様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 自動車

スポンサード リンク

自動車保険について

自動車保険とは、保険料を納めることによって、自動車で万が一事故を起こした時に生じる、様々な損害の金銭的部分を補償するための保険です。

自動車保険には、大きく自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険ともいわれており、自動車はもちろん二輪のバイクや原付も含まれ、公道を走る場合必ず加入しなければならない保険です。

自賠責保険は、交通事故の被害者への補償を目的とした保険ですから、他人をケガさせたり死亡させたりした時など「対人事故」のみに対して支払われます。よって、自動車を運転していた者がケガをしても死んでも、あるいは車両や建造物に損害があっても適用されません。

自動車保険において、自賠責保険はあくまでも最低限の保険。この加入だけで安心とはとてもいえないものです。よって、任意保険の加入が必要になってきます。

自動車保険をかけても

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制加入の保険であり、もし加入せずに自動車を公道走らせた場合、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点となり免許停止。自賠責の証明書を自動車に積んでいないだけでも30万円以下の罰金。自賠責保険に加入してなければ車検も通らないですし、さすが強制加入だけありますね。

自動車保険の任意保険が必要になってくるのは、自賠責保険でカバーされない部分の損害が、現実にはあるからです。自賠責保険で対人補償されるといっても、その額では現在では足りないことも多く、その上乗せ部分。自賠責では補償の対象外となっている運転者のケガ等の補償、車両や建造物の損害補償などがあげられ、それらをカバーするために任意保険に加入する必要があるでしょう。

しかし忘れてはいけないのは、自動車保険の任意保険に加入したとしても、カバーされるのは金銭的部分のみ。事故にあえば被害者・運転者双方、心身に深い痛手を負ってしまいますし、自動車事故の程度や内容によっては運転者に刑事罰が科せられます。自動車保険に入っても気を緩めず、常に安全運転を心がけたいですね。

自動車にかかる税金

自動車にかかる税金は、いくつかあります。地方税の自動車取得税・自動車税・軽自動車税と、国税の自動車重量税、プラス消費税です。

自動車を取得した時にかかる自動車取得税なんかは、自動車本体の費用とともに出費しまうせいか、わりとスルーしてしまいがちですが、自動車を保有している限り毎年かかる自動車税は、なかなかズシリとくるのではないでしょうか。名前もなんだかみんな似てるし、騙されてるような気もするかも^^;

自動車本体だけでも高価なお買い物なのに、その上税金までかかるとなると、消費者側からすれば懐の痛むお話ですね。しかし、自動車が走る公道を整備しなくてはなりませんし、自動車があることによって必要な行政措置というのがあるのも事実です。

自動車を購入する際は、そういった先々の税金の費用も頭に入れて。納税通知書がきてから「これは何だ?」と慌てたりしないようにしたいですね。

自動車税とは

自動車税とは、自動車の所有に対して課税される地方(都道府県)税です。その自動車の、主たる定置場(いわゆる車庫)所在の都道府県から課税されます。課税対象となる自動車は、道路運送車両法の適用をうける自動車のうち普通自動車と三輪以上の小型自動車となっています。

自動車税は、毎年4月1日現在の所有者に1年分課税されます。原則所有者に課税されますが、割賦販売等の場合で自動車の所有権を売主に留保している場合は、買主に課税されます。年度の途中で新規登録又は廃車をした場合(ただし、引越しや車の売買などによって「他道府県ナンバー」になった場合を除く)、月割計算して課税または還付されます。

自動車税の税額は、自動車の種類(乗用車、貨客兼用車、トラック)、排気量、用途(自家用、営業用)によって異なります。各都道府県自動車税担当事務所から送付されてくる納税通知書で、5月末日までに納めることと定めらています。

また車検を受ける時に、自動車税の納税証明書が必要です。納税通知書の一部は納税証明書用紙になっており、自動車税を納めたときにこれが「納税証明書」になりますので、車検証と一緒に保管するといいでしょう。

中古車の査定基準

中古車として自分の車が査定される時、その基準がどうなっているのか興味深いところですね。

中古車の査定基準は、まずその年式や走行距離がポイントとなります。もちろん、年式の古い中古車より新しい中古車の方が、そして走行距離が多いより少ない中古車の方が査定が高くなるのは、容易に理解できる基準だと思います。

しかし中古車の査定基準は、それだけで決まっているものではありません。実際は全国市場流通価格(オークション)を基準にした査定価格の方が、重視されているようです。これは市場の需給のバランスで決まるものですから、中古車の年式が古くても、人気色、人気車種であれば高値ということもありえるのです。

中古車の査定基準として「人気のある車種」とは、新車の人気とは異なる場合があります。それは、新車なら高すぎて買えないけど中古車なら安いから買える=人気が出る、といった事情もあるからです。

一般的には、オートマ車のほうがマニュアル車より高い査定がつくようです。また人気車種は、季節や時期によって車種が変動するようです。

中古車の査定基準2

中古車の査定基準は、オークションで人気のある車種、人気の色というのがかなり重視されることになります。しかしそうはいっても、中古車の査定基準のベースは、車の性能=年式や走行距離、車の現状(状態)であることに変わりありません。そういうことからいっても、普段から車をキレイに使っていると査定では有利でしょうね。

中古車の査定は、今ではインターネットで、型式や年式等を入力することで簡単にできます。しかしそれはあくまでも参考価格、実際には業者に車を見て査定してもらうことになります。

査定をしてもらう時は、洗車して、車内の荷物は片付けておきましょう。年式や走行距離は数字ではっきりしてますが、車の状態というのは見た目の印象が強いもの。これは立派な査定基準ではないかと思います。ドロドロに汚れていては、査定も低くなってしまうでしょう。

その他、中古車の査定基準以前の話ではありますが。車検証や自賠責、整備記録などを、車にきちんと備え付けておきましょう。

車選びのポイント1

車選び、これはなかなか高額なお買い物ですから、ポイントを押さえて選びたいものですね。早く車に乗りたい!というはやる気持ちを押さえて、車選びのポイントをチェックして、いいお買い物をしましょう。

車選びのポイントの一つ目は、まず経費を見積もること。車の本体価格だけが車にかかる費用ではありません。自動車税、重量税、取得税などの税金と自賠責保険や任意保険、車両保険などの保険料、そして車の駐車場代が必要になります。さらにガソリン代(燃費計算)、車検代等もあります。これらの経費を含めた維持費を見越して計算するのが、重要な車選びのポイントです。

車選びのポイントの二つ目は、メーカーにこだわるか、目的にこだわるかです。車は使い勝手がいいのが一番ですから、後者が賢明。しかしこだわりのメーカーに強い気持ちがあるなら、他メーカーを選んで不満が続くのも楽しい話じゃありません。これはもう気持ちの問題ですから、即決めるのではなく試乗をたくさんさせてもらって、満足のいく選択をするといいでしょう。

車選びのポイント2

車選びはポイントの三つ目は、車庫の大きさの確認、車の大きさの確認を必ずすることです。車庫に入れる度にこすったり、果ては車庫に入らなかったり。。困りますよね。戸外の駐車場にしても、隣の車に接触は避けたいものですし。

車選びのポイントの四つ目は、必ず試乗してから買うこと。車は乗ってみて、前方、後方の見通しなど運転のし易さというのが実感できます。わたしの友人では、ニ週間も試乗させてもらえて。当初は違う車にする予定だったのが、試乗した車にしたという人もいます。それだけ試乗させてくれた販売店の太っ腹も、車選びのポイントかもしれません^^

車選びのポイントの五つ目は、家族構成を踏まえて、ですね。これは車選びのポイント二つ目の「目的」に関連しますが、独身者が選ぶ車と、家族、しかも小さい子供がいる(あるいは生まれる)家族の選ぶ車とでは、違ってきます。チャイルドシート設置が必要となるなら、その分を考慮しなくてはなりません。

その他のポイントとして、新車にするか中古車にするかというのもありますね。初めての車なら中古車の方が無難ですが、良い中古車を選び切れるかどうか…車選び、なかなか大変なものですね。

自動車免許持ってる!

自動車免許、わたしも何故か持ってます。というと、多くの人が、いや全ての人が、「辞めろ、絶対運転するな!」といいます。「ごめん、あなたが自動車免許を持ってるなんて話、聞かなかったことにするから」とまでいった人もいます。

自動車免許を持っていても、こういわれるだけあって、わたし、運転できません(照)。でも、自動車免許って身分証明書になるから、便利じゃないですか♪ ちゃんと更新してます、もちろんゴールドですとも!!

いちおう自動車免許を取ることにしたのは、将来結婚したら、だんなさんを駅まで送り迎えするんだもーんって夢みたからでして、ええ。夢みる力って大きいですよ、かなり、かなーり苦労しましたが、大学の全ての授業を放棄して(卒業単位は当然修得済み)ゲットしました。

実際のところ、わたし、いっぺんにいろんなことできなくて。だから道曲がれなくて、そんなウィンカーつけて左右確認して、ギアチェンジして、ハンドル回してなんて…めまいがしそうです。運転席で助手席の人に「ブレーキ、どれ?」と訊いたこともあるし(どうして自動車免許とれたのだろう)

自動車免許を持っていても。こういう人は運転を控えましょうね(いや、免許持ってちゃいけないと思う。。)♪

自動車免許について

自動車免許といっても、その種類はたくさんあります。まず大きくニ種類、タクシーの運転免許のように商用目的とした「二種免許」と、商用目的としない「一種免許」です。二種免許は一種免許保持者しか受験できません。

自動車免許といえば、通常は普通自動車免許をイメージするのが一般的だと思いますが、その他にも大型免許、大型特殊免許、けん引免許、小型特殊等々あります。仮免も自動車免許のひとつです。

自動車免許の取得の方法は、一般的なのは、教習所に通って仮免を取得し、運転免許試験試験場に行って筆記試験を受けて合格する方法です。教習所に通う分のお金と時間はかかりますが、運転免許試験場での技能試験が免除されるので、確実に自動車免許をゲットできます。

教習所での時間を短縮したのが、いわゆる合宿免許です。一定期間教習所に滞在して、全ての教習をこなし、集中して自動車に乗ることで運転技術が上達しやすいメリットがあります。短期間にゲットしたい!という人にオススメです。

一番安上がりなのが、直接運転免許試験場に行って、学科&技能試験を受けて自動車免許をゲットする方法。一発で合格すれば確かに最も安上がりですが、なかなか難関といわれておりますので、よほど運転技術(実際の運転技術というより、安全確認とか教習所テキストに添った運転技術)に自信がある人以外は、かえって高くつくかもしれません。

自動車事故

自動車を持つというのは、活動範囲もぐっと広がって、なかなか楽しいものですね。しかし、自動車を持ったら忘れてはいけないのは、事故。縁起でもない話ではありますが、しかし、自動車事故は誰にでも起きることと、日々慎重すぎるくらいで丁度いいかもしれません。

自動車事故の統計を見てみれば、平成17年で、事故発生件数933,828件、死者数6,871人、負傷者数1,156,633人となっております。毎日どこかで約2500件の事故が起きており、約18人の人が事故で亡くなっており、約3200人近くの人が事故で負傷してる計算になります。参考までに、全国市町村で人口3200人未満の市町村は、2004年調べで23町93村あります。この規模の町村民全体が、毎日負傷者となってると考えると、すごい話ですよね。

自動車の事故は、運転者だけの責任でないことももちろんあります。しかし、飲酒運転やスピード違反等、まずは運転者がルールを守ることで防げる自動車事故が多いのも事実です。自分の運転を過信しないで、安全運転を心がけていきましょう。

自動車事故を起したら

自動車事故はできれば起こしたくないもの。起こさないように細心の注意を払って自動車を運転したいものですね。しかし、不運にも自動車事故を起こしてしまったら!

まず、逃げてはいけない。最近、飲酒運転で自動車事故を起こして、飲酒がばれるのが怖くて逃げたといったようなケースがあって、大変世間を騒がせましたが、結局、自動車事故を隠し通せることでもなく。心証を大いに悪くしてしまったと思います。

自動車事故を起こしたら、まずは人命救助、そして警察に連絡、そして加入している自動車保険会社に連絡です。心はかなーり動揺&陰鬱にはなるとは思いますが、起きてしまったものには対処しないといけない。それが自動車を運転するという責任と思うしかないですね。運転している自分の命が危なくなる自動車事故だってありえます。自分の命と同様、相手の命も大切にしましょう。

中古自動車を買う際の注意点

自動車を買うなら、本来は誰もが新車が欲しいでしょう。しかし、金銭的な理由などで中古車を選ばざるを得ないケースも少なくありませんね。

中古自動車を購入する際は、たとえば以下のことに気をつけてみてください。

・価格・走行距離・車検証有効期限等、「プライスボード」は徹底的にチェック

・信用できる店で買う

・外装はもちろん、内装のチェックも忘れずに

・お店の人の話をよく聞く。ちょっとでも疑問があったら必ず質問

・「お得」と感じられるか

・本体価格だけでなく、税金や保険料のことも考慮する

中古とはいえ、自動車を買うということは、決して安い買い物ではありません。中古車は新車とは違い、やはりある程度使用されたものですから、中古自動車を選ぶ際は新車よりも慎重に選びたいものです。

自動車の中古パーツのネット販売

自動車のパーツも、多くは決して安いものではありませんから、中古で購入することを検討しておられる方も多いことでしょう。

自動車の中古パーツは、従来のような店頭販売以外に、近年ではネット販売をしている店も増えてきています。

自動車の中古パーツのインターネットでの購入は、他のネットショッピング同様、非常に手軽です。しかし、あくまでも中古品ですから、新品同様というわけにはいきませんし、何より自動車のパーツなので、場合によっては自動車の安全性に関わるようなことも。

自動車の中古パーツを購入する際は、可能な限り現物を見て決めたいものです。しかし、やむを得ずネットショッピングで自動車の中古パーツを購入する場合は、できる限り信用できる店を選ぶようにすることが大切です。

ガソリンの節約術(1)

ガソリンの価格がどんどん上がって行く今日この頃、車をお持ちの方の多くは、ガソリンの節約術に頭を悩ませておられるのではないでしょうか?

ガソリンの節約術は、いくつかありますが、一番確実なの節約術は、車に乗らないこと(爆)……って、こんなことを言ったら、「必要があって車を買ったのに、使わなければ意味がないじゃないか!」と怒られそうですね。そこで現実的な提案です。

ガソリンの節約術の一環として、車を使う頻度を少しだけ減らすというのはいかがでしょう。たとえばマイカー通勤をしている人だったら、週に1日は公共の交通機関(あくまでもガソリン代と比較して安ければの話ですが)もしくは自転車を利用する。プライベートでは、自転車や徒歩で移動できる距離なら、極力自動車を使わない――まあ、ガソリンの節約術としては「塵も積もれば」というレベルかもしれませんが、健康や地球環境のためには、こうしたことも必要です。それに、「塵も積もれば」というのも、実はバカにできないものですよ。

ガソリンの節約術(2)

ガソリンの節約術にはいくつかありますが、「車に乗る頻度を減らす」に次いで確実なガソリンの節約術としては、「燃費の良い車に乗り換える」というものが挙げられます。とはいえ、車は決して安いものではありませんので、ガソリンの節約術としては、万人に有効だとと言えません。

ガソリンの節約術で、誰もがすぐにでも始められるものとしては、「ガソリンの安い店で買う」ということでしょう。ガソリンスタンドがガソリンの価格を決める場合、やはり周辺の店の価格を無視できないようで、「ガソリンが安い地域」というものは確かに存在しています。よって、そういった「ガソリンの安い地域」を探して給油するようにするといいでしょう(こういった情報は、ネットなどで知ることができます)。

ガソリンの節約術に関して、そのほかには、細かい自動車の性能にこだわらない人なら、ハイオクからレギュラーに切り替えるという手もあるでしょう。さらに、セルフのガソリンスタンドなら、ガソリンも若干割安です。

道路交通法とは

道路交通法とは、昭和35年(1960年)にできた、道路における危険を防止し、交通の安全と円滑を図り、道路の交通に起因する障害の防止に役立てることを目的とした日本の法律。通称「道交法」とも呼ばれています。

道路交通法は、全部で9章の132条まであり、道路交通法は毎年のように、改正・施行されています。現法律の最終改正は平成18年12月22日(2007年5月現在)。

道路交通法は、道路を使用するすべての人に関わる法律です。車を運手している人ばかりでなく、同乗者や歩行者、自転車走行、道路の使用、運転免許に関することなどが定められています。もちろん違反者に対する罰則規定も設けられています。

近年改正されテレビなどでも話題になったものとして、以下が挙げられます。

○危険運転致死傷罪の新設(平成13年12月より新設・施行)

○運転中の携帯電話の使用禁止(平成16年11月1日から施行)

○放置車両の処分期間、短縮(平成16年11月1日から施行)

○飲酒運転の呼気検査を拒否した人に対する罰則の引き上げ(平成16年11月1日から施行)

○暴走族対策(集団暴走行為は被害者の有無にかかわらず、罰則を適用)(平成16年11月1日から施行)

○違法駐車対策の強化(平成18年6月1日から施行)

○中型自動車・中型免許の新設(平成19年6月8日までに実施)

道路交通法の条文(総務省行政管理局)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

道路交通法違反

道路交通法とは、1960年にできた、道路を使用する人すべて、つまり歩行者も車に乗る人も含めたすべての人の安全と円滑なる運行を守るための法律です。全部で9章の132条まであり、道路交通法は毎年のように改正・施行されています。

道路交通法の違反者には、罰則が科せられることもあります。まず道路交通法違反者に対する点数制度。これは知っている人が多いと思いますが、内容により点数を設け、違反をした場合はその点数に応じて運転免許証に行政処分を課す制度です。一番重い処分が免許の取り消しになります。

交通違反の点数一覧表(警視庁)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/gyousei/tensuu.htm

ほかに道路交通法違反で運転者に課せられる責任には、刑事上の責任、民事上の責任があります。違反による反則金、罰金などは刑事処分、事故などで相手に対する賠償は民事処分となります。

道路交通法違反者に対するこれら3つの責任は、完全に独立して動きます。それぞれが一切連動せず、処理する管轄も全く異なっており、処理や手続きも平行に処理されていきます。

交通違反はしないこと!――これは運転する人ばかりでなく、道路を使用する人すべてが心がけたいものです。ちょっとした不注意が思わぬ大事故になることもあるのですから。

また、飲酒運転や無免許運転などの、悪質・危険な運転は、本人ばかりか関係のない他人の命まで簡単に奪ってしまうことになりかねません。運転者だけでなく、職場・家庭で、危険な運転を「しない・させない」気運を盛上げていきたいですね。

自動車リサイクル法とは

自動車リサイクル法とは、シュレッダーダスト(車の解体・破砕後に残るゴミ)、エアバッグ類、カーエアコン用フロン類を適正に処理し、車のリサイクルを促進するための法律で、2005年1月1日にスタートしました。

自動車リサイクル法が成立した背景には、次のような理由があります。

我が国では、年間約400万台の使用済自動車が発生しています。廃車後解体業者や破砕業者により、廃車一台あたり総重量の約80%がリサイクルされ、残りの約20%はシュレッダーダストとして、主に埋め立て処分されてきました。

ところが近年になって、この埋め立て処分のスペースが残りわずかとなっていることによるシュレッダーダストの処分費の高騰や、鉄スクラップ価格の低迷による不法投棄の多発といった事態が起き、大きな社会問題となりました。

また、カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類は、きちんと処理されないとオゾン層の破壊や地球温暖化問題を引き起こしてしまいます。さらに、処理に専門技術を要するエアバッグ類を装着した車も増えてきました。

こうしたことから、自動車リサイクル法が成立。自動車リサイクル法では、既存のリサイクル・処理システムを健全に再生させるとともに、環境保全を一層進めるという目的で、シュレッダーダスト、エアバッグ類、カーエアコン用フロン類の3品目の引き取りとリサイクル・適正処理を義務づけることになりました。

自動車リサイクル法は、自動車製造メーカー・輸入業者をはじめ、ユーザーや、新車・中古車販売業者、整備事業者、解体業者、破砕業者など、車に関わるすべての関係者の役割を定めています。

自動車リサイクル法の概要

自動車リサイクル法は、シュレッダーダスト、エアバッグ類、カーエアコン用フロン類を適正に処理し、車のリサイクルを促進するための法律です。

自動車リサイクル法は、車に関わるすべての関係者の役割分担を定めています。

○自動車製造メーカー、輸入業者〜自らが製造または輸入した車が使用済となった場合、その車から発生するフロン類、エアバッグ類、シュレッダーダストを引き取り、リサイクル(フロン類については破壊)する。

○引取業者(自動車販売、整備業者など)〜車の所有者から使用済自動車を引き取り、フロン類回収業者、解体業者に引き渡す。

○フロン類回収業者〜フロン類を回収し、自動車製造メーカーなどに引き渡す。

○解体業者、破砕業者〜使用済自動車のリサイクルを適正に行い、エアバッグ類、シュレッダーダストを自動車製造メーカーなどに引き渡す。

○車の所有者〜使用済となった車を引取業者に引き渡し、リサイクル料金を負担。

自動車リサイクル法は、ほぼすべての車が対象となります。トラック・バスなどの大型車、特種自動車(8ナンバー)、ナンバープレートのついていない構内車も、自動車リサイクル法の対象となっています。

 
メニュー
自動車保険について
自動車保険をかけても
自動車にかかる税金
自動車税とは
中古車の査定基準
中古車の査定基準2
車選びのポイント1
車選びのポイント2
自動車免許持ってる!
自動車免許について
自動車事故
自動車事故を起したら
中古自動車を買う際の注意点
自動車の中古パーツのネット販売
ガソリンの節約術(1)
ガソリンの節約術(2)
道路交通法とは
道路交通法違反
自動車リサイクル法とは
自動車リサイクル法の概要