様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 熱帯魚

スポンサード リンク

熱帯魚とは

熱帯魚とは、どんな魚を指すのでしょうか?

――その名のとおり、熱帯魚とは、一般的には熱帯や亜熱帯地方等に生息する、色彩や形の美しい観賞魚のことを言います。

しかし、最近では、慣用的に、観賞魚全般を指すことも多いようです。

熱帯魚の中では、日本ではエンゼルフィッシュ、グッピー、ネオンテトラなどが有名です。

「熱帯魚とは何か?」と聞かれると、その品種をイメージする方はいまだ多いことでしょう。

ちなみに、熱帯魚ブームは、日本では90年代に一度起こりましたが、その後はやや下火。

しかし、最近、観賞魚が主人公の映画『ファインディング・ニモ』が公開されると、熱帯魚は再び注目を集めることとなりました。

熱帯魚の飼育は、一般的には、“お金のかかるぜいたくな趣味”というイメージがありますが、工夫次第で、安くあげることも可能です。

熱帯魚とは縁のなかった方も、ショップの店員さんに相談して、まずは手軽に飼える品種から、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

熱帯魚とは何か?

熱帯魚とは、主に、熱帯や亜熱帯地域(アジア、アフリカ、中南米など)に生息する観賞魚のことです。特に、色鮮やかで形の美しい熱帯魚は、観賞用として好まれます。

熱帯魚は、主に淡水魚と海水魚に分けられ、淡水魚は、乾燥餌のほか、イトミミズやミジンコ、海水魚はエビやアサリなどを食べます。

日本では、90年代を中心に、何度か熱帯魚ブームが起こっており、エンゼルフィッシュ、グッピー、ネオンテトラなどがよく知られています。

「熱帯魚とは?」と聞かれると、いまだに、その品種をイメージする方も多いことでしょう。

近年では、“癒し系ブーム”も後押しして、病院のロビーやオフィスの一角などで、インテリアを兼ねたアクアリウム(水槽)を見掛けることが多くなり、熱帯魚飼育は、再び、静かな人気を呼んでいます。

熱帯魚の飼い方

熱帯魚の飼い方は難しい、という声をよく聞きます。

熱帯魚が快適に棲める環境にするための、水質や水温の維持、水の交換の手間などのイメージがあるためでしょう。

しかし、コツさえつかめば、熱帯魚の飼い方はそんなに難しいものではありません。

熱帯魚の飼い方のポイントは、まず、魚の死亡率の最も高い、飼い始めの時期をいかに乗り切るかです。

熱帯魚の飼育の初心者の場合、ショップで購入して自宅の水槽に移す時の環境の変化をいかにゆるやかにするか、ということに留意してください。

また、日々の手入れの中で最も重要なのが、定期的な水の交換で、熱帯魚の飼い方のポイントとも言える部分です。

フィルターだけに頼らず、1週間から10日間隔で、汚れを吸い出しながら、熱帯魚にショックを与えないように慎重に水の1部を交換します。

熱帯魚は敏感な生き物なので、環境をしっかり維持してあげないと、ちょっとした変化で死んでしまうことがあります。

熱帯魚の飼い方でわからないことがあるときには、曖昧にせずに、飼育書を読んだり、インターネットで調べたり、ショップに相談したりして確認するようにしましょう。

熱帯魚の飼い方のコツ

熱帯魚の飼い方は、コツさえつかめば、そんなに難しいものではありません。

熱帯魚の飼い方のポイントとしては、特に初心者の場合、アクアリウムのセッティングから始まる飼い始めの時期を、いかに乗り切るかということです。

この時期は熱帯魚の死亡率も高いため、ショップで購入して自宅の水槽に移す時の環境の変化には特に注意するようにしましょう。

日常の管理の中で、最も重要なのは、定期的な水の交換です。

熱帯魚は水温や水質の変化に敏感なので、ショックを与えないように気をつけながら、水量の4分の1から3分の1を、1週間から10日ごとに交換します。

熱帯魚の飼い方でわからないことがあるときには、インターネットで調べたり、お店の人に聞いたりして、曖昧にしないようにしましょう。熱帯魚は、思いのほか敏感な生き物で、ちょっとした変化が生死にかかわることもあるためです。

熱帯魚の飼い方のコツをつかんで、快適なアクアライフを送りましょう。

熱帯魚用の水槽の種類と選び方

熱帯魚を飼うときには、水槽(アクアリウム)やサーモスタット、ヒーター、ろ過器、水温計など、さまざまな用具を揃えなければいけません。

その中でも特に、水槽の種類と選び方には、気を付けてほしいものです。

熱帯魚用の水槽の種類には、ガラス製とアクリル製があり、サイズもいろいろです。透明度を維持しやすいガラス製が一般的ですが、大きいサイズになるとかなりの重量になります。

熱帯魚の飼育初心者の方には、傷つきやすいアクリル製より、ガラス製の水槽をお勧めします。

また、水槽の種類と選び方は、見た目だけでなく、水質管理にもかかわってくることです。

水量の少ない水槽の場合は、熱帯魚のフン等による水の劣化が早く、水温や水質も変化しやすいため、水質管理が難しくなります。

飼育初心者の方は、部屋のスペースが許すなら、標準規格の水槽を選ぶのが無難と言えるでしょう。

熱帯魚のための、水槽の種類と選び方

熱帯魚が優雅に泳ぐ水槽(アクアリウム)は、インテリアとしても美しいものです。

しかし、水槽の種類と選び方は、見た目だけの問題でなく、熱帯魚が健康に生きていくための「水質管理」に直結することなのです。

ですから、熱帯魚を飼うときには、水槽の種類と選び方については、よく知っておかなければいけません。

まず、水槽の種類には、ガラス製とアクリル製があります。

ガラス製はやや重いですが透明度が維持しやすく、アクリル製は軽いけれど変形しやすい、という特徴があります。

熱帯魚をはじめて飼育する方には、ガラス製の方が扱いやすいと言えるでしょう。

次に熱帯魚用の水槽のサイズの選び方です。

「熱帯魚を飼うのははじめてなので、まずは小さい水槽で試してから……」と遠慮がちに言う方がいますが、じつは、水質管理は、小さい水槽の方が難しいのです。

熱帯魚のフンによって水が悪くなるのも早いですし、水量が少なければ、当然、外界の影響を受けやすくなり、水温や水質も変化しやすくなります。

熱帯魚の飼育初心者の方は、標準サイズ(横60センチ、縦36センチ、奥行き30センチ)の水槽でスタートするのが無難と言えます。

熱帯魚の飼育に慣れてきたら、水草の繁茂等、自然環境を再現するための、精巧なシステムの水槽の導入を検討していってもいいでしょう。

熱帯魚と水草

熱帯魚が泳ぐアクアリウム(水槽)に茂る青々とした水草――。

熱帯魚の水槽を見ると、なぜか落ち着いた気分にさせられるのは、熱帯魚そのものの美しさだけでなく、この水草によるところも大きいのではないでしょうか。

熱帯魚の水槽に水草を植えることは、見た目の彩りが良いからだけではありません。

水草は、熱帯魚のフンを吸収して育つため、水質を浄化する働きがあります。

また、水草は植物ですから、光合成のときに二酸化炭素を吸収し酸素を放出するため、熱帯魚にとって棲みやすく安定した環境が整うのです。

熱帯魚の水槽に水草を入れることは、魚にとっても、水にとっても、そして、それを見る人にとっても、メリットのあることなのです。

熱帯魚と水草について

熱帯魚が泳ぐ水槽は、最近、駅や役所の待合室や、オフィスの一角などに置かれることも多くなりました。

熱帯魚の色とりどりの美しさに加えて、青々と茂る水草は、私たちに癒しと安らぎを与えてくれます。

しかし、熱帯魚の水槽に水草を植える理由は、単に、見た目が良いからという理由だけではありません。

水草が光合成をすることによって、酸素が放出され、水質は安定します。また、水草は、熱帯魚のフンを吸収して生育するため、水質浄化作用もあるのです。

熱帯魚の産卵期には、水草が産卵場所になることもあります。

このように、水草と熱帯魚は、彩りの美しさを引き立てあうだけでなく、実質的にも利益のある関係なのです。

熱帯魚の病気

熱帯魚の病気には、主なものとして、白点病、尾ぐされ病、水カビ病などがあります。

熱帯魚が病気にかかっているかどうかは、体表を見て判断できるものもありますが、一般には、食欲不振になる、動作が不活発になるなどがサインです。

熱帯魚を水槽で飼っている場合、その病気のほとんどは、人的原因によるものと言われます。

熱帯魚は環境の変化に敏感なので、水温や水質が変わると、ストレスを感じたり、病気にかかったりしやすくなるのです。

病気の治療としては、環境による原因を取り除いたうえで、魚病薬による「薬浴」を行うのが一般的です。

熱帯魚を薬浴させるときには、処方どおりの薬の濃度を守ることが大切です。

熱帯魚を病気から守るためには、日々の水質・水温管理をきちんと行うこと。

――基本的なことですが、それが、結果的には一番の予防策となります。

熱帯魚がかかる病気

熱帯魚の病気の中では、白点病や尾ぐされ病、水カビ病などがよく知られています。

熱帯魚が病気になっても、犬や猫のように動物病院に連れて行けるわけではありません。飼育者が自らが、診断や治療にあたらなければいけないのです。

熱帯魚の病気の治療には、市販の魚病薬による「薬浴」を行うのが一般的です。その際の注意点としては、処方どおりの薬の濃度を守ること。

熱帯魚の病気の原因は、水質悪化によるストレスや、水温の急変など、環境の変化によるものがほとんどです。

ですから、病気予防のためには、日々の水質管理をしっかり行うことが大切です。

熱帯魚ショップ

熱帯魚を購入する際は、やはり熱帯魚専門のショップで購入するのが一番です。

熱帯魚ショップでは、各種の熱帯魚を取り揃えているのはもちろんですが、熱帯魚を飼うために必要な各種商品もあわせて取り扱っています。そして何より重要なのは、熱帯魚ショップには、熱帯魚に詳しい店員がいるということ。

熱帯魚は、言うまでもなく日本の魚ではありません。ですから、日本の気候においては、熱帯魚についての知識がないまま飼うと、熱帯魚を病気にしてしまったり、最悪死なせてしまったりもします。しかし熱帯魚ショップの店員は、多くの場合、そのへんの知識を補ってくれることでしょう。

通販をしている熱帯魚ショップもありますが、できれば店頭に足を運び、自分の目で熱帯魚の様子を確かめた上で購入したいものです。

熱帯魚ショップの長所

熱帯魚を飼いたい方は、一般のペットショップではなく、熱帯魚の専門ショップをあたることをオススメします。

熱帯魚ショップの主な長所としては、

・各種の熱帯魚を取り扱っている

・熱帯魚に詳しい店員がいるので、飼う際にアドバイスをもらえる

・熱帯魚の管理がきちんとなされている

・熱帯魚専用の各種商品もあわせて売られている

・熱帯魚に関する専門書を入手できる

といったところでしょうか。中には水槽の掃除なども請け負ってくれるショップも。

もちろん、以上の条件を備えていない熱帯魚ショップもないとは限りませんので、熱帯魚を買う際は、信用できるショップを探す必要があります。

熱帯魚は、日本の魚ではないので、日本で飼う際はいろいろ気を遣う必要があります。熱帯魚を買う際に、熱帯魚ショップでしっかりと注意点を聞いておくといいでしょう。

熱帯魚のネット通販

熱帯魚はその見た目の珍しさ・美しさのため、以前から多くの愛好家を獲得しているペットですが、インターネット全盛の現代では、ネットによる熱帯魚の通販も増えてきました。

熱帯魚のネット通販の良いところは、全国どこにいても、自分の好きな熱帯魚を探して買うことができること。ネット通販なら、自分が欲しい熱帯魚を探してリアルの店舗を回る手間が省けます。

ネット通販の場合、店とのやり取りは主にメールで行うことになりますが、当然メールでいろいろ問い合わせることができます。

熱帯魚のネット通販には、上記のようなメリットがありますが、熱帯魚を選ぶ際リアルの店舗で現物を見るのと同じというわけにはいきません。よってネット通販の場合、特にこだわりがあるようでしたら、メールもしくは電話で、納得いくまでこちらの要望を伝えると、より確実な買い物をすることができるでしょう。

熱帯魚を通販で

熱帯魚は、今や全国至るところで販売されていますが、「熱帯魚なら何でもいい」とおっしゃる方ならともかく、ある程度熱帯魚の知識がある場合は、「こんな熱帯魚が欲しい」という、何らかの理想があると思います。

しかし、熱帯魚に限ったことではありませんが、理想のものが見つかるまでリアルの店舗を探し歩くということは、なかなか大変なこと。こうした労力を飛躍的に軽減するのが、ネット通販です。

熱帯魚は言うまでもなく生き物ですから、本来はリアルの店舗で現物を見て、店員さんと相談しながら選ぶのがいいのでしょうが、なかなか思ったような店が見つからない方は、こうした通販を利用するのもいいでしょう。

ネット通販は、手続きも簡単。熱帯魚のネット通販をしている店舗は、今ではかなりの数にのぼりますので、かえってどの店で買い物したらいいか、迷ってしまうかもしれませんね。

熱帯魚の販売店選び

熱帯魚は日本においては、今や最もポピュラーなペットの一ジャンル。だから当然、熱帯魚の販売も、多くの店舗で行われています。

熱帯魚の販売は、熱帯魚専門店だけでなく、普通のペットショップなどでも行われています。特にこの手の販売店が少ない地域では、熱帯魚を買う際に、手近な販売店でろくに見もしないで買ってしまいがちですが、熱帯魚に関しては、販売店をある程度選んだほうがいいでしょう。

というのは――熱帯魚は日本の魚ではなく、名前通り熱帯の魚であるため、飼うにはさまざまな条件を満たす必要があります。こうした熱帯魚を飼うためのノウハウは、専門店の店員のほうが当然詳しいです。こういう理由から、熱帯魚を買う際は、できるだけ熱帯魚専門の販売店をあたるといいでしょう。

熱帯魚のネット販売

熱帯魚は、病院や店の水槽などでもお馴染みの、いわば「ディスプレイ」。その並外れた美しさは、ほかのペットとは違い、既にペットの領域を超越している感すらありますね。

熱帯魚は、多くの販売店で売られていますが、近年ではネット通販でも商品として取り扱われるようになっています。こうしたネット販売では、少ない労力で多くの店舗の中から理想の熱帯魚を探すことができるのが利点です。

熱帯魚のネット販売は、手軽な反面、リアルな店舗で店員さんと相談しながら現物を見て選ぶことはできません。悪質な販売店の場合、あまり状態の良くない熱帯魚を売っている場合も――熱帯魚のネット販売を利用する場合は、その店の評判・信頼度をある程度見極めてからにすることをオススメします。

熱帯魚用の水槽

熱帯魚を飼う際に絶対必要なアイテムとして、第一に水槽が挙げられます。熱帯魚は単なるペットではなく、ディスプレイ・インテリアとしても珍重されているものですから、熱帯魚を飼う際には、水槽にもこだわりたいものです。

熱帯魚用の水槽には各種あり、そのどれもが基本的に、熱帯魚が棲みやすいように造られています。それに加えて、熱帯魚の美しさが映えるような設計になっているものも少なくありません。

熱帯魚は、もちろん熱帯魚専用ではない水槽でも飼うことはできます。しかし熱帯魚は言うまでもなく日本の魚ではありません。よって、熱帯魚の飼育には、ヒーターやサーモスタットなど、熱帯魚が住みやすい環境を整えるための各種装置が必要になってきます。こうしたものの設置を考えると、水槽もそれなりの質のものが要求されます。

熱帯魚用の水槽選びは、専門店で選ぶのが無難でしょう。

熱帯魚の水槽の選び方

熱帯魚は熱帯の魚なだけに、自宅で飼うには各種の設備がどうしても必要になってきます。

熱帯魚を飼うのに必要な設備として第一に挙げられるのが、何と言っても水槽。もちろん水槽は見た目も大切ですが、熱帯魚は生き物ですから、熱帯魚にとって棲み心地の良い水槽を選びたいものですね。

熱帯魚を飼うにあたって、飼い主が初心者であったり飼う熱帯魚が少数だったりした場合、価格のこともあって、どうしても小さめの水槽を選びがちです。しかし、小さな水槽では水が汚れやすく、また水温や水質の変動も起こりやすいので、かえって管理が大変。ここは最低でも標準規格の水槽(横60×縦36×奥行30cm)を選ぶほうが無難です。

熱帯魚用の水槽選びは、可能であれば専門店で店員さんと相談しながらほかの装置と一緒に選ぶといいでしょう。

熱帯魚の飼育に必要な設備

熱帯魚はその容姿の美しさから、インテリア・ディスプレイとしても役立っています。とはいえ、熱帯魚も生き物。その飼育のためにはさまざまな設備と心遣いが必要です。

熱帯魚の飼育に必要な、基本的な設備としては、以下のものが挙げられます。

・水槽

・ろ過器

・照明(ライト)

・ヒーター

・サーモスタット

・水温計

・底砂

・バックスクリーン

・水槽のフタ

・水槽台

以上のような、熱帯魚の飼育に必要なものは、専門店などで買うことができますが、これらがセットになったものも販売されています。熱帯魚の飼育が初めてだという方などは、こうしたものを買い求めてもいいでしょう。そして飼育に慣れてきたら、これ以外のものを追って買い足してもいいと思います。

熱帯魚の飼育においては、設備も大切ですが、何より熱帯魚を愛する心を常に持ち続けたいものです。

熱帯魚の飼育

熱帯魚とは、言うまでもなく熱帯地方原産の魚。よって日本の風土で飼育するには、基本的にそれなりのケアが必要になります。

熱帯魚の飼育で特に気をつけたいのは、水質・水温の管理。これらがうまくいかないと、熱帯魚の飼育の途上で、寿命が来る前に死なせてしまいます。熱帯魚の中には高価なものもありますし、何より生き物ですから、できるだけ長生きさせるように、愛を持って飼育したいもの。

熱帯魚の飼育に不慣れな方は、購入の際に専門店で店員さんのアドバイスを受けるといいでしょう。また、熱帯魚の飼育に関する書籍やサイトなども参考にするといいですね。

熱帯魚の飼育には、知識や設備も必要ですが、熱帯魚の様子に対する細かい心遣いが必要なこともお忘れなく。

グッピーとは

グッピー(Guppy)とは熱帯魚の一種です。

グッピーは日本で親しまれている熱帯魚の中でも、特にポピュラーなもののひとつ。日本へは昭和初期に輸入され、その後帰化した外来種で、今でも、たとえば沖縄や温泉街の用水路などで見ることができます。

グッピーの全長は約5cmで、雄のほうが雌に比べて色も形も派手。グッピーは熱帯魚としては非常に丈夫で飼育や繁殖も比較的容易なため、「熱帯魚」が欲しい方にとっては(特に初心者にとっては)、グッピーは見た目・飼いやすさともに「もってこい」といったところではないでしょうか。

グッピーには多数の品種があります。これらは見た目もだいぶ違いますので、グッピーを選ぶのもそれなりに楽しい作業となるのではないでしょうか。

グッピーの選び方

グッピーは、言わずと知れた、観賞用の熱帯魚の代表格。「熱帯魚」の水槽があるところでは、よくグッピーの姿を見かけます。

グッピーはポピュラーな熱帯魚なだけに、入手も比較的容易です。

グッピーは熱帯魚の中でも、飼育・繁殖が比較的容易なため、グッピーを選ぶ際は、特に病気だったりしない限り、さほど神経質になる必要もないでしょう。

グッピーには外国産と国産のものがあります。国産のものは外国産に比べて割高ですが、日本の水で育っているため、外国産のものよりも強いようです。よって、飼育にいまいち自信がない方は、国産のグッピーを選ぶといいでしょう。

また、一言で「グッピー」といっても、観賞用に改良された品種が多数ありますので、ネットや店頭で自分好みの容姿のものを見つけてください。

ティアラとは

熱帯魚を扱う店は国内にもたくさんありますが、その中でも有名なものの一つが「ティアラ(Tiara)」。東京周辺では、かなり安くて大きな店として多くの愛好者に利用されています。

熱帯魚(海水魚・淡水魚)販売のティアラ
http://www.1123.jp/

ティアラの店舗は大宮(さいたま市)と横浜(町田市から移転)の2店舗。いずれも駐車場があり、車での買い物がしやすくなっています。ちなみにティアラは年中無休。これも利用者にはうれしいですね。

ティアラでは、各種の熱帯魚を取り揃えているのはもちろん、熱帯魚の飼育・繁殖に必要な各種アイテムもあわせて取り扱っています。店舗も買い物しやすい商品配置となっています。

ティアラに行ってみよう

「ティアラ」とは、横浜(2007年はじめに町田から移転)と大宮に店舗を持つ、熱帯魚の大型店。ティアラは関東近辺では、熱帯魚の愛好家の間では、わりと安くて大きい店として有名なようです。

熱帯魚(海水魚・淡水魚)販売のティアラ
http://www.1123.jp/

ティアラには、各種熱帯魚が取り揃えてあるのはもちろんですが、ティアラの売りのひとつが水草! ティアラでは、初心者向けの育てやすい水草から、マニアックなものまで各種取り揃えられています。もちろん水草以外にも、エサや機材、エビなど、熱帯魚の飼育に必要なものが揃っています。

ティアラのサイトでは、熱帯魚を飼う上で役立つ情報も発信しています。興味のある方は一度ご覧ください。

アクアお役立ち情報
http://www.1123.jp/yakudachi/index.shtml

ベタとは

ベタ(トウギョ/闘魚)とは、スズキ目キノボリウオ亜目ゴクラクギョ科ベタ属(またはトウギョ属)の淡水魚。しかし、観賞魚として「ベタ」と呼ぶ場合には、特にこの中の「ベタ・スプレンデンス」を指すことがほとんどです。

ベタはタイのメコン川流域原産の熱帯魚。現地では、大きな川や水田などに棲んでいます。ベタの主なエサは、動物性プランクトンやボウフラのような昆虫の幼虫類。

ベタはもともとオスが縄張りを持つ性質があり、縄張りの中に入るものを威嚇・攻撃します。それは飼育しているベタでも例外ではなく、この性質を利用して2匹のオス同士を戦わせて楽しむために飼われるようになりました。「闘魚」という名前も、こうした性質からきています。

ベタはこのように、本来は戦わせて楽しむためのものでしたが、より強い個体を求める品種改良の結果、見た目が美しいものが現われ、観賞用としても飼われるようになって、今に至っています。

ベタの種類

ベタはタイのメコン川流域原産の熱帯魚。「闘魚(トウギョ)」の別名があるように、オスには縄張りを持つ性質があり、縄張りに入るものに対しては威嚇し攻撃を仕掛けます。

観賞魚として「ベタ」と呼ぶ場合は、正確にはベタ属の中の「ベタ・スプレンデンス」を指します。これらは品種改良され、用途や外見によって、主に以下の3つに大別されています。

・闘魚として品種改良された品種(プラガット)

・プラガットができた後、さらに色の美しさを引き出した品種(トラディショナル)

・トラディショナルをベースに血統管理を繰り返した結果、大きな扇状のヒレとさまざまな色調を持つようになった個体(ショウベタ)

また、品種改良が加えられていない野生種のものは「ワイルド」と呼ばれ、これにはベタ属のほかの種類も含まれます。

オスカーとは

オスカー(Oscar)とはスズキ目・シクリッド科に分類される熱帯魚で、「アストロノータス(Astronotus ocellatus)」の別名です。ちなみに「オスカー」は英名。

オスカーの成魚は40cmにも達し、熱帯魚の中でも大型の部類と言えます。オスカーはアマゾン川流域を中心とした南アメリカ北部の湖や池、川などに棲み、現地では食用にされています。しかし日本では、オスカーはご存知の通り観賞用。

オスカーは肉食で、主なエサは小魚・貝類・甲殻類・昆虫類など。性格は攻撃的で貪欲、口に入る大きさの動物は何でも食べます。さらに、水面に落ちた動物まで食べてしまいます――オスカーのこうした性質を考えると、ほかの熱帯魚と一緒に飼う際は、特に小型のものと同じ水槽に入れることは絶対に避けなければいけません。

オスカーの飼い方

オスカーは、アマゾン川流域を中心とした南アメリカに分布している熱帯魚です。

オスカーは40cm前後まで成長するため、水槽は90cm以上の大型のものが必要になります。またオスカーは肉食ですので、エサも動物質のものが必要です。

オスカーをほかの熱帯魚と一緒に飼う際は、注意が必要です。というのは、小型の熱帯魚と一緒にすると、それらを食べてしまうからです。逆に、オスカーと同程度もしくはオスカーよりも大型の熱帯魚との混泳は、比較的成功しやすいようです。

とはいえ、オスカーは丈夫で人懐こいので、世話は比較的容易です。しかし、オスカーの水槽に手を入れると、噛み付かれることがあるので、ケガには注意しましょう。

テトラとは

テトラとは、南米原産のカラシン目カラシン科に属する小型魚類の総称です。体長は数センチ程度で、熱帯魚としては小さいですし、それほど派手でもありませんが、多数のテトラを泳がせている水槽は、それなりに見ごたえがあるものです。

テトラの中でも特に有名なものは、「ネオンテトラ」でしょう。ネオンテトラはその名の通り、ネオンのような輝きが楽しめます。ネオンテトラは熱帯魚としてはポピュラーな部類で、比較的簡単に手に入ります。ネオンテトラもアマゾン川上流地域が原産地ですが、日本には東南アジアや香港で養殖されたものが大量に輸入されているのが現状です。

ネオンテトラをもとに品種改良されたものも複数あります。店頭やネットで珍しいテトラを探すのも、熱帯魚好きにとっては楽しいものでしょう。

テトラの性質

テトラとは、南米原産の熱帯魚で、体長数センチという、小型の魚です。性格は概ね温和で、ほかの魚とも共存しやすい種です(とはいえ、大型魚と一緒にして食べられてしまうこともあるので、その点は注意が必要)。

テトラにはさまざまな種類があります。

熱帯魚オンライン図鑑 テトラの仲間
http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU20030110A/

テトラの中で一番ポピュラーなのがネオンテトラ。売っている店は多いので、比較的入手しやすく、日本でも多くの人に親しまれています。飼育も比較的容易ですが、逆に繁殖は熱帯魚の中でも特に難しい部類に入ります。

ネオンテトラの場合、人工飼料でも問題なく飼育できます。人工飼料は熱帯魚の専門店で買うといいでしょう。

グーラミーとは

グーラミー(Gourami)とは、スズキ目・キノボリウオ亜目に分類される魚のうち、ゴクラクギョ科など数十種の総称です。

グーラミーは熱帯魚として人気のある種類の一つで、その体色も多彩です。グーラミーの原産地はアジア、インドからマレー半島、東南アジア島嶼部などで、淡水または汽水(きすい)に棲んでいます。

グーラミーの中でも特に話題性のあるものとして、「キッシングググーラミー」が挙げられます。このグーラミーは名前通り、キスをすることからこの名があります。といっても、実際にはこれはキスではなく、オス同士の口で押し合う闘争行動がキスをしているように見えるのが本当のところですが――このキッシンググーラミー、日本では観賞用ですが、現地では食用にされています。

グーラミーの飼育

グーラミーは熱帯魚の一種で、そのさまざまな色彩から、日本でも多くの人に親しまれています。グラミーの原産国は、主にアジア、インドからマレー半島、東南アジア島嶼部など。

グーラミーの種類は多く、体長数センチの小型のものから、大型のものでは80センチにもなるものまでさまざま。また、グーラミーは熱帯魚としては比較的安価で、飼育の難易度も中程度のものが多いため、初心者にも飼育が比較的容易な魚でもあります。

グーラミーのその他の特徴としては、その繁殖行動が挙げられます。もちろんすべての種ではありませんが、口の中で卵を孵化させる種や、吐いて集めた気泡でできた巣に産卵する種類などがいます。

ディスカスとは

ディスカス(Discus)とは、南アメリカのアマゾン川などが原産の淡水魚かつ熱帯魚です。

ディスカスはスズキ目シクリッド科シムフィソドン属に分類される魚の総称です。ディスカスの体長は成魚で20cmほど。

ディスカスのネーミングの由来は、体が扁平かつほぼ円形(ディスク)であることからきています。

ディスカスは主に川の深い岩場や木の根が張り巡らされた水底などに棲んでいます。エサは水生昆虫やプランクトン(動物性・植物性)。卵は一度に50〜300個ほど産み、両親で卵を守ります。ディスカスの卵は数日で孵化。その後親魚は体から「ディスカスミルク」と呼ばれる粘液を出して稚魚に吸わせて育てます。子供の世話も両親で行います。

ディスカスの特徴

ディスカス(Discus)とは、南米原産の熱帯魚で、その円盤(ディスク)のような形状から、この名が付きました。

ディスカスはその鮮やかな模様から、熱帯魚としても人気が高い魚です。ディスカスの原種では褐色系統のものが多いですが、アジアやヨーロッパなどでは養殖・品種改良が盛んで、そこから赤やコバルトブルーなどの美しい種が数多く作り出されて、世界中に流通しています。

ディスカスは「熱帯魚の王様」とさえ呼ばれることもあります。値段はやや高価。

ディスカスの飼育は、熱帯魚としては難易度が高いため、初心者には敷居が高い魚です。せっかくディスカスを買っても、死なせてしまっては可哀そうですから、初心者はほかの入門者用の熱帯魚で腕を慣らしてから、ディスカスに挑戦するといいでしょう。

プラティとは

プラティ(Platy)とは、メキシコに生息する熱帯魚。プラティは卵胎生なので、卵ではなく稚魚を産みます。

プラティは飼育・繁殖が熱帯魚としては比較的容易なため、初心者に向いています。体長は5〜8センチほどです。

プラティもほかの熱帯魚の例に漏れず、品種改良が繰り返されてきました。その結果、プラティにも多くの美しい品種が誕生したのです。

プラティの代表的なものには、「レッド・プラティ」「ブルー・プラティ」「ゴールデン・ツインバー・プラティ」「タイガー・プラティ」「ヘルメット・プラティ」などがあります。そのどれもがそれぞれの美しさを持ち、観賞用魚として十分に楽しませてくれるものばかりです。

プラティを飼ってみよう

プラティは日本でも人気のある熱帯魚の一種。原産国はメキシコです。

プラティにもさまざまな種類があります。その主なものについては、以下のサイトを参考にしてみてください。

熱帯魚オンライン図鑑 プラティー
http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU20031022B/index.htm?FM=cukj&GS=aquarium

プラティは東南アジア各所で盛んに養殖されており、多くのカラーバリエーションがあります。

プラティの飼育には、45〜60センチの水槽で十分。また、プラティは中性〜弱アルカリ性の水を好みます。性質はおとなしく、世話も比較的容易ですが、水温・水質管理やエサを与えるなどの基本的な世話は当然必要ですから、寿命を迎える前に死なせるようなことのないよう、愛情を持って飼いたいものですね。

プレコとは

プレコとは、ナマズ目ロリカリア科アンキストルス亜科に分類される熱帯魚で、アマゾン川を中心とした南アメリカの熱帯域に分布しています。

プレコの正式名称はプレコストムス(Plecostomus)。しかし、飼育者の間では略称の「プレコ」が一般的になり、ついでに近縁の数属もまとめてプレコと呼ばれています。

プレコの性質は一部を除きおとなしく、いろいろな体色のものがいることもあって、観賞用の熱帯魚としては、人気のある種類の一つです。

プレコの口は吸盤状になっており、ガラス面や流木などのコケをこそげとるように食べます。プレコのこうした性質は、水槽の掃除役としても役立ってくれます。ただしその歯は強力なので、プレコを飼う際は、キズ付きやすいアクリル水槽は避け、ガラスのものを選ぶといいでしょう。

プレコを飼う際の注意

プレコとはプレコストムス(Plecostomus)の略で、ナマズの仲間の熱帯魚。アマゾン川を中心とした南アメリカの熱帯域に棲んでいます。

プレコもほかの熱帯魚の例に漏れず、実にさまざまな種類があります。性質は一部を除いてだいたい大人しく、水槽のコケも食べてくれるので、単なる観賞用にとどまらず、水槽の掃除屋として飼う人もいます。

プレコのサイズは種類によってさまざまですが、中には1メートル近くにまで成長するものも。そのため、プレコが成長し過ぎて手に負えなくなり、河川に捨てる人も少なくありません。しかしプレコは熱帯魚ですから、大概は冬の寒さに耐え切れずに死んでしまいます。せっかく飼うのですから、こうした可哀そうなことは避けたいものです。

また、逆に沖縄のような暖かい場所では、捨てられたプレコが野生化して問題になっています。プレコを買う際は、そのプレコが最終的にどのくらい育つのか、きちんと確かめてから飼うべきでしょう。

熱帯魚スクリーンセーバー

スクリーンセーバーにはステキなものがいろいろありますが、どうせならパソコン上で熱帯魚を飼いませんか?

「熱帯魚スクリーンセーバー」は、スクリーンセーバーの中でも人気のあるもののひとつ。スクリーンセーバーに凝る人が多いことからもわかる通り、スクリーンセーバーは単にパソコンを待機させている間の場繋ぎ(もしくはセキュリティ対策)という役割にとどまりません。スクリーンセーバーは、見て楽しめるものでなくては!

そこでオススメなのが、熱帯魚のスクリーンセーバー。熱帯魚のスクリーンセーバーは、フリーのものから有料のものまでいろいろ。その品質もピンキリで、コミカルなものからリアル系のものまであります。この手のスクリーンセーバーはまさに「よりどりみどり」ですから、これらの中からお好きなものをチョイスするといいでしょう。

熱帯魚スクリーンセーバーを使ってみよう

熱帯魚スクリーンセーバーは、リアルなものからコミカルなものまでさまざまな種類があります。選択肢はとても多いですから、人によって好みが分かれるところですね。

熱帯魚スクリーンセーバーは、フリーやシェアウェアのものなら、「窓の杜」「Vector」などで選ぶことができます。特にシェアウェアの熱帯魚スクリーンセーバーの場合、それなりのクオリティのものを入手できるでしょう。

リアル系の熱帯魚スクリーンセーバーなら、パソコン上でホンモノの熱帯魚を飼っているような気分が味わえます。熱帯魚スクリーンセーバーは、リアルの熱帯魚と違って世話も必要ありませんし、死なせてしまう心配もありませんから、生き物を飼うのが苦手な方は、熱帯魚スクリーンセーバーで、熱帯魚を飼っている気分を味わってみるのもいいと思います。

海水熱帯魚を飼ってみよう

熱帯魚は、広義では熱帯に棲む魚の総称ですが、一般に熱帯魚という場合は、色や姿が美しかったり珍しかったりするような観賞用の魚を指します。

熱帯魚には、当然淡水に棲むものと海水に棲むものとがあります。海水に棲む熱帯魚の代表的なものとしては、クロハコフグ・カクレクマノミ・フエヤッコダイ・ハナビラクマノミ・ナンヨウハギ・ハタタテダイといったようなものがあります。これらの海水熱帯魚は、どれもが色や容姿が美しく、熱帯魚の愛好家だけでなく、一般の人をもを魅了しています。海水熱帯魚は水族館にもいますから、過去にこうした海水熱帯魚を見たことのある人の中には、飼いたいと思ったことのある方も少なくないのではないでしょうか。

海水熱帯魚は、専門店で買うことができますが、淡水熱帯魚と比べると飼育の難易度はかなり高くなります。安易に海水熱帯魚に手を出して死なせてしまわないよう、購入の際は慎重に考えたいものです。

海水熱帯魚のレンタルサービス

海水熱帯魚とは、文字通り海水に棲む熱帯魚。サンゴ礁の海に遊ぶ色とりどりの海水熱帯魚たちを、みなさんも水族館やテレビなどで一度は見たことがあるのではないでしょうか。

海水熱帯魚は大変美しいものですが、淡水熱帯魚と比べるとその飼育はとても大変。淡水熱帯魚を飼っている人は多いですが、海水熱帯魚のほうは、飼うことを断念してしまう人も少なくありません。

それでも海水熱帯魚を飼いたいという方には、海水熱帯魚の世話を代行してくれるサービスがあります。

以下のレンタル業者はほんの一例ですが、海水熱帯魚を眺めて暮らしたい、もしくはインテリアとして利用したいという個人・企業にとっては、利用する価値があると思いますので、参考にしてみてください。

海水熱帯魚レンタル サニクリーン九州マリーンジェムサービス(福岡市近郊限定)
http://www.skkyu.co.jp/marine_gem.html

海水魚レンタル 有隣堂 マリーンジェム
http://www.yurindo.co.jp/marinegem/marinegem2.html

淡水熱帯魚

熱帯魚には、海水魚と淡水魚がいます。そして家庭やオフィスなどで飼われているのは、ほとんどが淡水熱帯魚。

淡水熱帯魚と海水熱帯魚を比べると、概して海水熱帯魚のほうが色彩が美しく、その動きも軽やか。それなのに、どうして淡水熱帯魚を飼っている人のほうが多いのでしょうか?

実は海水熱帯魚は、淡水熱帯魚と比べると世話が格段に難しいのです。そのため、生半可な気持ちで海水熱帯魚に手を出すと、死なせてしまいます。こうした理由で、淡水熱帯魚が多く飼われているのです。

とはいえ、淡水熱帯魚には淡水熱帯魚独特の良さがありますし、なかなかカワイイものです。特に熱帯魚初心者は、淡水熱帯魚の中の、難易度の低いものから飼い始めるのがいいでしょう。

淡水熱帯魚を飼おう

淡水熱帯魚は、派手な海水熱帯魚と比べると、いささか地味な印象がありますね。

淡水熱帯魚は、海水熱帯魚と比べると、概ね飼育・繁殖が簡単です(あくまでも比較の問題で、決して世話がラクなわけではないですよ)。ですから、熱帯魚を飼い始める方には、まずは淡水熱帯魚から入ることをオススメします。

淡水熱帯魚と一言で言っても、小さいものから大きいものまでさまざま。小さくカラフルなものも、大きくていかついものも、皆それぞれの魅力があります。中にはアロワナのような「生きている化石」と呼ばれる淡水熱帯魚も。

淡水熱帯魚は、専門店で手に入ります。購入する際は店員さんと相談しながら、自分が気に入り、かつ最後まで面倒を見切れるようなものを選びましょう。

 
メニュー
熱帯魚とは
熱帯魚とは何か?
熱帯魚の飼い方
熱帯魚の飼い方のコツ
熱帯魚用の水槽の種類と選び方
熱帯魚のための、水槽の種類と選び方
熱帯魚と水草
熱帯魚と水草について
熱帯魚の病気
熱帯魚がかかる病気
熱帯魚ショップ
熱帯魚ショップの長所
熱帯魚のネット通販
熱帯魚を通販で
熱帯魚の販売店選び
熱帯魚のネット販売
熱帯魚用の水槽
熱帯魚の水槽の選び方
熱帯魚の飼育に必要な設備
熱帯魚の飼育
グッピーとは
グッピーの選び方
ティアラとは
ティアラに行ってみよう
ベタとは
ベタの種類
オスカーとは
オスカーの飼い方
テトラとは
テトラの性質
グーラミーとは
グーラミーの飼育
ディスカスとは
ディスカスの特徴
プラティとは
プラティを飼ってみよう
プレコとは
プレコを飼う際の注意
熱帯魚スクリーンセーバー
熱帯魚スクリーンセーバーを使ってみよう
海水熱帯魚を飼ってみよう
海水熱帯魚のレンタルサービス
淡水熱帯魚
淡水熱帯魚を飼おう