様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 手術

スポンサード リンク

豊胸手術とは

豊胸手術とは、字のとおり、胸を豊かに、つまり人工的に大きくすることです。胸を大きくしたいと希望する女性のための手術です。

豊胸手術の方法としては、「人工乳腺法」と「脂肪注入法」の二つが主流です。人工乳腺法は、皮膚を少し切開してバッグを大胸筋か乳腺の下等に挿入する方法です。人工乳腺法では、挿入するバッグが開発され続けていて、今では自然な仕上がり・感触にまでなっています。脂肪注入法は、サイズダウンしたい部分のお腹、太もも、ヒップ等の脂肪を吸引して胸に注入する方法です。脂肪注入法だと理想のプロポーションを目指せますね。

豊胸手術はの費用は、数十万かかるのが現状です。理想のバストを手に入れたい方は、カウンセリングをきちんと受け、納得してから豊胸手術を受けるようにしましょう。

豊胸手術について

豊胸手術は、豊かで美しいバストを望む女性にとって憧れの手術です。胸にコンプレックスを持つ女性にとっては、豊胸手術がどういったものか、気になるところでしょう。

豊胸手術の方法は、本人が痩せたい部分の脂肪を吸引し、それを胸に注入する「脂肪注入法」と、人工のバッグを胸に挿入する「人工乳腺法」のふたつに大きく分かれます。

豊胸手術のうち人工乳腺法の場合、バッグに関する開発の歴史があります。昔は人体に合わないものもあったようですが、今では素材や耐久性のあるバッグが開発されてきています。

豊胸手術を受けるにあたっては、納得のいくまできちんとカウンセリングを受けることです。高い費用をかけているのですから、自分のカラダを大切にするためにも、妥協しないことですね。

性転換手術とは

性転換手術とは、文字通り、性を転換する手術です。具体的に言うと、女性の場合、乳房をなくし、もっとすすめば子宮や卵巣といった生殖器も取ったりすること。男性なら陰茎を切除し、乳房が大きくなるようにホルモン療法をしたり、より女性らしくなるために外科手術で胸を大きくしたりすること。つまり性転換手術とは、男性なら女性らしく、女性ならより男性らしくと、肉体を改造する手術なのです。

性転換手術で多くなされるのは、やはり胸です。胸は外観から性別を見分ける重要な部分でもあります。身体が女性だったら乳房切除術を受けて胸を平らにします。身体が男性だったら、豊胸手術を受けて胸を豊かにします。性転換手術によって、性同一性を一致させることは、本人の満足を得ることにつながります。

性転換手術ができるのは、もちろん病院です。自分で情報を集め、カウンセリングをきちんと受けて納得してから受けましょう。もちろん、手術後にも外来受診をすることも必要です。

性転換手術について

性転換手術は、現在では、性別適合手術(Sex Reasignment Surgery;SRS)と言います。

性転換手術は男性の身体を持つ人がより女性らしく、女性の身体を持つ人が男性らしくと、カラダを手術によって変えることです。

性転換手術の具体例をあげると、身体的性別が男性の場合は、陰茎(ペニス)と睾丸を除去して、人工腟を形成します。身体的性別が女性の場合は、乳房と生殖器(子宮、卵巣)を除去して腟を閉鎖し、人工ペニスを形成します。

性転換手術というものがなぜ存在するのでしょうか――それは性同一性障害というものと切っても切り離せない問題でしょう。特に手術については、性同一性障害の人が一度は考える選択肢だと思います。性同一性障害を持つ人は、幼い頃から自分の体を受け入れられない状況にありました。こうした人たちが性転換手術を受けることで、性同一性を一致させることができると、本人の満足感がかなり得られるのだそうです。

性転換手術は、患者本人の性同一性を一致させる手段として有効な手術と言えます。

中絶手術とは

中絶手術とは、胎児の生命を医学的に終了させることです。現在日本では、「母体保護法(旧、優生保護法)」に基づき、妊娠22週未満の中絶手術が認められています。適応の理由としては、母胎側の身体的理由と経済的理由とに大きく分けられます。

中絶手術を受けるにあたっては、産婦人科外来での診察(超音波や内診等)で妊娠の確認をするとともに、子宮や卵巣などの状態チェックもすませたあと、手術日を医師との相談の上で決めます。保険は適応されません。

中絶手術は妊娠の週数にもよりますが、妊娠初期なら手術時間も数分からと短く、日帰り手術となることが多いです。ただ、手術時間が短いといっても、決して安全な手術とは言い切れません。

中絶手術では、妊娠期間が長くなるほど、分娩型の手術となります。

中絶手術について

中絶手術は、生きた胎児を手術や薬によって強制的に出すことで、医学的には「人工妊娠中絶」と言います。妊娠週数が短ければ、「子宮内容除去術」といって、子宮に棒を入れて胎児をつぶして掻き出すようにします。妊娠週数が長くなると胎児が大きくなっているので、分娩型の方法で胎児を強制的に出す中絶手術がなされます。どちらも、子宮の頚管を拡張させてから行われます。

中絶手術を行う場合は、妊娠週数や本人の全身状態を受診にてチェックする必要があります。よって、受診してすぐ手術するというわけではなく、手術の説明を受けた上で、次回来院時に手術するというのが一般的です。

中絶手術では、その日のうちに帰れる場合が一般的ですが、本人の状態によっては、一泊することもあります。

中絶手術のあとは、不正出血が1〜2週間は続くことがあります。手術も100%大丈夫というわけでもなく、子宮に内容物が残っていたり、術後の処理がきちんとされていない場合もあります。手術を受けたらそれで終わりではなく、一度診察を受けて、子宮の状態をチェックしてもらいましょう。

流産手術について

流産手術が行われるのは、妊娠22週未満に胎児が死んだり母体から出てしまったりして妊娠が停止してしまった場合です。医師が手術が必要と判断した場合に、流産手術が適応されます。

流産手術は、今回の妊娠をあきらめるよう診断された場合には、早急に手術適応とされます。なぜなら、母体に多大な影響があるからです。流産は早期流産(妊娠12週未満におこる流産)と後期流産(妊娠12週以降、22週未満の流産)にわかれます。

流産手術では、早期流産の場合は「子宮内容除去術」という手術が行われます。このとき子宮内にある胎児や胎盤をきれいに出します。後期流産で胎児が大きくなっている場合には、分娩の形で胎児や胎盤を出す手術がなされます。

流産手術について2

流産手術は、一般的には母胎の中で死んでしまった胎児を強制的に出す手術のことです。流産が起こるのは、9割は受精卵の異常によるものです。超音波検査によって、最近では早期に流産していないかどうかを発見できるようになっています。

流産手術は妊娠週数によって、死亡した胎児を出す方法が異なります。早期の場合、子宮に管を入れて中身を出す手術方法がとられますが、子宮の中身が完全に出てしまうケースもあり、医師の診断によっては、薬で様子を見る場合もあるようです。

流産手術をしたほうがよいと医師が判断した場合、早めに手術したほうがよいです。子宮に異物が残ることになるので、そこから感染し、母体に悪影響が生じるからです。

流産手術を受けた場合、特に妊娠を望んでいた場合などは、精神的なアフターケアも重要となってきます。

ヘルニア手術とは

ヘルニア手術とは、いわゆる脱腸を直す手術です。

ヘルニアはお腹の筋膜等が弱くなった部分から、小腸などが皮下脂肪内に出てくる病気で、手術でしか治せません。。例えば立ったり、力んだりしたときに膨らんできて、時には痛みを伴います。ももの付け根あたりに出てくる場合を鼠径ヘルニア、臍のあたりに出てくる場合を臍ヘルニアと呼びます。

ヘルニア手術は、大人の場合、ヘルニアのところに栓をして腸などが出てこないようにする手術がなされます。子どもの場合、お腹にもどせば自然に筋肉や筋膜が閉じるので、人工の素材を使っての手術にまではなりません。

ヘルニア手術は、日帰り可能な手術となっています。麻酔も硬膜外麻酔や静脈麻酔の併用で行われる場合が多いです。手術終了後、問題がなければその日のうちに帰宅できます。

ヘルニア手術を受けるには、まずは外来にて医師の診断を受け、その後手術の日程を決めることになります。

椎間板ヘルニア手術について

ヘルニア手術には「椎間板ヘルニア手術」というものがあります。背骨と背骨の間にある椎間板という軟骨はクッションの役割をしているのですが、これが何らかの原因で飛び出してしまい、結果的に神経を圧迫して痛みを生じさせてしまうのが、椎間板ヘルニアという病気です。

椎間板ヘルニアの場合、手術に至らない場合は、「保存療法」といって、安静にしたり、薬物治療やコルセットの使用や理学療法といった治療がなされる場合があります。しかし痛みがひどい場合や、麻痺などが現れた場合には椎間板ヘルニア手術が適応されることになります。

椎間板ヘルニア手術では、病気の程度によって方法も異なります。比較的軽い場合では、最近ではレーザーを使った手術があります。これは手術時間も短く、日帰りで手術が可能です。日帰り手術としては、局所麻酔で背中に管を挿入し、X線またはMR透視下で椎間板の一部を摘出する方法もあります。その他には、全身麻酔下で背中の一部を切開し、ヘルニアを摘出する手術がありますが、ヘルニアの進行の程度によっては、椎弓切除術や脊椎固定術という手術方法もあります。

ヘルニア手術を受ける場合、医師からしっかりと説明を受け、納得してから手術にのぞむようにしましょう。

わきが手術とは

わきが手術とは、わきが(医学的には「腋臭症」)を治療するための手術です。わきがとは、アポクリン汗腺から分泌された汗(分泌された直後は無臭)が皮膚表面の常在菌によって分解されて種々の臭いを発するようになるものです。

わきが手術の種類には、切除法、吸引法、超音波法、削除法、剪除法があります。切除法は傷痕が大きく残るため、現在ではほとんど実施されていません。現在多く実施されている手術方法は、剪除法です。剪除法は、皮膚に数センチ切り込みを入れ、アポクリン汗腺を目で確認しながら切除していく方法です。吸引法は、皮膚に数ミリほど切込みを入れ、そこに吸引器を挿入してアポクリン汗腺を吸いだす方法です。吸引法を発展させたのが、超音波法です。

わきが手術は、皮膚に少しのキズをつけることになりますが、時間とともに傷痕は目立たなくなってきます。

わきが手術は数十万の費用がかかるものです。保険適用はほとんどないです。よって、しっかりと情報を集め、医師と相談の上、手術を検討してください。

わきが手術について

わきが手術は皮膚を切開してアポクリン汗腺を取り除く手術です。わきがを持つ人にとってはぜひとも受けてみたい手術でしょう。

しかし、わきがを持つ人すべてが手術適応というわけでもありません。生活習慣を変えることで改善される場合や、手術までいかなくても保存療法で対処できる場合もあります。ですから、まずは医師の診断を受け、わきが手術が本当に必要なのかどうかをまずは診てもらいましょう。わきが手術が必要であり、かつ本人も希望するならば、わきが手術を受けることになります。

ところで、わきが手術は皮膚科や形成外科では保険適応の範囲になることがあります。しかし美容外科では保険は適応されないのが普通です。だからといって、費用を安く済ませようとして、医者選びで失敗しないようにしましょう。

わきが手術は病院選びが重要と言われます。小さなキズとはいえ、腋の下を切ることになるので、信頼のおける医者を選ぶことが必要です。わきが手術を検討されている方は、情報を集めて、カウンセリングをきちんと受け、納得してから手術を受けるようにしてくださいね。

日帰り手術とは

日帰り手術とは、手術を受ける当日に入院し、その日のうちに退院できる手術のことです。医療技術の発達で、日帰り手術が可能な治療が増えてきました。

日帰り手術が可能なものには、白内障、大腸ポリープ、美容外科関連、包茎手術等があります。

日帰り手術の対象は手術だけではありません。前立腺生検や肝生検、心臓カテーテル検査といったものも、日帰り手術の対象となります。

日帰り手術が行われるのは、事前検査で異常がなく、他に大きな病気を持っていないと医師が判断し、なおかつ本人が日帰りを望む場合です。

日帰り手術は、短い期間で終えることが可能なので、忙しい現代人にっては、日常生活への影響が少なくて済むというメリットがあります。

日帰り手術について

日帰り手術が可能な病気が増えてきている昨今の医学の進歩は、大変素晴らしいものです。成人鼠径ヘルニアや乳腺腫瘤、下肢の静脈瘤、痔の手術など、昔なら大変だと思っていた手術が、今では日帰り手術で終わるのです。日常生活が忙しい方にとっては、ありがたいものです。

日帰り手術を受けるにあたっては、手術を受ける前の全身状態をチェックしてもらう必要があります。胸部腹部などのレントゲン撮影、血液検査、血圧や脈拍、普段内服している薬があるかどうか等、日帰り手術といっても、事前チェックは重要な項目なのです。手術できるかどうかを判断するのは、やはり医者なのです。

日帰り手術を受ける場合は、日程や手術後の疑問などを医師とよく相談の上で受けるようにしてください。

 
メニュー
豊胸手術とは
豊胸手術について
性転換手術とは
性転換手術について
中絶手術とは
中絶手術について
流産手術について
流産手術について2
ヘルニア手術とは
椎間板ヘルニア手術について
わきが手術とは
わきが手術について
日帰り手術とは
日帰り手術について