っていない人であれば、その日のうちにクレジットカードライフが楽しめる。

クレジットカードの即日発行は、クレジットカード会社が共有するデータベースとの連携など、IT進化のおかげだろう。

クレジットカードの即日発行と審査

クレジットカードの即日発行が当たり前の時代になっています。

クレジットカード会社の審査基準は、各クレジットカード会社によってさまざまです。

そんな中、即日でクレジットカードを発行してくれるクレジットカード会社の審査は、一体どうなっているのでしょうか。

即日発行のクレジットカード会社と即日発行はしないクレジットカード会社とでは、実はそれほど審査基準に違いはありません。

どちらも職業、居住形態、勤続年数、年収、年齢などの項目をスコア化して判定していますが、そのハードルの高さには違いがあります。自己申告したこれらの項目とさらに信用調査会社の情報に照らし合わせて、審査は行われます。

即日発行のクレジットカード会社には、上記の審査を素早く行うシステムがあります。即日であれ審査はしっかりとされており、発行されない場合も多々あります。

過去に自己破産したなどの情報が信用調査会社に残っていれば、まずクレジットカードの即日発行は無理だと思ったほうがよいでしょう。

ビザカードのワールドプレゼント

ビザカードのワールドプレゼントとはなんでしょうか。

ワールドプレゼントとは、ビザカードのご利用金額に応じてもらえるポイントのことで、1000円ごとに1ポイン発行され、それを貯めていろいろな景品と交換できるサービスです。

ビザカードのワールドプレゼントは、ドコモプレミアクラブ、ドコモコイン、ビックカメラなどのポイントプログラムに移行することもできます。

また三井住友銀行の「One's plus」などのポイントをワールドプレゼントのポイントに交換することも可能です。

ビザカードを持っている人は、1000円ごとに1ポイントなので、低い金額だと恥ずかしがらず、積極的にビザカードを利用しましょう。そしてビザカードのワールドプレゼントで得しちゃいましょう。

ビザカードのワールドプレゼント2

ビザカードのワールドプレゼントは、ビザカードのご利用金額に応じてもらえるポイント。クレジットカード利用合計1,000円ごとに1ポイントもらえます。

「プレミアムポイント加盟店」という、ビザカードのワールドプレゼントポイントが規定の倍率で獲得できる加盟店もあります。

また「Vpassギャザ」という、参加人数が多くなるごとに商品がプライスダウンしていく共同購入方式のインターネットショッピングがあり、「Vpassギャザ」でお買物をするとワールドプレゼントのポイントが5倍となります。

「ポイントUPモール」といった、ポイントが多く貯まるオンラインショップもあります。

ビザカードを持っている人は、かしこくビザカードを利用して、ワールドプレゼントを素敵な景品と交換したり、ほかのポイントプログラムに移行させたりしましょう。

 
メニュー
クレジットカードとは
クレジットカードとは2
クレジットカードの審査
クレジットカードの審査基準
クレジットカードでの支払い
クレジットカードで支払いをする利便性
クレジットカードの利用上の心構え
クレジットカードの利用の注意点
クレジットカードの不正使用について
クレジットカードの不正使用に気をつけよう
クレジットカードの即日発行
クレジットカードの即日発行と審査
ビザカードのワールドプレゼント
ビザカードのワールドプレゼント2