様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ローン

スポンサード リンク

不動産担保ローンとは

不動産ローンは大きく分けると二つあります。一つは不動産担保ローン、もう一つは不動産融資ローンです。

不動産担保ローンとは、金融機関が不動産を担保として融資をすることで、借り主は自分名義の土地や建物といった不動産を所有していなければなりません。担保とする不動産の価値により、数十万円から数億円単位の高額な融資が可能になります。

不動産担保ローンの特徴は、融資を受ける際の審査が迅速で、短期間で融資が実行される点。また、融資金は、住宅ローンの場合、住宅の購入にしか使えませんが、不動産担保ローンは、事業や投機など利用目的の自由度が高いことです。しかし、金利は住宅ローンと比べると高く設定されています。

融資を受けるにあたっては、返済を続けられる収入があることが必要です。もし万が一、返済を続けることができなくなった場合には、残った債務の弁済のために、物件が競売などの方法で処分される可能性があることはいうまでもありません。

審査基準や金利、融資年数など細かい条件は金融機関によって異なりますので、自分にあった金融機関を選んでローンを組むのがいいでしょう。

不動産投資ローンとは

不動産ローンは大きく分けると二つあります。一つは不動産担保ローン、もう一つは不動産投資ローンです。

不動産投資ローンとは、賃貸マンションやビル、アパート、土地などを投資目的で購入する際、金融機関が無担保で融資するローンをいい、金融機関により、セカンドハウスローン、アパートローンなどと呼ばれている場合もあります。

バブル経済期の不動産投資は、購入した不動産の値が上昇することによって得られる利益が目的でしたが、デフレ時代の現在は、購入した不動産を賃貸して得られる家賃収入などから生まれる利益を目的とするものに変わってきました。

不動産投資ローンには、借りた銀行に預けた預金高とローン残高を差し引いた金額にのみ金利が発生する預金連動型や、預金と連動しない一般型、変動金利、固定金利などがあります。また最近は、債務の返済が担保物件の売却金額に限定されるノンリコースなども登場しています。

融資を受けるには、まず安定した収入があることが条件となりますが、ほかにも金融機関によりさまざまな規定があります。一般的に審査はほかのローンよりも厳しいことが多いようです。

ローンとキャッシングの違い

ローンとは、直訳すると「貸付金」とか「公債」という意味になりますが、計画的な返済を意味する場合に使われることが多いようです。住宅ローンや自動車ローン、教育ローン、ビジネスローン、不動産ローンなどといった使途目的による融資のほか、使途目的を限定しないフリーローンもあります。返済期間が長く、金額も大きく担保を要するもの、例えば住宅ローンなどは金利が低く、短期で小口・無担保のカードローンなどは金利が高めになります。

キャッシングとは、カードを使って金融機関から小口融資を受けることで、最近では「ちょっとした現金を借りる」ことをキャッシングという定義で呼んでいることが多いようです。キャッシングでは、ATMやCD(キャッシュ・ディスペンサー)から現金を引き出して借り、限度額以内であれば、使いみちも自由。いつでも好きなときに融資を受けることができ、いざというときに素早い対応が可能です。

金融機関によっては、短期間の貸出しをキャッシング、中長期間の貸出しをローンと呼んでいるところもありますが、実際には両者を明確に区別しているところはあまりないようです。

キャッシングの特徴

ローンとキャッシングはお金を借りるという点では同じですが、ローンとキャッシングの仕組みには若干違いがあります。

キャッシングの特徴は、一般的に50万円程度以内の融資であれば、担保や保証人が不要で、いざお金が必要になったときに即対応してくれます。一般的にローンよりも手軽です。

キャッシングの申し込みは、免許証などの身分証明書(金融機関によっては収入証明書も)があればOK、その場で数十秒で融資をしてくれたり、インターネットや郵送などで申し込み、即日融資をしてくれる金融機関がほとんどです。

キャッシングの年利率は、出資法で上限が29.2%と決められています。また、利息は日割りで計算されます。利率は各金融機関で異なりますので、キャッシングする前に確認することが大切です。

返済方法は、ローンとあまり変わりません。一括返済のほか、利用件数や金額に関係なく、毎月の返済金額を一定額に設定して支払いを行うリボルビング返済方式や、毎月の返済する金額・最低支払金額が借りた金額に応じて変化する残高スライドリボルビング方式などいくつかありますので、キャッシングの際に確認しましょう。また、返済日も契約時にきちんと確認しておく必要があります。

さらに、キャッシングの際には、収入に応じた無理のない返済計画をたて、それにあった返済方法の金融機関を選ぶようにしましょう。そして、借入残高に対していくら返済が必要なのかということにも注意しなければなりません。

サラリーローンとは

サラリーローンとは、ノンバンク(貸金業者)がサラリーマンや主婦などに無担保、無保証で小口の資金を簡単に貸し出すことで、いわゆる「サラ金」のことをいいます。昭和50年代に業者数が急増。一部の業者による高金利や過剰融資、違法な取り立てが社会問題となり、「貸出業規制法」「改正出資法」が定められました。しかし、今なおサラ金の取り立てには問題があるところが多いようです。現在マスコミでは「消費者金融」と呼ばれています。

サラリーローンこと消費者金融は、審査が簡単で、即日融資などスピーディな対応を受けられることです。主な消費者金融には、武富士、アコム、プロミス、アイフル、ほのぼのレイク、三洋信販の大手6社のほか、アエル、アットローン、SBI、モビット、ユニマットレディス、楽天クレジットなど多数あります。

サラリーローンの申し込み方法は、大まかに分けて店頭、自動契約機、電話、ネットの4種類となります。対象は20歳以上で毎月決まった収入がある人ですが、専業主婦でも夫が働いていれば申込みをすることができます。

昨今では、無人契約機の普及もあり、サラリーローンの利用者はますます増えているのが実情です。手軽とはいえ金利が高いのがサラ金、計画的に上手に利用したいもの。特に借金の返済のための借金は、絶対に避けましょう。

サラリーローンの特徴

「サラリーローン」とは、広い意味では銀行などが行っている住宅資金融資なども含みますが、一般的にはノンバンクによる消費者への小口の無担保融資を「サラリーローン」と呼びます。

サラリーローンで融資を受ける際に必要な書類は、免許書や保険証など。また、貸し出し金額は、一般的に300万円くらいまでですが、中には1000万円まで融資するという業者もあります。サラリーローンは無担保で借りられる反面、銀行よりも金利が高めなのが特徴です。

サラリーローンの金利は、出資法の上限金利29.2%を超えることはありません。しかし、違反しても罰則規定がない利息制限法の「元本が10万円未満では年利20%、元本10〜100万円未満では年利18%、それ以上は年15%」という規定を超えていることが多いようです。

貸金業を営む場合、国(財務局)か都道府県の登録を受けなければなりません。それにもかかわらず無登録で貸金業を営む業者や違法に高い金利で貸付を行う業者を「ヤミ金融業者」といいます。

もし不幸にして、ヤミ金からお金を借りしてしまった場合は、警察や弁護士などに相談したほうがいいでしょう。

ノーローンとは

ノーローンとは、主に消費者金融が提供している無利息キャッシングのことです。無利息の期間は1週間という場合が多く、借入日から7日以内に返済してしまえば利息がつかないというわけです。

金融機関によりノーローンは、キャッシングの初回のみというところと、完済後は何度でも1週間無利息を利用できるところがあります。また、金融機関によっては、10日間や15日間、30日のノーローン期間を設定しているところもあります。ただし、返済期間が過ぎれば、超過日数分に高い金利がつくので注意が必要です。

ノーローンの利用限度額は、1〜100万円というのが一般的ですが、中には300万円という業者もあります。

ノーローンは手軽にキャッシングできますが、無利息だからと安易な借金は考えもの。自分の収入にあった借り入れをするようにしましょう。

ノーローンの特徴

ノーローンの特徴は、なんといっても一定期間であれば利息がかからないことです。さらに、審査が易しく、即日融資をしてくれるところも魅力。業者によっては、ネットで24時間リアルタイムに融資・返済ができます。

ノーローンの申し込みは、20歳以上で安定した収入があれば、担保・保証人なしで融資をしてくれます。必要書類は免許証、健康保険証、パスポートなどの身分を証明できるものがあればOK。審査にかかる時間も1分から30分くらいが多く、手軽に借りることができます。

ノーローンのキャッシングで、ポイントサービスを提供している金融機関もあります。

ノーローンの取引内容に応じてポイントをプレゼントし、貯まったポイントは航空会社のマイレージ・旅行・ギフト券など、さまざまな特典と交換することができたりします。

ノーローンは、簡単にかりることができ、一定期間利息がつかず、ポイントサービスのおまけが付いたりしますが、安易な借金はやはり考えものです。

 
メニュー
不動産担保ローンとは
不動産投資ローンとは
ローンとキャッシングの違い
キャッシングの特徴
サラリーローンとは
サラリーローンの特徴
ノーローンとは
ノーローンの特徴