様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

フラワー・アレンジメントに使う花

フラワー・アレンジメントに使う花といえば、バラの花。

真紅、濃いピンク、薄いピンク、オレンジ、パープル、ホワイト、つぼみから開きかけたものまで、四季を通じていろんなものが使われます。

カーネーション、スィートピー、ガーベラ、アルストロメリア、トルコキキョウ、胡蝶蘭、デンファレ、デルフィニーム、オンシジューム、カラー、チューリップ、ユリ、サンダーソニアなどなど。春の菜の花、夏のひまわり、秋のリンドウ、冬の梅や水仙などなど。

最近は本来のシーズンにかかわらず、よく知っている花も、聞いたこともないような変わった花も、通年で手に入るものが多くなりました。切花店をのぞけば、さまざまな色と大きさの花が優雅に飾られています。

フラワー・アレンジメントに使う葉ものとしては、ユーカリ、アイビー、モンステラ、アレカヤシ、ハラン(葉蘭)、レザーファン、 ゴッドセフィアーナ、スマイラックスなど。春先は麦の穂なども使われます。

そのほか、ブドウの実やつる、トウガラシなどもフラワー・アレンジメントであしらわれます。

リース用には、モス(苔)や、つる性の枝など。ヒイラギのリースはクリスマスの定番です。

それらの素材を吸水性スポンジ(オアシス)や剣山にさしこんで、色・形をスタイリッシュにまとめあげ、バスケットやカップに入れたら、素敵なフラワー・アレンジメントのできあがりです。

フラワー・アレンジメントのいろいろ

フラワー・アレンジメントとは、西洋版生け花。

バスケットなど花器に盛ったものや、結婚式に使われるブーケや、クリスマスなどで壁や玄関に飾られるリース、コサージュなど、あらゆる花をアレンジしたものを指します。

英国式フラワー・アレンジメントや、フレンチ・フラワー・アレンジメントなどがあり、ホリゾンタル(水平型)、360度見せるラウンド(ドーム)型、三方向から見せるトライアンギュラー型といった型があります。

和風の花をあしらったアレンジメントもあり、デザイナーの感性の素晴らしさに思わず目を見はります。

駅前の花屋さんの店頭で売っている、新鮮な季節感いっぱいのミニブーケなど、思わず手に取ってしまう人もいるでしょう。

お値段も小さなアレンジで350円くらいから、数千円、数万円の豪華なものまでいろいろ。

フラワー・アレンジメントされた花束は、お誕生日に、お見舞いに、開店祝いに、ご結婚祝いなどのプレゼントとしてポピュラーなものです。

枯れるのがもったいない、とってもきれいなフラワー・アレンジメント。写真に撮って、カードにして贈るのも素敵です。

誕生花のいろいろ

誕生日の花、誕生花。ということは、366日誕生花があります。

うるう年の2月29日にも誕生花はあります。

じゃあ、誕生花は366個で終わり、といったらそうではありません。

実は、たくさんの種類があるのです。

たとえば、2月29日の誕生花はヨモギ(蓬)。えっ、花じゃないの?、と思われそうですが、誕生花には、およそ花のイメージのとぼしい、葉や木としか思えないものも入っています。

2月29日の誕生花には、ほかには、ワスレナグサ(忘れな草)、ハマカンザシ(浜かんざし=アルメリア)、ハナムギ(花麦=花材に用いられる大麦)、アイスランド・ポピー(=シベリアヒナゲシ、いわゆるポピー)、トウツバキ(唐椿)、エンレイソウ(延齢草)、サンシュユ(山茱萸)といった植物が挙げられています。

花期のイメージのほか、忘れな草や、延齢草が入っているのは、うるう日という特別な日にちなんでいるようです。

植物の名称は、同じものでも異なる名前で呼ばれていることもあるので、気をつけましょう。

誕生花とは

花の中でも、365日+1日の毎日の花を定めた誕生花。

たとえば、

1月1日・元日の誕生花は、松、福寿草、白椿、梅、スノードロップ、白いチューリップ

3月3日・桃の節句の誕生花は、桃、花桃、ピンクの桃、蓮華草

5月5日・端午の節句の誕生花は、菖蒲、花菖蒲、あやめ、おじぎ草、アルストロメリア・鈴蘭・黄色のカラー

7月7日・七夕の誕生花は、くちなし、睡蓮、アベリア、アゲラタム、スグリ(酸塊)、アカスグリ(赤酸塊)、エノテラ(桃色昼咲月見草・昼咲月見草)

9月9日・重陽・菊の節句の誕生花は、白菊。浦菊(うらぎく)、スプレーマム(スプレー菊)、女郎花(おみなえし)、紫苑(しおん)、浜紫苑、リコリス、屁糞葛(ヘクソカズラ)、カンガルーポー

といった具合に、やっぱり! と思うものから、あれ? と思うものまでさまざま。

自分を守護してくれる誕生日の花といわれつつ、こんな植物じゃイヤというのも。

ものによっては、誕生花の日にちが入れかわっているものもあり、開花時期や、店頭販売の時期に沿ったものなど、いろんなシリーズがあります。

誕生花の由来は、古代ギリシア・ローマの神話の時代に求められるといわれますが、日本の風土にマッチした誕生花は、味わいのあるものです。

1日ごとに選ばれた誕生花を追っていくと、それだけで季節の移り変わりが楽しめますね。

プリザード・フラワーの花

花のアレンジメントの中でも、一瞬、生花とまごうような、プリザード・フラワー。

ウェディング・ブーケなど、思い出の形が枯れることなくそのまま残ります。

プリザード・フラワーは、正しくは、プリザーブド・フラワー(Preserved Flower=保存された花)といい、生花を特殊加工して乾燥させた、ドライフラワーの一種です。

プリザード・フラワーの花には、バラや蘭、カーネーションなどがあります。色も、生花そのままの赤やピンク、オレンジのほか、バラの色としては幻とされる青い花も、オーガニック着色料によってつくりだすことができます。

プリザード・フラワーには、フランスやコロンビアなどのメーカーで加工された、輸入品もあります。ヴェルモント、フロールエバー、ヴェルディッシモが三大メーカーといわれ、花色の多さと美しさで人気を得ています。

プリザード・フラワーは1〜3年、日本のように湿度の高くないヨーロッパなどでは、10年は保存できるといわれています。ケースにシリカゲルなどと一緒に入れたら、保存状態はよくなります。

人気のプリザーブド・フラワー

花の中でも、枯れない生花、プリザーブド・フラワーが人気を集めています。

プリザーブド・フラワーを使ったアレンジメントや、アレンジメント用の素材が、色もとりどりに販売されています。

ホームメイド用の材料も手に入るようになり、オリジナル・アレンジができるようになりました。プリザーブド・フラワー教室も全国で展開され、文部科学省認可のプリザーブドフラワー資格コースというのもあります。

プリザーブド・フラワーは、ブリザード・フラワー(blizzard Flower?)とか、プリザード・フラワーとも呼ばれていますが、プリザーブド・フラワーと呼ぶのが正しい名称です。Preserved Flowerは、英語では、ドライフラワーや押し花のことを指しますが、近年、最新の保存加工技術を使った花を特に指して呼ばれるようになりました。

プリザーブド・フラワーは、生花をカットしたのち、オーガニック系の染料や、グリセリン系の薬品などを吸わせ、特殊な加工をして乾燥させることで、自然なままの状態を残しています。

プリザーブド・フラワーは、1991年にフランスで市販されはじめてから、世界中で、ギフトなどとして愛されています。

コロンビア大使館主催の、プリザーブド・フラワー・コンテストもあり、国際的に交流がなされています。

花言葉のはなし

花言葉は、フラワー・ランゲージとも呼ばれ、伝説や性質などにもとづいて、象徴的な意味を持たせた言葉です。

たとえば、バラ。バラの花言葉といえば、愛・愛情・恋・美といったものが有名です。

ギリシャ神話では、愛と美の女神アフロディーテが誕生した際、大地が同等の美として生み出したのがバラの花といわれています。

中世では、バラは聖母マリアの愛と優美さを象徴。キリスト教では、殉教や復活を意味するほか、トゲは罪の象徴であるいわれています。

バラの花言葉のひとつ「秘密」は、バラがギリシャ神話の沈黙の神ハルポクラテスに与えられたという故事や、ローマ時代のバラの花を吊るした宴会での話は秘密にするという風習からきているといわれています。

バラの花言葉は、国によっても異なり、花の色や部位、状態や種類によって変わります。

白いバラのつぼみ、枯れた白のバラ、中輪の黄色のバラ、大輪の黄色のバラ、赤いバラの葉、赤いバラのつぼみ、黒みがかった赤いバラ、満開のバラ、多弁のバラ、一重のバラ、野バラ、トゲのないバラ、赤と白のバラの組み合わせ、赤白斑入り……。

バラの葉や、枝、トゲにまで、それぞれ花言葉があります。

園芸品種としてのバラには、花言葉ならぬ、品種名として、「恋心」や「乾杯」「希望」「栄光」「夢」「ときめき」といった日本の品種のほか、「ピース(平和)」、「スーパースター」、「ダイヤモンド・ジュビリー(ダイヤモンド婚)」、「ファースト・ラブ(初恋)」といった名前の世界的な名花があります。

品種名が花言葉という感じですね。

花言葉は花だけにとどまらず、葉ものや、木にも言葉があります。

昔のイギリスの貴族は、花に秘めた想いを託して相手に花を贈ったといわれます。

プレゼントに花束を贈るとき、花言葉を考えて贈りたいところですが、たくさんの意味や正反対の意味があったら、困りますね。

でも、大好きな花なら、どんな花言葉でもOKなのは請け合いです。

花言葉と誕生花

誕生花に花言葉はつきものですが、中には、あれっ? と思うようなものもあります。

たとえば、

1月21日がロウバイ(蝋梅)で、花言葉は慈愛。

1月22日がアンスリュームで、花言葉は煩悩。

1月23日が万両で、花言葉は 陰徳。

両サイドがつつましやかな花言葉で、まん中がちょっと悩ましい花言葉。1月22日に生まれた人は、変なくじを引いてしまったような気分になるかもしれません。

実は、誕生花もさまざまですが、花言葉もさまざまです。

アンスリュームには、可愛い・情熱・熱心・他人行儀・旅立ち・炎のような輝き、といった花言葉もあります。

「煩悩」に似た花言葉は、チューベローズの花言葉「危険な快楽」などがあります。とっても魅力的なときには、もってこいの言葉のセレクトかもしれません。

花言葉は、国や地域の伝説や風習や、最近は本の編纂者の好みによって、いろいろな言葉が生み出されているといわれます。花言葉の中には、花占いが元になっているものもあるといわれます。

同じ花言葉でも、例えば、「壮大な美」という花言葉を有しているのは、天南星(てんなんしょう)や、フィロデンドロン・クッカバラ、カラー、カサブランカ・リリーがあります。

忘れな草の「私を忘れないで」のような、名前そのものの伝説と花言葉を持つ植物もあります。

お友達へ送る花の花言葉、シチュエーションや意味を考えて使いましょう。

フラワーアレンジメントとは

フラワーアレンジメントとは、その言葉どおり、花をアレンジする、花を整理、整頓、配置して、花がよりいっそう美しくステキに見えるように演出することをいいます。

フラワーアレンジメントの魅力は、花のみならず花器や花材を含めて、色、形、個性的なデザインを楽しめること。アレンジする人の感性が加わりますので、同じ花を使っても、作る人が違えば全然異なった趣になります。出来上がったものは、そのままいろいろな場所に飾れますので、インテリアとしても重宝します。

フラワーアレンジメントの先生をしている友人が、わたしにはおりますが、彼女がいうには、(生花を使う)フラワーアレンジメントで、一番大切なのは、目的に合わせたデザインと花選びだそうです。

フラワーアレンジメントは、結婚式、お誕生日、開店祝い、母の日、お葬式、パーティー、病気のお見舞いなど、いろいろなシーンで使われます。それに合ったデザイン、色、季節感、選んだ花で80%は決まると。あとは、それぞれの花の表情を生かして、形を整えて活ければ終わり……って、いや、あなた、先生だから簡単にいうけど(笑)。

まあ、彼女を見ていると、「美しく、美しく」という思いをこめてアレンジして、本当に驚くほど美しく出来てますから。美しく作ろうとか、喜んでもらいたいとか、元気になってもらいたいとか、アレンジする人の作っている時の思いが、フラワーアレンジメントの決め手になるのではないかと思いますね。

フラワーアレンジメントと華道

フラワーアレンジメントとは、「花をいけること」また「いけた花」のことをさします。と説明すると、「ではフラワーアレンジメントと華道はどう違うのか」という疑問が出てきます。どう違うのでしょう。

フラワーアレンジメントは、作品を見てみると、大きさの大小はありますが、その空間内でたっぷりと花や道具を使っています。つまり「空間を埋める」ことで美しさを追求します。一方、華道は空間を生かすことで美を追求する、作品の空間によって「天」「地」「空」などを表現するともいわれています。

この空間の捉え方の違いは、つまり向き合うか隠すかの違い。生きていくことは決していいことばかりではなくて。苦しいこと、切ないこと、悲惨なこと、究極には死が待っているわけで。フラワーアレンジメントは、そういった「裂け目」を花いっぱいにして、美しく装って覆い隠すこと。一方、華道は切花。切るということで「裂け目」の究極である死を表現し、それに向き合うことを意味すると、そういう見方もあります。

たかが、花。されど、花。

花をいけるにも、その人の思想が反映するものなのでしょうね。

誕生日にお花♪

誕生日にお花のプレゼント♪ これはレディならば、もっともうれしいプレゼントのひとつですよね。誕生日といえば、バースディケーキ。これはなかなか定着率は高いと思いますが、誕生日に花というのは、聞くようでなかなか聞かない気がします。わたし的には、定着率100%にしたいと思ってます。打倒、バースディケーキ。

「誕生日にお花といっても、どの花がいいんだ?」と迷う方はいるかもしれません。どうやら便利なことに、一年366日の誕生花というものがあって。それを参考にするのもいいですね。しかし花をプレゼントするなら、誕生日の花が何であれ、その人の好きな花、もちろん生花を贈るのがいいでしょう。

となると、誕生日にその花が花屋にあるかどうかが一番問題。そう、これは大問題。そういえば、わたしはフリージアが好きですが、これはわたしの誕生日には花屋にありませんね。なければ打つ手はありません(あっさり)。そこでムキになるより、季節の花を贈ることがいいでしょう。

「花をもらうなら、好きな花じゃなければイヤ!」という、わがままな相手でないことを祈って。勇気を持って、誕生日にお花を贈ってみませんか^^

誕生花

誕生花というものをご存知ですか? 366日の全てに、その日の花がわりふられていてカレンダーにもなってます。そんなのを発見すると、つい自分の誕生日の花はなんだろうと探してしまいます。誕生花カレンダーは、ネットで検索するといくつか見つけることができます。

誕生花カレンダーを二つ用意してみると、意外と同じ日なのに花が異なっていたりします。たとえば元旦の1月1日。あるもので見れば、誕生花は福寿草。あるものでみれば、松。松の方のカレンダーで見れば福寿草は、1月3日。福寿草の方のカレンダーで見ると、1月3日はクロッカスとなってます。福寿草とクロッカスと松。不思議なトライアングル、これって誰が決めているんでしょうね^^

花が相手だから、「どっちが正しいんだ?」と思いはするけど、なんとなーく、目くじらたてる気にはなれない気がします。たとえば自分の誕生日の花をみて、それがもし異なっていたら、好きな花の方のカレンダーの方が正しいと、そう決めてもいいんじゃないでしょうか。

ちなみにこの二つの誕生花カレンダー、わたしの誕生日の花も違っていて。誕生花の好みにより、1月1日は福寿草とした誕生花カレンダーの方を正しい、と決定いたしました(笑)

プリザードフラワー

プリザードフラワー――最初に聞いた時、どんな花なんだろうと思ったのですが、見たことありました。生花のように艶やかで、しかしどことなく生ではないような、しかし造花ともいいがたい、なんともいえない花。それがプリザードフラワーと呼ばれるものだったのですね。

プリザードフラワーは、正確には「プリザーブドフラワー」。語源は、プリザーブ(preserve)「保存する」という意味の英語からきています。

プリザードフラワーは、生花にオーガニック系の染料を吸わせ、特殊な加工を施して長期保存を可能とした加工花。生花そのもののナチュラルな姿や風合い、その鮮やかさは加工花とは思えぬ美しさ。フラワーアレンジメントの花材としても、ギフト商品としても、人気を集めております。

プリザードフラワーの誕生の地はフランス。生みの親はヴェルモント社です。1987年に世界初のプリザードフラワーが誕生しました。1991年には「長寿命の切花製法」として世界特許認定を取得し、プリザードフラワーは「枯れることがない花」として画期的デビューを果たしたのです。

プリザードフラワーとドライフラワー

プリザードフラワーは、生花を加工して長期保存を可能にした花ですが、ドライフラワーも同様に長期保存が可能の花。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

ドライフラワーは、自然の風合いを楽しめる花ですが、色あせや年々の劣化は免れません。一方、プリザードフラワーは、花の色合いやその瑞々しさが生花と見紛うばかりに保たれています。

この違いは、製造方法の違いにあります。ドライフラワーは、花や草木を乾燥させて作ります。自然乾燥させる方法と、乾燥剤などを使用して乾燥させる方法とありますが、いずれにせよ乾燥させるだけ。

プリザードフラワーは、生花の脱水・染料への浸漬・排水・乾燥の4工程で作られます。花が見ごろの時期に摘み取って脱水して、オーガニック系の染料に浸して染色。その後排水し、乾燥するという方法です。また、グリセリン成分を使用するので、花弁のやわらかさも保存できます。

プリザードフラワーが長期保存が可能といっても、取り扱いは注意が必要。生花のような新鮮さに、間違って水をやってしまったという話もよくあるそうで。プリザードフラワーに湿気は大敵、カビてしまいますのでご注意を。また直射日光も、劣化を早めるので好ましくないようです。

……などと聞くと、やっぱり「魔法の花」も姿形だけ、と思いますね。花の「命」そのものを永らえさせることはできない。花の美しさの秘密は、ひょっとしたら「限りある命」にこそあるのかもしれませんね。

花言葉

花言葉、いいですねぇ。花言葉のページなんかをネットで発見すると、「この人は本当にいい仕事をしたなぁ」と褒めてあげたくなります^^ しかしこの花言葉、それなりにやっかいだったりします。花を贈るのも贈られるのも、わたしは好きですが、贈りたい花の花言葉がとんでもないものだったりすると、贈るに贈れない!! 念のため確認してみると、なんかピンとこなかったり……出鼻をくじかれた気分になってしまいます。

かわいい花だからといって、花言葉もかわいいとは限らない。かわいくない花だとしても、花言葉もかわいくないとは限らない。まあ、人間の容姿と性格の関係と似たようなものでしょうかね。

花言葉は、ギリシア・ローマ神話や、伝説、聖書などのエピソードから生まれたものが多いようです。また、国や地域・民族・宗教によって、同じ花でも花言葉が異なるものもあるとのこと。どれが正しいということでもなく、その花との関わりの中で生まれてきた花言葉、なのでしょうね。

好きな花の花言葉は、いいものであってほしいと思います。あるいは、花言葉が気に入ったからその花を好きになった、という人もいるかもしれませんね。

花言葉いろいろ

花言葉をみてみると、なかなかおもしろいです。いろんなインスピレーションというか、妄想しながら(?)眺めるとかなり楽しい^^ 「花言葉とは、象徴的な意味を持たせた言葉」というのが、頷ける気がします。

アロエの花言葉は、「健康」「万能」「迷信」とありました。アロエって、なんかお肌にいいとか健康にいいとか、まさに「健康」「万能」ってぴったりな花言葉! と思ったら「迷信」。そうきたか、これは結構笑える。あれが体にいいとか、これが健康にいいとか、情報に振り回されるわたしたちに、「迷信」だよってオチをつけたような気がして(笑)

花言葉とは直接関係ないですが、皇室のお印。皇室の方々が身の回りのものにつけるというお印に、花が結構用いられていますね。中には「それ、どんな花(植物)?」ってのもありますが。

昭和天皇の皇后、香淳皇后のお印は、桃。この桃の花言葉が、「天下無敵」「チャーミング」とあって。「天下無敵」って……すごくありません? 今まで見た、最強の花言葉のような気がします(笑)。

豆の花言葉は、「必ず来る幸福」。これもすごいですね。必ず幸福が来るんです、ええ。「来てほしい」でも、「来るといいな」でもなく、必ず来る。さすが豆です、豆を食べましょう^^

花言葉いろいろ。おもしろい花言葉を、あなたも発掘してみてください。

 
メニュー
フラワー・アレンジメントに使う花
フラワー・アレンジメントのいろいろ
誕生花のいろいろ
誕生花とは
プリザード・フラワーの花
人気のプリザーブド・フラワー
花言葉のはなし
花言葉と誕生花
フラワーアレンジメントとは
フラワーアレンジメントと華道
誕生日にお花♪
誕生花
プリザードフラワー
プリザードフラワーとドライフラワー
花言葉
花言葉いろいろ