様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

焼酎とは

酒には醸造酒、蒸留酒、混成酒などの分類があり、焼酎は蒸留酒にあたります。

醸造酒は、古来より最もよく飲まれていたお酒で、穀類や糖質の原料を発酵させてアルコールを作ります。

焼酎は比較的新しい、蒸留という手法で作られたお酒で、醸造酒をさらに加熱・蒸留したものです。アルコール分が高く、原材料のエキスは含まないものになります。

焼酎は、蒸留を繰り返して不純物を取り除いたホワイトリカーや、1度蒸留して原料の風味を生かした本格焼酎などがあります。

ホワイトリカーは、果実酒をつけたり、チューハイとしてジュースを割って楽しむお酒です。

本格焼酎は、原材料の名前をとってイモ焼酎、麦焼酎などと呼ばれます。

日本の南方で作られた焼酎ほど旨みがあり、イモは少しクセがあるけど味わいがあり、麦は飲みやすいなどといわれます。

焼酎のおいしい飲み方

お酒には、焼酎、日本酒をはじめ、国内国外問わずさまざまな種類があります。

焼酎は、日本の食べ物と合い、年間を通してロックでもお湯割りでも楽しめる食中酒として愛されています。

焼酎には、蒸留を繰り返して不純物を取り除いた甲類焼酎と、原料の風味を楽しむ本格焼酎があり、近年、この本格焼酎が注目されています。

お酒をじっくり味わう人は、迷わずロックや水割りで焼酎を呑んでいるでしょう。

焼酎の中でも、少しクセがあるといわれるイモ焼酎は、特にお湯割りにすると、食事中の鍋にもこってりした刺身にも合い、格別です。

おいしい焼酎のお湯割りは、70度ほどのぬるめのお湯をグラスに先に注ぐこと。

焼酎を水で割ってから弱火や燗で温めるとさらにおいしくなります。

水で割った焼酎を1晩置いておくとまたさらにおいしいようです。

焼酎を入れたグラスに熱湯を注ぐのをやめるだけでもかなり旨みが変わってきます。

旨い酒は食事を引き立て、消化も助けます。量はほどほどにしましょう。

日本酒とは

日本酒とは、原材料の米を水につけ、麹(こうじ)を混ぜて発酵させたアルコールで、清酒とも呼ばれます。

日本酒のように原材料を発酵させてアルコールを作る方法は、醸造酒といい、世界中で古くからこの方法で作られていました。

日本酒にはいろいろな種類があり、原材料の組み合わせや、製造工程の違いにより、純米酒、本醸造、ひやおろし、しぼりたて、などと呼ばれます。

材料は同じでも製造工程で火の入れ方の違いにより、さっぱり爽やかだったり、旨くてまろやかでとろりとしたり、いろんな表情の日本酒が楽しめます。

日本酒なんてオヤジの飲むものだ、なんていう若者が多いかもしれません。

地方に根ざした、お刺身やかつおのたたきなどの名物、スーパーで安く売っているナスを焼いた焼きナスなど、日常ありふれた食材にぴったり合うのは、やはり日本のお酒なのです。

日本酒のおいしい呑み方

日本酒をおいしく呑むために、まずは日本酒を選んでみましょう。

原材料が米なので、新潟など北のほうで作られた日本酒や、糖度が高いものがおいしいといわれています。

お店で飲むときは、高いものはやはりうまい!

ことが多いようです。

日本酒を選んだら、肴を選びましょう。

お酒は、原産地の特産物やその地域で取れるもの、または今が旬の野菜やお魚ととても相性がいいものです。

選んだ日本酒は、買ってからすぐに飲むのがおススメです。

すぐに飲まない場合は、冷暗所か冷蔵庫に保存しましょう。

数ヶ月以内が一番おいしいと言われています。

日本酒は、開けたら2〜3時間のうちが、もっとも風味を味わえます。

さらに味をじっくり楽しむには、冷やして飲む冷酒が一般的です。

熱燗にする場合は、40度程度にしますが、本来の風味が変わってしまうと言われています。

ビールとは

ビールとは、麦酒と書くように、麦を発酵させて作った醸造酒です。

ビールの起源は大変古く、紀元前の資料からも当時の人々に飲まれていたことが知られています。

ビールは、酒税法という法律によって、ビールの原材料や、副材料との比率が決められていて、副材料の比率が高くなると、ビールではなく、発泡酒と呼ばれ、酒税に比例して商品が安くなります。

酒税は、2006年の時点で、350mlあたり、ビールが78円で、発泡酒は47円と、かなりの差があります。

さらに副材料を工夫して酒税対策を施した第3のビールは、24円程度のようです。

毎日飲む人も多いので、何十円もの差は大きいですね。

ではビールとされているものがホンモノで、発泡酒はニセモノなのでしょうか。

ビールは、古来からさまざまな材料で作られてきたので、どちらもビールと言えるし、国によって酒税法で決められたビールの原料も異なります。

酒税法で決められた名称の違いで、どちらもビールと言っても差し支えないでしょう。

ビールのおいしい飲み方

ビールは、お酒のなかでも特徴のある、泡が命です。

冷やしたグラスをたてておき、適度に冷やしたビールを最初はゆっくり、徐々に早く、最後は泡を持ち上げるようにゆっくり注ぐと、きめ細かい泡が乗った、おいしいビールが入れられます。

ビールの泡が立たないようにコップを傾ける人が多いですが、すぐに飲み干すなら関係ありませんが、料理と一緒にじっくりお酒を楽しむなら、泡は大切です。

ビールを注いだら、泡が消えないうちに飲みきってしまいましょう。

ビールがおいしい温度は、国によって違っていて、ドイツなどでは室温より少し低めや、熱燗にできるタイプのホットビールなどもあります。

日本では、冬場は10度ちょっと、夏場は5度程度に冷やしたビールがおいしいといわれています。

ちなみに、日本の缶ビールを熱燗にかけてもホットビールとしては楽しめないようです。

缶の口もあけずにお湯にかけたりすると大変なことになるので、注意しましょう。

寒いときの日本では、日本酒や焼酎の熱燗がおいしいですね。

ウィスキーとは

ウィスキーとは、蒸留酒の1種で、原材料を発酵させてアルコール化したものを蒸留し、さらに本樽で熟成させる手間をかけたお酒です。

ウイスキーは、原酒自体の個性も強い上に、原材料と副材料のブレンドや、蒸留した原酒同士のブレンドによって複雑で深い味わいを楽しむことが特徴です。

製造工程や材料の違いによって、モルトウイスキー、グレーンウイスキー、ブレンデッドウイスキーなどと呼ばれます。

モルトウイスキーは、原材料が1つで蒸留法が単純なため、個性の強いお酒になり、熟成させた樽ごとの味わいなども楽しめます。

グレーンウイスキーは、複数の材料を発酵させてから蒸留するので、香り高い仕上がりになっています。

ブレンデッドウイスキーは、複数の個性あふれるウイスキーをブレンドしたもので、19世紀半ばに開発され、ウイスキー消費量の9割を占めています。

ウイスキーは、各国で独自の工夫が凝らされ、日本でもジャパニーズウイスキーという日本人の好みに合わせたお酒が作られ、国際的な評価を得ています。

ウィスキーのおいしい飲み方

ウイスキーは、飲む人の好みでいろいろな飲み方や、濃さを調節しておいしくお酒を楽しむことができます。

ウイスキーの飲み方としては、ストレート、オンザロック、水割り、ミスト、ホットウイスキーなどがあり、どれも聞いたことや、飲んでみたことがあるかもしれません。

どの飲み方でも、ウイスキーを楽しむには、自分が香りを一番味わえる濃さが目安です。

飲むときは、お酒を口に含んで、味と香りに数秒ひたり、飲み込んだあとに余韻を楽しみながら作り手のメッセージに耳を傾けてみましょう。

ウイスキーは、お酒の中でも特に香りや複雑な味わいに特徴があるので、水や氷は匂いのついていない純粋なもの、氷はロックアイスなどを使ってみたいものです。

家庭でウイスキーを飲むときに、ワン・ツー・スリーという方法で、清酒やワインと同程度の濃さにしてみて、自分に合った濃度を知ることが勧められています。

グラスにウイスキーを1に対し、水を2の割合で入れ、氷を3つ。

とても簡単ですね。

70度くらいのお湯で割ったホットウイスキーに好みの量の蜂蜜を入れたウイスキートゥディなどは、ウイスキーの香りと蜂蜜の甘さがゆっくりと疲れを癒してくれそうです。

アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、心理的、身体的にアルコールに対する強い欲求と、絶つことによる禁断症状が出る、病的な症状です。

お酒を飲む場合、宴会の席や晩酌などで習慣化していても、毎日適切な量を飲んでいるのなら正常といえます。

アルコール依存症になると、1日のうち何度も何度もお酒を飲み、1度に飲む量や、頻度を自分でコントロールできなくなってしまいます。

アルコール依存症は、主婦など、お酒を飲む習慣が第三者の目につきにくい人に多く見られます。

男性がつきあいや宴会でお酒を飲む場合は、そのへんでやめておけよ、と忠告する人がいることで、コントロールできずに飲み続けるまで依存が進みにくくなります。

隠れ飲みや、飲酒のしすぎによる仕事のミス、遅刻、家事の滞り、家族や同僚など対人関係の悪化、病気と思われる症状はありませんか?

自分や知人、家族に思い至るふしがあれば、アルコール依存症ではないか、チェックしてみましょう。

もし、そういう人が入院まで至った場合は、アルコール依存症の可能性が非常に高いので、退院後に軽い気持ちでお酒を勧めないように注意しましょう。

アルコール依存症の治療

アルコール依存症は、常にお酒が飲みたく、生活や人間関係の悪化や、手につかなくなったり、体を壊して入院に至ることもある、お酒に対する病的な依存です。

アルコールに対する依存は、心理的には、飲んだら眠れる、気分が楽になるという希望や経験が強まることで深まっていきます。

身体的には、始めは少しのアルコールで酔えた体が、だんだん多量のアルコールでないと酔えなくなり、2つの要素が絡み合って病状が進んでいきます。

一度依存症になると、完全に断酒しなければ回復が難しく、ちょっとでもお酒を口にした瞬間からまたもとに戻ってしまいます。

アルコール依存症の治療は、心身両面で依存から回復するため、とても時間と根気が必要とされます。

身体については、完全な断酒をしないと治らないといわれています。

禁断症状は、入院や薬物療法などで比較的誰でも乗り越えることができるようです。

退院後の精神面の回復が最も大切で、お酒を飲まない意思を持ち続けたり、自分の弱さに向かい合うことは、1人ではとても難しいものです。

自助グループに参加したり、必要な講義を聞くことで、自分の状況を受け入れ、断酒を続けていくと、少しずつ回復していきます。

短期間の断酒ではすぐにもとの飲酒に戻ってしまうので、根気強く断酒を続けていこうと、アルコール依存症の大きな自助グループがあります。

お互いの体験を話し合ったり、励ましあったりしながら、断酒を続けていきましょう。

焼酎って

焼酎って、好きです^^ いや、好きでした。今はお酒を飲まなくなってしまいましたのでね。

焼酎とは何ぞやというと。その前に酒とはなんぞやというと。日本の場合、アルコール度数(全体の容量に対するアルコール含有量の割合)が1%以上のものを「酒」と呼ぶそうです。これは酒税法第2条に定められる規定。

お酒の造り方は大きく分けて3種類。原材料を発酵させた醸造酒、 原材料を発酵させ蒸留した蒸留酒、酒類と果実・糖類などを混和させた混成酒とあるようですが、焼酎とはここの蒸留酒にまず分類されます。しかし蒸留酒には、焼酎の他にウィスキーとかウォッカなんかも含まれます。

どう違うんだ・・・? (どう違っていても美味しければそれでいいから、本当はあんまり興味ないのだけど)

酒税法第3条と4条に規定がなされているようです。難しいです。興味がないから読解力50%低減してますが、発芽させた穀類又は果実を原料にするとウィスキーになり。しらかばの炭その他政令で定めるものでこしたものだとウォッカになり。含糖質物(政令で定める砂糖を除く。)を原料にするとリキュール類になり。これらじゃなくアルコール分45度以下(36度未満の場合もあり)のものが焼酎となるようですね。

焼酎の甲乙

焼酎といえば、甲類・乙類。酒場で特に話題がない時、必ず誰かがウンチクたれそうな、焼酎の甲類・乙類(笑)。これは何かというと、アルコール含有物を連続式蒸留機で蒸留したもので、36度未満の焼酎が甲類焼酎。アルコール含有物を単式蒸留機で蒸留したもので45度以下の焼酎が乙類焼酎だそうです。

となると、連続式蒸留機とは何だ?となりますね。それは、アルコール含有物を何度も蒸留することのできる装置のことだそうで、何度も蒸留するから原料の持つ風味とか不純物が取り除かれて、純度の高いアルコールを得ることができる。他方、単式蒸留機は蒸留を一回のみ行なう装置、なものだから。原料の持つ香味成分や風味などがあまり損なわれることがない=原料によって出来上がった焼酎の味わいに個性が出る、ということになるそうです。

なるほど。どちらを好むかは、酒にピュアなアルコールを求めるか。様々な風味を求めるかの違いってことになりますね。

日本酒とは

日本酒好きですね^−^ しかし、日本酒って酔いますね、なぜでしょう。というのは後にして。

日本酒とは何かというと、米から作った醸造酒のことで、清酒といったりもします。醸造酒とは醸造したお酒のことですが、醸造とは微生物の発酵作用を応用して酒類、醤油などを造ることだそうです。

日本酒の原料は、基本的には米と水。米の主成分であるデンプンを麹(こうじ)の作用で糖に変え、その糖をアルコールに変えて日本酒が出来あがるわけです。その原料たる水、米、麹(菌)に、当然種類がいくつもあり。その組み合わせで日本酒の味が個々に違っているということですね。

となると、日本でも米どころ、水の美味しいところの日本酒は美味しさが当然期待できるということで¥^^¥ 各地名産の日本酒を味わい飲み比べてみるのは、日本人としての楽しい試みかと思います。

日本酒は酔いやすい?

日本酒は甘い方が好みだったようです、わたし^−^ その甘さにほだされて(違、クイクイと飲んでしまい。それでよくわからないけど、酔っ払ってしまっていたってのが、昔お酒飲みだった時の経験です。

日本酒を飲むと酔う。だから飲まないようにしよう、とビールから始め、飽きるからウィスキーに替え、飽きるから焼酎に替え、飽きるから日本酒に替え。。。。いや、これは日本酒のせいではなく、たぶん酒の飲みすぎ、長時間にわたるアルコール分の摂取しすぎかと(照。何事も通り過ぎて、振り返って気づくことってあるものですね。

日本酒を最初から飲んでたらどうなんだろう。。。それでも酔うだろうか。と疑問に思うのですが。今ではすっかり洋酒入りのお菓子でもクラクラくる酒飲み失格者なので、確かめる機会はないようです。

ビールって

ビールってお風呂上りには欠かせない存在。お酒の中でも最もポピュラーなものかもしれませんね。

ビールとは、麦(麦芽)から造る醸造酒のことで、麦酒ともいわれます。アルコール度数が比較的低いからか、古来から「水代わり」に飲まれていたという話もあるようです。水代わりってのはすごいですね^^;いちおうお酒だと思うのですけど。

酒税法の規定によれば、第三条、ビールとは「麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの」。そして「麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの。ただし、その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の十分の五を超えないものに限る。」となっております。「その他の政令で定める物品」とは酒税法施行令第六条で定められており「副原料」と呼ばれ、麦、米、とうもろこし、馬鈴薯等々があります。

麦ではなくて麦芽、なんですね。麦芽ってなんでしょう・・・・? ということで。「麦芽」とは、大麦などの穀物に適度の水分と温度を与えて発芽させた状態や、芽が出てきたところで熱風によって焙煎し発芽をとめた状態のもののこと。通常は大麦の麦芽を使用しますが、ビールの場合、小麦、オート麦、ライ麦などの麦芽も使用するようです。

ビールは陽気

ビールって人気者だと思います。男女の別なく、老若の別なく(お酒は20歳すぎてから!ですが)、季節の別なく(夏は圧倒的に、冬も部屋があったかければ問題なく)愛飲され。夏のビアガーデンは、これが日本酒だと、あるいはウィスキーだと、悪くはないのだけどもちょっとしっくりこない気がしませんか^^ やはり夏の炎天下、あるいは生あったかい夏の夜空の下にふさわしいのは、キンキンに冷えたビールかと。

わたしがその昔お酒のみだった頃、「臨時ビアガーデン」で飲んだことがあります。行きつけの居酒屋がたまたま満席だったのですが店を替えるのも面倒だと、店のマスターに「生ビール、ジョッキで5つ!」とか誰かがためしに注文したら、マスターが気前よくもってきてくれたから。じゃあここで飲んでいいのね、と怒涛のごとく^^

これはきっとビールだったからだと思うのだな。季節が夏だったこともあるけれども、でも「熱燗、2本!」とかじゃ、きっと盛り上がらなかったと思うのだな。

ビールって人を陽気にさせると思います。テンションあげて怒涛のごとく。わたしのビールのイメージですね。

ウィスキー

ウィスキー、あの琥珀色の魅惑的な液体がボトルに収まり、静かに鎮座する酒場のカウンター。取り巻く人間の方がおよそ落ち着きなくざわめいている。酒を飲むか、酒に飲まれるか、といいますが。いずれにせよ、ウィスキー自体には気品と誇りを感じますね。

お酒は、原料とか製造方法によって、醸造酒・蒸留酒・混成酒に大別されるそうですが、ウィスキーはこの蒸留酒に分類されます。発芽させた穀類を原料にして発酵し、さらに蒸留したものを木樽で熟成させて、あの色と味わいが生まれると。木樽のウィスキー、一度見てみたいなと思いますね。ゆっくりと時が流れて、じんわりとその個性が引き出されていく様は、あくせく奔走する人間の日々とは、かなり対照的な気がします。

ウイスキーは原料・製法の違いによって、モルトウイスキー・グレーンウイスキー・ブレンデッドウイスキーに分類されるそうです。通常わたしたちが口にするのは、最後のブレンデッドウイスキー、複数のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものだそうで。しかし、最近ではモルトウイスキーへ人気が高まっているようです。

世界の5大ウィスキー

ウィスキーには世界の5大ウィスキーというのがあるそうで。スコッチ・アイリッシュ・バーボン・カナデイアン・ジャパニーズだそうです。ほほう、わたしがお酒の中で最も好きだったのがスコッチ・ウィスキー。さすが5大に入ってますね(喜)

スコッチ・ウィスキーは、ピートの香りを付けた大麦麦芽を原料にして発酵させ、小ぶりの単式蒸留器で蒸留するため、しっかりとした味わいが特徴だそうです。わたし的には、なんかこう辛くて尖っていて、奮い立つものがあって。どうせお酒飲むならシャキっとしたい、と思って好んでおりました。そうか、これを「しっかりした味わい」というのか。

わたしが酒飲み仲間として評価していた友人が好きなお酒は、バーボン・ウィスキー。バーボンはトウモロコシを主原料として、熟成するのには内側を焦がしたオーク樽が使われるそうです。ケンタッキー州で発達した製造法とのこと。その熟成法、偶然なのか、思いついた人ってすごいですね。樽って内側を焦がそうって、普通思いつくかな(笑)

酒作りは、ロマンと閃きと根気が必要なようですね。

アルコール依存症

アルコール依存症とは、文字通りアルコールに依存している状態のことで、薬物依存症の一種。アルコールを摂取した時の精神的・肉体的効果(薬理作用)に囚われて、飲酒行動をコントロールできなくなり、身体を壊してしまうだけではなく幻覚・幻聴等精神にも異常をきたし、暴力を振るう等家族の負担も大きく、通常の社会生活を営めなっていく深刻な精神疾患です。

アルコール依存症は、以前は「慢性アルコール中毒」「アル中」とも呼ばれていましたが、患者を蔑視する差別的表現であるため、不当に関係者を傷つけることにもなりかねないので、そういった呼び方は現在ではあまり聞かなくなりました。

平成8年調べでは、日本の飲酒人口は6500万人、そのうちアルコール依存症(正確にいうと、大量飲酒者。アルコール依存症に近い存在とされている)人数は約236万人。飲酒者のうち27人に1人はアルコール依存症の可能性が濃厚という計算ですね。一般的にそういった依存症は、特別な─本人の意志が弱い等─人が陥ると思われがちですが、アルコール依存症は、むしろ誰でもなる可能性のある病気といえるでしょう。

アルコール依存症の苦しみ

お酒は適量なら健康に良いともいわれ、親しくなる場面やおめでたい席でお酒は必須のもの。しかし、そんなお酒にも落とし穴が。それがアルコール依存症かと思います。

わたしは10年以上も前になりますが、仕事でアルコール依存症の方々と関わったことがあります。そのとき初めてアルコール依存症というものを、まざまざと見せ付けられたと記憶しております。

本人の苦しみ、それは肝臓がまずやられますから体調が悪い、体が動かない、働けない、その憤り。幻聴が聞こえる、幻覚が見える、被害妄想になる、やりきれずに家族に暴力を振るう。お酒をやめたくてもやめられない。。。家族の苦しみはもっとでしょうか。お酒が入ってない時はいい夫だとしても、ひとたび入れば人格が変わり。生活は貧窮していくし、子供も守らなくてはならない、夫を支えなくてはならない、いっそ離婚した方が楽と。アルコール依存症はとても本人とその家族だけでは、対応しきれない大きな病気です。

アルコール依存症の人は、お酒が入ってなければ真面目で律儀な方が多いものです。であるからこそ、自分たちだけで解決しようとせずに、病院にかかる、地域の保健婦に相談する等、そういった一歩を早めに踏み出してほしいと思いますね。

 
メニュー
焼酎とは
焼酎のおいしい飲み方
日本酒とは
日本酒のおいしい呑み方
ビールとは
ビールのおいしい飲み方
ウィスキーとは
ウィスキーのおいしい飲み方
アルコール依存症とは
アルコール依存症の治療
焼酎って
焼酎の甲乙
日本酒とは
日本酒は酔いやすい?
ビールって
ビールは陽気
ウィスキー
世界の5大ウィスキー
アルコール依存症
アルコール依存症の苦しみ