様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 美容整形

スポンサード リンク

美容整形とは

美容整形は、現在では多くの人が、以前よりも気軽に手術を受けています。

美容整形には、皮膚のしわとり、二重まぶた、隆鼻、豊胸などがあります。いずれも病気にかかっているわけではない、正常な組織に手術を施すものであるため、保険は適用されず、費用はすべて自己負担ということになります。

美容整形によって、容姿を美しくしたい人は後を絶ちませんが、特に顔の場合、手術の結果が自分のイメージと異なったりすることも多々あります。前述のように、美容整形の手術費は決して安いものではありませんから、実際に美容整形の手術を受ける場合は、本当にそれが自分にとって必要なものなのか、十分に検討してから受けるようにしたいものです。

美容整形の必要性

美容整形の手術が気軽に受けられる今の風潮は、特に「もっと美しくなりたい」と思っている女性にとっては、歓迎すべきことなのかもしれませんね。

美容整形の普及によって、たしかに容姿で悩む女性は少なくなりました。ちょっとした美容整形の手術を受けることで、特に顔はかなり印象が変わるため、これまで消極的だった人が、積極的な生き方ができるようになるなど、受けた人に喜びをもたらすことも多いようです。

美容整形は、このように、手術を受けた人の人生を変えてしまうほどの力がありますが、人間の魅力は外見だけが全てではありません。外見にとらわれ過ぎず、内面の美しさも追究していきたいものですね。

プチ整形

「プチ整形」は、昨今ではよく聞かれる言葉ですね。

「プチ整形」は、意味としては「メスを使わないちょっとした美容整形」といったところです。プチ整形は、その手軽さから、多くの人に愛好されています。

プチ整形はメスを使わないだけに、メスを使った本格的な美容整形と比べると、やはり効果の点では劣ります。とはいえ、プチ整形は、多くの場合は元に戻すこともできますし、不自然に変化することもないので、良い言い方をすれば、「自分の元の容姿を活かした自然な整形」ということにもなりますね。

「本格的な美容整形はちょっと」という方は、このプチ整形から試してみてはいかがでしょうか?

プチ整形の代表例

プチ整形はその手軽さで人気ですが、プチ整形の例としては、どのようなものがあるのでしょうか?

プチ整形の代表的なものとしては、たとえば以下のようなものが挙げられます。

・二重まぶた

・隆鼻

・唇、アゴのラインの整形

・シワやたるみの除去

プチ整形は、基本的にメスは使いません。そのため、整形できる範囲に限界がありますし、持続期間が短いものも。

とはいえ、特に二重まぶたに関しては、プチ整形での方法(この場合は細い糸を使います)でも、ほとんどの場合はきちんと二重まぶたになります。またプチ整形は、傷跡や痛み、失敗といったリスクも少ないので、上記のような内容の美容整形を検討している方は、まずはプチ整形で試してからでも遅くはないでしょう。

二重まぶた整形

二重まぶたの整形は、美容整形の中でも多く行われるものの一つで、プチ整形のカテゴリーにも二重まぶたの整形があります。

二重まぶたの整形にはメスを使う「切開法」と、プチ整形と言われる「埋没法」があります。特にプチ整形である「埋没法」は、失敗しても元に戻すことができるため、医師の方でも、二重まぶたの整形の場合は、まずはこの「埋没法」から勧めることが多いようです。

二重まぶたの整形は、技術的には簡単ですが、顔の印象をかなり変えてくれます。顔の美容整形をお考えの一重まぶたの方は、まずは二重まぶたのプチ整形から入ってみては?

二重まぶた整形への不安

二重まぶたに整形したいという人は多いと思いますが、整形する際にどうしても気になるのは、やはり失敗例のことでしょう。巷では、美容整形で美しくなったという広告や体験談があふれている一方で、美容整形に失敗したという「怖い話」もよく聞きます。こんな話を聞いたら、誰でも不安になってしまいますね。

二重まぶたの整形に関して言えば、事前にきちんとした知識を得て、段階を踏んで手術を受けるなら、あまり失敗を恐れることはありません。

二重まぶたの整形の場合、「埋没法」という、失敗しても元に戻せる方法があります。これで成功しない例は稀なので、本格的な二重まぶたの整形をする前に、埋没法を試してみても損はないでしょう。

豊胸手術について

整形にもいろいろありますが、バストの小さな女性にとって一番関心があるのは、やはり豊胸手術ではないでしょうか。

豊胸手術には「豊胸バッグ」といわれる人工乳腺を胸部に挿入するのが一般的です。

豊胸手術で豊胸バッグを挿入するには、ワキの下のシワに沿って、目立たない部分を最小限切開して挿入します。その時出来たキズは、時間がたてば目立たなくなります。

豊胸手術で豊胸バックを入れる場所は、一般的に2か所――つまり乳腺の下にある大胸筋の下と、大胸筋の上の乳腺下です。痩せていてバストが小さいひとには大胸筋の下にバッグを挿入する方法が向いており、ある程度バストにボリュームがある人には乳腺下にバッグを挿入する方法が向いているようです。

豊胸手術のいろいろ

豊胸手術にはいろいろな方法があります。

豊胸手術でもっとも一般的なのは「豊胸バック」を用いる方法です。これを胸部に挿入します。

豊胸手術で用いられる「豊胸バック」にはいろいろな種類があり、大きく分けて3つのタイプがあります。

「バイオセルバッグ」「CMCジェルバッグ」「クリスタルバッグ」の3つです。

バイオセルバッグはシリコン製バッグですが、シリコンが液状ではなく流動しないコヒーシブタイプで、耐久性に優れています。CMCジェルバッグは、医薬品や食品の原料としても使用されている物質「カルボキシルメチルセルロース」を使用したバッグです。クリスタルバッグは耐久性に優れていますが、バイオセルバッグやCMCジェルバッグに比べると、やや感触は硬く、仕上がりの感触は劣るようです。

豊胸手術は身体にメスを入れるので、バッグ選びも慎重に検討した方がよいでしょう。

ヒアルロン酸による豊胸

整形の豊胸手術にはいろいろな方法がありますが、一般的には「豊胸バック」を用いる方法が多いです。この場合は、ワキの下のシワに沿って目立たない部分を最小限切開し、豊胸バッグを挿入します。

ところで最近では、「豊胸手術で身体にメスを入れるのは嫌だ」という人のために、ヒアルロン酸を用いた豊胸手術がでてきました。これは胸にヒアルロン酸を注入して形や大きさを整える、最新式の豊胸法です。

ヒアルロン酸を用いた方法では、何といっても傷跡の心配がありません。豊胸手術を受ける人の希望により、目指すバストラインから、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入部分を決定します。

ただしバストに注入するヒアルロン酸は、2年から3年で体に吸収されるので、その点は注意が必要です。

ヒアルロン酸による最新整形豊胸術

豊胸の方法において、最近期待されているのが、ヒアルロン酸による豊胸術です。これはメスは使わずにヒアルロン酸を注入するだけで簡単に大きくできるもので、「プチ整形」として注目を浴びています。

整形手術による豊胸で、これまで主に行われていた方法は、ワキの下を数cm切開して医療バッグ(豊胸バッグ)を挿入するものでした。しかしヒアルロン酸注入法なら、メスはいっさい使わず、皮膚を切る必要もありません。豊胸手術を受ける人の希望のバストの状態・大きさ等を考慮に入れ、ヒアルロン酸を注入する量や注入ポイントをきめます。

ヒアルロン酸による豊胸は、豊胸バッグによる方法と違ってキズは残りませんが、効果は2年から3年なので、その点は注意が必要です。

整形手術を用いない豊胸マッサージ

豊胸を望むアナタ。整形外科による豊胸手術(バッグ挿入、ヒアルロン酸注入)しかないと思っていませんか。

整形外科による豊胸以外にも、実は手があるのです。

それは「豊胸マッサージ」です。豊胸マッサージ用のジェルが最近は売られているので、コレを用いて優しくゆっくり、お肌や細胞を傷めないようにマッサージするのです。

豊胸マッサージは、整形外科による豊胸のように劇的な効果は期待できませんが、形を良くしたり維持したりするにはとても良い方法だといわれています。

整形外科による豊胸で今より何サイズも大きなバストにすることを望むのでなければ、豊胸マッサージは気軽に出来る方法として、試してみる価値はあると思います。

整形外科による豊胸手術後のマッサージケア

整形外科による豊胸手術後のケアとして大事なのが、マッサージです。

整形外科による豊胸手術後の約5日目から、人工乳房の周囲には被膜が発生しますが、この被膜は人工乳房を包み、乳房は少しずつ硬くなります。そのようなことを避けるために一番よい方法としては、豊胸手術後しばらくしてから毎日乳房をマッサージすること。こうすることによって、被膜が厚くなる・拘縮する・硬くなるといったことを避けることができます。

このマッサージは、整形外科による豊胸手術後4か月から6か月位続ける必要があります。マッサージの力は強いほど効果的です。

マッサージは自分の手でもできますが、パートナーなど、他の人にマッサージに協力して貰ってもよいでしょう。

脂肪注入による豊胸整形術

豊胸整形術にもいろいろなやり方がありますが、触感を最も重視するならば、脂肪注入による豊胸術が一番といえるでしょう。

脂肪注入による豊胸は、術後の感触がもっとも自然です。また、脂肪注入による豊胸術は、身体に異物を入れる豊胸バックを用いる方法と違い、自分の脂肪を使うという点で安全も高い方法です。ただし、せいぜい1カップしか大きくできないというデメリットもあります。

一方、豊胸バックを用いた豊胸整形術では、2カップのバストアップが可能です。ただし感触に関しては脂肪注入による豊胸術に劣ります。また半年以上マッサージを続けなければいけないという難点があります。

脂肪注入と豊胸バッグ、どちらも長所短所がありますね。

脂肪注入による豊胸整形術2

豊胸整形術を受ける際、安全性と感触の両方を望むのであれば、脂肪注入による豊胸整形術が最も適しています。

ただし脂肪注入による豊胸整形術は、自分の脂肪を吸引して豊胸のために使うという性質上、胸以外の場所(お腹や太ももなど)にある程度脂肪がないと行えません。

脂肪注入による豊胸整形術は、脂肪を吸引した部分がスリムになり、胸だけが大きくなるというメリットがあります。全体のプロポーションを整えつつ、バストも大きくしたいという人には、脂肪注入による豊胸整形術は最適ではないでしょうか。

ただし脂肪注入による豊胸整形術は、豊胸バックを用いる方法と違い、1カップしか大きくできないというデメリットもありますので、そこはよく考えて検討してみる必要があります。

メスを使わない脂肪吸引整形術

脂肪吸引といえばメスを使うものと誰もが思っているようですが、最近の整形クリニックでは、メスを使わない脂肪吸引という施術が行われているようです。

メスを使わない脂肪吸引としては、「BTB脂肪排泄システム」という最新テクノロジーを駆使したスタイリングマシーンを使って、理想の体型を目指す痩身方法があります。

整形クリニックで、実際どのようなメスを使わない脂肪吸引の施術が行われているか、紹介してみましょう。

まずオイルを塗ってもらい、老廃物の排泄効果を高めるため、リンパマッサージを施術。その後スタイリングマシーンでの脂肪吸引トリートメント。気になる部分にマシーンを当てて、固くなった脂肪を柔らかくほぐしながら分解させます。

脂肪や老廃物は数日後、尿や便と一緒に、自然に体外へ排出されるそうです。これなら確かにメスを使わない脂肪吸引といえるでしょう。

メスを使わない脂肪吸引が整形クリニックでできる

最近の整形クリニックでは、「メスを使わない脂肪吸引」という施術が行われているようです。実際には「脂肪吸引」ではないのですが、メスを使わないで脂肪を排出することができる整形クリニックが増えています。

メスを使わない脂肪吸引には、整形クリニックごとに、様々な方法があります。

痩せたい部分に薬剤を注射注入し、脂肪を溶解させる方法「メソセラピー(脂肪溶解注射)」。

痩せたい部分にCO2(炭酸ガス)を注射注入し、細胞の代謝を促進し脂肪を減少させる方法「カーボメッド(CO2注射)」。

痩せたい部分の脂肪層内に極細のレーザーカニューレを差し込み、レーザー照射で脂肪溶解する方法「スマートリポ(レーザー脂肪溶解)」。

メスを使わない脂肪吸引には、ほかにも整形クリニック独自の方法があるようなので、気になる人は調べてみてはいかがですか。

整形外科でできる二の腕の脂肪吸引

整形外科でできる脂肪吸引といえば、お腹の脂肪を思い浮かべる人が多いでしょう。でも女性にとって気になるのはお腹の脂肪だけではありません。二の腕のプルンとした脂肪も気になります。

整形外科では、二の腕の余分な脂肪を吸引し、スッキリかつスラッとした細い腕にすることができます。

整形外科での二の腕の脂肪吸引手術は、ひじの内側のしわの部分に3〜4ミリの穴を設け、そこから医療用の管を挿入して、脂肪を吸引します。

片腕ずつ、バランスを考えながら脂肪吸引していきます。

二の腕は通常太りにくい部位ですが、いったん太ってしまうと痩せにくい部分のため、脂肪吸引に適した部位といえます。

二の腕の脂肪吸引整形術

二の腕は、外側には筋肉と硬い結合組織があり、内側もよく動かす部位ですから、元々は脂肪が多い部分ではありません。むしろ通常太りにくい部位といえます。

ただ二の腕の皮膚は非常に柔らかいため、年齢とともに弛緩し、脂肪の重みでプルンと垂れてきます。

しかもふつうのダイエットでは、このプルンと垂れてきた二の腕の脂肪はなかなか解消されません。そこでこのような二の腕には脂肪吸引――それも整形外科での脂肪吸引整形術がお役に立ちます。

二の腕の脂肪吸引は、わきの下のもともとある皺の部分を切開して、そこから行うので、傷跡はほとんど目立たなくできるようです。手術時間もお腹の脂肪吸引に比べて短くて済むようです。

顔の脂肪吸引整形術について

脂肪吸引は、身体のいろいろな部分で可能な整形外科の施術ですが、顔(フェイスライン)をシャープにするための施術としても適しています。

ダイエットでは、なかなか痩せにくいのが顔(フェイスライン)。短時間でシャープな輪郭を目指すなら、頬やあごの気になる部分を脂肪吸引する方法が一番でしょう。

顔の場合、脂肪吸引のカニューレを挿入する部分は耳たぶの裏のつけ根や鼻の内側なので、傷跡が目立つこともないようです。

顔の脂肪吸引、手術時間もお腹の脂肪吸引に比べると短く、だいたいの整形クリニックで、30分ほどで済むようです。術後5日ほどで、顔の腫れもひき、うつくしいフェイスラインになるとのこと。気になる方は一度試してみては。

顔(フェイスライン)を脂肪吸引で整える整形術

二重あごや下膨れなど、顔(フェイスライン)に頑固な脂肪がまとわりついた状態は嫌なものです。

ダイエットしてもなかなか顔(フェイスライン)の頑固な脂肪は落ちません。短時間でうつくしい顔(フェイスライン)に戻したい――そんな人にピッタリなのが、整形クリニックの脂肪吸引です。

顔(フェイスライン)の脂肪吸引では、頬の皮下脂肪をカンタンに取り除くことが出来ます。

顔(フェイスライン)の脂肪吸引の手術の方法ですが、耳たぶの後ろを約3ミリ切開して、そこから脂肪吸引のカニューラを挿入します。この手術では、顔専用として極細のカニューラを使用するので、傷跡も目立たないようです。

鼻の整形

鼻の整形術には、「隆鼻術」「鼻尖縮小」「鼻翼縮小」「わし鼻形成」など、さまざまな整形法があります。

鼻の整形についていくつか紹介してみましょう。

自然に鼻筋を通すには、シリコンプロテーゼ(シリコンインプラント)を入れる方法が一般的です。

小鼻縮小には、外側法。鼻の穴の膨らみの改善だけでなく、土台から鼻の幅を狭くすることができます。

鼻尖縮小には、鼻の皮下の軟部組織・軟骨を削り、軟骨縫合を行い、術後にギブスをする方法があります。

鼻先の延長には、シリコン+耳介軟骨移植。

大体どの鼻整形手術も、平均手術時間は2時間から3時間でおわるようです。

鼻の整形術

鼻の整形術は、大きく3つの方法に分けられます。

一つは物を入れる事によって、鼻の形を整える整形手術です。例えば、鼻先に軟骨を入れて鼻を長くしたり、プロテーゼや軟骨などを入れて鼻筋を通したりする手術はこれに入ります。

二つめは鼻を構成している骨や軟骨等を取る事によって、鼻の形を変える整形手術です。例えば鼻翼の張りを取ったり、わし鼻の人の骨を削ったりする手術はこれに入ります。

三つめは鼻を細くする事によって、鼻の形を変える整形手術です。例えば、鼻骨の幅を狭くしたりする「鼻骨骨切り」や、鼻尖の軟骨を縫い合わせて団子鼻を細くしたりするものは、これに入ります。

鼻の整形時には、こういった事を事前に調べてから、整形のお医者さんとよく相談するといいでしょう。

 
メニュー
美容整形とは
美容整形の必要性
プチ整形
プチ整形の代表例
二重まぶた整形
二重まぶた整形への不安
豊胸手術について
豊胸手術のいろいろ
ヒアルロン酸による豊胸
ヒアルロン酸による最新整形豊胸術
整形手術を用いない豊胸マッサージ
整形外科による豊胸手術後のマッサージケア
脂肪注入による豊胸整形術
脂肪注入による豊胸整形術2
メスを使わない脂肪吸引整形術
メスを使わない脂肪吸引が整形クリニックでできる
整形外科でできる二の腕の脂肪吸引
二の腕の脂肪吸引整形術
顔の脂肪吸引整形術について
顔(フェイスライン)を脂肪吸引で整える整形術
鼻の整形
鼻の整形術