様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 不動産投資

スポンサード リンク

不動産投資にかかる不動産

不動産の世界においては不動産投資というものがある。

不動産投資というのは、不動産買い取りに対して資本を投入する、地価の変動・上下というものがあるから、できるだけ、近接した場所で不動産を買い取る。そうするとその地域一帯における地下が上昇し、不動産の価格が上昇する。

不動産の価格が上昇した段階で、一気にそれらの不動産を売り払う。

結果、不動産投資のために買い取りを行う際に投入した最初の金額と、不動産を売却した際の差額分によって、一気にもうかるという、不動産投資における鉄則というものがある。

この鉄則に則って、不動産投資における資本をできるだけ増大させるような行為全般を指して、不動産業界における不動産投資という用語が使われているという現状が呈されているのである。

不動産業界における不動産投資の倫理性

不動産――それは「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。

不動産と対極にある動産は動かすことのできるものだから、これはいろいろとある。

不動産投資は、土地や建物という本来、価値のないものに対して価値をつけていくわけだから、幻影のようなものだ。

不動産における不動産投資は、幻影性を利用するのであくどいことをする奴もいる。

不動産自体は何ら変化しないのに、価値が変動しているかのように見えるのは、人々が共通の幻影を抱いているという、幻影に踊らされているという、一つの証左であろうが、不動産投資において、一定の倫理・歯止めのようなものがないと、バブル崩壊を引き起こすような悲惨な破局を迎えることは必至であろう。

不動産における競売と物件

不動産の世界では競売というものがあって、物件確保の際の一つの手段ということができる。

不動産は住む人がいて初めて成り立つが、例えばある不動産から、人がとんずらしたとする。

不動産を置き去りにする夜逃げというやつだが、物件が宙に浮いた形となる。

不動産の所有者は、たいていは負債を抱えていてその不動産・物件は債権者の手に渡る形となる。

不動産の債権者は物件を処理したい場合に、物件を売り出し、物件に注目した人たちが、不動産に値段を付けていく。

不動産の値段をできるだけ高い値段をつけた者が最終的に落札するのが競売である。

不動産の世界では競売はよく行われることではある。

不動産の世界に競売はなじみやすい、競売というスタイルが物件の処分には好都合だから、不動産の世界ではよく用いられるのが競売という物件処理のスタイルなのである。

なぜ不動産だと競売が物件処理に適している?

不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人が、次から次へと値段をつけていく。

不動産における競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競い合って何とかその物件・不動産を自分の掌中に収めようとする。

それは非常に不動産物件の特性を考えてみてもらっても分かるように、もともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競売してつけていっても、実態がない。ゆえに、他の人には何らの迷惑を及ぼさないのであるから、競売して物件を競り落としたらいいでしょ?と不動産業界では、競売の利便性がことさらに強調される。

物件がだぶついて困っている人たちにも、非常に有益なる機会を提供するのであるから、当該手法が頻繁に用いられるゆえんである。

不動産入門、アパートとマンション探しのコツ

不動産を探そう!

不動産の中にはアパートとマンションがあって、マンション探しにはコツがある。

不動産の特性を抽出した各事項をあらいざらいチェックすることで、アパートを探すコツはまず押さえられるだろう。

マンション探しのコツはどうかというと、不動産探しの根幹的な原理に基づく。

アパートとマンション探しのコツを再考しさえすれば、「不動産入門」の定期刊行物の中で書かれているコツの項目を見るまでもない。

不動産の中に存在するアパートとマンション――特に後者は「マンション探しのコツ」として、シリーズとして第1回から第13回の講座が組まれている。

そのコツに関するレクチャーが不動産業界の重鎮たちによってなされるという、ある意味、壮観な地獄絵図が、そこに展開されていたのであった。

不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察

不動産物件の中にアパートとマンションがあることは前述の通りである。

マンション探しのコツについてもう少し考察を深めていきたい。

不動産と言っても、やはり、他の商材と同じく、自分のニーズをはっきりさせるというのが一つのコツとなろう。

不動産における自分のニーズをハッキリさせた上で、それがアパートなのかマンションなのか各不動産物件の定義に合わせて検討する。

不動産をアパートかマンションか選択し終わって、では、マンションを選択したとしよう。

すれば次にマンション探しのコツについての教授を受ける段階になる。

不動産の中のマンション探しのコツと言っても、何も特別なことではなく、不動産におけるアパート以外の自分の好みに対して、いかに適合させるか、と言う点が、不動産におけるマンション探しのコツということになってくる。

不動産における賃貸契約の注意点

不動産における賃貸契約の注意点について、話そう。

不動産における賃貸契約には注意点がいくつか存在している。

不動産における賃貸契約の注意点とは一体なんだろうか?

不動産における賃貸契約の注意点――それは、賃貸の契約における書面をしっかりと読むということが、不動産における賃貸契約の注意点における主要な第一点目となるのである。

不動産における賃貸契約の注意点の第二点目は、不動産における賃貸契約の注意点の書面を読む際に、決して読み誤らない、という点に、十分、注意を払う必要があるのだ。

不動産における賃貸契約の注意点というのは、ともすれば、非常に読み間違えやすい内容を含んでいる場合が少なからずあるので、不動産における賃貸契約の注意点をしっかりと声を出して読むことが肝要である。

不動産における賃貸契約の注意点の第三点目以降

不動産における賃貸契約の注意点の第三点目とは一体なんだろうか?

不動産における賃貸契約の注意点を決して侮ってはいけないのである。

不動産は、なぜならば、不動の財産であって、人の大切な財産である。

賃貸の契約の際には、その前提に基づいて、注意点が語られ、賃貸の契約において誤りや漏れがないように、最大限の注意点を配慮しなければならない。

これが不動産における賃貸契約の注意点の鉄則の筆頭に挙げられる事項なのである。

不動産――それは人々にとって雨露をしのぐ家であったり、土地であったり、もろもろの形態を取る可能性がある。

不動産における賃貸契約の注意点の複数の項目に掲げられている通り、賃貸契約の注意点を外さない形で、事態に対処して、悔いのない不動産における賃貸の契約を結んで欲しいと、注意点の執筆者は切に願うものである。

不動産における土地家屋調査士

不動産における土地家屋調査士という言葉を、いや、言葉じゃないな、役柄を、いや、職業を、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?

不動産における土地家屋調査士という言葉は、恐らくは皆さんの経験の中に、そんなに何度も何度も出てくる言葉ではないと思うのですよ。

なぜなら、土地家屋調査士という仕事自体が極めてレアーの仕事だという特性に由来するものだと思われます。

不動産における土地家屋調査士は、読んで字のごとく、土地とか家屋を調査するのが仕事というのは間違いないのですが、それでは一体何の仕事なのか?

という問いを発せられた場合に、真剣に真摯な回答が出来る人が、果たしてこの中に何人いるのか?

不動産における土地家屋調査士である私ははなはだ疑問であって、その答えをはっきりときかせていただくまでは、おうちには帰りません。

不動産における土地家屋調査士2

不動産と土地家屋調査士との関係は、一般にはあまり見えてこないものなのです。

不動産の土地家屋調査士、という言葉を聞くと、たいていの人は、引いてしまうので、これまで、殆ど問題化されてこなかったのです。

不動産における土地家屋調査士という職業を持たれた一群の方々というのは、確かにこの地球上に実在していますし、不動産における土地家屋調査士というジャンルにおける並々ならぬご活躍をされていますから、国民栄誉賞とか、紫綬褒章といった、誉れ高き栄誉に預かるチャンスが、いつの日か到来してもおかしくないのです。

不動産業界における土地家屋調査士の方々はしっかりと気を引き締めて、自己を律して、日頃の精進を毎日欠かすことなく、土地家屋調査士の仕事(大変ハードな仕事なのですが)を入念に怠りなく、遺漏なく、あますところなく、全力で打ち込んで、悔いのない人生の終焉を迎えて欲しいと思っております。

不動産取得税

不動産取得税とは、不動産を取得した時に課税される都道府県(地方)税です。

不動産取得税は、毎年課税される固定資産税や登記の時に課税される登録免許税と違って、あまり知名度が高くなく。しかも不動産取得税の税率も3%(〜4%)と高いため、納税通知書を見て「この税金はなんだ?」と驚いて管轄地方税事務所に苦情の電話をかけてくる方も多い税金です。

不動産取得税の不動産とは、土地・家屋をさします。不動産の取得とは、売買、贈与、交換、建築(新築、増築、改築)などの取得をさし、相続は除きます。

不動産取得税は、不動産登記をするしないにかかわらず、課税されます(中間登記省略も課税されます)。

不動産取得税の課税標準額(税率をかける額)は、土地・家屋の評価額であって、売買代金などではありません。評価額とは、総務大臣が定めた固定資産評価基準により評価、決定された額のことで、新・増築家屋等を除き、原則として固定資産課税台帳に登録されている価格をいいます。新・増築家屋の評価額は、管轄地方税事務所の課税担当者が、評価調査に赴き、評価額を算定します。

不動産取得税2

不動産取得税の課税標準額(評価額)が、土地10万円、家屋12万円(新築、増築、改築は23万円)未満の場合は、免税となります。

また、平成21年3月31日までに「宅地」を取得した場合の評価額は、1/2を課税標準額とします。

不動産取得税の税率は、不動産の種類と取得の時期によって異なります。

平成15年3月31日以前に取得 :「住宅」3%、「住宅以外の家屋」4%、「土地」4%

平成15年4月1日〜18年3月31日:「住宅」3%、「住宅以外の家屋」3%、「土地」3%

平成18年4月1日〜20年3月31日:「住宅」3%、「住宅以外の家屋」3.5%、土地」3%

平成20年4月1日〜21年3月31日:「住宅」3%、「住宅以外の家屋」4%、「土地」3%

住宅以外の家屋の代表例は店舗です。店舗兼住宅の場合は、それぞれの床面積にそれぞれの税率をかけます。

不動産を取得した場合、管轄地方税事務所に申告することなっていますが、実際には申告はほとんどされません。登記申請からの確認や市町村固定資産税からの情報や現地調査によって、課税事務が行われています。申告しなかったからといって不動産取得税を免れるわけではありません。

不動産取得税は、条件を満たせば税額が減額されることもあります。気軽に管轄地方税事務所に問い合わせてみてください。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、不動産を担保としてお金を借り入れることをいいます。不動産担保ローンの担保となる不動産は、借入する人もしくは保証人に所有権のある不動産です。

ローンには、特定の目的のためのローンと目的のないフリーローン、そして担保の設定が必要ないローンと担保の設定が必要なローンとあります。特定目的のローンとフリーローンでは、前者の方が審査が厳しい分フリーローンより金利が低く、有担保ローンと無担保ローンでは、担保がある分有担保ローンの方が金利が低くなっています。

不動産担保ローンは、フリーローンかつ有担保ローンですから、審査が迅速で短期間に融資が実行され、かつ有担保であるため金利が低く設定されます。また不動産の価値にもよりますが、無担保ローンでは借りられない数百万円〜数千万円の借入れ、長期返済(20〜30年)も可能となります。

不動産担保ローンでは、担保となる不動産に抵当権がつくことになります。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、所有する土地や家屋といった不動産を担保にするローンなので、審査が迅速で短期間に融資されるケースが多いです。

銀行から事業資金を受ける時、審査に時間がかかっている場合、事業主が自宅を担保として不動産担保ローンを利用して、当座の運転資金を借り入れたり、銀行からの融資のつなぎに利用することもできます。

不動産担保ローンは不動産を担保とするといっても、ある程度の返済能力がないと当然借入れできません。

不動産担保ローンの最高限度額や金利は、ローン会社によって異なりますので、よく調べてから借りるといいでしょう。一般的な金利は、約7%〜15%が相場です。長期返済が可能ですが、長期になればなるほど支払う利息が高くなることはいうまでもありません。

また、不動産担保ローンでは、返済不能となったら当然抵当権が執行され、不動産をもっていかれます。他のローンに比べ利点も確かにありますが、むやみな高額の借入は禁物でしょう。

土地評価とは

「土地評価」とは、所有している土地にいくらくらいの価値があるのかを評価することです。特に土地を売りたい人や、土地の相続の問題に直面している人にとっては、この土地評価というものは、結構切実な問題かもしれません。

土地評価においては、原則として、宅地・田・畑・山林などの「地目」によって、その価値が変わってきます。土地評価の方式は2種類、「路線価方式」と「倍率方式」があります。これらは土地評価の目的によって使い分けられます。

土地評価は、不動産業者などで受け付けてもらえます。自分が所有している土地を売りたい場合などは、業者によっては無料で相談もしくは査定をしてくれますので、相続や売却などの事情によって土地評価が必要な方は、このようなサービスを利用するといいでしょう。

土地評価の方式

土地評価とは、所有している土地を金銭に換算した場合いくらになるかを算出する方法です。

土地評価は、主に不動産業者などで受け付けてもらえます。土地を売却したい場合や、相続の必要が生じた際などは、土地評価が必要になってきますので、このような業者に相談するといいでしょう。

土地評価では、原則として、宅地・田・畑・山林などといった「地目」によって価値が変わります。そして土地評価の方式は2つ。「路線価方式」と「倍率方式」があります。

土地評価の方式のうち、「路線価方式」においては、道路ごとに千円単位で1平方メートルあたりの「路線価」が定められており、それに土地の面積を掛けて評価額を出します。この方式では、土地の位置や形状などによって評価額を調整します。

一方「倍率方式」は、各市町村などが定めている固定資産税の評価額に、一定の倍率を掛けて評価額を出します。

土地区画整理法とは

「土地区画整理法」とは、土地区画整理事業について規定した日本の法律です。

ちなみに、土地区画整理法において取り沙汰されている「土地区画整理事業」とは、都市計画区内の土地において、公共施設の整備・改善および宅地利用の増進のため、道路を新しく作ったり、公共施設を新設したり変更したりすることを指します。

土地区画整理法における土地区画整理事業の実施の順番は以下の通りです。

1.都市計画・事業計画の決定。区画整理を行う地域の枠と、街路や公園などの場所の決定。

2.土地区画整理審議会の設置。

3.仮換地の指定。建物の移転工事、公共施設の工事。

4.換地計画の決定。

5.換地処分。土地建物の登記、清算金の交付、徴収。

土地区画整理法によって、土地区画整理事業はスムーズに行われることになります。

土地区画整理法の実際

土地区画整理法とは、土地区画整理事業についての詳細を定めた法律です。

土地区画整理法は、わかりやすくいうと、土地区画整理事業――区域内の土地を交換して、道路や公園といったような公共施設の整備・改善を行い、宅地を利用しやすくすること――をスムーズに進めるために施行されました。

土地区画整理法において、土地区画整理事業は概ね

(1)土地の所有者から公共施設用地を生み出すために土地の一部を提供してもらい(減歩)

(2)宅地の形を整えて交付する(換地)

といったプロセスで行われ、事業にかかる費用は原則として施行者(国土交通大臣、都道府県、区市町村、住宅都市整備公団、組合、個人等)が負担します。

都市計画にトラブルはつきもの。土地区画整理法は、土地区画整理事業においては、なくてはならない法律と言えます。

不動産相続と相続税(1)

不動産相続には、何かとトラブルが生じがち。不動産相続において、頭の痛いことの一つが相続税に関する問題ではないでしょうか?

不動産相続の際は、その不動産が一定の価値を超える場合、「相続税」がかかります。税金は原則として金銭で支払うことになっていますので、その不動産の値打ちに見合った現金を用意する必要が生じます。

そうなると、賃貸物件のように不動産からある程度の収入が見込める場合はともかく、それ以外のケースでは不動産の一部を換金しなくてはならないことも。しかし、そう簡単に換金できないのが不動産というものです。特に相続した財産の大半が不動産というケースでは、現金での納税は困難な場合も少なくありません。こうした場合、相続税はどうしたらいいのでしょうか?

不動産相続においては相続税をすぐに払えない人のために、「延納制度」「物納制度」というものがあります。不動産の相続税でお悩みの方は、こうした制度を利用するといいでしょう。

不動産相続と相続税(2)

不動産相続においては、その不動産が一定の値打ちを超える場合、相続税がかかります。相続税は、他の税金同様、原則として金銭で納付することになっていますが、不動産相続の場合は、すぐに相続税を払えないケースも少なくないため、「延納制度」「物納制度」といった制度が特例として認められています。

不動産相続における「延納制度」は、文字通り、納税を延期してもらうこと。将来的に相続税に見合った収入が見込める場合は、5年以内の延納が認められています。

 一方、相続税が払えず、不動産を換金しなければならないが、すぐに不動産を換金することができない場合は、20年間の延納も可能です。

不動産相続においては、延納制度の場合、一定の利息が付きます。これがイヤな方には「物納制度」があります。とはいえ、物納できるものは限られていて、優先順位としては

(1)国債や地方債

(2)不動産や船舶

(3)社債や株式・証券投資信託と貸付信託

(4)動産

となっています。

不動産相続の際は、先々のことや不動産の価値なども考え、もっとも納付しやすい方法で、相続税を納めたいですね。

土地売却税とは

土地売却税とは、土地の売却の際に納付する税金です。

土地売却税がかかるのは、売却益が出た場合です。

土地売却税は、実際には所得税・住民税として納付します。土地納付税を納める時期は売却の翌年になりますが、所得税・住民税は支払い時期が異なるので注意が必要です。所得税は確定申告の時期で、住民税は翌年の5月頃に納付書が届きます。

土地売却税は、所有期間によってその金額が異なります。所有期間が5年以上の場合ですと、売却益に対してかかる税率は、所得税が15%、住民税が5%。5年以下では所得税30%、住民税9%となっています。ちなみに、土地の売却代金には消費税はかかりません。

なお、居住用の土地を売却する場合は優遇措置を受けられることもあり、その場合は譲渡益から3000万円を控除できます。

土地売却税の納付

土地売却税は、土地の売却で生じた利益に課される税金です。土地売却税は、所得税と住民税といったかたちで納付します。

土地売却税は、その土地の所有期間や使用目的によって、その額が変わってきます。所有期間が長く(5年以上)個人の居住用の土地である場合は、控除といった優遇措置が受けられることもあります。

税金は国や自治体の運営には欠かすことのできないものですから、土地売却税もきちんと納めたいもの。でも、家計を考えると、税金を必要以上に納めることは避けたいところです。土地売却税には、上記のような性質がありますから、土地売却税の納付の義務が生じたときは、知恵を使ってしっかり減税したいものですね。

建築基準法とは

建築基準法とは、建築物の敷地・構造・設備・用途に関する最低基準を定めた日本の法律です。

建築基準法は、1950年に制定されました。建築基準法においては、建築基準法に違反した建築に対する是正措置についても言及されています。

建築基準法が置かれた一番の理由は、やはり都市計画においての安全性でしょう。

戦後、日本の建築技術は目覚ましい進歩を遂げました。そのため、建築物のクオリティにおいては、一定の水準を満たすことが可能になったのです。そこで、建築物の安全性・安定性の基準を設けることで、国民の生活をより快適かつ安全なものになることを狙ったのが、この建築基準法というわけです。

建築基準法は、特定の建築物だけでなく、街全体の建築物に適用される必要があります。この措置により、街全体の安全の確保が図られることになるのです。

建築基準法の意義

建築基準法は、建築物の敷地・構造・設備・用途に関する最低基準を定めた法律で、1950年に制定されました。

建築基準法の目的としては、国民の生命・健康および財産の保護や公共の福祉の増進を図ることがあげられます。

建築基準法は、第二次世界大戦後の社会状況の変化と建築の技術の進歩を考慮し、従来の「市街地建築物法(1919年制定)」に代わって制定されました。

建築基準法は、都市を構成するすべての建築物において適用される必要があります。なぜなら、特定の建築物だけが建築基準法を満たしていても、その周囲に建築基準法を満たしていない建築物があると、地震や火事などの際に、その建築物の倒壊・破損などによって、周囲の建築物に身を置く人や通行人にまで生命や財産の消失の危機が及ぶ可能性は否定できません。

このような理由により、建築基準法は遵守されるべきなのです。

不動産登記とは

不動産登記とは、土地や建物といった不動産の物理的・客観的現状と権利関係を一般に公示するため「不動産登記簿」に登記することです。

不動産登記は、「不動産登記法」によって規定された、安全な不動産取引のための制度。不動産登記の事務は、登記所(法務局)にて「登記官」が行うことになっています(ただし「立木登記」のように、不動産登記法以外の法によって登記が行われる物件もあります)。

不動産登記簿は「土地登記簿」と「建物登記簿」に分かれており(一部例外あり)、これらの登記事項も若干異なっています。

不動産登記簿は、これまではバインダー式の帳簿でした(ブック・システム)。しかし昭和63年に登記事務をコンピュータ・システム化する法改正が行われ、その後徐々に全国の登記所でPCによる登記事務が普及していきました(この移行作業は現在も継続中)。このシステムにおいては、記録媒体である磁気ディスクが「登記簿」として扱われることになります。

不動産登記法

不動産登記法とは、不動産登記について定められた法律で、今から1世紀ほども前、1899年に公布されました。

不動産登記法はその後、時代の変化に従って幾度も改正を重ねてきましたが、2004年に至ってついに全面改正がなされました。さらに翌年の改正では、「筆界特定制度(ひつかいとくていせいど)」が新たに設けられています。

不動産登記法は、大まかに見ると、以下のような項目から成っています。

第一章 総則(第一条〜第五条)

第二章 登記所及び登記官(第六条〜第十条)

第三章 登記記録等(第十一条〜第十五条)

第四章 登記手続(第十六条〜第百十八条)

第五章 登記事項の証明等(第百十九条〜第百二十二条)

第六章 筆界特定(第百二十三条〜第百五十条)

第七章 雑則(第百五十一条〜第百五十八条)

第八章 罰則(第百五十九条〜第百六十四条)

附則

不動産登記法では、上記のように、登記に関する詳細を定めています。この不動産登記法によって、登記はもとより、不動産取引を安心して行うことができるというわけです。

不動産関連の資格試験

不動産というものは、私たちの社会では何かと重要な意味を持つものです。それゆえ、不動産関連の資格試験は、数ある資格試験の中でも、人気・重要度の高いジャンルの一つと言えるでしょう。

不動産関連の資格試験の例としては、

・土地家屋調査士:土地の境界に関する専門家。不動産の所有者に代わって調査・測量をしたり、表示に関する登記の申請手続きなどをすることが可能な資格。

・宅地建物取引主任者:主に不動産の権利の移転に関連した業務を行うための資格試験。

・不動産鑑定士:主に不動産の価値の鑑定や、不動産の利用・取引・投資に関する相談を受けることが主な業務内容。

・マンション管理士:マンションの管理人や所有者などからの相談を受けたり、指導や援助を行ったりすることが主な業務内容。

以上はすべて国家資格。不動産関連の職に就くことをお考えの方は、これらの資格試験に合格していると、何かと有利なことが多いようです。

不動産関連の資格試験を受けよう!

不動産は、運用の仕方しだいで「お金のなる木」になってくれます。それゆえ、ビジネスで不動産に関わっている方、もしくは将来そうなる予定の方は、不動産関連の資格試験を受けて合格しておくと、不動産に関する基礎的知識が身に付き、またそのスキルを客観的に証明する手段ともなるため、不動産関連のビジネスも比較的スムーズに運営できることと思います(もちろん場数を踏むことも重要ですが)。

不動産関連の資格試験の代表的なものとしては、「土地家屋調査士」「不動産鑑定士」「マンション管理士」「宅地建物取引主任者」(いずれも国家資格)などがあります。このうち特に「不動産鑑定士」は、不動産の鑑定から利用・取引・投資などの知識が必要な資格試験。難易度はとても高いですが、不動産鑑定士として身を立てたい方だけでなく、本気で不動産に関わりたい方にとっても、チャレンジする価値のある資格と言えるでしょう。

不動産投資信託とは

投資信託とは、投資家たちから集めた資金を一つにまとめて運用し、その結果得られた収益を投資家に還元するという仕組みのものですが、特に「不動産投資信託」と呼ぶ場合は、集めた資金を主に不動産に投資するタイプの投資信託を指します。

不動産投資信託では、集めた資金で賃貸用の不動産を取得、運営します。そしてこれらの不動産の賃貸によって得られる収入が、投資家に分配されることになるわけです。

不動産運営は昔から根強い人気のビジネスの一つ。不動産をうまく運営すれば、どんどん資産を増やすことが可能です。とはいえ、不動産は概してとても高額なものですから、個人で不動産を買うのはなかなか大変。その点不動産投資信託なら、比較的少額からでも不動産への投資を行うことができるので、不動産投資の入門としても最適と言えるでしょう。

不動産投資信託を始めよう

不動産投資信託は、投資先を不動産に特定した投資信託。小口化された投資口によって投資を行う不動産投資信託は、不動産に投資したくてもまとまったお金が用意できないという人にとっては、まさに福音と言えるでしょう。

日本の不動産投資信託としては、上場されている「日本ビルファンド投資法人」「ジャパンリアルエステイト投資法人」といった会社があります。

日本ビルファンド投資法人
http://www.nbf-m.com/nbf/

ジャパンリアルエステイト投資法人
http://www.j-re.co.jp/

これらの不動産投資信託は、一口がだいたい40万円〜50万円。この額なら、不動産投資もぐっと敷居が低くなりますね。また、不動産投資信託は、配当金もわりと高めで安定している傾向があります。「試しに不動産に投資してみたい」という方は、一口からでもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、不動産に関する国家資格の一つで、司法試験・公認会計士試験と並んで「3大国家試験」に数えられているものです。

不動産鑑定士国家試験は、国土交通省によって行われます。この試験は難関ではありますが、合格して国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録されると、不動産鑑定士としての業務を行うことができるようになります、

不動産鑑定士の主な業務としては、

・法律に基づく不動産の鑑定評価

・不動産の権利関係の確認のための登記簿などの閲覧および資料作成

・不動産の利用、取引、投資などに関する相談の受付

といったものが挙げられます。

不動産鑑定士の主な就職先としては、不動産会社や銀行(特に信託銀行)、不動産鑑定所といった所が挙げられますが、最終的には独立して自分の事務所を持つというのが一般的です。

不動産鑑定士は難易度が高い分、将来性もバッチリ。不動産にかかわる仕事に就きたい方にはお勧めの資格です。

不動産鑑定士試験

不動産鑑定士試験は、国土交通省によって行われる国家試験です。

不動産鑑定士試験は難易度が高いとはいえ、受験資格は特にありませんので、学歴や年齢に関係なく、実力さえあれば受験・合格できるのが魅力です。

不動産鑑定士試験は、2006年度から制度が変わり、短答試験と論文試験の2回の試験によって不動産鑑定士が選抜される仕組みになっています。試験が行われるのは年1回で、5月(中旬の日曜日)に短答式、8月(第1日曜日を含む土〜月曜日の3日間)に論文式の試験が実施されます。

ちなみに不動産鑑定士の試験会場は、

短答式:北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

論文式:東京都、大阪府、福岡県

となっており、短答式試験に合格し、論文式試験に不合格となった場合は、その後2年間、短答式試験が免除されます。

また、不動産鑑定士の試験内容の概要は、

短答式:「不動産に関する行政法規」「不動産の鑑定評価に関する理論」(各120分、各40問)

論文式:「民法」「会計学」「経済学」(以上各120分、各大問2題)「不動産の鑑定評価に関する理論」(240分、大問4問)「不動産の鑑定評価に関する理論(演習科目)」(120分)

となっています。特に論文式試験は、合計12時間にもおよぶ試験となります。

不動産賃貸仲介業者とは

不動産賃貸仲介業者とは、一般的には「不動産業者」と呼ばれる業者を指します。いわゆる「不動産屋」ですね。

不動産賃貸仲介業者は、不動産の貸し借りの仲介を主な業務としています。不動産賃貸仲介業者は、まず賃貸物件の持ち主から物件を預かり、広告を出すなどして借り手を募ります。そして借り手が見つかった時点で賃貸借契約を結び、そこで支払われる仲介手数料が不動産賃貸仲介業者の収入となるわけです。

不動産賃貸仲介業者は、賃貸借の仲介だけでなく、売買の仲介も行っています。「不動産賃貸仲介業者」と一言で言っても、貸す側の事情に通じている「元付け業者」と、買う側重視の「客付け業者」、もしくはその両方の業務を行う業者がありますので、不動産に対してどのような関わり方をするかによって、不動産賃貸仲介業者の「使い分け」をするといいでしょう。

不動産賃貸仲介業者の選び方

不動産の売買や貸借の際には、不動産賃貸仲介業者を介すると、手数料はかかるものの、契約がスムーズに運びます。とはいえ、力を入れている業務内容は不動産賃貸仲介業者によって大分違いますので、不動産賃貸仲介業者選びは慎重に行いたいもの。

不動産賃貸仲介業者には大きく分けて、不動産のオーナー寄りの「元付け業者」と、買い手・借り手寄りの「客付け業者」があります(双方の業務を並行して行うところもあります)。それぞれの特徴としては、

「元付け業者」は、地元に密着した不動産賃貸仲介業者に多いタイプ。そのため、物件そのものに詳しいだけでなく、周囲の地理・環境にも通じており、大家さんとも親しく、物件の賃貸借契約だけでなく、その後の管理も任されていることも少なくありません。住居を借りる場合などは、このタイプの不動産賃貸仲介業者を介すと何かと安心ですし、家賃の交渉などもしやすいです。

一方「客付け業者」のほうは、駅前など、人通りの多い場所に店を構えていることも多く、初めてその土地を訪れる人にとっては入りやすい店構えになっています。このタイプの不動産賃貸仲介業者は、広範囲の不動産の情報を有し、接客にも力を入れているため、相談もしやすいです。ただし扱うエリアが広いだけに、大家さんや物件自体の詳細はわからないので、住む場所がはっきり決まっていない場合や、大家さんや地域との密な関係があまり必要ないケースにおいて利用するといいでしょう。

 
メニュー
不動産投資にかかる不動産
不動産業界における不動産投資の倫理性
不動産における競売と物件
なぜ不動産だと競売が物件処理に適している?
不動産入門、アパートとマンション探しのコツ
不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察
不動産における賃貸契約の注意点
不動産における賃貸契約の注意点の第三点目以降
不動産における土地家屋調査士
不動産における土地家屋調査士2
不動産取得税
不動産取得税2
不動産担保ローンとは
不動産担保ローン
土地評価とは
土地評価の方式
土地区画整理法とは
土地区画整理法の実際
不動産相続と相続税(1)
不動産相続と相続税(2)
土地売却税とは
土地売却税の納付
建築基準法とは
建築基準法の意義
不動産登記とは
不動産登記法
不動産関連の資格試験
不動産関連の資格試験を受けよう!
不動産投資信託とは
不動産投資信託を始めよう
不動産鑑定士とは
不動産鑑定士試験
不動産賃貸仲介業者とは
不動産賃貸仲介業者の選び方