様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 携帯

スポンサード リンク

デコメって何?

デコメとは、携帯のメールを、画像やパーツでプリクラのようにデコレーションできるサービスのことです。

デコメは主に女子高生のあいだではやっており、平均でも1日30から40件、多い子では100から200件の送受信をするようです。

デコメのサービスは最初NTTドコモのFOMAからスタートしたため、女子高生の間でドコモユーザーが多いのはそのためといわれています。

携帯電話の端末がデコメに対応していないと、デコメのメールを送ることができないのですが、2006年の10月発売の新機種からはauとSoftBankでも正式にデコメ対応するようになりました。メールが生活の一部になっている若い女性を中心に、デコメはますます流行っていくのではないでしょうか。

携帯電話でデコメールが流行

デコメが現在、女子高生や若い女性を中心に流行っています。

デコメとはHTMLメールのことで、NTTドコモのFOMAがサービス開始時に「デコメ」という名称でスタートさせたことから、

一般的に携帯のHTMLメールはデコメと呼ばれています。ちなみにauでは「デコレーションメール」、SoftBankでは「アレンジメール」と呼ばれています。

デコメは基本HTMLなので、絵文字のように同一キャリアでしか使えないということがありません。

携帯でメールの背景色や文字色を変えたり、アニメーション画像を付けたり、かわいいギャル文字で書いたメールを、女子高生や若い女性は毎日送りあっているようです。

中には一日に千通以上のデコメを送っているひともいるとか。

携帯各キャリアに対応したデコメサイトとも次々誕生し、無料でデコメの素材を入手できるサイトもあります。

一時はNTTドコモのFOMAのみのでしか使えなかったデコメサービスですが、ここにきて携帯各キャリアが正式に対応したことで、爆発的なデコメブームがくるかもしれません。

携帯電話の着メロとは

着メロとは着信メロディーの略語で、携帯電話の着信音をメロディーで流す機能のこと。

もともとは携帯電話の着信音を区別できるようにするための機能で、初期の携帯端末では、自分で数字を打ち込んでメロディーを作ることが可能であった。

そのため着メロ本といういろいろな曲を数字で簡単に打ち込める書籍が流行した。

着メロは同時発音数や音色数の増加やADPCMによる音声再生機能への対応など、その機能が飛躍的に上昇していくと、もはや個人が手入力で着メロを作ることは難しくなり、現在では着メロのダウンロードサービスが主流となっている。

携帯着メロの利用法

携帯着メロ(着信メロディー)の本来の利用目的は、その名の通り、着信音を区別できるようにするための機能であった。

しかし最近では、携帯電話利用のマナー等が問題視されるようになり、着メロの変わりに、バイブレーション機能で着信を知る人が多くなっている。

着メロが本来の目的で使われなくなっている中、それと反比例するように着メロのダウンロードサイトは無数に増え、携帯電話端末での着メロ機能も向上している。

では、どんな目的で人々は着メロを利用しているのだろうか。

着メロを利用する際の音のマナーが気にならない自宅では、着メロを本来の着信を知るための機能として使っている人も多いと思うが、携帯電話端末に付いている目覚ましの機能の音として利用している例が以外に多いようである。他には自分で曲を聴くため、人に聞かせるために着メロを利用している人もいるようだ。

携帯電話の着うたとは

着うたは2002年12月に携帯キャリアのKDDIがauでスタートし、現在ではソフトバンクモバイル(2003年12月)、NTTドコモ(2004年2月)も同様のサービスを開始している。

着うたは携帯電話の着信音として、歌声入りの楽曲を配信するサービスで、主に曲のサビの部分などを携帯電話にダウンロードして設定する。

着うたは最新ヒット曲のサビの部分(15から30秒程度)が100円から150円ほどで携帯端末にダウンロードでき、ユーザーは主に着信音やアラーム音などに利用している。

携帯料金のパケット定額制普及に伴い、ダウンロードする際のパケット料金を気にする必要が無くなり、着うたに対応する携帯端末も増えたため、メロディだけの着メロに迫る人気サービスになっている。

携帯電話の着うたフルと音楽配信サービス

インターネットによる音楽配信が、世界的に普及している。特にアップルコンピュータが音楽ソフトのインターネット配信事業「iチューンズ・ミュージックストア」を開始して以降、その流れは顕著だ。

携帯電話を使ったモバイル音楽配信のほうが普及している日本と世界とでは、だいぶ状況が違うようだ。

着うたを1曲全体でダウンロードできる音楽配信サービス着うたフルのサービスが開始されてからは、それがより著しくなっている。

着うたフルは圧縮率を約2倍に高める技術を使用することで、AACで圧縮された着うたの音質を維持したまま曲全体を携帯端末にダウンロードできるようになっている。

携帯電話が必需品になった今、携帯端末にまるごと1曲を入れて持ち歩くサービスと、専用端末が必要なインターネットによる音楽配信サービスの、どちらが日本で覇権を握っていくか、注目したいところだ。

携帯型コンピューターゲームの歴史

携帯型ゲームの元祖といえば、1980年に発売された任天堂の「ゲーム&ウオッチシリーズ」であろう。

主にゲームセンターの筐体(ディスプレイ)で遊ぶものだったコンピューターゲームを、携帯できる点で、それは画期的であった。

携帯型ゲームはその後進化し、テレビゲーム機「ファミリーコンピュータ」タイプの、ゲームソフトを記憶したカートリッジを交換して使用する、携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」タイプの機種などが登場してくる。

携帯型ゲーム機はその後、バンダイの「たまごっち」のような簡単な仕組みものから、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPSPのような高度なものまで、さまざまなメーカーによって開発される。

携帯電話専用のコンピュータゲームも1999年頃から登場し始めた。これらに提供されるゲームソフトは携帯端末の性能向上によって、画面表現能力が向上し、携帯電話の爆発的な普及もあって、「ゲームボーイ」タイプのゲーム機と並び、携帯型コンピュータゲームの主流となりつつある。

携帯電話用ゲーム

携帯電話の用途もただ通話ができればいい時代から、Eメールのできるもの、ゲームのできるのもの、音楽の聴けるもの、テレビの見れるのもなど、凄まじい発展をみせている。

ゲームはこのような携帯端末の発展の中でも、比較的初期から利用できたものの一つである。特にNTTドコモのiアプリで、JAVAというプログラム言語が使えるようになったことで、より本格的なゲームが楽しめるようになった。

携帯電話用ゲームの初期におけるヒット作といえば「テトリス」だろう。もともとはコンピューター用のゲームとして、大ヒットしたものだが、携帯電話で遊ぶにはピッタリの、4つの正方形がつながったブロックが上から落ちてくるのを、フィールドの中に積み上げていき、横1列がブロックで埋まると、その列のブロックが消えるという単純なものだったたため、普段はゲームしないようなサラリーマンや主婦などにも受けが良かった。

携帯電話用アプリの開発言語として、JAVA以外にも、auのBREWなどが登場し、現在では、より複雑で画像も美しい携帯電話用ゲームが次々に生まれている。

携帯電話のキャリア別アプリサービス

携帯電話のアプリサービスとして、NTTドコモはiアプリ、ソフトバンクモバイルのS!アプリ、auが提供するEZアプリの3種類がある。

厳密に言うとEZアプリはさらに二つの種類に分けられ、JavaアプリケーションとBREWがあり、2004年6月に発売された携帯端末を最後に、EZアプリではJavaに対応した機種は発売されていない。ただ、2006年10月10日、KDDIは2007年春以降発売の携帯端末にJavaで作成されたアプリの再生機能である「オープンアプリプレイヤー」を搭載すると発表している。ちなみにiアプリとS!アプリはJavaのみに対応している。

携帯電話のアプリはJavaにしろBREWにしろ、主にゲームに使われており、他にはメール用のツールやフルブラウザなども開発されている。

携帯電話のアプリとは

携帯電話のアプリとは、携帯電話用のソフトウェア(プログラム)です。

アプリ対応サイトから、アプリ(ソフト)をダウンロードすれば、ゲームのほか、テレビ番組表リモコン、地図などのナビゲーションソフトが利用できます。

アプリのメインはなんといってもゲームで、各キャリアとも携帯端末の機能向上に力を入れ、一昔前の携帯用ゲーム機GAMEBOY ADVANCE並のゲームができる機種もあります。

待受画面内を動きまわる3Dキャラクターや、臨場感あふれる多重音再生に対応したアプリなども最近は登場しています。

アプリは公式サイトからの利用が原則のため、料金は各キャリアが代理徴収し、月額制のものとアプリ単位で払うものが多いようです。

携帯電話でのキャッシングの利便性

携帯電話でのキャッシングのメリットは、お金を借りようと思ったときに、外にいながら申込みができ、本人確認等の審査のみで申込者の信用に応じ、素早く融資を受けられるところにあります。

大手の消費者金融会社はたいてい携帯電話でのキャッシング専用のサイトを持っており、また、消費者金融会社を金利、融資条件などで比較するサイトもあります。

携帯電話でのキャッシングといえば、2006年03月にNTTドコモのおサイフケータイで利用できるクレジットサービス「三井住友カードiD」で、ATMでのキャッシングが可能になりました。今後は他のキャリアの携帯電話にも次々に決済機能が導入され、携帯電話でのキャッシングも身近なものになっていくのではないでしょうか。

携帯電話でのキャッシングの危険性

携帯電話でのキャッシングの普及により、誰でも簡単に、人と会うことなくキャッシングの申込みできるようになり、気軽にお金がかりられるような時代になりました。

大手の消費者金融会社はたいてい携帯電話でのキャッシング専用のサイトを持っており、つい借金という感覚では無く、お金を借りる人が増えています。

その結果、多重債務者を増やす原因になっていると指摘する意見もあります。

携帯電話でのキャッシングは利便性の裏にそういった怖さもあることを認識しないといけません。

携帯電話でのキャッシングといえば、NTTドコモのおサイフケータイで利用できるクレジットサービスでもATMでのキャッシングが可能になりました。

携帯電話でのキャッシング需要は今後ますます増えていくと思われます。それに比例するように借金で人生をダメにする人が増えないことを祈りたいものです。

キッズ携帯

「キッズ携帯」とは、主に小学生をターゲットにした子ども向けの携帯電話の総称で、元々はNTTドコモの「キッズケータイ」から来ています。その他auやウィルコムなどでもそれぞれの名称で取り扱っています。

キッズ携帯と一般の携帯電話の違いは、防犯機能が付いていること。犯罪に巻き込まれやすいのは一般的に社会的弱者ですが、子供も例外ではありません。親としては、やはり子供のことが心配ですから、子供を守るためには何でもしたいですよね。キッズ携帯には防犯ブザーやGPS機能などが付いているので、何かあったときにこれらの機能が役に立ってくれます。もちろん普通に通話もできます。

子供の安全に特に気を遣う方は、子供にキッズ携帯を持たせることを検討してみたらいいでしょう。

キッズ携帯導入の注意点

キッズ携帯とは、主に防犯目的で子供に持たせるための携帯電話で、防犯ブザーやGPSなどの防犯機能が付いています。

キッズ携帯の防犯ブザーは、スイッチを入れるとブザーが大音量で鳴ると同時に、登録しておいた保護者の携帯電話にも緊急メッセージが届きます。また、GPS機能によって、保護者は自分の携帯電話の画面で子供の居場所を知ることができます。他にも、携帯会社ごとに独自のサービスが用意されています。

キッズ携帯は、このように防犯上は大いに役立ってくれる可能性がありますが、その反面、問題もあります。

キッズ携帯は、防犯機能が付いていること以外では、普通の携帯電話と機能的にはあまり変わりません。だから、知らない人からメールが届いたり、有害サイトにアクセスできてしまったり、長電話で電話使用料が高額になったりなど、問題が生じることも。また、学校によってはキッズ携帯を持ってくることを許可していないこともあります。

キッズ携帯を子供に持たせたいと考える場合は、以上の点に留意して、購入すべきか否かを決めるといいと思います。

 
メニュー
デコメって何?
携帯電話でデコメールが流行
携帯電話の着メロとは
携帯着メロの利用法
携帯電話の着うたとは
携帯電話の着うたフルと音楽配信サービス
携帯型コンピューターゲームの歴史
携帯電話用ゲーム
携帯電話のキャリア別アプリサービス
携帯電話のアプリとは
携帯電話でのキャッシングの利便性
携帯電話でのキャッシングの危険性
キッズ携帯
キッズ携帯導入の注意点