様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 腕時計

スポンサード リンク

セイコーとは

セイコーは、日本を代表する腕時計を作っているメーカーです。

腕時計以外にも、時計の技術の高さは世界トップレベルを誇り、オリンピックで計測するための時計はセイコー製のものが使われています。

セイコーの腕時計でクレドールといえば、世界を代表的する最高級品とされています。

日本である程度の年代の、堅実な上位会社の社長などはぜひ欲しい一品でしょう。

日本には、世界的な腕時計メーカーがひしめいていますが、国内の腕時計市場では、シェアの80%を、スイスに奪われてしまっています。

スイスの腕時計は、職人が1つ1つ手作りするものがほとんどで、数も少なく、装飾をほどこした高価なものが多いのが特徴です。

販売数が多くなくても、1つ100万や1000万もする時計の売り上げはシェアを大きく圧迫しています。

セイコーをはじめ、日本の時計メーカーは、高い技術と得意な自動生産で、多くの高級腕時計を世界に提供しています。

特にセイコーの腕時計は、熟練した職人による手作りを含め、高級品が多いメーカーです。

スイスの高級腕時計に対抗する設備投資や企業そのものの価値向上を目指して、最も努力しているメーカーともいわれています。

セイコーの腕時計

セイコーの腕時計は、世界を代表する最高級品といわれています。

腕時計の技術は、日本の電子技術は世界のトップレベルで、安価で正確な時間を得られる腕時計が大量に生産されています。

腕時計の心臓部が安いのでは、いくら宝石などで装飾しても、なかなか腕時計としての価値はあがりません。

スイスの腕時計メーカーは、こうした背景から、伝統的な機械式時計に注目し、手間と技術を集結した高級腕時計を産出してきました。

セイコーの機械式腕時計は、スイスに負けない、世界トップレベルの技術と品質を誇っています。

セイコーは、腕時計工場に1億もの投資をし、1人の職人が使う机は数百万もする伝統工芸品を充て、世界の高級市場に最高の企業としての価値を高める努力を続けています。

腕時計工場や職人のクオリティだけではなく、技術についても、動力ゼンマイ、水晶発振子などといった腕時計の中枢部品の精度やパワーの改良を続け、世界レベルで他の追従を許さない技術を持つ、メーカーのひとつです。

ロレックスとは

ロレックスとは、スイスの腕時計メーカーで、少し値の張る大衆向け時計といわれています。

お金が儲かったら、まずは1つ欲しいかなと思う人が多いようですが、丈夫で頑丈が取り柄で、高級ブランドというものではないようです。

ロレックスの腕時計は、ポピュラーになりすぎたことから、中国などでニセモノが多く、海外で買ってきたものは大概はニセモノ、などという人もいます。

ニセモノと思われたくないことから、ロレックスの腕時計を欲しいと思わないこともあるようです。

ロレックスの腕時計は、誰にでも似合うようなデザインで作られているので、スーツを着たときなどにはぴったりでしょう。

いろんなファッションを通してデザインを楽しみたい場合は、もっと別の腕時計が欲しくなるかもしれません。

ロレックスの腕時計

ロレックスは、近年になって、世界中の人気を集めている腕時計メーカーです。

ロレックスの腕時計は、金属の塊を削りだして作ったケース、スクリュー式の裏蓋、リューズなどを組み合わせて、とてつもない頑丈さと防水性を誇っています。

腕時計自体の仕組みは機械式といい、ゼンマイが巻き上がった反動を動力としています。電池やモーターなどがいらないので、メンテナンスするだけでいつまでも使うことができます。

ロレックスの腕時計は、流通経路によってさまざまな値段があり、安易に安いものを買ってしまわないよう、注意が必要です。

ロレックスの腕時計のランクには、正規品、並行輸入品、中古品、アンティークモデルからニセモノのレプリカまであります。

購入する場合は、値段の安さではなく、ショップの信頼性や、保障期間などを含めて検討してみましょう。

オメガとは

オメガとは、格式のあるお屋敷に住むような人が持つような、古くからの伝統がある時計メーカーです。

腕時計のメーカーとしてオメガという名前をほとんどの人は知っているでしょう。

オメガは、ロレックスが有名になる30〜40年ほど前までは、世界を代表する高級腕時計でした。

高度成長時代、オメガの腕時計を身につけるということは、成功の証とされていました。

海外旅行のお土産はオメガの腕時計、という全盛期もありましたが、今はロレックスにとって代わられています。

オメガの腕時計は、今でも成金系ではないお金持ちに高く評価され、大切にされています。

オメガの腕時計は、人類が始めて月に到達したとき、その正確さと耐久性から、ムーンウォッチとして選ばれたことでも知られています。

オメガの腕時計

オメガの腕時計は、1848年に弱冠23歳の若者がスイスに開いた工房から始まりました。

オメガの語源は、ギリシャ語で「完全」「達成」を表し、創業以来150年にわたり、設計や技術力において世界の最先端を行く腕時計と称され、成功者の証として身につけられてきました。

近代でもオメガの腕時計は、格式ある家柄では大切にされていますが、ここ最近では成功したらまずロレックスを1つ、という風潮もあるようです。

オメガの腕時計の歴史を振り返ると、人類が始めて月面に到達したときの時計に選ばれたこと。また、月から帰還するアポロ13号が船内爆発によって電気系統が使えなくなり、手動エンジンを噴射させる際、1秒の狂いも許されない噴射時間の計測を担って無事に地球に帰りついたことなど、ハラハラドキドキの記録をページに残しています。

こういった計測用の時計モデルは、スピードマスターとよばれ、オメガでは当初自動車用の時計として開発されていました。

オメガの腕時計にはスピードマスターや女性用も数多くのモデルがあるので、歴史に思いをはせながら、自分の時間を刻む相棒に選んでみてはいかがでしょうか。

ブルガリとは

ブルガリは、イタリアで発祥した腕時計やアクセサリーなどで有名なブランドです。

ブルガリの腕時計は、20代後半〜30代の女性に人気で、ブルガリの指輪などのジュエリーに合わせて、トータルコーディネートとして選ばれることが多いようです。

ブルガリのアクセサリーは、ジュエリーとして世界で一流の評価を得ています。

アクセサリーとして、オスカーショーなどの舞台でオーダーメイドしたものが身につけられることがとても有名で、女性のあこがれとされています。

腕時計のランクとしてはそんなに高級というものではなく、ブルガリのアクセサリーをつけるから、ブルガリの腕時計をつける、というおしゃれな女性のファッションとして使われています。

ブルガリの腕時計

ブルガリの腕時計は、イタリアに発祥した銀細工の店が近年発表した「ブルガリ・ブルガリ」ウォッチが世界的に名品とされたことで知られています。

ブルガリは、アクセサリーとして世界的な評価を得ており、腕時計の他にも、シルク製品や香水、レザーグッズなどのさまざまな商品を手がけています。

アクセサリーとしてとしてのブルガリは、120年の歴史を誇り、伝統的な細工技術と斬新なデザインをミックスさせ、現在でも世界の女性を魅了しています。

ブルガリの腕時計は、革新的とさえ称され、ユニークさと斬新で大胆なデザインはしばしばファンを驚かせます。

斬新なデザインだけではなく、身に着けたときの違和感のなさや、長く使われることを視野に入れた使用感などもホンモノと評されています。

世界のトップとされるブルガリのアクセサリーを選ぶ女性のファッションには、欠かせない腕時計とされていることもうなずけます。

カルティエとは

カルティエとは、フランスのパリで発祥した、高級ジュエリーのブランドです。

カルティエは、ロレックスの腕時計のデザインが好ましくないと感じるヨーロッパ人に、ファッショナブルでおしゃれな腕時計として愛されています。

カルティエの腕時計は、時計ではなさそうなセンスあるデザインが特徴で、特に男性に好まれています。ペアで買う人も多い腕時計です。

若い人の中ではロレックスのデザインを好まず、カルティエの腕時計がいいとする人も多いようです。

カルティエの腕時計は、優雅、優美、機能美を備えた実用性などさまざまな言葉で称えられ、いかなるスタイル、TPOにも合わせられるといわれています。

英国王室御用達ともされていた、格式と伝統のあるジュエリー界の腕時計、センスある高級品として、ぜひ1つ持ってみたいですね。

カルティエの腕時計

カルティエの腕時計は、フランスで宝石細工師が開いた店から歴史が始まりました。

高級ジュエリーだけではなく、腕時計としても王室からの絶賛を受け、貴族のファッションアイテムとして愛され、広まってきました。

カルティエの腕時計の特徴である、センスあるデザインは、1900年の初めごろ、飛行機などを操縦しながら時間を確認しやすい形として追求されたところに始まるようです。

懐中時計が主流だった当時は、腕時計は懐中時計を腕に巻いただけの形でしたが、カルティエが発表した、レザーストラップを使った「サントス・ウォッチ」は、新しい腕時計として注目され、世界に広がりました。

他の追従を許さない数ランク上のデザイン、格式、伝統、多様性など、カルティエの腕時計は世界から絶大な人気を集めています。

手にする度に興奮してしまうような、とまでいわれる一品に、ぜひお目にかかってみたいですね。

ホイヤーとは

ホイヤーとはタグホイヤーともよばれ、スポーツで使われる実用時計として、最高峰を誇るメーカーです。

ホイヤーの腕時計は、スポーツの世界のあこがれ、必需品とまでいわれていて、水中、飛行機などで活躍する人に愛されています。

タグホイヤーは、気圧や水圧にめちゃめちゃ強く、分・秒が少しも狂わない実用時計と評されています。

若い男性や、スポーツやスポーツカーを好むような人は、ロレックスやカルティエより、ぜひタグホイヤーの腕時計が欲しいと思うことでしょう。

タグホイヤーで人気のある腕時計は、何百万ものプレミアがついてまで取引されているようです。

ホイヤーは腕時計に限らず、時計の分野で常に最先端の革新を続けており、スイスの技術的な水準として大きな存在感を与えています。

ホイヤーの腕時計

ホイヤーの腕時計は、スイスに開かれた工房から発祥し、120年の歴史で多くの技術革新の記録を誇るブランドです。

ホイヤーは、世界で始めて1/100秒単位の計測をする技術を生み出し、オリンピックの公式時計を任されるなど、スポーツ界において輝かしい功績を残しています。

サーファーなどの激しい水中スポーツによる水圧や、飛行機による気圧抵抗に非常に強く、体を動かす人の実用時計としては世界の最高峰とされています。

ホイヤーの実用性、技術の高さから、若い男性やスポーツ系の人に絶大な人気を誇りますが、女性がファッションとして身につけるということは少ないようです。

タグホイヤーの腕時計は、時代ごとに技術やデザインが革新されていて、人気のあるモデルやレトロなものには、かなり高額なプレミアがついて取引されるなど、実用性のほかにも多くのファンを獲得しています。

カシオとは

カシオとは、電卓メーカーとして世界的な地位を獲得している、日本の会社です。

腕時計としては、リーズナブルで安心性のある商品として定評を得ています。

カシオの商品化する速さについては、同業の他社の追従を許さないことが有名で、電卓、時計、電子楽器、デジタルカメラなどの分野において、その手腕を発揮してきました。

カシオは、腕時計としては高級さこそありませんが、タコメーターや血圧計などの時計技術を使った機械類など、商品の幅が広いことが特徴です。

日本を代表する海外向けのお土産品として、カシオの腕時計は安くて手軽ということで選ばれています。

腕時計のお土産のランクとしては、セイコーが予算2万程度でトップ、2番はシチズン、3番に予算5千円程度のカシオが並ぶといわれているようです。

カシオの腕時計

カシオは、1946年に「樫尾製作所」という航空機部品のメーカーとして発祥し、その後、計算機業界での地位を確立して、「カシオ計算機」という会社になった、日本を代表する腕時計メーカーの1つです。

カシオの腕時計は、高級品というわけではありませんが、身だしなみとして持っておくにも十分な品格があり、腕時計に電波時計機能を搭載したものなど、業界の中でも常に新しい技術を真っ先に発表する話題性を持つメーカーといえます。

携帯電話があるから時間を知るのに困らない時代ですが、身だしなみとして必要なときなどに選んでみてはいかがでしょうか。

カシオの腕時計は、日本を代表する海外向けのお土産としても人気があります。

安くて手軽で、世界の話題を先取りする技術を誇るメーカーの商品として、評価されているようです。

 
メニュー
セイコーとは
セイコーの腕時計
ロレックスとは
ロレックスの腕時計
オメガとは
オメガの腕時計
ブルガリとは
ブルガリの腕時計
カルティエとは
カルティエの腕時計
ホイヤーとは
ホイヤーの腕時計
カシオとは
カシオの腕時計