様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 食品

スポンサード リンク

栄養バランスと健康

食品から、わたしたちの体は作られています。

それゆえ、食事は単に空腹を満たすだけではなく、栄養バランスをよく考えて食品を選ぶ――ということが大切になってきます。

人間が生きていく上で必要とされる栄養素には、三大栄養素として知られる炭水化物・タンパク質・脂肪と、ビタミン、ミネラルの五種類がありますが、これらの栄養素はいずれも重要な役割を持ち、健康な身体を維持していく上で欠かせないものです。

ところが現代の日本では、食事内容の西欧化や、外食産業・コンビニエンスストアの拡大などにより食習慣が大きく変化し、高カロリー食品・高脂肪食品が好まれるようになる一方で、ビタミン・ミネラルが不足するというように、栄養バランスに大きな偏りが生じるようになりました。

最近では、普段の食事だけでは不足しがちなビタミン・ミネラルなどを、サプリメントから補う人も増えてきています。

栄養バランスの乱れと病

食品の偏ったとり方による栄養バランスの乱れは、様々な病を引き起こす因となります。

現代の食習慣においては、カロリーや脂肪を過剰摂取する一方で、ビタミン・ミネラルが不足する傾向にあるといえるでしょう。

高カロリー食品・高脂肪食品は、それが誘因となって肥満、高脂血症、さらには虚血性心疾患、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病をを引き起こします。

一方、ビタミン・ミネラルは、体機能の調整作用という重要な役割を担っていますが、日常摂取する食品から、これらを十分にとることは難しくなってきています。

ビタミン・ミネラルが不足すると、体全体の代謝機能に乱れが生じ、健康状態も悪化します。

こういったことを防ぐためには、まず食生活の乱れを見直し、栄養バランスのよい食事をとる習慣を身に付けなければなりません。

食品添加物とは何か

食品添加物とは、食品衛生法第二条においては「添加物とは食品の製造の過程においてまた食品の加工もしくは保存の目的で食品に添加・混和・浸潤そのほかの方法によって使用するもの」と定められており、現在はおよそ350種類の合成添加物、500種類の天然系添加物の使用が認められています。

食品添加物は、食品の色をよくする(着色料・発色剤・漂白剤等)、香りをよくする(着香料等)、味をよくする(甘味料、酸味料等)、腐りにくくする(保存料、酸化防止剤、防かび剤等)といった目的のために用いられています。

しかし、これらの食品添加物には、発ガン性、催奇形性、その他の毒性を有するものが少なくなく、残留農薬と並んで、“食品の安全性”を語る上で問題とされています。

食品添加物の問題

食品添加物は、多くの人々が日常的、かつ長期にわたって体内に取り入れるものであるため、その安全性の確認が必要とされます。

食品添加物のうち、合成添加物については、日本では食品衛生法によって、種類、品質、用途などの規制が行なわれています。

天然系の添加物については、かつては規制がありませんでしたが、平成7年に新たに規制対象とされました。

これらの規制に加え、消費者が食品に使用されている添加物を知るため、現在は全包装食品について、食品に使用された合成添加物・天然系添加物の表示が義務づけられるようになりました。

しかし消費者からは、食品添加物の物質名が専門的であるため具体的にどのような害があるのかわかりにくい、輸入食品の表示が不十分である――といった声も多くあがっています。

自然食品とは

自然食品とは“自然のままの食品”のこと。

具体的には、農薬を使わずに栽培された無農薬農産物、化学肥料などを使わずに栽培された有機農産物、合成飼料を使わず天然飼料で育てた畜産物や魚介類などを指します。

これらに加え、着色料や保存料などの食品添加物を使用しない食品(味噌・しょう油など)、遺伝子組み換え農作物を使っていない食品、成分無調整の牛乳なども、広い意味での自然食品とされています。

通常、自然食品といった場合、農薬や化学肥料、食品添加物といったものを一切使用しないことが条件となりますが、安全性が確認されたもののみを、限定して使用した食品も自然食品に含めることがありますす。

また、自然食品は、健康食品や有機食品との境界が曖昧なことから、これらと混同されることもあります。

自然食品と有機JASマーク

食品公害(食品添加物や、残留農薬による汚染)から身を守るため、近年、自然食品を求める消費者が増えてきているといいます。

しかし、自然食品というのは名ばかりの、劣悪な食品が一部に流通していることも事実です。

では、わたしたちはどのようにしたら“本当の”自然食品を見分けることができるのでしょうか。

最も確実な方法は、有機JAS認定マークの付いている食品を選ぶこと。

これは普通のJASマークとは違い、マークの形状としては、左側に太陽、右側に雲がデザインされ、その二つが重なり合っている部分が葉の形になっているものです。

有機JASマークの生産基準に合格することは簡単ではなく、逆に言えばこのマークが付いている食品は、安心して食べることのできる自然食品であるということになります。

食物アレルギーとは

食品によって引き起こされる“食物アレルギー”とは、消化吸収した特定の食品の成分に免疫が反応してしまうことによって起こるアレルギーのことをいい、アレルギー反応が起こる部位によって様々な症状が現われます。

例えば、消化器では下痢、腹痛、嘔吐など、皮膚にはアトピー性皮膚炎、じんましんなど、呼吸器では気管支喘息などが引き起こされます。

アレルギーを引き起こす原因物質のことをアレルゲンといいますが、食物アレルギーにおけるアレルゲンとしては、一般に牛乳・卵・大豆が“三大アレルゲン”として知られています。

しかし他にも、青魚や貝、カニなどの魚介類、肉類、さらにはソバや米といった穀類などにアレルギー反応を起こす人もいます。

原因となる食品を特定できたら、その食品を食事から除去することが、食物アレルギーの治療の基本となります。

食物アレルギー対策食品

食品が引き金となって発症する食物アレルギー――その治療の基本は、原因食品の除去です。

しかし、過度の食事制限は、食物アレルギーを持つ子供の成長を阻害することにもなり、「食べたいものを食べられない」というストレスを増大させることにもつながります。

また、使える食材・調味料も非常に限られてくるので、食事を作る親の負担も大きくなります。

そのような背景から、食品メーカーが“食物アレルギー対策食品”の開発に力を入れるようになりました。

現在は、ヒエ、キビ、ハトムギなどの穀類の他、「小麦以外の穀類をベースにしたパンや麺類、クッキー、せんべい」、「小麦、卵、乳製品不使用のヒレカツ」「牛・豚肉の代わりに馬肉を使ったハンバーグやグラタン」「主要なアレルゲンを除いた離乳食」などの食品が一般に販売されています。

食品と栄養

食品に含まれる“栄養”とは、生物が自分自身の生命を保ち、自己の体構成分を作り、また成長していくために、必要な成分を食品などから摂取することをいい、その摂取される成分のことを栄養素といいます。

人間に必要な栄養素には、三大栄養素と知られる炭水化物・タンパク質・脂肪と、ビタミン、ミネラル(カルシウム・鉄など)の五種類に大きく分けられ、食品などから補います。

食物は年齢,性別,労働条件などによって異なるエネルギー所要量を満たさねばならず、栄養成分の不足があると栄養失調となり、むくみ・脈搏の異常・貧血などの症状をきたすことになります。

また、十分な量の食物をとっていても、その内容に偏りがある場合、特定の栄養素が不足するということも起こります。

そのため近年では、普通の食品とは別に、サプリメントなどで不足しがちな栄養成分を補う人々が増えています。

食品に含まれる三大栄養素の働き

食品に含まれる栄養素(三大栄養素)は、それぞれ体内でどのような働きをするのでしょうか。

乳製品や大豆などの食品に含まれる“タンパク質”は、筋肉・内臓など、体を作る栄養成分として重要です。

人体の14〜19パーセントはタンパク質からできており、これは水分についで多い割合です。

穀類などの食品に含まれる“炭水化物”は、人間にとって大切なエネルギー源となる栄養成分です。

消化によってブドウ糖などの単糖類に分解され、余分となった炭水化物は、グリコーゲンや中性脂肪のかたちで、体内に蓄えられます。

バターや肉類などの食品に多く含まれる“脂肪”は、エネルギー源としても使われますが、ホルモンや細胞膜、角膜など、体を作る上でも大切な栄養素です。

脂肪はとりすぎると体脂肪を増やす原因となります。

特定保健用食品とは

食品の中で最近よく聞く特定保健用食品(通称「トクホ」)とはいったい何でしょうか。

特定保健用食品とは、カラダの生理学的機能等に影響を与える成分を含んでいて、特定の保健の目的(血中コレステロールを正常化する、ミネラルの吸収を助ける等)が期待できることを表示できる食品のことをいい、トクホの制度は1991年に発足しました。

特定保健用食品は有効性と安全性について科学的な根拠、つまり動物やヒトなどへの試験で安全性の確認をしたということですが、これについての審査を受け、厚生労働大臣の認可を受けた食品なのです。認可を受けた食品はトクホマークがつけられています。

特定保健用食品はなぜ登場したのでしょうか。それは、現在の日本社会では平均寿命が延びる一方で、生活習慣病が増加しており、しかも成人だけでなく、子どもにも生活習慣病が増えているという現状があります。生活習慣病の原因として偏った食生活があげられますが、忙しい現代人には食生活の改善まではなかなか手が回らないもの。そこで、特定保健用食品が現れたのです。

特定保健用食品は手軽に入手できて、生活習慣病のリスクの低減・除去に役立つように工夫され、また、どうのような機能や効果があるのかの表示を義務づけられているので、素人でも判断できるように工夫された食品です。また、製品の表示だけでなく、広告等においても、許可又は承認を受けた内容を逸脱した表示をすることは認められないことになっています。

特定保健用食品で表示許可を受けているのは、2006年10月4日現在では597品目となっています。

特定保健用食品について

特定保健用食品(トクホ)とは厚生労働大臣の認可を受け、健康への効用が科学的に証明された健康食品のことです。

食品はちまたには様々なものがあり、中には有害な物も含まれている食品があります。消費者が安心して選べるように表示も明確に義務づけられていて、例えば「お腹の調子を整える」「コレステロールが高めの方に適する」「骨の健康維持に役立つ」というように、何に効果があるのかがすぐわかるように表示されているのが特定保健用食品なのです。

特定保健用食品は、次の表示が必要となっています。特定保健用食品であるということ、栄養成分量・熱量、内容量、原材料名、一日あたりどれぐらい摂取したらいいのか、摂取する時の注意事項等々です。

特定保健用食品を最近ではスーパーやコンビニで目にするようになりました。トクホを選ぶときは自分にあったものを選ぶようにしてください。食品であって病気治療のための医薬品でないことをよく理解しておいてください。

オーガニック食品とは

オーガニック食品とは有機食品のこと。農薬や化学肥料などを使用せず作られた、有機栽培による食品をさす。日本では農林水産省に登録した認定機関で認定を受けた食品のことをいう。2001年4月よりJAS法と共に有機認証制度がスタートし、制度化された。

オーガニック認定を受けた食品には有機JAS(ジャス)マークがついている。現在認定の対象となっているのは農産物と農産物加工食品の2種類のみ。農産物は「土で栽培されるもの」と規定されている。野菜でも水耕栽培のものや、木で栽培されるきのこなどは認定を取得することは不可とされていて、また畜産も対象外なので、肉や乳製品もオーガニック食品にはならない。

食品の中でも日本で栽培されていないコーヒーやメープルシロップはオーガニック食品として認定されている。輸入食品であっても、基準が通ればオーガニック食品となる。

オーガニック食品の現状

オーガニック食品は農薬や化学肥料を使わずに育てた有機栽培の食品である。もちろん遺伝子組み換えした食品は含まれない。2001年4月、JAS法という制度がはじまった。これは、オーガニック食品として売り出すためにはJAS認証機関より認定を受ける義務が必要、という法律である。食品がより安全なものがどれなのかを消費者が理解できるようになったとは言える。

オーガニック食品といっても、有機栽培をしている農家のすべてが認定を受けているわけではない。認定を受けるためには厳しい書類審査があり、また認定されるためには資金が必要となるのだ。農薬や化学肥料を使わないとされる期間も最低3年以上という枠組みがある。他にもいろいろとあり、小規模な農家では認定を受けることは厳しい。オーガニック食品は、現時点の日本ではスポンサーがいないと認定してもらうのはなかなか難しいのではないか。

栄養バランスのとれた食品選びを!

食品から摂取する栄養によって、わたしたちの体の組織は作られ、そして生命活動が営まれています。それゆえ栄養のバランスを考えて、食品を摂ることは、健康的な体を維持するために、必要不可欠なことです。

食品に含まれる栄養素には、大きく分けて、たんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルがあります。食品の偏った摂取によって、これらの栄養バランスに乱れが生じると、健康状態の悪化、免疫力の低下、ひいては生活習慣病を引き起こす原因となります。

栄養バランスのとれた食品をとり、心身ともに健康的な生活を送りたいものです。

【参考】食事バランスガイド
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou-syokuji.html

食品の栄養バランスを見直そう

栄養バランスを考えて食品を選ぶことは、わたしたちが健康的な生活を送るために、とても大切なことですが、近年、外食産業・コンビニエンスストアなどの拡大によって、高カロリー、高脂肪の食品が多く出回り、栄養バランスのとりにくい食習慣が広まっている現状もあります。

バランス栄養食品、栄養補助食品といった、偏食により不足したビタミン・ミネラルなどの栄養素を補う食品も多く出回るようになりましたが、これらの食品は適切な量の摂取をこころがけないと、栄養バランスが崩れ、健康を損なう可能性があり、自己管理も難しいものです。

まずは、偏った食生活を見直し、栄養バランスの乱れを改善してみるのがよいのではないでしょうか。

食品添加物の表示について

食品衛生法では、食品に使用した添加物については、すべて表示することが義務づけられています。例外として、栄養強化の目的で使用されたビタミン類やミネラル等の食品添加物、食品の製造過程で使用されるが最終的に食品に残存しない食品添加物、店頭などで量り売りされている未包装の食品、容器包装の表示面積が少ない食品などは、表示を免除されています。

食品添加物の表示は、物質名で記載されており、甘味料、酸化防止剤、増粘剤、着色料、保存料などの用途で使用されたものについては、「保存料(ソルビン酸K)」のように、添加物として使用されているものの物質名と、その用途を併記しなければなりません。また、アレルギー物質を含む食品にも表示が義務付けられています。これらの表示基準に合わない食品の販売は禁止されています。

食品添加物と加工食品

食品の安全性に対する関心が高まる一方、遠い所でとれた食品の輸送や、長期間に渡って貯蔵される食品・原料、給食設備の大型化や外食産業の増加など、食品の多様性・利便性をより求めた食事形態が拡大していっている事実もあります。

食品添加物の中で、保存料、防かび剤、酸化防止剤、品質保持剤などは、そのような加工食品の保存性を向上させ、食中毒を防止する目的で使用されていますし、豆腐の凝固剤やラーメンのかんすいなど、食品の製造・加工になくてはならないような食品添加物もあります。

食品添加物の乱用・過剰摂取を避けることは、わたしたちが健康な食生活を送る上で必要なことですが、食品に対する多様性・利便性が追求される中で、食品添加物の発達があったことを考えると、ただ単純に食品添加物をなくすというわけにもいかないようです。

自然食品店

自然食品が体に良いということで注目されるようになってから、自然食品を扱う販売店が増えて来ました。

有機野菜や、大豆たんぱくを使ったハンバーグなどの自然食品を販売する、ナチュラルハウス。
http://www.naturalhouse.co.jp/

オーガニック有機野菜、天然酵母パン、ヨギティーなどの自然食品を販売する、GAIA。
http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/

無添加のお総菜や、おからや米ぬかを使ったお菓子などの自然食品を販売する、ボンラスパイユ。
http://www.isefw.co.jp/shopinfo.html

値段は、高価な自然食品から、比較的安価なものまであり、自然食品を身近な場所で手にすることができます。

自然食品の料理教室

自然食品を普段の食生活で取り入れようと思っても、どう調理したら良いかわからない、という人には、自然食品を使った料理教室や、お菓子教室も開かれています。

雑穀を使ったお菓子や、上白糖の代わりに、メイプルシロップなどの自然食品を使用する、つぶつぶセミナー。
http://www.ilfa.org/lifeseed/2004tour.htm

自然食品を販売する他、自然食品の料理教室を開催する、自然食品 有機村。
http://www11.plala.or.jp/u-kimura/

買った物を食べるという、消費するだけの食生活を見直し、自ら有機野菜を育てたり、自然食品を使った料理教室に通うなど、幅広い年齢層の間で、自然食品への関心が高まっているようです。

アレルギー物質を含む食品の表示制度について

食物アレルギーとは、特定の食物が原因で起こるアレルギー症状のことで、下痢、嘔吐、じんましん、アトピー性皮膚炎、喘息などの症状が現れ、中には生命に関わるような重篤な場合もあります。

食品衛生法では、食物アレルギーの発生を防止するために、アレルギー物質を含む加工食品に関して、発症数、重篤度に応じて、表示を義務づける食品5品目、表示を奨励する食品20品目を定めています。

表示義務のある食品5品目は、卵、乳、小麦、そば、落花生。卵、乳、小麦は、特に食物アレルギーの症例数が多く、そば、落花生は、生命に関わる重篤な食物アレルギーの症状が多いため、特に留意が必要と言われています。

表示を奨励する食品20品目は、あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン。これらは、食物アレルギーの症例数が少ないため、今後の調査が必要とされています。

食物アレルギーの治療

食物アレルギーの心配がある場合、まずはアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を特定する必要があります。

食物アレルギーの症状の出方は個人差があり、アレルゲンとなる食品を少しでも含む料理を食べると症状が出る人、その食品を単独で摂取した時のみ症状が出る人、その食品を大量に食べた時に症状が出る人、など様々です。まずは、アレルギーの専門医にかかり、アレルゲンを特定してもらうのが一番よいでしょう。

食物アレルギーの治療の第一は、その原因物質を除去した食事を行うことです。ただし、3大アレルゲンと言われる卵・牛乳・大豆が、人体に必要なたんぱく質を多く含んでいるように、アレルゲンとなる食品には栄養価の高いものが多いため、食物アレルギーの人は、他の食品で代用するなどして、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

食品の栄養成分 〜三大栄養素〜

食品の栄養成分の中で、最も代表的な栄養素はたんぱく質・炭水化物・脂質で、これらを三大栄養素といいます。

三大栄養素には、以下のようなものがあります。

たんぱく質・・・血液、筋肉、内臓などの体を作る主要な栄養成分。大豆や卵などの食品に含まれる。

炭水化物・・・消化によってブドウ糖などに分解され、体の主要なエネルギー源となる栄養成分。糖質、食物繊維も同様の働きがある。穀類やいもなどの食品に含まれる。

脂質・・・体の最も高いエネルギー源であり、体の細胞膜やホルモン形成にも役立つ栄養成分。植物油やバター、魚・肉などの食品に含まれる。

食品の栄養成分 〜ビタミン・ミネラル〜

食品の栄養成分の中で、ビタミンとミネラルは、少量で体の調節機能を果たしている栄養成分で、三大栄養素と合わせて、五大栄養素と呼ばれることもあります。それぞれ以下のような働きがあります。

ビタミン・・・他の栄養素の働きを助けたり、体の成長と健康維持に様々な働きをする栄養成分。体の中ではほとんど作ることができない。

ミネラル・・・ビタミンと同様に様々な働きがあり、体の構成成分にもなっている栄養成分。

通常の食品だけでは不足しがちな栄養成分のため、サプリメント食品などで補う人が近年増加していますが、過剰摂取による弊害もあるため、注意が必要です。

特定保健用食品の活用

特定保健用食品には、「お腹の調子を整える食品」「血糖値が気になる方に適する食品」「ミネラルの吸収を助ける食品」など、特定の保健の目的が期待できる旨が表示されています。現代は食生活の乱れ・運動不足・飲酒・喫煙・ストレスなどにより、生活習慣病が増加傾向にあり、中でも高カロリー食品の摂り過ぎや偏食による栄養バランスの崩れなど、食生活の乱れは大きな要因となっています。しかし、食品を選ぶ際は、どうしても自分の好みに偏ってしまいがちです。

特定保健用食品は、特定の保健機能を示す有効性や安全性について、科学的根拠に関する審査を受け、厚生労働大臣の許可を受けた食品なので、食生活の乱れの改善や生活習慣病の一次予防としての効果を期待できるものと言えるでしょう。

特定保健用食品を選ぶ際には、表示されている効果をよく見て、自分にあった特定保健用食品を選びましょう。自分の食生活の偏りをよく考えて、どのような保健効果が必要かを考えた上で選ぶことが大切です。

特定保健用食品をうまく活用し、健康維持に役立てましょう。

特定保健用食品の意味

特定保健用食品は、元来バランスのとれた食生活を送ることができていれば、特に使う必要はないものですが、なかなかそういう食生活は送れないものですね。

特定保健用食品には、バランスの取れた食生活の普及を図るためにも、「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。」という内容を表示することが義務付けられています。食生活の乱れによって、健康に対する国民の関心も高まり、健康食品に関する様々な情報が氾濫しています。そのため、健康食品に過剰な期待が寄せられるといった問題も出てきましたが、特定保健用食品においても、同じような問題があると言えるでしょう。

特定保健用食品は、多量にとることによって、予防の効果が高まったり、疾病が治ったりするわけではありません。逆に過剰摂取によって害になることも考えられるのです。特定保健用食品は、あくまでも体調を調節する機能を高めた“食品”であることを認識し、一日の目安量や摂取方法を守って、自分に必要な特定の保健効果を考えた上で利用しなければ、特定保健用食品の本来の意味合いを失ってしまいます。

なお、医師の治療を受けている方で、特定保健用食品を取り入れたい方は、まずは主治医に相談してみてください。

オーガニック食品のススメ

オーガニック食品の中から、寒い冬に暖まること間違いなしの、ゆず茶をご紹介します。

ゆず茶は、ゆずを蜂蜜付けにして、ジャム状になったもの。お湯を注いでお茶にしたり、ケーキの材料として使ったり、ヨーグルトに入れて食べたりと、様々なヴァリエーションが楽しめる食品です。

同じゆず茶なら、断然体に良い、オーガニック食品のものがオススメ。

ゆず茶やだったん蕎麦茶など、オーガニックのお茶を販売する、フルーティア
http://www.shibatr.com/shop/rooibos.html

この冬は、オーガニック食品のお茶で、健康で暖かいひとときをお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

オーガニック食品のお店

オーガニック食品を使って、お料理やお菓子を作りたい――お料理好きで、健康志向な方であれば、そう思われることも多いことでしょう。

オーガニック食品で作るお料理やお菓子は、精製された白砂糖のかわりに、メイプルシロップを使ったりしますが、そんなオーガニック食品の食材を扱うお店が増えてきています。

おいしくてほっとする食品をテーマに、オーガニック食品を販売する、コンフォートグローサリーズ
http://www.comfortgroceries.com/introduction.html

添加物や農薬に慣れてしまっている今だからこそ、自然の恵みを大切にする、オーガニック食品が注目されています。

 
メニュー
栄養バランスと健康
栄養バランスの乱れと病
食品添加物とは何か
食品添加物の問題
自然食品とは
自然食品と有機JASマーク
食物アレルギーとは
食物アレルギー対策食品
食品と栄養
食品に含まれる三大栄養素の働き
特定保健用食品とは
特定保健用食品について
オーガニック食品とは
オーガニック食品の現状
栄養バランスのとれた食品選びを!
食品の栄養バランスを見直そう
食品添加物の表示について
食品添加物と加工食品
自然食品店
自然食品の料理教室
アレルギー物質を含む食品の表示制度について
食物アレルギーの治療
食品の栄養成分 〜三大栄養素〜
食品の栄養成分 〜ビタミン・ミネラル〜
特定保健用食品の活用
特定保健用食品の意味
オーガニック食品のススメ
オーガニック食品のお店